タグ

タグ:ハイランド

バルブレア 19年 1997−2016 ウイスキーフープ 58.6%

カテゴリ:
BALBLAIR
THE WHISKY HOOP
Distilled 1997
Bottled 2016
Cask type Bourbon #1111
700ml 58.6%

グラス:スニフタースピリッツ
場所:BAR飲み@Nadurra
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなオーキーさ、干草を思わせる乾いたウッディネス、心地よくドライ。スワリングするとクッキーやバニラの甘さ、麦芽香が開いてくる勢いのあるアロマ。

味:ドライな口当たり、ハイプルーフらしくツンとした刺激があるが徐々にコクのある甘みが舌を包む。薄めた蜂蜜、ナッツ、洋梨を思わせる甘みと麦芽風味。
余韻はスパイシーな刺激を伴うドライなオークフレーバー、華やかなフィニッシュ。

バーボン樽を思わせる華やかで強い樽感、アメリカンオークの良さがしっかりと出ている奇をてらわない構成。そこに酒質由来の麦芽風味が合わさってバランスの良い仕上がり。少量加水すると麦芽の香味が開き、洋梨の果実味、更に整った味わいに仕上がる。


先日ナデューラさんで飲んだ時のこと、「バックバーにあるフープでオススメってどれっすか」という話から、チョイス頂いたのがこのバルブレア。コクのある麦芽風味と白系の果実香、スタンダードなハイランドモルトの一つと言える蒸留所で、特に長熟モノを中心に人気が高いモルトです。

素性の良い酒質であるため、短熟もそれなりに飲めますが、若いうちはスパイシーで勢いのあるボトルが多いのも特徴。対して長期熟成のものには樽負けしない酒質が際立って、素晴らしい一体感を感じさせるボトルが出てくる訳ですが、今回のボトルは約20年熟成でミドルエイジに入ったあたり。酒質の部分は勢いを残しつつ、樽由来の強い香味が味わえる、バーボン樽熟成でのピークと言える仕上がりです。

バルブレアは基本的にはブレンド向けの原酒でしたが、1996年にアライド社からインヴァーハウス社に所有が移って以降、熟成年数ではなく熟成がピークとなった時期ごとにシングルカスクのモルトが展開されるようになりました。ボトラーズはGM経由が中心でしたが最近はリリースが控えめに。。。


以下、少々脱線。
ウイスキーのテイスティングスキルを向上させたいなら、まず飲むべきはシングルカスクのウイスキーだと思っています。
このアプローチは様々にありますが、自分の考え方として、ウイスキーのフレーバーを構成する主な要素の一つが樽である以上、これがオフィシャルシングルモルトやブレンデッドにある複数種類混じったタイプでは「なんだか混じっている大きな味わい」という感覚になってしまい、特徴は掴みづらくなると。
例えば、初めてオーケストラに行って、「あの楽器の音が良かったよね」と聞かれても、印象に残っていなかったり、聞き分けることが困難であったりするのと同じです。

なので、最初は混じりっけない単一のものを飲んで、次は同じ種類の樽のカスクストレングスと加水版を比較してみる。そして様々な蒸留所の経験を自分の中でプロットしていくと、"樽由来の香味"に焦点が合いやすくなり、通常のオフィシャルボトルやブレンデッドウイスキーを飲んだ時に、今までと異なる情報を得られるようになるのです。

長くなりましたが、そうした経験を積む為のシングルカスクウイスキーは、ボトラーズリリースが中心となります。
近年、世界的なウイスキーブームから、良質なカスク、ボトルの確保は熾烈を極め、特に資金力のある国の勢力拡大が目立ちつつあります。
ウイスキーフープはそのボトラーズにあって、数少ない日本の組織。オフィシャル保有の原酒を含め、幅広い蒸留所から買い付けるウイスキーフープの活動は、ウイスキーの理解促進という意味も含め、単に良質なウイスキーの提供という枠を超えた、ウイスキー業界にとって重要なものと言えます。
ウイスキーに興味を持ち始めた方は、是非BARでフープのリリースを含めたシングルカスクリリースを飲んで、経験を積んでみてほしいですね。

ロイヤルブラックラ 16年 1980年代流通 57% ゼニスインポート

カテゴリ:
ROYAL BRACKLA
Years 16 Old
Pure highland malt whisky
1970-1980's Zenith Import
750ml 57%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:BAR飲み@サンドリエ
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:おしろい系の麦芽香から、カステラや古酒感のあるオーク、林檎のコンポートの品のいい甘みを感じる。厚みがしっかりあり、ボリュームのあるアロマだが、ドライでアルコールのアタックも伴う。

味:アタックはパワフルでコシのある麦芽風味、蜂蜜、ほのかのアプリコットや白ぶどうを思わせる果実味も感じる。
徐々にスパイシーでピリッとしたホワイトペッパー、ドライでハイトーンなウッディさと、それを包み込むような麦芽風味が長く続く。

プレーンな構成だが、酒質由来の香味が強く飲みごたえのある1杯。ストレートでも充分特徴は拾えるが、加水すると柔らかい麦芽風味がさらに広がり、コクも感じやすい。純粋に麦の味わいを満喫出来る美味いウイスキー。


ロイヤルの名を持つ3蒸留所のうちの一つにして、デュワーズの構成原酒である蒸留所。現在はラストグレートモルトとしてオフィシャルボトルが複数リリースされていますが、そのオールドボトルの代表格と言える一本が、ゼニス向けのロイヤルブラックラ16年ハイプルーフです。

このボトルの素晴らしさは、なんといっても飾らないハイランドらしいモルティーさを堪能出来ること。
使われた原酒の時代的には、ロイヤルブラックラが大規模な改修工事を行う1965年よりも前あたり。この工事によって蒸留方式が直火から間接加熱方式に変更されているなど、蒸留所として大きな変更があったわけですが、仕込みに使われる麦芽品種も当時はゼファー種真っ只中の時代です。

70年代後半から1985年の閉鎖前、あるいは再稼働後の近年の酒質の方向性は、ハイランド的なそれで大きく違わないように感じるものの、当然コクと麦芽風味の強さは時代ごとに異なり、やはりこの時代の原酒のそれは得難い香味が備わっています。
また、度数的にリリース当時はもっとパワフルで力強かったと思いますが、30年を越える瓶内変化で落ち着いてきて飲み頃になってきているのではないかと。
過去何度か飲んでいるボトルで、久しぶりのテイスティングでしたが、いい状態のものを頂けて大満足です。


余談ですが、ロイヤルブラックラ、ロイヤルロッホナガー、そしてグレンユーリーロイヤルの認可3蒸留所は、今にしてその酒質を考えると、多少差はあれどプレーンで癖が少なく、スモーキーさもあまり強くない、良く言えば上品なモルティーさという特徴が共通して感じられます。
これらの蒸留所がロイヤルの名を冠した背景は、酒質が評価されたというより、それぞれ別な理由があって偶然ではあるのですが、当時のブレンデッドウイスキーが求めていた原酒の傾向も少なからず影響しているのではないかとも思うのです。

グレンモーレンジ 21年 1977リミテッドボトリング 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Vintage Malt Scotch Whisky
Aged 21 years
Distilled 1977
Bottled 1998-1999
700ml 43%

グラス:スピリッツスニフター
場所:BAR飲み@Nadurra
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ちとほのかにひねたような古酒感。干草、オレンジのワタ、おしろい系の麦芽香、奥からフローラルなニュアンスも感じられる。

味:スムーズな口当たり、心地よくドライな麦芽風味と合わせてパフュームライクなフレーバーが広がる。
オレンジを思わせる鼻抜け、薄めた蜂蜜、ビターな麦芽風味やナッツ、心地よいウッディさとスパイスの刺激。染み込むような余韻。

主体は麦芽風味、樽感もほろ苦く心地よい、リフィルのアメリカンオークと思われる要素が感じられる。しかしそこに影のようにパフューム系のニュアンスがあり、あと一歩で完全にフローラルパフュームサイドに落ちるような危ういバランス感。少量加水しても崩れることはないが、終末時計の針は確実に進む。


グレンモーレンジは今も充分美味しい蒸留所ですが、古いものはもっと美味しい。結構期待していたボトルだったのですが、予想外の味わいに衝撃を受け、そして冷静に考えて時系列的にありえる香味に納得する、そんな1杯だったのがこちらのグレンモーレンジ1977です。
何がというと、味わいの奥にあるパフューミーさ。これはグレンモーレンジに感じやすいおしろいやお粥のような麦芽風味とも違う石鹸系統のフレーバーで、ガチのパフュームが芽吹く寸前という感じなのです。

グレンモーレンジで石鹸系のパフュームを感じるのはこれが初めてではなく、2000年代に流通していた18年はほんのりとそのニュアンスを感じたことがありましたし、ロットによっては結構強いものがあるようです。
つまるところ、1980〜1990年前後に蒸留された原酒に危険なロットがあると考えられ、この1977もまたなるほどという印象。一方で、同じ蒸留時期の10年にそのニュアンスを感じたことはなく。ひょっとすると、上記の麦芽風味が樽やボトルの中で時間を置くと、変質しやすいのではないかとも推察しています。

(グレンモーレンジ蒸留所のトレードマークとも言える、細く背の高いポットスチル。現行品の10年を飲むと、爽やかでライトな香味がこのスチルの形状とぴったりマッチする。Photo by T.Ishihara)

今回のボトルは、そうしたニュアンスを除くとドライでやや硬い印象を持つ樽感は、シェリー系というよりはバーボンバレル、ホグスヘッドの構成。そこに蒸留時期相当の濃い麦芽風味が感じられる、開くのに多少時間はかかるものの、らしさを感じられるボトルだったのではないかとも感じます。

それがなぜ時間とともに変化したのか。加水か、熱か、何が原因かは不明ながら、いずれにせよ今回のボトルはその変化がギリギリのところで止まっており、まさに終末が訪れる寸前というところ。逆に危ういバランスを楽しむことができました。比較的流通していたボトルなので、ストックを持っている方は多いかもしれませんが、早めに開封して飲んでしまうのも一案です。
もし、ソーピーなフレーバーに苦手意識があるならば・・・。

ティーニニック 17年 1999-2017 スペシャルリリース 55.9% 200周年記念

カテゴリ:
TEANINICH
Limited Release 
Aged 17 years
Distilled 1999
Bottled 2017
Cask type Refill American Oak Hogshead & American Standard Barrel (ex-sherry?)
700ml 55.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎ立ては若干紙っぽさを感じるが、すぐにカスタードを思わせるオーキーな甘みと微かにニッキを思わせるスパイシーさ。徐々にドライアップルや砂糖をまぶしたレモンピール、柑橘系のアクセントも感じられる。

味:ゆるく若干青みがかったクリーミーさを感じる口当たり。りんごのコンポート、蜂蜜、ほのかにマロングラッセのようなオーキーなニュアンス。
余韻はドライで乾いたウッディネス。ヒリヒリとした刺激、スパイシーで長く続く。

香り立ちと口当たりは最初に柔らかさがあるものの、ディアジオらしいクリアでハイトーンな香味でまとめられている。所謂レアモルト系統なのだが、年数の割に柔らかさがあるのは近年の酒質か、あるいは樽使いによるものか。


スペシャルリリースとしては初のボトリングとなるティーニニック。このボトルが現地でリリースされた2017年は、同蒸留所の創業200周年で、記念ボトルとしての位置付けもあったようです。
ティーニニックはその原酒のほとんどがジョニーウォーカーなどのブレンド向けであるため、オフィシャル扱いのボトルは花と動物やレアモルトシリーズくらい。しかし蒸留所の個性はコアな愛好家を中心に評価されているだけでなく、上記記念ボトルという需要もあって、昨年から並行品が日本にも入ってきていました。(そのため、他のスペシャルリリースと比べても、正規が遅かったという印象は否めません。)

ティーニニックの歴史を紐解くと、1970年から蒸留所の改修、設備の増築が行われ、改修された古い設備と増築した新しい設備を同時に稼働させる方法で増産が行われていました。これは同じDCL傘下の蒸留所のリンクウッドでも見られる方式ですが、古い設備は1984年に、新しい方も1985年に生産を休止。その後新体制となったUDV(旧DCL)が新しい設備のみを1991年に再稼働させて今日に至っています。
なお、閉鎖したままだった古い方の設備の撤去が決定した(あるいは撤去された)のは1999年とのこと。丁度200周年記念リリースの蒸留年と同じ年というのは、偶然にしても関連する何かを感じてしまいます。

なんだか背景情報が長くなってしまいました。
ティーニニックの酒質は、シナモンなどのスパイシーさが特徴とされ、特に自分が飲んだ中で1970年代のそれは、しっかりとスパイスの香味が感じられたという印象があります。近年のボトルはというと、あまり飲めてないので語れるほど経験はないですが、今回のそれははっきりとというほどではなくアクセント程度。
しかしディアジオらしくリフィル系の樽でじっくり熟成された、樽感がそこまで強くない構成でもあり、個性を整理しやすい作りだと思います。

ところで、今回のスペシャルリリースには、「?」と感じる表記がいくつかあります。
このティーニニックでは「アメリカンスタンダードバレル(ASB)」なる聞き慣れない樽が登場。要するのバーボンバレル?と考えるも、海外ショップなどの登録情報では、この樽構成はリフィルアメリカンホグスヘッドとシェリーバットだというのです。
シェリーバットとすれば間違いなく3回目くらいのプレーン寄りの樽で、香味的にも納得出来るワケですが。。。でもバレル表記だしなあ。
なんだかスッキリしないオチになってしまいました。

トマーティン ファイブ ヴァーチューズ ウッド 46% ブラインドテイスティング

カテゴリ:
TOMATIN
FIVE VIRTUES SERIES
"WOOD"
Selected Oak Casks
700ml 46%

【ブラインドテイスティング】
蒸留所:ー(絞り切れず)
地域:ハイランド
年数:10〜15年程度
樽:新樽及び異なる樽材
度数:46%
仕様:オフィシャル加水、複数樽

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅@サンプルT野さん
暫定評価:★★★★★(5)

香り:酸味を伴う若いモルティーさと強い木香。バニラを思わせる濃い甘み、樹液やほのかにゴムっぽいニュアンス。 時間経過で香木、洋梨を思わせるアロマが感じられる。

味:クリーミーで柔らかい口当たり、強い樽感、ホワイトオークのバニラ、蒸した栗、鼻腔に抜けていくような木香がメイン。洋梨のようなフルーティーさもあるが、合わせて酒質の若さが刺々しい刺激を感じさせる。
徐々に樽由来のえぐみ、ウッディネス。苦味と共にスパイシーなフィニッシュ。

樽感は原酒の若さに対し、強く溶け出ている印象。 所謂樽と加水で若さを押さえつけたようなタイプ。また樽の種類というより樽材の種類だろうか、新樽と思しき強い香味の裏に、単一ではない異なるニュアンスのものが複数種類混じっている。
結果、酒質そのものはハイランドタイプだが、ハウススタイルに該当しないため絞り込めない。限定品あるいは熟成場所が違うのか、日本のクラフトがリリースしそうな構成でもある。 

ウイスキー仲間のT野さんからのブラインド出題。
トマーティン・ファイブ・ヴァーチューズシリーズは、人間に文明をもたらしたとされる5大元素、木、火、水、金属、土のそれぞれと、トマーティンにおけるウイスキーづくりとの繋がりをテーマにしたシリーズです。

自然界や神話などとのコラボレーションリリースはこれまでも数多くあったところですが、また大きくでたな〜と感じさせるには十分すぎるPR。その5本の中で今回テイスティングしたウッドは、シリーズの起点に位置付けられ、このボトルから火(リチャー)、土(ピート)、金属(蒸留器)、水(仕込み水)と順次リリースされていく、同シリーズの旅が始まります。※2018年4月でシリーズの5作品は全て発売済みです。

参考(国分プレスリリース 2017年4月19日):http://www.kokubu.co.jp/news/file/download/2440

本ボトルは"木"の位置付けそのものを見るような、3種類のオーク材からそれぞれ作られた樽を用いた、特徴的な原酒をバッティングしています。その原酒構成は以下の通り。
・1999年蒸留 ハンガリアンオーク樽 10%
・2006年蒸留 アメリカンオーク樽 20%
・2006年蒸留 フレンチオーク樽 70%

これらの樽が新樽か否かは、国内外どのサイトにも情報がないものの、少なくとも構成の大半を占めるフレンチオークはチャーを行なっていない新樽ではないかと推測。柑橘系のニュアンスが出るバーボンオークとは異なる濃い木香に加え、後付けしたような粘性を伴う甘い香味が感じられます。
またテイスティングで感じたその他の要素についても、熟成年数、度数共にほぼ印象通りでした。

それだけに、ここまで絞れて蒸留所やボトルにたどり着けないのが非常に悔しい。。。
無理やり書くなら、この手の意欲作がありそうな筆頭はモーレンジ。しかしこんな樽感や若さのあるボトルはなかったですし、若く刺激のあるニュートラルな酒質とフレンチオーク系の組み合わせは、リベットという可能性も感じましたが、ここまで意欲的なリリースは例がない。
ということで蒸留所は絞り切れず、回答無しとしてしまいました。なんでしょうこの相手が勝負してきたのに、四球で逃げてしまったような消化不良感。。。(汗)

ちなみに、ストレートで飲むには特徴的で樽の強いこのボトル。持ち主のT野さんオススメの飲み方であるハイボールにすると、バランスが取れて若さも気にならない、ふわりと香るオークと蒸し栗のような甘みで中々楽しめる1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×