タグ

タグ:ハイランド

インチマリン 14年 2004-2019 Y’sカスク 静谷和典セレクト 55.1% 

カテゴリ:
IMG_20190725_124123
INCHMURRIN 
Y's CASK & BAR LEMON HEART 
Selected by Kazunori Shizuya 
Aged 14 years 
Distilled 2004 
Bottled 2019 
Cask type Rechard American Oak #1913 
1 of 568 Bottles 
700ml 55.1% 

グラス:テイスティング
時期:開封後2週間程度
場所:BAR 新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(6)

香り:ややハイトーンで風邪薬シロップのようなケミカルな甘いニュアンスと、微かに赤みを帯びた乳酸系の酸を伴う香り立ち。あわせてドライなウッディネスがレモンピール、干し草などの乾いた植物感も伴う。

味:香り同様にケミカルな要素と甘酸っぱくフルーティー、スパイシーな口当たり。樽由来か中間に粉っぽい舌触りがあり、シロップの甘味、グレープフルーツ等の柑橘感。
余韻にかけて微かにハーブ、スパイシーな刺激が増していくようで、ドライなフィニッシュへと繋がる。

現行インチマリン(ロッホローモンド)の酒質部分の個性がはっきりと出ている1本。開封直後はフルーティーさが足りず、スパイシーな仕上がりが強い傾向だったが、時間を置いて改めて飲んでみると、好ましい変化もあり、開封後数ヵ月単位で慣れさせると良いかもしれない。少量加水するとケミカルなニュアンスにホットケーキのような生地の甘味が加わって、スウィートで飲みやすくなる。

IMG_20190725_124149

今日本で最も勢いのあるバーマンの一人と言える、BAR LIVET & 新宿ウイスキーサロンの静谷氏がロッホローモンド蒸留所でセレクトしたインチマリン。
表ラベルはファミリー企画のレモンハートシリーズ仕様で、BAR LIVETのカウンターでウイスキーを飲むマスターと、静谷さんの姿が描かれています。

一方モノを扱っているのはロッホローモンドの正規代理店でもある都光で、この選定にはリカマンのスピリッツバイヤーである伊藤さんも関わっている模様。
Slected by Kazunori Shizuyaの隣には、小さく伊藤さんの名前と、上記裏ラベル(本来はこっちが表か?)にはEXCLUSIVELY For TOKO TRADING表記があり、本ボトルに関わった方々の相関図が見えるようでもあります。

それではそろそろ中身の解説を。ボトリング本数568本は約400リットル分あることと、樽由来の香味の淡さから、熟成に使われた”リチャード・アメリカンオークカスク”なる樽は、複数回使用のシェリーバットがベースであると推察。
複数回使用後であるためか、アメリカンオークといっても1stフィルのバーボン樽のような、近年のロッホローモンド蒸留所の原酒が持つフルーティーさを後押しするフレーバーは控えめで、むしろ樽由来とおぼしき酸が感じられる以外には、酒質由来のケミカルな甘味とハーブ、スパイシーな刺激が主体という構成となっています。
また、リチャーでありながら焦がした樽材由来の要素があまり感じられないのも特徴で、そこまで強く焼きを入れてないのかもしれません。どちらかといえば、サードフィルのシェリーバットという方が自然な感じのする仕上がりと言えます。

IMG_20190506_185454
(同じY's Caskシリーズから昨年末頃にリリースされた、バーボン樽熟成のインチマリン2002-2018。酒質のケミカルな特徴はほぼ同じだが、樽の違いでパイナップルを思わせるフルーティーさが強調されている。まさにジェネリックトロピカル。飲み比べてみるのも面白いだろう。)

そのため、開封直後の印象ではインチマリンに求めるジェネリックトロピカルというか、アイリッシュ系統のフルーティーさがあまり感じられず、ハーブや植物感のような癖と、人工的なシロップの甘味、スパイシーな刺激といった酒質由来の部分が目立っており、時間置いた方が良いと判断。
2週間ほど間を置いて改めて飲んでみると、フルーティーさが開いてきているように感じられ、テイスティングの通りポジティブな変化が見られました。

静谷氏のテイスティングコメントでは”青パパイヤ”という表現が使われていますが、大概の果実は売られている段階から少し置いて食べ頃を待ちます。つまりこのボトルもまた、熟していくのに多少時間が必要といったところでしょうか。
いっそ3本くらい同時に開けておいて時間経過後をサーブするようにしたら?なんて話をカウンター越しにしながら、半年、1年後の姿をイメージして楽しんだ1杯でした。

オールドプルトニー 12年 2007-2019 ウィスキーショップ向け 50.2% #1471

カテゴリ:
IMG_20190630_183640
OLD PULTENEY 
AGED 12 YEARS 
Distilled 2007 
Bottled 2019 
Cask type Sherry #1471 
For THE WHISKY SHOP 
700ml 50.2% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディで少し焦げたような木香と、どっしりと濃厚なシーズニングシェリー香。ドライプルーン、オランジェット、生チョコレートと微かにアーモンド、合わせて溶剤的なツンとした刺激もある。

味:リッチでスウィート。序盤はとろりとしているがすぐに強めのアタック。ウッディなニュアンスとともに色濃い甘味はダークフルーツケーキ、カカオ多めのチョコ、スパイシーな刺激とタンニンの苦味もある。
余韻はウッディでビター、香り同様に奥から刺激がシェリー樽由来のウッディさと甘味を突き抜けるように最後まで残る。

一言で、こってり濃厚シェリー系。香味に残る刺激がらしさである一方、基本的にはシーズニング味である。熟成年数と度数の下がり具合から推察するに、ホグスヘッド樽の中に保存用のシェリー液が一部残ったまま樽詰し、それで度数が下がってそのまま熟成したものではないだろうか。少量加水しても構成に大きな変化はなく、クリーミーなシェリー感が持続する。


イギリスのTHE WHISKY SHOPがボトリングした、プルトニーでは珍しい濃厚なシェリーカスクの1本。日本では同店舗から個人輸入する以外に購入方法はありませんが、だいたいリフィルでプレーンなタイプの樽感、あるいはバーボン樽での仕上がりが多いプルトニーでこのスペックはまさに限定品に相応しい特別感のあるリリース。コアなウイスキーバーや愛好家は、マストバイと言わんばかりに調達しているようです。

その構成は近年のシーズニングシェリーの濃厚なタイプが全面にあり、例えば先日のウルフバーン・ジャパンエクスクルーシブ3と共通するニュアンスが備わっています。まさに圧殺、まさに樽味、といったところですね。
色濃い甘味とウッディさがしっかりあるだけでなく、12年という熟成期間に違和感のない程度に残った酒質由来の刺激。この刺激は15年熟成くらいまでのプルトニーのカスクストレングスで見られるキャラクターのひとつで、今回のボトルで唯一のらしさと言えるかもしれません。
ただ、これだけでプルトニーと言えるかと問われれば非常に難しいところでもありますが・・・(汗)。

そういう意味で、この手の振り切ったボトルは評価が別れるリリースとも言えます。
酒質由来の香味を重視する方はバーボン樽やリフィル系の樽を好みますし、この手のシーズニングシェリー味が好みという人もいれば、ダメという人もいます。個人的には、本来12年熟成ででるであろう平均的なシェリー感、ウッディさに対して色濃いクリーミーさが時系列に合わないような、違うものが混じったような違和感があって、味よりもそれが気になるところです。

あとはこれが時間経過でどう変化するかですね。この手のシェリーはこなれるというか、酒質部分と馴染むような印象があるので、10年後とか一体感と麦っぽさが出てきて面白い変化が出てくるかもしれません。

ロッホローモンド 12年 2016年リニューアル後 43%

カテゴリ:
IMG_20190514_223409
LOCH LOMOND 
AGED 12 YEARS 
SINGLE MALT WHISKY 
700ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LIVET 
評価:★★★★★(5)

香り:オリーブやハーブを思わせる軽い植物感。バニラ、和紙、乾いたウッディネスはオーキーなニュアンスも含む。奥には柑橘を思わせるフルーティーさも。

味:ややスパイシーで干し草を思わせるドライな口当たり。バニラ、柑橘やパイナップルシロップ、ケミカルなフルーティーさが続いてくる。
余韻は軽いピートを伴い、ほろ苦くトーンの高い刺激。張り付くような質感がありスパイシーで長く続く。

やや粗削りな味わいだが、この蒸留所が以前から持っている癖に加え、アイリッシュのような好ましいフルーティーさが感じられる新しい時代のロッホローモンド。スチルの形状の関係か、やや3回蒸留に近いトーンの高さと刺激がある。少量加水すると和らぎマイルドに。香りの開き具合もよい。

IMG_20190506_183617

2016年頃にリニューアルしたロッホローモンドのオフィシャルボトル。
紙感やハーブ、白い花のような植物系の要素が全開だった旧ボトルのインチマリンや、ダンボールっぽさの強かった旧ロッホローモンド名義のボトルに比べ、ケミカルなフルーティー系の要素を感じやすいのが、近年のロッホローモンド蒸留所の特徴となっています。

ただ、その特徴が出ているのは現行ラインナップでは12年まで。諸々のリリースから逆算して見ると、2002年ないし2003年以降の蒸留に見られる特徴のように感じられます。
それより古い原酒が使われている、例えばオフィシャル18年等は、旧世代の特徴が強く。該当する期間に蒸留所で何があったかについては現在調べていますが、蒸留時期の違いに加え、上位グレードはフルーティーさの出やすいバーボン樽ではなく、シェリー樽の比率が高いことも影響しているのかもしれません。

FB_IMG_1561497831787
(ロッホローモンド蒸留所の代名詞であるローモンドスチル。今は無きリトルミル蒸留所から受け継がれるレガシーは、ネック部分にしきりをいれることで、原酒の酒質に変化を与えることが出来るという。その構造は、現在いくつかのクラフトディスティラリーで導入されているハイブリットスチルの元祖でもある。)

さて、今回のテイスティングアイテムであるロッホローモンド12年は、先に触れたように新世代のロッホローモンドが持つアイリッシュ系のケミカルなフルーティーさを個性のひとつに備えているボトルです。
樽構成は、リフィルシェリー、リチャード、バーボンの3種類の樽が主に使われているそうで、フルーティーさはバーボン樽が。それ以外のビターなニュアンスや紙っぽさと干し草のようなウッディさは、リフィルシェリーとリチャードカスクがそれぞれ後押ししているようにも感じます。

個人的には、同じ蒸留所で生産されているインチマリン12年のほうがフルーティーさが分かりやすく好みですが、その基準は個人個々でしょう。どちらにしてもハウススタイルに歓迎すべき変化が起こっているのは間違いありません。

7156f3d8
(同じロッホローモンド蒸留所でスチルを調整して生産されている、インチマリン。ロッホローモンド12年に比べると、少々ケミカルなキャラクターは強めだが、合わせてフルーティーさもはっきりとある印象。飲み比べてみるのもオススメ。)

一方、過去の珍味系というか個性的な味わいから、同蒸留所のリリースは名前だけで警戒されることも多くあります。
それは食指が伸びないだけでなく、飲んだときに該当するイメージを探しに行ってしまう人も、少なくないのではないかと。海辺で熟成されてるモルトに、潮の香味を探すのと同じですね。
ですが、キャッチーな要素があるのは事実であり、先日開催された東京ウイスキー&スピリッツコンペティションでは、ブラインドテイスティング審査の結果同12年が金賞区分に入ったという出来事が、それを裏付けているように思います。

恐らくですが、飲んでみたら案外楽しめるモルトで、何かと思ったらロッホローモンドだったと。。。
こういう積み重ねで、将来好きな蒸留所はと聞かれて「ロッホローモンド」と答えても違和感がなくなる時代がくるのでしょうか。
新世代のロッホローモンドの個性が、今後更に開花していくことを楽しみにしています。


ウルフバーン 4年 ジャパン・エクスクルーシヴ3 50%

カテゴリ:
IMG_20190605_211839
WOLF BURN 
JAPAN EXCLUSIVE 3 
Aged 4 years 
Cask type Oloroso Sherry 
700ml 50% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:自宅@サンプル
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:湿ったようなウッディネス、チョコレートやブルーベリーのクリームを思わせる甘さに加え、黒砂糖、ほうじ茶のような渋さを伴う。微かに発酵したような酸も感じられるが、総じてスウィートでリッチなアロマ。

味:スウィートでマイルドな口当たり。香り同様にクリームのような甘味に、ドライプルーン、チョコウェハース、奥行きはやや浅くあるが濃厚な味わい。徐々にウッディでドライ。角のとれたタンニンと、シーズニング由来のしっとりとした甘味が長く続く。

「ど」シーズニング味だが、酒質の癖の少なさと50%加水仕様がプラスに作用して熟成年数程の若さが目立たない。奥行きや香味の変化には若さが多少顔を出すものの、比較的きれいにまとまっている。この仕上り全体が、ウルフバーンらしさの形といえるだろう。一方で加水すると樽感が薄くなり、良い点が崩れがち。ストレートでもマイルドな口当たりであり、そのまま楽しみたい。

IMG_20190606_005140

ウルフバーン蒸留所が、スコッチモルト販売を通じて、1年に1度リリースしているJAPAN EXCLUSIVEシリーズ。その第3弾が先日リリースされました。
過去2作に加え、これまでのウルフバーンのリリースは酒質の可能性を味わうような樽感の淡いタイプが中心であったところ。今回のリリースは方向性が180度異なる、しっかりシェリー樽の効いた圧殺系。予想外のリリースに、サンプル飲む?と聞かれてホイホイ承諾してしまったのであります。

ウルフバーンは2013年に創業したばかりであり、10年を越える原酒を持たない小規模な蒸留所です。
現在の原酒は、プルトニーやクライヌリッシュなど、他の北ハイランドの蒸留所に比べても素直で癖の少ないタイプ。若さは多少残りますが、3年少々の熟成でそれなりに仕上がるような早熟タイプの酒質であり、これは近年のクラフトジャパニーズ等でも見られる傾向です。
(初期は早めに出せるような原酒を仕込んでいたようですが、近年ではスピリッツの個性が光るような原酒をと、ノンピート原酒以外に10ppmのライトピーテッド麦芽を使った仕込みも行っているようで、まだハウススタイルを模索しているとも言えます。)

飲んでみると、テイスティングの通り素直な酒質が樽感を邪魔しないため、短熟圧殺仕上げも悪くないと言えるリッチな味わい。樽味と言われればそうですが、それを邪魔しないこともまた蒸留所の個性です。
現在の系統としてはカヴァラン・ソリストに近いような印象を受けました。

d380b26c

わずか4年という短期間でこれだけの樽感。なんのマジックかという声もありそうですが、恐らく使われたのはオロロソシェリーの1st fillシーズニング・ホグスヘッド樽、それも250リットルと、バットからの組み直しホグスヘッドよりも小さいサイズと推察します。
また、樽に残っていたシェリーそのものの香味もアクセントになっているのでしょう。
以前ウイスキー仲間が所有している、アランの同じ樽の熟成サンプル(上)を飲ませてもらいましたが、5年程度で今回と同じような色合い、近いフレーバーが付与されていました。

そういう意味で、このボトルは特別な魔法が使われたわけではなく、純粋に樽のスペックに由来するものですが、特別なのはこうした原酒を日本向けの限定品とした、蒸留所とスコッチモルト販売さんの繋がりにあると思います。
ウルフバーンは、つい先日も会員制のファンクラブをオープンさせたりと、積極的なプロモーションを行っているだけでなく、今回のリリースにあたっても、払い出した原酒の濃厚な色合いに感動したスタッフが、わざわざ写真をメールで送ってくるというエピソードがあったり、作り手と販売側の良好な関係があればこそだと思うのです。

近年、濃厚なシェリー樽熟成ウイスキーが高騰し、手頃なものも減っているのは周知のことと思います。今回のリリースは市場のニーズを満たしつつ、ウルフバーンの新しい可能性が見えた1本でもありました。

オーバン 18年 リミテッドエディション 43% アメリカ市場向け

カテゴリ:
IMG_20190522_104821
OBAN 
AGED 18 YEARS 
LIMITED EDITON 
For US Market 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたてはドライでダンボールのような紙系のアロマを感じるが、スワリングしているとバニラ、オールブランのような甘みと香ばしさ、プレーンなウッディさと微かに塩気。奥には色の濃い蜂蜜や、洋梨のようなフルーティーさも潜んでおり時間経過で開いてくる。

味:マイルドでメローな口当たり。香り同様にオールブランや籾殻、オレンジママレードのようなほろ苦さと軽い植物感。余韻にかけて塩気とピート、微かにホワイトペッパーの刺激。染み込むようなスモーキーさとウッディなニュアンスを伴い長く続く。

オフィシャル14年の延長線上にある味わい。少量加水すると紙っぽさがなくなり、アーモンドや麦系のほろ苦さ、蜂蜜っぽい甘みが、ピート香を主体に柔らかく薫る
こんなに多彩だったの?というくらい、香味の奥から開く果実感やピートの多層感。ポテンシャルの高さが伺える。ハイボールやロックも悪くなかったが、ストレートで1ショットじっくり楽しむことを推奨したい。

IMG_20190525_110055

アメリカ市場向けにリリースされたオーバンのリミテッド。750mlの米国規格でちょっとお得感アリ(笑)。
7700本限定であるため瞬殺されていてもおかしくないと思っていましたが、オーバンという地味どころかつ加水仕様だったためか普通に購入出来、友人が旅行した際のお土産がわりに飲ませてもらいました。
調べてみると、アメリカ市場向けにはこれ以外にも複数回オーバン18年がリミテッドリリースされているようです。

地味とは書きましたが、オーバン蒸留所は個人的に気に入っている蒸留所のひとつ。麦とピート、そして微かな塩気・・・華やかでフルーティーなモーレンジ等とは正反対ですが、この地味さが良いのです。
スコッチじゃないと出ない味のひとつとも言えますね。
そして今回のリリースは、全体的な構成はオーバンのハウススタイルかつ、スタンダードボトルである14年の延長線上にある構成。一言でスタンダードとの違いを表現すると「熟成感しっかり増し」です。

リミテッドリリースだとシェリー系圧殺だったりすることも多いですが、セカンド、サードフィル辺りの樽を上手く使う、ディアジオらしい酒質を活かす造りで、熟成感のなかに蒸留所の個性を味わえる仕上がり。
しかし注ぎたては、樽とピートと酒質と色々混じって偶発的にか、トップノートにダンボールのような癖を感じる。内輪の表現を使えば、紙警察出動で逮捕案件という位置付けでした。
それこそ開封直後を10mlくらい飲んだ時は、どうするよこれって感じでしたね。

しかしその後じっくり事情聴取してみると、時間経過で表情が変わってどんどん良さが出てくる。特に香りに熟した洋梨等のフルーツ香が混じり、オールブランのようなほろ苦さとピートのスモーキーさ、オーバンらしさをベースに多彩なアロマが開いてくる。
なんとも”いぶし銀”なウイスキーだったのです。
おそらく、イベントで少量舐めるくらいだとこの良さには気づけなかったでしょう。
どこの空港でも売ってるようなチョコレートなんかより、遥かに素晴らしいお土産になりました!

このページのトップヘ

見出し画像
×