タグ

タグ:バルヴェニー

アイルサベイ NA 48.9% オフィシャルボトル

カテゴリ:
 
AILSA BAY
Single malt scotch whisky
(No Aged)
PPPM 21
SPPM 11
700ml 48.9%

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:100ml程度(シェア購入)
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★(4)

香り:ピーティーで若い酸味の混じる麦芽香、ハッカ、スワリングしていると淡い消毒臭、時間経過でシロップの甘みと根菜のアクやエグみを思わせる植物感が開いてくる。樽感は淡く、奥行きや複雑さはあまり感じない。

味:水っぽい飲み口からエッジの立った口当たり。じわじわと土っぽいピーティーさ、根菜、ニガリを思わせるえぐみと苦味に加え、ビスケットを思わせる甘み、塩気も少し感じられる。
余韻はピーティーで植物系の苦味が強くなっていく。香り同様、若さをピートで補っている印象で、熟成感は弱く酒質もプレーンであり複雑さもあまり感じれない。


ウィリアムグラント社が、2007年に新設した第4蒸留所、アイルサベイ。そのファーストリリースです。
本蒸留所はグレンフィデックの兄弟蒸留所に当たり、その他にもバルヴェニー、そしてキニンヴィが有名です。
中でもキニンヴィは、原酒がほぼ100%ブレンド用であるため、飲めない蒸留所として知られているわけですが、グラント社はここにきてもう一つ、シングルモルトマニア注目の蒸留所を追加してきたわけです。
「どうせまた飲めない蒸留所だろ」とあまり意識もしていませんでしたが、どうやら昨今のブームを受けてシングルモルトも展開されていくようで、ウイスキー仲間との海外直接購入であっさり飲む機会に恵まれてしまいました。

アイルサベイ蒸留所は、ウィリアムグラント社がローランドに所有するグレーン工場、ガーヴァン蒸留所の敷地内に建設されており、位置づけ的にはローランドモルトに分類されます。また、ガーヴァン敷地内の建設場所はレディバーン蒸留所の跡地でもあり、閉鎖、グレーン蒸留所も含めると、アイルサベイはウィリアムグラント社の第6蒸留所であるとも言えます。
ローランドモルトとしては珍しくピーテッドタイプで仕込まれており、ピートレベルはブルイックラディ(ポートシャーロット)とほぼ同じ21PPM。もう一つの指標となるSPPM(Sweet Parts Per Million)は独自の表現方法で、甘味のレベルを意味するようです。
SPPMは比較対象がないため、現時点であまり意味はないですが、今後同社の製品に統一して使用されるなら面白い試みだと思います。


前置きが長くなってしまいましたが、今回のボトルは、そもそも最長で8年熟成というところ。味に奥行きがなく単調気味な構成となっています。
同蒸留所では、ニューメイクスピリッツを、一度ハドソンベイバーボンと呼ばれる25~100リットル程度の小さい樽に詰め、6~9ヶ月間熟成させて味を濃縮させ、その後ボトリングまでの期間をファーストフィルかセカンドフィルのバーボンバレルで熟成するという、一般的に行われている熟成方法とは逆の工夫もされているようです。しかし今回のボトルでは、メーカーコメントほどの樽感は感じられず、全体的に淡い仕上がりとなっているところ。土っぽいピーティーさと植物系のニュアンスの混じる根菜のような風味が主体で、若さはピートで中和されてなんとか飲めるかなというレベルの仕上がりです。他の蒸留所で例えるなら、近年の若いレダイグに似ている部分があるかなという印象も持ちました。

ハイボールにすると消毒液のようなアロマが強く立ってきます。飲み口はすっきり、その中に香ばしさも感じられ、やっぱりピーティーなモルトは炭酸との相性が良いんだなと思う反面、これじゃなくても良いように思うのは・・・。
今回はファーストリリースですし、旨さというより際立った個性を楽しむボトルだなと整理。面白い原酒がラインナップに加わったと思います。ブレンドの観点では原酒の幅が増えるのは良いことですし、今後のアイルサベイ並びにウィリアムグラント社の展開が楽しみです。

バルヴェニー TUN1401 Batch No,5 オフィシャルボトル

カテゴリ:
BALVENIE 
Tun 1401
Batch No,5 
700ml 50.1% 

グラス:SK2
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開封後2年少々
評価:★★★★★★★★(8)

香り:乾燥させた麦芽、ブラウンシュガー、ベリージャムや葡萄を思わせるまろやかでフルーティーな熟成香。シェリー系の要素が強く、スワリングしているとコニャックのランシオ的なニュアンスも感じられる。多層的で複雑、バランスも整っている。グラスの残り香は瑞々しい葡萄からオーク香、フルーティーなアロマ。

味:リッチでコクのある口当たり。レーズン、濃く入れた紅茶、オレンジママレード、色の濃い蜂蜜、落ち着きのあるオーク香。香り同様に多層的で優雅な甘さから、徐々に品の良いウッディネス、タンニンへと繋がる。
余韻は長く、ややドライで華やかな熟成香が喉の奥から戻って鼻に抜けていく。


このシリーズの生い立ちについては今さら書かなくても良いような気がするのですが、一応さわりだけ。
Tun1401シリーズは、バルヴェニーの保有する過熟すぎて使えないような原酒だったり、飲みごろの原酒だったり、若い原酒だったりを、マスターブレンダーであるデビットスチュワート氏がバッティングしてリリースした、カスクストレングスのシングルモルトです。
バッチ1は2010年頃に蒸留所限定で336本のみ発売。その後バッティングする樽を10樽程度に増やしてバッチ当たりの本数を確保し、徐々に販売範囲を拡大。いくつかは日本国内でも販売されました。
TUNはこのバッティングを行う際に使用する大型の樽のことで、1401はそのナンバー。1401シリーズはバッチ9までリリースされましたが、使いすぎて使用不能になったのか、最近はTUN1509というシリーズに変わっています。


 (TUN1401とデビット氏。以下のサイトから引用しております。)
http://whiskymywife.pl/balvenie-tun-1401/

このシリーズの特徴は、上で述べたように幅広いレンジの原酒がバッティングされた、熟成年数表記のないシングルモルトであること。
例えば今回のバッチ5は、シェリーバット4樽、バーボンホグスヘッド3樽、バーボンバレル2樽の構成で、原酒は1966年蒸留から、1991年蒸留のものまで使用されているとのことです。
バッティングによって生み出される多層的な香味に、長期熟成原酒が使われているが故の熟成感、若い原酒は香味の勢いを出すのに一役買っています。
バッチ5はシェリー系の原酒の影響が強く出ていて、高いレベルでまとまった、ふくよかでフルーティーな味わい。バッティングであるためリリースも多く、個人的には、近年増えているNAリリースの理想形の一つだと考えています。

もちろんただ混ぜれば旨くなるかというとそうではなく、それはブレンダーの技術があってこそ。
実際に蒸留所を訪問したウイスキー仲間の話では、TUNに使われていた1960年代蒸留の原酒は、とても単体で飲めないようなぶっ壊れ系のモルトウイスキーだったそうです。それがバッティング後の香味は評価の通りであり、素晴らしいウイスキーに仕上がっているのですから、匠の技を感じますね〜。

余談ですが、このシリーズには自分と妻の間で一つネタになる話があります・・・。が、それはまた該当するバッチを記事にするときに、書かせてもらおうと思います。

オールドセントアンドリュース 21年 1980年代流通

カテゴリ:

OLD ST.ANDREWS 
Over 21 years 
Finest blended scotch whisky
1980's
43% 750ml
構成原酒:トマーティン、バルヴェニー、グレンリベットなど
評価:★★★★★(5)

香り:古い絨毯のような埃っぽさを伴う落ち着いた甘味のあるシェリー香、レーズンや梅酒を思わせる甘味と酸味がある。徐々にカラメリゼのほろ苦さ、少し薬っぽいクセ。グレーンの影響か全体的にフレーバーの質は軽やかに感じられる。

味:スムーズな口当たり。シロップ漬けのチェリーを思わせる人工的な甘さ、ボディは盛り上がる感覚はなく平坦気味で、徐々に栗の渋皮煮、ウッディーな苦味が感じられる。
余韻は少しのスパイス、終盤のほろ苦さが消えてあっさりしている。


昨日11月30日はスコットランドのナショナルデーで、別名セントアンドリュースデーでした。スコットランドの守護聖人とされる聖アンドレ(アンドリュー)が処刑された日が11月30日であることがその由来。
その歴史上の人物にちなんだ名前が付けられている都市セントアンドリュースはゴルフ発祥の地であり、それにちなんで作られているウイスキーが、今回のオールドセントアンドリュースです。

(オールドセントアンドリュースの裏ラベル。ゴルフ場の歴史が長々と…)

オールドセントアンドリュースは比較的歴史の浅い銘柄で、1970年頃に製造元が設立、日本市場をメインターゲットとして販売が開始されました。
1970年代の日本は洋酒ブームのみならず、ゴルフブームも到来していた時代。国内のゴルフコースは1000を超え、競技人口も爆発的に増えていた。そんな中、ゴルフの聖地ともされるセントアンドリュースにちなんだウイスキーが売れないわけがなく、8年、12年、ピュアモルト等複数のグレードに加え、クラブ、バッグ、ボール等の各種ゴルフグッズを模したボトルも展開、洋酒ブームが終焉した後の時代も販売され続け、現在に至っています。

今回のボトルは同社のラインナップの中でもハイグレードの21年
使用されている原酒は上述の通りですが、特に設立から1985年まではトマーティンが株主の一角だったそうで、同蒸留所の原酒が深く関わっている可能性は高いと考えられます。
甘くまろやかで飲みやすくピートフレーバーは控えめ、日本人向けだなぁという味わい。もう少しシェリー系のフレーバーが上質で濃厚であることを期待していたのですが…こんなものでしょうかね。さらに古いボトルも試してみたいです。

グランツ スタンドファースト 1960年代流通 ”ウイスキー特級” JAPAN TAX付き 

カテゴリ:

1960年代蒸留のグレンフィディックは、魔のパフューム時代にあたります。
なぜああなってしまったのか。もはや一種の事故状態。あるいは病的ななにか。
しかしその同時期のフィディックが使われているとされるグランツなどでパフュームというのはあまり聞いたことがありません。あれほどのもの、使われていたら影響が出ると思うのですが・・・。
とすれば、比率はバルヴェニーのほうが多いのでしょうか。今回のテイスティングでは、そうした要素も確認する項目にありました。

Grant's
"STAND FAST"
The Glenfiddich & Balvenie Distilleries
1960-1970's
JAPAN TAX
43% 760ml

構成原酒:グレンフィディック、バルヴェニー、カーヴァン、(レディバーン)
評価:★★★★★★(6)

香り:黒蜜、カラメルのほろ苦く甘い香り、少しのヒネ、梅酒や蜂蜜梅の酸味。
濃いアロマでどんどん発散してきて、まったりと甘い香りが周囲を満たしていく。

味:まろやかな口当たり、みたらしを思わせるコクのある風味、ほのかにオレンジピール、牧草、徐々にシェリーのニュアンス。
後半にかけてじんわりと麦芽風味とハイランド系のピートが染みこんで、ほろ苦く長い余韻。

とろりとした甘さが、香り、味共に強いブレンデットウイスキー。ここはバルヴェニーのオールドボトルでも感じられるスタイル。そこにほのかな酸味が感じられるだけでなく、口に含んだ後余韻にかけて出てくるピートが良いアクセントとなっている。 
オールドの良さはフレーバーの濃さもさることながら、染みこむように出てくる、決して荒々しくなく、それでいて存在感のあるピートだと感じられるボトル。


今回のボトルの流通時期を絞る際、留意べき歴史的背景が存在します。
当時グランツを輸入していた日食の扱いなら、1960年代流通で、後はラベルに書かれている日食の住所を見れは年代判別は終了しますが、今回のボトルは通過税関が沖縄でJAPAN TAXまで付いています。
ご存知、沖縄は1972年に復帰するまではアメリカの統治下におかれ、琉球政府が暫定的な意思決定機関として存在していました。税関も戦後から復帰までは琉球税関です。
沖縄地区税関となるのは1972年の本土復帰後。さらにJAPAN TAXは1974年をもって廃止されることを考えると、このボトルは1972年から1974年ごろの日本流通、ということになります。
裏の輸入元シールははがれてしまっていましたが、沖縄なので那覇の昭和物産かな。

グランツはグレンフィディック、バルヴェニー、そしてキニンヴィのグランツ所有蒸留所のモルトをブレンドしたウイスキー。
しかし今回のボトルの流通時期で考えると、1990年に稼動するキニンヴィは当然使われておらず、残るはフィディック、バルヴェニー。フィディックは冒頭述べた魔の時代に入るワケですが、あまりそうした特徴はなく、シングルモルトとして展開されていた背景からも比率としてバルヴェニーが多いと考えられます。
また、ここにもうひとつ10年に満たない短命で終わってしまったグランツの血統、レディバーンが使われている可能性も考えられます。
レディバーンは1966年創業、その後1975年に閉鎖されます。5年クラスの短熟モノであればあるいはという予測。まぁ使われていたからといってどうってことないんですが、浪漫を考えればそれもまた・・・です。 同様にグレーンは、同社が1963年に設立したガーヴァン蒸留所のものも使われていると考えられます。

推論はさておき、グランツはこの後大幅なラベルチェンジを行い、現行品に通じるデザインである白ラベル、黒ラベルが展開されます。
どちらも金色の派手なカラーリングが施されており、このSTAND FASTとは明らかに色合いが異なるもの。その後、1980年頃にSTAND FASTはFamily Reserveに。 味わいもオールドボトルらしくカラメル系のまったり感はありますが、よりライトでスムーズな方向にシフトしていきます。

バルヴェニー・シングルバレル 12年 ファーストフィル

カテゴリ:

つい最近、かと思ったらモノとしては2013年にアメリカ向けを想定して新発売していた、シングルバレルの新シリーズ。バーボンバレルに12年、そこから加水調整しての樽出しで、ロット差は多少あるもののボトリングはだいたい1ロット300本前後とのこと。
日本には2014年末くらいに平行で入ってきはじめたように思います。
気になっていたボトルで、ちょうど先日の持ち寄り会で飲むことが出来ました。
(GSさんいつもありがとうございます。)

THE BALVENIE
SINGLE BARREL
Cask type FIRST FILL
Aged 12 years
700ml 47.8%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:ふかした栗やサツマイモを思わせるでんぷん質な甘さ、林檎や少しの草っぽさ、オーク材由来のフルーツ感のみならず、渋みや木材感と合わさって、モンブランのよう。全体的にはツンとしたアルコール感がある。

味:ザラメを思わせるドライな甘さ、オーク香、バニラ、麦芽風味、ツンツンした刺激の強さを感じる酒質で中間含め勢い良く広がるイメージ。
フィニッシュはドライでオーキー。乾いた木材やドライパイナップルの爽やかなフレーバー。若干のえぐみも伴う。

まさにバーボン樽熟成の代表格的な味わい。すなわち、近年のモルトウイスキーを代表するタイプのひとつと言ってもいい構成。
少量加水するとクリーミーな風味も出てくる。ストレートではアルコール感が強いため、飲み方で調整したい。ハイボールは気持ち薄めが良い印象。爽やかな味わいで悪くない。

そういえば以前飲ませて頂いた、蒸留所限定カスクサンプルもこんな感じでした。ただし度数が高い分カスクサンプルの方が荒らい印象はあり、こちらのほうがうまくまとめてるなと思います。
個人的にはこういう華やかな乾いたオーク系のフレーバーより、メイプルシロップを思わせる、少しの琥珀色を帯びたバーボンバレル熟成のタイプの方が好きなのですが、そちらはあまりリリースされませんね。

もともとバルヴェニーは15年で同様のリリースを行っていましたが、15年を終売とし、そのノウハウで新しく展開した形となったのが、このシングルバレル12年です。
今のウイスキー業界の流れだと、熟成年数が若くなったり、あるいはノンエイジになる変化はお約束的展開。
それでいて値段も据え置きか若干値上がりかというところでしたが 、バルヴェニー12年に関しては、 据え置きあるいは値下げとも言えるラインで、 良心的な設定となっています。

他の蒸留所を見ても、オフィシャル、ボトラーズ含めてリリースされやすい味わいで、1杯あるいは1本買って飲んでも今後の経験として損は無いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×