タグ

タグ:ハイランド

グレンモーレンジ 15年 43% 2000年代流通

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Aged 15 years
2000's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml
場所:個人宅(@TWD氏)
開封時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでスパイシーな香り立ち。ドライパイナップル、バニラ、やや青みがかった干し草、ナッツ、オーク香が充実しており、少々あざといが華やかなアロマ。

味:香り同様、ドライな飲み口から広がるスパイシーで華やかなオークフレーバー。奥にはおしろいを思わせる麦芽風味、適度なコクも感じられる。
余韻はオーキーで華やかだが、合わせてえぐみを伴うバニラの甘み、粘性、ウッディネスが現れて長く続く。

何ともわかりやすい、あるいはやや過剰とも言える樽香が魅力でもある。酒質は程よい厚みがあり、バランスは悪くない。ストレートで。


2007年に現在のボトルへのラインナップチェンジと合わせて終売となった、グレンモーレンジの15年もの。
昨日投稿したようにグレンモーレンジのスタンダードラインナップは、現行オフィシャルの中でも評価が高い事に異論を挟む余地はあまりないように感じますが、旧ボトルには旧ボトルの良さがあり、この15年もまた根強いファンのいるボトルとなっています。

グレンモーレンジ15年は、バーボン樽で熟成した原酒を、1年間アメリカンホワイトオークの新樽でフィニッシュ。アメリカンからアメリカンという、少し特殊な熟成リレーで作られています。
その狙いは・・・香味に感じられる、強いオークフレーバーでしょうか。合わせてえぐみやスパイシーな刺激もあり、よく言えばわかりやすく、率直に言えば荒削りというか野暮ったさすら感じる。それが、このボトルの魅力であるとも言えます。現行品18年あたりと飲み比べると、その違いがわかりやすいですね。
(副産物として得られた、リフィルバージンオークフレーバー樽の行方についても気になるところです。)

旧ボトル時代、2000年ごろのモーレンジは、現在のそれのように洗練された味わいではなく、その他のラインナップにも共通する田舎っぽさがありました。
この15年もまた、そうしたニュアンスに、お化粧したような樽の香味。これと決めた個性以外は削ぎ落として洗練していくスタイルもいいですが、この時代のボトルには、逆にそれが味わい深さとなり、愛される要素となっているのだと思うのです。

グレンモーレンジ 18年 43% 750ml オフィシャル

カテゴリ:
グレンモーレンジ18年
GLENMORANGIE
EXTREMELY RARE
Aged 18 years
750ml 43%

グラス:木村硝子 テイスティンググラス
場所:個人宅(@TWD氏)
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでドライ、オーキーな香り立ち。干し草、バニラやおしろいを思わせる麦芽香、ドライパイナップル、微かにオレンジのフルーティーさ。

味:オーキーでフルーティー。りんごのコンポート、白桃、微かにミントぽい植物感、ジンジャーシロップ。ボディは軽めでやや樽感主体。
余韻はドライで乾いたウッディネス、華やかで長く続く。 

華やかでバランス良く、グレンモーレンジらしさが詰まった 1本。 まさにラグジュアリー。樽由来の良い部分がメインで作り手の技術も垣間見える。ロックやハイボールも悪く無いが、特段必要性を感じない。ストレートでじっくりと。


現行品の中で、1万円以下でオススメと言われたら、まず名前が出るであろう銘柄の一つ。そう言えばレビューを掲載してませんでした。
モーレンジらしい乾いた麦芽や植物感に、華やかなオークフレーバー。原酒構成としてはバーボン樽で熟成させた後、シェリー樽による再貯蔵をしているそうですが、あまりシェリーシェリーする感じはないですね。
それこそリフィルシェリーホグスヘッドが少し混じってるかな、くらいのバランス感で、上から覆いかぶさるようなフィニッシュ特有の味付けとは異なり、アメリカンホワイトオークのそれがメインであると感じます。

グレンモーレンジ18年が、なぜ評価されるのか。それはひとえにこの華やかな樽香、それに由来するフルーティーさにあると考えられます。
開封直がは硬さがありますが、りんごのコンポート、あるいは白桃。パイナップルを思わせるオークフレーバー由来のフルーティーさ。シェリー樽由来か、少しオレンジを思わせるフルーティーな香味もあります。

酒質は素直で樽由来の香味を邪魔せず、加水も合わさって良い塩梅に。同10年にも同じベクトルのニュアンスはありますが、若いというか樽感が軽く、好ましいニュアンスは18年に多くあるイメージ。スコットランドの気候的に、適齢期とも言える20年に近い熟成期間もプラスに作用しているのでしょう。
こうした香味はハイランドモルトらしさの一つでもあり、麦芽風味、華やかな樽香とはこういうもの、と言う基準も作れるボトル。入門者からコアユーザーまで、幅広く支持される、完成度の高い1本です。


さて、冒頭の話題に関連して、直近リリースのオフィシャルから1万円程度でこれというボトルを地域別に進めるなら、自分の中では以下となります。

アイラ:アードベッグウーガダール
アイランズ:タリスカー18年
ハイランド:グレンモーレンジ18年
スペイサイド:ノッカンドゥ21年
キャンベルタウン:保留
ローランド:選外

MHD系列強し。大手資本が入っていると、生産や原酒管理が安定するのか、オフィシャルの品質も平均して高いように感じます。
キャンベルタウンはスプリングバンクのラベルチェンジ後をまだ飲めていないので保留。そしてローランドは衰退しました。
・・・いや、数年前までリリースされてたオーヘントッシャン21年とか悪くなかったんですけどね。
今のオフィシャルは本当にモノが無く、この価格帯では選外とせざるを得ませんでした。グレンキンチー18年とかこの価格帯でリリースされないかなぁ。
後で記事にまとめようと思ってますので、もしこれというボトルがありましたら教えてください。

ティーニニック 43年 1973-2017 パーフェクトドラム 48.8% リンブルグウイスキーフェア向け

カテゴリ:
IMG_4406
TEANINICH 
THE PERFECT DRAM 
WHISKY AGENCY 
Aged 43 years 
Distilled 1973 
Bottled 2017 
Cask type EX-Sherry Butt 
700ml 48.8% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(BAR GOSSE)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:チェリー、枝付きレーズンあるいは黒葡萄、林檎のカラメル煮を思わせる華やかでフルーティーなシェリー香。やややドライ、徐々に渋みを感じるウッディネス、キャラメルコーティングしたアーモンドナッツのアクセント。

味:フルーティーでオーキーな華やかさが口当たりから広がる。レーズン、ドライマンゴー、シナモンアップルパイ。ハイトーン気味でヒリヒリとした飲み口の硬さもあるが、ボディはしっかりしており、樽香とのバランスは悪くない。
余韻はウッディでドライ。濃く入れた紅茶を思わせるタンニン、ナッティーなオークフレーバー、艶やかで長く続く。

高貴さの漂うフルーティーなシェリー香に、エージェンシーフレーバーとも言えるナッティーなリフィル系のオーク香が合わさって、充実した1本に仕上がっている。口開け直後のテイスティングだったが、過度な硬さは無くうっとりする味わい。加水は水っぽさがあり向かない、ストレートで。


つい先日開催された、リンブルグウイスキーフェア2017向け、ウイスキーエージェンシーからのリリース。何とも目を引くラベルは、同社代表であるカーステン氏の奥様がプロデュースしたとのことです。

ここ最近、ウイスキーエージェンシーからは1970年代前半蒸留となる"スペイサイド名称"の長期熟成モルトが集中的にリリースされています。 
同社はドイツ系ボトラーズメーカー。つまりこのリンブルグ向けは自国向けのリリースということにもなるわけですが、このリリースも最近集中しているスペイサイド・・・かと思いきや、銘柄はまさかのティーニニック。随分マニアックなチョイスだなと感じてしまいました。

こういうボトル、長期熟成リリースが枯渇している昨今においてはもっと注目されるべきと思うものの、ここまで短期間だとありがたみが無くなっていく不思議。味わい的にもテイスティングに書いたように、"エージェンシー味"と言える独特の樽感があって、だいたいその系統なのも一役買っているようです。
直近では信濃屋のNAGOMI、山岡氏がリリースに関わったスペイサイドリュージョン、海外のBARのプライベートボトリング・・・これらは一説にはグレンファークラスとも言われており、樽はリフィルシェリーホグスヘッドタイプだろうというオーク系の華やかな香味、長期熟成ゆえにややボディが硬く、ドライな味わいが共通するところです。 

このティーニニックも"そんな感じ"かと思っていたわけですが、共通するフルーティーさこそあれど、香りの段階からひきつけられる要素がいくつかあり。加えて近年中々見ることの無い、澱みの無いシェリー香は「間違いない」という確信に近い予感が沸き起こる。思わず口角が上がってしまいます。
   
ティーニニックの中ではかなり旨いリリースである一方、"らしさ"は開封時点ではほぼ皆無。目を瞑って飲むと「またスペイサイド出してきた?」と思ってしまうかもしれません。
それでも約49%の度数とボディが樽感を支え、樽しゃぶり系になりつつある長期熟成モルトとは一線を画している仕上がりに、エージェーンシーの自国向けボトルとしての本気を感じます。
また、最近増えたスパニッシュのコテコテシェリーボトルとは異なる、長期熟成によってこそ作られる華やかでよどみの無いフルーティーさが、懐かしくも、そして嬉しくもある1杯でした。

グレンギリー 15年 シェリーカスクマチュアード 53.7% 免税向け

カテゴリ:
GLENGARIOCH
Aged 15 years
Sherry Cask Matured
Exclusive to The Global Traveller
700ml 53.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:かりんとうやダークチョコレートのほろ苦く甘いアロマ。同時に梅やあんず棒の酸味、淡くベリー感。徐々にサルファリーな硫黄香、度数以上に強いアルコールのツンとした刺激も感じられる。

味:甘酸っぱく粘性のあるリッチな口当たり。かりんとう、レーズンチョコレート、カカオパウダー。じわじわとサルファリーでビターなニュアンスが支配的。
余韻は硫黄由来の苦味を伴い、ハイトーンでひりつくようなフィニッシュ。

度数以上に強いアタックがいかにも近年のギリーらしい。加水すると若干硫黄香は若干残るが、コクがあってマイルドな飲み口に。香りはハニートーストのような甘みも感じられる。ストレートよりは加水向きのモルト。


グレンギリーの免税店向けボトル。日本国内市場には12年ないしファウンダーズリザーブが中心ですが、実際は今回のシェリーカスク15年以外に、ビンテージシリーズなど様々なラインナップがリリースされています。
オフィシャル以外の領域を見ると、ここ数年は1990年代蒸留のリリースがボトラーズから増えてきて、その味わいは1990年代前半、後半、そして2000年代でそれぞれ変化があって個性としても楽しめる。もっと評価されていいのになあ、とこのブログ上で呟くのはこれが初めてではないですね(汗)。

さて、今回のシェリーカスクですが、当ブログでは素晴らしい写真でお馴染み、T.Ishiharaさんが「このギリーは美味い!」と絶賛されており、気になっていたボトルでした。
(グレンギリー蒸留所外観。いつの時代も独自の個性を持ち、愛好家からの評価も高い。Photo by T.Ishihara)

2000年前後、ここ最近のグレンギリーらしいハイトーンな酒質に、シェリー感は硫黄由来のニュアンスが底支えとなって甘酸っぱいベリー系のフルーティーさがあるイメージ。オフィシャル12年にも共通する酸味、オイリーなフレーバーもアクセントとして感じられます。
また1997年以降、グレンギリーはほぼノンピート原酒と言われており、この15年からも明確なピート香は感じません。

一方、近年のグレンギリーのシェリー系は硫黄が出ているものが多いイメージがあり、これもその例に漏れず。系統としては、先日記事にしたアデルフィのグレンギリー1998にも近い感じです。
樽はスパニッシュではなくアメリカンホワイトオークと推測。サルファリーなフレーバーは気になる人は気になると思いますが、気にならない方の満足感は高いと感じると共に、こういうボトルが時間経過でいい方向に変化するのではないか、とも感じます。
実際、このボトルは開封後1ヶ月以内の時点から、3ヶ月ほど経過した現時点まで様子を見ているものの、ギリーらしい個性が開いてきたり、既に変化も見られているところ。
将来の姿を想像しながら、テイスティングを楽しませていただきました。

アバフェルディ 21年 40% オフィシャル

カテゴリ:
アバフェルディ21年
ABERFELDY
Aged 21 years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかで甘い香り立ち。バニラ、おしろいのような麦芽香。あわせてアプリコットやオレンジのドライフルーツを思わせるアロマに、ほのかに乾いたウッディネス。

味:スムーズでまろやかな口当たり。香り同様に麦芽風味が充実しており、バニラ、蜂蜜、序盤から柔らかい甘さが広がる。続いてオレンジママレード、クラッカー、微かに干し草のニュアンス。ウッディなタンニンが心地よく甘みを引き締める。

端的に表現するなら「麦芽と蜂蜜」。ハイランドらしさに加え、アバフェルディのハウススタイルを体現している1本。ストレート、加水、ロック・・・ただしハイボールは麦感が好みを分ける印象。


現行品1万円以下のシングルモルト、南ハイランド部門代表。 味にうるさいコアなウイスキー愛好家の中で、安定して高い評価を受けているのが、このアバフェルディ21年です。
2014年ごろにラベルチェンジが行われましたが、以前より良くなったという声多数。ゆるく家飲みしてもよし、ハウススタイルを学ぶもよし、使い勝手の良い1本だと思います。 
(※コメント頂き確認したところ、6/12時点で10000円以下で販売している酒販店がWEB上に確認できませんでした。記載を訂正致します。)

評価される背景には、麦系の柔らかい味わいの旨さもさる事ながら、先述の通り同蒸留所の特徴、ハウススタイルとも言える香味がわかりやすいという点があるように感じます。
加えて愛好家間で旨いと話題になった同銘柄のハイエンド、28年と比較すると、同一ベクトルの香味が21年にも備わっており、光るものを感じます。
度数は40%と低め。おそらくこれは麦系のニュアンスや柔らかさを出すため、同リリースなりのこだわりなのではないでしょうか。
46%以上の使用を飲みたい気持ちもありますが、決してそこまで薄い酒質ではないので現状で充分満足感もあります。

また、免税店向けや蒸留所限定のリリースではカスクストレングスも出ており、これがまた近年レベルが高いと話題になっています。
40%加水のもののような柔らかさはない反面、厚みのある酒質が樽感を受け止め、20年前後で素晴らしい熟成感に。
バーボン樽熟成のものは安定してハズレなし。それ以上にシェリーカスクのリリースが、樽感の素晴らしさも相まって突き抜けた1本となっているケースも見られます。
当然、ベースは同じアバフェルディなのですから、それらの評価基準としてもオフィシャルリリースは1飲の価値ありです。

しかしアバフェルディにしろ、クライゲラヒにしろ、オルトモアにしろ、近年バカルディ社からリリースされる「ラストグレートモルト」シリーズの完成度は眼を見張るものがあります。
日本への正規品は基本スタンダードのみですが、先日紹介したマクダフ30年やアバフェルディ28年のように、海外リリースされていた各銘柄の長期熟成品が、並行品や海外通販で日本にも入ってきています。今後そうしたリリースに出会えるのが楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×