タグ

タグ:ブティックウイスキー

クライヌリッシュ ブティックウイスキー 50.6% Batch No,2

カテゴリ:
CLYNELISH
BOUTIQUE-Y WHISKY 
Batch No,2
Release in 2013
500ml 50.6%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:ブラインドサンプル@Wennyさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

【ブラインド サンプルB】
地域:ハイランド
銘柄:ベンネヴィス
年数:20年程度
流通時期:2010年代
度数:48〜50%
樽:バーボンホグスヘッド
仕様:シングルカスク

香り:干草や乾いた麦芽のドライなアロマから、乳酸系の酸味、キウイフルーツや人工的なパッション香、時間経過でおしろいを思わせる甘みも感じられる。

味:少し水っぽさのある口当たり、バニラ味の風邪薬シロップ、おしろい、オーキーで黄色い果実味。後半にかけてヒリヒリとした刺激、ケミカルな甘みも伴う。
余韻はドライでほろ苦く、乾いたウッディネス。オーキーな華やかさの残滓を伴い長く続く。

ハイランド系の酒質と熟成感。人工的なニュアンスのあるフルーティーさとおしろいを思わせる麦感は、度数落ちホグスのベンネヴィスだろうか。同系統のフレーバーを出すものとしてはアイリッシュにしては麦系の香味が厚く、ロッホローモンドにしては熟成が長い印象。


リカーショップ、マスターオブモルトがリリースする、ブティックウイスキーカンパニーブランドのクライヌリッシュ。スペックの詳細は明かされていないものの、度数、樽、熟成年数、流通時期などの諸条件は、そこまで大きく外してはいないと思います。蒸留は90年代前半で、ボトリング本数から、樽はホグスヘッドでしょう。

しかしいただけないのが、蒸留所に結びつく特徴の捉え方。今回は白粉っぽい厚めな麦芽風味以外に、人工的なニュアンスのある甘み、リキュールやシロップのような果実味を強く拾ってしまい、こりゃ多少麦感もある90年代の前半から中頃くらいのベンネヴィスかなと。結果は大外し、麦系が強いクライヌリッシュだったワケです。
地域指定ハイランドと言えば予想は近いようですが、正直猛省ですね。

正解発表の後で改めて飲んでみると、ああ、これはクライヌリッシュだよというワクシーで白粉っぽい麦感の方が強く感じます。こんなにわかりやすいキャラクターだったのに、ピントが合わないとこうもズレる。
これが情報を飲むということであり、どこにフォーカス出来るかというブラインドの難しさ。まだまだだぞと良い刺激を頂いた出題でした。ありがとうございます!

スプリングバンク 21年 ブティックウイスキー 47.6%

カテゴリ:
SPRINGBANK
BOUTIQUE-Y WHISKY
Aged 21 years
Distilled 1995
Cask Type Bourbon Hogshead
Bottled Exclusive for Whisk-e
500ml 47.6%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:品のいい香り立ち。やや焦げ感のあるスモーキーさ、潮気と乾いたウッディネス、バニラ、ドライアップルのフルーティーさ。スワリングしていると蝋っぽい麦芽も奥から感じられる。

味:少し水っぽさを感じるが、奥行きのある味わい。じわじわと柑橘や熟した洋梨、ほのかに植物感。フルーティーさと合わせてピーティーな麦芽風味が広がる。
余韻はハイトーン気味でベタつきはない、オーキーなフルーツの華やかさが、ピートに引き締められて長く続く。

おしとやかでシングルカスクとしては品のいいモルト。個性は控えめだが、その分全体のバランスと熟成感を楽しめる1本である。余韻で感じる樽由来近年系トロピカルフルーツも上々。
他方で加水するとピートが引き立つがフルーティーさがぼやけてしまう。ストレートがオススメ。


ウイスキー仲間の間で昨年話題となっていた、マスターオブモルト選出のスプリングバンク@ブティックウイスキー。
熟成でボディが削られた分フルーティーでバランス良く、中々いい出来ですが、シングルカスク&ボトラーズリリースに突き抜けた個性を求める方には、ちょっと違うのかなという大人しさが特徴でもあります。

個人的には毎日でも飲めちゃう味わいで好印象なのですが、スプリングバンク好きであっても何を求めているかで「美味しい」から「案外そうでもない(ピンとこない)」くらいには、評価が分かれそう。
ただ、美味いバンクであることは間違いありません。
後は価格ですね。原酒高騰で仕方ないとはいえ、500mlでこの設定は強気すぎ。せめて700mlか、もう1万円安ければなあとは感じます。
市場評価もそんな感じなのか、今のところ結構売れ残ってるようです。

元々ブティックウイスキーのリリースは価格設定がちょっと高めなのは置いて置いて、蒸留所と繋がりの強いであろうショップでこれですから。原酒を確保できても、長熟で納得の価格帯は益々難しくなっていく世知辛さ。
まあ3〜4年後にはさらにこのレンジの原酒が手に入らなくなり、ひっそりと売れていく。幾度も繰り返した市場の流れの中に、このボトルもあるのだと思います。

そんな時代の先取りはいらんのですが(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×