タグ

タグ:スペイサイド

モートラック 27年 1988-2016 ソサイエティ No,76.128 48%

カテゴリ:
MORTLACH
The Scotch Malt Whisky Society
No,76.128
"A Real Privilege"
Tasting Panel's Choice 2016 Japan Edition
Aged 28 Years
Distilled 1988
Bottled 2016
Cask type Sherry hogshead?
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅セミナールーム
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スパイシーで樽の効いたウッディネスとフルーティーさ。アーモンド、アプリコット、熟したパイナップル、樽由来の濃縮感に加え、奥からおしろいを思わせる白っぽい麦芽香も感じられる。

味:甘くドライな口当たり。メープルシロップ、リンゴのカラメル煮、レーズンチョコレート、エステリーなフルーティーさから淡くベリー感のあるシェリー系のニュアンスも程よく広がっていく。
余韻はドライでウッディ、ほのかにビターでカカオのニュアンスを伴い長く続く。

酒質由来の麦芽風味、シェリー感とオークフレーバーが合わさった樽感、熟成による複雑さとバランスが取れた香味を楽しめる。
加水すると華やかさ、ナッティーさとオーキーで華やかなフルーツが開き、余韻にかけてのドライさが軽減されるが、個人的には古き良きシェリーカスクの姿が見えるストレートを勧めたい。


ソサイエティが2016年から約1年間かけてリリースしていた、日本支部向けリリースのうちの1本。
シェリーカスクというには色は薄めですが、アメリカンオーク由来のオーキーで華やかな香味に、オールドタイプのシェリーカスクに通じる懐かしいフレーバーも備わっている、複雑でナイスなモートラックです。

シェリー感はあまり強くないので、1960年代か1970年代初頭あたりに一度使われ、1980年代にウイスキーを払い出した後のアメリカンホワイトオークのリフィルが使われているのではと推察。樽由来の香味のバランスが丁度よく、モートラックらしい厚みのある麦芽風味が潰れず底支えとなって、近年ありがちな樽味のみでない仕上がりとなっています。
度数が48%まで落ちているので、ボトリング直後からすでに飲み頃という印象ですが、あえて古酒感を纏わせにいくのも面白そうです。

テイスティングパネルズチョイスは計7種類リリースされたようですが、このモートラックで打ち止め。新体制となったソサイエティから日本向けの新しいリリースがあるかはまだ分かっていません。
勿論今回のようなボトルばかりではないものの、原酒、樽共に揃いづらいボトラーズ受難の時代に、一定レベル以上のリリースを安定して展開出来るソサイエティの物量とコネクションは流石と言わざるを得ません。
先日記事にした通り、組織自体には設立初期に見られる混乱があったようですが、今後もこうした"シングルカスクでキラリと光る"リリースをお願いしたいです。

グレングラント 12年 ノンチルフィルタード 48% 免税向け

カテゴリ:
GLENGRANT 
Aged 12 years
Non Chill-Filtered
Travel Exclusive
1000ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとした刺激を伴う華やかなオーク香。乾いたウッディなアロマが主体だが、洋梨、バニラウェハースなどの甘みもある。

味:ドライでオーキー、軽やかな刺激を伴う口当たり。乾いた木材に若干の溶剤っぽさ、淡くドライパイナップル、バニラの甘み。
余韻はウッディでドライ、無糖シリアルのほろ苦さと香ばしさを伴う長い余韻。

バーボン樽を思わせるオークフレーバーが主体。ストレートではウッディーな刺激が強く感じられるが、加水すると柑橘系の爽やかさ、林檎、麦芽風味も開いてバランスが良くなる。
ハイボールでは適度なコクを残しつつ、爽やかな木のアロマが鼻腔に抜けていく、夏向けの1本。


昨年末にリニューアルしたグレングラント12年。国内に展開されている通常販売品は40%加水品でしたが、免税店向けで展開されたリリースは48%のノンチルフィルタードで、ウイスキー好きがグッとくるスペック。加えて価格もリッターボトルで7000〜8000円程と、700ml換算で通常品と大差なく、手を出しやすい設定なのも魅力的です。

だったら高度数でノンチル仕様の12年の方が買いじゃないか(アサヒビールは40%だけ正規輸入して何やってるんだ)と思うのですが、ストレートでそのまま飲む分には果実味はどちらも同じくらい。逆にバランスは40%加水品の方が整っており、飲み進めやすい印象を受けました。
今回テイスティングしたノンチル品は樽由来の要素は強いのですが、その分木材由来のえぐみや苦味も強く、まだ調整の余地が残されている印象。ターゲットをどこに置くかで考えて作られてるんだなと、それぞれのボトルに見るところがあったのは興味深かったですね。
(40%加水、国内正規品のグレングラント12年。華やかでフルーティー、バランスの良い仕上がり。)

以上のように、近年リリースの中では整ってよくできたボトルですが、辛口なことを書くとグレンリベットにしてもグレングラントにしても、あるいはロングモーンにしても近年のスペイサイドモルトに感じるのが酒質の軽さ。ライトでスパイシー、チクチクとしたエッジの鋭い刺激は3回蒸留のモルトのようでもあります。
そこに今回のようなバーボン樽主体のオークフレーバーが出てくると、樽の味が主体になってしまうのが傾向として感じます。

では昔からこういうキャラクターだったかというと、けっしてそんなことはなく。昔はもっと野暮ったく、ピートの効いた個性の感じられるスタイルでした。
時代とともに変わっていくハウススタイル、いい部分も物足りない部分もあります。洗練されたキャラクターが今後どの方向に向かうのか、今の時代を楽しみつつ、先に起こりうる変化も楽しみにしたいと思います。

クライゲラヒ 17年 46% オフィシャル

カテゴリ:
CRAIGELLACHIE
Speyside Single Malt Scotch 
Aged 17 Years
700ml 46% 

グラス:リーデル
量:30ml
場所:BAR飲み(Nadurra)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキーな香り立ち、ドライパイナップル、グレープフルーツピール、乾いた牧草、麦芽香。徐々にバタークッキー。生木っぽい要素もある。加水すると林檎を思わせるフレーバーが開く。

味:少し薄口だがスパイシーでドライな口当たり。薄めた蜂蜜、洋梨、乾いた麦芽、余韻はドライでウッディ。ほろ苦い風味を伴い開くように長く続く。
加水すると甘みが増すが、青みがかった植物感がある。

オーソドックスな味わいのあるスコッチモルトウイスキー。複数種類の樽感からくる複雑さ、強い個性ではなく軽やかなそれは多くの飲み手に受け入れられそう。ストレートで充分バランスは良いと思う、加水はお好みで。


クライゲラヒ(あるいはクレイゲラキ)と言えば、創業者がホワイトホースとラガヴーリン蒸溜所経営者の一族で、かつては蒸溜所にホワイトホースの看板が掲げられるほど強い繋がりのあるキーモルトとして有名です。
現在も繋がりはあるようですが、業界の編成から近年ではラガヴーリン、グレンエルギンらの属するMHD傘下ではなく、デュワーズを製造するバカルディ社の傘下となっており、今は比重的にデュワーズのキーモルトとしての方が大きいでしょうか。

(クライゲラヒの影響が強くなった時代とされる1980年代流通のホワイトホースファインオールド。この他、日本向けに同モルトを主軸としたホワイトホースマイルドも発売された。)

つまるところ、生まれも育ちもブレンド用の原酒であり、長らくオフィシャルよりはボトラーズからのリリースが主体でしたが、バカルディ社の方針変更で数年前からオフィシャルリリースが本格的に登場。13年、17年、23年、そして先日発表されたWWA2017でワールドベストシングルモルトを獲得した31年と、充実したラインナップを揃えるに至っています。
(また近年では愛好家から高く評価されているボトラーズリリースもいくつかあるなど、注目も集まっています。)

その酒質は麦芽風味主体でスパイシー、ライト寄りな素直なキャラクターという印象。13年はホワイトオーク由来の乾いた植物系のニュアンスがメインに感じられましたが、17年はフルーティーさと全体のまとまりが良くなり、蒸溜所のキャラクターと樽感のバランスが取れたリリースに仕上がっています。
23年、31年はテイスティング出来ていませんが、ボトルに出会えたら是非試してみたいですね。

リンクウッド 24年 1991-2016 チーフタンズ 50%

カテゴリ:
LINKWOOD
Chieftain's 
Aged 24 years
Distilled 1991 Sept
Bottled 2016 June
Cask type Hogshead #10367
700ml 50%

グラス:木村硝子
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ツンとエッジの立った、スパイシーでドライな香り立ち。淡くイチジクのような酸味を伴う。時間経過で青みがかった植物系のフレーバー。

味:ドライでオーキー、ウッディで香り同様にエッジの立った口当たり。じわじわと青みがかった植物感、アロエのシロップ漬け、ほのかに林檎を思わせるフルーティーさも開いてくる。
余韻はオーキーで青みがかった甘み、グリーンアップルキャンディ。

近年系、花と動物タイプのリンクウッド。樽はおそらくリフィルシェリーホグスヘッドだろうか。バーボンオークのバニラ風味というより、酸味のある青っぽい香味はその系統の樽に感じられることが多い。ストレートか少量加水で。


リンクウッドの酒質はピーティーで複雑さのある古典的なタイプと、華やかで柔らかいタイプの2系統があり、近年多くリリースされているのは後者のほう。今回のボトルも後者の方ですね。
個人的に後者のリンクウッドは、特別好みでもなく嫌いでもない、という認識から積極的にボトル買いすることもないのですが、前者か後者かは飲んで見ないとわからない。
困ったことに昔と今で線引きされているわけではなく、今尚どちらのタイプもされているのです。(1984のムーンインポートや、以下の1999マネドラなどが該当。)

そのため良さそうだなと感じたものはBAR飲みし、様子を見ていきます。
今回は自分の好みなリンクウッドではなく、華やかなでピートが主張しない花と動物系統のリンクウッド。まさに春の水辺に浮かぶ白鳥のようなウイスキーで、決して悪くはないんですが、これじゃないんだよなー。
(リンクウッド12年 1999年蒸留 マネージャーズドラム。ピーティーで厚みのある麦芽風味、近年蒸留でありながら古典的なリンクウッドの味わい。)

過去の記事でも書きましたが、リンクウッドのキャラクターの違いは、1970年代あたりから出始めます。
ちょうどこの時期、リンクウッドは新しい蒸留設備一式を建築しており、これが1971年にリンクウッドBとして稼働。
古い設備はリンクウッドAとして、1年の中で限定的に稼働。1985年から1999年まで一時的に休止していましたが、それ以外の時代はどちらの設備ででもウイスキーづくりが行われています。

酒質の違い、ピートレベルの違いはここから来ているのではないかと考えています。
海外情報ではリンクウッドではピーテッドモルトとアンピーテッドモルトを使い分け、あるいは組み合わせた蒸留が行われているとのこと。リンクウッドAではピーテッドモルト、リンクウッドBではアンピーテッドモルトを使い、状況に応じてそれらは単独で樽詰めされたり、混ぜ合わせて様々なバリエーションを作り出し、樽詰めされているのではと推察しています。

あくまで推察でしかありませんが、そう考えるとこの2つの設備を使う蒸留方法は、いちいち麦芽から変えなくても良いので非常に効率的な作り方でもあります。
ただ、先も書いたように自分の好みなスタイルが詰められているか、飲んでみるまでわからないのは困った要素です。

タムデュー 33年 1969-2003 ハートブラザーズ 40.5%

カテゴリ:
IMG_3659
TAMDHU
HART BROTHERS
Aged 33 Years
Distilled 1969
Bottled 2003
Cask type Hogshead
700ml 40.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキーな軽い香り立ち。乾いた牧草、バニラ、バナナケーキの甘み、ほのかにパイナップルを思わせるフルーティーさ。時間経過で林檎や土っぽい香りも開いてくる。

味:ドライでナッティ、ほろ苦い乾いたウッディネスから軽い刺激を伴う口当たり。すぐにバニラの甘みと麦芽風味、洋梨。ボディはライトで樽感主体の構成。
余韻はスパイシーで華やか、オーキーなフルーティーさと麦芽風味を伴い長く続く。

所謂樽しゃぶり系ウイスキーで、ホグスヘッド系のフレーバーが主体的なボトルだが、中間以降の麦芽風味にタムデューらしさを感じる。少量の加水で香りは麦芽香主体に、味はドライさが和らぐものの、全体的にプラスとは言いがたい。
タムデューは2010年に一時閉鎖され、2013年に再稼働。古くは1972年及び1975年にそれぞれ改修工事がされており、今回のボトルはその前の蒸留。原酒にどんな違いがもたらされたのかは。。。


度数落ちの典型例とも言えるフレーバー構成。当時のハートブラザーズはこの手のリリースが多い印象があります。
ハートブラザーズは1990年代頃は43%や46%の加水ボトルを主体にリリースしていましたが、ラベルが変わってからはカスクストレングスで度数落ちリリースがメイン。元々加水で出すので度数はあまり関係なく樽買いしていたものの、カスクストレングスの需要が増えたのでそのままリリースするようになった(結果、低度数が多かったが、最近は高度数化)、という流れでしょうか。あくまで推測に過ぎませんが、最近見なくなってしまったリリースの傾向です。

このブログでも度々触れていますが、ウイスキーの熟成は足し算と引き算の積み重ねです。
(某メーカーが「何も足さない、何も引かない」というキャッチコピーを使っていましたが、それでは一体何を作っているんだと。)
足し算は樽由来の香味、あるいは熟成させる場所の空気を介したその土地の何か。引き算はウイスキーを構成する成分。熟成が進めば樽由来の香味の足し算と共に、樽の呼吸を解してアルコールや雑味といった要素が引かれていくのですが、実は引き算される要素もまた、ウイスキーの香味の厚みや複雑さ、言い換えれば個性を担っているところもあり、必要以上に引き算が続くとこの度数落ちのボトルのようにボディが軽く、樽の香味だけが残っていくような構成になる。つまり、過熟です。

ピークがどこにくるかは熟成させる原酒の酒質に加え、樽の種類、さらには熟成環境(気温や湿度)が大きく異なり、一概には判りませんが、流石にホグスヘッドで度数が40%ギリギリまで落ちる40年はやりすぎ。
とはいえ、テイスティングにも書いたように、樽感主体の味わいの中に、1960年代のモルトに感じられる土っぽさ、麦の味わいが残っており、最後の輝きを楽しむことは出来ます。
また、度数が低いので開封後足の速いモルトかと思いきや、あまりへたることなく、樽感もまだまだパリッとしている。最近ようやく麦芽系の甘い風味が感じやすくなったのは収穫でした。

IMG_3664

以下雑談。
さる3月25日は私の誕生日。今年で33歳となりました。
せっかくなので生まれ年、1984年蒸留の何かを開けるかとも思いましたが、ちょうど良いモノが無かったので33年熟成のウイスキーを飲むことにしたわけです。
こういうとき、1980年代のロストビンテージ生まれはなかなか苦労しますね。

家族での誕生パーティーメニューは、我が家の最重要事項である息子の一声で"餃子"に。ハンバーグとかステーキじゃなくて、餃子なのか・・・(笑)。これにケーキですから、テーブルの上にちょっとした異世界が広がっています。
土曜の日中外出する妻に代わり、自分で自分の誕生日を祝うメニューを作る妻子持ち会社員(33)。
そんな疲れも吹き飛ぶ息子と妻が歌う誕生日ソング。後片付け含め、昨晩は完璧にやりきりました。

このページのトップヘ

見出し画像
×