タグ

タグ:バッテッドモルト

ロイヤルマイル 40年 2015年リリース ブレンデッドモルト 47.1%

カテゴリ:
ROYAL MILE WHISKIES
Blended Malt Scotch Whisky
Three Cask Blend
40 Years old
Matured in Sherry Casks
700ml 47.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:濃厚で香ばしくビター、カカオチョコレートやアーモンド、松の樹皮、ウェアハウス。スワリングしているとラムレーズンのような甘酸っぱいアロマも感じられる。

味:リッチな口当たり。レーズンなどのダークフルーツの入ったチョコレートケーキ、カカオパウダー、かりんとう。コクのある甘酸っぱいシェリー感から、ビターなウッディネスへと変化する。
余韻はタンニンを感じつつ、スパイシーな刺激と微かにサルファリー。少しねっとりとした樽感が口内に残り、長く持続する。

開封直後はサルファリーな要素が若干感じられたが、時間経過で変化した模様。全体的にこなれて現在はビターで香ばしい程度であり、少量加水するとカカオ系の苦味が和らぎドライフルーツやお菓子を思わせる香味が主体になる。


今から3年半ほど前、イギリスのウイスキーショップであるロイヤルマイルがリリースしたブレンデッドモルトです。
構成原酒はマッカラン、グレンロセス、タムデュー。トップドレッシングとして高い評価を受けた蒸留所の組み合わせに加え、それらの40年オーバーの長期熟成原酒のバッティングでありながら、価格的にもそこまでではないという良心的なリリースでした。

そんなわけで、当時仲間内でロイヤルマイルから共同購入していたボトル。
期待とともにテイスティングすると、1970年代前半から中頃蒸留の原酒にファーストフィル相当と思しきシェリーカスク、何より上記蒸留所の組み合わせは現代の飲み手垂涎のスペックであったのですが、開封直後は思ったほどでもなかった・・・なんて声も仲間内ではあったのです。

シェリー感としては良質な時代のそれを感じさせるニュアンスが感じられる一方、比率的にはタムデューとロセスが多かったのか、あるいは原酒の一つが度数落ちだったのでしょうか。
酒質の軽さが部分的に感じられるところに、それを上塗りする強いアタックのちぐはぐさ、そしてウッディな苦味。単に複数の原酒を使うだけでは混ざりきらない、ブレンデッドモルトの難しさを感じるのです。

一方今回時間を置いたものを飲んでみると、そうした要素が開封後の経年変化でいい具合に馴染んできたという感じ。個人的には開封直後もそれはそれで見るところがあるという構成でしたが、コクのある甘みとドライフルーツの酸味、好みの樽感がメインに感じられて楽しんでテイスティングできました。
シングルモルト、シングルカスクで単一の個性を味わうのも良いですが、複数が混じり合ったボトルをじっくり馴染ませながら変化を楽しんでいくのも、ウイスキーの面白さですね。

竹鶴 ピュアモルト 12年 ニッカウイスキー 初期ボトル 43%

カテゴリ:
IMG_5825
NIKKA WHISKY
TAKETSURU
PURE MALT
Aged 12 years
660ml(180ml) 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな樽香、ピーティーな香り立ち。スワリングするとほろ苦いウッディーさと林檎のカラメル煮を思わせる柔らかい甘み、乾いた麦芽のアロマが開いてくる。

味:柔らかいコク、香ばしさを感じる口当たり。燻したような麦芽風味、キャラメリゼを思わせる甘みとほろ苦さ、ほのかにオレンジピール。徐々に新樽原酒のウッディネス、樹皮を思わせる無骨な樽感がアクセントとして広がる。
余韻はウッディでビター、少し塩気を伴うドライ気味なフィニッシュ。

熟成感が適度にあり、樽感と奥行きも備わった秀逸なスタンダードボトル。少量加水すると香りが開き、個人的にはロックをゆったりと飲むのが好み。


ニッカウイスキー(ないしアサヒビール)が、低迷するウイスキー市場に一石を投じるべく2000年に発売した創業者の名を冠するウイスキー。
竹鶴政孝が理想とした「異なる環境で熟成された原酒」を使い、こだわりのスモーキーフレーバーの備わったそれは、モルトウイスキーではまさにその名にふさわしい構成だと感じます。

この当時の竹鶴シリーズは、コスパの良さで知られています。
モルトウイスキーでありながら"幅広い原酒を使える"という謎のロジックで、発売価格が同年代国産シングルモルトの半額程度からそれ以下の設定だったことも注目を集め、雑誌の特集記事や某漫画などで度々取り上げられました。
商品開発はそうした価格面との折り合いも含めかなり苦労したと思われますが、仮に今発売されるならまず当時の価格設定はない。ウイスキー冬の時代だからこそ誕生した商品と言えるかもしれません。

一方で、竹鶴ピュアモルトシリーズに対しては「国産より安い原酒使ってるんだろ」とか様々な意見も常にあったわけですが、12年から21年まで共通して余市らしいスモーキーさと樽香、宮城峡を思わせるフルーティーさが備わって味も良かったため、中身がどうとかぶっちゃけどうでも良かったのも事実。
今改めて飲んでも、これは良いウイスキーだと思えます。

ただ12年に関しては代を重ねるごとにそうした蒸留所の個性が薄くなり、後継である現行品NAは見る影もない状況。売れ筋商品とは言え、ユーザーサイドは複雑な気持ちも抱えてしまいます。
まあこうした変化は、ウイスキーにおいてありがちな話ではあるんですけどね。増産を始めた時期から効果が出るのはしばらく先、古き良き時代の竹鶴復活を気長に待ちたいと思います。


【Happy New Year 2018】
新年あけましておめでとうございます。
昨年は本業で大きな成果を上げることが出来たものの、体力的には年の後半に息切れ。病床の身となって更新はおろかウイスキーを飲むこともままならない状況に、歯がゆい想いをすることも度々ありました。
自分で言うのもなんですが、働きすぎました(笑)

そんな間でも、ブログ楽しみにしていますと言って頂けるウイスキー仲間、ブログ読者皆様の声に、何度もモチベーションを回復させて貰いました。
正直まだ本調子とは言い難いのですが、今年も1年公私共充実した時間となるようウイスキーを楽しんでいければと思っています。

今年はブログ開設から丸3年、順調に行けばレビューは1000以上、アクセス数も1000万の大台に乗る、節目を迎える年です。
その最初の更新は、初心に帰る意味も込めて、自分がウイスキーにハマるきっかけとなったボトルから竹鶴12年を選びました。先日のスーパーニッカを購入した際、偶々セットでついてきたものです。竹鶴は特にストックしてなかったので、ありがたい買い物でした。

初めて竹鶴を飲んでから約10年。懐かしい味わいと共に、経験値の向上からか当時は分からなかったフレーバーも明確に感じられます。
当時はなんだかよくわからないけど良いウイスキーと思ってましたが、今はハッキリと「良いウイスキー」だと断言できますね。

フェイマスグラウス ヴィンテージモルト 1992-2004 40%

カテゴリ:
FAMOUS GROUSE
Vintage Malt Whisky
(Blended Malt Whisky)
Aged 12 years
Distilled 1992
Bottled 2004
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややひね感のあるシェリー香、ピリピリとした麦芽風味、黒蜜、スパイシーでドライな香り立ち。オレンジピール、干し草のような植物感も徐々に感じられる。

味:バランス寄りのシェリー感、ドライな口当たり。黒砂糖、黒糖麩菓子のような甘み、ドライプルーン、麦芽風味、ピリピリとした刺激が盛り上がってくる。
余韻は土っぽいピートがじわじわと広がり、内陸系のスモーキーなフィニッシュ。

バランスの良いシェリー感の奥から、ピート、干し草、スパイシーなハイランド的なモルティーさが広がってくる。
加水するとまろやかさが増してシェリー系の甘みが主体、飲みやすくなる。


フェイマスグラウスのブレンデッドモルトシリーズ。ヴィンテージモルトは1987、1989、1992の3種類がリリースされており、全て12年モノの熟成。今回のボトルはその3番目ということになります。

シリーズに共通するのは、当時のハイランドパーク等のオフィシャルにもあるシェリー感とピートフレーバー。1992は1989に比べてシェリー感はさらにバランス寄り、ハイランド系のモルトの香味もアクセントになっています。
キーモルトなのですからあたり前と言えばそうなのかもしれませんが、その筋のボトルの高騰が続く昨今において、家飲みにちょうど良い一本と言えます。
ストレートだけでなく、ロックでまったり楽しむのも良いですね。

なんだか最近投稿が続いているフェイマスグラウス。
ノーマークなボトルも多数ありましたが、こうして色々飲める機会に恵まれてみると、ハイランドパーク、マッカラン、タムデュー、グレンロセス・・・使われている原酒の良さを感じる点が少なからずあります。
特に2000年代前後、この時期のボトル、他にも積極的に試していきたいです。

シーバスブラザーズ センチュリーオブモルト 43% 1990年代流通

カテゴリ:
IMG_4448
CHIVAS BROTHERS
THE CENTURY OF MALTS
Scotch malt whisky
750ml 43%

グラス:テイスティンググラスエリート
場所:個人宅(持ち寄り会@J氏)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:洋梨や林檎を思わせるフルーティーさ、華やかでオーキーでナッティーな香り立ち。奥から干しわら、ウッディネス、少し溶剤のような刺激を伴う。

味:まろやかな口当たりから徐々にドライ。香り同様に華やかでナッツ、フルーティー、林檎、牧草、蜂蜜のような甘みも感じる。中間は多彩で複雑だがまったりとしている。余韻はウッディでドライ、ほのかなピート香が現れ長く続く。
   
複雑さ、多彩さはあるが、基本的にはハイランドタイプのモルティーな香味が主体。余韻にかけてはアイラ系のピートフレーバーもある。熟成感は10~20年程度、あまり長期熟成のモルトという印象はない。ゆるくのんびりと楽しめる1杯。


シーバスリーガルを製造するシーバス・ブラザーズ社が1995年に発売したとされるブレンデッドモルトウイスキー。センチュリーと書かれたそれは、100周年などの記念的な要素を感じさせるものの、特段これと言う話はなく。1度限りの限定品ではなく、何年間かリリースは続いていたようで度数違いや容量違いもリリースされています。
シーバスブラザーズ社発足は1801年、シーバスリーガルの発売は1891年、少なくとも100年前の1895年、何か記念すべきことが同社にあったというような話はありません。

ラベルの通り100蒸留所の原酒をブレンドしたウイスキーで、当時J&Bがモルトとグレーンで120を越えるほぼ全蒸留所の原酒をブレンドした、J&Bウルティマをリリースしていたことから推察すると、対抗馬と言える商品だったのかもしれません。
ブレンデッドウイスキーではなく、あえてシーバスブランドの通常ラインナップにないバッテッドモルトウイスキーでリリースしているあたり、販売量でシーバスリーガルの上を行くJ&Bへの対抗意識が滲んでいるようにも感じます。   

比較的オールド市場に多く流通している本銘柄、完品の場合付属する冊子には、使われたとされる100銘柄についての解説もされています。
そのリストにはアイランズ、アイラ、北ハイランドからローランドまで、スコットランド全土から満遍なく原酒が使われていることが書かれていますが、そのバランスはテイスティングの通り、内陸系主体のバッティングに隠し味としてアイラという感じ。シーバス社所有の原酒で考えると、そうしたタイプの原酒が主体になるのは当然のこととも言えます。

ご参考:シーバスブラザーズ社所有のウイスキー関連設備(2009年度版)

他方、使われた原酒には、かつてシーバス社が試験的に仕込んだとされるピーテッドモルト、クレイグダフ、グレンアイラの名前もあり、余韻にかけて感じられるピート香にそれが含まれていると考えると、中々興味深いと感じる味わいでもあります。
ちなみにこのボトル、持ち寄り会ではブラインドテイスティングで出され、そのキャラクターの多彩さというか混ざり具合から悩みに悩んでバランタインのオールドと答えた記憶があります。出てきたボトルを見て、これなんてムリゲーだと(笑)。しっかり楽しませてもらいました。

シーバスリーガル アルティス 40% ブレンデッドモルト

カテゴリ:
CHIVAS REGAL
ULTIS
Blended Malt Whisky
"5 Signature single malts
5 Master blenders"
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(BAR LIVET)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかで軽やかな香り立ち。乾いた麦芽、微かなスパイスを伴うオーキーなアロマは、徐々に煮たリンゴやアプリコットジャム、ビスケットを思わせる甘やかな熟成香を伴う。

味:少し水っぽい口当たり。ナッティーでオーキーな華やかさが広がる。薄めた蜂蜜、エステリーでドライオレンジピール、洋梨、熟成感があり中間に盛り上がるコクが、口当たりの軽さを補っている。
余韻は軽くスパイシーでウッディー。序盤に広がったオークフレーバーが鼻腔に届き、染み込むように消えていく。

ややドライだがバランスが良く、華やかな樽香と熟成感、多彩な香味を備えたラグジュアリーなモルトウイスキー。スペイサイドモルトを中核としているだけあり、良くも悪くも"らしさ"のあるキャラクターが備わっている。ストレートでじっくり楽しみたい。加水は少量までで。

昨年11月、シーバスリーガルが同ブランド初のブレンデッドモルトとしてリリースしたのが、アルティスです。
「ULTIS」は、ULTIMATE"究極"と、FORTIS"力(ラテン語)"の2つの単語を合わせた造語であり、つまるところ"究極の力"という意味。シーバスリーガルの開発、発展、そして現在の地位の確立に貢献した、5世代のマスターブレンダーへのオマージュとしての位置付けもあるのだとか。なんだか気合いだけは伝わってきますね。

メーカー発表によると、アルティスを構成する主要な原酒は、ストラスアイラ、ロングモーン、トーモア、アルタベーン、ブレイヴァル。5人のマスターブレンダーとかけて、スペイサイドの5つの蒸留所がチョイスされているようです。
飲んだ印象は、まさに近年のスペイサイドのそれ。40%加水のブレンドだと多くのブランドにも見られることですが、バランス良く多彩であるものの、口当たりの薄さというか香味の広がりは及第点。突き抜けた香味を求めるコアユーザーには少々物足りない部分もあると言えます。

一方、樽由来のフレーバーはえぐみや草っぽさが少なく、丁寧な印象があり、柑橘や林檎系のフルーティーで華やかな香味。使われた原酒の熟成は平均20年程度か、熟成感もあって未熟な要素は無く、エステリーな熟成香も漂ってきます。最長30~40年程度の原酒も使われているのではないでしょうか。
おそらくウイスキーを飲める人なら、誰が飲んでも美味しいと感じる香味の一つですね。日常的に飲みたいと感じる1本でもあります。

5種類の主要構成原酒の中では、ロングモーンの軽やかにドライ、麦芽やナッツを思わせるフレーバーが主軸として感じられ、そこをストラスアイラやトーモア由来の柔らかくコクのあるボディが補っている印象。
経験の少ないブレイヴァルはよくわかりませんが、スパイシーで多少柑橘系に振れる要素は、ロングモーンだけでなくアルタベーン蒸留所あたりの個性かもしれません。
いやはや流石業界大手、こういうレベルのブレンドを安定してリリース出来てしまうあたり、原酒ストック量の厚さを物語っているようでもあります。

ちなみにかつてシーバスリーガルと言えば、キーモルトはストラスアイラとグレンキースだったわけですが、1999年から2014年までの約15年に渡る閉鎖期間の影響か、これまでのスタイルを踏襲したという中で、主要原酒に名前がないのは少し寂しいなーとも感じてしまいました。

このページのトップヘ

見出し画像
×