タグ

タグ:バッテッド

オールドパー カスクストレングス 2003 モルトウイスキー 58.8%

カテゴリ:
IMG_20191015_043812
OLD PARR 
CASK STRENGTH 
MALT WHISKY 
BOTTLED IN 2003 
750ml 58.8% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度 
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:酸のある麦芽香が力強く、干し藁や微かに白粉、モルティングしたばかりの麦芽を思わせるアロマ。そこからじわじわとエステリーで林檎のコンポートを思わせる甘みとフルーティーさ。時間経過でバニラ、蜜のような要素もある。

味:口当たりはパワフルで、一瞬の粘性の後で一気に広がるような感覚。香り同様に麦芽風味主体、バニラの甘みからはちみつレモンとスパイシーさ、柑橘のニュアンスがウッディなほろ苦さを伴いつつ広がる。
余韻は内陸系のピートフレーバー、スモーキーさがあり、軽いえぐみを伴って染み込むように残る。

基本的には80年代前半あたりのクラガンモア。ピートフレーバーは同時期のクラガンモアだろうか。プレーンな樽使いはディアジオらしさであり、酒質を軸にした香味が複雑さを構成する、リッチなモルトウイスキーである。こういうブレンデッドモルトは大歓迎。少量加水すると麦芽風味が強く感じられ、口当たりはマイルドに。ただし時間経過で酸が強く感じられるようでもある。

IMG_20190501_224529

2003年にリリースされた、オールドパーのブレンデッドモルトでカスクストレングスという意欲作。ロットNo,がAとBで2パターンあるようで、今回はAなので初期のほうと推察。
使われている原酒の熟成年数は、香味の系統から20年くらいでしょうか。ディアジオ系列らしい樽使いで、2ndまたは3rdフィルのプレーンオークで熟成されたような構成が、ハイプルーフ仕様と合わさって原酒のキャラクターをしっかり感じさせてくれる、リッチ(贅沢)なブレンデッドでした。

2000年代前半はディアジオやモエヘネシーがウイスキーのブランド価値向上のため様々なリミテッドを積極的に展開し始めており、多くのブランドでリミテッドがある非常に面白い時期です。
ただ、シングルモルトのブランド向上を意図したキャンペーンの中にあって、ブレンデッドモルトとは言えオールドパーは異色の存在。しかもジョニーウォーカーではなく、です。
残る情報から察するに地域限定品だったとも考えられ、1990年代の冬の時代を経て、今後何がヒットするのかを模索していたのかもしれません。 (元々オールドパーはアジア方面への輸出向けで、大きくシェアを伸ばしたブレンドでしたので、アジア方面での同銘柄の可能性を探ったのかもしれません。)

オールドパーといえば、キーモルトはグレンダランとクラガンモア。近年のオールドパーは、どちらかと言えばグレンダランのキャラクターを感じますが、今回のブレンドにはクラガンモアのキャラクターを強く感じます。
仄かに酸のある樽感に、麦芽風味と内陸系のスモーキーフレーバー。ピート由来のニュアンスはクラガンモアで、比率的には7:3くらいか。
1980年代前半の仕込み主体と思われるそれらの原酒は、今よりも厚みがあり、先に触れたように樽感で後付けされない骨格のしっかりしたフレーバーを楽しめます。

その違いは現行品のオールドパーを飲めば瞭然ですが、グレンダランやクラガンモアは近年にかけてどんどん没個性的で酒質が軽くなっており・・・比例するように現行品のオールドパーもずいぶんボディの軽い仕上がりになってしまいました。
最近のオールドパーはハイボール溶液と化していて、開き直ってチルフィルがっつり効かせたオールドパー・シルバーまで出してきているのですから、この味はもう作れないんだろうなと、同時に思わされるのです。(それが不味いというわけではなく、使い勝手の良いブレンドではあるのですが・・・。)

IMG_20191014_204121
今日のオマケ: アルベーヌ・ビショー・コート・ブルギニョン2014
アルベーヌ・ビショー社はキリンさんが取り扱っているワインメーカーで、今回のはデイリークラスのワイン。お値段1000円代後半です。

使用品種はガメイとピノ・ノワールとのこと。ガメイがメインなのか、ピノの透明感を帯びた酸というよりは、露骨なイチゴジャム感があり、余韻にかけてタンニンも存在感を増してくる。
ただしそのジャム感が致命的にしつこくないというか、まとまっている点は上手い作り。スルスルと飲めてしまう。嫌いじゃないぜ、こういうのも。。。
そう言えば今年のボジョレー解禁がもうすぐですが、ヌーヴォーだけじゃなくてこういうのも飲んだ方が良いと思うんですよね。

アマハガン ワールドモルト Edition No,3 ミズナラウッドフィニッシュ 47%

カテゴリ:
IMG_20190930_172116
AMAHAGAN 
World Malt 
Malt Whisky Edition No,3 
Mizunara Wood Finish 
700ml 47% 

グラス:テイスティング
時期:開封後1ヶ月以内
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ウッディで乾いた植物感、オレンジピール、ほのかに干し柿を思わせる甘やかさ。ウッディーさはオーク由来の要素に加えて、微かに香木、甘栗、ニッキを思わせるスパイシーさも感じられる。

味:樹液を薄めたようなクリーミーな柔らかさ、やや水っぽさを感じる口当たり。そこから薄めたキャラメル、甘栗を思わせる甘味、香り同様の構成だが、後半にかけてウッディさに青さの残る干し草、ニッキ、若干の和紙っぽさを思わせる含み香を伴う。
余韻はウッディでほろ苦く、若干の焦げ感を伴う穏やかなフィニッシュ。

ベースとなるブレンドの香味と、フィニッシュで付与されたミズナラのウッディでスパイシーな香味。オリエンタルというにはもう一歩足りない気もするが、それらが同系統の香味を軸に繋がっていて、多少の分離感はあるが及第点と言える仕上がり。加水するとその部分が強調され、シロップを思わせる甘味と草っぽさ、ベースに備わるクセのような香味が顔を出す。目立った若さはなく、ストレートがオススメ。

IMG_20190920_183354

長濱蒸留所が自社蒸留原酒と、輸入原酒を使ってリリースする、ワールドブレンデッドモルト「アマハガン」。2016年に稼働した同蒸留所は、初期の原酒がいよいよ3年熟成を迎え、リリースに向けた準備を進めている最中です。

本シリーズは、今後同社がウイスキーメーカーとして活動していくにあたり、避けては通れない”ブレンド”の経験を積むために作り出したもの。ですが、ちゃんとウイスキーしているというか、思ったよりも良くできいているというのが第一印象。
第1弾は若いなりのバランスが魅力であり、第2弾はワインカスクが効いて、ブレンドに使われた原酒の繋ぎになるような丁度いい濃厚さに、どちらもそれなりの評価が得られていたと思います。

そして今回、2019年9月3日に発売された第3弾はミズナラ樽でのフィニッシュ。ワイン樽は使い方が難しい樽ですが、個人的にミズナラ樽のほうが、難しさもさることながら、熟成させた原酒に求められる香味のハードルがワイン樽よりも高いため、トータルで難しいという印象があります。
アマハガンのファーストリリースが発表されたのが2018年11月。その前にまとめてブレンドを作り、ワイン樽、ミズナラ樽にも詰めていたとすれば、フィニッシュ期間は約10ヶ月程度。ファーストフィルのミズナラ樽はエキスが結構しっかりでますし、何より熟成場所は寒冷かつ温暖な盆地・滋賀県です。真夏をギリギリ避けたボトリング時期の判断が、スパイシーさ、ウッディさの出すぎない仕上がりに繋がっていると感じます。

事前の印象では、ミズナラ樽由来の香味がどこまで馴染むかという警戒は多少ありましたが、これは普通に前作より良いのでは。
好みの問題もありますが、元々少々癖のある輸入原酒が使われているなかで、それらとミズナラ樽由来のウッディさとスパイシーさが、フレーバーの方向性が喧嘩していない。
フィニッシュ期間で使われた原酒の熟成が進んだこともあるのでしょう。普通に飲めて、完全にオリエンタルとは言い難いもののミズナラ由来の個性も感じられて、悪くない仕上がりだと感じたのが率直な感想でした。

IMG_20190626_171907
IMG_20190626_173418

今日のおまけ:長濱蒸留所内観とニューメイク2019。
先日、約2年ぶりに訪問させてもらいましたが、相変わらず小さな蒸留所です。隣にあるのはレストランで、しかもビールの醸造所まで兼ねているのですから、こんなスペースにここまでの機能を詰め込んでいる蒸留所は長濱だけだと思います。

さて、2年間での変化はスチルが1基増えていただけでなく、ノンピートタイプの酒質がかなり良くなっていて驚きました。
2年前はまだ製造ラインの癖を掴みきれていなかったのか、麦芽風味のぼやけたような味わいがあり、まだこれからだなと感じていたところ。それが今は雑味が少なくクリアで柔らかい味わい。それが単に薄っぺらいだけっではなく、麦の味わいと厚みも適度にあって、短熟から仕上がっていくような素性の良い原酒が作られていました。
今年か来年早々にあるであろう、3年熟成のリリースだけでなく、この蒸留所の今後の成長が楽しみです。

ビッグピート ラグビーエディション 2019 50%

カテゴリ:
IMG_20190921_065838
BIG PEAT 
ISLAY BLENDED MALT WHISKY 
JAPAN RUGBY EDITION 
Rlease 2019 
700ml 50% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封1ヶ月程度
場所:BAR Eclipse first
評価:★★★★★★(6)

香り:シャープなピーティーさと、ヨードを纏うスモーキーさ。ややクリアで塩素、奥から干し草が焦げたようなニュアンス。微かにレモンピールとオーク、あるいは根菜っぽさも伴う。

味:香りの強さに反して、オイリーでスルりと入ってくる口当たり。そこからピーティーなフレーバーと塩気が舌を刺激する。グレープフルーツなどの柑橘のほろ苦さ、乾いたウッディネスと根菜系のえぐみが少し引っ掛かるが、ピーティーなフィニッシュが長く続く。

名は体を表すという言葉のとおりのブレンデッドモルト。しっかりとピーティーで、塩気は海草を入れたスープのような出汁感を伴うようなアイラらしい個性がある。樽感はプレーンで、若さを感じさせる奔放なところもあるが、オイリーでコクのある原酒が全体のバランスをとっている。ストレートか濃いめのハイボールで。勿論ラグビーを見ながら!

IMG_20190921_065857

昨日からいよいよ始まった、ラグビーワールドカップ。大事な初戦も無事勝ちましたし、次のアイルランド戦は、2015年大会を上回るアップセットを祈念し・・・今回の記事はボトラーズウイスキーにしては珍しく、スポーツイベントに引っ掻けたリリース。ビッグピート・ラグビーエディションです。

通常のビッグピートが46%仕様であるところ、この限定リリースは50%。度数がダグラスレインっぽくて、ちょっとツボってしまうOMC全盛期が懐かしい自分(笑)。
ビッグピートという名のとおり、フェノール値は40ppmとヘビーピートの部類かつ、ブレンド比率も塩気を強調するように作られているそうですが、同じスペックとブレンド方針で作られていた過去の日本向けボトル、京都、東京のご当地エディションと何が違うのかは正直謎です。
一応、公式にはピートおじさんが世界を旅するワールドツアーシリーズの一作となるのですが・・・何となく中身はこれまでのご当地エディションと変わらないのではとも感じてしまいます。(ラベルにかかれたラグビー場から、静岡、あるいは山梨、富士五湖あたりの。)

ビッグピートは構成原酒が、アードベッグ、カリラ、ポートエレン、ボウモアだと言われています。
仮に現在もこの4種類とすると、今回のブレンドは、カリラとアードベッグが多く、ボウモアがアクセントといった感じ。ポートエレンは・・・もうカリラと混ざったらよくわからないですよ。1滴くらいは入っているのかw
樽感がそこまで強くない、プレーンオークタイプであることも合わせて、味わいはクリアでピートスモークや塩気が確かに際立ってますね。

そう言えば都内某有名BARのハイボール用ハウスウイスキーは、カリラとアードベッグを1:1で合わせたものという話があります。
今回の原酒の熟成年数は、若いもので5~8年程度のものを中心に、熟成したもので15年くらいってところか。癖は強いですが、飲み口はそこまで強くない、スルスル飲めてしまうピーテッドブレンド。原酒の組み合わせが予想通りなら、それも納得な構成なのです。


IMG_20190920_235521

今日のオマケ:ジン セレーノ サイレント ビアンコ。
安くて安定、プーリアのワイン。温暖で安定した気候のなかで作られたことが伝わるような、爽やかなトップ・ノートに、熟したパイナップルやグレープフルーツ、はちみつレモン、柑橘っぽさに蜜のような甘味が絡んでくる。樽熟していないワインですが、その分フルーティーさがダイレクトに。それでいて飲み口は柔らかく、引っ掛かりが少なくスルスル飲めてしまう危険な液体でした。
しかしこの、スワリングすらさせないような分量はいったい何事(笑)。

963 ボンズ(BONDS)ブレンデッドモルト 46% 福島県南酒販

カテゴリ:
IMG_20190806_090925
BONDS
963 WHISKY
FINE BLENDED MALT
Produced by Fukushima-KenNan-Shuhan
700ml 46%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ウッディで焦げたような樽香がトップノートにあり、あわせて熟成したモルティーさ、キャラメルアーモンド、オレンジなどの柑橘の酸、微かにレモングラス。濃いめの樽感の中にオーキーで華やかなニュアンスも感じられる。

味:マイルドな口当たりから、焼き芋のような甘味、キャラメルの焦げたほろ苦さを伴うウッディネス。香り同様に若い原酒の酸と徐々にスパイシーな刺激を伴う。余韻はドライでほろ苦い中に、熟成した内陸系のモルティーさ、フルーティーな香味も顔を出す。

熟成した華やかな内陸系モルトと若い原酒、それらが日本で追加熟成を経たことによるウッディさが合わさった、複雑さのあるブレンドである。少し焦げ感もあるのは、原酒の一部がリチャー済みの古樽での熟成だったからか。この後半のウッディさがなければ、ただのバルクブレンドだっただろう。

(1ヶ月程度経過後)
焦げたような樽香が落ち着き、逆にオーキーで華やかな熟成した内陸原酒のフルーティーさが味わいの中で感じやすくなった。また、蜜っぽい甘味も感じられ、フレーバーの繋ぎになっている。

IMG_20190806_090935

福島県南酒販がリリースするウイスキーブランド、963シリーズの新ラインナップとして発売された1本。元々963ブランドは、カスクストレングスのNA、ブレンデッドモルト8年、最長熟成の21年と段階的にリリースされてきたところ、確保していた原酒の切り替わりに伴い、この3銘柄の仕様をリニューアルしたというのが経緯のようです。

今回レビューするブレンデッドモルトのBONDS(ボンズ)と、同じく新発売のブレンデッドウイスキーAXIS(アクシス)は、これまでと異なり双方NAかつ加水仕様でリリースされています。

IMG_20190806_091023
 (上位グレードのBONDSとエントリーグレードのAXIS。AXISの方が熟成が若く、奥行きはそれほどないが、全体をまとめるように樽感が濃く加水も効いている。この焦げっぽい樽感が最近の963シリーズに度々見られるが、ブレンダーの好みだろうか。)

話が少し逸れますが、ここ数年で・・・輸入原酒を使った各メーカーからのウイスキーのリリースが本当に増えました。日本で蒸留していないなどけしからん、なんて高校野球に清廉潔白を求めるような盲目的なことを言うつもりはありませんが、そのウイスキー作りに信念はあるのか、と疑問符がつくメーカーは少なくありません。(西のM社が目立っていますが、最近は関東の某T社なども目を疑うような・・・)

クラフトメーカーのリリースが、大手に比べて割高になるのはある程度仕方ありません。
加えて大手ほど多種多様な原酒がないなかで、オリジナリティーを確立していかなければならないのも、作り手が苦労するところでしょう。ピーティーな原酒を調達して変化をつける、樽でフィニッシュをかける、それぞれ選択肢が限られてくる、悩ましい状況であるのは言うまでもなく。
ただ、そのなかでも自社の味を確立しようというメーカーの姿勢が重要なのだと自分は考えています。そうして蓄積したノウハウが、何年かののち、第2第3の響に繋がるのだとも思うのです。

福島県南酒販のリリースするブレンドの個性を整理すると、自社貯蔵の期間を一定期間儲けることで焦げたような独特なウッディネスが付与されており、ここ最近の同社の特徴として感じられます。
例えばそれがより強く出ているのが、963ダブルマチュアード。同社の貯蔵庫では輸入原酒でも日本に買い付けてから2年、3年と経過したものが出番を待っており、この963シリーズもまだまだ発展途上ですが、ブレンダーがシリーズを通じて表現したいキャラクターは、感じることが出来たように思います。

ちなみにBONDSの原酒構成を香味から推察すると、10~15年熟成程度のバーボン樽熟成の内陸系原酒が華やかなフルーティーさを備えたものを主体に、5~8年程度の若い原酒も使われている模様。ともすればアンバランスになりがちな各原酒同士の繋がりを、樽由来の要素と加水で抑えたような、モルト100%でありながら飲みやすく仕上げた作りだと感じています。

サントリー 北社 12年 ピュアモルトウイスキー 40%

カテゴリ:
IMG_20190801_085757
SUNTORY 
PURE MALT WHISKY 
HOKUTO
AGED 12 YEARS 
660ml 40% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヵ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでしっかりとオーキー、洋梨や林檎の蜜、微かに干柿のような甘みと香木を思わせるオリエンタルなウッディネス。奥には干し草のような乾いたニュアンスも感じられる。

味:白色系の果実を思わせるやわらかい甘さとウッディな口当たり。香り同様の構成で、オーキーな華やかさとほろ苦さが含み香で広がり、ほどよいコクもあるが、余韻にかけてはドライでやや単調でもある。

響というよりは当時のローヤル12年とも共通する華やかでオーキーな熟成香が、ピュアモルトである分ダイレクトに感じられる。序盤に比べて余韻は広がりに欠ける印象もあるが、個性の強いモルトを飲みやすくまとめた作りであれば、こういうあり方もありだろう。少量加水、ロック、多用な飲み方で楽しめる。

IMG_20190801_085826

サントリーから、2004年にピュアモルトが、2006年ブレンデッドがそれぞれリリースされた北杜シリーズ。
ブレンデッドウイスキー北杜は50.5%のハイプルーフ仕様が売りのひとつで、これは当時の富士山麓樽熟50%(2005年発売)を。そして今回レビューするピュアモルト12年は、竹鶴12年ピュアモルト(2000年発売)を。
北杜市には白州蒸留所があり、その名の通り、白州蒸留所の原酒をキーにしたウイスキーですが、その位置付けは他社が独自の色を出して話題になったところに、対抗馬とわかるリリースをほぼ同価格で打ち込むという見え方で、なかなかに露骨でした。

しかしこれも、少しでも再浮上のきっかけを掴みたいと形振りかまっていられなかった、当時のウイスキー業界事情があったとも言えます。
最終的に北杜シリーズは2010年頃に終売。この頃にはハイボールブームに火がつきはじめており、角瓶の出荷調整が起こるなどサントリーとして低価格帯で重視するジャンルが定まってきた時期です。選択と集中もあって様子見で展開していたものを引き上げた、ということなのだと思います。

北杜12年はこれまで何度か飲んでいる銘柄でしたが、今回のボトルは自分が過去飲んだものとは印象が異なって熟成香が強く、オーキーな華やかさだけでなく、ミズナラを思わせるオリエンタルな要素も混じって感じられた点には驚きました。以前飲んだものも華やかでしたが、バーボン樽の白州強めというか、もっとあっさりしていたと記憶していました。

IMG_20190827_000100

裏ラベルに書かれた内容の後半、「なお北杜は~~」の箇所が、「2004年秋に誕生する市の名前」と未来を指しているので、それ以前の発売、つまり発売初期の気合いをいれて作ったロットだったのかもしれません。(少なくとも、別ロットのボトルからは該当する説明文が消えています。上記画像参照。)
何れにせよ、これが2000円台というのは、かなりのコスパ。今そこにあるなら、迷うことなくケースで買うなと考えた脳裏を過るのは、3年ほど前6本以上の在庫を見かけた某都内酒屋の存在。きっともうないんだろうなぁ。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×