タグ

タグ:バッテッド

フェイマスグラウス 12年 シルバーグラウス ブレンデッドモルト 45%

カテゴリ:
IMG_5125
FAMOUES GROUS
SILEVER GROUSE
Aged 12 years
"-8℃ Super Chill Filtered"
2005's
45% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封2週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライな香り立ちだが、甘くリッチなシェリー香。黒糖ふがし、果実風味の砂糖菓子、合わせてみたらしのような古酒感もある。時間経過でローストした麦芽を思わせるフレーバーも広がってくる。

味:とろりと濃厚な甘みを感じる口当たり。黒飴、ダークフルーツケーキ。後半はほのかにウッディーなニュアンスと共に、少しピリピリとした刺激が舌に絡む。
余韻は微かなピートフレーバー、序盤のシェリーオークの甘みが舌に張り付くようだが、次第にあっさりと消えていく。

黒糖系のシェリー感が主体なブレンデッドモルト。例えるなら擬似ちょい古マッカランという味わい。古酒感が漂うのはボトリング10年以上が経過しているためか。
濃厚で香味に大きな変化も無いので、ともするとしつこくなりがちな甘みだが、余韻が比較的あっさりまとまるので、負担無く飲み進められる。少量加水すると後半の刺激が穏やかになり、よりスムーズでメローな味わいが楽しめる。1:1くらいまでの加水でもバランスはとれたまま、実に飲みやすい。

IMG_5126

フェイマスグラウスが、スコットランドでの25年間セールスNo,1を記念して、2005年に発売したブレンデッドモルト。これはその台湾向けに輸出された1本です。
マイナス8度でチルフィルターをかけるという、当時の新技術(?)が使われており、現行品のオールドパーシルバーのように味もそっけもないブレンデッドなのでは。。。という先入観があったものの、飲んでみると濃厚なシェリー系のブレンデッドで、ちょっとした驚きを感じる味わいとなっています。

他方、香りのドライさ、味の濃さに対して余韻の"あっさり感"は、強めにチルフィルターをかけた結果だろうなという要素。これがシングルモルトではなくブレンデッドモルトで、突き抜けた個性を楽しむというより、全体のバランスや万人向けという位置づけで考えれば、こういう仕上げ方もアリかなと思います。
かつてフェイマスグラウスのキャッチコピーには「Mellow as a Night of Love.... One Grouse and You want No Other!」(夜を共にする恋人のようにメローな味わい。1杯のグラウスのかには何も欲しくはない!)としたものがあったとされていますが、それを再現するようにマイルドでメローな味わい。作り手が目指す方向性が伝わってくるようです。

フェイマスグラウスは1970年代にハイランドディスティラリーズ社の傘下(現在のエドリントン)に入り、ハイランドパークやタムデューなどの原酒提供を受けると共に大規模なセールスを展開。1996年にはマッカランも同グループの傘下となったことや、比較的原酒が潤沢だった時代だったこともあってか、2000年前後のフェイマスグラウスは30年の長熟やモルトの限定品を中心にツブが揃っています。
このシルバーグラウスもそんな1本。ウイスキー仲間によって台湾で購入されたボトルですが、こういうボトルが安価でまだ残っているのは驚きです。

フェイマスグラウス ブラックダイヤモンド ブレンデッドモルト 45%

カテゴリ:
IMG_5088
FAMOUS GROUS
THE BLACK DIAMOND
Blended Malt Whisky
Master Blender's Limited Edition 
700ml 45%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅(お土産@T,Ishihara氏)
時期:開封後2カ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くリッチ、ほのかに華やかさも漂うシェリー系の香り立ち。レーズンやオレンジピールを思わせるドライフルーツ、じわじわとスモーキーさも感じられ、多彩な香味を感じることが出来る。

味:まろやかでコクがある甘い口当たり。シェリーのニュアンスはイチヂクの甘露煮、レーズン、オレンジチョコ、そこからキャラメリゼ、内陸系のピート、ほろ苦いフレーバーが顔を出してくる。
余韻はスモーキーで干し草のようなウッディネスも微かに、染み込むようにドライなフィニッシュ。

バランスの良いブレンデッドモルト。モルトだけにボディが厚く、シェリーのニュアンスも嫌味が少なく整っていてスイスイと飲めてしまう。熟成感としては20年程度のグレードと同等という印象。シェリー樽由来のまろやかさ、そして酒質由来のピート、スモーキーさ、豊かな味わい。



台湾向けと思しきフェイマスグラウス、ブレンデッドモルトウイスキー。今回テイスティングしたブラックダイヤモンドと、タイガーズ・アイの2種類がリリースされています。
どちらもノンエイジ表記ですが、ブラックダイヤモンドの方が香味に熟成感や厚みがあり、価格、内容とも上位グレードという感じです。

ラベルにマッカラン、ハイランドパーク、なんて書かれてますが、よく見るとその蒸留所がグループ傘下にあるよってだけで、2蒸留所のバッテッドではない模様。しかし、香味の系統としては両蒸留所を連想させるシェリーやピートのニュアンスがあり、突き抜けない代わりにバランス良く、甘くスモーキーでしみじみ美味い味わいが楽しめます。
構成原酒はマッカラン、ハイランドパークに加え、タムデュー、グレンロセス辺りの蒸留所か。少なくともその辺のシングルモルト買うより良いな、なんて感じてしまいました。


(グレンタレットにはフェイマスグラウスのビジターセンターがある。タレットといえばタウザー、ウイスキーキャット。奥には雷鳥の看板。。。この構図、たまらない1枚 Photo by T.Ishihara)

それにしてもこの銘柄、日本にほとんど情報が無く、しかもラベルの通りパッと見でフェイマスグラウスとは思えないデザイン。右側の雷鳥の柄の下、そして表ラベルの説明文の最後にFamous Grouseの表記がかろうじてある程度で、こうしてみんなで飲もうというお土産に機会を頂かなければ、テイスティングすることも無かったと思います。 
いやー、世界にはまだまだ知らないブランドがいっぱいありますね。ありがとうございました!

アーマー12年 ピュアモルト 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:

ARMOR
Aged 12 Years
Pure Malt Scotch Whisky
1980's
43% 750ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:植物系のえぐみ、干し藁、若干バナナを思わせるクリーミーなアロマから、甘い麦芽香が開いてくる。徐々にアイラモルトらしい焦げたようなスモーキーさ、奥にはエステリーなフルーティーさもあり、時間経過で感じやすくなる。

味:モルティーでコクがあり、やや荒さのある口当たり。酸味のある麦芽風味から、舌の上で転がすと蜂蜜の甘さ、強いスモーキーフレーバーが開いて鼻に抜けていく。 余韻はピーティーで焦げた木材や灰のニュアンス、ビターで強く残る。

ブレンデッドモルトらしい複雑さに加え、かつてのハイランドを思わせる強い麦芽風味、香味の奥にあるピートが全体をまとめ、良い仕事をしている。ハイボールも悪くは無いが、ピートフレーバーが弱まることで、複雑さとして捉えることができた複数のモルト由来のフレーバーがバラけ、ちぐはぐに感じる印象も。
IMG_2566

昨日のアーマー21年に続き、京晴さんが1980年代後期に販売していたブレンデッドモルト(ピュアモルト)のアーマー12年です。
実はこの銘柄のピュアモルト(8年、12年)の2本は飲んだことが無く、この時が初めてのテイスティング。正直なところ、1980年代末期という時期や、作り手はともかく銘柄としてはマイナーなブレンデッドモルトですから、あまり期待はしていませんでした。
が、予想に反してこれが中々飲み応えがある味わい。同価格帯で代わりが無いワケでは無いレベルですが、これはこれとして、モルトウイスキーの個性を楽しめる仕上がりとなっています。

アーマーのラインナップや製造元の話は昨日の21年に記載していますので、ここでは省略。このアーマー12年は、製造元情報ではハイランドモルトをベースに、アイラ、ローランド地方のモルトをそれぞれ加えて作ったピュアモルトウイスキーとのこと。テイスティングにも記載しましたが、ハイランドベースといいつつ、結構ピーティーな仕上がりです。
とすると、流通時期から逆算した原酒が原酒の蒸留時期(1970年代半ば)から、どのモルトが使われているのか気になるところ。フレーバーの系統からするとカリラは可能性が高いものの、アードベッグやラガの可能性も否定できないと思ってしまいます。


なお、このボトルもまた京晴さんのサイトから購入が可能です。
昨日の投稿ではWEBサイトと在庫が連動しているかわからないと書いたところ、在庫があることや連動していることをコメント等で教えていただきました。しかも注文すると替え栓付きで届くという親切対応(オールドボトルらしくコルクが脆い)の情報まで・・・皆様ありがとうございます。
オールドボトル市場の価格帯で考えれば、この2本が特段お買い得というわけではありませんが、酒屋保管のボトルという点が、中古市場で保管状況不明な個人所有よりメリットだと思います。

オーバー アン アイラレインボー サマローリ 45% 2016's

カテゴリ:
IMG_2773
SAMAROLI
OVER AN ISLAY RAINBOW
Blended Malt Whisky
(Blended of Isaly Malts)
Bottled in 2016
Jast 246 bottles have been produced
700ml 45%

グラス: 和吉工房SPIRITS
量:15ml×2
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかいスモーキーフレーバー、微かに焦げたようなニュアンスと時間経過で蜂蜜レモンを思わせる酸味。徐々に麦芽や干し藁を思わせる乾いた植物感。オーキーな甘みと華やかさも感じる。

味:香り同様に柔らかい口当たり。バニラを思わせる甘み、ココナッツ、ナッティーなピートフレーバー、徐々に薄めた蜂蜜を思わせるモルティーな甘みも開いてくる。中間から後半は焦げたようなスモーキーさが鼻に抜け、レモンキャンディーの甘みや柔らかいコクが舌を包む。

ブラインドで飲んだら、思わずラフロイグと解答してしまうほどのフレーバー構成だが、ただのラフロイグとは違うまろやかさ、柔らかさが特徴的な1本。
ラベルに書かれた淡く美しい虹のイラストのごとく、七色の味わい・・・とまでは言えないものの、嵐が過ぎ去った後の柔らかい日差しと共に感じる海辺の空気のよう。

IMG_2776

つい先日、ウイスクイー経由で国内にリリースされたばかりのサマローリのニューリリース。
突き抜けた旨さや感動というよりは、全体的な完成度の高さで勝負する加水のバッテッドモルトで、乖離感の無い自然な口当たりとバランスの良さ、そして穏やかでありながら適度な飲み応えのあるフレーバーが地味に良い仕事をしています。 (その分値段も高いですがw)

構成原酒の体感的な熟成感は、加水であるコトを加味して10~20年程度のバッティング。先述のようにブラインドだとラフロイグと言ってしまいそうな味わいですが、味わいの柔らかさを演出しているのはブナハーブンかノンピートのブルイックラディあたりか・・・というのが何も知らず飲んだ時の印象。
その後調べてみたところ、レシピはブナハーブン1988とラフロイグ2009を使用しているそうで、構成原酒やブナハーブンの熟成感に納得すると共に、ラフロイグの思わぬ若さに驚きました。

今回のテイスティングは変則的で、2種類のグラスを使って15mlずつテイスティングしています。
一つは蕾型の形状、もう一つは写真のストレートタイプ。確かにグラスの形状によっては酸味を少し取ったのと、焦げたようなニュアンスもありましたが、まさかラフロイグが10年未満とは思いませんでした。
逆に言えば、それだけブナハーブンの熟成感と45%加水が良い仕事をしているのだと思いますし、今回は口開けでしたので今後の変化で違う味わいがあるのかもしれません。
また次の機会があれば、加水やハイボールなど、様々な飲み方にトライしてみたいですね。

ゴールデンホース 武蔵 ピュアモルト 43% 2016年リリース 東亜酒造

カテゴリ:

GORDEN HORSE
MUSASHI
Pure Malt Whisky
43% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@Yさん)
時期:開封後2~3週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:蜂蜜レモンの甘みに干草を思わせる乾いた植物感を伴う香り立ち。ほのかにハーブのような爽やかさ。徐々にオーキーで華やかなパイナップルなどのドライフルーツを思わせる樽香も開いてきて、加水するとややケミカルなニュアンスが開く。

味:コクのある口当たり、レモングラスの爽やかなフレーバーを一瞬感じた後で、徐々に麦芽系の香ばしさへ。若いニュアンスはあるものの、嫌味は少なく味の厚みもある。加水すると麦芽風味やバニラ、蒸かした栗のような甘み、ピールのようなほろ苦さも。
余韻はほのかにスモーキーでほろ苦く、オールブランシリアルを食べたようなしっかりとした味が長く残る。


さて、前回に続いてゴールデンホースの新商品、ピュアモルトの武蔵です。
東亜酒造についての話は、武州並びにゴールデンホースリリース再開の記事で散々書いているのでここでは割愛。詳しくは関連記事をご確認ください。

このピュアモルト武蔵の構成は、スコットランドからの輸入原酒。体感で8年程度の熟成のバルクモルトウイスキーで、ピートやヨードといったアイラ要素はなく、ハイランド系の穏やかな酒質を連想します。
個性的ではありませんが、モルティーで徐々に開いてくる華やかなオークフレーバーなどもあり、ストレートで楽しめるモルトウイスキーに仕上がっています。
また、先に武州を飲んでいたからでしょうか。武州と同スタイルの原酒傾向を感じる味わいでもあり、テイスティングしながら現在のゴールデンホースの製造環境を垣間見ることもできました。
おそらくブレンデッド武州は、この武蔵の原酒をトップドレッシングとして使ったのだと推察します。 

なお、ブレンデッドの武州はどのような飲み方にもマッチするように感じましたが、ピュアモルトの武蔵はロックやハイボールにすると若さ、特にハイボールでは酸味が強く出て、やや若い原酒のえぐみも感じられます。
オススメの飲み方はストレートか少量加水まで、ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×