タグ

タグ:ダルウィニー

ダルウィニー リジ―ズ・ドラム 48% 蒸留所限定品

カテゴリ:
IMG_20200411_231434
DALWHINNIE 
LIZZIE’S DRAM 
Release to 2018 
Cask type Refill American Oak Cask 
700ml 48% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:自宅@サンプル
評価:★★★★★★(6)

香り:やや若さを感じる香り立ち。序盤は粗さが残っており、乾燥した植物感やシャープなウッディさが鼻腔を刺激する印象があるが、奥にはダルウィニーらしい麦芽香、柑橘類、そしてほのかにピーティーでもある。

味:オイリーで麦芽風味主体の口当たり。少しスパイシーな刺激もあるが、基本的には麦芽の白い部分を思わせる甘みに、すりおろし林檎や熟しきってないバナナのような、植物感と青みがかった甘さのアクセント。じわじわと香ばしさとほろ苦さが広がる。
余韻は若干ひりつくような刺激に、オーキーな華やかさと麦芽風味の残滓、微かにピーティーで染み込むように長く続く。

熟成年数の若さに由来してか、酸味や刺激は香味の中にあるが、合わせてダルウィニーらしい粘性と柔らかさのある麦芽風味、樽由来のフルーティーさ等複数のレイヤーを楽しむことが出来るボトル。ハイランドタイプの構成だが、熟成感としては冷涼な環境におかれたであろう樽感の淡さに、平均熟成年数も通常の15年より若いためか、微かにピートフレーバーが残っている点も面白い。ダルウィニー好きなら蒸留所のお土産として是非。


先日ウイスキー仲間のAさんから頂いた、テイスティングサンプル。
ダルウィニー蒸留所に、2018年に退職するまで30年以上務めたという女性スタッフ、エリザベス・スチュワートさんの功績(ざっくり言うと、男性社会といえるウイスキー蒸留所で女性初のオペレーターを勤めたという話)を称えて、蒸留所限定ボトルとして7500本限定でリリースされているものです。

dalwhinnielizziestewartlrg
dalwhinnielizziesdramlrg
(上の写真がエリザベス・スチュワートさん本人。限定ボトルのリリースとなると、同氏の功績がそれだけ素晴らしいものだったのかもしれないが、如何せん具体的な情報が無いのがネック。関係者に退職記念として配られるならわかるが、販売するとなると、他のリリースとの横並びで見てもローカル過ぎるような気が・・・。
画像引用:https://www.scotchmaltwhisky.co.uk/dalwhinnielizziesdram.htm)

リリースエピソードについてはさておき、重要な中身ですが、海外の評価を見るとあまりウケてはいないですね(笑)。
使われている原酒のベースが若いということもあるのでしょう。香味からの予想では、10年~12年。樽構成や度数が違うのもあって一概には言えませんが、オフィシャルスタンダードの15年よりも粗さがあり、熟成年数も多少若く感じます。
同じノンエイジのリリースにウィンターズ・ゴールドがありますが、熟成感的には同じくらいなのですが、WGのほうが度数が低いためか、まとまりが良いように感じます。

一方、リジーズドラムは熟成を経て馴染んで消えてしまう前の、ピーティーな香味が微かに残されていて、それが昔のハイランドらしさに繋がっているように感じます。
それこそ、ダルウィニーらしい厚みのある麦芽風味と合わさって、実はダルウィニーのオールドボトルのボトリング直後も、こんな感じだったかのかな?なんて思えるくらいに、通好みの味に仕上がっていると思います。

先に触れた海外の評価では、「ブランドづくりで無理に女性や動物等のエピソードを使うのはどうだろうか」といった疑問を呈する声もありましたが(実際、近年のディアジオ系列のリリースには、そういう傾向が見られるのも事実)。
ですが視点を変えて、このボトルがダルウィニーのオペレーターの存在を知っているくらい、蒸留所を知っている(あるいはファンになっている)愛好家向けのリリースと考えると、その香味も通好みであり、一本筋のとおったリリースであるようにも思えてきます。
後半はなかなかにコジツケ気味ですが、ダルウィニー好きなら響くものがあるリリースではないかと感じる1本でした。

ダルウィニー 15年 1980年代流通 40% PURE HIGHLAND表記

カテゴリ:
IMG_20200430_202652
DALWHINNIE 
PURE HIGHLAND SCOTCH WHISKY 
YEAES 15 OLD 
1980's 
750ml 40% 

グラス:グレンケアンテイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:蜜っぽい甘さの混じるおしろい系の麦芽香。そこにじっとりと存在感のあるピートスモークや微かに乾草。熟した洋梨、蜂蜜レモンティーのような甘酸っぱさが、スワリングすると奥から顔を出す。また古びた日本家屋のような落ち着いたアロマも感じられる。

味:コクと厚みのある麦芽風味。粘性のある口当たりから、香りで感じたようにピートフレーバーが、麦芽風味に馴染んで広がってくる。微かに柑橘、林檎の蜜にような甘酸っぱさもあるが、フルーティーさよりはワクシーな麦感とピートの風味が主体。余韻にかけてはほろ苦く、穏やかなスモーキーさと、上顎に張り付くような麦芽糖を思わせる甘味がじんわりと続く。

麦とピートの酒。古典的かつ地酒的なシングルモルト。強くは主張しないが、香味とも麦感に厚みがあり、そこにピートフレーバーがしっかりと馴染んでいる。粘性の強い酒質はオールド・ダルウィニーらしさであると共に、原料の違いや仕込みの違いも感じられる。仕上げは華やかでフルーティーなごてごてした樽化粧はなく、言わばナチュラルメイク。派手さはないが、飲むほどに”味”があり、染々楽しむことができるスルメなモルト。

IMG_20200430_202713

1980年代初頭、少なくともこの半世紀内で、ダルウィニー蒸留所から初めてリリースされたシングルモルトが、今回のレビューアイテムです。
当時蒸留所を有していたDCLは、スコッチウイスキー冬の時代に伴う原酒の余剰解消、あるいは新たなブランド戦略として、ダルウィニー以外にもいくつかの蒸留所でシングルモルトのリリースを開始。DCLは合併によりUD社となった後、1988年にスコットランドの各地域を代表するウイスキーとしてクラシックモルトを発表し、このダルウィニー15年の後継品が同シリーズに名を連ねることとなります。

ダルウィニーの特徴は、なんといっても麦芽風味。冷涼な熟成環境に加え、古典的な方式のワームタブ等の設備から作られる、硫黄成分の豊富な酒質にあります。(ここでいう硫黄成分は、シェリー樽等で後付けされるものとは別なものです。)
これが熟成によって粘性と厚みのある麦芽風味に代わり、個人的にハイランドらしさとして認識する、おしろいやお粥、あるいは樽感と合わさって蜂蜜やバニラ系の甘味をもった厚みのあるフレーバーに通じているようです。

蒸留所では、1986年に近代化のための改修工事で該当する設備が取り外され、冷却用コンデンサ等が新たに導入されたものの、酒質が変わってしまったことから1995年に再度ワームタブに戻るというプロセスを経たことでも知られています。
現在のダルウィニー15年は、原料の違いからかドライでボディもライトになってきていますが、香味のベクトルは変わっておらず。愛好家の間では、オールドボトルからフレーバーの系統が変わっていない銘柄の一つであるとも評価されています。

9632b301
(ダルウィニー蒸留所にて、1995年に再度設置されたワームタブ。同蒸留所のリリースが古典的なキャラクターを保つ背景としては、同設備の影響以外にリフィル系の樽を使う熟成の方式が、ディアジオの酒質を活かす作りにマッチしていたことや、シェリー樽等に拘る蒸留所に比べて影響を受けづらかったことも考えられる。Photo by K67)

さて、日本の市場を見ると、ダルウィニーのオールドボトルとしては下の写真のクラシックモルト時代の初期(1988~1990年代中頃まで)の流通はあったようですが、今回のダルウィニーシングルモルトのファーストリリース(1980年代前半~)は、輸入代理店が居なかった影響からか、ほとんどモノが見られません。

6e439374
IMG_20200504_002357

ではその香味がどう違うのかを、比較していきます。
まず、クラシックモルトの初期デザインであっても、同一ラベルでありながら写真上のように色合いから異なるようなロットが存在するため一概には言えませんが、今回手元にあって比較に使った15年は、麦芽風味主体の構成は変わらないものの、香りに青みがかった要素やドライな印象が少し目立ちます。(写真上の2本だと左側のボトルと類似のフレーバー構成。右側のボトルは今回のレビューアイテム寄りな構成で、リッターボトルだからか状態も抜群に良かった。)

また、ピートフレーバーを含む全体的な仕上げが荒いというか、余韻にかけて強く残るような印象があります。こうした違いについては、流通時期から蒸留時期を逆算すると、樽使いだけでなく、麦芽品種がゴールデンプロミスではなく、ゼファーが使われていた可能性が高いことや、ダルウィニー蒸留所が1968年まで行っていたフロアモルティングの影響があるのではないかと考えられます。

麦芽品種の違いによる、樽やピートの受け皿となる酒質への影響は言わずもがなですが、後者の行程は、ドラム式の乾燥に比べてじっくりとピートの成分が麦芽に染み込むためか、麦芽風味に馴染むというか、存在感のあるスモーキーフレーバーをもたらす傾向があると感じています。
どちらも美味しい”麦の酒”なのですが、麦とピートのマッチングや、全体的なバランスと厚みのある味わいとしてはファーストリリースに軍配です。

今回のボトルは、知人が海外で購入したボトルをシェアする形で手元に届いたものです。経年に伴う抜けも多少ありましたが、このくらいは許容範囲でしょう。
ベストパフォーマンスなら★7固定だったかなという評価。寿命は短そうですが、瓶内での変化も見ていきたい。レビューの通り派手さはないですが、ある程度ウイスキーを飲み進めてきたウイスキー好きが求めるフレーバーに加え、ダルウィニー蒸留所に求める個性がしっかり備わった、納得の1本でした。

ダルウィニー 29年 1973-2003 リミテッドエディション 57.8%

カテゴリ:
IMG_20190614_225134
DALWHINNIE 
AGED 29 YEARS 
Limited Edition 
Bottled 2003 
700ml 57.8% 

グラス:グレンケアン
時期:開封後1週間程度?
場所:BAR Eclipse 
評価:★★★★★★(6)

香り:スパイシーでウッディ、リフィル系統だが樽由来の枯れ感と強い熟成香。淡くメープルを思わせる甘味、リンゴのカラメル煮やキャラメルナッツ、酸のあるアロマがオレンジなどの柑橘も連想させる。

味:ドライで多少尖って感じられる口当たりから、熟成感と酸味のある樽由来のフレーバーが厚い麦芽風味と合わせて感じられる。バニラや白粉、洋梨、後半にかけてビターでハーブとキャラメルナッツを伴う。
余韻はウッディでドライ、紅茶のようなタンニンを伴う余韻が長く続く。

やや枯れたようなウッディさもある、強い熟成感が特徴のモルト。注ぎたてはドライで樽由来のフレーバーが主体にあるが、奥にはモルティーな甘みもしっかりあって時間経過でこなれて開いてくる。また少量加水も良好であり、開封後時間をかけて楽しんでいくのがおすすめ。


2000年代初頭、シングルモルトのブランド向上を図る狙いで、ディアジオからリリースされたリミテッドエディション。ダルウィニーからは2002年ボトリングの36年と、2003年ボトリングの29年がそれぞれリリースされており、特に36年は名作として知られています。

36年は流石フロアモルティング実施時代のダルウィニーと言うべきか、酒質が厚く熟成感とのバランスも良い。フルーティーで多彩な香味が、オフィシャルリリースだからこそ作り上げられる魅力を体現したような1本でした。
一方、今回久々にテイスティングした29年は、かつて飲んだ時は引っ掛かるようなウッディさに抵抗を感じていたもの。
久々に飲んだところ、ダルウィニーらしい麦感は感じられるのですが、度数に反して枯れたようなウッディさ、熟成感の強さは目立っていて、なるほど当時はここに引っ掛かったんだなと理解もできました。

樽構成は、バーボン以外にシェリー系も含んでいる印象。ですが、リフィルやサードフィルで、それが長期間の熟成を経てウッディさとして溶け込んでいるように感じます。
それでも記憶しているよりはまとまりがあり、樽由来のフルーティーさ、ディアジオのリリースで見られる樽由来の酸を伴う構成もまた”らしさ”で、時間をかけてじっくり飲んでいくことで、良い部分を引き出せそうな変化も感じられました。
おそらくこのボトルの飲みごろは、開封後であれば1年以上後、開封していない状態であればもう5年くらいは先なのかもしれません。


2000年代初頭当時。あるいは、自分が飲み始めた頃からでも良いですが、この手のボトルは不遇な扱いを受けていたと思います。
モノは間違いなく良いのですが、消費者が少ないのと、さらに安価で長熟のモルトをリリースするボトラーズの存在もあったため、販売戦略は厳しい状況だったと思います。
そうしたエピソードから、今高騰するオフィシャル長期熟成品は、遅れて再評価されるある種の芸術作品のように思えてきます。

実際、メーカーハイエンドの作品が1~3万円程度で買えてしまうって、ワインとかだと考えられない。
それは良いものが相応に認められたとも見れますが、近年の相場を見ると・・・どこを相応とするかは難しいなあとも感じてしまいますね。なんというか、心中複雑です。

ブラック&ホワイト セレクトリザーブ 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_8710
BLACK & WHITE
SELECT RESERVE
OLD SCOTCH WHISKY
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5-6)

香り:品の良い麦芽香とバニラウェハース、淡い古酒感。微かにスモーキーで、奥には熟成したモルトを思わせる洋梨、薄めた蜂蜜の甘みを伴う。

味:スムーズな口当たり、おしろいっぽさを伴う麦芽風味と麦芽糖、ピリピリとした軽やかな刺激や少し粘性を伴う舌当たり。余韻にかけてほのかなピーティーさ、干草や乾いた麦芽を伴いあっさりとしている。

素朴なハイランドモルト感が主体のブレンデッドウイスキー。癖は少ないものの意外にモルティーで、いわばダルウィニーを主体に感じる構成。加水は不要、ハイボールは麦感メインで好みが分かれるが、個人的には気持ち薄めですっきりと楽しみたい。


1990年代初頭。日本向けにリリースされていた1本。正直この時代だからグレーン増し増し、味も薄くてライトな量産路線だろと、勝手に予想していたのですが、飲んでみると特級時代末期のブラック&ホワイトと比べても頭一つ抜けた完成度で、少々驚かされました。

ブラック&ホワイトのキーモルトはダルウィニーとグレントファース、ブキャナン社所有蒸留所の原酒が使われていると言われていますが、業界最大手ディアジオの前身たるUD社傘下のブランドですから、様々な原酒が融通されていると思います。 
しかしその中にあって、このセレクトリザーブは、ダルウィニーに共通するハイランドモルトの香味が厚く、若さも変に主張してこない。
麦系メインの地味滋味構成で、多彩かつ複雑な味わいというわけではありませんが、素朴で心が落ち着く、意外においしいブレンデッドウイスキーなのです。

このモルティーさは、通常のブレンドがグレーン6〜7割と言われているところ、そのレシピより少しモルトが多いためではないかと予想。体感の熟成感は10〜15年程度といったところで、強いて言えば、飲み口のマイルドさ、粘性のある舌当たりの中で、ピリピリとした刺激があるのは少し気になりましたが、ポジティブに考えればそれも香味のアクセントです。

このグレードでこの味わいなら、ブラック&ホワイトブランドから、当時リリースされていた銘柄もそれなりなのか?
セレクト、プレミアムなど、優先順位を下げていたブランドも試してみたいと思います。

ダルウィニー 2001-2017 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
DALWHINNIE
Distillers Edition
Distilled 2001
Bottled 2017
Oloroso Sherry Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかでドライな香り立ち。最初は麦芽や干し草を思わせるニュアンスから、徐々にホットケーキやシフォンケーキを思わせる甘いアロマが広がる。

味:スムーズな飲み口、ドライで乾燥した麦芽を思わせるオーソドックスなモルティさ。中間には柔らかいコクに香り同様の品のいい甘み。
余韻はオークのビターなウッディネスと麦芽風味、鼻に抜ける干し草の香り。染み込むように長く続く。

まさにモルトの風味と言える、酒質主体でモルティーな味わい。樽感は補う程度で、ほどよい甘みとアメリカンオークを思わせる乾いた草やウッディさが適度に香味に混じっている。


昨年のディスティラーズエディションから、シリーズ中最も大きな方向転換があったと言えるのが、このダルウィニーです。

昨年のリリースはオーキーでフルーティーさが強く、ややウッディなタンニンも合わせて強く感じられたところ。今回は樽感よりもモルティな香味が主体でまさにモルト風味。こうもはっきりと方向性の違うリリースですが、共通しているのはどちらもオロロソフィニッシュと言いつつ、一般に知られるオロロソシェリーらしい感じではないことにあります。

(高台に位置するダルウィニー蒸留所は、気象観測所としても機能していたことで知られている。ではその観測設備はどんなものだったかというと、学校の校庭にあるようなローテクな装置が一つだけという。。。Photo by T.Ishihara)

スタンダードなダルウィニーのオフィシャルボトルは、大人しい味わいながらハイランドらしい柔らかい麦芽風味が広がる、もっと一般に評価されてもいいウイスキー。特に一昨年リリースされたダルウィニー・ウインターズゴールドはその特徴たる麦芽風味が厚く、樽感も綺麗。個人的に5000円以内でオススメのハイランドモルト筆頭です。

対して今年のディスティラーズエディションは、テイスティングの通り同じ麦芽風味でも傾向が異なっており、ほろ苦く乾燥したような傾向が主体。これはこれで良くできた香味であり、麦系風味の仕上がりの違いとして飲み比べをするのも面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×