タグ

タグ:バッテッド

963 ブレンデッドモルト 17年 ワインウッドリザーブ 46% 福島県南酒販

カテゴリ:
IMG_20190325_081923
963 
BLENDED MALT WHISKY 
AGED 17 YEARS 
WINE WOOD RESERVE  
Release 2019 
Bottled No, 547/634 
700ml 46% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ち。トップノートは乳酸系の酸と、人工のオレンジシロップのようなケミカルさ。合わせてフレーバーティーを思わせる甘みとウッディネス。

味:ほのかな粘性とビターな口当たり。カカオをまぶしたバニラ、若い林檎、口内にとどめるとパイナップルシロップのような甘み。
余韻はウッディでドライ、オーキーな華やかさが鼻孔に抜け、ケミカルなフルーティーさと樽由来の渋味が長く残る。

加水が適度に効いて飲み口は柔らかく、ワインカスクらしい張り付くような色濃い甘みはそれほどないが、タンニン、ウッディネスは健在。酒質由来の香味としては、似たキャラクターではベン○ヴィス的な味わいでまとまっている。この一体感、ティースプーンモルトだろうか。

IMG_20190325_081947

意欲的に様々なリリースを行っている、笹の川酒造の関連会社、福島県南酒販のプライベートブランドである963シリーズから、バーボン樽熟成の原酒を国産ワイン樽でフィニッシュした、ワインウッドリザーブのリリースです。

これまで、963の17年熟成ブレンデッドモルトはミズナラ樽フィニッシュが2本リリースされていて、どちらもハイランドタイプで癖の少ない原酒がベース。バーボン樽由来の華やかなオークフレーバーとミズナラ樽のスパイシーさと合わさった、”愛好家に認知されているミズナラフレーバー”を擬似的に構成している面白いリリースでした。
そして今回のワインカスクリザーブも同様にバーボン樽原酒がベース。。。なのですが、バーボン樽由来のオークフレーバーもあるはあるものの、それ以上に所謂ジェネリックトロピカルに該当するケミカルなフルーティーさ、シロップのような甘みが樽由来のビターな味わいのなかで主張していて、原酒の構成からしてこれまでのリリースとは異なっていて少々驚かされました。

ばらつきの無い個性、ケミカルなフルーティーさから、ブレンドを構成している主たる原酒はハイランドモルトの"Bの辺り"と推察。国産原酒でこの系統はまだ無いですね。
ワイン感はワインそのものを思わせる酸味やハーブ系のニュアンスは少なく、コクがある程度。色も写真の通りでうっすら赤みがかった程度であるため、国産ワイン樽といってもワインがそう濃く無いタイプか、あまり長期間使っていない樽だったのかもしれません。

一方で樽材由来のウッディさ、渋味はそこそこ強く、ここはスコットランドでのバーボンバレルによる熟成感と異なるところ。
裏ラベルには「17年バーボンバレルで熟成し、最後にワイン樽で後熟」という説明で17年表記となってますので、ワイン樽の期間が1年未満のように読めますが、それでこの樽感は少々違和感あり。例えばティースプーンモルトの輸入原酒(バーボン樽ベース)を、安積蒸留所で再びバーボン樽に詰め、ワイン樽後熟含めて3~4年単位熟成して仕上げたとかなら。。。熟成感の違いも納得できます。

何れにせよ、このウイスキーに備わったフルーティーさは近年のトレンドのひとつであり、これもまた面白いリリースだと思います。
ここで後熟に使った樽は、また新たな熟成に使えますし、原酒の幅を広げて更なるリリースに繋げていってほしいと思います。

ニッカ 竹鶴 ピュアモルト 17年 2000年代後半流通 43%

カテゴリ:
TAKETSURU
NIKKA WHISKY
PURE MALT
Aged 17 years
2003〜2011’s(2007’s)
700ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:メローでチャーオークの焦げ感漂う、しっとりしたウッディネス。キャラメルナッツ、樹皮、古いウェアハウスのような落ち着いたニュアンスに、合わせてドライアプリコットや色の濃い蜂蜜、ピーティーさも感じられる。

味:口当たりは濃厚で、しっかりと芯のある味わい。角の取れた新樽経のウッディネス。ナッティーでメープルコーティングされたアーモンドやくるみ、林檎のカラメル煮を思わせる甘みもある。徐々にスパイシーで微かなピート、奥には黄色いフルーティーさがあり、戻りとして感じられる長いフィニッシュへと続く。

力強い酒質と、エステリーさのあるソフトな酒質が混ざり合い、やや強めの樽感の中で1本芯の通った味わいに仕上げられている。基本的には新樽系統の香味であり、ニッカウイスキーらしい好きな人にはたまらない味わい。ロックにしても悪くない。また葉巻との相性が良いのも特徴。


ウイスキー冬の時代、飲みやすさのブラックニッカクリアブレンドに対して、モルトの個性を出したリリースとして、2001年にラインナップを拡充する形で発売された竹鶴17年の2世代目に当たるボトル。
ニッカウイスキーがアサヒビール傘下となり、2003年にラベルチェンジが行われたのが、今回紹介するボトルのリリース時期にあたります。

初期の頃はコルクキャップが採用されており、途中からマイナーチェンジでスクリューキャップに変わったのか、同じラベルで2種類のキャップが存在するようです。
今回テイスティングしたボトルはスクリューキャップ版で、製造番号から2007年のものと推測。ちょうど自分が竹鶴12年でウイスキーに興味を持ったころで。。。この頃は4000円しなかったんだよなぁ。。。なんて個人的な話はさておき、当時の竹鶴は新樽やリメード樽のニュアンスが主体的で、ニッカ味ともいうべき無骨な樽感、そしてオーク由来の黄色い果実味が余韻にかけて感じられる、熟成感のある味わいが特徴です。

原酒構成を余市、宮城峡だけに限定すれば、ヘビーピートな余市ではなく、ライトピートタイプの余市と宮城峡が半々くらいか、ちょっと宮城峡が多めという感じでしょうか。加水でありながら酒質的にはしっかりと強さも残っており、飲みごたえもある1本に仕上がっています。

(竹鶴17年の現行ラベルである3世代目(左)と、今回の2世代目(右)。2011年ごろにリニューアルして切り替わっている。)

上記写真に写る、2世代目と現行品である3世代目を比較すると、ラベルチェンジ後しばらくの間は新樽に加えてシェリー樽やバーボン樽など、ニッカが所有する様々な樽で熟成させた原酒をバッティングされたような、いくつかの個性が口の中で混然と主張してくるような特徴があります。
余韻の黄色い果実味は変わりないのですが、樽同士の繋がりが薄いというか、こなれてくるまで時間がかかるだけでなく、新樽要素の代わりにニッカのシェリー樽とも言える、硫黄系のニュアンスが出てくるのも3世代目からで、明らかに原酒構成が切り替わっています。

ところが、先日2017年下半期製造ロットの竹鶴17年をテイスティングしたところ。該当するシェリー感が少なくなり、むしろ新樽的な無骨な感じが増して・・・樽構成としては2世代目への先祖返りをしている印象を受けました。
近年の原酒不足から生産量を春秋の2回に絞っていることと、シェリー樽が高騰して手に入りづらくなっていたことが影響しているのかもしれません。

それでもどちらが好みかと言われれば、やはり熟成感の強い旧ボトルが一歩リード。突き抜けて差があるわけではありませんが、経年もあってか一体感も今回テイスティングしたボトルのほうが強く感じられ、ウイスキー冬の時代の名品だよなと今更ながらに思うのです。

グレンブレア 12年 ピュアモルト 1990年代流通 43%

カテゴリ:
GLEN BLAIR
PURE MALT
12 Years old
1990's
750ml 40%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:注ぎたては蜂蜜や麦芽風味を感じるが、合わせてしっかりとピーティーでスモーキーなニュアンスが開き、支配的になっていく。

味:口当たりはピーティーで、クリアな麦芽風味、干草、塩気、ドライな刺激、オイリーなコク、からスパイシーなフィニッシュへ。戻り香にはヨードや磯臭さもある。

樽感はそこまで強くないが、しっかりとしたコク、少し癖のあるハイランドタイプの麦感、島系のスモーキーさと特徴のあるモルトウイスキー。無名だがレベルの高い1本。こういうボトルがあるからオールド探求は面白い。


原酒不明のブレンデッドモルトですが、前述の通り若いなりに完成度の高さが光る通好みの銘柄。それも結構素性のいいモルトが使われているようで、その証拠に開封から1週間しないうち、来店したコアウイスキーラヴァー達に飲み尽くされてしまったのです。
もう1杯くらい飲みたかったなあ。。。

製造するバーンスチュワート社は、近年はブレンデッドウイスキー・ブラックボトルをリリースするメーカーとして、ウイスキー好きな方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。
ただ、それは2003年からのこと。このグレンブレアがリリースされた1990年代初頭は規模を拡張しようと動いていた時期にあたり、所有蒸留所はまだディーンストンのみ。1993年に休止中だったトバモリー蒸留所を買収し、2003年にブナハーブン、そしてブラックボトルの版権も手中に収めたという流れです。

さて、これでこのグレンブレアがオイリーさのある麦芽風味主体のウイスキーなら、はいはいディーンストンねと、なんの違和感もなかったのですが。。。その構成は島要素7、ディーンストンっぽい癖を含むハイランド要素3といった具合。テイスティングの通りスモーキーでピーティー、強いアイラ要素が前面に感じられます。
ディーンストンでもトバモリーでもない(ヘビーピートなレダイグの蒸留は2007年から)、いったいなんの原酒が使われているのかが最大の謎でした。

キャラクター的にはちょっとクリアでピーティーで、酒質はオイリーさがあってスパイシー。ブナやラディはまずありえないし、キャラ的にボウモアでもラフロイグでもなく、1980年前後の蒸留からアードベッグも困難。ラガヴーリンが他のグループ企業に提供されているとは思えず、あるとすればカリラでしょうか。
現時点でこのうちから絞り込むに足る、確たる情報はないのですが、味からぱっと連想したのはタリスカー。個人的にはカリラよりタリスカーと思える香味なのです。

調べて見ると、トバモリーとタリスカーは薄いながら繋がりがあるようで、ひょっとすると原酒の融通もあるかも。
またもう一つが、バーンスチュワート社は会長が元ハイラムウォーカー社のマネージャーだったようで、この繋がりで良質な原酒を手に入れたか。。。
しかしまあ何と言っても美味しいピーティーなモルトで、オークションで無名銘柄相応の価格に落ち着くなら、普通に3本は購入したいと考えたのは、率直な評価です。

笹の川酒造 山桜 ピュアモルト ノンエイジ  48%

カテゴリ:
YAMAZAKURA
PURE MALT WHISKY
No age
Sasanokawa Shuzo
700ml 48%

グラス:
場所:BAR ハリーズ高岡
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:嫌味の少ない酸味とフレッシュな若さを感じるアロマ。レモングラスの爽やかさ、パンのような酵母香とほのかにトーストの香ばしさも混じる。

味:若さのある口当たり、薄めた蜂蜜と砂糖漬けレモンピールを思わせる甘さ、微かなオークフレーバー。ニュートラルな構成。
余韻はほのかにドライで干し草のようなほろ苦さを伴いあっさりとしている。

8年程度熟成のスペイサイドモルトのようなウイスキー。香りから感じられる若さの割りに加水がほどよく効いて嫌味が少なく、柑橘系のニュアンスを伴うモルティーさが主体。ハイボールにするとさっぱりとして、夏場に飲むには使いやすい。


昨年笹の川酒造がリリースしていたノンエイジのピュアモルト。蒸留所の見学時やイベントなどでは何度か試飲していたのですが、掲載するのを忘れていたので改めてテイスティングすることにしました。
元郡山市民として、地元企業の作品は抑えておきたいですからね。

このバッテッド、所謂ジャパニーズらしさとも言える強い樽香ではなく、その味わいはスコッチタイプ。オフィシャルラインナップだとグレンマレイのスタンダード品が近いという印象です。
余韻にかけて樽由来のドライさが多少感じられるところから、チェリーウイスキーなどの地ウイスキー用に調達していた原酒で、複数回使用の古樽で追加熟成していたものをブレンドしていると思われます。


安積蒸留所を稼働する笹の川酒造の熟成庫を見学すると、樽に書かれた日付からニューメイク以外に地ウイスキー用の原酒も数年単位で保管されているのがわかります。この山桜ピュアモルトの原酒もそうした原酒のうちの一つなのでしょう。
現在は安積蒸留所の原酒が熟成され、もうじき2年を迎えます。区切りというかスタート地点に到達するまであと1年。
新しい原酒が使われ、チェリー(種)から桜が芽吹き、大輪に育つことを楽しみにしています。

963 ミズナラウッドフィニッシュ 17年 セカンドフィル 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
963 BLENDED MALT WHISKY
MIZUNARA WOOD FINISH 
2nd Fill
Aged 17 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★★(6)

香り:少しツンとした刺激、一瞬湿気ったような酸味を伴うが、すぐにバーボンオークのオーキーなアロマ。淡くミズナラを思わせる香木香にりんごのコンポート、蒸した栗、バニラのニュアンスが時間経過で前に出てくる。

味:オーキーでウッディな口当たり。序盤はややビターだが、次第にとろりとした粘性を伴う甘み、林檎やパイナップル、黄色系の果実味も感じられる。
余韻にかけてはほのかにクリーミーな甘み、白桃缶のシロップを思わせるような要素を含み、軽やかにウッディで長く続く。

ハイランドやスペイサイド系の原酒を思わせる穏やかな構成。若さを感じない適度な熟成感で、樽感はバーボンオーク主体だが、淡いミズナラのアクセントがフルーティーさを後押ししているように感じる。飲み方はストレート以外に、ロック、ハイボールも悪くない。


福島県南酒販から、夏のギフト向けに発売された963シリーズの最新作。
バーボン樽熟成のブレンデッドモルトをミズナラ樽で数ヶ月間後熟したものですが、ベースとなる原酒の香味がミズナラ樽由来の香味とうまくマッチ。近年高騰著しく、高嶺の花となってしまった同樽熟成ウイスキーの香味に近い構成となっているのがポイントです。

この963MWF17年は、昨年11月にもリリースされており、その際に使われたのはミズナラの完全な新樽。それを6月から9月頃まで、1年のうち最も暑い時期にフィニッシュに用いたことで、数ヶ月間でありながら結構しっかりと樽由来の香味が出ていました。(※写真左がファーストリリース、右がセカンドリリース。表ラベルは同一、裏ラベルが微妙に異なる。)

対して今回は引き継ぎとなるセカンドフィルに、ベース原酒はおそらくほぼ同じ系統のものを2月から5月、冬から春にかけて後熟。当然、樽から出るエキスの量が異なるため、ミズナラ感は多少淡くなっていますが、むしろファーストリリースの樽感が雑というか多少煩くも感じていましたので、樽に拘らずウイスキーの全体で見れば洗練されたような印象も受けます。
価格は前作から据え置きの1万円。2作目ということでファーストリリースを超える衝撃とはなりませんでしたが、これはこれで扱いやすく美味しいウイスキーなのではないでしょうか。


(ファーストリリース(左)とセカンドリリース(右)。ファーストリリースのほうが色濃く仕上がっている。)

今同じ系統が2作続いたわけですが、こうして見るとバーボン樽原酒とミズナラ樽の組み合わせは相性の良さを感じます。
香味としては、香木を思わせるニュアンスなど、アメリカンホワイトオークとミズナラの木材が持つ方向性の違いは当然ありますが、共通の要素がない訳ではありません。
ざっくり整理すると、バーボン樽はAとBの香味要素があり、ミズナラ樽はCとDを持つとするなら、このAとCがニアリーイコールなので、フィニッシュよって市場が求めるミズナラ樽熟成に近い原酒に仕上げられる可能性。

ミズナラはエキスの出が良いとも聞きます。新樽入手後いきなり10年単位の熟成を狙うより、フィニッシュで樽感を慣らしていくのも理にかなっています。
勿論樽は生き物、必ずこのようになるとは言い切れませんが、小規模生産のクラフト蒸留所の商品開発の方向性としては、参考になるリリースとも思うのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×