タグ

タグ:ディスティラーズエディション

タリスカー ディスティラーズエディション2017 45.8%

カテゴリ:
TALISKER
Distillers Edition 2017
Distilled 2007
Bottled 2017
Amoroso Cask Finish
700ml 45.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:焦げたような樽香、塩素、ヨード、ほのかにアーモンドや梅干しの酸味に通じるシェリー香もあるが、焦げたようなアロマが強い。

味:マイルドな口当たりから焼き芋を思わせるチャーオーク系の樽香、徐々にピートや燻した麦芽、ビターでスモーキーな風味が盛り上がる。
余韻は焦げ感、ピーティーでほのかにピリッとした刺激。ベタつきはなくスッキリしている。

好みを分ける樽香が香味共に前面にあるが、荒さをさほど感じないのはフィニッシュのシェリー樽由来のコクがカバーしているのだろうか。シェリー感はそこまで強くなく酒質主体のピーティーさ、麦芽風味も伴う。
時間経過で焦げ感は落ち着く印象があり、開封後の変化に期待したい。


今年日本でリリースされたDE(ディスティラーズエディション)2017の中で、違和感のあった2本のうちの1つ。
これまでタリスカーDEはシェリー系の甘味の濃さ、あるいは酸味といったニュアンスが特徴としてありましたが、それが近年は年々薄くなっている印象があり。。。昨年のボトルは塩気や焦げ感が強くなっていたところ、今年のボトルは昨年のそれからシェリー系のニュアンスが落ちて、コクのある甘み程度になってしまったようなイメージなのです。

この焦げ感はピートではなく樽由来のもの。アモロソシェリーはオロロソとPXのブレンドで、焦げに繋がる香味ではなく。また、他のDEにもここまでの強い香味は感じられないため、フィニッシュ用の樽を作る際、リチャーの工程で焼きを強くするなど他と異なる仕様として差別化につなげているか、あるいは、ベースとなる原酒がこのタイプの樽で熟成されていたのではないかと推察します。
実際、タリスカーはダークストームなどでそうした樽を使っている実績もあります。

(タリスカー蒸留所のポットスチル。その特徴とも言えるのが、初留釜の独特なラインアーム形状。直角に伸びた先で再度直角に折り曲がる。これによって蒸気の還流を促している。Photo by T.ishihara)

タリスカーは波飛沫の舞う海辺のロケーションに、爆発するようとも例えられるスパイシーさ、あるいは酒の王者とも賞されることから、ついヘビーでパワフルな酒質を連想しがちですが、近年は然程ヘビーというわけではなく樽によっては比較的マイルドに仕上がるウイスキーです。(昔のボトルはかなりどっしりした味わいでしたが、原料のみならず、蒸留の速度なども関係しているのかもしれません。)

他方、だからこそ近年のそれはピリッとしたスパイシーな刺激が際立つのでしょうか。メーカー側もその点を意識した樽使い、ブレンドをしているように感じます。
今回のDEは現時点でマイルド寄りなタリスカーでしたが、個人的には何方も好みなので、あとは違和感になる樽香が馴染んでくれればいいなと感じています。



グレンキンチー ディスティラーズエディション2017 43%

カテゴリ:
GLENKINCHIE
Distillers Edition 2017
Distilled 2005
Bottled 2017
Amontillado Sherry Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y’s Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでスムーズ、あまり強くは香らないが、スパイシーで干し草っぽさを伴うウッディネス、淡いシェリー感も感じられる。

味:口当たりは軽やかで、乾いた麦芽からコクのある甘み。香り同様の淡いシェリー感。ピリピルとした刺激を舌に感じつつ、ライトな麦芽風味主体。
余韻はドライでスパイシー。微かにプルーンやチェリーの甘さを伴い、長く続く。

フィニッシュであるが、シェリー感はあくまで淡く、味の中ではコクに繋がる程度という構成。むしろドライでスパイシーな麦芽風味が主体的で、同蒸留所のキャラクターがよく出ているとも感じられる。オフィシャル12年のワンランク上の味わい。


毎年毎年異なるキャラクターで我々愛好家を楽しませてくれる、普及価格帯のDE(ディスティラーズエディション)と高級レンジのSR(スペシャルリリース)。
このラインナップを飲むにあたっては、自分のルーティンがローランドのグレンキンチーから飲み始めるのがお約束。ライトでスパイシーなグレンキンチーは、ここから始まるコースの食前酒的な位置付けなのです。

グレンキンチーはオフィシャルリリースのみならずボトラーズもリリースが少なく、話題になるような話もないのでディアジオ傘下の中でもあまり目立った蒸留所ではないと思います。
しかし酒質は決して悪くない。昨年のグレンキンチーDEはシェリー樽由来の出汁っぽさ、椎茸系のフレーバーが主張して、ややアンバランス気味でしたが、今年はオフィシャルスタンダードで感じられる未熟な部分がカバーされ、ハウススタイルのいいところを感じやすいリリースだと思います。

また、それは今年のDE全体の傾向でもあって、フィニッシュで後付けした樽感が、比較的バランス寄りという印象があります。
毎年樽感の強いラガヴーリンPXは今年も濃いめでしたが、それ以外は良くも悪くも香味を支える程度。一部「ん?」という感じのものもありましたが、樽感だけで言えば2〜3年くらい前までのDEのほうが、全般的に強かった気がします。
DE用のシーズニングカスクは、シーズニング期間1ヶ月と超短期な情報が今年の資料には書かれていましたが、そのカスクマネージメントのよるものなのかもしれません。


なお、今回のイベントは当ブログを見て参加された方が、数多くいらっしゃったと伺っております。参考にしていただいた皆様、ありがとうございました。
自分は日中パパをやって日曜日の18時過ぎに来店したので(急いで駆けつけた結果、カメラを忘れてしまう始末)、ブログ経由での参加者の皆様とはほとんどお会いすることはできなかったのですが、また何かの機会でお会いできましたら幸いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×