タグ

タグ:フェイマスグラウス

フェイマスグラウス タイガーズアイ ブレンデッドモルト 40%

カテゴリ:
IMG_5289
FAMOUS GROUSE
TIGER'S EYE
MASTER BLENDER'S EDITION
Blended Malt Whisky
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(5-6)

香り:甘い近年系シェリーオークのアロマ。ドライプルーン、オレンジピール、ビターチョコレート、微かにスモーキー。香木のようなニュアンスも混じるが、時間経過で土っぽさ、葉巻、ウッドコテージのような木材の香りが強くなってくる。

味:スムーズでまろやか、メローな口当たり。キャラメルソース、ドライプルーン、干草系の乾いた味わいの奥には麦芽風味。ボディは度数以上に厚みと勢いがある。
余韻はほろ苦くピーティー、程よいウッディネスが染み込むように長く残る。バランスの良い味わい。

近年系のシェリー感主体なブレンデッドモルト。果実味というよりウッディーな甘みと香味が中心的で、ほろ苦くスモーキーな余韻へ、負担なく飲み進められるバランスの良さが魅力。少量加水すると甘みが増し、さらに滑らかな飲み口。ロックはややボディが崩れ勝ちだ許容範囲、ハイボールにはあまり見るところが無かった印象。ストレートか少量加水で。


先日紹介したブラックダイヤモンドの通常品的位置付けの、フェイマスグラウス・タイガーズアイ。どちらもパワーストーンの名前を冠しており、ラベルにはその石の模様も見られます。パワーストーンシリーズとして今後もリリースが増えていくのかもしれません。
これらは2009年に同ブランドのマスターブレンダーとなったゴードン氏の作で、リリース開始は今年2016年後半から2017年にかけて。どちらもシェリー樽を思わせる、リッチでメローな味わいが主体的なフェイマスグラウスらしいブレンデッドモルトです。

古酒系の深いニュアンスも感じられた前者に対し、タイガーズアイは近年のシェリー系オフィシャルスタンダードに共通する香味が主体。例えるなら、飲み口はマッカラン12年やタムデュー10年、余韻にかけてグレンロセス、ハイランドパーク12年という具合。
度数は40%ながら飲みごたえがあり、加水が効き過ぎてる感じはありません。これらのブランドに共通する、バランスの良いシェリー感、ブレンデッドモルトらしい複数のキャラクターを感じる香味に仕上がっています。

濃厚なシェリー系も良いですが、こういうスタイルのボトルは逆に癒しを感じてしまいます。普段飲みの味わいですね。
特に普段カスクストレングスタイプを飲むことが多いと尚更。。。樽感が程よいので、酒質由来の香味がわかりやすいのもポイントです。


思い返すと、フェイマスグラウスは家飲み用ボトルが結構あることに気がつきました。現行品から特級時代のものも合わせると6-7本くらいでしょうか。
飲んでいて感じるのが構成原酒の良さ。いつの時代もモルティーな華やかさや樽由来の甘みがあって、スムーズで飲みやすい中にスコッチならではのピーティーさが潜んでいる。

飲み始めの頃は感じ取れなかった様々な要素が、経験を積んだ今は感じられるようになって、飲む楽しみがさらに増えました。
飲みやすいだけでなく、奥の深さがブレンドの質の高さを感じる要素ですね。

フェイマスグラウス ヴィンテージモルト 1992-2004 40%

カテゴリ:
FAMOUS GROUSE
Vintage Malt Whisky
(Blended Malt Whisky)
Aged 12 years
Distilled 1992
Bottled 2004
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややひね感のあるシェリー香、ピリピリとした麦芽風味、黒蜜、スパイシーでドライな香り立ち。オレンジピール、干し草のような植物感も徐々に感じられる。

味:バランス寄りのシェリー感、ドライな口当たり。黒砂糖、黒糖麩菓子のような甘み、ドライプルーン、麦芽風味、ピリピリとした刺激が盛り上がってくる。
余韻は土っぽいピートがじわじわと広がり、内陸系のスモーキーなフィニッシュ。

バランスの良いシェリー感の奥から、ピート、干し草、スパイシーなハイランド的なモルティーさが広がってくる。
加水するとまろやかさが増してシェリー系の甘みが主体、飲みやすくなる。


フェイマスグラウスのブレンデッドモルトシリーズ。ヴィンテージモルトは1987、1989、1992の3種類がリリースされており、全て12年モノの熟成。今回のボトルはその3番目ということになります。

シリーズに共通するのは、当時のハイランドパーク等のオフィシャルにもあるシェリー感とピートフレーバー。1992は1989に比べてシェリー感はさらにバランス寄り、ハイランド系のモルトの香味もアクセントになっています。
キーモルトなのですからあたり前と言えばそうなのかもしれませんが、その筋のボトルの高騰が続く昨今において、家飲みにちょうど良い一本と言えます。
ストレートだけでなく、ロックでまったり楽しむのも良いですね。

なんだか最近投稿が続いているフェイマスグラウス。
ノーマークなボトルも多数ありましたが、こうして色々飲める機会に恵まれてみると、ハイランドパーク、マッカラン、タムデュー、グレンロセス・・・使われている原酒の良さを感じる点が少なからずあります。
特に2000年代前後、この時期のボトル、他にも積極的に試していきたいです。

フェイマスグラウス 12年 シルバーグラウス ブレンデッドモルト 45%

カテゴリ:
IMG_5125
FAMOUES GROUS
SILEVER GROUSE
Aged 12 years
"-8℃ Super Chill Filtered"
2005's
45% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封2週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライな香り立ちだが、甘くリッチなシェリー香。黒糖ふがし、果実風味の砂糖菓子、合わせてみたらしのような古酒感もある。時間経過でローストした麦芽を思わせるフレーバーも広がってくる。

味:とろりと濃厚な甘みを感じる口当たり。黒飴、ダークフルーツケーキ。後半はほのかにウッディーなニュアンスと共に、少しピリピリとした刺激が舌に絡む。
余韻は微かなピートフレーバー、序盤のシェリーオークの甘みが舌に張り付くようだが、次第にあっさりと消えていく。

黒糖系のシェリー感が主体なブレンデッドモルト。例えるなら擬似ちょい古マッカランという味わい。古酒感が漂うのはボトリング10年以上が経過しているためか。
濃厚で香味に大きな変化も無いので、ともするとしつこくなりがちな甘みだが、余韻が比較的あっさりまとまるので、負担無く飲み進められる。少量加水すると後半の刺激が穏やかになり、よりスムーズでメローな味わいが楽しめる。1:1くらいまでの加水でもバランスはとれたまま、実に飲みやすい。

IMG_5126

フェイマスグラウスが、スコットランドでの25年間セールスNo,1を記念して、2005年に発売したブレンデッドモルト。これはその台湾向けに輸出された1本です。
マイナス8度でチルフィルターをかけるという、当時の新技術(?)が使われており、現行品のオールドパーシルバーのように味もそっけもないブレンデッドなのでは。。。という先入観があったものの、飲んでみると濃厚なシェリー系のブレンデッドで、ちょっとした驚きを感じる味わいとなっています。

他方、香りのドライさ、味の濃さに対して余韻の"あっさり感"は、強めにチルフィルターをかけた結果だろうなという要素。これがシングルモルトではなくブレンデッドモルトで、突き抜けた個性を楽しむというより、全体のバランスや万人向けという位置づけで考えれば、こういう仕上げ方もアリかなと思います。
かつてフェイマスグラウスのキャッチコピーには「Mellow as a Night of Love.... One Grouse and You want No Other!」(夜を共にする恋人のようにメローな味わい。1杯のグラウスのかには何も欲しくはない!)としたものがあったとされていますが、それを再現するようにマイルドでメローな味わい。作り手が目指す方向性が伝わってくるようです。

フェイマスグラウスは1970年代にハイランドディスティラリーズ社の傘下(現在のエドリントン)に入り、ハイランドパークやタムデューなどの原酒提供を受けると共に大規模なセールスを展開。1996年にはマッカランも同グループの傘下となったことや、比較的原酒が潤沢だった時代だったこともあってか、2000年前後のフェイマスグラウスは30年の長熟やモルトの限定品を中心にツブが揃っています。
このシルバーグラウスもそんな1本。ウイスキー仲間によって台湾で購入されたボトルですが、こういうボトルが安価でまだ残っているのは驚きです。

フェイマスグラウス ブラックダイヤモンド ブレンデッドモルト 45%

カテゴリ:
IMG_5088
FAMOUS GROUS
THE BLACK DIAMOND
Blended Malt Whisky
Master Blender's Limited Edition 
700ml 45%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅(お土産@T,Ishihara氏)
時期:開封後2カ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くリッチ、ほのかに華やかさも漂うシェリー系の香り立ち。レーズンやオレンジピールを思わせるドライフルーツ、じわじわとスモーキーさも感じられ、多彩な香味を感じることが出来る。

味:まろやかでコクがある甘い口当たり。シェリーのニュアンスはイチヂクの甘露煮、レーズン、オレンジチョコ、そこからキャラメリゼ、内陸系のピート、ほろ苦いフレーバーが顔を出してくる。
余韻はスモーキーで干し草のようなウッディネスも微かに、染み込むようにドライなフィニッシュ。

バランスの良いブレンデッドモルト。モルトだけにボディが厚く、シェリーのニュアンスも嫌味が少なく整っていてスイスイと飲めてしまう。熟成感としては20年程度のグレードと同等という印象。シェリー樽由来のまろやかさ、そして酒質由来のピート、スモーキーさ、豊かな味わい。



台湾向けと思しきフェイマスグラウス、ブレンデッドモルトウイスキー。今回テイスティングしたブラックダイヤモンドと、タイガーズ・アイの2種類がリリースされています。
どちらもノンエイジ表記ですが、ブラックダイヤモンドの方が香味に熟成感や厚みがあり、価格、内容とも上位グレードという感じです。

ラベルにマッカラン、ハイランドパーク、なんて書かれてますが、よく見るとその蒸留所がグループ傘下にあるよってだけで、2蒸留所のバッテッドではない模様。しかし、香味の系統としては両蒸留所を連想させるシェリーやピートのニュアンスがあり、突き抜けない代わりにバランス良く、甘くスモーキーでしみじみ美味い味わいが楽しめます。
構成原酒はマッカラン、ハイランドパークに加え、タムデュー、グレンロセス辺りの蒸留所か。少なくともその辺のシングルモルト買うより良いな、なんて感じてしまいました。


(グレンタレットにはフェイマスグラウスのビジターセンターがある。タレットといえばタウザー、ウイスキーキャット。奥には雷鳥の看板。。。この構図、たまらない1枚 Photo by T.Ishihara)

それにしてもこの銘柄、日本にほとんど情報が無く、しかもラベルの通りパッと見でフェイマスグラウスとは思えないデザイン。右側の雷鳥の柄の下、そして表ラベルの説明文の最後にFamous Grouseの表記がかろうじてある程度で、こうしてみんなで飲もうというお土産に機会を頂かなければ、テイスティングすることも無かったと思います。 
いやー、世界にはまだまだ知らないブランドがいっぱいありますね。ありがとうございました!

フェイマスグラウス 1989 ビンテージモルト 12年 40%

カテゴリ:
IMG_3243
THE FAMOUSE GROUSE
Vintage Malt Whisky
(Blended Malt Whisky)
Aged 12 Years
Distilled 1989
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:個人宅(持参物@Fさん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでほのかにヒネを伴う甘い樽香、黒砂糖、カラメルソース、微かにレーズン。徐々に麦芽香が開くだけでなく、華やかなモルティーさも感じられる。

味:ゆるくまろやかな口当たり、黒糖麩菓子を思わせるような甘さと麦芽風味、徐々にビターチョコレートのほろ苦いニュアンスが感じられる。度数は低く中盤まではアタックは強く無いが、ボディは比較的しっかりとしており、フィニッシュまで香味が伸びていく。
余韻はビターで染み込むピートフレーバーに加え、麦芽やシェリー樽由来の甘みが染み込むように残る。

香味にしっかりと感じることが出来るスモーキーフレーバー、そしてオールドシェリー系の甘い樽香。度数以上に感じるボディが、このウイスキーのキーモルトがハイランドパークとマッカランであることを如実に現している。
また、飲み進める中で麦芽系の香味が開いてくるのは、タムデュー由来だろうか。 少量加水すると全体のフレーバーが馴染み、さらにバランスよく楽しむことが出来る。

IMG_3245

最近フェイマスグラウスの上位グレードに興味があり、機会があれば飲もうと思っていた同銘柄のブレンデッドモルト、ビンテージモルトウイスキーシリーズ。
このボトルは同銘柄が2000年の記念にリリースした1987ビンテージに次ぐ第2弾で、ありがたいことにウイスキー仲間主催のホームパーティでテイスティングの機会を頂きました。 

同ボトルの流通時期の2001年、2002年頃と言えば、この時期のフェイマスグラウスのキーモルトであるハイランドパーク、マッカラン、共に旧ボトルでオフィシャルが美味しいと評価されていた時期。樽の違いもあるだろうから、一概には比較できない。。。と思っていたものの、思った以上にオフィシャル系統の仕上がりで、シェリー系の樽感も楽しめます。

自分の中でイチオシのフェイマスグラウスは、不定期に発売されていたブレンデッドモルトの30年です。
長熟ハイランドパークの個性がしっかりと感じられ、実に良くできたウイスキー。機会があればもう1本手に入れたいと考えていましたが、ここにもう一つナイスなウイスキーに出会いました。 

ビンテージモルトウイスキー1989は、その30年の系譜を受け継ぎ、やや荒削りながら 構成原酒のキャラクターがしっかりと感じられるのが魅力。
欲を言えば度数が40%と低いことで、せめて46%、いや43%あったら。。。とも思いますが、家飲み用にこういうのが1本あると落ち着くんですよね。
今後は1987、1992といった同銘柄の他のビンテージも、探して飲んでみたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×