タグ

タグ:ニッカ

余市 マンサニージャウッドフィニッシュ 2018年リリース 48%

カテゴリ:
IMG_20200130_222753
NIKKA WHISKY 
YOICHI 
MANZANILLA WOOD FINISH 
Bottled in 2018 
700ml 48% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅@サンプルIさん
評価:★★★★★(5)

香り:焦げたようなウッディさとサルファリーなニュアンス。醤油煎餅のような香ばしさ、微かなピート。奥にはやや若い酸、バニラの甘さも合わせて感じられる。

味:オイリーでコクのある口当たりだが、香り同様に酸味があり、ベースの若さを感じる作り。微かに干し柿とクリームの甘味。徐々にウッディで軽いえぐみがあり、椎茸の混じったコーヒーのようなサルファリーさとピートフレーバー。ドライでビターなフィニッシュが長く続く。

オフィシャル通常品と同じような若い余市モルトに、シェリー樽のフィニッシュが合わさってサルファリーでビターな味わいに仕上がった、良くも悪くもニッカ味なモルト。シェリー樽の疑問は宮城峡の同限定品と同じで、シェリーそのものが混じったような淀みも健在。ただそれ以上にこのボトルは裏ラベルのコメントである。ピーチ?パパイヤ?トロピカルフルーツ?一体何があったのか。。。

IMG_20200130_222735

シングルモルト余市NASを、マンサニージャシェリーを50年間熟成していたソレラ樽で、18ヶ月間フィニッシュした限定品。
先日これの宮城峡をレビューしたところ、余市も飲みます?と、知人のIさんから頂いたもの。
「余市はまだ良いって話聞きましたけど、どうです?」という問いは、Iさんの(苦笑)によってお察しでしたが、まあこれも中々に疑問の残るボトルであったわけです。

まずシェリー感については同じ樽を使ってるわけですから、特徴はそのまま。
ただ宮城峡に比べ、原酒の個性の強さから通常のオフィシャルNAS系統の香味が分かりやすいので、どの辺がフィニッシュ由来なのか整理しやすく感じられました。
例えば、通常の余市NASはシェリー感はそこまで強くありません。サルファリーさもありません。若い余市の味はそういうものとして評価出来るのですが、その前提から見ると疑問点も際立つ訳です。

それは、マンサニージャ之如何にという部分と、なぜここまで硫黄後付けに拘るのか。そしてこの香味でもってピーチ、パパイヤ、トロピカルフルーツは無理があるような。。。という3本建て。
先の2点は過去記事でも触れていますので、ある程度割愛しますが、やっぱりこれマンサニージャシェリー樽ではないのでは?という疑問は強くなりましたね。
あるいはこの余韻にかけてのウッディさです。ベースを構成する一部に、意図的にオロロソシェリー樽の原酒を加えたのではとも思える味わい。中身と公開されている説明が一致しない違和感が、最後までぬぐえないのです。

IMG_20191209_220910
(同時にリリースされた宮城峡のマンサニージャフィニッシュ。オフィシャルと同じシングルモルトを、ソレラで50年使われたシェリー樽で18ヶ月フィニッシュしたものというが。。。レビューと樽に関する疑問はこちら。)

そしてこの余市に関しては「個人の感想であるため、効果と効能を保証するものではない」と言われればそこまでなのですが、ウイスキー界隈でのトロピカルフルーツとはかけ離れているようなレビューが、さらに違和感を強くしています。
ボトリングする前の、カスクサンプル段階で一部そういう香りのものがあったのか。。。なんの裏付けもないですが、ある種の営業戦略なのか。。。
香味が好みから外れているだけなら、それは食品や嗜好品ゆえ仕方ないことですが、こうもモヤモヤが残る酒は中々に珍しいです。

IMG_20200118_062621
今日のオマケ:クリスタルム ピーターマックス ピノ・ノワール 2018

南アフリカのピノ。新世界のなかでも仏寄りのタイプのものが多い印象の地域ですが、これはその合わせ技という感じですね。

クリアで土っぽさとキノコのような香りの混じる赤系果実香。少し酸が立って感じられる。注ぎたてはフレッシュで若い印象もあるが、クランベリーやチェリー、石榴のシロップを思わせるジューシーな甘酸っぱさ。人工出汁のようなべったりとした質感で口内にとどまる。余韻は酸味が優位になり、適度なタンニンを伴う。

分かりやすいピノ由来の赤系果実の味わいと、土っぽさもはっきり感じられるのが魅力のワイン。2018と新しいビンテージでこう飲めるのは如何にも新世界的な良さだし、何より価格が3000円台と使いやすいのも魅力です。より一層新世界的な味を求めるならカレラやコノスル、仏系の味を求めたらこういうワインが選択肢にあるのはウイスキーライフのサブポジとして申し分なしだと思います。

宮城峡 マンサニージャウッドフィニッシュ 2018年リリース 48%

カテゴリ:
IMG_20191209_220910
NIKKA WHISKY
MIYAGIKYO 
SINGLE MALT 
MANZANILLA WOOD FINISH 
Bottled in 2018 
700ml 48% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:不明
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライでかりんとうやアーモンドを思わせる香ばしい甘さがトップにあり、黒蜜と椎茸、デーツ、シェリーそのものが混じったようなアクセントから、ビターでサルファーなニュアンス。

味:ややベタつきのある口当たり。香り同様のシェリー感はチョコレートと椎茸出汁、微かにオランジェット。じわじわとウッディさが強く感じられる。若さはあまり目立たず、余韻はサルファリーさが漂うビターな風味。

宮城峡シェリー樽原酒らしい味と言えばらしい仕上がりだが、素性も香味も謎がある。マンサニージャの特徴?はさておき、何かシェリーそのものが混じったような仕上がりなのはフィニッシュの樽由来なのか。正直な話、良さを見つけづらい、閉口的一杯。

IMG_20191209_225243

2018年にリリースされた、シングルモルト余市・宮城峡の限定品(生産4000本のみ)。
今さら感のあるボトルですが、ちょうど2020年新作のアップルワイン樽熟成の情報が出始めているところであり、たまにはこういうのもいいかなと、レビューを投稿します。
なお、本リリースについては疑問点がいくつかあり、テイスティングで得られた情報からその点に関する考察、予想を以下にまとめます。

まずニュースリリース上でのメーカー公開情報。
Screenshot_20200118_102536

これだけ読むと気合いいれて樽調達してきたなぁ、と思うわけですが・・・ふと冷静になって、これがマンサニージャシェリーであることで、それって50年間も熟成できるのか?という疑問があります。

◼️疑問点(1)ソレラシステムの樽?
マンサニージャはフロール(酵母の膜)を形成して熟成させるため、基本あまり長期間熟成出来ない辛口シェリーです。
スタンダードなグレードでは平均5年程度とかそういうレベル。マンサニージャ・パサダという熟成タイプもありますが、フロールを維持出来る限界が10~15年とされていることもあり。。。
50年も熟成させたら、マンサニージャではなく違う分類のシェリー樽(アモンティリャードシェリーに近い?)になってしまうと考えられます。

まあ実際はソレラシステムで若い原酒を継ぎ足し、フロールを維持させながら熟成を継続するため、今回の樽もソレラ樽ということなのだと脳内保管。(後々、WMJの特集記事では、ニッカの佐久間チーフブレンダーがソレラシステムで使われていた樽だと説明されていましたのを発見しました。)
ただ、そうだとしてもマンサニージャで累計50年間以上ソレラを組み続けていられるのかは、自分のシェリー酒に関する知識ではわかりませんでした。

◼️疑問点(2)ベース原酒のレシピ
一方で、サルファリーさとシェリー樽原酒がそのまま混じったような椎茸っぽさのある、質が良いとは言い難い濃厚な味わいは、このウイスキーの大きな謎。
いやある意味で宮城峡らしいと言えばらしい樽感の一種なのですが、果たしてこれはベースになったシングルモルト由来か、フィニッシュで付与されたものなのかが疑問点なわけです。

公開されている情報では、ベースのウイスキーは通常のシングルモルト宮城峡と同じようなことが書かれています。
とすると、ノーマルな宮城峡にはここまでの濃厚さはありませんから、フィニッシュで付与された香味ということになります。
これがオロロソシーズニング樽でのフィニッシュなら違和感はないのですが、説明上はマンサニージャ。それもソレラで50年間使われ続けたという樽。この手の長期間使用樽は、1年そこいらならもっとクリアな感じになるはずで・・・。

例えば、殺菌のため硫黄を炊きつつ、樽輸送時に内部を保湿するために使われる保存液が残った状態で原酒突っ込んだりすれば、18ヶ月でこんな混ぜたような味と特徴的なウッディさ、サルファリーな感じになってもおかしくはない。あるいはベースの原酒が通常の宮城峡ではなく、シェリー樽比率多めで蒸留所で売ってるシェリー&スウィート的なモノだったとかなら、それはそれで違和感は無いんですけどね。

この香味が純粋に好みじゃない、という点はさておき、どーにも説明と中身が異なるというか、リンクしない1本でした。

IMG_20200118_064728
今日のオマケ:2020年3月発売予定の余市&宮城峡の限定リリース。アップルブランデーウッドフィニッシュについて。

毎年リリースされているシングルモルトのリミテッドエディション。今年はアップルブランデーを28年間熟成していた樽で6ヶ月間フィニッシュした、甘口タイプのウイスキーになるようです。

ニッカ味と言えば新樽風味ですが、2000年から2010年頃、シェリー樽原酒を使ったことがPRされている限定品のなかに(特に安価なものに)、シェリー?と、今回レビューしたリミテッド同様に疑問符がつく不思議な甘さのあるリリースがいくつかありました。
それはシェリー樽というより、実はアップルブランデーの樽由来なのでは?という仮説をたてたことがあったのですが、ニッカ関係者に確認するとブランデー樽は熟成に使っていない、という話だったのを覚えています。

今思えば、何らかのバルクだったのかもしれませんが、この疑問点はともかくアップルブランデー樽がもたらす味わいには純粋に興味があります。今年のリミテッドリリースがどんな仕上がりか、今から楽しみです。


※身内の法事調整と、仕事の重要な会議が重なっており、作業に集中するためブログ&ネット断ちをこの週末からしていました。一応区切りをつけることができたので、今日からまたマイペースに再開です。






ニッカウイスキー 竹鶴 既存ラインナップ終売と 新竹鶴リリースに思うこと

カテゴリ:

アサヒビール(ニッカウイスキー)から関係者向けに発表があり、ニュース等でも取り上げられた竹鶴シリーズの終売。今日はその終売発表と、後日予定されている新竹鶴リリースに関する予想、思うことをまとめていきます。

まず、報道に先だって展開されていた情報は、以下の資料に準ずるもの。既存竹鶴ラインナップ4種が、原酒確保困難を理由に2020年3月末をもって終売となることです。
※終売となる既存ラインナップ
・竹鶴ピュアモルト25年
・竹鶴ピュアモルト21年
・竹鶴ピュアモルト17年
・竹鶴ピュアモルトNAS

IMG_20200115_150444
(Twitter等SNSで出回っている、アサヒビール通信のキャプチャ画像。)

私の記憶が確かならば、2015年にニッカが既存ラインナップを大幅終売とした背景は、竹鶴等の看板銘柄の安定供給を続けるための原酒集約だったはずです。
それから4年、既存の竹鶴ラインナップ全てが終売となってしまうという一報は、「話が違うじゃないか?」よりも、「これでニッカは本当にブラックニッカ屋さんになってしまうのか?」という疑問。ニッカのウイスキー全ラインナップから熟成年数表記が消滅するという、原酒不足からくる栄枯盛衰の理を見るようで、なんとも複雑な心境でした。

20200112at70S_p
「竹鶴」3商品を販売終了 年代モノウイスキー消滅(2020/1/12 時事通信)

ニッカ、竹鶴17年など販売終了へ 原酒不足で(2020/1/12 日本経済新聞)

そして先日あった報道。例えば竹鶴17年は最近のロットで明らかに味が変わっていましたから、原酒の確保に苦労していたのは事実だと感じます。(個人的にこの変化はポジティブでしたが)
また、元々生産本数を絞っていて、店頭にあるのが珍しい状況でしたから、ここで生産本数をさらに少なくしてブランドを維持するのは逆にコストがかかるという、効率化に関する考えがあっても不思議ではありません。

一方、報道では竹鶴ピュアモルトNASは終売と合わせ、リニューアルして販売を継続するとも書かれています。
そういえば、同じ流れは余市と宮城峡でもありました。今回は3月末終売ですから、同時期あたりでフェードアウト、フェードインという情報も。。。
決まってしまった終売について、これ以上とやかく書いてもどうにもなりませんので、むしろ新しいリリースはどうなるのか、続いては個人的な予想を書くことにします。

IMG_20200117_081742
リニューアル・竹鶴ピュアモルト
発売日:2020年3月31日
価格:4000円(税別)
度数:43%
容量:700ml
販売数量:年間22000箱(264000本)
アサヒビールニュースリリースより

※この記事を投稿した1/15時点ではニューリリースの詳細情報はアサヒビールから発表されていませんでしたが、1/16に発表されています。以下は未発表時の予想となります。
(こんな間髪入れずに発表してくるとは思わなかったw)

◼️原酒構成はどうなるか
現在の竹鶴NASには、余市、宮城峡、そしてベンネヴィスが使われているというのが暗黙の了解としてあります。
私自身、輸入原酒を使うことは美味しさを追求する手段としてはアリだと言う立ち位置なので、むしろ情報を開示してバンバン使ってほしいとすら思います。(少なくとも、閉鎖されていた蒸留所を再稼働させた実績から、ニッカが使う分にはなんの異論もない。)

他方で近年、愛好家やウイスキー団体を中心としたジャパニーズウイスキーの定義に関する問題意識の高まりや、輸入原酒を使って作ったウイスキーに日本的な地名や単語等の表記をした、疑似ジャパニーズウイスキーに対する疑問の声が強く聞こえるようになってきています。

”暗黙の了解”が事実であれば、新竹鶴のレシピはその世論を意識したものになるのではないでしょうか。
つまり、余市、宮城峡らの原酒成分を高めて、ジャパニーズウイスキー100%としてくる可能性。またはその比率に限りなく近づけてくる(8~9割が2蒸留所の原酒を用いたブレンドになる)のではないかという予想です。

※1/16発表情報:ベンネヴィスに関しては触れられていませんが、余市モルトの比率を増やす事がニュースリリースで公開されました。

◼️価格や味わいはどうなるか
価格についてはシングルモルト余市、宮城峡での前例や、エントリーグレードにあるブラックニッカ軍団との差別化で考えると、4000円前後から5000円程度が現実的ではないかと予想しています。

しかし、味わいについてはなかなか予想が難しい。
例えば、ザ・ニッカ12年がNASテーラードになったような、熟成ウイスキーが原酒の幅を広げて若い原酒を使う場合とは異なり、今回リニューアル対象となっているのは、元々若い原酒が使われているNAS仕様の竹鶴です。
先に書いたように構成原酒の比率も大きく変わるとすると、それこそ余市に寄るか、宮城峡に寄るかで、かなり選択肢があります。

ただ、10年未満の若い余市や宮城峡は、どちらも樽感が乗り切らず、そして口内をヒリつかせるような強いアタックが傾向としてあります。(だからこそ熟成で輝くのですが・・・)
終売となる竹鶴NASはそこまでアタックの強い感じではありませんでしたが、リニューアル後のものは恐らくそれが強くなってくるのではないか。

幅広いレンジの原酒が使われるとなると、最近の17年にあるようなニッカらしい新樽香をトップに伴わせつつ、シェリー樽原酒で繋ぎを作り、モルティーでピーティーなフレーバーのなかにほんのりと21年系統のフルーティーさを隠し味にする。。。軸の部分は、余市等の若くハイトーンな、今後安定供給が見込めるブーム突入後の原酒(5~8年熟成)をメインに使って仕上げてくるのではないか、というのが現時点での予想です。
なおピートですが、ここはあまり効かせないライトな感じではとも思います
※2010年頃から増えているライトピート系の余市を使うかと思いましたが、発表された情報からするとピーティーな余市原酒の存在感を強めているようです。


終売となる竹鶴ブランドのなかでも17年、21年、25年の味わいは、サントリーの響17年~30年と合わせて世界のウイスキーでトップクラスに入るクオリティがあります。それは、様々な品評会のブレンデッドモルト部門で無双状態だったことからも明らか。
温暖な気候故の濃いめの樽感、メーカーの個性とも言える新樽やリメード樽由来のウッディネスとフルーティーさ。過度に主張はしないが、存在感のあるピート・・・。こんなウイスキーは他の国、他のブランドにはありません。
この個性は、可能な範囲で新竹鶴にも引き継いでもらいたいものです。

竹鶴ピュアモルトは、自分がウイスキーにハマるきっかけになったブランド。21年は就職してから初任給で買ったウイスキーのうちの1本。思い入れは深く、終売となるのはやはり残念の一言です。
ただしニッカウイスキーでの原酒の増産は継続中ですし、設備投資も行われています。日本のウイスキーの人気は衰えるどころか、アメリカ等でもブームが起こって衰え知らず。これが当たり前だと感じるような状況になりました。
このまま増産が続くことで、近い将来、増産後の原酒が熟成し、エイジングでの竹鶴ブランドが復活してくれることを願って、今日の記事の結びとします。

シングルカスク 余市 10年 2008-2018 マイウイスキーづくり 59% #409288

カテゴリ:
IMG_20200112_101741
NIKKA WHISKY 
YOICHI 
SINGLE CASK 
Aged 10 years 
Distilled 2008.5.24 
Bottled 2018.9.21 
Cask type New American Oak Cask #409288 
700ml 59% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:―
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたチョコレートクッキーのような、ビターなトップノートと色濃い甘味。ウッディなアロマと合わせて焙煎した麦芽のような香ばしさ、微かに溶剤系のニュアンス。力強いアタック。

味:ウッディでスパイシー、パワフルな口当たり。チャーオーク由来のキャラメル系のメローな甘みの中で、オレンジやパイナップルの果汁を思わせるフレーバーがアクセントに。余韻は味わいの中で感じられた甘みを残しつつ、スパイシーで舌の上がざらつくような焦げ感を伴うウッディネスが長く続く。

樽感のしっかり溶け込んだウッディな味わいが主体。ビターな樽由来の香味構成に、余市らしい香ばしい麦芽風味と、フルーティーさに通じる酸がアクセントになっている。加水に負ける感じではないが、香りにワックスのような、味わいはビターオレンジのような、特に香りには異なる要素が加わる。


先日我が家に届いたマイウイスキーづくりの余市10年 Cask #411127。例によって購入できるだけ購入し、同様にウイスキー繋がりで違う年度のマイ余市を購入していた方々と、それぞれの余市をトレードしました。
こうして参加者同士で繋がりが生まれて、お互いのボトルをシェアできるのは参加者の特権というか、広義の意味で言えば樽オーナー制度ならではの楽しみだと思います。

今回のレビューアイテムは、北海道のSさんとトレードしたもの。自分のボトルよりも1年前の会のものです。
自分にとって節目の年だった、この2008年。企画そのものは知っていましたが、就職したばかりでとても平日休みをとれる状況になく・・・。2008年の余市は個人的に思い入れのあるボトルだったりします。

IMG_20200112_111412
IMG_20200113_095429
(マイウイスキー余市の樽違い。同じ新樽で10年熟成だが、樽の状態、置かれた場所、あるいは熟成期間中の気候によって色合い、味わいが異なる。色合いだけで言えば中央と右2つはほぼ同じで、気持ち右側のほうが濃いような気もするが、香味はそれぞれ大きく異なる仕上がり。)

今回のボトルである、Cask #409288の特徴はビターなウッディネス。
ハイプルーフなカスクストレングスらしい、パワフルなアタックの強さ。フレーバーは焦がしカラメルのようなほろ苦さと舌の上でざらつくビターなウッディネスが主体としてあり、そこにチャーオークのメローな甘味、余市のニューメイクがもつ酸味が熟成によって変化した柑橘系のニュアンスがアクセントとなっています。

これが他の余市とどう異なるか。上写真の我が家で開封済みの同じ10年では、写真左の#411127はウッディーさが押さえ目な代わりにエステリーでフルーティーな果汁感があり。今回のレビューアイテムである#409288と、同じくらいの濃さを感じさせる色合いである#406599(右)は、仕込みが11月でボトリングも11月と熟成が最も短いが、熟成環境の違いか最も濃厚なウッディさとメローな味わいがメインにあります。
アルコール度数もほぼ同じですが、単に樽の強さだけでなく、アルコール感の感じ方、アタックの強さが異なるのも面白いです。

しかしこうして様々な新樽熟成の余市を経験して思うのが、新樽熟成とその樽感を受け止めるだけのパワフルな酒質を作り出す余市の偉大さ。たまにピークをはずしているものもありますが、どれも一定レベル以上に仕上がる安定感があり・・・。
決して万人受けの酒ではないと思いますが、我々愛好家としてはこれで良いんだよこれで、と思える尊いウイスキーなのです。

シングルカスク 宮城峡 10年  2006-2016 マイウイスキー塾 56% #115323

カテゴリ:
IMG_20191212_215529
MIYAGIKYO 
NIKKA WHISKY 
SINGLE CASK 
Aged 10 years 
Distilled 2006.06.10 
Bottled 2016.11.08 
Cask type Remade Hogshead #115323 
700ml 56% 

グラス:リーデル
場所:BAR Fingal 
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディでややエッジの立った香り立ち。使い込まれた木製家具、微かに溶剤的な刺激。カステラの茶色い部分、アーモンドやブランビスケットの甘みと、奥にはエステリーなニュアンスも伴う。

味:ほろ苦くウッディな口当たり。序盤はビターでざらつくようなウッディさ、アタックも強めだが、余韻にかけてオーキーなフルーティーさ。ファイバーパイナップルや洋梨を思わせるフルーティーさが混じる。

宮城峡の柔らかくも一本芯の通った素性の良い酒質に、新樽部分由来のウッディさと、多少溶剤的なニュアンスが混じり、フルーティーさを上書きしているやや個性的な仕上がり。一言で粗削りな木材感のある香味構成。余韻の戻り、少量加水したときの変化のなかで、オーキーなフルーティーさの片鱗を感じることができる。


宮城峡蒸留所で2002年から毎年開催されている、マイウイスキー塾で2006年に仕込まれたシングルカスク。BARフィンガルのマスター谷嶋さんが参加され、10年後に払いだされたものだそうです。

宮城峡の酒質はソフトで素直、微かなピーティーさの混じるハイランドタイプ(ニッカはローランドと言ってますが)。故にバーボンバレル系の樽との相性が良く、12~15年でフルーティーな美味しいモルトに仕上がる傾向があります。
一方、今回熟成に使われているリメード樽は、新樽と古樽(バーボン樽)を組み合わせるためか味のブレ幅が大きい傾向があり。
新樽部分の影響が強めに出ているのか、色合いはやや濃いめで、味わいもウッディ。ただ、甘味や香りはそこまで強くないが、日本的な木材感が目立つ構成なのです。

398f3555

異なる2つの木材を合わせるためか、その個性がどう作用したかで、仕上がりが変化しているようです。
例えば、今回のボトルの対極にあるような宮城峡マイウイスキーカスクが、以前レビューした2005年蒸留の#300250(上写真)。
こちらは新樽系統のウッディさがそこまで主張せず、スコッチモルトのバーボンバレル、あるいはバーボンホグスヘッドで長期熟成したような、綺麗に黄色い系統のフルーティーさが付与された仕上がりです。

先日、谷嶋さんも参加されているブラインドテイスティンググループの定例会で、極悪にもこのボトルを出題したところ。。。今回の宮城峡10年の話題が出ていました。
曰く、うちのカスクはこんな感じにはならなかったなあと。

マイウイスキーは10年と熟成期間が決まっているため、樽の状態、置かれた環境等で仕上がりは必ずしもピークのものとは限りませんし、フレーバーも一定にはなりません。
ですが、この誤差こそがマイウイスキーの魅力。今回のボトルのような粗さというか、余分なウッディさの残る方が手作り感があってマイウイスキーらしくも感じます。
それこそ、仮に自分のマイウイスキーが今回のような仕上がりでも、それは10年間の苦楽を思い返し、思いでと共に笑顔で楽しむことができる1本だと思います。

IMG_20191226_193537

今日のオマケ:トルブレック バロッサバレー ファクター2004
パーカーポイントで最高点の100点を始め、90点台後半を連発しているオーストラリアのシラーズ。2004年は97点という高得点を獲得したヴィンテージだそうです。(写真左のボトル。右側は以前オマケで書いたウッドカッターズ)

新しいヴィンテージのものは濃厚で、強すぎるため熟成前提のボトルですが、確かに美味しい。
新世界シラーズでありがちな、豊満で露骨なベリー系というタイプではなく、カカオ多めのチョコレートにブルーベリー等の黒系果実感。湿ったウッディネスにスパイス、微かにリコリスのようなニュアンス。全体的に落ち着きがあり、タンニンも熟成を経てしなやか。また、時間経過でじわじわと開く果実感に上質さもあります。

この日はスタンダードグレードのウッドカッターズとも飲み比べましたが、比較するとウッドカッターズの味わいがなんともあざとく、雑に感じられてしまう。。。熟成期間の違いもあるとはいえ、罪なワインです。
なおここに合わせるのは肉、こういうワインにはシンプルに赤身の肉に限ります。写真だけでもう雄弁に間違いないことが語られる説得力。
申し訳ないがウイスキーでは得られない至福のひととき、たしかな満足。。。

IMG_20191226_201055

このページのトップヘ

見出し画像
×