タグ

タグ:ダブルマチュアード

クラガンモア 2004-2016 ディスティラーズエディション 40%

カテゴリ:
CRAGGANMORE
Distillers Edition 
Double Matured 
Distilled 2004
Bottled 2016
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:干し草のような乾いた植物感、アメリカンオークの癖とシロップの甘いアロマ、徐々に麦芽香もある。

味:スムーズな口当たりからほろ苦い麦芽風味、キャラメリゼ。干し草、やや薄めだがじわじわと土ぽいピートが染み込むようにほろ苦い味わいと共に感じられる。
余韻はスモーキーでビター、えぐみがある。カカオパウダー、アーモンド、を思わせるタンニンがはっきり感じられ、長く続く。

ルビーポートワイン樽で追加熟成されたためか、甘みに加えタンニンやえぐみといったニュアンスもスタンダードリリース以上に付与されている。今年のリリースは後者が少々強いイメージだが、40%加水でそれをまとめている印象。水を加えると甘みがより薄く、水っぽくなってしまう。


クラガンモアと言えば派手さはないが、華やかで柔らかい、麦芽風味主体のモルト。スペイサイドモルトですが、ハイランド的な特性が強く感じられます。
オールドボトルは特にそのニュアンスがわかりやすく、それがらしさとして感じられるところ。このダブルマチュアードはそうした酒質をベースに樽感が付与されているため、時に別物という仕上がりを見せることもあります。

今回の2017年流通品は、テイスティング記載の通りルビーポート樽由来と思しき甘み、それ以上にタンニンや樽のニュアンスが強く、いい部分も悪い部分も含めて、らしさはあまり強くない1本だなと感じます。
では蒸留所のらしさはさておき、全体の完成度はというと、小さくまとまっているイメージで、個人的にはこれもあと一手ほしい、中途半端さが。。。
結局のところ、クラガンモアという蒸留所は特別クオリティの高い樽に当たらない限りは、あまりいじることなく、そのままの特性を伸ばしたほうが良い仕上がりになるのかも。
DSC02365

この一連のダブルマチュアードシリーズは、特に内陸モノは飲み手の好みによらず平均して飲めるだろうというリリースが少なくありません。万人受けというか、特に感動もしない変わりに「美味しいよね」と言ってもらえるクオリティが維持されている。
その中でも今年はダルウィニーに光るモノがある一方、クラガンモアは面白みに欠けると言わざるを得ない出来だと感じました。もっと出来る子だと思うのですが、ここ数年、キラリと光るクラガンモアのニューリリースに出会っていないのは残念です。

オーバン 2001-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
OBAN
Distillers Edition
Double Matured
Distilled 2001
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:スモーキーで焦げたようなアロマ。ローストアーモンド、落穂。時間経過でエステリーでオレンジチョコ、カカオを感じるシェリーのニュアンス。微かに硫黄も。

味:ピリッとした口当たり、塩気、焦げたカラメル、焙煎した麦芽のほろ苦さ。合わせてメープルを思わせる甘みと微かに油絵の具のような癖、チェリー、プルーン、シーズニングのニュアンス。スモーキーでスパイスを伴うビターな余韻が染み込むように残る。

蒸留所の特徴という点ではブリニーな味わいにピートフレーバーと、ハウススタイルが感じられるように思うが、焦げたような苦みが目立ち少々アンバランスでもある。しかしこの原酒はどこで熟成させているのだろう。


ハイランドの港町で作られるウイスキー。オーバンは個人的に好きな蒸留所の一つ。ボトラーズ含めてリリースが少ないため、こうして毎年リリースされるMHDのダブルマチュアードが結構楽しみだったりします。

同リリースはアモンティリャード・フィノシェリーのシーズニング樽で2度目の熟成が行われています。
シェリーの性質上、オロロソやPXのように濃く仕上がりませんが、アーモンド、オレンジ、カラメルソースの甘みといったシェリーの由来の要素に加え、新樽からそのまま作るシーズニング樽らしく樽材から出たと思しき木のエキスの癖が混じっています。
(また、香りには微かにサルファリーな要素も感じられましたが、これは以前のリリースにはなかったような・・・。)

一方、ベースとなるモルト原酒としては、オフィシャル通常リリースのものと同じかと思いきや、ピートや焦げたようなモルティーさが、通常リリース以上にはっきりと感じられました。
MHDのダブルマチュアードは、毎年決まった時期に蒸留され、熟成された原酒によって作られているところ。1年のうち、この期間の仕込みはダブルマチュアード用、として切り分けているのでしょう。
同リリースは、ここ数年ビターなニュアンスが目立つ出来だったと記憶していますが、今年のものは特にその点がはっきりとして、樽感と乖離しているというか、ややアンバランスに感じられました。
開封後、少し時間を置いて"なれ"させた方がいいのかもしれませんね。

ダルウィニー 2000-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
DALWHINNIE
Distillers Edition
Double Matured in Oloroso Sherry Cask
Distilled 2000
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くエステリーな香り立ち。蜂蜜、林檎のコンポート、サルタナレーズン、じわじわ乾いた麦芽、木材の削りくずを思わせるウッディネスも。

味:とろりとした口当たり、麦芽風味、ホットケーキ、オレンジジャム、果実味のある甘い風味が広がる。ボディは柔らかく、穏やか。
余韻はドライでスパイシー、土っぽいほろ苦さ、しっかりとウッディなオークが蓄積するように長く続く。

香味とも樽が強くドライな系統だが、エステリーでフルーティーなニュアンスも備わっており、ダルウィニーらしい麦芽風味と合わせて多彩な仕上がり。一方ボディはそれほど強くないので加水は少量程度までなら、樽感とのバランスも取れてくる印象。


ここ数年のダルウィニーダブルマチュアードの中で、最も良い出来ではないかと感じる1本。あるいは、今年のディスティラーズエディションの中でも、印象に残った1本であり、ダルウィニー好きな自分としては嬉しい驚きでした。

2回目の熟成に使われた樽は、オロロソシェリーカスク。しかし近年のそれとしてイメージするシーズニング系のシェリー樽のニュアンスはほぼなく、飲み口に程よい甘みと、ウッディネスを与えている以外、味のベースはアメリカンオーク由来と思しきフルーティーさ。
ダルウィニーのオフィシャル15年は、年間平均6度と寒冷な熟成環境からそれほど強い樽感のボトルではないので、ダブルマチュアード用の原酒が特別だったのか、あるいは集中熟成庫で環境が違ったか。何れにせよスペックからこの味わいを連想した方は、居なかったんじゃないでしょうか。

(ダルウィニー蒸留所の巨大なワームタブ。最近では1996年に改修工事が行われたものの、伝統的な設備は継続して使い続けている。Photo by K67)

ダルウィニー蒸留所は1960年代の大改修でフロアモルティングを取りやめ、石炭直火蒸留も1972年にスチーム式に切り替え、その後も徐々に設備を近代化していく中で、香味や酒質が穏やかに、細くなってきた過去があります。
今回のボトルもまさに近年のダルウィニーという要素はあり、酒質の部分でボディの細さから、香味が強く発散していくようなニュアンスはありませんが、飲みやすくまったりと楽しめる良いリリースだと思います。

カリラ 2004-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2004
Bottled 2016
Double Matured in Moscatel Cask Wood
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
開封時期:開封1カ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:スモーキーで焚き火の後のような香り立ち。ベースはクリアで塩素系のニュアンス、砂糖漬けレモンピールに乾いた牧草、微かに杏のお菓子を思わせる甘いアロマも。

味:淡く粘性を伴う口当たりから、焦げた木材、クリーンな甘みと塩気を伴う。中間目立った広がりはないが、焦げ感は強く荒さがある。
余韻はピーティーでスモーキー。塩気は長く続く。

甘口のモスカテルシェリーのダブルマチュアードだが、飲み口はクリアでピートや塩味等はっきりとした主張がとろみのある甘さと渾然一体となって・・・とは言い切れず、ややアンバランスな印象。時間を置いて試して見たい。


MHD社、2017年リリースのダブルマチュアードシリーズ、ラガヴーリン、タリスカーと来て、最後の島ものはカリラです。
この島もの3兄弟の中で、カリラについては毎年これという印象が無く、自分の中の評価軸でも1つ落ちてしまうのですが、今回のリリースも同様。悪くはないのですが、現時点ではややまとまりに欠ける味わいというのが拭えませんでした。

それもこれも、カリラはクリアでピーティーという酒質がベースにあるところ。タリスカーやラガヴーリンはオフィシャルスタンダードである程度樽の効いたリリースですが、カリラはオフィシャル12年で完成度が高く、ダブルマチュアードにすると中途半端な樽感がある種の異物感というか、酒質との印象が変わってしまうからか。
(どっと味をつけてくれるような樽ならまた変わるのでしょうが。)

以上は自分の勝手なイメージですが、この樽感とのまとまりが、時間経過でしっかり馴染んでくれるなら、あるいは5年後くらいにこのリリースも面白い仕上がりとなるかもしれません。


話は変わりますが、カリラは現在原酒の9割をスコットランド本土の熟成庫で熟成していると聞いています。(カリラの熟成庫にカリラはほとんどなく、ラガヴーリンの原酒が熟成されているという話も・・・。)
ウイスキーに塩気が混じるのは熟成環境によるとするのが定説ですが、アイラ島で熟成していない原酒から塩気が感じられるのはこれ如何に。それともこのカリラは数限りあるアイラ島の熟成だったのか。
塩気については自分の中で仮説が一つあるのですが、いずれ記事にしたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×