タグ

タグ:ハイランド

ウルフバーン 4年 ジャパン・エクスクルーシヴ3 50%

カテゴリ:
IMG_20190605_211839
WOLF BURN 
JAPAN EXCLUSIVE 3 
Aged 4 years 
Cask type Oloroso Sherry 
700ml 50% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:自宅@サンプル
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:湿ったようなウッディネス、チョコレートやブルーベリーのクリームを思わせる甘さに加え、黒砂糖、ほうじ茶のような渋さを伴う。微かに発酵したような酸も感じられるが、総じてスウィートでリッチなアロマ。

味:スウィートでマイルドな口当たり。香り同様にクリームのような甘味に、ドライプルーン、チョコウェハース、奥行きはやや浅くあるが濃厚な味わい。徐々にウッディでドライ。角のとれたタンニンと、シーズニング由来のしっとりとした甘味が長く続く。

「ど」シーズニング味だが、酒質の癖の少なさと50%加水仕様がプラスに作用して熟成年数程の若さが目立たない。奥行きや香味の変化には若さが多少顔を出すものの、比較的きれいにまとまっている。この仕上り全体が、ウルフバーンらしさの形といえるだろう。一方で加水すると樽感が薄くなり、良い点が崩れがち。ストレートでもマイルドな口当たりであり、そのまま楽しみたい。

IMG_20190606_005140

ウルフバーン蒸留所が、スコッチモルト販売を通じて、1年に1度リリースしているJAPAN EXCLUSIVEシリーズ。その第3弾が先日リリースされました。
過去2作に加え、これまでのウルフバーンのリリースは酒質の可能性を味わうような樽感の淡いタイプが中心であったところ。今回のリリースは方向性が180度異なる、しっかりシェリー樽の効いた圧殺系。予想外のリリースに、サンプル飲む?と聞かれてホイホイ承諾してしまったのであります。

ウルフバーンは2013年に創業したばかりであり、10年を越える原酒を持たない小規模な蒸留所です。
現在の原酒は、プルトニーやクライヌリッシュなど、他の北ハイランドの蒸留所に比べても素直で癖の少ないタイプ。若さは多少残りますが、3年少々の熟成でそれなりに仕上がるような早熟タイプの酒質であり、これは近年のクラフトジャパニーズ等でも見られる傾向です。
(初期は早めに出せるような原酒を仕込んでいたようですが、近年ではスピリッツの個性が光るような原酒をと、ノンピート原酒以外に10ppmのライトピーテッド麦芽を使った仕込みも行っているようで、まだハウススタイルを模索しているとも言えます。)

飲んでみると、テイスティングの通り素直な酒質が樽感を邪魔しないため、短熟圧殺仕上げも悪くないと言えるリッチな味わい。樽味と言われればそうですが、それを邪魔しないこともまた蒸留所の個性です。
現在の系統としてはカヴァラン・ソリストに近いような印象を受けました。

d380b26c

わずか4年という短期間でこれだけの樽感。なんのマジックかという声もありそうですが、恐らく使われたのはオロロソシェリーの1st fillシーズニング・ホグスヘッド樽、それも250リットルと、バットからの組み直しホグスヘッドよりも小さいサイズと推察します。
また、樽に残っていたシェリーそのものの香味もアクセントになっているのでしょう。
以前ウイスキー仲間が所有している、アランの同じ樽の熟成サンプル(上)を飲ませてもらいましたが、5年程度で今回と同じような色合い、近いフレーバーが付与されていました。

そういう意味で、このボトルは特別な魔法が使われたわけではなく、純粋に樽のスペックに由来するものですが、特別なのはこうした原酒を日本向けの限定品とした、蒸留所とスコッチモルト販売さんの繋がりにあると思います。
ウルフバーンは、つい先日も会員制のファンクラブをオープンさせたりと、積極的なプロモーションを行っているだけでなく、今回のリリースにあたっても、払い出した原酒の濃厚な色合いに感動したスタッフが、わざわざ写真をメールで送ってくるというエピソードがあったり、作り手と販売側の良好な関係があればこそだと思うのです。

近年、濃厚なシェリー樽熟成ウイスキーが高騰し、手頃なものも減っているのは周知のことと思います。今回のリリースは市場のニーズを満たしつつ、ウルフバーンの新しい可能性が見えた1本でもありました。

オーバン 18年 リミテッドエディション 43% アメリカ市場向け

カテゴリ:
IMG_20190522_104821
OBAN 
AGED 18 YEARS 
LIMITED EDITON 
For US Market 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたてはドライでダンボールのような紙系のアロマを感じるが、スワリングしているとバニラ、オールブランのような甘みと香ばしさ、プレーンなウッディさと微かに塩気。奥には色の濃い蜂蜜や、洋梨のようなフルーティーさも潜んでおり時間経過で開いてくる。

味:マイルドでメローな口当たり。香り同様にオールブランや籾殻、オレンジママレードのようなほろ苦さと軽い植物感。余韻にかけて塩気とピート、微かにホワイトペッパーの刺激。染み込むようなスモーキーさとウッディなニュアンスを伴い長く続く。

オフィシャル14年の延長線上にある味わい。少量加水すると紙っぽさがなくなり、アーモンドや麦系のほろ苦さ、蜂蜜っぽい甘みが、ピート香を主体に柔らかく薫る
こんなに多彩だったの?というくらい、香味の奥から開く果実感やピートの多層感。ポテンシャルの高さが伺える。ハイボールやロックも悪くなかったが、ストレートで1ショットじっくり楽しむことを推奨したい。

IMG_20190525_110055

アメリカ市場向けにリリースされたオーバンのリミテッド。750mlの米国規格でちょっとお得感アリ(笑)。
7700本限定であるため瞬殺されていてもおかしくないと思っていましたが、オーバンという地味どころかつ加水仕様だったためか普通に購入出来、友人が旅行した際のお土産がわりに飲ませてもらいました。
調べてみると、アメリカ市場向けにはこれ以外にも複数回オーバン18年がリミテッドリリースされているようです。

地味とは書きましたが、オーバン蒸留所は個人的に気に入っている蒸留所のひとつ。麦とピート、そして微かな塩気・・・華やかでフルーティーなモーレンジ等とは正反対ですが、この地味さが良いのです。
スコッチじゃないと出ない味のひとつとも言えますね。
そして今回のリリースは、全体的な構成はオーバンのハウススタイルかつ、スタンダードボトルである14年の延長線上にある構成。一言でスタンダードとの違いを表現すると「熟成感しっかり増し」です。

リミテッドリリースだとシェリー系圧殺だったりすることも多いですが、セカンド、サードフィル辺りの樽を上手く使う、ディアジオらしい酒質を活かす造りで、熟成感のなかに蒸留所の個性を味わえる仕上がり。
しかし注ぎたては、樽とピートと酒質と色々混じって偶発的にか、トップノートにダンボールのような癖を感じる。内輪の表現を使えば、紙警察出動で逮捕案件という位置付けでした。
それこそ開封直後を10mlくらい飲んだ時は、どうするよこれって感じでしたね。

しかしその後じっくり事情聴取してみると、時間経過で表情が変わってどんどん良さが出てくる。特に香りに熟した洋梨等のフルーツ香が混じり、オールブランのようなほろ苦さとピートのスモーキーさ、オーバンらしさをベースに多彩なアロマが開いてくる。
なんとも”いぶし銀”なウイスキーだったのです。
おそらく、イベントで少量舐めるくらいだとこの良さには気づけなかったでしょう。
どこの空港でも売ってるようなチョコレートなんかより、遥かに素晴らしいお土産になりました!

カーデュー 8年 1960年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190414_163857
CARDHU 
Aged 8 years 
Highland malt whisky 
1960's 
750ml 43% (26 2/3FL.OZS 75Proof) 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライで乾いた麦芽と微かにハーブのニュアンスを伴う香り立ち。合わせて存在感のある古典的なピートスモークと、カステラの茶色い部分やオレンジママレードを思わせる落ち着いた甘みが開いてくる。

味:香り同様にややドライだが、しっかりとメローでオールブラン、麦チョコなど甘みとともに乾いた麦感、奥にはオランジェット、リンゴのカラメル煮、色濃く味つけた果実の風味がある。余韻は若干ひりつくような刺激もあるが、古典的なピートフレーバーが染み込むように長く続く。

オーソドックスに麦とピートという古典的なモルトの味わい。そこに果実のアクセント、カラメルソースのような甘み。ベースの厚みを感じる一方、香味とも多少ドライな刺激が経年で変化した若さの名残なのだろう。それにしても8年熟成とは思えない。

IMG_20190414_164021
IMG_20190414_164054

ジョニーウォーカーのキーモルトとされているカーデュー。しかし現行品を飲んでも、ジョニ赤に使われているかな?程度でピンと来るところが少ない印象。
ところが、オフィシャルは古い時代のものであればあるほど、カーデューとジョニーウォーカーに繋がりのあるフレーバーが増えて来て、特にこの1960年代流通品は共通する味わいが特に多い、当たり前の話ですがキーモルトとしての繋がりを実感できます。

ただ1960年代のボトルについては、付属する冊子(上写真)に書かれているように、出荷が1ロット6000本という少量生産を1年間のなかで複数作っていた模様。酒質と個性が強かった時代ゆえ、各ロットによって香味差が大きかったようにも感じられます。
というのもこれまで4種類ほど、同時期流通のカーデュー8年を飲んでいますが、今回飲んだものは比較的ドライな構成。以前飲んだものはピートが強め、逆にとろりとしたブラウンシュガーのような。。。それこそ昔のジョニーウォーカーにあるモルティーさそのものというロットもあり。経年変化だけでは説明できない、ベクトルは同じでもそれぞれ仕上がりが異なっていたことが伺えます。

これも時代ですね。この個体差をそぎ落とした結果が、今ということなのでしょう。洗練されて統一的な味わいが得たものもで、失ったものは田舎臭くもある地酒的な個性。。。そして今の世代はその個性と量産出来るレベルを両立しようと、様々な取り組みを行っていると言ったところでしょうか。

グレンフィディックなど、かつて(と言っても20年くらい前)の味わいを取り戻した蒸留所もあり、近年スコッチウイスキー業界の製造現場でも温故知新の動きがあると聞きます。
このレベルまでとは言わないものの、ゆくゆくは1980年代くらいまではカーデューも復活してくれるだろうか。そう考えると、10年後のスコッチウイスキーも案外楽しみになってくるのです。

クライヌリッシュ 蒸留所限定 2018年詰め 48%

カテゴリ:
IMG_20190426_222716
CLYNELISH 
DISTILLERY EXCLUSIVE BOTTLING 
Cask type Ex-Bourbon 
2018's 
700ml 48% 

グラス:
場所:BAR Fingal
時期:不明
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーで華やか、合わせてワクシーさのしっかりある香り立ち。バニラやおしろいの甘いアロマ、すりおろし林檎、微かに黄色い柑橘のアクセント。

味:香り同様にオーキー、オイリーな口当たりから麦感厚く、骨格がしっかりしていてアタックもほどよい、口内をホワイトペッパーが刺激する。
余韻にかけてグレープフルーツなどの柑橘のニュアンス、ウッディでほどよくドライ、長く続く。

蒸留所の特徴がしっかり出たウイスキー。加水だが適度に酒質のパワーが残っており、それがアメリカンオークの樽感と合わさって素直に旨いモルト。バーボン樽との相性が良いのだろう。蒸留所限定品としての特別感もある。


クライヌリッシュ蒸留所で販売されている限定品。以前は同じバーボン樽熟成で57.3%のカスクストレングス仕様でしたが、2018年頃に加水仕様へリニューアルしたようです。
加水に変更されたことで少々残念な印象を持つかもしれませんが、加水は加水で良さがあります。

熟成年数はオフィシャル現行品の14年と同じくらいだと感じますが、完成度の高さは現行品と比べて頭一つ抜けている。樽がバーボン樽で構成されていることが、酒質と馴染みの良いフルーティーさに繋がっているだけでなく、酒質由来の香味も分かりやすい構成です。
そして加水されていることで、それらがまとまり、全体的なレベルの高さに繋がっているものと感じます。

IMG_20190426_223227

中身以外でもう一つ変更されたのが、ラベルデザイン。
以前のカスクストレングス仕様はオフシャル14年に近いものでしたが、写真のようにラベル下部に山猫のイラストが大きく書かれています。
クライヌリッシュと言えば山猫。元々野生のものではあるのですが、ラベルのそれを拡大すると結構リアルな感じだったんですね。
このイラスト、なんだか威嚇されているような・・・(笑)。

ただし威嚇されてはいるものの、頭を撫でたら以外とフレンドリーだった。そんな味わい。スコットランドに行く人がいるなら、お土産に買って損のないボトルだと思います。

ベンネヴィス 21年 1996-2018 ウイスキートレイル 45.3% #864

カテゴリ:
IMG_20190409_210717
BEN NEVIS 
WHISKY TRAIL 
Aged 21 years 
Distilled 1996 
Bottled 2018 
Cask type Hogshead #864 
700ml 45.3%

グラス:テイスティンググラス
場所:新宿ウイスキーサロン
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:チーズのような乳酸を思わせる少し発酵したような酸を感じるアロマ、汗っぽいニュアンスも感じるが、時間と共にケミカルさ、パイナップルキャンディを思わせる人工的なフルーティーさも開いてくる。

味:乾いた麦芽とウッディさ、少しオイリーでケミカルな甘みもある。それが余韻にかけてパッションフルーツやパイナップルを思わせる南国系のフルーティーさに代わり、薄皮付きのアーモンドのようなほろ苦く軽めのタンニンを伴うフィニッシュが長く続く。

いわゆるケミカルなフルーティーさが主体のボトルであるが、余韻にかけてただケミカルなだけではない、熟した果実のフェロモンのような南国系トロピカルフルーツを伴う点がポイント。樽の要素、熟成による抜け、そして酒質由来の特徴、これらが混じりあった結果であろうか。加水すると麦芽風味が開き、バニラや粥のような甘みを伴う。


エリクサーディスティラーズリリースのベンネヴィス21年。フルーティー路線で安定したリリースの多い印象がある1996年のベンネヴィスですが、このボトルについても香りはいかにも、味もいかにも、というベンネヴィスらしい構成です。
ただしそのフルーティーさに、余韻にかけて往年のトロピカルフレーバーを含むニュアンスが備わっていて実に好ましい。この要素だけで、思わずワンランク高い評価をつけてしまいたくなります。

ベンネヴィスからは1996年蒸留に加え、その前後の蒸留時期のものが数多くリリースされてきましたが、ここまではっきりとしたトロピカル系のニュアンスが備わったボトルはあまりなく、大多数はアイリッシュウイスキーを思わせるようなケミカルなタイプが主流です。

1960年代、70年代と酒質が安定せず、良いものも希にありますが、個性の乏しいものも少なくない。それが1986年に設備を改修し、時系列的には休止を挟んでその後1989年にニッカが買収しているのですが、1990年代からこの手のキャラクターが強くなってくることを考えると、設備の改修が蒸留所として持っていたポテンシャルを引き出したのかもしれません。

今回のリリースについては、同じ時期に樽違いの47.5% #869  (下図ラベル)が発売されており、聞くところでは同様のキャラクターを備えている模様。どこかで試してみたいです。

IMG_20190425_094424
(それにしてもこのシリーズのラベルはファンタジー要素で溢れている。ウイスキー要素とは一切関係ないのだがw)

このページのトップヘ

見出し画像
×