タグ

タグ:バッテッド

グレンクローヴァ 5年 モルトウイスキー 43% 1980年代流通 マッキンレーズ

カテゴリ:
GLEN CLOVA
RARE MALT WHISKY
Aged 5 years
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:乾いた麦芽香と土っぽさを伴うスモーキーさ、干草、ナッツ、軽い香ばしさと古酒感に通じる少しヒネたようなニュアンス。いぶりがっこ、熟成した林檎酢のようなほのかな酸味も漂う。

味:乾いた香ばしさから徐々におしろいを思わせる麦芽風味、まるでモルティングを終えた麦芽をかじっているよう。合わせてスパイシーでホワイトペッパーのような刺激、土っぽいピートフレーバー、柑橘のワタを思わせるほろ苦さも感じる。
余韻はスモーキーでスウィートな麦芽風味、微かに林檎を思わせるフルーティーさが残る。

若いウイスキーらしく、樽香よりもモルティな味わいが主体のウイスキー。まろやかというような飲み口ではないが、古き良き時代を思わせる麦芽風味と、オールドらしく存在感のあるピーティーさが、クラシックなウイスキーとして楽しむことが出来る。


マッキンレー社がリリースするバッテッドモルトにして、同時期にリリースされていたマッキンレーズ5年の姉妹品に当たる銘柄。初期の頃のそれはグレンモールとグレンアルビンのネス湖コンビをキーモルトとしていたと思われますが、今回の流通時期のものは1960年代に操業したジュラ、クライゲラヒの原酒も熟成を経て使用可能となっており、これら4蒸留所の1970年代蒸留原酒が使われていると考えられます。

飲んでみると、ボトリング当時はもっと強い主張があったであろう若い原酒の強さは瓶熟でこなれ、ブレンデッドとは異なるモルトウイスキーならではのはっきりとしたフレーバーの主張。特にジュラとグレンモールを思わせる、干草や麦芽を思わせるニュアンスと土っぽいピートフレーバーが印象的です。
ブレンドがこれら4蒸留所で構成されているとするなら、比率としてはジュラとグレンモールが6~7、アルビンとクライゲラヒが3~4といったところでしょうか。

個人的にこの辺りの組み合わせ、特にグレンアルビンやグレンモールはコアな愛好家の琴線に触れそうなレシピだと思うのですが、国内で比較的流通していたブレンデッドウイスキーのマッキンレーズに比べ、グレンクローヴァは輸入された実績は見当たらず、無名と言っても過言ではありません。
キーモルトのみならず、味わい的にもこの手のモルティーでピーティーな味わいは文句なく好まれると思うのですが・・・モノが無いのが惜しいですね。

(姉妹品であるブレンデッドウイスキー、マッキンレーズ5年。同社が量産体制を整えた1960年代後半にリリースされた。グレンクローヴァにグレーンを混ぜればという話でもないが、ピーティーさ等幾つか共通点がある。)

なお、グレンクローヴァはスコットランドの東ハイランドにある"クローヴァ渓谷"が由来と考えられます。しかし当時マッキンレー社の生産拠点はインヴァネス方面にあり、クローヴァ渓谷との関係は良くわかりませんでした。近年ではこの渓谷の名を冠した同名のブレンデッドウイスキーもリリースされていますが、当該ブランドとの関係はないものと思われます。

ストラスコノン 12年 43% 1970年代流通 特級表記 JAPAN TAX

カテゴリ:

STRATHCONON
12 YEARS OLD
A BLEND OF SINGLE MALT SCOTCH WHISKIES
1970's
48ml(760ml) 43%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
暫定評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:注ぎたてはこなれた麦芽香、古く、灰のようなピートを伴いつつ、スワリングすると蜂蜜や林檎のコンポート、エステリーな果実香が開き、スモーキーさと合わさって充実したアロマ。

味:コクがあって力強いモルティーな口当たり。燻したようなピートの存在感、土っぽさ、蜂蜜、徐々に洋梨やおしろいを思わせる甘み。
余韻はスパイシーな刺激と麦芽風味、染み込むようなスモーキーさで長く続く。

クラシックな内陸系モルトの香味、魅力がふんだんに詰まった素晴らしいバッテッドモルト。少量加水するとピートと熟成した果実味が融合、実に魅惑的な香り放つ。味わいもしっかりと伸びて、フレーバーは崩れず滑らかな口当たり。

IMG_7728

日本においては"ロイヤルハウスホールドのグレーン抜き"とも、"幻のウイスキー"とも語られる、ブレンデッドウイスキー。
今回はミニボトルで恐縮ですが、偶々JAPAN TAX付きで状態に問題がない初期流通のものが手に入ったので、暫定評価としてテイスティングを掲載します。
っていうか、経験も知識も浅い自分が8年くらい前に書いた記事が、普通にグーグルの検索に引っかかってくるので、本銘柄については機会があれば新しい記事を書きたい、しかしブログを再開して以降中々出会えない・・・という状況でもありました。

さて、現在調べられる範囲で同銘柄の素性をまとめると、ストラスコノンはジェームス・ブキャナン社ないしそのグループ元であるDCLが、1970年代初頭にイタリアなどの新しいウイスキー市場への参入を目指して開発された銘柄。
当時の日本市場は、1971年の洋酒輸入自由化に伴う拡張真っ只中で、ブキャナンやブラック&ホワイトなどで販路があり、新興市場向けという位置付けもあってか参入は速かったようです。

日本で度々語られるロイヤルハウスホールドとの関係がどの程度あったかというと、調べた限りそもそも発売時期や趣旨から異なっており、同じ企業が手がけるラインナップの一つという程度しか無かったように感じられます。
これは推測ですが。。。価格的にはハイエンドにあったことや、1980年代後期から終売となる1990年代に流通した、Pure Malt表記のストラスコノンのデザインがロイヤルハウスホールドに似ていたことなどから、例えとして語られたものが定着したのではと考えています。(この点について、当時の状況をご存知な方は教えていただけますと幸いです。)


参考:1980年代後期流通のストラスコノン12年(写真上、画像引用 Whisky Paradais)と、同時期流通のロイヤルハウスホールド(写真下)。

同銘柄では、流通先によって若干ラベルに違いがある一方、1970年代にリリースされたボトルには同じラベルでも3スターのITALIAN TAXないし、今回のJAPAN TAXが貼られたものがあり、初期リリースは該当するTAXシールがあるものとして判別できます(3スターは1972年以前(一説では1974年)、JAPAN TAXは1974年以前)。
割とロット差があるという話も聞く同銘柄、味はやはり古いものの方が良いという印象です。

テイスティングしたものは、モルティーな厚みのある味わいにフルーティーさとピートの存在感が素晴らしく、ダルウィニーやモートラック、そしてリンクウッドのオールドを思わせるような味わいが実に自分好みでした。
そしてピュアモルトでもバッテッドでもない、A BLEND OF SINGLE MALT SCOTCH WHISKIES 表記が時代を感じさせて、なんともそそるものが。
これはフルボトル抱えて家飲みしたいですね。ストレートでは7点固定ですが、加水の変化などを加味して幅をもたせています。ハイボールもきっと美味しいはず!(笑)

参考2:今回のミニボトルと同時期流通の760mlサイズ初期ロット。日本への輸入はドットウェル社。ラベルの最下部に「MALT WHISKY」表記がないのも特徴。提供KuMC、NS氏。

参考3:というわけで試させてもらった&持ち主ご推奨のハイボール美味しい!(笑)

ニッカウイスキー 竹鶴 25年 ピュアモルト 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
TAKETSURU
PURE MALT
Aged 25 years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:馥郁として甘酸っぱい香り立ち。キャラメルナッツ、ドライアプリコット、ウッディでリッチなアロマ。綿菓子のような甘み、香木系のニュアンスもある。時間経過でポン菓子のような麦芽香も感じられる。

味:マイルドでふくよか、ウッディだが滑らかな口当たり。杏子やピーチ、甘酸っぱくコクのある濃縮した味わい。奥にはナッツの香ばしさ。
余韻は乾いた麦芽風味、シロップのような甘み、染み込むようなピートのほろ苦さが一体となって長く続く。

濃厚でいてバランスが良く、美しく整えられたウイスキー。さながら職人の手で磨かれ、組み上げられた木工のようなウッディネス。甘酸っぱい風味は竹鶴17年以上に見られるニッカ味だが、円熟味を帯びてよりリッチに仕上がっている。構成原酒には30年クラスも使われているのではないか。。。ストレートをじっくりと楽しみたい。


実は初テイスティングとなる竹鶴25年。
日本の熟成環境におけるピークと言える熟成年数、ブレンドによる複雑さと加水によって整えられた飲み口。濃厚でありながら負担なく、それでいて充実した香木香、甘酸っぱい香味を伴うアフターテイストがもたらす確かな満足感。。。先日レビューした40年の熟成感も素晴らしかったですが、25年は全体のバランス、一体感が特筆モノ。正直、ここまでとは思っていませんでした。

これまでも何度か触れていますが、日本のウイスキーというか熟成環境は、スコットランドに比べて時に温暖で、時に寒冷で、結果酒質の成長に対して樽感が強く出るのが特徴としてあります。
そのため酒質が育ち切らず、パワフルで荒々しい状態のままボトリングの時期を迎えてしまうものがしばしば見られるわけですが、それをカバーするのがバッティング(ブレンド)であり、加水であると感じています。

上述のように酒質が育ち切るのを待つと樽が強くなりすぎるのは、あくまでシングルカスクのカスクストレングスでリリースした場合です。
それはそれで美味しいウイスキーもありますが、加水することで酒質の荒さや樽感をある程度軽減しつつ、奥行きや多彩さをバッティングで作り上げることが可能。樽感の強い日本の原酒は言い換えれば削りしろが多く、これがカンナがけで美しく整えられたようなウッディネスとなり、スコットランド的なバッテッドモルトと異なる日本独自の味わいへと繋がっていくのだと思います。

先日発表されたWWA2018で竹鶴17年が4度目のワールドベストを受賞し、21年も合わせると合計8度目の受賞と、同ジャンルにおいて圧倒的な存在感を発揮し続けている同ブランド。ブレンデッド部門では響シリーズが常連で、こちらも先人たるスコッチブランドを圧倒しています。
勿論このコンペの評価が全てではありませんが、他のバッテッドモルトウイスキーを見ても、瞬間最大風速的に素晴らしい限定品はあっても同系統の風味を持つ代替品が見当たらないんですよね。

日本が持つブレンド技術と、目指すべき方向性の一つを見るような味わい。匠の技で美しく整えられたウイスキー。
ちなみにこのウイスキーを家飲み出来たら良いなとは思うのですが、自分の場合はむしろ飲む側も少し襟を正すような、例えば美しく整ったホテルのラウンジや調度品の揃うオーセンティックな空間で味わいたい、という特別な気持ちにもさせてくれるのです。

ニッカ 竹鶴 ピュアモルト 17年 43% 2017年下期流通品

カテゴリ:
IMG_7462
NIKKA WHISKY
TAKETSURU
Pure Malt Whisky
Aged 17 years
2017's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@頂き物(T野さん)
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ナッティーでモルトスナックのように香ばしさ。杏のジャム、キャラメリゼ、甘酸っぱさも伴う豊かな樽香、松の樹皮、奥には存在感のあるスモーキーなアロマも。

味:スムーズでマイルドな口当たり。キャラメルナッツ、アイスティー、徐々に缶詰のシロップのような甘みと、奥には黄色系の果実味も潜んでいる。
余韻はウッディで柔らかいタンニン、熟した果実のフルーティーさとほろ苦いピートフレーバーが感じられ、少しベタつくように長く続く。

モルティーで強い香味がありつつ、熟成感と多彩さを備えた完成度の高いブレンデッドモルト。特徴的な樽香がニッカらしさ。加水すると香味共に伸びて麦感やピートフレーバーに一体感が出る一方、ややドライな口当たりも感じられる。

IMG_7467

竹鶴17年は久しぶりのテイスティング。
以前家飲みしていたのはマッサン放送前に買っていたボトルで、ビックカメラ店頭で5000円を切る価格で普通に積まれていたものでした。
それから間も無く、ジャパニーズウイスキーを取り巻く状況は激変。今更説明の必要もないかと思いますが、ニッカウイスキーは原酒不足からラインナップの大幅整理などによる原酒の集約化を決断。竹鶴についても17年と21年は年二回の出荷となってしまい、店頭販売している姿を全く見なくなりました。

メーカー側でこれだけ大きな動きがあったワケですから、原酒構成も当然変わっているだろうと考えていたところ。ウイスキー仲間から「飲みます?」と嬉しい申し出が!
今回のボトルはロットナンバー:6/18G160900(6/は製品分類、18はボトリングした月の2倍、Gは西暦の下一桁数え順、16はボトリングした日付の2倍)、つまり2017年9月8日の出荷ということで、かなり直近のロットです。 
久々に飲んでみた印象は、以前に比べてまとまりが良くなっており、評価も7点とはいかないものの、6-7にしても良いかなと思ったくらいでした。

マッサン前の17年は、バーボン樽にシェリー樽に、そして新樽と、いくつかの樽で熟成された原酒が渾然となって、あるいはそれぞれ主張してややバラバラに感じられる印象がありました。
共通している熟れたフルーツのようなポジティブな要素は良いものの、ニッカのシェリー樽の特徴とも言えるサルファリーさが個人的にミスマッチ。ただ、今回のロットは該当する原酒の比率が減ったのか、サルファリーさが少なくなり、加水の変化も良好。全体の一体感や熟成感を感じやすくなったと思います。

なお竹鶴17年は、今年3月にWWA2018で通算4度目となるワールドベストブレンデッドを受賞しました。2月には国内審査も行われていて、審査に用いられたのが海外仕様でなければ、時期的にWWAに出品されたのは今回と同じロットではないかと考えられます。
スコッチブランドが作るバッテッドモルトにはない、ニッカだからこその味わい。評価されるのも頷けます。
値上げと流通量の少なさは消費者に優しいとは決して言えませんが、今後もリリースを続けて欲しい名作です。

ニッカウイスキー 博多 モルト100%ウイスキー 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
HAKATA
MALT 100
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み@Ambrosia
時期:不明
評価:★★★★★★(5-6)

香り:香ばしくモルティーな香り立ち、濃く入れた焙煎麦茶のようで、奥には淡いサルファリーさ、かりんとう。奥には微かに青みがかったニュアンス。

味:スムーズでモルティな口当たり。香ばしい麦芽風味、微かなケミカルやバニラ、カラメルソース。派手さはないが奥行きがある。
余韻は淡いサルファリーさとほのかなピート香を伴うドライなフィニッシュ。

ベースのモルト比率は見えないが、あまりスモーキーなタイプではなく、宮城峡タイプ主体の印象。加水するとスムーズでまろやかさが引き立ち、飲みやすさの中に香ばしさと微かな青みが感じられる。


ニッカウイスキーが博多地区限定でリリースしていた、バッテッドモルトウイスキー。元々は1990年代に博多倶楽部としてリリースされていたもので、ラベルチェンジ後は博多モルト100%ウイスキーとして2015年のラインナップ整理までリリースされ続けていました。

発売の経緯はニッカウイスキーの「地域に根ざした企業」とする理念から、九州地区に限らず、伊達、国分町、千葉、横浜。。。といった具合に、所縁の地で様々なご当地ウイスキーをリリースしていたもの。これも原酒に余裕があったからこそできていた活動だったのか、現在ほとんどのリリースがないのは寂しいものです。(同地区は九州工場が稼働、1999年売却。)

原酒構成はややシェリー樽由来と思われるニュアンスがあり、それでいてピーティーさの際立ったところがないことから、宮城峡タイプの原酒を主体に、余市モルトが使われているものと推察。ただあくまで香味の主体は酒質由来のところにあり、未熟感はなく、麦由来の味わいを感じながら飲み疲れずゆったり飲んでられるようなバランスが、親しみやすい1本だと感じます。

このページのトップヘ

見出し画像
×