タグ

タグ:スペイサイド

マッカラン 12年 シェリーオーク 40%

カテゴリ:
IMG_20200319_233814
MACALLAN 
12 YEARS OLD 
SHERRY OAK CASK 
Release 2018~ 
700ml 40% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★(4)

香り:柔らかく、細い香り立ち。おが屑や乾いた木材を思わせる甘さと軽いウッディさ、輪ゴムのようなニュアンス。微かに林檎キャンディーを思わせる人工的な甘さに加え、ダークフルーツの要素もほのかに。

味:薄く、水っぽいキャラメルの甘味を感じる口当たり。薄めたオランジェット、デーツを思わせるドライフルーツが遅れて広がるが、これも主張は弱く、ボディも薄いため長く持続しない。逆に後半にかけておが屑や焦げたウッディさと樽のエキス、胡桃の皮を思わせる渋み、軽いスパイスが主張し、微かにあった良さを打ち消してしまう。

まるでトワイスアップを飲んでいるように、シャバシャバとしたボディと薄いシェリー感のモルトウイスキー。でありながら、樽由来の渋み、タンニンはある。出涸らしの紅茶から無理矢理香味成分を引き出したよう。
あるいは加水でバランスを整えて、不要なものを極力薄めた結果、良い部分がそれ以上に薄まってしまったのだろうか。
諸行無常は世の理と言え、どうしてこうなった・・・。

IMG_20200319_233848

2018年頃からリニューアルした、マッカランのオフィシャルスタンダードラインナップ。
ここのところ、シングルモルトのブームもあってか、多くの銘柄でリニューアルがあり、リカルの執筆もあって色々飲んでいるところ。一長一短ながら、良くなったと思えるような銘柄もあるのですが・・・マッカランについてはその流れは適用されなかったようです。
少なくとも、ダブルカスク、トリプルカスクとリリースがあるなかで、シェリーオークに拘る必要はないということがよくわかりました。

マッカラン・シェリーオークに使われている樽材はスパニッシュオークのみ。これは、後述するマッカランの伝統とも言える樽製造プロセスから来ているこだわりですが、近年はファーストフィルに対してリフィルの割合が増えているように感じます。
シェリー感は薄く、微かにリフィルオーク由来のバニラやグリーンアップルのようなニュアンスも混じることから、その特徴を感じることができます。

良し悪しはともかく、マッカランは1974年から独自の樽製造プロセス「スペインで伐採したスパニッシュオークを自社の樽工場で加工し、ボデガに預けて約2年間オロロソシェリー酒を熟成させたもののみを使う」によって、自社で管理し品質を安定させる樽作りを行ってきました。
皮肉なことに、10年くらい前はこれがマッカランの味が落ちた要因として推測されてもいましたが、それは長期的な視点に立つと、シーズニングシェリー樽製造において先進的かつ重要な取り組みであったことを、近年のウイスキー業界におけるシェリー樽事情が裏付けているように思えます。

ただ、マッカランの人気から樽の供給とのバランスがとれていないのか、シーズニング期間の短縮や、リフィル樽の比率が増えるなど、樽側の変化がウイスキーマガジン等のWEB媒体の過去の公開情報と、現在進行形でオフィシャルサイト等で発信される情報の差として見られるようになってきました。今回の香味の変化も、それらと無関係とは思えません。

IMG_20200319_233942
(マッカラン現行品の2本。18年については先日のレビューを参照。どちらも同じベクトルにある香味構成で、比較すると同じようにボディの薄さがあるなかで、18年のほうがまだ濃厚だが、それは12年のほうが熟成期間が短いのと、リフィルの比率も多いため樽由来の要素が弱いという違いである印象を受ける。いずれにせよ、双方コスパが良いとは言い難い。)

一方、上記18年のレビューでも触れていますが、樽の品質以上に、酒質の変化が大きな影響を与えているようにも感じます。
例えば重要な要素と言える麦芽品種は、2000年代のマッカランでは当時業界で主流のオプティックやコンチェルトだけでなく、独自の品種モメンタムで仕込まれています。

そこに今なお語られる伝統のゴールデンプロミスの姿はなく、調べてみると1990年代中頃にかけて年々使用比率が下がっていたそうで、真偽不明ながら1993年には全体の30%だったという情報もあります。その影響が出ているとすれば違和感はありません。
あるいは作り方の問題もあるのでしょう。シェリー樽由来の香味の薄さだけでなく、それを支える弱く、緩い酒質。。。近年リリースのカスクストレングス等を飲む限り、全般的に軽い酒質とは思えないのですが、奥行きを補う樽感が弱いと、加水による落差が大きいのかもしれません。(ゴールデンプロミスが良い品種だったかどうかは議論が別れますが、ドライでプレーン気味ながら強い酒質が生まれていた傾向は、同品種が主流だった70~80年代のモルトに見られます。)

マッカランについて、一世代前のボトルは言うてそこまでひどくないというか、丸瓶最終時代と同じベクトルにあるマッカランシェリー味を経験するには良い、と思っていましたが、今回レビューした現行品はまったくの別物です。
オフィシャルが飲み方でストレートではなく、ロック、あるいはトニックウォーター割りのカクテルを推奨するのも納得してしまいました。

マッカラン 18年 シェリーオーク 2019年リリース 43%

カテゴリ:
IMG_20200319_231502
MACALLAN 
18 YEARS OLD 
SHERRY OAK CASK 
ANNUAL 2019 RELEASE 
700ml 43%

グラス:シュピゲラウ
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5)

香り:シーズニングのプルーンや黒砂糖を思わせる甘いアロマがうっすらとあり、同時にゴム、焦げた木材や井草を思わせる樽香。奥には青い果実系の要素。これらが全体的に柔らかく広がる。

味:水っぽい口当たりでボディが薄く、そこからふわりとブラウンシュガー、焦げたゴム、デーツやドライプルーンを思わせる甘い含み香。余韻に香り同様の焦げ感のあるほろ苦いウッディさ、出涸らしのお茶のような渋味から、スッと消えていく軽い余韻。

スペインヘレス産シーズニングシェリー100%伝統のマッカランシェリーオーク。
であるが、シェリー樽由来の香味は辛うじて拾えるダークフルーツ系の要素と同時に、焦げた樽由来の若干ネガティブな要素もある。それ以上に、もはや加水に耐えられないのか、ボディは軽く水っぽい。飲めるは飲めるし、最低限のバランスは整っているが、実に物足りない。コクがなく、ただ、後付けしたシーズニングシェリー樽の香味があるだけ。。。

IMG_20200319_231513
IMG_20200319_231535

2018年にボトルデザインチェンジが行われ、以前の肩張りボトル(以下写真参照)から、キャップからネック部分が持ち手で、先端部分が刺さった”古代の剣”みたいなデザインになったマッカランの現行ボトル。
愛好家を中心にあまり良い評判を聞かないマッカランですが、自分が意識してウイスキーを飲むようになった10年ほどでも”現代のマッカランは酷い”という声は定期的に届いてくるため、現在のロットについて同じような感想が聞こえても、さして気にも止めていませんでした。「昔は良かったという声は、いつの時代も一定数あるものさ・・・」なんて。

実際、マッカラン・シェリーカスクに限定するのであれば、1990年代流通あたりの丸瓶に比べて年々シェリー感が変化し、薄くなって荒くなったと言いますか。酒質も奥行きが乏しくなっていたのは否めず、これをもって味が落ちたとする意見には同意です。
ただ、これはマッカランに限らずどのブランドにおいても大なり小なり見られた傾向であり。むしろシェリー感の傾向としては、自前で樽工場を持ち(すべては賄えていないが、相当な投資をしていると言う話)、樽の仕様の発注、管理等を行っている関係か、新旧比較して香味のベクトルが全く別物になった訳ではないというのが自分の感想でした。

bd67ef7c
9146c587
(2000年代後半から流通していたマッカラン旧ボトルの18年。元々単一蒸留年の原酒で仕込まれていたボトルだったが、2015年流通(写真右)を最後に2016年からは今回のレビューアイテム同様にリリース年が記載されるようになった。それだけ原酒が苦しいのか、シェリー樽由来の甘味、コクが薄くなり、樽で苦労しているのを感じる味わいとなっていた。)

さて、今回「現行品も飲んでおかないとな」と、新ロットを見かけてテイスティングしてみたわけですが・・・。流石にここまでとは思いませんでした。前言撤回します。これはもう別物です。
樽の構成は伝統のスパニッシュとアメリカンのシーズニングで、上記写真の時代からシーズニング期間(1~2年程度)含めてそこまで変わっていないように思えます。ただし特に酒質の薄さ、水っぽさが目立っており、以前は旧時代の残滓くらいはあったそれが、越えてはならない一線をついに越えてしまったように感じてしまいます。

ベースとなる麦の違いか、よりスムーズで飲みやすい酒を目指した結果なのか・・・。かつてカスクストレングスではパワフルでフルボディといわれた酒質の片鱗は、一体どこにいってしまったのか。香りはするが、コクがほとんど感じられません。
それでも18年熟成かつ、大手ブランドの作りというのもあり、箸にも棒にもではなく。むしろ今ある条件のなかでバランスは整えられていて、普段ウイスキーを意識して飲まない無関心層相手のブランド商売なら、これくらいのほうが"マイルド"であるとか"飲みやすい"のかもしれません。

そして高い市場価格故、よくわからないけど良い酒飲んだ・・・という感じになって決着すると。まあ商売としてはアリなのか、コア勢は限定品を飲んでくださいという整理なのか。
近年蒸留所を大改修し、いまやミュージアムとも思えるような新しい蒸留設備を備えた大規模蒸留所マッカラン。旧ボトルを有り難がるつもりはないですが、これから先どこにいくのか。。。樽、製造設備の次は酒質の原点回帰を少しくらい進めても良いのではと真剣に感じてしまいました。

クラガンモア 12年 スペシャルリリース 2019 58.4% 

カテゴリ:

IMG_20200319_223808
CRAGGANMORE 
Special Release 2019
Aged 12 years 
Distilled 2016 
Cask type Refill American Oak 
700ml 58.4% 

グラス:シュピゲラウ
時期:開封後1週間程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち。乾いた麦芽、籾殻、淡いオーク香。奥には乳酸系の酸があるが、エステリーでじわじわとピートスモークが存在を主張する。

味:麦芽由来の甘味が柔らかく広がる。仄かに洋梨のアクセント、余韻にかけて少し若い乳酸、度数由来の刺激が時間差で届き、焦げた藁や土っぽさを伴うスモーキーなフィニッシュ。

些か若さのある香味がベースにあるが、麦の甘味とピートフレーバーがその若さの上に重なって、淡い樽香が繋ぎになってうまくまとまっている。この酒質ベースかつバランスの取れた作りはいかにもディアジオのリリースらしい。ただ、クラガンモアに強めのピートという組み合わせは新しく、美味しさ以上に面白みのあるリリース。


クラガンモアと言えば、麦芽風味主体の牧歌的な内陸モルト。かつては麦芽風味が厚く、やぼったい感じが逆に魅力でもありましたが、近年はウイスキー全般の傾向よろしく麦芽風味やボディが弱く、ややドライでピート香もライトなタイプになり。。。正直目立たないというか面白みのないシングルモルト、という印象がありました。

今回、スペシャルリリースでクラガンモアのカスクストレングスが久々にリリースされるとあり、気にはなっていたのですが、まさかのピーテッドモルト。ってか仕込んでたのね変わり種。2016年に試作されたミディアムピーテッドモルトとのことですが、オールドパーやジョニーウォーカーあたりに使っていたのでしょうか。
序盤のハイプルーフらしく厚みのある麦芽風味、ほのかに白系のフルーティーさが広がる感じはクラガンモアらしさを思わせる個性。このままで普通に美味しいウイスキーですが、余韻にかけて存在感を増していく、ピートフレーバーが異質なのです。

香味の系統としては、アードモアより麦芽風味が厚く、ハイランドパークほどピートに癖がない。オールドプルトニーから潮気を取ると一番近いかな。。。という感じで、何れにせよ飲んでいてその辺りの蒸留所との一部共通点を思わせるような香味構成となっています。
少なくとも、ブラインドで飲んでクラガンモアが出てくることはまずないと思います。

純粋な味わいとしては若さは若干あるものの、このピートが良い仕事をしています。樽の効かせ方もバランス良く、今年のリリースでオード、タリスカー、ラガヴーリンらはまさに王道という構成ですが、クライヌリッシュに対するブローラのような、可能性を楽しめる1本。美味しく楽しませて貰いました。

Seeyounextmuscle

今日のオマケ:グレンマッスルNo,3 リリースのお知らせ。

この1週間は色々バタついていて、更新が不定期&頻度低下してしまいました。
仕事の終電帰りが常時だと体力的に厳しく。。。まあ元気にやってます(笑)。
私的な話はさておき、来月グレンマッスルのNo,3がリリースされます。
No,2と同時平行で昨年仕込みを完了していたので、前作から2ヶ月という短期間でリリースが続くことになりました。

No,2はモルティーでフルーティーなタイプ。強い味わいのなかにシングルカスクとは異なるブレンドらしい複雑さ、飲みやすさ。開封後の変化も合わせてSNS等での感想は概ね好評だったようで、関わった一人として安心しました。
そして来月リリースされるNo,3は、これまでとは180度キャラクターの異なる、ピーティーなブレンドです。
恐らく万人向けとは言い難いですが、これも愛好家が求める味わいの一つであり。構成原酒のうちキーモルトとなる日本の蒸留所について、大きな可能性を感じる仕上がりだと思います。
詳細は追って公開します。これまでのリリース同様に、楽しんで貰えたら嬉しいです。

マッカラン クラシックカット 2017年リリース 58.4%

カテゴリ:
IMG_20200303_105115
The MACALLAN 
CLASSIC CUT 
HIGHLAND SINGLE MALT 
LIMITED 2017 EDITION 
750ml 58.4% 

グラス:不明
時期:開封後半年程度
場所:BAR Fingal 
評価:★★★★★★(6)

香り:レーズンやオレンジ、ブラウンシュガーの甘さと、若干の椎茸。ドライフルーツを思わせる酸、あるいはオロロソシェリーそのものも微かに感じるリッチなシェリー感。鼻孔をヒリヒリと刺激する強さが、度数の高さを伺わせる香り立ちでもある。

味:とろりとして粘性のある口当たり。ドライプルーンやチョコクリームを思わせる甘味。アーモンド、微かにオレンジピール。すぐにスパイシーでドライな刺激が口内を支配する。
ビリビリとした刺激を感じつつ、余韻はチョコビスケットが焦げたようなビターなウッディネスに、序盤に感じた甘味も合わさって長く続く。

シェリー樽由来の濃厚さと若さを感じるバッティング。濃厚さが盛り上がった後でスパッと切り替わってしまう粗さの残る仕上がりであるが、そのシェリー感は1世代前のカスクストレングスに通じる濃さが魅力でもある。最近のマッカランのなかでは、価格と合わせてバランスのとれた印象のあるリリース。加水すると口当たりのマイルドな甘味が強くなるが、中間以降が水っぽさ、平坦な印象も。じっくりとストレートで。

IMG_20200228_225322

2010~12年頃にひっそりと終売となった、マッカランのカスクストレングス。その後継品的な立ち位置で2017年からリリースされていたのが、今回レビューするクラシックカットです。
熟成はマッカラン伝家の宝刀”100%スペイン・ヘレス産シェリーカスク※”で、毎年数量限定で生産。リリース毎に異なるブレンダーが手掛けているのも特徴であるようで、オフィシャルサイトには毎年異なるレビュー、キャラクターが紹介されています。
※マッカラン印のシーズニングシェリーカスク。アメリカンオーク、スパニッシュオークの双方がある。

2017年のファーストリリースはまず米国市場に展開され、その後イギリスでも発売。2018年リリースも同様に欧米市場のみでの展開だったため、日本ではほとんどといって良いほど話題になりませんでしたが、2019年リリースからついに日本市場に入ってくることが、サントリーから発表されています。

IMG_20200303_175343
ザ・マッカランクラシックカット 数量限定発売 2020年3月3日から

日本流通価格は15000円程度。アメリカ等では10000円程度なので少々割高ではありますが、50%オーバーのハイプルーフ仕様でシェリーカスク熟成。何より旧ボトルのカスクストレングスを思わせるデザインは、往年のファンの気を引いて、味さえよければこれもありかと思えてしまいます。
実際その筋の店では間違いなく売れ筋でしょうし。。。特にアメリカに行く機会がある方は、日本未入荷の1stリリースをお土産に探してみても良いかもしれません。(去年購入したフィンガルのマスター曰く、普通に売っていたとのこと。)

というのも2017年レシピは、まさに旧ボトルとなるカスクストレングス時代のシェリー感に通じる濃厚さがあり、最近のマッカランでは納得感がある仕上がりなのです。
勿論、構成が全く同じというわけではなく、あくまで”最近の”という前置きや、シェリー感を突き破ってくる強めの刺激から旧ボトルよりも若い原酒を使っている印象もあります。
ですが元々酒質の強いマッカランにあって、これはこれで面白く、最近こういうのなかったなと。香味の強さを楽しめるレベルだと思います。

ab8714bb
(旧マッカラン・カスクストレングス。ボトルデザインが大幅にリニューアルした2006年頃から、2012年頃まで流通していた。初期の頃は10年表記があったが表記が消滅している。黒砂糖やドライプルーン、パワフルな中に色濃いウッディな甘味を備えた、濃厚かつ粗さの残るマッカラン。

実は今回のボトルを飲むのは2度目で、最初は昨年11月にブラインドテイスティングで出題を受けていました。
飲んだ瞬間思い浮かんだのは、それこそ上記のマッカラン・カスクストレングス。ただし記憶の中の比較でシェリー感が若干違うような、あるいはこんなボトル出てくるか・・・と、グレンドロナックのカスクストレングスを選んで撃沈。まさかマッカランから王道的カスクストレングスが復活していたとは知らず、驚きでした。

さて、ここまで2017年リリースのクラシックカットについて触れてきましたが、今日リリースされたクラシックカット2019はどうか。
メーカーコメントを見るに色が薄くなっているようですし、ダークフルーツではなく、オレンジの皮やジンジャー等の単語が並んでいることから、リフィル系の樽かアメリカンオークのシーズニングの比率が多いのかもしれません。なんとなーく、今のスタンダードの12年ダブルカスクの延長線上にあるシェリー感が予想されます。
まあこれ以上飲まずに語るのは予想の範疇を越えてしまい失礼ですので、続きは飲んでみた後で。今は、マッカランのカスクストレングスリリースの復活を歓迎したいです。

アンノック 12年 1990年代流通 40% ノックデュー蒸留所

カテゴリ:
IMG_20200124_203601
An CNOC 
Knockdhu Distillery 
Single Highland Malt 
Aged 12 years 
1990-2000's
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:素朴な麦芽香、スワリングしていると生焼けホットケーキのような甘さが感じられる。奥には微かにハーバルで、干し草のような乾いた植物感。それが燃えたあとの灰のようなアロマも感じられる。

味:口当たりは微かな青さがあり、とろりとして香ばしさもある麦芽風味。バニラや熟した洋梨を思わせる甘味が麦芽風味のアクセントとして感じられつつ、じわじわとビターなフレーバーが広がってくる。余韻は適度にドライでほろ苦い。微かに土っぽさもある。

プレーンで素朴なハイランド(スペイサイド)モルトという構成。麦芽風味と干し草のようなリフィル系の乾いた樽香がメイン。現行品に比べると、麦芽由来の風味が強く田舎臭さに通じる部分があるが、それが魅力である。こういうボトルはたまに飲みたくなる。
なお名前だけでなく、味わいの傾向としても、どこか同時期のノッカンドゥに似ているような・・・。

IMG_20200124_203647

1988年、UD(旧DCL)傘下からインヴァーハウス傘下になったノックデュー蒸留所。
1993年、同社がシングルモルトをリリースする段階で、その名前がJ&Bでお馴染みのノッカンドゥーに似ていて紛らわしいという理由から、名前を変えてリリースされたのが、アンノック・シングルモルトの初期ラベルです。

"Knockdhu"と"Knockando"。確かにGLENでもないのに同じスペルが使われている点で紛らわしいのですが、名前だけでなくキャラクターも麦芽風味主体で限りなくライトピート、素朴で熟成していくとフルーティーという類似の構成であり、何も知らなければ同じ蒸留所の製品?と思われてしまう可能性は否定できません。
では過去にノックデューとしてのリリースがなかったのかというと、そんなことはなく。DLC傘下の1980年代には、どことなくクラガンモアに似たデザインの12年シングルモルトがリリースされていました。DCLとしてはさして気にしていなかったが、ライバル会社となれば話は別だった・・・ということなのでしょう。

フレーバーの傾向は1980年代も1990年代も大差なく、同系統の仕上がりといえます。
ただ自分が経験したボトルで比較すると、麦芽風味の厚さで1980年代に軍配が上がるのは、やはりスコッチウイスキー全体の傾向として仕方ない話でもあります。(度数も40%と43%で違いますし。)

また、傘下が変わった後に仕込まれ原酒が使われる、2000年代以降に大きな変化があるかというと、名前を変えただけで味わいの傾向を大きく変えていく訳ではなく。
最近は様々な熟成年数のボトルや、ピーテッドタイプのモルトをリリースするなど、精力的にシングルモルト市場を開拓しているアンノックブランドですが、その12年スタンダードクラスのベクトルは、現行寄りの要素は強まっているものの同じだと感じます。

余談ですが、仲間内でオフィシャルスタンダードのオススメ銘柄を挙げてPRをし合う企画をした際。アンノック派とノッカンドゥ派に別れるシーンもあって、これもまた現代まで続く因縁じみたものを感じてしまいました。
・・・些かこじつけ気味ではありますが(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×