タグ

タグ:ディーンストン

コンパスボックス フレイミングハート 6thリリース 48.9%

カテゴリ:
IMG_20190625_211338
COMPASS BOX 
FLAMING HEART 
BLENDED MALT SCOTCH WHISKY  
LIMITED EDITION 6th 
700ml 48.9% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR Main Malt
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:しっかりとスモーキーで、角のとれた酸とアイラ要素を伴うピート香。蜂蜜レモンやグレープフルーツ、奥にはローストした麦芽や焦げた木材。熟成を感じる膨らみのある香り立ち。

味:粘性とコクのある口当たり。しっかりとピーティーだが、奥には洋梨のピューレやワクシーな麦芽風味、オレンジママレードを思わせる甘味と柑橘感も伴う厚みのあるフレーバー。
余韻はスモーキーでほろ苦く、適度にオーキーなウッディネスを伴いつつ長く続く。

アイラモルトのなかに内陸っぽいモルティーさ。上手く融合してひとつの香味のベクトルを作っている。パッと見は熟成したアイラだが、時間経過でワクシーなニュアンス、加水するとピートが弱まりハイランドモルトを思わせるいくつかのキャラクターが表面に出てくる。そのままで充分バランスの良いブレンデッドモルトであり、ストレートで楽しみたい。

IMG_20190625_211405

ウイスキーは”アート”であると、時に今までにない手法も取り入れ、最高のブレンド作りを志すコンパスボックス・ウイスキー社。
不定期にリリースされるブランドのひとつが、フレイミングハートです。

満足の行く原酒が揃ったか、あるいは納得のブレンドが出来た時のみリリースされるという位置付けなのでしょうか。前回の5thリリースも良い出来でしたが、昨年発表された6thも負けず劣らず良い出来です。
その印象を一言で言えば、熟成したアードベッグっぽさのあるカリラ。おっ、新しいの出たのかと、ブレンド比率もわからず注文しましたが、コクのあるボディにしゃきっと尖ったピーティーさが程好く馴染んで、レベルの高いブレンデッドモルトに仕上がっています。

原酒構成と比率はカリラ39%、クライヌリッシュ17%、ディーンストン29%・・・と言うざっくりした情報が日本の主な酒販サイトで公開されていますが、詳細なレシピは以下の模様。

・カリラ19年 39.5%
・ディーンストン15年 28.7%
・クライヌリッシュ15年 10.9%
・クライヌリッシュ23年 5.7%
・ハイランドブレンデッドモルト9年 7.7%※
・ハイランドブレンデッドモルト10年 7.5%※※

※ブレンデッドモルト9年内訳:クライヌリッシュ60%、ダルユーイン20%、ティーニニック20%
※※ブレンデッドモルト10年内訳:グレンオード、ベンリネス、アルターベーンが含まれている。比率不明。

flaming-heart-2018-recipe
(海外ウイスキー情報サイトより引用。各原酒のキャラクターと、使われた樽等の情報はこの図を参照のこと。比率の表記は多少ざっくりめ。)

前作、フレイミングハート5thでは30年熟成のカリラを60%以上使っていて、もうほぼカリラじゃないかという味でしたが、今回カリラは全体の約40%。比率が下がったということもあってか、前作よりもブレンデッドモルトっぽさは感じやすくなったように思います。
しかしピーティーかつアイラ要素は全面に感じる仕上がりであり、ブレンドモルトの若さは目立たない。むしろクライヌリッシュとディーンストンのワクシーでフルーティーな原酒が、上手く全体をボリュームアップさせている。
クリアなカリラというより、どちらかと言えば15~20年程度熟成させたアードベッグやラガヴーリンベースのキャラクターにも近いと感じました。

1c357d8f
(フレイミングハート5thエディション。コンパスボックス・ウイスキー社の15周年を記念してリリースされた。3年前のリリースだが、今考えると非常に贅沢な原酒構成で味も文句なし。)

細かいことを言えば、モルト100%なのと色々な樽が使われているのもあって、各フレーバーの繋ぎ部分で若干の粗さを感じるところもあります。
ですが、主に感じられる樽の要素はリフィルのアメリカンオークホグスヘッドやバレルのそれ。過度に主張しすぎない樽香が酒質由来の香味を引き立てており、逆に言えば一体感がありつつも、それぞれの個性を拾うことが出来るバランスであると言えます。

これは確かにアート、作り手の高い技術のうえに成り立つ作品です。
ごちゃごちゃしていると感じる飲み手もいれば、自分のように厚みがあって個性を楽しめると感じる飲み手もいると思います。
一方、近年のアイラモルトのリリースは短熟や若い原酒主体のNASが増えているなかで、ミドルエイジ以上のアイラシングルモルトを擬似的に再現しているようなブレンデッドであることや、価格も押さえられているのが嬉しいところ。
この熟成感のピーテッドアイラモルトは、今やオフィシャルでもボトラーズでも12~13kじゃ買えません。。。

フレイミングハート以外では、昨年リリースされたアードベッグ主体のノーネームも良かったですし、コンパスボックス社の上位ブランドは軸となる原酒の個性を伸ばして奥行きも備えさせるような、ブレンドとしての分かりやすさがありつつレベルが高いのが特徴。ウイスキーはとにかく味が一番という趣向の方にはオススメの1本です。

フィンドレイター20年 アニバーサリーモルト 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_2447
FINDLATER'S
Anniversary Malt
Single Malt Scotch Whisky
Aged 20 Years
1990's
43% 750ml

グラス:木村硝子
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:厚みのある香り立ち。乾燥した植物感と青みがかったフルーティーさ。微かに梅の酸味と木香。例えるなら和室のようなアロマ。ほのかにレザーや油を吸った新聞紙のようなクセも感じる。

味:スムーズでまろやかな口当たりから後半にかけて軽くスパイス。オーキーでメロンや瓜などの青みがかったフルーティーさと植物感。ボディはミディアムから少し厚めで飲みごたえがある。
余韻はビターでドライだが、べったりと蜂蜜のような甘さと植物系のえぐみが張り付くように残る。


フィンドレイターといえばこのブログでも何本か紹介している、昭和の洋酒ブーム時代を象徴するブレンデッド。今回の1本は、同社が1990年代に「なんらかの」記念でリリースしたシングルモルトウイスキーで、その中身が何かは不明とされています。
こういうミステリアスなボトルを前にすると、ワクワクしてしまうのはオールド好き一種の性。せっかくなのでテイスティングと合わせて原酒が何なのか検証してみます。

今回のボトルが流通した1990年代のフィンドレイターの構成原酒は、トミントール、タムナヴーリン、タリバーディン。また、フィンドレイター社を傘下とするインヴァーゴードングループは、ブルイックラディやベンウィヴィスに加え、1972年から1990年まではディーンストンを所有しており、フィンドレイター・マーロッジとして同蒸留所のモルトウイスキーがリリースされていました。

ラベルの説明文には「同社のストックから優れた原酒を厳選してリリースした」との記載。 普通に考えれば、上記6種類の蒸留所のどれかがボトリングされていると考えられます。
個人的な好みで言うと、あまり惹かれない選択肢が半分以上あるのですが、ひょっとしたらラディやベンウィヴィス、あるいは選択肢にないその他の蒸留所の可能性だって微粒子レベルで。。。
また、1990年代に流通したボトルの20年モノですから、今では貴重な1970年代蒸留のほぼオフィシャルというだけでも得した気分にはなれます。

あとは飲めばわかる。迷わば飲めよってことでとりあえず一口飲んで、ラディやトミントールは無いという事がよくわかりました(笑)。
この青みがかった香味、植物感に若干の紙や古い油を思わせるローランド的なクセは、おそらくディーンストン、あってもタムナヴーリンあたりでしょう。 
先に記載したマーロッジがディーンストンという話ですから、今回の20年もまた同様のチョイスという可能性もあるのかなと思います。


さて、このアニバーサリーシングルモルトですが、そもそも何の記念なのかというところからわかりません。
主に日本向けのリリースだったのか海外サイトにも情報がなく、そして不幸なことに洋酒ブーム終焉後、この銘柄は日本ではかなりマイナーな部類なんです。

色々調べた結果から推察すると、可能性は2つ。
1つはフィンドレイター社は1990年まで独立した企業としてブレンデッドを製造していたものの、1991年にインバーゴードン社の傘下となり、その記念に同社が保有していた原酒の中からなじみの深いものが消費量の多かった日本市場でリリースされた。という仮説。
そしてもうひとつが同じく1991年、1983年から休止していたディーンストンが、インヴァーゴードン社の手を離れてバーンスチュワート社の下で再稼動したという記録が残っており、この再稼動記念に、インヴァーゴードン社がディーンストンを所有した最初の年(1972年)の原酒をストックから引っ張り出してきて、20年モノのシングルモルトをリリースした、という仮説。
現実的には前者濃厚ですが、後者のほうが美しい話やな〜とか思っています。

なお、このボトルは11月27日に開催するオールドブレンデッド会用にと、ウイスキー仲間のK兄さんから提供頂いたボトルです。
興味ございます方は、飲んでその中身を予想してみてください。
(あるいは詳しい話を知っている方、いらっしゃったら教えてください。)

フィンドレイター 5年 1980年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:

FINDLATER'S
Finest Scotch Whisky
Aged 5 Years
1980's
43% 750ml

グラス:グレンケアン
量:ハーフ
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★
構成原酒:ディーンストン、タムナヴーリン、トミントール、タリバーディン。

香り:クリーンでツンとした刺激を感じる香り立ち。煎餅のような香ばしい穀物香。青みがかった麦芽由来の香味に若干のえぐみも感じられる。

味:ねっとりとした甘み、香り同様刺激も感じる口当たり。べっこう飴、穀物系の軽やかな香ばしさ。序盤のフレーバーは強いが中間はややべったりとしている。 
余韻は香ばしい麦芽風味。乾いたホシワラ、ほろ苦くえぐみも感じる余韻。


特級時代の酒。
というといささか乱暴ですが、1980年代の日本の洋酒ブームが終焉に向かう中で、ギフト向けからBAR飲みのボトルの一つとして活躍した銘柄です。
流通時期はウイスキー特級表記のみのラベルから、1988年前後と推察されます。

飲んでみると麦芽風味だけでなく青っぽい植物感が少し感じられるのは、このブレンドのキーモルトの素 性が出ているのかなと。中間は少しべったりしていて広がりが少なく、この辺はいかにも近年寄りになってきた低価格帯ブレンデッドの特徴でもあります。

正直、この特級時代末期頃のブレンドスコッチは力を落としているものが多くあります。(それ以降は更に見るに堪えない状況にもなりますが。)
それはフィンドレイターもまた例外ではないのですが、今回テイスティングした5年はグレーンで個性のないモルトを薄めまくったコクのないブレンド、という感じではなく、荒さのある若いブレンドとして楽しめるところがあったのは、飲んでいて収穫でした。
これならハイボールで気軽に楽しむには丁度いい感じです。

フィンドレイター マーロッジ 12年 1980年代流通 シングルモルト

カテゴリ:
FINDLATER'S
MAR LODGE
Aged 12 Years
Single Malt Whisky
1980's
43% 750ml

グラス:モルトテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Campbeltown Loch)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:軽くひねた、みたらしのような甘みと厚みのある香り立ち。こなれた麦芽香、乾いた牧草、ほのかに青みがかっている。香りそのものは単調だがフレーバー一つ一つに厚みがあり、落ち着きがある。

味:ややべたつきがあるが、とろりとした厚みのある麦芽風味と香り同様に若干の青さ。バニラ、メープルシロップに若干オレンジを思わせるフレーバーと干した藁。余韻はほろ苦くドライ、染み込むように長く続く。

中身はディーンストンとされる、フィンドレイターブランドのシングルモルト。日本向けのボトルです。
蒸留所を所有するメーカーがリリースしたボトルですし、一応オフィシャル扱いのシングルモルトと言えます。
オフィシャルが出したなら普通にディーンストンで出せばええやんとも感じるのですが、当時はまだまだブレンデッド主流の時代ですし、無名のディーンストン名義より、当時百貨店でガンガン売られていたフィンドレイターのほうが通りが良いと思ったのでしょうか。

ディーンストンは1966年創業。紡績工場の上モノをそのまま再利用して作られた蒸留所であるとか、水車で発電した電力で蒸留所を稼動させていたとか、何かと逸話がある蒸留所ですが、その辺はぐぐって調べて頂くとして。。。
昨年フィンドレイター15年を飲んで以来、自分の中で同ブランドの評価が徐々に上がってきているのですが、今回のボトルもまた「ディーンストン」と聞いて身構えるような味ではなく、古酒らしくこなれた麦芽風味にメープルシロップのような甘み。一日の終わりに「ホッ」と一息つくような、そんな落ち着きのある味わいに仕上がっていました。

現行品のディーンストンは、香味はともかくなんとも厚みの無い構成であり、こういうボトルを飲むと古き良き時代だったなあとしみじみ感じてしまいます。
フィンドレイターブランドは、構成原酒由来かそこまで人気がある銘柄でもないため、このボトルもまた高騰レベルの評価は受けていません。今度見かけたら1本買ってみようと思います。

フィンドレイター15年 1970年代後期流通

カテゴリ:

期待していない銘柄が、思わぬ味わいに驚かされることはちょっとした幸福感があります。
フィンドレイターはインバーゴードン系列のブレンデットで、かつては伊勢丹デパートを中心にギフト向け賞品として広く展開されていたモノ。これはその当時のボトルのひとつになります。
東の伊勢丹フィンドレイター、西の阪急グレンドロスタンはスコッチ・オデッセイからの表現。きらびやかなラベルがバブルの香りを感じます。

FINDLATER'S
AGED 15 YEARS
Blended scotch whisky 
1970-1980's
43% 760ml

構成原酒: トミントール、ディーンストン、タリバーディン、タムナヴーリン、など
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:品の良いオールドシェリー香、カラメル、オールブラン、アーモンド、微かなヒネと草っぽさ。奥に感じられるグレーンの風味はザラメやカステラの甘さのよう。

味:オールドシェリー系の風味を感じる口当たり。そこから麦芽の香ばしさ、石焼きイモの黄色い部分と焦げた皮の苦味。ほのかなスモーキーさ。
時間とともにシェリー系の風味が主体になってくる。ボディーはほどほど。

ライトフレーバーのウイスキー・フィンドレイターといいながら、中々芳醇な1本。
少々グレーンの主張やマイナー系蒸留所にあるようなクセを感じたが、オールドシェリー系の風味が包み込んで、濃厚なひとつのフレーバーのように仕上がっている。
ハイボールは正直これでやらなくても良いかという味わいながら、ロックで飲むとシェリー系の風味が強調される印象で楽しめる。ただしあまり時間を置くと水に負けてしまうようで、冷水での加水というのも手かもしれない。


フィンドレイターのスタンダード、ファイネストはまぁ昭和の味だよなという、可もなく不可もなくが感想にあり、先日現行品のフィンドレイター21年を飲んで、なるほどなーと思う反面、ますます可もなく不可もなくで、もうこの銘柄は良いかなと思っていたのですが・・・。
このフィンドレイター15年は上述の通り思いがけず良い感じのシェリー感があり、家で気楽にオールドシェリー系ウイスキー飲みたいときなんかにちょうど良いんじゃないかと、ちょっとびっくりしました。
最近オールドタイプのシェリー系ボトルがとんと手に入らなくなったので、こういうのは嬉しい発見です。

フィンドレイター15年は今回の760ml仕様以外に、750ml、角瓶、と年代によって異なる仕様のボトルが存在します。原酒はトミントール(1964年~)、ディーンストン(1965年~)、タムナヴーリン(1966年~)、タリバーディン(1949年~)、と実にぱっとしない・・・いや、マイナーところが揃っているのですが、760mlから750mlへの切り替わりがだいたい1980年頃であるため、これらの稼動時期プラス15年で考えるとディーンストンギリギリ、タムナは入ってない可能性があります。また、同社が所有するブルイックラディが使われた可能性もあります。
それ以上に、このシェリー感はどこの蒸留所なのか、あるいはマリッジでシェリー樽を使っていたのか、気になりますね。多少感じられるマイナー系のクセ、そこは察して余りある要素ですけど。
なお、今回のボトル以外は飲んだことがないため、年代による変化がどの程度あるかはわかりません。


オールドブレンデットばかり投稿が続いていますが、明日のテイスティング会に向けた資料作りの一環ですので、それ以降はモルトやニュース等も交えて通常運行に戻ります。モルトのほうもだいぶモノがたまってますし。
まぁこういうウイスキーもあるんだなくらいで見ていただけると幸いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×