タグ

タグ:ブラインド

グレンバーギー 19年 1998-2018 ウイスキートレイル 56.6% #895

カテゴリ:
IMG_20190803_132441
GLENBURGIE 
The WHISKY TRAIL
Aged 19 years 
Distilled 1998.10 
Bottled 2018.6 
Cask type Hogshead #895 
700ml 56.6% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:ブラインドサンプル@Jさん
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:ボトラーズリリース、特定できず
樽:ホグスヘッド、アメリカンオーク
熟成年数:20年程度
度数:55%程度

香り:スパイシーでドライなウッディさ、ハーブ、溶剤を塗った木材のような刺激がトップノートに感じられる。続いて栗の渋皮、リンゴのカラメル煮、ファイバーパイナップル。樽由来のビターなアロマからオーキーなフルーティーさも感じられる。スワリングしていると、華やかさが増してくるようである。

味:ウッディでドライな口当たり。チョコチップクッキーなど、焼き菓子系の甘みから、舌の上で転がすとアプリコットやリンゴのカラメル煮、樽由来のしっとりとしたフルーティーさも感じられる。
余韻は若干樽材由来のえぐみと共に、ピリピリとしたハイプルーフらしいアタックを舌あたりに残すが、じわじわと華やかでオーキーなフルーティーさも広がり、長く続く。

樽が強く蒸留所の判断は困難だったが、ベースは素性の良いスペイサイドモルト。樽はシェリーではなくバーボン樽で、元々がヘビーチャータイプのものだったか、あるいはリチャーしたホグスヘッドか。色合い濃く、香味にもチャーした樽材特有のウッディネス、えぐみなどのフレーバーが混じっている。


エリクサーディスティラリーズリリースのグレンバーギー。イギリス大手酒販グループのボトラーズ部門だけあってか、同社のリリースは価格と中身のバランスが良く。加えて1990年代のグレンバーギーはハズレが少ないというべきか、アメリカンオーク由来のフレーバーとの組み合わせは、華やかでフルーティーな仕上がりのボトルが多い印象です。

今回のボトルは樽をリチャーしているのか、樽が強めに効いて、バーボンバレルとは思えない色の濃さとウッディさ。トップ・ノートで強めの木材由来のニュアンスがあるので不思議な印象がありますが。一方で奥には上記のフルーティーさというか、印象通りの要素は備わっており、特に不満はない構成だと感じます。
まあこういうボトルもあるよねってことで。。。

ちなみに、今回のボトル。メーカーコメントには「色合いは濃い輝きのあるゴールド」で、「グレープフルーツ」や「レモンパイ」という単語が並んでいます。
確かにテイスティングの通り焼き菓子系のフレーバーや、加熱した果実の甘味など、この表現はこれのことと認識できる部分はあるのですが、色合いの表現とフレーバーに感じる違いを考えるに、樽感がもう少しライトである必要があると思うのです。

この手の誤差は、カスクサンプルがそもそも間違ってるという事故を除けば、熟成中の樽からスポイト的なもので中取りされたものだと良くある話です。
樽の中身は常に均一の状態ではなく、特に樽に触れてる部分が濃くウッディになってますので、それもすべて混ざってボトリングされたモノとは味や色合いが異なってきます。
また、取り寄せたサンプルの詰め時期が1年以上前とかのケースもあるため、ボトリングしてみたらだいぶ樽感が違った何て言う話も。。。今回のケースはどちらもといったところでしょうか。
ウイスキーは生き物、絶えず変化する難しさを読み取ることが、選定の難しさであり、経験を必要とする要素ですね。

テイスティング勉強会 第6回 オンザウェイ2015、ベンリアック1997など

カテゴリ:
仲間内で定期開催しているテイスティング勉強会、THE WHISKY DIVERS (TWD)に参加してきました。
月日は早いもので初回の開催から既に半年以上が経過。回数は6回を数えました。
基本ブラインドテイスティングで持ち寄ったボトルを深堀りするこの会。
単なる蒸留所当てがメインではなく、地域、熟成年数、度数、樽の絞込みや、フレーバーや香味の強弱についてどう感じたか、どう表現したか、それぞれが素直な意見をぶつけ合う。非常に良い経験になるのです。
やはりテイスティングはこうして意識して色々言葉にしていってこそ、勉強になりますね。

前回から採用している工夫として、ブラインドは飲み手側の消耗も激しいため、真剣かつ正確に飲める本数であるところの3本までを上限。後はメンバー1人のテイスティングコメントを読んで、選択肢の中からボトルを予想する、リバースブラインドテイスティングも実施しました。

IMG_0263

まずは今回の出題をダイジェストで。
1本目は自分からの出題でGMロングモーン25年 40%。
ゲストの1人にシェリー&ロングモーン好きが居たのと、ボトルそのものも非常に良い具合に開いていたのでブラインドに。
みんな余裕で絞り込んでくるだろうと思ったら、地域はともかく度数や熟成年数も結構バラバラでした。
思えばこういうボトルって少なくなりましたね。往年のGMシェリーについてあまり経験がない方の感想も新鮮でした。

2本目はベンリアック1997(16年)。
これは典型的なバーボン樽のそれという感じで、加水での変化も良かったです。
地域と蒸留所は想定の範囲内でしたが、樽の絞込みでバーボンホグスヘッドを想定したため、20年くらいかなと少し熟成年数を長く感じてしまいました。
しかしこの手のフレーバーってどの地域でも出てくることがあるんで、ブラインドで判定するには経験が必要。自分はまだ苦手意識があるタイプです。

3本目はイチローズモルト 秩父 オンザウェイ2015。
飲んだことのないボトルでしたが、ノージングで秩父確定。
体感の熟成年数や度数に加え、バーボン樽系のフレーバーがベースにあるも、バッティングを思わせる複数の樽の個性、複雑さがあり、これってオンザウェイじゃね?とボトル指定でいただきました。
秩父はわかりやすい個性があると感じていますが、回答者4名中3名が秩父指定で納得の結果です。

IMG_0246

ブランドの間にはフリーテイスティングで持ち寄りも挟み、最後は出題者のコメントを見てボトルを当てる、逆引きでのブラインドテイスティング。
今回の選択肢は

・フェッターケアン フィオール
・余市15年
・ブナハーブン33年 1980-2013 ジェームスマッカーサー

出題者コメントでは、
香りにバニラ、ドライマンゴー、梅ジャム。
味にビスケット、林檎、洋梨、ナッツ、ミントや穏やかなピート。
といった要素が含まれており、まあ素直に考えたらブナハーブン33年で、余市は絶対にないのですが、実際に飲み比べてみると、この人はこれをこう捉えたんじゃないか?こういうポジティブな表現も出来るぞと、案外悩んでしまうのです。

なお、このリバースブラインドテイスティングは、1人も正解者が出ない場合、ボトルの特徴を捉えられていないということで出題者は要反省ということに。まあ幸い今回そのシーンはありませんでした(笑)。

このテイスティング方法の良いところはいくつかあるのですが、提示されたコメントに対してオープンでテイスティングをするので、表現方法のすり合わせが出来ることや、ウイスキーを紹介するスキルが養われること。
コメントさえ準備しておけば、BARなどでも通常注文する流れの中で、ゲーム感覚で楽しむことが出来るのも面白そうだと思います。

15時スタート、気がつけば20時過ぎ、みっちり語り合って充実の時間となりました!
会の進行や方針もだいぶ固まってきたところで、そろそろメンバーを増やしたり色々やってみても面白そう。
次回は7月か。はやくも次が楽しみです。

カバラン キングカーコンダクター 頂極指揮 (金車コンダクター)“ ブラインドテイスティング”

カテゴリ:

先日のオールドブレンデットのイベントの中で、複数の参加者からブラインドテイスティングサンプルを頂きました。お時間頂きましたが全種テイスティングして回答しました。皆様本当にありがとうございます。
今回はその中の一つ、カヴァランの金車コンダクターです。ブラインドで飲むと若さと長熟系モルトを思わせるフルーティーさが交互に感じられて、最終的にカヴァランの加水シングルモルトであると回答たものの、思いっきり迷走しかけてしまいました。
短熟モルトであるにも関わらず、こういうモルトを出せる独自の工夫や地域の特徴が、この蒸留所の魅力ですね。

KAVALAN
KING CAR CONDUCTOR
頂極指揮
700ml 46%

【ブラインドテイスティング】
熟成年数:複数年バッティング
度数:46%~48%
樽:判別不明だがリフィルオーク系主体、ワインやラム等の異なるタイプの樽もありそう。
蒸留所:カヴァラン
暫定評価:★★★★★(5〜6)

香り:ナッティーさを感じるオーク香。湿ったクセとフルーティーな熟成香 が同居している。
最初は酸味を感じるが徐々にザラ メ、アップルブランデー、リンゴ のカラメル煮を思わせる甘さと苦味。麦芽、アーモンド、トーストの香ばし
さもある。 

味:ややエッジの立った口当たり、熟成感のあるフルーティーさと湿った酸味のクセ。少し粉っぽさ
アプリコットやオレンジの ドライフルーツ感、モルトスナッ ク系の香ばしい麦芽風味。
余韻は序盤の粉っぽさと酸味、強くは残らないが、バターク ッキーを思わせる甘さが細く長く 続く。


こうしてカヴァランをブラインドで飲んでみて思うのが、スコッチ的なフルーティーさのあるウイスキーであり、樽の出方は気候の関係かジャパニーズ的な特徴を持っているように感じます。
フルーティーさを出す由来は独自開発の酵母らしいですが、まさに南国を思わせるウイスキーに仕上がるあたりすごいなと。同じく台湾でナントウ蒸留所のものもいくつか飲みましたが、こちらは樽感はあっても酒質がフルーティーという感じはなく、違いとして感じられます。

熟成年数はおそらく5年程度、5年でこんなに飲めるなら20年後は・・・樽と酒質を考えないと相当難しいように感じます。若いけどそれを承知で出しているのではなくて、樽感的にはピークに近い状況になってますから。
これ以上行くと何が何だかわからない特濃ウイスキーになりそうです。

ちなみにテイスティングの最初の印象は、バッティングでぼやけた樽感に若い口当たりと熟成感のあるフルーティーさが入り混じっており、長期熟成と短熟の加水バッティングではないかという予想を立てて回答を作成。地域はスコッチともジャパニーズとも取れる特徴で完全に五里霧中フルーティーな長期熟成モルトを秩父の若いモルトで割ったような・・・とりあえず上は25年くらい入っているのではないかと予想したものの、最後の一口でカヴァランの存在を思い出したというのが回答の流れです。

また伝説を作ってしまうところで危なかったですが、何よりいい経験になりました。
サンプルを頂きましたIさん、ありがとうございました!

マクダフ 1973-1991 (17年) スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサイエティNo,14 【ブラインド】

カテゴリ:
ウイスキー仲間のYさんからサンプル交換の話があり、折角なので全部ブラインドでお願いしました。
届いたサンプルは4つ。その日のうちにちょっとずつ舐めて見ましたが、良いモノ送ってくださったようです。
これは気合いを入れてかからねばなりません。

自分はブラインドテイスティング推進派です。
人間の舌や鼻は結構いい加減で、この蒸留所の酒という情報があるだけで、テイスティングが引っ張られてしまったりします。
それを除外して、純粋に中身の評価が出来るのは、やっぱりブラインドテイスティングだなと。
もちろんゲームとしてやるものではないため、蒸留所当てなどは2の次。ブラインドテイスティングはあくまで評価手法です。
だからブラインドテイスティングと聞いて身構えないで、肩の力を抜いて感じたことを話してほしいです。
(まあ珍回答をすると人の噂の75日どころか、生涯語られるような話になる可能性もあります。例えば"最高のアレ"とか。でもそれはそれで美味しいってことでw)

では、まずは1番目のサンプルAから。
これは香りの段階で間違いなく旨いぞと感じたグットボトルでした。


【サンプルA テイスティング】
熟成年数:30年程度
蒸留年代:1970年前後(1960年代もありえる)
度数:55%前後
樽:ホグスヘッド
蒸留所:グレングラント、ロングモーン、グレンバーギー

評価:★★★★★★★★(8)

香り:ドライだが蜜の甘い香りを思わせるエステリーなオーク香。麦芽、ナッツの香ばしさ、微かにハーブもある。徐々にふかしたサツマイモのような甘い香りとスモーキーさ。

味:粘性のある口当たり、パワフルでうまみが濃い。
熟したパイナップル、煮たリンゴ、蜂蜜レモン。ほのかにチョコレートを思わせる甘さが濃縮している。
中間はハイプルーフゆえの刺激が舌にあり、ピリピリとしたスパイスはフィニッシュにかけて広がる。
余韻は灰っぽさを感じるピーティーな苦味と濃いオーキーさが、微かなシナモンを伴い長く続く。

総評:良いウイスキー。コクと濃さのあるフレーバーで、特に酒質が軽くなり樽香主体の1980年代以降は出ない味わい。更にフルーツとオーク香を引き締める微かなピート香が非常に自分好み。
全体からか過熟感も感じられないため、15~10年くらい前のボトリングではないかと推測。
酒質としても1970年前後と思しきところで、麦芽感と一体となって厚みがあるオーク香、フルーティーさにぴりぴりとしたスパイシーさは自分の中でグレングラントの1970年前後あたりと一致する。(蒸留所としては淡いピート香が違和感として残る。)
また、ロングモーンの60年代というより70年代寄りのパターンとも共通項がある。例えば73前後のビンテージはトロピカルフルーツというよりもオーク系の旨みタイプなボトルが多かった。また、この微かなスモーキーさやナッティーさはグレンバーギーあたりの同時期蒸留ともリンクする。


という感じで、テイスティングの結果はスペイサイドあるいはハイランドのフルーティー系、ボトラーズリリースを意識しています。
そしてサンプルAの正体は以下。


The Scotch Malt Whisky Society 
Cask No,6.14 (MACDUFF) 
Aged 17 Years
Distilled 1973 Nov
Bottled 1991 Aug 
57.7% 700ml

あーなるほどマクダフか。
60年代、70年代蒸留のマクダフは、ボトラーズからのリリースではハーブを伴うフルーティーなボトルが結構あり、今回もハーブ香を感じ取っているのですが、それ以上にオーク系の旨みが強く、リリースの多かったグラント1972やロングモーン1973などに近い印象を受けました。
蒸留時期、度数などは感じたとおりですが、熟成年数は見事に年齢詐称・・・。頂いたサンプルがラストショットだったそうで、香味が多少丸くなっていたのだろうと自分を慰めておきます(笑)。
ボトル当てとしては大ハズシ・・・ではないものの、もう一押しですね。
提供者のYさんも、ノージングでグラント1972を感じたとのことでした。

それにしても1973年蒸留で約18年の熟成とか、今思えば貴重過ぎる構成です。
「飲んで頂いた良かったです!」とコメントを貰いましたが、こちらこそ飲ませて頂いてありがとうございました!

感謝の気持ちを込めて、★8の高評価です。

アベラワー 15年 ”セレクトカスクリザーブ” 現行品

カテゴリ:
 
今日は恒例の子供あやしながら投稿です(笑)
午前中は都内の大き目の公園でしっかり遊んだ結果、わが子は隣で爆睡中ですw
 
さて、ここのところちょっとテイスティング投稿多いですね。
出来ればテイスティング3~4投稿にニュース投稿1みたいな割合でいけたらきれいな整理だなぁと思うんですが。
今夜はひとつネタを仕込んでおこうと思います。
 
で、引き続き発掘したブラインドの回答晒し上げです。
これもまたオフィシャル現行品、なかなかBARとかで飲まないんでありがたいです。
アベラワーはアブナックしかり、現行品の中ではがんばってシェリー系をリリースしていると思います。
 
ABERLOUR
Aged 15 years
“Select Cask Reserve"
aberlour
評価:★★★★★(5)
 
香り:近年系シェリー感のある湿った木香と、チョコやレーズンを思わせる甘い香り立ち。バッティング加水のニュアンスもある。
味:口当たりは香りのイメージ同様に湿った木、微かにドライフルーツの酸味、カカオチョコレート、中間からビターでほのかにスモーキー。
フィニッシュは戻りでの変化に乏しく単調、内陸系のピートとウッディーな苦味が残る。
 
(ブラインド回答 ※サンプル容量:50ml)
予想蒸留所:グレンファークラス、ダルモア、ハイランドパーク
樽:バッティング
蒸留時期:1980年代(後半)
熟成年数:15年前後
度数:43%
 
まずはじめに、すいません、これもまた外しましたorz
普段えらそーに語ってますが、所詮自分なんてこんなもんす。
飲んだ印象としては、近年のシェリー系主体のバッティングという感じで、よくまとまっているなという印象を受けました。
スペックについては記載の通りですが、予想はシェリー系の原酒、蒸留所から絞ってますね。
ちゃんと樽をバッティング扱いにしているのは、当時の自分がんばってるじゃないかと褒めたくなります。今回は度数も熟成年数も当たってますし。
蒸留時期のズレ、これは予想の過程で一瞬オールドっぽさを感じちゃったことから。
予想経緯として出題者に送ったモノを晒しますと・・・

”時期も地域も絞りづらかったボトル。最初のノージングでは少しオールド的な香りを感じ、オールドブレンド?と一瞬思ったが、基本的にはバッティング系でモルティな味わいだった。
特徴がぼやけているため上述のとおり地域も絞りづらく、グレンファークラスの特徴が一番感じられた。
無理やり持っていけばダルモア、ハイランドパーク、いわゆるハイランド地方と島系もありそう。"

また、フィニッシュでピートを感じたような気がしたことから、予想はそういうタイプの蒸留所に流れました。
今となっては後の祭りですが、実はアベラワーについては当初予想の候補にあったんですよね・・・。
この辺を絞りきれるかどうかが、プロとアマチュアの差なのかもしれません。

【最後に】
くりりんの悩んでいる姿や、珍妙な回答をブログで見たいという方、ブラインドサンプルの提供は随時受け付けております(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×