タグ

タグ:ハイランド

オールドプルトニー 28年 1977-2005 ダンカンテイラー 57.7%

カテゴリ:
OLD PULTENEY
DUNCANTAYLOR
Aged 28 years
Distilled 1977
Bottled 2005
700ml 57.5%

グラス:木村硝子エールホワイトワイン
量:ハーフショット
時期:不明
場所:BAR飲み@Kitchen
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかい刺激を伴うスパイシーさ、バニラの甘みと洋梨、青リンゴを思わせる果実香、徐々にウッディ。華やかで充実している。

味:粘性のあるこなれた口当たり、麦芽風味とオーキーな華やかさ。バニラや洋梨を思わせる香り同様な果実味。ボディは適度な厚みがあり、余韻にかけてスパイシー、華やかでドライなフィニッシュ。

麦芽風味とプルトニーらしい少し溶剤を思わせるニュアンスがオーキーな樽感とうまく混じり合っている。
ダンカンテイラー系にありがちな、過剰なフルーティーさではない構成もポイント。


既に絶滅危惧種となって久しい、プルトニーの長期熟成シングルカスク。一時期はGMなどから1960年代がちらほらリリースがされていたものの、それも加水中心。こうした50%以上の度数を保ち、かつバーボンホグスヘッドタイプで樽由来のフルーティーさと酒質由来の香味のバランスが取れた構成は、2010年頃でも既に希少なリリースとなっていました。

オールドプルトニー蒸留所はスコットランド本土最北端地域にあり、年間を通した気温の低さからか、10〜20年程度の熟成ではまだまだ元気いっぱい、それほど樽感もつかないフレッシュで、溶剤っぽさの混じる味わいが特徴であるところ。
しかしボディはそれほど強くないのか、加水すると急におとなしくなり、また30年以上熟成した原酒ともなれば、長期熟成のスペイサイドモルトのごとく華やかで軽い味わいになっているボトルも珍しくないと感じています。

そのため、オールドプルトニーの20年以上熟成した原酒においては、酒質と樽感のバランスが難しく。適度な厚みやプルトニーらしい癖を残しつつ、樽由来のフルーティーさが感じられるような、ピークのボトルがかねてより数が少なかったわけです。
自分の中でその筆頭とも言えるボトルが、同じダンカンテイラーから樽を買い付けた、小倉のBAR STAG 10周年記念ボトルであるオールドプルトニー1977。これは文句のつけようがない美味いプルトニーで、今回のボトルも通じるところがあり、懐かしい気持ちで楽しむことが出来ました。


ちなみに、以上のようなキャラクターから、オフィシャルの12年や17年あたりを飲んで好印象を持った方が、その後同年熟成のシングルカスクを飲むと、あまりに違うキャラクターに驚くかもしれません。
初めて飲んだ時、自分も面食らった一人であるわけですが、しかしそのバチバチとフレッシュな味わいが嫌ではなく、むしろ元気をもらうような気がしてすっかり気に入ってしまいました。

最近はボトラーズからの長期熟成リリース枯渇はもとより、オフィシャルでも以前から情報が出ていた17年や21年の終売がいよいよ動き出す模様。対して新規は免税向けのNA加水くらいしか通常リリースがないと、あまりポジティブな話を聞かないのですが・・・好きな蒸留所だけに、明るい話題が出てくることが待ち遠しいです。

余談:Bar Kitchen さんのバックバーから、ダンカンテイラーラインナップの一部。
プルトニーに限らずダンカンテイラーのこの辺りの長熟ボトルも随分見なくなりましたね。
ピアレス香だなんて言ったりしてましたが、無くなってみると当時のレベルの高さがよくわかります。

ブローラ 30年 リミテッドエディション 2010 54.3%

カテゴリ:

BRORA
Limited Edition
Aged 30 years
Bottled 2010
700ml 54.3%
   
グラス:グレンケアンテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:やや酸味と青さのある香り立ち。干し草にツンとした刺激、徐々に乾いたウッディネスからワクシーな甘み、ほのかにスモーキーで土っぽいアロマも開いていくる。

味:とろりとした口当たりから、やや青さのある麦芽系の甘さ。バニラ、乾いた牧草、胡桃のようなほろ苦さとじわじわスパイシー。コクのある味わい。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバーが広がり、ほのかな植物感を伴うビターなフィニッシュ。

ブローラというよりはややクライヌリッシュ寄りの味わいが主体だが、余韻にかけてピーティーでらしさも感じられる。ストレートで充分バランス良く熟成感も感じられ、少量加水するとさらに麦芽系の甘みがメインになってくる。


失われた蒸留所、ブローラ。先日のクライヌリッシュ(花と動物)繋がりで、先代クライヌリッシュであるブローラのオフィシャルボトルを記事にしていきます。
こちらもご存知の方が多いとは思いますが一応前置きとして・・・ブローラはかつてクライヌリッシュとして操業していた蒸留所。増産体制を取るべく1967年に新しい蒸留所が建設され、その蒸留所がクライヌリッシュとなり、旧クライヌリッシュはブローラと名を変えて1967年から1983年までは平行して稼動していました。

ブローラの特徴は、ピーティーで荒々しく、ある種野生的とも言えるような力強い味わいが魅力として知られていますが、全ての期間がそうだったわけではなく、1970年代を中心とした10年前後の期間に限られるキャラクターとなっています。
クライヌリッシュとして稼動していた期間、すなわち1967年以前はオールドハイランドスタイルで、ピーティーですが染み込むような味わい。そして1980年代は総じてピートが弱まり、キャラクターもクライヌリッシュを思わせるワクシーな麦芽風味に草っぽさが混じるような構成の樽が増えていきます。
元々はブレンデッド用に使われていた原酒が、その役割を終えて新しいキャラクターを確立したものの、時代はやがてウイスキー冬の時代、魔の1980年代へ。当時のDCL社の主要な原酒のひとつとしてクライヌリッシュは生き残りますが、ブローラは1983年に100年以上続いた歴史に幕を下ろすこととなりました。

さて、今回のボトルは2003年ごろからディアジオが毎年リミテッドエディションとしてブローラに残された原酒を使って作っている、カスクストレングスのシングルモルトです。
2010年ボトリングで30年モノ、味の傾向から1970年代前半よりも1980年頃の原酒をメインに使ったのではと思われるスタイルで、上述のブローラらしい魅力全開というより、ちょっとピーティーなクライヌリッシュという感じですが、余韻にかけてはそうした時代の片鱗も感じることが出来ます。
近年のブローラはすっかり高嶺の花になってしまいましたが、今とは異なるそのキャラクターは唯一無二の個性だったと思います。

IMG_3375
ちなみに、今もブローラの稼動が続いていたら・・・なんて思うのは愛好者の性。その可能性を一つ形にしたのが、今年の初めにリリースされていたクライヌリッシュのラガヴーリンカスク熟成。荒さの残る仕上がりながら、ブローラの姿に味わいを重ねた愛好者は少なくなかったのではないでしょうか。(テイスティング@BAR LIVET)


ここ最近ずっと激務が続いているくりりんです。
特に8月頃から1週間のうち2~3回深夜タクシー帰りが当たり前になってしまいました。1時2時くらいの帰宅なら全然書けるんですが、流石に連日4時退社では筆が追いつきません。。。土日もどちらか普通に出勤してますし。そんなわけで記事更新が飛び石になりがちです。そしてコメントにも返事が出来ておらず申し訳ございません。
昨日は朝5時退社で帰宅後シャワー&着替えからの東京駅、一睡もしないで新幹線に飛び乗って日帰り出張です。新幹線寝過ごさないでよかった(笑)
最新リリースのテイスティングもろくに出来ていないのはもやもやする気持ちになりますが、まずは一家の大黒柱として家庭が第一、そしてそれを維持するための仕事ですから、仕方ないですね。
まあそれにしても、来週は1日くらいBAR飲みでもしにいきたいです。

クライヌリッシュ 14年 花と動物 43%

カテゴリ:
CLYNELISH
Single Highland Malt Whisky
Years 14 Old
1990-2000's
700ml 43%

グラス;木村硝子テイスティンググラス
場所;BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くワクシーな麦芽香、おしろい、すりおろしたリンゴや洋梨、軽やかな香ばしさとほのかに尾行を刺激するスパイシーな刺激。奥からドライでオーキーな華やかなアロマも開いてくる。

味:まろやかな口当たり。ワクシーで麦の芯を思わせる甘み、微かな植物感、バニラ、じわじわとオークフレーバーが広がり、洋梨などに通じる果実味も感じられる。
余韻は淡いピートがほろ苦く、ナッツや麦芽風味主体で長く続く。

甘い麦芽風味、独特のワクシーさ、程よい厚みのあるボディはミスタークライヌリッシュという味わい。樽香はバランスよく、酒質部分が主導の中で後からアクセントとして開いてくる。もはや加水は必要なく、ストレートで楽しみたい。


通称「花と動物」のクライヌリッシュ。UD時代から飲まれている人にとっては、特に懐かしいボトルだと思います。
もはやお約束レベルなのでさくっと流しますが、花と動物シリーズは、UD社(現ディアジオの前身となる企業)が保有する蒸留所の原酒を、シングルモルトとしてリリースしたもの。ラベルにはその蒸留所と関わりの深い、花や動物の絵が描かれていて、クライヌリッシュは山猫です。

蒸留所の親会社がリリースしたボトルであるため、半ばオフィシャルという位置付けとなっており、この上位グレードには、UDレアモルトシリーズが展開されていました。
花と動物シリーズは、トータルで20種類以上リリースされていたと記憶していますが、足並み揃って20種類ではなく、アバフェルディのように蒸留所が他社に売却されたりして販売されなくなったもの。あるいは別シリーズ展開のためにリリースを休止したものや、逆に近年までリリースが続いていた物などがありました。

今回のクラヌリッシュは2000年代前半、花と動物シリーズ発売から割と早期に生産が休止されており、動シリーズの中ではレアなボトルに入ります。他にレアなところはアバフェルディやカリラですかね。
ただ、その代わりなのかヒドゥンモルトシリーズとして同時期にオフィシャルのクライヌリッシュ14年が発売され、その後はマイナーチェンジを繰り返しながら今日に至っています。

(クライヌリッシュはシングルモルトを嗜むなら抑えておきたい蒸留所の一つ。ボトラーズリリースが多いだけでなく、ジョニーウォーカーを構成する主要原酒の一つでもある。Photo by K67)

オフィシャルとの比較では、一時期は花と動物が圧倒的で、今飲んでも「まさにクライヌリッシュ」という麦芽風味やワクシーな味わいが好印象なボトル。
なぜこのような味わいになるかは諸説ありますは、ファンの間で最有力な話が「ポットスチルのラインアーム部分を洗浄していないため」という話。
鰻のタレ、あるいはくさやか、ファンが多い蒸留所である一方で、人によってはその経緯から受け付けないという方もいたりします。

一時期のオフィシャルはこの要素が薄くなり、ドライでスパイシーな傾向にシフトしていたものの、昨年あたりでオフィシャル14年がひっそりと「美味しく」なり、あの味わいが戻ってきました。
飲み比べをしても面白そうだと感じています。



グレンモーレンジ タグタ TAGHTA カスクマスターズ 46%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
The TAGHTA
Cask Masters Selection 2014
No Aged
700ml 46%

グラス:グレンケアンテイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シェリーオークの甘いアロマ。バニラシロップ、サルタナレーズンやプルーン、徐々に乾いた草、アメリカンオークのウッディーな香りも感じられる。

味:香り同様粘性のあるとコクのあるシェリーオーク、ビスケットや焼き芋っぽい甘みと香ばしさ、ドライプルーン、舌の上からのしかかってくるよう。
余韻は徐々にウッディでドライ、少し焦げ感と干し草を思わせるニュアンスが感じられる。

とろりとしたシェリーオーク系の甘いニュアンスが主体的でわかりやすい味わい。香味のそれは近年系で、また味の後半にかけては違う樽のキャラクターも感じられ、フィニッシュらしい大味な構成。開封後の時間経過で一体感がさらに出てくれば面白い。


グレンモーレンジが2013年、いつの間にか開催していたファン投票で、ネーミング、ラベル、樽などのスペック、所謂コンセプトが決められたという1本。
TAGHTAはゲール語で「選ばれた者」という意味で、グレンモーレンジのお家芸とも言えるフィニッシュはバーボン樽熟成の後、マンサニージャ・シェリーカスクにて。

選考経緯を調べると、グレンモーレンジオリジナルをベースに3タイプのフィニッシュ(グランクリュ・バーガンディー、グランクリュ・ボルドー、そしてマンサニージャ・シェリー)が作られ、シドニーのSMWSメンバーによるテイスティングの結果選ばれたのが今回のリリース、マンサニージャ・シェリーカスクフィニッシュだったのだとか。
それが2014年の発売から約3年後の今になって、日本正規品の流通が開始されていた訳です。

そう言えば昔「モレンジでこんなコンテストやるみたい」なんて話を聞いた記憶があったような無かったような。。。あれは発売後の話だったか、あまり興味がなかったのでうろ覚えです。 
グレンリベットでも同じようなことしていましたね。ネットの普及でユーザー参加型の企画はやりやすくなりましたから、どんどんやって欲しいなと思います。
もっとも、この手の企画で選ばれるのはシェリーカスクやピーテッドが多そうですが。。。


それにしても日本正規品が本国から数ヶ月から1年程度遅れるのは割と良くあることですが、限定品で3年、これはかなりの遅延です。
ボトラーズリリースでは協会の審査通すのに時間がかかったりで1年以上遅れるのはよくありますが、ひょっとして海外でそこまで人気出なかった?とか勘ぐってしまいます。

なんてどうでもいいこと書きなぐってますが、実際テイスティングした際は、上記背景は把握しておらず、またニューリリース出したのかとか思っていた程度。スペックも含めて完璧に後付けですw
その分、先入観なくテイスティング出来たとも言えるわけですが、ほのかな酸味を伴う近年系シェリー感がしっかりと、そこにオーク由来の甘みとウッディネスが混じる。良く言えばわかりやすい仕上がりで、一定の評価はされるだろう、そこまで悪くはない構成です。

ただ、メーカーPRにあった「塩味」はコクっぽい感じはあったものの、元々感じ取るのが苦手な香味なので、正直よくわかりませんでした。
素性が分かった上でもう一度飲んだら、響くものがあるのかもしれません。

グレンモーレンジ  オリジナル 1974-1999 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE 
ORIGINAL 
Distilled 1974
Bottled 1999
Bottled No,638/2000
500ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ウッディな渋み、カラメルの甘みや葡萄を思わせるフルーティーさ、華やかな熟成香が香る。微かにスモーキー、時間経過で干し草、土っぽいアロマも感じられる。

味:香り同様にウッディな渋み、シェリーオークのとろみのある甘み、フルーティーさ。コクがあるが中間以降はビターでドライ。ほろ苦いカラメルソースの甘み、古酒感、タンニンを伴う長いフィニッシュ。

香りは強い熟成感がありリッチで充実しているが、樽感が強くウッディでテイスティング時点ではアンバランスさを感じたモルト。モノは間違いないが、もう少し甘みが開くことを期待したい。


グレンモーレンジが2000年の到来を記念するセールスの一つとして、2000本限定でリリースした1本。このころはグレンモーレンジに限らず様々なメーカーが記念ボトルをリリースしており、当時の潤沢な原酒状況もあって、高い評価を受けているボトルも少なくありません。
今回の1本は、ボトル形状が100年くらい前のそれをイメージさせるレトロな形状。推測ですが、1900年年代最後の年のボトリングとして、この100年の始まりである1900年頃のボトルをイメージしたのかなと感じました。


その構成はテイスティングの通りシェリー系のニュアンスが強く出た香味。酒質が穏やかなグレンモーレンジで20年を超える熟成というだけあってか、加水でありながらシェリーオークの甘みや果実味の他に結構ウッディで渋みも強くあり、樽由来のキャラクター、熟成感がわかりやすいボトルに仕上がっています。

強いウッディネスは、テイスティング中の時間経過で甘みが強くなってくる変化もありましたので、今後の変化に期待したいボトルでもあります。グレンモーレンジは現行品の関係からバーボンというイメージが強いものの、決してそれだけに合う酒質じゃないのは今回のボトルからも伝わってきますが、もう一方で30年を越えるような長熟向きというわけでもないんですよね。


こちらのボトルは、目黒のBAR Gosseさんの1周年記念で開栓されたうちの1本。
オープン直後に遊びに伺ってから早いもので、1年間あっという間でした。。。これからもウイスキーファンの間口を広げる、気軽にウイスキーを楽しめるお店として活動していって欲しいです。


(BAR GOSSE 1周年記念開栓ボトル4本。)
https://www.facebook.com/gosse.meguro/

このページのトップヘ

見出し画像
×