タグ

タグ:ハイランド

グレンドロナック 22年 1993-2016 54.4% #1455 ウィスクイー向け

カテゴリ:
IMG_5001
GLENDRONACH
EXCLUSIVERY BOTTLED FOR WHISKY-E,LTD JAPAN
Aged 22 years
Distilled 1993
Bottled 2016
Cask type Oloroso Sherry Punchon #1455
700ml 54.4%

グラス:サントリーテスティング
量:30ml
時期:不明
場所:BAR飲み@LIVET
暫定評価:★★★★★★(6)

香り: 華やかさと淡いシェリー感のある香り立ち。キャラメリゼ、オレンジママレード、ほのかにドライアプリコットを思わせる酸味。時間経過で麦芽を思わせるアロマも感じられる。

味: 少し硬さを感じる口当たり。ブラウンシュガー、オレンジやリンゴのカラメル煮、そして麦芽風味、バニラの甘み。ボディにしっかりとした厚みがあり、樽由来の香味から麦感が広がるよう。
余韻はドライで染み込むようなタンニン、ウッディネス。スパイスを思わせる香味、ほろ苦さが序盤の甘みと共に残る。

シェリー系のニュアンスだけでなく、麦芽風味やアメリカンホワイトオーク由来のフレーバーなど、バランス型の1本。ともすれば濃厚シェリーに振れがちなドロナックにあって、酒質由来のフレーバーまで楽しめる中々無いタイプともいえる。熟成感も程よく。加水するとまろやかな口当たりに麦感が強く出てこれもGOOD。


ここ数年リリースの多い1990年代のグレンドロナック。ドロナックは1996年から2002年まで蒸留を休止しているので、1990年代ビンテージは貴重になりつつあります。
その樽構成は、2002年の再稼動後はバーボン樽などもありますが、この90年代はほぼシェリー系のリリースで、それでいてシェリーはシェリーでも、アメリカンホワイトオークだけでなくスパニッシュオーク樽もあれば、オロロソではないPX、リフィルのような淡いタイプ・・・まあとにかく様々なリリースが行われています。
ただまあ、総じてシェリー感の濃いものが多いですね。

一部では1993はグレンドロナックの当たり年なんていう評価もあるくらいですが、樽次第で当たりもあればそうでもないものもあるため、個人的には玉石混合の時期だなと。
その93ドロナックの中にあって、今回の1本はテイスティングの通りバランス型のシェリー感に加え、酒質由来の風味が刺々しくなく丸みを帯び、嫌味少なくバランス良くまとまっている。
どシェリーこそドロナック的なイメージがありますが、そのシェリー感を支える酒質の部分に良さが見出せるこのボトルから得られる経験は、その他のドロナックリリースを飲む上でも良い経験になると感じました。

IMG_5000

さて、グレンドロナックつながりで、合わせてご紹介。
1993前後のビンテージは、直近ではWHISKY HOOPから1993と1994、それぞれキャラクターの異なるボトルが会員向けに同時にリリースされ、愛好家から注目を集めています。

22年のオロロソシェリーパンチョン#320はリフィルアメリカンオークシェリーという感じの樽感。
香りのシェリー感は淡く、ツンとスパイシーでハーブの香気と酸味が混じる爽やかなウッディネス、ポップコーンやビスケットの香ばしさ。味わいはとろりとしたブラウンシュガーの甘み、余韻はウッディーでドライなフィニッシュ。
今回のウィスクイー向けと同じくパンチョン樽で淡いシェリー感ですが、アタックはこちらの方が強く感じます。(っていうかパンチョンで736本ってどういうことやねんw)

そして23年のオロロソシェリーバット#826は・・・アメリカンホワイトオーク、それも結構な古樽という印象。
古酒感のある落ち着いたシェリー感で、とろりとリッチな甘みのある香り立ち。味わいはダークフルーツケーキのようで甘みの中にシロップ漬けのドライフルーツ、そして余韻にしたがって熟したフルーツ、ブランデーのような香味がドライな舌触りとあわせて広がっていきます。 

キャラクターの異なるこの2本、どちらを好むかは飲み手次第とは言え、わかりやすく美味しいのは23年。近年この手香味を持ったシェリー系ってリリース少ないですし、個人的には頭一つ抜けた完成度と感じます。

先に書いたように、グレンドロナックの1990年代はリリースが集中しているだけにいつ迄リリースされるかわかりません。
樽次第で玉石混合なのは否めませんが、言い換えれば先に書いたようにさまざまなキャラクターが魅力でもあり、 こうした飲み比べが出来るのも今だからこそですね。

ベンネヴィス 10年 43% ニッカウイスキー正規品

カテゴリ:
IMG_4581
BENNEVIS
Highland Single Malt Whisky
Aged 10 Years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:癖のある乳酸系の酸味を伴う香り立ち。ワクシーな麦芽香、あわせてケミカルでレモングラスやライチグミのような華やかなフルーティーさ。つんとしたアルコール感が徐々に鼻につく。

味:生焼けのホットケーキのような粉っぽさを感じる口当たり。麦芽風味とレモンキャンディー、ケミカルな風邪薬シロップ。ボディは柔らかくミディアム程度だが蓄積してくる。
徐々に紙っぽさが余韻にかけて開き、軽くドライでスパイシー、柑橘の綿のようなほろ苦さ、微かピートが続く。

特徴的なニュアンスのあるモルトだが、その個性たるフルーティーさは特筆すべき要素がある。特にボトラーズリリースに見られる構成がオフィシャル10年で楽しめるのはポイント。ロックすると氷に負けて薄くなってしまう。加水もそこまで開く印象は無く、ストレートで。


先日仲間内で美味しくなったと話題になった、ベンネヴィスの至って普通なオフィシャルボトル。
集まりで使うブラインドテイスティング用にと購入し、自分でも味見してみました。確かに記憶にあるそれと比較して、良いキャラクターが感じやすい構成だと感じます。
ブラインドでは、普段飲みのウイスキーとして好印象な声も聞こえる結果でした。

ベンネヴィスのボトラーズには、ケミカル傾向で特徴的なフルーティーさが備わっているボトルが多く、それが魅力の一つとして一定の人気があるところ。
ではこのオフィシャルはというと、以前(といっても5年くらい前に)飲んだ記憶ではもっともっさりして、そうしたフルーティーさよりは、若くて特徴の乏しい麦芽風味、ハイランドモルトという印象でした。
それが最近のボトルでは、若さからくる乳酸っぽさや加水ゆえもっさりした感じは抜けきれていないものの、確かにボトラーズのベンネヴィスに通じる華やかでケミカルなフルーティーさがあります。単に自分のテイスティング能力が向上しただけかもしれませんが、こういう変化は喜ばしいですね。
海外向けにはオフィシャル10年の46%仕様などリリースされてるようですし、15年や21年などもう少しラインナップを拡充して欲しくもあります。

(ベンネヴィス蒸留所外観。背後にはベンネヴィス山が広がる。1986年に蒸留を休止したが1989年にニッカウイスキーが買収。稼働を再開した。 Photo by K67)

ベンネヴィスは基本的には"ブレンド用の原酒供給を主とした蒸留所"です。
ニッカウイスキー傘下となるその前後含め、様々なブレンデッドに原酒を提供してきました。
その現在の提供先には、当然ニッカウイスキーも含まれているようで、真偽のほどは定かではないものの、Malt whisky year book にはブレンド用のニュースピリッツを日本に輸出しているという情報も書かれています。
美味しいウイスキーが作れるなら、国の枠を気にする必要はないと思いますが。。。この点についてはもはや理屈ではなく、生理的な何か。せめて議論と枠組みの整理が進んで欲しいです。

グレンモーレンジ 21年 150周年記念 43% 陶器ボトル

カテゴリ:
IMG_4588
GLENMORANGIE
SESQUIENTENNIAL SELECTION
150th Anniversary
Aged 21 years
Distilled 1971
Bottled 1993
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:華やかでナッティーな香り立ち。艶のある品の良いシェリー香に、ビスケット、綿飴を思わせる甘み、整ったウッディネスがアクセントになっている。徐々に熟したフルーツの発散するアロマ、デラウェアやシナモンアップル、トロピカルフルーツ。

味:柔らかくコクのある麦芽風味。香り同様にビスケット、サルタナレーズン、カラメリゼを思わせるほろ苦い味わいへと続く。余韻は鼻腔にチョコウェハースたアーモンドチョコレートを思わせる甘いアロマ。ドライで軽やかなスパイスを伴う。

多彩で素晴らしい香りと、しみじみとした旨さがあるグレンモーレンジ。らしさがありつつ、時代を感じさせる麦芽由来のトロピカル系のフルーティーさ、樽由来の香味、そして熟成と加水で整えられた。。。まさにオフィシャルボトルとしてのバランスのよさが楽しめる。ストレートでじっくりと楽しみたい。 

IMG_4589

通称"牛乳瓶モーレンジ"。
1993年、グレンモーレンジが蒸留所創業150周年を記念し発売したハンドクラフト仕様のボトル。同じ記念としては通常のトールボトルが1971ビンテージでリリースされており、聞くところでは中身は同じモノだそうです。

樽構成はリフィルシェリー系主体のバッティング。バランスタイプで品の良いオールドシェリーのニュアンスが楽しめます。
グレンモーレンジはバーボン樽という印象がありますが、1970年代蒸留のグレンモーレンジには同銘柄で最高峰と名高い"カローデンの戦い"を筆頭に、数々の良質なシェリー系ボトルもリリースしており、シェリー樽がダメというわけではないんですよね。 
むしろベースとなる酒質の良さは、1970~80年代流通のオールドの10年などを飲めば一目瞭然。樽さえ良ければ後は仕上げ方次第で、今回のように酒質由来の部分が残りつつ、バッティングと加水で仕上げてあるあるボトルは、突き抜けるようなインパクトはなくてもしみじみとゆっくり楽しめる旨さが最大の魅力だと思います。

縁あって我が家に来たこの1本。仕事で疲れて帰ってきた体に染み込むような、優しさと古典的な個性が広がる美味な味わいです。 先週一週間、このボトルにどれだけ癒されたことか。。。
このボトルは自分が飲み始めた頃に何度か飲んでいる1本ですが、陶器ボトルゆえかまだ開ききってないのか、以前よりシェリー感がゆるく、麦芽由来のフルーティーさが強く出てい流ように感じます。
いずれにせよ、旨いボトルであることに変わりはありません。

クライヌリッシュ アデルフィー 20年 1996-2016 ヘルムズデール20周年 51.8%

カテゴリ:
CLYNELISH
ADELPHI SELECTION
Aged 20 years
Distilled 1996
Bottled 2016
20th Anniversary Helmsdale
700ml 51.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所::BAR飲み
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:嫌味の少ない華やかな樽香が充実している。綿菓子やバタークッキーの甘さに続いて、ドライパイナップル、柑橘の爽やかなアロマ。

味:口当たりはオイリーでバニラ、麦芽のリッチな甘み。ハチミツ、熟した洋梨、レモンパイ、徐々にピリピリとした刺激が感じられるが、厚みのあるボディ。少しワクシーで蝋っぽさも。
余韻はスパイシーでドライ、華やかで長く続く。

香りの嫌味のなさ、味わいにらしさを感じる構成。近年のクライヌリッシュとしては頭一つ抜けた印象。今後の変化が楽しみなボトルでもある。加水するとバニラ、麦系の甘みが引き立つ。


青山のパブ、ヘルムズデールが同店20周年を記念してボトリングしたクライヌリッシュ。リリース当時から評判良くわだいになっており、時間も経ってますので飲まれた方も多いのではないかと思います。

同店はこれまで精力的にオリジナルボトリングを行ってきた実績があり、ボトラーズ受難の昨今にあっても、今回に限らずキラリと光るカスクをチョイスしてきました。
オリジナルボトリングでは、カスク選定を行う関係者の眼力もさることながら、「如何にいいカスクを出してもらえるか」という"繋がりの力"もモノを言うように思います。
勿論、それはお金の力でも賄えるかもしれませんが、今回のように直近の市場価格で見ても逸脱しない範囲であれば、やはりこれまでの積み重ねによる繋がりの力と、選定者のセンスだなと思うわけです。

クライヌリッシュのキャラクターと言えば、オイリーで麦芽風味の強い厚みのある酒質がまず候補に上がります。
70年代、特に80年代のキャラクターはその系統が強く、それが魅力であったわけですが、近年、原料の変化からかこのオイリーさや麦芽風味が弱く、そこに樽が強くでてドライな系統に振れているボトルが散見されるようになっていました。

であればオフィシャルでいいじゃんとも言えるわけですが、個性が突き抜けるこの感覚は、バッティング加水では得られない、完成度の高いシングルカスクならでは。
今回のように80年代のクライヌリッシュを思わせる構成のボトルに出会えると嬉しい気持ちになります。
近年蒸留故、強いて言えば中間から樽感との乖離が若干感じられたように思いますが、この酒質にこの樽感、間違いなく開封後の変化か瓶熟でいい方向に変化していくものと思います。
歴史を感じつつ、将来に想いを馳せることも出来る、まさにグッドボトルでした。

グレンモーレンジ 15年 43% 2000年代流通

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Aged 15 years
2000's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml
場所:個人宅(@TWD氏)
開封時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでスパイシーな香り立ち。ドライパイナップル、バニラ、やや青みがかった干し草、ナッツ、オーク香が充実しており、少々あざといが華やかなアロマ。

味:香り同様、ドライな飲み口から広がるスパイシーで華やかなオークフレーバー。奥にはおしろいを思わせる麦芽風味、適度なコクも感じられる。
余韻はオーキーで華やかだが、合わせてえぐみを伴うバニラの甘み、粘性、ウッディネスが現れて長く続く。

何ともわかりやすい、あるいはやや過剰とも言える樽香が魅力でもある。酒質は程よい厚みがあり、バランスは悪くない。ストレートで。


2007年に現在のボトルへのラインナップチェンジと合わせて終売となった、グレンモーレンジの15年もの。
昨日投稿したようにグレンモーレンジのスタンダードラインナップは、現行オフィシャルの中でも評価が高い事に異論を挟む余地はあまりないように感じますが、旧ボトルには旧ボトルの良さがあり、この15年もまた根強いファンのいるボトルとなっています。

グレンモーレンジ15年は、バーボン樽で熟成した原酒を、1年間アメリカンホワイトオークの新樽でフィニッシュ。アメリカンからアメリカンという、少し特殊な熟成リレーで作られています。
その狙いは・・・香味に感じられる、強いオークフレーバーでしょうか。合わせてえぐみやスパイシーな刺激もあり、よく言えばわかりやすく、率直に言えば荒削りというか野暮ったさすら感じる。それが、このボトルの魅力であるとも言えます。現行品18年あたりと飲み比べると、その違いがわかりやすいですね。
(副産物として得られた、リフィルバージンオークフレーバー樽の行方についても気になるところです。)

旧ボトル時代、2000年ごろのモーレンジは、現在のそれのように洗練された味わいではなく、その他のラインナップにも共通する田舎っぽさがありました。
この15年もまた、そうしたニュアンスに、お化粧したような樽の香味。これと決めた個性以外は削ぎ落として洗練していくスタイルもいいですが、この時代のボトルには、逆にそれが味わい深さとなり、愛される要素となっているのだと思うのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×