タグ

タグ:ディスティラリーエディション

グレンキンチー ダブルマチュアード 2014年ボトリング

カテゴリ:
タイマー設定していた記事公開、 日時を間違えていたため昨日の分から更新されていませんでした・ ・・orz。
しまったなぁ、ちゃんと確認しておけば良かった。
まぁ更新が途切れているワケでも無いんで、気を取り治して公開していきます。

ディアジオのニューリリース、ディスティラリーエディションの一つ、地味系の一角(笑)。
グレンキンチーです。


GLENKINCHIE
Distillers Edition
"AMONTILLADO CASK WOOD"
Distilled in 2000
Bottled in 2014
700ml 43%

暫定評価:★★★★★★(6)

"湿った木や酸味を感じるシェリー香、徐々に湿った香りは和らぎ、レーズンや麦芽香を伴う甘酸っぱい香り。
口当たりはスパイシーで甘い。ボディはライトからミディアムの間で、炒った麦芽の香ばしさ、ブラウンシュガー、微かな樽香。フィニッシュはドライで心地よいビターさが残る。"


先日のテイスティング会、1杯目で飲んでなかなか良い印象だったボトルです。
グレンキンチーは甘くドライな麦芽香に微かなスパイシーさがあるローランドというよりはややスペイサイドよりの特徴を感じる蒸留所。
このボトルもグレンキンチーの特徴を持ちながら、アモンティリチャード(辛口よりなシェリー)樽とのダブルマチュアードにより、適度なコクと甘酸っぱいレーズンのような香味がプラスされた、まさにオフィシャルの進化形として評価出来る内容に仕上がっています。

口開けは少々クセというか、湿った木のようなモワっとした香りがありましたが、時間経過ですぐにこなれます。
嫌み少なく、個性もあってその他のフレーバーも感じられる、こういう出来のボトルは好感が持てますね。
キンチーだけでなく、今回リリースされたダブルマチュアードシリーズは、総じて蒸留所の個性+αという点で完成度は高く、オフィシャル回帰の印象をさらに持ちました。

ただ、嫌みな味は無いけれど高まる味でもないため、コアな飲み手が飲む場合は、次への繋ぎ的な1杯になりそうです。

タリスカー ダブルマチュアード 2014年ボトリング

カテゴリ:
MHD2015年ニューリリース紹介もいよいよ佳境に入ってきました。
ここ最近はブログに整理することをやっていなかったので、こうして自分の評価軸をまとめる作業は、やっぱりプラスになりますね。
さて、個人的に今回のニューリリースの中でイチオシだったのがタリスカーです。
実は現行品のタリスカー10年、18年などは普通程度の印象しかないんですが、このタリスカーは「いいな」と思える要素がありました。

TALISKER
Distillers Edition
"AMOROSO CASK WOOD"
Distilled in 2003
Bottled in 2014
暫定評価:★★★★★★(6)

"ドライな香り立ち、松の木を思わせるの新樽の香り、スモーキーで徐々に品の良いレーズンの甘みも出てくる。
口当たりはまろやかで落ち着きがある。野生のベリーを思わせる瑞々しい甘酸っぱさ、乾燥した若草、微かにペッパー、ヨードを伴うピートの苦み。
フィニッシュはスモーキーでドライ、レーズンとカラメルを思わせる甘みと酸味が長く続く。"

バランスの良い構成で、ストレートでもハイボールでも美味しく飲めるボトルです。
ダブルマチューアド時のカスクは、アモロソカスク。
これはオロロソにペドロヒメネスを足したものだそうで、甘めのオロロソって感じでしょうか。


(タリスカー・ダブルマチュアードハイボール)

実際オロロソほどウッディーで酸味の強い感じにもならず、ペドロヒネメスほど甘みと粘性の強い仕上がりにもならない、中々どうして、リッチでバランスの良い仕上がりだと思います。
タリスカーのDEは過去濃いブラウンのラベルでリリースされていましたが、このラベルになってからは、去年、一昨年と2回リリースされているそう。
去年は同じ系統だったと思うのですが、あまり印象に残らない感じでした。
一昨年はかなり旨かったという事なんですが、飲んでないんですよねー。

ちなみにタリスカーが採用する度数45.8%は、タリスカーストレングスというらしいです。
すいません、はじめて聞きました(笑)

クラガンモア ダブルマチュアード 2014年ボトリング 

カテゴリ:
引き続き、2015年春のMHDニューリリーステイスティング。
あ、意外と良いね、というのがこのボトルの素直な感想です。
元々クラガンモアのダブルマチュアードシリーズは異端というか、ちょっといじりすぎ感が個人的にあったので、今回も若干敬遠気味でしたが、飲まず嫌いはイカンですね。
 
CRAGGANMORE
DOUBLE MATURED
Bottled in 2014
(2001-2014)
40% 700ml

IMG_1763
 
暫定評価:★★★★★(5)
 
"乾いたオーク香、カラメル、麦芽の品の良い甘い香り。微かにレーズンを思わせるフルーツ香もある。
口当たりは甘い麦芽風味、シロップ入りの紅茶、ドライアプリコット、徐々にタンニンを感じる。
フィニッシュはビターでドライ、微かにスモーキー。強くはないが長く残る。"
 
 
クラガンモアはしっかりした麦芽感のある蒸留所であり、スペイサイドでありながら、ハイランド的な要素を個人的に感じるウイスキーでもあります。
同蒸留所のPRとしては、"1869年にこの地に設立されて以来、クラガンモア蒸留所は、現在に至るまで当時と同じ設備、ほぼ同じ手法によって製造を続けています。"
ということで、確かにオールドボトルや長期熟成のオフィシャルと現行品12年を比べても、味のベクトルは同じ方向を向いているように思います。
まぁオフィシャル12年に関しては、ラベルが簡素になった分、味も簡素になったかなって感じもありますが(笑)。
 
で、今回のダブルマチュアード。いじりすぎな感もなく、比較的良くまとまっています。
強みはあまり感じませんが、嫌みな点も無いのがポイント。まさに可もなく不可もなく。
ディアジオの技というか、落としどころが見えるようなボトリングです。

個人的にはダルウィニー、オーバン、クラガンモアが、今回のリリース3種の中で"まとまった3兄弟"。
誰が飲んでも美味しいところに落としてきていると思います。

オーバン ダブルマチュアード 2014年ボトリング 

カテゴリ:

MHDのニューリリース、通関した商品が各店舗に展開されてBARの店頭にも並び始めましたね。
今回はオーバンのダブルマチュアードです。
実はこのオーバン、テイスティング会当日に飲んだのですが、コメントをメモしておらず。
先日、ラガとトゥサイルを飲んだ時に合わせて追試してきました。
 
OBAN
DOUBLE MATURED
Distilled 1999
Bottled 2014
43% 700ml

IMG_1762
 
暫定評価:★★★★★(5)
 
"軽いピート香、微かな酸味と麦芽に加え、天津甘栗のような香ばしいアロマ。
口当たりは薄めたカラメルソースや麦芽風味で甘苦くオイリー、ほんの少し油性絵の具のようなクセ。
後半にかけてピートが存在感を増してくる。フィニッシュはスモーキーで長く続く。"
 

ハイランドらしさのあるバランスの良い味わいです。
口開けで飲んだ時はそんなにピートを感じなかった、主張の弱いウイスキーという感じでしたが、
開いてきたのか今回はしっかりピーティーで、なるほどこれはまた上手くまとめてきたなという感じです。
熟成感も年数なりで、フレーバーの変化は単調ではありますが、甘さから苦みに繋がる展開は自分好みなので悪い印象は受けませんでした。
 
で、このオーバンはMHDの資料を見ていないのですが、樽は以前のディスティラリーエディション同様にフィノシェリー樽でしょうか。
フィノというと辛口なイメージがありますが、このボトルはそこまで影響を感じません。
BARで飲むならスタートか、あるいは口休めの1杯にオススメです。

それにしてもこのボトルは結構良いピート感だったので、★5か★6かで悩みました(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×