タグ

タグ:ディープブレンド

ブラックニッカ・ディープブレンドの味は1週間で変わる?

カテゴリ:
ディープブレンドは開けたては甘い香りで濃い味わいだが、1週間もすれば香りが飛んでしまう。 
なんて話をネット上で見かけました。 
なるほど、それを聞いたらテイスティングをUPした身分としては経過を見てみないといけません。今日でちょうど一週間なのですから。 

ただ結論から言うと、変わりますよ、そりゃ。 
開封して外気が入り込むわけですから、酸化による"変化"は少なからず起こっています。後はこうした変化が「ネガティブ(劣化)」なのか、「ポジティブ(開いた)」なのかは飲み手の感じ方次第だと思います。 

・元のテイスティングはこちらから。 
ブラックニッカ・ディープブレンド 2015年ニューリリース 

自分の意見はどうかと言うと、これは「開いた」ですね。 
当初感じられたカラメル系の甘さから、原酒の特徴(えぐみ、バニラ系の甘さ)がメインで感じられるようになっていました。木香も当初より感じます。 今回のテイスティングではアルコール感も若干強く感じられましたが、ここは気温や湿度の違いもあるかもしれません。 余韻で感じるウッディーな苦味は健在で、樽材由来の甘みもあり、ここは相変わらず値段以上に良い出来だと思います。 

開封後に少しこもったようなはっきりとしない感覚があり、数日後にそこが晴れて裏にある香味が感じられるようになることは、比較的よくある変化の一つ。特にオールドボトルなんかでは、はっきりと香りが立ってこないレベルのものもあります。
今回は原酒由来のフレーバーの一部が開いていなかったので、その他のフレーバーが濃い甘いカラメル系の香りとなって感じられたのかなと思います。

しかし若い原酒を連想させるえぐみが出てしまったので、劣化と感じる人も居るかもしれません。
自分もこの部分は、なんかなぁという印象もあります。復刻版ブラックニッカも似たような印象ありましたし。ディープ、お前もか…と。実際若い原酒使ってますから仕方ないんでしょうけど。
まあロックやハイボールにすると消えるので、そういう飲み方なら問題なしじゃないでしょうか。
この価格帯に多くを求めるのは酷ってモノです。

ちなみになんか添加してるんじゃないかとか、疑りの声もありましたが、添加っていうのは最近のダンカンt…とかケイデンh…みたいn…

おや? 誰だこんな時間に…。

ニッカウイスキー缶ハイボール 4月7日発売3種

カテゴリ:

先日紹介した、ニッカウイスキーの缶ハイボール新商品3種。
光陰矢のごとしで4月7日を向かえ、気が付けば店頭に並んでいました。

参照記事:ニッカウヰスキー4月7日発売の新ラインナップについて
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1023254423.html

記事で紹介もしましたし、責任取ってUPします(笑)。

写真左:ニッカハイボール 7%
写真中央:竹鶴プレミアムハイボール 7%
写真右:ブラックニッカ クリアハイボール 9%
(全て2015年4月7日発売)

個人的に一番の注目株であるクリアハイボールは、成分表示の通りの味というか、本当にブラックニッカクリアブレンドのハイボール(笑)。
原材料、モルト、グレーン・・・以上。ハイボール缶なんですから本来コレですよね。

そのまま飲むとそこそこというか、やっぱりクリアブレンドだなと思う味です。これがかなり食事に合う味で、塩味とも辛味とも相性が良く、スイスイ飲めました。(晩飯替わりの砂肝炒めとキムチ納豆、生活感丸出しのメニューで実証w)
デザートに食べたパイナップルとも中々で、切ってそのまま中に入れるのもアリかもしれません。
これは夏にかけてお世話になりそうです。

IMG_1743

竹鶴プレミアムハイボールは、前回の限定発売のものと、ブレンドは変わっていない感じです。
モルティーでビター、クリアな飲み口。若い原酒由来のえぐみを感じるため、あまり冷やしすぎないほうがいいかもしれません。
自分の好みとしては・・・正直ちょっとがっかりしました。今の状況では熟成感出すのが難しいのかもしれませんが、ニッカ味以上にベンネヴィ・・・(おや、誰だこんな時間に。)・・・なので、もう一歩踏み込んでほしかった。
これも食中酒向きという印象ですが、単体で飲むなら氷を入れないハイボールで、エールビールのようにゆっくり飲んでいくのが良いと思います。

そしてニッカハイボールは・・・まぁ香取君がPRしてるから、イインジャナイカナーなんてごめんなさい侮ってました。これ、ライバルの角ハイ缶より断然良いです。
「ちゃんとウイスキーの味がする?」 いやいやウイスキーの味じゃなくてチューハイチックというか、レモン香料の味。
ウイスキーハイボールとして評価するならアレですが、こういう飲み物として割り切るならアリな味で、これは食中っていうか下町飲み屋的な味です。
ウイスキーベースとあってアルコール感が穏やかで呑みやすく、変なギスギス感が無いのがポイント。後味が人工香味料的にもっさりしてますが、食中なら問題ないかな。缶のままぐびぐびいきたいですね。


ニッカハイボール

今回のニューリリース、くりりん的オススメ順位は、
①クリアハイボール
②ニッカハイボール
③竹鶴ハイボール です。

竹鶴ハイボールは、竹鶴17年や長熟原酒をフロートして飲むと良くなります。
プレミアムなのにヒト手間必要とは、まったく手間のかかるやつですよ。

しかし炭酸系のアルコール飲料は飲んでると楽しい気分になってきますね。今夜はもう少し飲んで寝ることにします。

そういえば次のニッカのリリースは、ブラックニッカのディープブレンド、700ml 45%。
新樽熟成原酒をキーモルトとしたブレンデットらしいです。
新樽といえばジャパニーズではニッカなワケですが、よりニッカ色を出してきたブレンデット。次のリリースも期待しています。

ブラックニッカディープブレンド 6月2日発売
http://www.amazon.co.jp/dp/B00V9YRXI8/ref=cm_sw_r_fa_dp_4wtjvb12CCFMF

では、今夜はこの辺で。
にっか~(´∀`*)

このページのトップヘ

見出し画像
×