タグ

タグ:ハウスオブローズ

ハウスオブローズ 8年 1970年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20200113_214450
HOUSE OF LORDS 
8 YEARS OLD 
SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR Twice Up
暫定評価:★★★★★★(6)

柔らかい甘さとカルメ焼きなどを思わせる香ばしさ、ナッツをまぶした焼き菓子、若干の古酒っぽさ。そしてグレーンとは異なるコクとクリーミーさの混じる味わい。シェリー感は淡いが原料由来の"味"がある。良い時代のエドラダワーの存在をしっかりと感じることができるブレンデッド。


キングスランサムで知られるウィリアム・ホワイトリー社のスタンダード銘柄。ハウスオブローズはイギリスの貴族院の名称であり、それ向けのウイスキーとして作られたのが始まりである模様。(現在ハウスオブローズは、エコバックにゴルフウェア、果てはベビーグッズなど、多彩な専門グッズが販売されている、ちょっとしたブランドにもなっています。)
ただ、キングスランサムは、ポツダム会談や世界一周熟成というブランドエピソード等からマニア垂涎の銘柄となっていますが、ハウスオブローズはあまり知られていないマニアックな銘柄といえます。

そのウィリアムホワイトリー社のブレンドと言えばもう一つ、キーモルトとしてエドラダワーの原酒が個性を形作っています。
エドラダワーは独特のクリーミーさが特徴であり、これがブレンドに使われることで、滑らかな舌当たりにや、口のなかを包み込むような甘さ、あるいは柔らかい味わいに繋がるのですが・・・。
この独特のクリーミーさは、1970年代あたりからパフューミーな要素を持ち始め、キングスランサムにしてもハウスオブローズにしても、同時期を境にクリーミーだがパフューミーという好みを別けるフレーバーもセットでついてくることになります。

7c527f49
(キングスランサムの1960年代流通品。濃厚なシェリー感とクリーミーでリッチな味わいが魅力。なお、ラベルに書かれた紋章の赤地部分が消えた頃のボトルから、香味に”石鹸”が混じり始める。)

2c0f4066
(ハウスオブローズ8年の1980年代後半流通品。この時代になると原料や仕込みの変化からか原酒の若さが目立つのは仕方ないとしても、エドラダワーの原酒の変化から見事にソーピーな香味が感じられる。)

そのためでしょうか、ハウスオブローズはキングスランサムの兄弟銘柄でありながら、いまいち人気がないのです。
今回のボトルはチャレンジでしたが(実際にチャレンジしたのは同席していた某独身豚氏ですが)、該当するフレーバーが出ておらず、むしろ当時の若いモルティーさをエドラダワー由来のクリーミーなフレーバーが包み、味のある旨いオールドじゃないかと。

なお、同銘柄の外観の変化としては、1970年代以前、60年代は今回のボトルとほぼ同じラベルですがキャップの色合いがゴールドカラーであることから判別できます。また、同じ60年代頃でもさらに古いものはラベルの配色が上記キングスランサムっぽくなり、ラベルにHLと略称が書かれているため、流通量はさておき比較的見分けは簡単です。
正直自分も警戒していた組なので、今回の時代で大丈夫なら60年代は問題ないと推測。シェリー感は淡いですが、ベースの味を楽しめる良いオールドでした。オークションか、あるいはBARか。どこかで見つけて飲んでみたいです。

ハウスオブローズ 8年 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:

HOUSE OF LOADS
Deluxe Blended
Aged 8 Years
1980's
43% 750ml
構成原酒:エドラダワーなど

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:1週間程度
評価:★★★★(4)

香り:微かなヒネ香を伴うブラウンシュガーの甘い香り、麦芽の香ばしさと若い原酒のツンとしたえぐみから、徐々に植物性のクリームのようなクリーミーさと、おしろいやソーピーなアロマが開いてくる。所謂パフューム香。

味:まろやかな口あたり。香り同様の構成だが、中間以降に開いてくるパフューム香はより存在感がある。アルコールは古酒らしくこなれており、麦芽、ザラメ、ほのかにみたらし。
余韻は染み込むようなパフュームと、モルティーな香ばしさ、少しのえぐみ。ゆっくりと消えていく。


スコッチの司祭、ウィリアムホワイトリーが手がけたブレンデッドウイスキー。 化粧品メーカーでも音楽バンドでもありません。
ブレンデッドとは言うものの、実際はほぼエドラダワーのグレーン割りとのこと。一般的なブレンデッドのように複数蒸留所の原酒が使われ、その中からキーモルトとされるいくつかの要素を探すまでもなく、このボトルの場合は飲めばそこに居る、はっきりとエドラダワーの存在を感じられるのが特徴です。 

(ハウスオブローズの裏ラベル。グレンフォレス・グレンリベットはエドラダワーのこと。)

ハウスオブローズは"王様の身代金"で知られる、キングスランサムの兄弟銘柄に当たります。
名前はイギリス国会上院の通称で、数多にあるそうした名称のスコッチとは異なり、本当にイギリス上院御用達(それ以外には身分ある貴族や高級ホテルでしか飲めない)だったという話です。
しかし実際はそういうワケでもなく、単に街の酒屋が置こうとしなかっただけという説もあります。
また、銘柄間の違いとしてはキングスランサムの世界一周マリッジをしていないバージョンという整理だったようですが、キングスランサムのフェードアウトと共にその整理も曖昧になっていきます。
最終的には、90年代にシングルモルトの安定供給を目的に原酒の買い戻しが行われ、終売となりました。

当ブログのキングスランサムに関する記事は以下。

上でも少々触れましたが、このウイスキーの主たる原酒はエドラダワー。今回のボトルの流通時期から逆算すると1980年、あるいは1970年代後半となり、同蒸留所がパフューミーだった時期に該当します。 
ブレンドの構成としては、多少若い原酒のえぐみが感じられますが時間経過で開く印象。味にも奥行きがあり、1980年代後半流通のスタンダードクラスにしては、なかなか高いレベルにあるブレンドです。ラベルは汚れてますが、状態も悪くないです。

他方でどうにもならないのが、パフューミーで当時の個性がバッチリ出ていること。思い返せばパフューミーなブレンドって、キングスランサムとハウスオブローズの70年代から80年代流通くらいで、これはこれでレアとも言えます。
自分がウイスキーにおいて受け付けない3大要素が、キャップ臭、硫黄、そしてパフューム香で、特に最も致命的にダメなものです。今回のボトルも好きな人は★6くらい行くんでしょうけど。。。
じゃあなんで買ったんだって?怖いもの見たさというか、エドラダワーには1980年代後期流通の水彩画ラベルにパフュームのないロットがあり、ひょっとしたらこれもエドラダワーのクリーミーな風味がメインで出てくれるかな〜なんて淡い期待もあったりしたんです。
グラスの中の変化では時間で開く印象もあり、これは自分じゃ持て余すタイプ。その筋の人に飲ませて終わりそうです(笑)。


このページのトップヘ

見出し画像
×