タグ

タグ:スペイサイド

バーンサイド 29年 1989-2019 ブレンデッドモルト 46.2% Bar Shu-shu 10周年記念

カテゴリ:
FB_IMG_1559599845297
BURNSIDE 
BLENDED MALT WHISKY 
For Bar shu-shu 
Aged 29 years 
Distilled 1989 
Bottled 2019 
Cask type Bourbon 
700ml 46.2% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:自宅@サンプル
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やか、品の良い香り立ち。干し草とバニラ、あるいは麦芽の白い部分を思わせる甘さ。スワリングすると薄めた蜂蜜や熟した洋梨、白桃などのオーキーなフルーティーさが増してくる。

味:ややドライな口当たり。オーキーで華やかな含み香に、バニラクリームや洋梨のピューレ、微かにアプリコットジャムを思わせる柔らかい甘味と酸味を伴う風味がじわりと舌の上に広がる。
余韻はオークフレーバーが鼻腔を揺蕩い、クラッカーを連想する乾いたウッディネスの軽やかな刺激と、ナッティでほろ苦いフィニッシュが長く続く。

所謂ティースプーンモルトであり、中身はバルヴェニーといって差し支えないもの。ボディはミディアム程度で穏やか。その酒質を殺さない程度にバーボン樽(恐らくホグスヘッド)由来のオークフレーバーが上手く効いて、熟成感とのバランス良く綺麗に仕上がっている。
加水するとウッディさが和らぎさらにマイルドでスウィートな味わいを楽しめるが、個人的にはストレートのままチェイサー片手に楽しみたい1本。

IMG_20190605_001706

昨年開業10年を迎えた、葛西のBar shu-shu(シュシュ)の記念ボトルかつ、BARレモンハートとのコラボボトル。
現在予約受け付け中で、6月中旬頃に同店及び購入者に届く予定となっている本リリースのボトリングサンプルを、縁あってテイスティングさせて頂きました。
(※BARには6月11日入荷予定とのことです。)

IMG_20190604_214527
OPEN 19:30~27:00(日曜定休)
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西5丁目29-7

販売元はレモンハートでお馴染みのファミリー企画。ラベルは画像の通り古谷三敏氏書き下ろし、ファン垂涎のオリジナルラベルで、シュシュのオーナーバーテンダー徳山さんと、同店カウンターで飲むマスターの姿が書かれています。
オリジナルボトルのリリースは愛好家の夢ですが、それを彩るラベルは竹鶴政孝氏の言葉を借りれば花嫁衣装のようなもの。BARの記念ボトルとしてこれ以上は無いのではと思えるようなデザインです。
(徳山さんすごいそっくり。。。そして自分もマスターと飲んでる絵が欲しい!)

さて、どうしてもラベルに目がいってしまうリリースですが、中身もしっかり本格派。突き抜けて陶酔感や勢いのあるようなリリースではありませんが、熟成のピークを迎えた、実直で美味しいスペイサイドモルトです。
スペイサイドらしさを定義するのは中々難しいですが、一定年数熟成させた段階でハイランドほど酒質や樽感が肉厚ではなく、軽快で軽やかなフルーティーさを備える今回のリリースのような方向性が、近年ではひとつ目安になるかなと感じています。

熟成により過剰にならない範囲で整った樽感と、もう一方で熟成を通じないと得られない香味の穏やかさが、双方過剰にならない範囲でバランス良くまとまった味わい。樽由来の香味の合間に、バルヴェニーらしい柔らかい麦芽の甘味も感じられるのもポイントです。
BAR飲みなら1杯目、あるいはハイボール後等の2杯目からでも前後を気にせず楽しんでいける、多くの飲み手の好みにマッチして、抵抗なく美味しさを味わえるのではないでしょうか。


Bar shu-shuオーナーの徳山さんとはイベントやSNSでの交流が多く、例えば怪しいウイスキーが手に入ったと思わず閉口(笑)するようなサンプルをいただいたり、趣味が共通だったり、お店の創業日が自分の誕生日と同じだったりという具合ですが。今回のバーンサイドは、10年を越えて広く長く愛されてきたBAR Shu-shuそのものであるような印象も受けました。
月並みですが、この度の記念ボトルリリースおめでとうございます。是非後日カウンターで楽しみたいですね。

IMG_20190604_214400
IMG_20190604_214229

グレングラント 43年 1966-2009 GM ケルティック 50.9% #2929

カテゴリ:
IMG_20190303_142842
GLEN GRANT 
GORDON & MACPHAIL 
AGED 43 YEARS 
Distilled 1966 
Bottled 2010 
Cask type 1st fill American Oak Hogshead #2929 
700ml 50.9% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★★★(8ー9)

香り:オーキーで華やかな香り立ち。ややドライな刺激があるが、それ以上に黄桃と缶詰のシロップ、リンゴのカラメル煮、アプリコットジャム、微かにミントのアクセント。陶酔感も感じさせる凝縮されたフルーティーさ、複雑で多彩。

味:ドライでウッディ、栗の渋皮煮や甘栗のほろ苦く香ばしい甘みに、熟した黄桃やマンゴーの樽由来の凝縮感のあるオーキーなフルーティーさ。余韻にかけてタンニンも主張してくるが、序盤までのフルーティーさ由来の甘味をそれが引き締め、微かなピートも感じつつ充実したフィニッシュが長く続く。

素晴らしい熟成香が備わった長期熟成のグレングラント。樽由来の桃感やトロピカルなフルーティーさ、甘さを引き締め、あるいは2口目以降を引き立てるタンニンとウッディネス。気持ち強い気もするが、許容範囲でもあり、熟成のピークとしては最後の飲み頃だろう。少量加水程度なら缶詰シロップのような甘味が延びるが、それぞれのフレーバーのバランスを考えるとストレートがオススメ。


ウイスキーにおいて、自分が好きな構成はこういうタイプなのだと、改めて感じさせてくれた1本。(ありがとうSさん、美味すぎ警報発令です。)
オールドボトルで見られる、麦とピート、そしてオールドシェリーが合わさった妖艶な香味も素晴らしいですが、近年リリースのなかでも希にあるこの手のフルーティーさは、我々愛好家を更なる深みに引きずり込む、強烈な引力があるように思います。

残念ながら中々出会うことがないのですが、必ずしもオールドシェリー樽で熟成や、40年程度の熟成が必要かと言うと、そうではないのがこの系統の不思議なところ。
例えば、今回のボトルと同系統のフルーティーさを感じられた事例が、グレンファークラス1979のファミリーカスクRelease3。黄桃と桃の缶詰シロップ、そしてマンゴーのようなとろりと甘く、そして柔らかい酸味を備えた黄色系のフルーティーさがあり、それを引き締めるようなウッディネスに、共通項があります。

5062a731
(個人的に79ファークラスの最高峰がこのボトル。1979-2008 Cask No,2216。この後、信濃屋等から何種類か同じプレーンカスクの79がリリースされているが、香味の系統は異なっていた。何が違うのかは今だ見当つかず。。。)

熟成年数の違いもあってか、今回のグラントのほうがタンニンは強く出ていますが、なぜこのファークラスを引き合いに出したかと言うと、それはフレーバーの共通点以外に、樽の違いによる疑問から。
ファークラスは4回以上熟成に使用した、プレーンカスクホグスヘッドでの熟成。グラントは1st fillのホグスヘッド。どちらもアメリカンオークで、同じようなフルーティーさがありながら、樽の使用回数に大きな違いがあります。

また、グラントのほうは、1st fillとは思えないほどフルーティーさに透明感というか、シェリー樽にありがちなカラメルや樹液っぽさはなく、ドライな要素はあっても濁りのようなものがありません。
GMの長期熟成品では、カラメルのようなこってりした甘さのものもあれば、本当にシェリー樽熟成か?と言いたくなるくらい、熟成年数に対してその系統の香味が出ていないものがあります。今回のボトルはまさにそうした仕上がりでもあるのです。

プレーンカスクをヒントにして、シェリー樽路線で考えるなら、何度もシェリーの熟成で使われ、フィノ用まで回数を重ねたお古の樽での熟成というのはあり得るところ。
ただ、フィノ用でエキスのエの字も出なくなったような樽で、ここまで色がつくかというとそれも考え難く。ホグスヘッドですから鏡板を変える時に、異なる回数の材木が混じったとか、そういう”いい加減さ”が産んだ偶然が、この香味に繋がっているのかもしれません。

あるいは、American Oak Hogs表記ですから、実はシェリー樽ではなく、何回も使ったバーボン(バーボンを熟成した後でアメリカンウイスキーに回した)樽が、当時は一部捨て値同然で手に入り、それを使ったとか・・・もあるように思います。
ああ、本当にタイムマシンが欲しい。
謎は多くあるものの、1杯飲むだけで満足して1日を終えられるような素晴らしいボトルでした。

グレンエルギン 12年 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190515_214945
GLEN ELGIN 
Aged 12 years 
Pure Highland Malt 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館神田店
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古典的な麦芽香。籾殻のような乾いたアロマや、少し土っぽさの後でピート香がしっかりと主張してくる。奥にはべっこう飴、柑橘の綿を思わせるほろ苦いニュアンス。徐々にスウィートなカラメル系の甘さが開いてくる。

味:香り同様に古典的な麦芽風味からクラッカーを思わせる軽い香ばしさ。カルメ焼、ママレードのようなほろ苦さとピートフレーバーが存在感を主張する。
余韻はビターでしっかりとピーティー、スモーキーな鼻抜けで染み込むように長く続く。

テイスティングした時点ではまだ開ききってないようだが、充分に良さを感じる。香味の軸になっている厚みのある麦芽風味とピートフレーバーが素晴らしい。この両者を繋いでいる当時らしいカラメル系シェリー樽の甘みがもう少し開いてくると、さらに全体のバランスが良くなるはず。スペイサイドモルトは、そしてグレンエルギンはこうあってほしい時代の一本。たしかなまんぞく!

IMG_20190515_214559

グレンエルギンが、12年として、あるいはシングルモルトとしてリリースされた初期ボトル。時期は1970年代中頃から後半といったあたり。WHITE HORSE DISTILLERS表記に時代を感じますね。
ホワイトホース社から日本向けボトルがリリースされるくらい繋がりが深かった日本市場には、このグレンエルギンも一定数入っており、現在のリユース市場でも度々姿を見かけるボトルであります。

ラベルの通り、グレンエルギンはホワイトホースのキーモルトのひとつですが、当時DCL傘下の蒸留所ではシングルモルトのリリースを始めるところが多く。この流れにグレンエルギンものった、ということなのでしょう。
蒸留所としては、1964年に拡張工事を行ってスチルを2基から6基に増設しており、ホワイトホースに原酒を使ってなお、シングルモルトとしてリリースする余裕があったということかもしれません。

特徴はメローでそしてスモーキー。バーボン樽ではなくリフィルを含むシェリー樽の利用が多かった当時のスタイルらしいとろりとした甘さに、古典的で強い麦芽の風味が余韻にかけてピートフレーバーと合わさって渾然と広がる。
現在の洗練されたスペイサイドモルトとは異なる、どこか田舎臭さの残った風味が当時の他のモルトとも共通する特徴であり、愛好家を引き付ける最大の魅力だと思います。

IMG_20190522_131531
bd87a9b8
(グレンエルギン1980年代流通と1990年代流通。1990年代を最後にホワイトホース表記はなくなる。当時と異なり、シングルモルトの認知度が向上したためだろうか。ちなみに、ボトルが新しくなるたび、少しずつ馬のロゴが小さくなっていくのも、ブレンデッドのホワイトホースと同じ特徴である。1980年代流通のものは画像が手元になかったので、Whiskybaseから引用。)

ちなみにこの10年後、1980年代中頃から流通し始めるグレンエルギンは画像の通りラベルのデザインが少々シンプルになり、ラベルの周囲にあるアザミの模様がなくなったのっぺりとしたデザインに変化。
味もちょっとのっぺりとしたようなカラメル系シェリーの甘みはそのままですが、ピートが少々軽くなる印象。(ヒネたボトルが増えるように感じられるのも特徴)
また1990年代のものについては、現行品のデザインに近いボトルに代わると共に、麦芽風味主体のタイプとなり、路線もデザイン同様現行路線へ。ピートはなくならないものの穏やかで、70年代流通に備わっている系統とはだいぶ違いがあると言えます。

徐々に樽の違いやピートの強弱が、ハウススタイルに影響してきていったのでしょう。
ブレンデッドのホワイトホースも同様に、年代が新しくなるほどスモーキーさが軽くなっていきますが、グレンエルギンだけの影響だけではないにしても、改めて時代の流れに伴うキーモルトの個性の変化と重要さを感じたテイスティングでした。

インペリアル 22年 1976 キングスバリー オールドインペリアルバー向け 46%

カテゴリ:
IMG_20190414_191843
IMPERIAL 
KINGSBURY'S 
22 YEARS OLD 
Distilled 1976
For OLD IMPERIAL BAR 
Cask type Ex-Bourbon Oak #7573
Bottle No,1/280
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:クリーミーでオーキー、甘く華やかな香り立ち。バニラやふかした栗のような柔らかい甘さから、徐々に洋梨、あるいは加熱したリンゴを思わせるエステリーさ、微かに蜂蜜生姜のようなスパイシーさも混じるフルーティーなアロマ。

味:ドライでウッディな口当たり。少し樽が強く主張するようだが、すぐに麦芽由来の粥や白粉のような柔らかい甘みが感じられ、洋梨のピューレやレモンクリームなど、加工した果実を思わせる角のとれた仄かな酸とオーキーなフレーバーが後半にかけて存在感を増す。余韻はほどよいウッディネスを伴って華やか、長く続く。

バーボンオーク由来のフレーバーが近年のリリースに良く見られるタイプではあるが、麦芽の厚みと熟成感で樽香が受け止められ、加水と経年で自然な感じに纏まっている。1990年代蒸留で同じ熟成年数のインペリアルとでは、酒質(原料)と経年の違いが出ている、飲みごろの美味しいモルト。

IMG_20190425_090449

帝国ホテル東京、大阪それぞれにバーラウンジとして長い歴史を持つオールド・インペリアル・バー。そのオリジナルボトルのひとつである、キングスバリーのインペリアル1976です。

同店舗のオリジナルボトルは他にも存在していますが、そもそも一般に出回るのは珍しく。加えて今回のボトルはボトリングナンバー1というレア物。本来は同店舗で消費されるか、関係者(それも結構偉い人)が持っているか、というようなボトルが、なぜオークションに流れ、縁も所縁もない場所に辿り着いたのか。。。
一言で運命ということなのかもしれませんが、それにしても数奇なものであるように思えます。

インペリアルホテルに、インペリアル蒸留所。実物を前にするとありがちな組み合わせであるようにも思えますが、中身は本物です。
酒質は癖が少なく、麦系の甘みとコクがあって適度な厚みを感じる、どちらかと言えばハイランドタイプを思わせる特徴。そこにバーボン樽(アメリカンオーク)熟成由来のオーキーで華やかな香味が付与され、加水で綺麗にまとめられている。また、この纏まりの良さには、ボトリング後約20年経過したことによる、瓶内変化の影響もあるものと考えます。

インペリアル蒸留所は、スペイ川をはさんで対岸に位置するダルユーイン蒸留所の傘下として創業。今回の原種が仕込まれた1976年はダルユーインとともにDCL傘下にあった時代であり、香味にあるダルユーインとの共通項は、同じ親元で同じ地域での仕込みとあればなるほどと思える特徴です。
ただ、インペリアルのほうが麦系の要素が多少プレーンというか柔らかいように感じられ、個性という点で面白味はないかもしれませんが樽との馴染みが良いように思います。今回のボトルも、その特性あっての完成度なのでしょう。(ダルユーインの70年代は比較的麦麦した主張が強く、ピートも微かに感じられる)


余談ですが、インペリアルは1990年代にアライド傘下に移り、その後シーバスブラザーズ傘下で閉鎖。今尚1990年代蒸留のリリースがボトラーズからちらほら見られますが、2014年には残っていた蒸留棟も、シーバスブラザーズのブレンド用原酒の蒸留所「ダルムナック蒸留所」を建設するために解体され、完全に消滅していることから、いずれは消え行く定めにあります。
そんな中でこのボトルを開封し、持ち込まれたのが先日レビューしたマデュロの持ち主、ミルキーKさん。「1番ボトルだから、大事にされてたんじゃないかと。状態良いですね」って、相変わらず男気溢れてます(笑)
しっかり堪能させてもらいました!

グレンリベット ヘリオス 20年 2011年リリース 50.7%

カテゴリ:
IMG_20190414_132049
THE GLENLIVET 
HELIOS 
Aged 20 years 
Bottled 2011 
Cask type 2nd fill hogshead #60521 
700ml 50.7% 

グラス:グレンリベットテイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR LIVET
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでオーキー、品が良く華やかなアロマ。洋梨あるいはアップルパイを思わせる果実要素とカスタード、微かにシナモンにも通じる干し草的なスパイシーさとウッディネスが感じられる。

味:オーキーでスパイシーな口当たり。ドライアップルやアプリコット、微かに蜂蜜生姜、ドライだがボリュームがあってリッチなオーク系のフルーティーさ。余韻はほろ苦くウッディ、スパイシーで長く続く。

アメリカンオークトロピカルとでも例えるべきか、オーク樽由来のフルーティーさとスパイスの典型的なフレーバーが適度な熟成感野中に感じられる。一方でウッディなえぐみやドライさは程々に押さえられており、完成度の高さに通じている。


華やかさと適度な熟成感&樽感がある美味しいグレンリベット・・・それ以上の特徴はテイスティングコメントに全て書いてしまったようなボトル。
説明を追加するならば、近年味が落ちたというか、樽感がドライになってフルーティーさの”のり”が一時期ほど良くないグレンリベットのオフィシャルにあって、セカンドフィルの樽では20年程度の時間が必要なのだなと感じさせる熟成感でしょう。

年明け頃、界隈で少し話題になりましたが、グレンリベット12年の味がどんどん落ちているという話。これは樽の比率でファーストフィルではなく、セカンド、サードといったところが増えているからではないかと推察するところ。グレンリベット12年ファーストフィルや、通常の18年がそこまで悪くない出来であることも考えると、やはり樽に関連する適切な年数が確保出来ていないのかなと思うのです。


このリリースは日本未発売で、現地購入ないし海外ショップ経由で個人輸入したものが少量日本にあるのみです。
特別感があって作りも良い、美味しいモルトであるのですが、グレンリベット好きには身も蓋もない話がわざわざ個人で今から取り寄せてまで飲みたいかと言われると、似たようなボトルがボトラーズに無いわけではない、レッドオーシャンな水域にある構成とも言えます。

そんなわけで探してまで買えとプッシュはしませんが、ちょうど良いことに今回テイスティングしたBAR LIVETさんでは、今日から1週間、開店5周年記念でこのボトルを含む5本を特別価格で提供されるとのこと。
あれ、俺が飲んだ時は通常価格。。。というのはさておき、この機会に美味しい近年のグレンリベットは如何でしょう。


このページのトップヘ

見出し画像
×