タグ

タグ:ニッカ

ニッカ コーンベース 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190607_221116
NIKKA WHISKY 
CORN BASE
(Aged over 8 years)
1980's
500ml 43%

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライで溶剤っぽさを伴う香り立ち。スワリングでメロー、メープルシロップの艶やかさとパウンドケーキを思わせる穏やかな甘さ。微かにポプリのようなフローラルな要素も伴う。

味:スムーズでメロー、そしてウッディでドライな口当たり。オレンジジャムのような粘性、薄めたメープルシロップ、徐々に焦げた木材のビターなフレーバー。
余韻はウッディでドライで干し草、ビターで長く続く。

要するにバーボン。穀物由来のメローな甘味が強く、そこに柑橘系のニュアンスやビターなウッディネスも備わっている。セメダイン系の刺激もノージングで比較的感じられるため、好みを分けるかもしれないが、当時のバーボンとして飲むならこれはこれで面白い。

IMG_20190620_201639

1987年、バーボンウイスキーブームが起こっていた日本市場にニッカが投入したアメリカンウイスキータイプの風味を持った2種類のリリース。コーンを主原料とした原酒のコーンベース、そしてライ麦を主原料とした原酒のライベース。
上記箱裏の説明文を読むと何となく伝わってきますが、ようするに・・・このコーンベースは、アメリカから買い付けた8年熟成以上のアメリカンウイスキー原酒を使ってリリースしたと推察されるものです。(※ライベースは"カナダの"表記。)

文章をどこで切るかによって、意味が異なる書きぶりに確信犯的なものを感じますが、きっと当時の消費者のほとんどは、なんの疑問もなく「日本でアメリカ産の原料を使って作ったウイスキー」と認識したのではないでしょうか。でもニッカにビアスチルなんてありましたっけ?という疑問点はさておき、こういうのも今飲むと中々面白いですね。

詳細なレシピや、日本で蒸留された原酒がどの程度使われているかはわかりませんが、輸入原酒にブレンドされているのは恐らくグレーン。少なくともモルトではないと考えられるメローな香味のバランスです。
これが結構良くできていて、目をつぶって飲んだら間違いなくバーボンだと答えてしまいそうなのです。


仮に輸入原酒を使ったとして、その原酒をニッカはどこから買い付けてきたのか。どの蒸留所のものが使われているのか。
以下は仮説ですが、当時ニッカはギルビー社と技術提携をしており、日本向けギルビー・ジンの生産を行うなど繋がりがあったことは別記事でも触れた通り。
このギルビー社は1972年からグランドメトロポリタン傘下であると共に、アメリカ方面ではNational Distillers社と同様に技術提携をしていました。同社はオールドグランダッドやオールドテイラー、またオールドオーバーホルト等をリリース。ここから推察すると、コーンベースには上記バーボン銘柄と共通する原酒が使われているのでは・・・と予想しています。

ニッカ 竹鶴 21年 ピュアモルト 2000年代前半流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190621_232056
NIKKA WHISKY 
TAKETSURU 
PURE MALT 
Age 21 years 
2003's 
700ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後2ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★★(7)

香り:ナッティーで角のとれた穏やかな樽香に加え、フルーティーな熟成香。リンゴのコンポートや黄桃、熟したグレープフルーツを思わせる多層的な果実香に、キャラメルナッツや微かに松の樹皮。しっとりとピーティーでスモーキーなアクセントが原酒の円熟を感じさせる。

味:マイルドでコクがあり、心地よくドライな口当たり。ナッツの軽い香ばしさとオレンジピールを思わせるほろ苦いフレーバー。粘性のあるオーキーな甘味が、熟した南国の果実のようなフルーティーさに繋がっている。
余韻は柔らかいウッディネスと、香り同様にピーティーなフレーバー染み込むように長く続く。

複雑で多彩、そして華やか。日本的な新樽や活性樽を中心とした印象を受ける強めの要素と蜜のような果実味が、余市や宮城峡の熟成した原酒の存在を感じさせる。ピートフレーバーが少々武骨でもあるが、加水すると熟したグレープフルーツを思わせる柑橘系の要素も。ニッカだからこそ作り出せる味わいの象徴と言える1本。

IMG_20190625_065045

竹鶴21年ピュアモルトは、初代ボトルが独特の角瓶デザイン(以下写真参照)で発売されたのが2001年のこと。その後アサヒビール傘下にニッカウイスキーが入り、2003年にコルク栓で丸瓶という、2000年代のニッカを象徴するデザインとも言える仕様にリニューアルしたのが今回の1本です。

裏ラベルにあるロットナンバーの左3桁は14C、つまり2003年7月の製造ということになりますが、この仕様のボトルが一般に発売されたのが2003年11月であるとメーカー側のコメントが残っていますので、初出荷に向けて製造されていた、まさに初期のロットであると言えます。

93fab8df
(竹鶴21年ピュアモルト、2001年発売の初期ボトル。男性的とされた特徴的なデザインが印象的。レビューはこちら。)

個人的に、竹鶴21年が最も美味しいのが今回の時代、2003年から2008年くらいまでの5年間だと感じています。
初期の頃よりもフレーバーのばらつきが少なく、かつ近年のものよりも厚みやコクというか、全体のスケール感が一回り大きい。華やかでフルーティー、そして仄かにピーティーな同系統のフレーバーはそれぞれの時代に備わっているのですが、全体的な完成度を見ると、この時代が1ランク上という印象です。

リリースから逆算すると、原酒の仕込みは1980年代。洋酒ブームを受けて増産を行っていた時期であり、それらの原酒は1990年代の冬の時代の到来で大量に消費されることなくじっくりと熟成。ニッカに限らず、この時期のジャパニーズリリースにはレベルの高いものが多く、そうした原酒の存在が大きいように感じられます。

ただ、竹鶴の場合原酒の豊富さというだけなら、2001年の初期ボトルでも状況は変わりませんが、先に書いたようにこのボトルのほうが全体のまとまりが良い。アサヒビールという大手資本に入ったことで、マーケティングが安定してユーザーが求める味わいにシフト出来たとか。あるいは、ここに国内調達の原酒や輸入原酒が使われているならば、原酒の手配も安定するようになったのでは・・・などと推察しています。


余談ですが、今やジャパニーズ枠でブレンデッド(モルト含む)ウイスキーの顔とも言える世界的に有名な銘柄となった、竹鶴そして響。
響については、様々な樽由来の要素が十二単のように傘なりあった、多層的なウッディネスを特徴とするブレンドであり、特に21年や30年がまさにその仕上がり。一方、この竹鶴21年を同様のイメージで例えるなら、華やかで艶やかな樽由来の要素はありつつも、厚みのある酒質とピートがどこか武骨で男性的な要素でもある。十二単と男女で対を成すのは束帯ですが、それより男性的な・・・貴族が着用するような鎧兜の印象を感じるのです。

ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ 45%

カテゴリ:
IMG_20190601_174017
BLACK NIKKA 
Deep Blend 
NIGHT CRUISE 
LIMITED Bottled in 2019 
700ml 45% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★(5)

香り:若さを感じさせる酸と刺激のある香り立ち。時間経過でチャーオーク系の濃い樽香。キャラメルのような甘味に、樹皮や炭を思わせる焦げた木材。黒土系のピート、スモーキーなアロマも開いてくる。

味:香りで感じた刺激よりはマイルドで、粘性のある口当たり。香り同様にチャーオークのほろ苦さと甘味、舌に張り付くような濃さのあるフレーバー。キャラメリゼ、焦げたパン、青みがかった柑橘の酸。
余韻はピーティーでスパイシーな刺激、微かな塩気のコクを伴うビターなフィニッシュ。

一言で特徴を言えば、10年くらい前のニッカ製品を思わせる無骨さのあるウイスキー。濃いめのチャーオーク香と、存在感のあるピーティーさ。主たる原酒は多少若く、樽由来の香味の奥から荒らさや刺激も伴うが、少量加水するとオーキーな樽香とピートの裏にモルティーな風味が瞬間的に開く。荒削りだが長く楽しめる作りである。

IMG_20190601_174053

ブラックニッカシリーズの限定品、第6弾(ブレンダーズスピリットの2作を1つにカウントすると、第5弾)。
「またかい。」
今回のリリースのニュースを見てそう思った愛好家は、きっと自分だけではないでしょう。そもそも前作エクストラスイートの時点で、やりすぎ感が漂っていたにも関わらず、スーパーニッカでもフロムザバレルでもなく、またしてもブラックニッカ推し。ここまでくると、上位グレードをいじれるだけの熟成した原酒の余裕が無いのかとも思ってしまいます。(低価格でこれだけ味のバリエーションが楽しめるのは、他のメーカーにはない魅力とも言えますが。。。)

そのブラックニッカ・ナイトクルーズですが、ブレンドの特徴はなんと言っても濃いめの樽感と角のとれたピート香です。
前作エクストラスイートでは、10年以上熟成した余市と宮城峡原酒を効かせて、全体的なボリュームアップを狙いとしていたわけですが、樽香はソフトなバニラ系が主体でスウィートなタイプでした。

一方、今回もキーモルトである余市原酒の熟成年数は10年以上としつつも、先に触れたようにチャーオーク系の色の濃い甘さとビターなフレーバーが増して、濃厚さが強調されています。
またピート香で言えば、ヘビーピーテッド仕様の同原酒が良い仕事をしていますね。これまでのリリースではクロスオーバーがそれを際立てていたブレンドでしたが、今作の場合は俺が俺がと強く主張するものではなく、濃い樽感からじんわりと、しかし濃く広がってくるようなイメージに仕上がっています。

個人的に、この華やかさとは異なる無骨な系統のフレーバーは好みであるとともに、10年くらい前のニッカのブレンデッドを思い出させる構成であります。
たられば話ですが、もし原酒が潤沢だった10年前にディープブレンドがリリースされていたら、こういう味で売り出されていたのではないでしょうか。ナイトクルーズは評価が分かれている、という話も店頭で聞きましたが、もともとニッカのブレンデッドは、華やかでスウィートな響などのブレンドと異なり、好みの別れる強い個性が売りでもあります。
今回のナイトクルーズの評価は、昔のニッカ味であればこそ。一夜の夢の如くブーム前の時代に戻ってきたようでもあるのです。

IMG_20190602_181437

視点を変えると、使われているであろう若い原酒故、香味の粗さがどうしても感じられますが、これは時間をおいておくと特徴が開いて多少改善されます。
グラスに入れながらレビューを書きつつちびちびやっていたところ、その粗さが慣らされていくような、良い方向への変化がありました。「読書をしながら飲むのに最適」というPRは、時間をかけて飲むという意味でなるほどとも思えます。

一方で、メーカー推奨のロックは、樽香が薄くなり酒質部分の変化はわかりやすいものの、ボディの軽さが目立つというか、ベースとなった原酒の土台部分が脆い印象もあります。
これでボディを支える厚みと奥行きのある原酒が使えていれば。。。ってそうなるともうブレンダーズスピリットクラス、あるいは今の原酒事情で実現可能なブラックニッカの枠を越えてしまうのでしょう。

ただハイボールは逆にその軽さが飲みやすさにつながり、ほのかなスモーキーさと樽香がアクセントになって、食中酒としても使いやすかったです。通常のディープブレンドより熟成の長い原酒を使っているためか、まとまりが良いのも飲みやすさに繋がっているように感じます。
贅沢を言えばヘビーピート原酒の存在がわかりにくくなるため、これからの季節は冷凍庫等でしっかり冷やしてから濃いめで作るのがオススメです。

ニッカウイスキー 鶴 1990年代流通 43% 陶器ボトル

カテゴリ:
IMG_20190311_225029
NIKKA WHISKY 
TSURU 
Blended Whisky 
1990's (1996's) 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後2ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでピーティー、色の濃い蜂蜜と乾いた麦芽香、干し草、新樽由来の樹皮を思わせる無骨なオーキーさ。ほのかに熟成したパイナップルを思わせる黄色系のフルーティーなアクセントも感じられる。

味:しっとりとした口当たり。軽い香ばしさにピーティーなほろ苦さ。樽感が少し軽いが、奥には香り同様の熟したようなフルーティーさ、シロップ系の甘みがあり、存在感のあるスモーキーさが余韻にかけて鼻孔に抜けていく。

経年か原酒由来か、多少香味が軽く香り立ちもエレガントとは言い難いところはあるが、全体的にはモルティーで熟成感も適度。スモーキーなフレーバーがらしさに通じており、これはこれで充分美味しい。


今は亡きニッカウイスキーのブレンデッドウイスキーのハイエンドクラス。白い陶器ボトルはノリタケ製。1976年、宮城峡蒸留所の二期工事完了を記念すると共に、竹鶴政孝存命中にリリースされたことから、同氏最後の作品(遺作)とも言われているリリースです。

時代の流れで多くのリリースが消えていくなか、1989年の酒税法改正、そしてその後のウイスキー冬の時代にも販売は継続。2006年には17年熟成表記に切り替わり、2015年のニッカショックで終売になるまでトータル約40年間販売されていた、ニッカのブレンデッドの看板にして、ロングセラーと言うべき商品かもしれません。
(終売後は蒸留所限定品として、ノンエイジ品が再度リリースされていますが、通常品ではないので別物という整理。ただし特別な銘柄であることは事実です。)

今回レビューする酒税法改正後の1990年代流通品は、後述する2000年代のものに比べると少し樽香が薄いと言いますか、仕上がりが軽い感じがしますが、それでも良くできたブレンデッドだと思います。
香味から余市モルト由来と思われる、しっかりとピーティーなフレーバーが感じられるのは勿論。モルト、グレーン共に最低熟成年数が他のグレードより長いものを使っているのでしょう。同時期にリリースされていたスーパーニッカプレミアムやザ・ブレンドらのミドルグレード以上のブレンデッドと比べても、香味の繋がりが良くバランスがとれているのです。

自分はこのブレンデッド鶴の、ニッカらしい主張の強いピートや酒質を、熟成感と樽感でまとめたような強い味わいがツボで、ブーム前の安かった時期は随分飲みました。
特に2000年代あたりの流通品は上記の特徴がピークに達していると言え、同じ17年熟成の響と比較して、華やかでオリエンタルな多層的なアロマの響と、スモーキーかつ力強い樽香を伴う鶴で、間違いなく本場スコットランドを凌駕する2つのタイプのブレンデッドウイスキーだったと感じています。

竹鶴との名称差が少ないことやジャンルの重複、ブランド戦略で影は薄かったですが、それ故近年の評価は至極全うと言えるものと思います。
ただどちらもすでに販売されていない状況には、冬の時代をどうにかしようと(特にニッカが)背伸びしすぎていた味わいだったのかなとも。久々に飲みましたが、懐かしくも、そして美味しいウイスキーでした。


ザ・ブレンド (ブレンドオブニッカ) モルトベースウイスキー 45% 

カテゴリ:
IMG_20190209_231810
THE BLEND OF NIKKA 
Maltbase Whisky 
NIKKA WHISKY 
2010's 
660ml 45% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR ゾートロープ
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライだが新樽を思わせるメローなウッディネス。オールブラン、微かにオレンジ。合わせてしっかりとスモーキーで若干のヨードも伴う。

味:モルティーでリッチな口当たり。オールブランや麦パフを思わせる軽い香ばしさとほろ苦さのある麦芽風味と、薄めたはちみつやママレードを思わせるコク、ボリュームのある味わい。徐々にピーティーで、ほろ苦く微かに焦げたようなスモーキーさが鼻腔に抜けていく

ブレンデッドでありながら香ばしいモルティーさ、ピートフレーバーに存在感があり、モルトベースと銘打たれた構成の通りのリッチな味わい。熟成年数は12年程度だろうか。ただし、このピートは少々アイラ的なニュアンスも感じさせる。


ザ・ブレンドは、”竹鶴政孝が極めたブレンドの心と技”を受け継いで、余市、宮城峡らニッカが保有する原酒の個性を活かしつつ仕上げたブレンデッドウイスキーです。

”ブレンド”という広義な意味を持つ単語に”The”の定冠詞をつけた、ある意味で挑戦的なネーミングでありながら、外観は極めてシンプル。だからこそ感じるニッカらしさ。フロムザバレルといいピュアモルトシリーズといい、これがニッカ好きには堪らないのです。
シリーズとしては1986年にザ・ブレンドがリリースされた後、セレクション、17年、丸瓶及びニューブレンド丸瓶と拡張されていきますが、2015年に起こったニッカショックの際に全シリーズが終売となっています。
そういえば、この5銘柄のうち、ザ・ブレンド17年を飲むことがないまま今日に至ってしまいました。

IMG_20190222_231319
(1980年代後半、リリース初期のザ・ブレンド。ネック部分に特級表記があり、キャップはコルク仕様。香味はモルトの個性として余市系の樽感やスモーキーさがしっかりと備わっているが、全体としては少々野暮ったく、まとまりはもう一歩。★5ー6)

ザ・ブレンドのコンセプトである原酒の個性と、竹鶴政孝にフォーカスしたエピソードは、同じTHE付きのザ・ニッカよりも竹鶴ピュアモルトに通じるブランドの位置付けだと感じます。
香味も柔らかいコクと合わせ、存在感のある麦芽風味とピーティーさが感じられる味わいに仕上がっており、ザ・ニッカのそれとは異なるベクトル。特に上述の初期品は余市系のピートフレーバーが目立って感じられ、粗削りですが同時期のキングスランドより格上で、原酒の個性を打ち出そうとしていることが伝わって来ます。

一方、今回のレビューのメインである2000年代に入ってからの同ブレンドは、引き続きピーティーですが全体的にバランスが向上しており、評価はギリギリ★6といったところ。今思えばこれが3000円台ってめっちゃコスパよかったな~なんて思うわけです。
また、改めて飲んでみると、その香味には微かにヨードのような、アイラ的なピートのキャラクターが感じられたのも印象的でした。

これは単に余市のヘビーピートモルト由来かもしれません。ただ、同時期のニッカがリリースするピュアモルトホワイトでは、カリラのようなキャラクターが感じられるものがあり、2000年代あたりは輸入原酒でこの辺が手に入りやすかったと聞いたことがありました。ひょっとするとザ・ブレンドの中にも同様に輸入された原酒が、バランスを維持する役割で加わっていたのかもしれません。
今となっては、真相は歴史の闇の中ですが・・・。





このページのトップヘ

見出し画像
×