タグ

タグ:ハイランド

ベンネヴィス 10年 46% イギリス向けオフィシャル

カテゴリ:
BEN NEVIS
MACDONALD'S
Aged 10 years
Released in 2017
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:乳酸系の酸味を伴うケミカルなフルーティーさ。オレンジやキウイ、ハッカ、風邪薬シロップ。乾いた麦芽や土っぽいピーティーさも微かに感じられる。

味:コクのある口当たり。香ばしい麦芽風味と奥から広がるケミカルさはシロップの甘み、オレンジキャンディ、パイン飴、人工的なニュアンスを感じるフルーティーさ。少々荒さもある。
余韻は微かにピーティーで焦げたような苦味を伴う、ややベタつきのある長いフィニッシュ。

ボディはミディアム程度で香味にもらしさがある、飲みごたえのあるモルト。多少若さはあるが、バッティングで全体のの一要素としてまとまっている。少量加水するといくつかの要素がまとまり、マイルドな飲み口からケミカルなフルーティーさがさらに主体に感じられる。


お、なんか雰囲気のあるラベル、ひょっとしてベンネヴィスの限定リリース?
。。。って思うじゃん。
実は普通のオフィシャルスタンダード。イギリス、ヨーロッパなどでは現在日本で流通している43%仕様の10年ではなく、昨年ごろからこちらのバージョンに切り替わっています。

ボトルは以前余市や宮城峡、あるいは竹鶴などのニッカ製品に採用された、通常のトールボトルより少し背の低いずんぐりとしたタイプのもの。1990年代にニッカウヰスキーからリリースされたベンネヴィスの長期熟成リリースには、このデザインのボトルや似たラベルが使われていて、当時を知っている飲み手にすれば、レトロラベルのようで懐かしくも感じると思います。

(シングルモルト・ベンネヴィス10年。現時点の日本流通品だが、近い将来今回のボトルに切り替わるのだろうか。)

その中身は、43%仕様のオフィシャルボトルでは、シロップのような甘みとケミカルなフルーティーさを主体とした構成であるところ。
46%仕様はバーボン樽以外にシェリー樽などバランス寄りにバッティングされているのか、上述のフルーティーさだけではなく、麦芽風味や余韻にかけてのピーティーさ、多少若さに通じる乳酸感など、いくつものフレーバーが混ざり合っている。多彩というか、複雑でボディに適度な厚みもある印象を受けました。

この多彩さが、43%仕様にあるフルーティーさの浮ついた印象を抑え、全体のバランス向上にも貢献しているようです。今のリリースもそれはそれで悪くなかったですが、新しいロットの飲みごたえもなかなか。ラベルチェンジすると味が落ちるという、業界のお約束に逆行する作りとも言えます。
価格的にもそれほど高価でないことから、日本入りが待ち遠しい1本となりました。来年くらいに入りませんかねぇ。。。(チラッ

グレンドロナック 25年 1968年蒸留 ANA向け 43%

カテゴリ:
GLENDRONACH
Aged 25 years
Distilled in 1968
For ANA
Cask No,20
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:KuMC@NSさん
評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:ベリー感を伴う濃厚なシェリー香。カカオをまぶしたチョコレートクッキー、イチジクの甘露煮、クランベリーや熟した苺の赤い果実香。スワリングしているとオーク由来の華やかさを感じる。

味:濃厚で芳醇な含み香。スムーズな口当たりから、香り同様にベリー感ある甘酸っぱさとこなれたウッディネス。枝付きレーズン、クランベリーチョコレート、アーモンドのアクセント。余韻はウッディで程よいタンニンを伴いつつ、陶酔感のあるシェリー香が長く続く。

ベリー系オールドシェリーの豊かな香味に、熟れた果実が発する、ある種のフェロモンを含むようなゾクゾクさせる要素を伴う素晴らしいボトル。
加水すると穏やかな飲み口でシェリーオーク由来の豊かな甘みがベリー感と共にさらに広がる。

グレンドロナックのオフィシャル加水リリースの中で、非常に高い評価を受けている一本。1960年代後半から1970年代前半のドロナックに多く見られる、深いコクとベリー感漂うリッチな香味が特徴の、ここ2〜3年以内のリリースではまずお目にかからない、素晴らしいシェリー樽熟成モルトです。
このままウイスキーのシェリーカスク製造方法に革命が起きない限りは、あるいは後述する後天的変化が起きない限りは、将来は伝説的な評価を受ける可能性が高いボトルだと思います。 

素性としては、成田−ヒースロー間を就航していた、ANA国際線の機内販売で限定販売されていたというリリースで、総本数は2500本と言われています。自分が機内で買ったら確実に我慢できず、その場で開けますねw
しかしなぜグレンドロナックなのか。マッカランでもフィディックでもボウモアでもなく、なぜANAは日本でほぼ無名とも言うべき蒸留所を選んだのかは疑問が残ります。(スコットランドでも当時第一線というほどではなかったと思います。)

どのくらい無名だったかと言うと、1990年代初頭、当時18年クリアダンピーが売れないからと、1本1000円で社内販売したという噂を。。。聞いた記憶が。日本市場におけるウイスキー冬の時代とバブル崩壊後が極まったようなエピソードが伝えられているほど。(ちくしょう!ケースで欲しい!)
ひょっとするとこのANAドロナックも、そうした過程の中でカスクが払い降ろされて誕生したのではと推察しています。

仕様は43%の加水であるため、バッティングのシングルモルトなのかと思いきや、シングルカスクの加水を複数リリースして計2500本だった模様。背面ラベルには異なるカスクナンバーと、ボトリング本数が記載されています。(確認できる範囲で、一番若いナンバーで3、大きい数字は27。2500本とする場合、6カスク程度あるものと推察。)
他方で、中には全く記載されていないボトルもあり、ひょっとするとバッティングもあったのかもしれません。


なお、グレンドロナックの加水は、このANA向けのような濃厚シェリーであっても後天的にパフュームに変化する可能性を秘めていると考えられます。
以前写真のオフィシャルクリアダンピー18年で該当する香味に変化したボトルを飲んだことがあり、このボトルもひょっとして状態次第で該当する変化が起きないか、極めて心配になってきました。

その意味で、このボトルは本当時良い時期に飲ませてもらえました。中にはこれを御本尊にように飾られているお店もあるようですが、開けたらウボァーってことになっていないことを、祈るばかりです。

グレンモーレンジ レジェンド カドボール 免税店向け 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
LEGENDS
CADBOLL
Finished in Sweet French Wine Casks
1000ml 43%

グラス:グレンケアン
時期:開封後半年程度
場所:BAR Eclipse
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライな香り立ち。干草、バニラやメレンゲクッキーを思わせる甘みと合わせて微かにセメダイン、溶剤的な刺激を伴う。

味:甘くスウィートだが平坦気味な口当たり。はちみつやバニラを思わせる甘みと、微かにグリーンレーズンのような酸味、ピリッとした刺激。余韻は干草やクラッカー、ウッディなタンニンが口内を引き締める。

シャープでドライな若めのグレンモーレンジの酒質に、妙に甘い樽感が混じっている。フィニッシュの樽感に圧殺されているような仕上がりではないが、この甘さは好みを分けそうな印象。


グレンモーレンジが今年の1月、免税店向けにリリースしたLEGENDSシリーズの1本。同シリーズとしては4作目でしょうか。
甘口のフランス白ワインの樽でフィニッシュしたという構成で、ベースの原酒はバーボン樽熟成。おそらくスタンダードと同様の10年程度のものだと感じます。

香りに混じるワインカスク熟成の原酒に度々見られる薬品系の要素に加え、味は甘口のワインという説明に嘘偽りなしの淡い酸味を伴う濃い甘み。これがグレンモーレンジのドライで干草や乾いた麦芽を思わせる風味の原酒に混じり、完全に一体となっていないような多少の分離感、ないし違和感をもって口内に広がってきます。
普段そこまで い方などは、逆にこの甘さが飲みやすさに繋がってちょうどいいのかもしれません。 元々グレンモーレンジはソーテルヌカスクなどをリリースして 同じベクトルにあるように感じます。

ただ個人的には、そのままではボソボソしてたいして味もない安価なコッペパンに、甘口のバニラソースをかけて食べるような感じ。
若い原酒の短期間でのフィニッシュなので、そういう感じになるのは仕方ないのかもしれませんが、厳しい言い方をすると、ちょっと誤魔化しているようにも感じますね。


日本国内ではあまり免税向けリリースは話題になりませんがが、グレンモーレンジは精力的に様々なリリースを行なっています。
それらは、先日記事にした19年のような王道系もあれば、シェリー樽やワイン樽のフィニッシュを駆使した意欲作もあります。

結果、単品で見た時、なんでこんなの作ったかな?と思うことはしばしばあるのですが、王道系だけ作っていても多種多様な消費者の趣向は満たせないですし、目先が変わることで王道系の良さも引き立ってくる。
次は何をリリースするのかな?と考えてしまうのは、グレンモーレンジの戦略に捕らえられている証拠なのかもしれません(笑)。

グレンオード 28年 58% 2003年ボトリング

カテゴリ:
IMG_8588
GLEN ORD
AGED 28 YEARS
NORTHERN HIGHLAND MALT
"A LIVELY COMPLEX WHISKY" 
Released in 2003
700ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@頂き物 @NYさん
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:注ぎたては香ばしい麦芽香、おしろいと微かにニッキのようなスパイス。奥にはエステリーで洋梨の果肉を思わせる品のいい果実香があり、熟成を感じる。

味:モルティーな甘みとプレーンな熟成感。存在感のある麦感は麦芽糖、おこし、じわじわと麦芽の芯の白い部分。余韻はピリピリとした刺激、ほろ苦い内陸のピーティーさを伴ってドライなフィニッシュが長く続く。

まさにモルトウイスキー。ラベルの通り麦の酒である。ピートのアクセントがまた良い。加水すると麦系の甘みが香味に引き出され、口当たりもよりマイルドでクリーミーさからウッディな余韻へ。


ディアジオから当時1〜2年毎にリリースされていたオードのリミテッド。他には25年、30年があったような。
この時期のオフィシャルラインナップに採用されていたラベルがわりとも言える麦の穂が、まさに名は体を表すと言える香味との一貫性がポイント。オードに求める個性、あるいはハウススタイルを体現しているようなボトルです。

一般的に樽による熟成は、香味のまろやかさが得られる一方で、樽感が強くなりすぎて、酒質由来の個性を邪魔してしまうことが多くあります。
それがこのボトルではあくまで引き立て役、感じられるのは熟成したモルティーさと角の取れたピートフレーバー。また複数樽バッティングであることも、香味の奥行きに繋がってるように感じます。
レアモルトといいスペシャルリリースといい、ディアジオさんはホント、こういうリフィルカスクを使った仕事が得意ですよね。

この一連のオードのリミテッドは2012〜3年くらいまでは市場でよく見かけましたし、BARやイベントなどでもだいぶ飲みましたが、ボトラーズ1960〜70年代の原酒が枯渇し始めると、その代替となってか徐々に姿を消していき。。。近年ではオードの長期熟成そのものが見なくなってしまいました。
最近リリースされた中で近いベクトルのボトルだと、ダルユーイン34とかですが、これも例によって良い値段。
樽感の強いモルトは今も多数ありますが、プレーンな樽感で酒質ベースの熟成香味は、今後ますます貴重になって行くように思います。

ブローラ 25年 1975-2001 プロヴェナンス 43%

カテゴリ:
BRORA
PROVENANCE
Aged 25 years
Distilled 1975
Bottled 2001
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ややセメダイン系の刺激があるが、酸味のあるピート香、香ばしい麦芽、オレンジやグレープフルーツの皮を思わせる柑橘感。バーボンオークのバニラの甘みを伴うウッディさ。

味:コクのある口当たり。しっかりとピーティーで、ほろ苦く焦げたようなピートフレーバーから、蜂蜜レモン、ドライアップル、魚介、じわじわ乾いた麦芽風味とホワイトペッパー。
余韻はややドライ、おしろい系の麦芽風味の甘みとピーティーさ。張り付くような塩気、スモーキーフレーバーが長く続く。

独特の酸味を伴うピーティーさがブローラらしさ。樽はリフィルバーボン系で、ディアジオスペシャルリリース系統の酒質ベースの味わい。加水で香味とも飲みやすく仕上がっているが、余韻にかけてはややピート系のフレーバーが浮ついて感じられる部分も。単純に飲みやすく、個性があって美味しいモルトに仕上がっている。


今回のモルトの蒸留年である1975年は、"ブローラ"が個別の蒸留所として整理された年にあたります。
ブローラはクライヌリッシュの古い蒸留設備であることは広く知られていますが、ブローラという蒸留所名がつけられるまで、新クライヌリッシュの稼動から約8年の空白があるんですよね。
今日はちょうどその時期のモルトの紹介でもあるので、1975年のブローラ誕生まで、"代替用の蒸留所"としての経緯に触れていきます。
brora
image

現在のクライヌリッシュ蒸留所が稼働したのが1967年。これを受けて、"後のブローラにあたる古い設備"は一旦操業を休止します。
しかし翌年、当時DCL傘下だったグレンギリーが閉鎖(のちにモリソングループが買収)され、グレンギリーで作られていたブレンド用のピーティーな原酒を代替する目的で1969年に再稼働。
また、1972年にはカリラ蒸留所の大規模拡張工事が開始され、カリラでの蒸留が約2年間ストップ。その期間中のピーテッドモルトの生産も役割となり、名も無き古い蒸留棟は、クライヌリッシュBとして代替目的での稼働が続いていたようです。

そしてカリラが再稼働した翌年の1975年。DCLはこの古い蒸留設備を"ブローラ"と名づけます
この時点でカリラの生産能力が大幅に強化されていたため、原酒の代替が必要だったというより、クライヌリッシュとはキャラクターが違いすぎるし、かといって休ませとくのももったいないし、雇用の問題もある。。。なら業界が好調なうちは。。。当時を推察すると、おおよそこんな感じでしょうか。
実際、ブローラのキャラクターはウイスキーの不況が始まる1980年代にはピーティーさを弱め、クライヌリッシュに近いスタイルへ原点回帰していくこととなります。

サイトによっては、グレンギリー休止からカリラの工事が終わるまでの期間を、ヘビーピート時代とする見解をまとめるケースも見られます。
ただ、味わいで見ると1970年代はしっかりピートのニュアンスを感じる原酒づくりが続いており、今回の1本も同様。加水のマイナスを加味しても十分ピーティーな味わいで、酒質に対してピートが残り過ぎているようにも感じるほどです。

調べる限り、ブローラの原酒がその稼働中にリリースされたことはなく。大手グループ傘下の蒸留所ゆえ、個別のキャラクターが評価される前に、その方針に大きな影響を受けて姿を消したと言えます。ですが成長した先にあったその味わいは、現代のウイスキー愛好家の中で大きな価値を持っています。
2020年に再稼動するとされる新しいブローラは、ただのブレンド用蒸留所ではなく、蒸留所単体としてのストーリーを紡ぐことが出来るのでしょうか。 

このページのトップヘ

見出し画像
×