タグ

タグ:スペイサイド

リンクウッド 37年 1978-2016 スペシャルリリース 50.3%

カテゴリ:
LINKWOOD
Limited Release
Aged 37 years
Distilled 1978
Bottled 2016
Cask type Refill American Oak Hogsheads & Refill European Oak Butts
700ml 50.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや青みがかったドライな香り立ち。ツンとした刺激に乾いたオーク、品のいい果実香はファイバーパイナップル、青林檎、アロエを思わせるニュアンスを感じる。

味:プレーンで癖のないニュートラルな味わい。徐々にオーキーなトロピカルフレーバー。パイナップル、林檎のコンポート、奥には微かなピートフレーバーも感じられる。ボディはミディアム程度、余韻はしつこくない程度にドライでオーキー、華やかで長く続く。

花と動物のリンクウッドの延長にあると言えるボトル。淡麗系の酒質にほのかなピート。リフィルオーク樽を用いたことによるバランスよく、当該シリーズらしい整った熟成感がある一方で、青みがかったウッディさもある。


日本では2017年版のスペシャルリリースとして発売された、オフィシャルにおいて最長熟成となるリンクウッド。1978年という蒸留時期もあり、淡麗傾向で癖の少ない酒質となっています。
また、ボトルに書かれたポットスチルが、花と動物シリーズにおける同蒸留所の白鳥をイメージするようなデザインとなっており、上述の中身と合わせて関連性を感じる仕上がりでもあります。(価格は随分と差がありますが。。。汗)

当時のリンクウッドは新しい蒸留設備が1971年に稼働し、新旧合わせて生産量が大幅に増加していた時代。かつてはスモーキーで芳醇だった酒質は、生産方針の変更か、酒質の幅を増やすためか、この時期からオールドスタイルのものと、ライトスタイルのものが混じるようになるのは、これまでも度々触れてきているところです。
この背景には、新旧設備での作り分けのみならず、ライトなウイスキーを求める時代の需要、樽や麦芽品種の変化など、多方面からの影響があったのだと思いますが、その点で言えばこのスペシャルリリースのリンクウッドは近年寄りの仕上がりと言えます。

なお、リンクウッドは99%がブレンド向けに使われてきたという蒸留所。ジョニーウォーカーなどのDCL系列のブレンデッド他、直系としては先日記事にしたアボットチョイスやチェッカーズがあります。
この2銘柄については1980年代後半にかけて香味から徐々にクラシックなスモーキーさが失われて行くわけですが、この背景にリンクウッドのスタイルの変化があるのではないかと推察しています。


以下、雑談。
今回のリンクウッドしかり、これまで紹介してきたスペシャルリリースしかり、整っていてバランスも良いんだけど、高い評価に至らないボトルについて、どう位置付けているのかという質問を頂きましたので補足をさせて頂きたいと思います。

これは個人的に漫画のようなものだと思っていて、漫画は絵の良さと、ストーリーの良さが大きく分けてあるとすると、どっちを評価するかという話なんですよね。
勿論両方いいものの方が満足感は高まるのですが、例えば極めて両極端な事例は除いて、ストーリーはそこそこだけど絵やコマ割りは綺麗な漫画は無難に楽しめて、万人ウケもするけどしかし熱狂的にハマるかというとそうではない。これをウイスキーに置き換えると。。。バランスは良いけど突き抜けなくて★6、という評価をする事が多いと思います。

自分はどっちかというとストーリー重視で、絵はそこそこ、ストーリーそこそこでも評価が変わらなかったりしますが、数値化されない部分は本文の表現で補足したいですし、それ以上に個人個々の感覚、評価軸があって然るべきと思います。
こんなところで説明になっていれば幸いです。


ベンロマック 19年 1998-2018 再稼働20周年記念 56.2%

カテゴリ:
BENROMACH
20th Anniversary Bottling
Aged 19 years
Distilled 1998
Bottled 2018
Cask type 1st fill Sherry & Bourbon
700ml 56.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:持ち寄り会&サンプル
暫定評価:★★★★★(5ー  )

香り:ツンとしてドライ、ニスを塗った木材、干草、発酵系の酸味と奥には土っぽいピート香。時間を置くと酸味が強く、合わせて焦げたキャラメル、個性的な主張がある。

味:ねっとりとした樽由来の質感の奥から、ヒリヒリとした刺激。蜂蜜、クラッカー、くるみを思わせるほろ苦いナッティーさ。口の中で転がすと麦感、あんず飴のような甘みも辛うじて感じられる。
余韻はドライでウッディなえぐみが強く、微かにピーティー。ハッカやミントタブレットのようなハイトーンな刺激を伴いつつ、同時にべたつくような樽由来の質感が残る。

チグハグな印象さえ感じるほど、樽由来の嫌な部分が変に強く、余韻にかけてえぐみが蓄積する。また酒質も刺激だけが強く、ストレートは良い部分を拾いづらい。1:1程度に加水すると、樽香が整い品の良い甘みと共に麦感も出てまとまりが良くなるが、余韻はドライなままである。今後の変化に期待したいが。。。


1998年にGM社の傘下で再稼働した、新生ベンロマック蒸留所の再稼働20周年記念ボトル。ベンロマックは1898年創業、1953年にDCL傘下となった後、ウイスキー不況に伴う生産調整で、数々の蒸留所と共に閉鎖されていました。
その後1992年にGM社が蒸留所を買収。海外サイトの情報では、公式に再稼働したのはそれから6年後の1998年10月15日。買収から数年は設備のリニューアルを行なっていたようです。

記念すべき20年の節目を祝うリリースは、再稼働から約2ヶ月間の間に作られた原酒で構成されているようです。(あるいは、再開を公式にアナウンスする前に試験蒸留も行なっているのでしょうから、その際の原酒も使われているのでしょうか。)
リリースをPRする蒸留所マネージャーの言葉は「ベンロマックのクラシックなスタイルを象徴するような1本」であり、価格的にも非常に気合が入っています。
また、近年のベンロマックのオフィシャルは出来が良くなったという評価も聞くところ、この記念ボトルもさぞかし・・・と期待するも、予想外のクオリティに衝撃を受ける事になるのです。

正直、言葉にならない。思わず首を傾げ、心の中にはしかしふつふつと沸き起こる感情がある。現代的に言えば「マジ卍」。
要因は2つあり、一つは樽感。なんというかシェリーともバーボンとも言えない、リチャーしてエキスが濃く出たものを混ぜ合わせたような強い味わいで、酸味、渋み、えぐみが香味を構成していること。
そしてもう一つが酒質。樽を含めた熟成環境にも由来するのか、非常にスパイシーでハイトーンなアタック。新設蒸留所の稼働当初は酒質を安定させる事が課題にあるわけですが、その苦労を香味から感じるような・・・。ブラインドで飲んだら、まさにそうした苦労に直面した、某国内蒸留所の名前を挙げてしまうかもしれません。

今回のボトルの持ち主は、ブログ・ドリンカーズラウンジのYakuさん。
彼が「着・即・開」で大いなる期待と共にテイスティングした瞬間の反応と言ったら。。。なんというか、何かのCMで聞いたことのあるメロディーが脳裏をよぎるようでした。
このボトルを陥れるつもりなどないのですが、何故このリリースなのか、このバッティングなのか、純粋に興味深いです。

(美しく整備された再稼働後のベンロマック。ライトピートで古典的なスペイサイドモルトをハウススタイルに掲げている。Photo by T.Ishihara)

なお、今回のリリースが発売されたのは2018年4月(ボトリングは2月ごろ)、再稼働が1998年10月で、タイトルの通り19年熟成なんですよね。
20周年ボトリングで再稼働の年の原酒を使うのは良いとして、満20年を待てなかったのは、リリースにかかるタイムロスで2018年内に発売出来ない可能性か、細けえことは気にするなという思い切りか。
あるいは該当する原酒の熟成感を危惧して、なるべく早くリリースしたかった結果か。。。クラフトほど原酒が限られてるわけじゃないので、前者とは思いますが、このクオリティだと色々考えてしまいます。

グレンエルギン 18年 1998-2017 スペシャルリリース 54.8%

カテゴリ:
GLEN ELGIN
LIMITED RELEASE
Aged 18 years
Distilled 1998
Bottled 2017
700ml 54.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y’s Land IAN
次期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてドライ、ハイトーンでナッティ、乾いた木材を思わせる香り立ち。クリアなアロマだが時間経過でバニラの甘みと洋梨やレモンクリームのようなフルーティーさも感じる。

味:香り同様にクリアな口当たりから、ほのかに青みがかった麦芽風味、乾いたオーク、フレッシュでアタックが強いが徐々に蜂蜜を思わせる甘みとコク。
余韻はドライでスパイシー、乾いたウッディネスと黄色い柑橘香を伴うフィニッシュ。

一言でかつてのレアモルトシリーズを彷彿とさせるような、フレッシュなアタックと、やや青みがかった甘みを伴うクリアでハイトーンな香味構成。今となっては懐かしさを感じる味わいである。少量加水しながら楽しみたい。


個人的にグレンエルギンは好きな蒸留所というか、気になる蒸留所の一つ。麦系の甘みと内陸系の柔らかいピート香が特徴で、素性の良い酒質がもっと認知されてもいいのにと思うものの、オフィシャルは12年のみで大半ブレンド向けだし、ボトラーズもスタープレイヤーが出るほどじゃない。
なので、今回久々にスペシャルリリースが行われると知って、早く日本に入ってこないかなーと思っていました。

時代を遡ると、同系列のリミテッドリリースとしては、2008年に16年と32年熟成のシェリー樽熟成の2種類がリリースされており、特に32年はグレンエルギンならぬグリーンエルギンとして知られているボトル。それらのリリースから10年経ったのかと、時代と市場の変化を感じて複雑な気持ちにもなります(汗)。

では今回のリリースはというと、メーカー資料によればシェリー樽熟成。。。なのですが、あまりシェリーシェリーした樽感は見られないリフィルシェリーバット主体の構成。所謂かつてのレアモルト味に近いタイプですね。
メーカー資料によると、使われているのは2パターンの原酒に2種類の樽。ブレアソール23年でも出てきた「元ボデガ樽」と「ヨーロピアンオーク樽のリフィル」で熟成した原酒を、バッティングしているとのこと。ただ先述の構成のように、どちらもセカンドないしサードフィルの樽であると考えられます。

また、2パターンの原酒というのが、発酵の際に用いる酵母の違いからくるもので、ポンベ酵母(スワヒリ語でビールの意味、分裂酵母)を用いた原酒は元ボデガ樽。通常のセレビシエ(出芽酵母、こちらはエール酵母かディスティラリーイーストかは不明、おそらく後者)を用いた原酒は、リフィルヨーロピアンオーク樽でそれぞれ熟成させているとのこと。

近年、ウイスキーの製造は樽の種類や蒸留器の形状のみならず、発酵が注目されており、そこに用いられる酵母も酒質に影響を与える要素として研究されています。
ウイスキーの製造現場で主に使われるのは、出芽酵母セレビシエです。ポンベ酵母が属する分裂酵母でのウイスキー製造については前例を認識していないので、自分の中で一切整理できていませんが、メーカー資料によると青リンゴ系のフルーティーさを与えるとされています。
今回のリリースはやや青みがかった品の良い果実味が、その酵母由来なのかなと色々考えさせられる構成であり、またどこか懐かしさを感じる味わいでもありました。

ブレアソール 23年 1993-2017 スペシャルリリース 58.4%

カテゴリ:
BLAIR ATHOL
Natural Cask Strength
Aged 23 years
Distilled 1993
Bottled 2017
Bottle No,1241/5514
Cask type European Sherry Oak
700ml 58.4%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:最初はあまり香りが立たないが、ドライでスパイシーなアロマ。プルーン、黒蜜、ナッツ、少し古酒っぽさを伴う甘みが徐々に感じられ、奥からハーブや林檎のコンポートのようなフルーティさも開いてくる。

味:スムーズでとろみのある口当たり。プルーン、蜂蜜入りのエスプレッソティー、徐々にビターで干草を思わせるウッディネスが感じられる。
余韻はシロップのような甘みが残り、オーキーさからドライなフィニッシュが長く続く。

所謂温かみのある味わい。近年系のシェリー感だが、それは濃厚というほど強くなく、シェリー樽熟成としてバランスの良い範囲にまとまっている。時間で甘みが開くので、じっくりと楽しみたい1本。


スペシャルリリースでは珍しいシェリーオークでの熟成にして、シリーズ初となる同蒸留所のリリース。ブレアソールはオフィシャル扱いである花と動物シリーズがシェリータイプでしたので、この樽使いはそこに合わせてきたのかもしれません。
さながら花と動物の進化版、あるいは真打ち。シェリー樽熟成のウイスキーとしてバランスが良く、ハイプルーフながらまとまりのある味わいは、流石大手の安定感です。

ただ、このリリースは使われたシェリー樽に疑問点があり、今日の更新は蒸留所そっちのけで樽の話に終始します。 
今回のリリースにおいてMHDが配布した資料では、熟成に使われた樽は「元ボデガヨーロピアンオークシェリー樽」との記載があります。
この表記は「ボデガで使われていた樽」と見えそるのですが、その筋の知識がある方なら違和感を感じる表現。それは「元ボデガ」というのが、何を指すのかによって変わってくるのです。


使われていた樽が、"ボデガで「シーズニング」されていた樽"という意図なら、少なくとも表記上の矛盾はありません。(それは近年のウイスキー用シェリーカスクなので、普通にシーズニングと書けばいい話とも思いますが。)
しかし、"製品用シェリー酒を熟成させるソレラで使われていた樽"を用いた、ということなら話は別です。

シェリー酒製造側のプロセスで考えると、ソレラに使われる樽は通常アメリカンホワイトオークです。これは木材の特性からヨーロピアンオーク(スパニッシュオーク)ではシェリー酒そのものへの影響等により、長期間の熟成が困難であるためです。
誤解のないように補足すると、スパニッシュオークはウイスキーに対して良い影響を与える香味成分を持っています。近年ではメーカー側にノウハウが蓄積されて、山崎やグレンファークラス、あるいはカヴァランなどで高い評価を受けるリリースを生み出した実績と、将来的な可能性もある樽材です。
他方、それは近年の話。シェリー樽熟成のウイスキーは、1960年代前後蒸留のものが高く評価されており、この当時どんな素性の樽が使われていたかについて、明確な記録がないことから度々議論となります。

ウイスキー業界では「ボデガではアメリカンホワイトオークが使われていたが、当時ボデガから市場への輸送用の樽にはスパニッシュオークが使われており、それがウイスキー業界に再利用された」「1980年代以降は樽でのシェリー酒輸送が禁止されたため、シーズニングでそれを再現する努力をしている。」とする説明が、裏付けのために使われているところ。まあこれも矛盾点がいくつかあって議論の種ではあるのですが、今回の話とはこれ以上無関係なので話を戻します。

IMGP3025
(ブレアソールの熟成庫。全ての秘密はこの中に・・・Photo by T.Ishihara)

ボデガで商品向けシェリー酒の熟成に使われている樽は、ヨーロピアンオークではなくアメリカンホワイトオークであることは先に触れた通り。
このブレアソールに使われた"元ボデガ樽"がヨーロピアンオークであるなら、あくまでシーズニングのシェリー樽という可能性が高いと言えます。また海外のサイトを見ると、元ボデガに該当するような記載は見られず、ex-sherryのヨーロピアンオークカスクだという説明のみです。

以上から「MHDさん樽の説明ちょっと雑じゃない?」というのが現時点のオチなのですが、個人的にもう一つ感じている疑問が味わいに関する点。
このブレアソールは、ヨーロピアンオークでは付与されない、アメリカンホワイトオーク系の黄色いフルーティさをシェリー感の奥に備えているように感じます。
勿論ヨーロピアンオークのシーズニングに見られるねっとりした甘み、ウッディなスパイシーさもあるのですが、アメリカンホワイトオークと言われてもしっくりくる要素がいくつかあり・・・。例えば鏡板にアメリカンホワイトオークが使われている、ハイブリットカスクなのではないかという印象も持ちました。

シェリー樽は表記も含めて定まってない点が多く、謎の多い世界です。
少なくとも、このブレアソールはもう一度テイスティングしてみないといけませんね。IANさんが現在諸事情により短期休業中のため、再開次第同じボトルで確認します。
また、自分はこう感じたという意見がありましたら、非公開前提でも構いませんので是非コメントください。

クラガンモア 2002-2017 ディスティラーズエディション 40%

カテゴリ:
CRAGGANMORE
Distillers Edition 
Distilled 2005
Bottled 2017
Port Wine Cask Finish
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライでウッディな香り立ち。やや草っぽさが強く、ハーブ、お茶のえぐみ、徐々に乾いた麦芽香。奥には灰のような微かなピート香も感じられる。

味:口当たりから草っぽさ、葉物のサラダを食べたような香味から、モルティーなほろ苦さ、カステラ、ケーキシロップを思わせる甘み。余韻はややべたつくがほのかなスモーキーさを伴い穏やかに長く続く。

薬草、あるいは香草的なニュアンスを含む香味で、一口目は特にそれが強く、草を食べてるように感じた1本。今年のディスティラーズエディション中最も特異な味わい。
他方何口か飲んでいると上記ニュアンスが気にならなくなり、モルティーさが主体に。


ここ数年のディスティラーズエディションで、最もポジティブな特徴がなかったと言えるのがクラガンモア。
オーク系のニュアンスと共に案外良いねと思ったのは2015リリースですが、今年はあまりいい意味ではない方向に特徴的。ネガティヴ一辺倒なのは気が引けますが、これがポートワイン樽の難しさなのかなと感じる要素です。

クラガンモアは麦感と蜂蜜のような甘み、そして内陸系のスモーキーなアクセントがある、質の良い酒質を持った蒸留所です。オフィシャル12年も比較的出来が良く、今回のボトルは時間経過でその酒質由来の香味が後付けの樽感をカバーしてくるあたり、持ってるものは間違いない。
やはりクラガンモアは余計なことしないで、そのまま蒸留所の個性を伸ばした方が良いと改めて感じたところです。長熟のボトラーズリリースとか、数は少ないながら美味しいものが結構ありますし。

蒸留所の個性をそのまま伸ばすと言えば、クラガンモアはスペシャルリリースも何度かリリースされており、2014年には25年がラインナップされていました。ブログに掲載していませんが、以前IANやイベントで飲んだ際は麦由来の甘みと香ばしさ、ドライフルーツの酸味がある美味しいモルトだったと記憶しています。
なんて書いていたら、久しぶりに美味しいクラガンモアが飲みたくなりました。今度飲みに行ってきます(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×