タグ

タグ:ファミリーカスク

グレンファークラス 30年 1987-2017 ファイナルファンタジー30周年記念ボトル

カテゴリ:
GLENFARCLAS
FAMILY CASKS
FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY
Aged 30 years
Distilled 1987
Bottled 2017
Cask type Refill Sherry Hogshead #3816
700ml 45.4%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:濃厚なウッディさを感じる香り立ち。キャラメルアーモンドやプルーンを思わせる濃い甘み、スパイシーでほのかにハーブのアクセント。ツンとした刺激もある。

味:ねっとりとしたシェリー感、カラメルソース、プルーン、焼きリンゴ、焦げたウッディさやローストアーモンド。甘苦く濃厚な味わい。
余韻は蜜っぽい甘みとトーンの高いアタック。クリアでヒリヒリと長く続く。

ぱっとわかりやすい濃い甘みが感じられる樽感に、後半にかけてファークラスらしい強い酒質。双方の主張が感じられるモルトで、少量加水すると馴染みが良くなる。クポー。


1987年に発売されたファイナルファンタジーの第1作目から30年を記念し、信濃屋とスクウェアエニックスのタイアップで発売された1987年蒸留30年熟成のグレンファークラス。
Sagaシリーズとのタイアップにも驚かされましたが、FFのボトルまでリリースされるとは予想していませんでした。
これらのボトリングが行われるきっかけは、たまたま双方の関係者がBARに居合わせたことだったというのですから、バッカスの導きというか、お酒が繋いだ縁を感じるボトルでもあります。

このボトルは、先日当ブログでも紹介した丸亀のサイレンスバー30周年記念ボトルと表記上のスペックがほぼ同じで、度数とカスクナンバーが若干違う程度であることも話題になりました。(サイレンスバーは44.5%、カスクナンバー3813)。
とすると当然味わいも同じ傾向かと思われたのですが、これが全然違う。
おそらく、サイレンスバーのカスクはアメリカンホワイトオーク。そしてこのファイナルファンタジーのボトルはスパニッシュオークで、樽材が違うことによる影響ではないかと予想しています。

ファイナルファンタジー30周年記念ボトルは、テイスティングの通り序盤にしっかりとしたシェリー感があり、ウッディな要素もはっきりと出ています。
また、スパイスを思わせる香味も強く出ており、余韻にかけてはそれらが収束する代わりに酒質由来の強さが出てくる。近年系のシェリーカスクの中でも度々見られる特徴があります。
勢いがあり、しっとりと静かに30年を振り返るというより、さらに力強く進んで行く、そんな印象も受ける構成。同じスペックでこれだけ違う香味に仕上がるというウイスキーの面白さも感じられるボトルであり、2本揃ってるBARでは是非飲み比べをしてほしいと思います。

参照:グレンファークラス 30年 1987-2017 サイレンスバー30周年記念

最後に、FFボトルなのでFF雑談。1984年産まれの自分にとって、FFシリーズは常に隣にあったようなゲームの一つ。MMOの11と14を除けば15以外はプレイしています。

FFシリーズのストーリーはそれぞれ良いとして、メインテーマは4、システムは8が一番気に入ってます。
FF4のメインテーマはファンファーレ的な入りが堪らないですし、それを使ったラストバトルとかチョコボ肌。売ってる装備がだんだん強くなるおきまりのRPGシステムではない、FF8の魔法を装備する発想は斬新でした。やり込み要素も多かったですし、馴染むのに時間はかかりましたが、ずいぶん楽しめた記憶があります。
最近はゲームの時間は皆無ですが、次プレイするのはFF7のリメイクかなあ。

グレンファークラス30年 1987-2017 サイレンスバー30周年記念 44.5%

カテゴリ:
IMG_6179
GLENFARCLAS
THE FAMILY CASKS
Aged 30 years
Distilled 1987
Bottled 2017 
For Silence Bar & Shinanoya
To Commemorate the 30th Anniversary of Silence Bar
Cask type Refill Sherry Hogshead #3813
700ml 44.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:最初はややビター、カカオチョコやウッディなえぐみが前に出ているシェリー感だが、徐々に樽由来のオーキーな華やかさ、ビスケット、甘栗、レーズンとドライアプリコットなどの黄色系のドライフルーツの甘みが開き、香りが充実してくる。

味:とろりとした甘み、キャラメルやレーズン、少しニッキのようなスパイス。乾いたウッディネスとあわせ、じわじわとオーキーな華やかさ、ドライアップルやアプリコットのフルーティーさがシェリー樽由来の甘みとともに広がり、鼻腔に抜ける。
余韻は少し粉っぽい樽感、オーキーで淡いタンニン、レーズン、ほろ苦く長く続く。

時間と共に樽系のニュアンスが開いてくるだけでなく、少量加水すると多少分離感のあったシェリーの甘みとオーキーな華やかさの一体感が増し、近年系トロピカルフレーバーを思わせるフルーティーでウッディな余韻へ繋がる。時間をかけ、グラスの中での変化を楽しんだ後は是非少量加水をしてほしい。詰め手が何を見出したのかが伝わってくるようである。

IMG_6178

香川県丸亀市、瀬戸内海のに面する漁港のほど近く、ここに日本の中でも有数のウイスキーBARとして名を馳せる、サイレンスバーがあります。佇まいに加え膨大なウイスキーのストック量は、さながら漫画のBARレモンハートを思わせるような雰囲気があり、モデルになったBARの一つではないかいう話もあるほどです。

そのサイレンスバーが1987年の創業から昨年で30年を迎え、信濃屋経由でボトリングした記念ボトルが今回のグレンファークラスです。
近年のグレンファークラスと言えば、国内に多く流通したボトルではメインモルト&キャンベルタウンロッホの1989、信濃屋プライベートボトル10周年記念の1991と、高い評価を得たボトルが複数あり。あのサイレンスバーの記念としてリリースされるのだから、間違いなく良いものを詰めて来るはずだと、期待していた飲み手も少なくなかったと思います。

さて、その中身は予想に反して?きれいな近年系シェリー。
正直、最近流行りの一撃必殺濃厚スパニッシュオーク系だろうと思っていたので、一口目は「なんだかはっきりしないシェリー感だな」とさえ感じたところ。
ただ、後半にはシェリー感と共に熟成を感じさせるオーキーなフルーティーさが広がり、グレンファークラスでいうプレーンカスクに通じる要素がある。
それが少し浮ついたというか、シェリーとの分離感があるようにも感じられるのですが、ホグスヘッドにするにあたって鏡板を新しくしたとかで、シェリー以外の要素が強めに出たからかもしれません。おそらく元々の樽は70年代くらいの アメリカンホワイトオークと思われます。

先述の1989や1991はスパニッシュオークでの熟成と思われる香味。材質から異なるため、フレーバーの傾向も当然変わります。
こうした長熟スパニッシュオークシェリー樽の、甘みと香木っぽさがある味わいはそれはそれで良いんですが、最初からどかーんと来てしみじみ楽しむという感じではないんですよね。
今回のファークラスは時間経過でグラスの中で開き、馴染む味わいがポイント。余韻にかけてじっくり楽しんでいける方向性は、オーセンティックな雰囲気を感じさせると言うか、なんて言うかシブいですね。
将来性も十二分に感じさせるボトルだと思います。

グレンファークラス 1991-2016 信濃屋プライベートボトル10周年記念 56.9%

カテゴリ:

GLENFARCLAS
THE FAMILY CASKS
"The Black Impact"
(Aged 25 Years)
Distilled 1991
Bottled 2016
Cask type Sherry Butt #5695
For Shinanoya Private Bottling 10th Anniversary
700ml 56.9%

今回はニューリリース情報です。
信濃屋のプライベートボトルリリース10周年を記念した、アニバーサリーシリーズの第一弾。1/20に発売予定、現在予約受付中のグレンファークラス1991を、店頭でサンプルテイスティングさせて貰いました。(グラスは国際規格ワイングラスを使用。)

昨年末からWhisky hoopのグレンファークラス2005、メインモルトとキャンベルタウンの共同ボトルであるグレンファークラス1989、さらにはオフィシャルからのリリースと、ウイスキー愛好家の中でも話題になる事が多かった同蒸留所。特に上記2本は評判も良く、瞬く間に売り切れたのは記憶に新しいところ。
明けて2017年、新年早々リリースされる今回のグレンンファークラス。。。これもまた良い出来てす。

樽はスパニッシュオークのシェリーバットだと思いますが、質の良い樽を使っていると感じられる香木っぽさ、果実味も備えた嫌味の少ない濃厚なシェリー感。加えて、余韻にかけてウッディな苦味や渋みが綺麗に収束して行くバランスの良さが魅力的。
「シェリー樽熟成の完全体」と銘打たれた本リリースは、まさに飲み頃と言える、近年のシェリー系の中で特筆すべき完成度だと感じます。


サンプルテイスティングなので暫定も暫定ですが、現時点での評価は☆7。
リリース本数は500本以上で、発売数秒で取り合うというようなことにならない、充分な本数があるのも嬉しい。
濃いシェリー系好きの濃厚民族な皆様には、特にオススメしたいです。

信濃屋さんは、2007年からプライベートブランドの発売を開始し、今年で10年目。その10周年に向けては、数年かけてアニバーサリーリリース用の10樽を選定してきたそうです。 
奇しくも昨年は、フランスのウイスキー商社LMDWの60周年記念で様々なリリースが話題になりましたが、今年は日本発のムーブメントがあるというのはワクワクしますね。
その一つとなるグレンファークラスは、同店の気合とプライドの感じられるカスクチョイスだと感じました。
今回の発売含め、今後のリリースが楽しみです。


【サンプルテイスティング】
香り立ちは落ち着いていて、チョコレートケーキにカカオパウダーのほろ苦さ、湿ったウッディネス。ダークフルーツの甘酸っぱさも潜んでおり、奥から顔を出す。グラスの残り香からは土っぽいアロマも感じられる。

口に含むと黒蜜を思わせるシェリー樽のコクのある濃厚な甘みから、レーズン、クランベリーの甘酸っぱさ。香木系のニュアンスと、微かにゴムっぽさを伴うウッディネス。徐々にウッディーな苦味が広がるが、余韻は苦みや渋みが収束して強くは残らず、負担なく飲み進められる。

IMG_3020

※画像は信濃屋さんから許可を頂いて使用しております。

グレンファークラス ファミリーカスク 1979年蒸留 2008年ボトリング #2216 リリース3

カテゴリ:


GLEN FARCLAS 
THE FAMILY CASKS 
Release 3 
Distilled 1979 
Bottled 2008 
Cask Plain hogshead #2216
One of 171 bottles
700ml 50.6%
評価:★★★★★★★★★(9)
 
香り:天津甘栗のような香ばしい甘さと艶のあるオーク香、熟したパイナップルや黄桃の缶詰を思わせる甘酸っぱさもある。非常に充実しており、グラスの残り香もまた強くフルーツ香を主張する。
 
味:口に含むと甘酸っぱいオーク風味と果実の皮の苦味、そして中間からはドライマンゴーやアプリコットを思わせるトロピカルフレーバーが広がり、フルーティーで華やかな香りが鼻に抜けていく。
フィニッシュは上質なほろ苦さ、過熟感はなく、舌の上には黄桃やマスカットキャンディーの甘みが長く残る。

はっきり言って、その辺の1960年代蒸留よりも断然旨いボトルです。
旨いというよりも完成度が高いというべきでしょうか。島系のピーティーなモルトでは1979年蒸留でも旨いボトルはありますが、ハイランドのフルーティータイプでこのレベルは他に経験がありません。
プレーンホグスヘッドは、シェリーカスクを何度も使い古して樽感がプレーンになった上の使用らしいですが、上質なオークフレーバーはもとより、どうやったらこんな香味が1970年代後半で出せるのか。
オークフレーバーから繋がっていくドライマンゴーや黄桃を思わせるフルーティーな味わいは、1杯2杯と杯を重ねても無理がなく(だからおかわりしたくなる)、陶酔感すら感じる素晴らしいモルトウイスキーです。


「お前が旨いって言ったから買ったんだぞ」
その一言で、先日、約5年ぶりにテイスティングの機会を頂きました。Gさん、いつもありがとうございます。
過去に自分が旨いと感じたボトルに出会うことは、別に何も珍しいことではないのですが、ブログで絶賛していたボトルに改めて出会うと、今の自分の経験値で飲んだらどういう印象を得られるのか楽しみであるとともに、本当に美味しいボトルだったのか、当時の自分の舌が甘かっただけじゃないかと不安にもなります。
 
遡ること5年前、横浜の都筑阪急で行われていたウイスキーイベント。
1本7万円、量り売り100mlでも1万円と、当時の相場ではとんでもない値段ながら、グラスに注いだその香りで衝動買い(小瓶の方ですが)。当時10段階評価で9点をつけていました。
その後、1979でプレーンホグスヘッドのファミリーカスクはいくつかリリースされたものの、飲んだ限りこのボトルとは味も系統も異なる印象。ボトルを目の前にして不安のほうが強くなってしまいました。

同席していたウイスキー仲間は
「馬鹿野郎、くりりんさんが旨いって言ったんだから不味いワケないだろ!(笑)」
「俺はくりりんさんを信じるよ!(笑)」
と煽る煽る。
(くっそwww後で覚えてろよwwww)
と心の声を押し殺し、恐る恐るテイスティングすると・・・。あぁ、やっぱり旨い。
口開けですら余韻にかけて開いていくフルーティーさが素晴らしく、その後数週間後に再度飲ませてもらった時は、さらに余韻でフレーバーが開いていました。
 
グラスはリーデルブルゴーニュソムリエの大ぶりなタイプだと、余韻が開きやすい代わりにドライなオークフレーバーが出やすく、個人的にはリーデルコニャックやSK2等の標準的な形状で飲むほうが、全体的なまとまりが良くて好みです。
評価は★8以上確定で、ここまでのポテンシャルを示されたら過去のものを曲げるわけにはいきませんね。思いで補正も多少入っていますが、★9とさせていただきます。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×