タグ

タグ:スペイサイド

ベンリネス 19年 1997-2016  ハイランダーイン 57.9%

カテゴリ:
BENRINNES
Highlander inn
Aged 19 years 
Distilled 1997
Bottled 2016
700ml 57.9%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ、爽やかなアロマ。ナッティーで軽やかな香ばしさと、青さの残る干し草、ドライパイナップル。ツンと鼻腔を刺激する鋭さも感じられる。

味:軽やかにスパイシーでドライな口当たり。薄めたハチミツ、林檎、香り同様に青みのあるフレーバー。余韻はオーキーでハイトーン、乾いた木材のニュアンスを伴いあっさりとしている。

青みがかった香味と華やかな樽香が特徴的なボトル。突き抜けないが、若さ、過度な樽感などなく、らしさがうまくまとまっている。加水すると薄さが・・・ストレートで。


スコットランド、クライゲラヒにあるハイランダーインホテルがリリースした1本。ラベルに写る同ホテルに併設されたBAR(パブ)はウイスキー業界の心臓と呼ばれ、言わば聖地的な位置付けにあり、多くの著名人が訪れるのだそうです。(ちなみに同ホテルのオーナーが日本人の皆川達也氏であるのは、改めて紹介するまでもないですね。)

今回のボトルは、個人的にはベンリネスらしい味わいだなと感じています。
ベンリネスは一部原酒を3回蒸留で作っており、軽く、そしてツンとしたエッジの立ったような刺激のある香味が特徴的だという印象。
また、これは樽による部分もあると思いますが、3回蒸留だったり、近代的な設備を採用する内陸系の蒸留所には、青みがかったような香味を感じる事が多く、その点もらしさと感じるところです。

樽由来の香味は近年主流のバーボン系ですがリフィルタイプなのかホグスヘッドなのか、少し控えめな仕上がり。
この手のフレーバーは突き抜けないが安定していて万人ウケする、エースじゃないけど計算出来る選手という位置付け。
さっぱりと華やかなモルトを飲みたい時に、ちょうど良いボトルだと思います。

マッカラン ロイヤルマリッジ 1946&1961 43%

カテゴリ:
IMG_3734
MACALLAN
Royal Marriage Malt Whisky
Distilled 1948 & 1961
Bottled 1981
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅(KuMC)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:引っ掛かりがなく、高貴であり、ふくよかな香り立ち。レーズン、キャラメルバニラアイス、微かにアーモンド。

味:スムーズでまろやかな口当たり。ベリーやレーズン、カラメルソース、古典的な麦芽風味の香ばしさ、じわじわとタンニン、土っぽいピートフレーバー。余韻は甘酸っぱく、ベリーシロップを伴う長い余韻。

現行のボトルでは決して出ない、酒質由来の麦感、ほのかなピートフレーバーがリッチでありながらまろやかなオールドシェリー感と合わさって、負担のない飲み口、包み込むような旨さに仕上がっている。
このボトルを家飲み出来たらどんなに幸せだろうか・・・。


1981年、チャールズ皇太子とダイアナ王妃の結婚を祝い、双方の生まれ年の原酒をバッティングしてリリースされたボトルのうちの一つ。マッカラン以外ではグレングラントやストラスアイラなどのリリースがあり、総じて高い評価を受けています。 
ただ、高い評価を受ける反面、わかりやすく高騰するボトルであることから、オールドマッカランの中でも、特にフェイクが多いボトルの一つでもあるます。
以前、ウイスキーワールド誌でフェイク特集が組まれた際は、疑惑のボトルの一つとしてテイスティングアイテムだったこともありました。

すでに高騰している中でそういうリスクがあるとわかっていると、オークションは特にとんでもない博打というか、本当に手を出しづらい・・・一部のバーマンが海外のショップまでオールドボトルを買い付けに行く理由がよくわかります。
一方、今回のボトルのテイストは明らかにオールドマッカランのそれであり、間違いなく本物。このまろやかな口当たり、包み込むような柔らかい甘さ、シェリーの奥にあるほろ苦いピート、ウッディネスをじっくりと楽しませて頂きました。

さて、イギリス、あるいはスコットランドでは何かの節目にウイスキーが関わるシーンが珍しくありません。
子供が産まれた時にはその年(可能であればその日付)に蒸留されたニューポットを樽買いし、我が子の成人を祝って一緒に飲む。結婚となれば夫婦の生まれ年の原酒をバッティング、マリッジしてボトリングする。
ウイスキーは人間と同じと例えられる事が多くありますが、人生と同じだけの時間が詰まった原酒に、自身や愛する人の人生を重ね合せる。"時を飲む"とはまさにこれ以上にない例えであり、本当に素晴らしい文化です。

このマッカランに書かれた"Long life and happiness (末長く幸せに)"の願いは、結果的に叶うことはなかったわけですが・・・。この瞬間の幸せは、ウイスキーを通じて語り継がれていくのだと思います。

レディバーン(エアシャー) 37年 1975-2013 シグナトリー 49.8%

カテゴリ:
RARE AYRSHIRE (LADYBURN)
Signatory vintage cask strength collection
Aged 37 years
Distilled 1975/10/24
Bottled 2013/10/22
750ml 49.8%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:チーズのような酸味とオーク香、ややドライ。ドライアップルの甘いフルーティーさ、クッキー、バニラ、微かにゴムのような癖。華やかで充実している。

味:やや青みがかったドライな口当たりからオーキーでフルーティー。洋梨、りんごのコンポート、ナッティーで後半にかけてドライ、スパイシーな刺激もある。
余韻にかけて乾いた麦芽、微かにゴムのような癖も感じられる。

香味とも樽感主体の華やかな味わい。ストレートまたは少量加水で。
関係ないが、あと2日置いておけば38年熟成だった。何かこだわりがあったのだろうか。

"キンクレイス"、"ベンウィヴィス"、"レディバーン"、3大レアモルトとされるこれらの銘柄の中で、最も遭遇率が高い蒸留所が、このエアシャー表記のレディバーンです。

同蒸留所は1966年にグランツなどブレンデッドウイスキーへの原酒供給を目的として、カーヴァン・グレーンウイスキー蒸留所敷地内に設立された蒸留所。この3大レアモルトは共通して、原酒不足を補うためグレーンウイスキー工場内に建てられ、1970年代に入ってモルト原酒不足が解消された後に閉鎖。原酒はほぼすべてブレンドに使われたため、リリースされる機会は極めて少ない、という共通した流れを辿っています。

最も、単に流通量や希少性で言えば、手に入りにくいモルトはこれ以外にもあるわけですが、これにはネットオークションでの入手や、それを飲もうとした時期の関係も多分にあります。
例えば、ウィリアムグラント社3兄弟の一つであるキニンヴィは、2010年代にオフィシャルからリリースがあるまで、上記3大レアモルト以上にその姿を見ることは困難でしたし、流通量的な問題であれば、政府公認密造蒸留所ロッホユーや、現在世界的に数多く立ち上がりつつあるクラフトディスティラリーも同様です。
ただ、これらは稼動している蒸留所であり、既に樽すら存在しないのでは・・・なんてウワサもあるこれら3蒸留所は、今後さらに出会う機会も減っていくのでしょう。飲めるうちに飲んでおきたいものです。

さて、この3蒸留所に共通する点ですが、実はもう一つ。それは"意外と旨い"という点です。
語れるほど種類は飲んでいませんが・・・これまで飲んできたそれらは酒質はニュートラルなタイプ。癖という点ではベンウィヴィスやレディバーンは多少発酵したような、あるいはゴムっぽいような酒質由来の香味が感じられたという記憶があり、特にレディバーンの短熟モノはそれ程でも。。。でしたが、今回のように30年を越える長期熟成では華やかな樽香がついており、うん、普通に旨いよね、というところに落ち着くわけです。
ブレンド向けの原酒、と言われると納得の味わいです。

今回のレディバーンは当時のグランツなどを中心に、各銘柄の流通、そして製造元の発展を支えてその役割を終えたわけですが、当然シングルモルトの長期熟成で飲まれたことは当時なかったわけです。
このボトルは、もし供給過多とならずそのまま生産が続いていたとしたら、その先にあったかもしれない可能性の一つ。歴史を感じつつ、その姿に想いを馳せて楽しみたいですね。

グレンリベット 39年 1974-2013 エイコーン スペイサイド 51.3%

カテゴリ:
IMG_4380
SPEYSIDE
GLENLIVET
Aged 39 years
Distilled 1974
Bottled 2013
Cask type Sherry #8179
700ml 51.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:甘酸っぱくリッチなシェリー香、スパイシーな刺激もある。レーズンやクランベリー、ダークフルーツの入ったパウンドケーキ。時間と共により豊かなフルーティーさや艶やかな甘みが、ウッディーなほろ苦さと共に開いてくる。

味:リッチでコクのある口当たり。葡萄を皮ごとかじったような果実味とほろ苦さ、枝付きレーズン、微かにドライベリー。じわじわとカカオチョコレートを思わせるほろ苦いウッディネスが広がる。
余韻はドライ、スパイシーな刺激と共にシェリー樽由来の高貴な甘いアロマが鼻腔に抜けていく。

古きよき時代を思わせる、リッチでスパイシーでふくよかなグレンリベット。このシェリー感は、近年主流になりつつあるスパニッシュオークのシェリー樽では出せない。
加水不要。チェイサー片手にストレートで。


エイコーンからリリースされた、オリジナルボトリング。当時はしれっと発売されて、結構美味しいよと噂が立つ頃にはしれっと売り切れていた、そんなボトルだったと記憶。最近すっかり見なくなった、オールドタイプのシェリー感を持つ1本です。

ボトラーズを中心に1960年代から1970年代前半のグレンリベットは数多くリリースされていたところですが、その中でも特にBBR系列の同蒸留所リリースに、安定して良いものが多かったように記憶しています。
酒質の点で共通するのはニュートラルで癖のないベースにスパイシーな刺激。以前46%加水でありながら、今回のボトル以上にビリビリ刺激のくるボトルに当たったこともあり、この時期のグレンリベットの特徴だったのだろうなと思います。

一方、特筆すべきはシェリー感です。こうした香木感のあまり無い、30年以上の熟成を経てなおフルーティーで果実味のあるシェリー系モルトは、ボデガ払い出し、ソレラで使われていたアメリカンホワイトオークのシェリー樽によるものと考えています。
この手のシェリー感はここ1〜2年のリリースには本当に数がなく、モノによっては貴金属か何かかという価格がつくこともしばしばです。

現在ウイスキー業界では、古くウイスキーの熟成に使われてきたシェリー樽とは、シェリー酒輸送用のスパニッシュオーク樽であり、1986年に樽でのシェリー酒輸出が禁止されたため、それを再現するべくスペインのボデガではシーズニングでウイスキー熟成用の樽が作られている、という説が公開されています。
この説には違和感があり、根本的に辻褄の合わない部分が複数あります。
その点についてこの記事で指摘していくことは避けますが、何れにせよ古典的なシェリー樽熟成モルトを再現するのがシーズニングシェリー樽の当初の目的、到達点とするなら、この系統のボトルが量産されるようになれば、同技術・ノウハウは完成の域に到達したと言えるのだと思います。

しかし残念ながら近年のそれは熟成期間の長さとは無関係に、この領域とは別のところにあり、ゴールはまだ先にあると感じます。
ただ、別なベクトルで好ましい味わいの近年系シェリーのウイスキーを生み出しているのも事実。10年後、20年後、いつか今回のグレンリベットのような味わいのボトルが量産されるようになることを、愛好家の1人として願っています。

グレンマレイ 27年 1988-2015 ジャックウィバース 44.4%

カテゴリ:

GLEN MORAY
JACK WIEBERS WHISKY WORLD
OLD TRAIN LINE
Aged 27 years
Distilled 1988
Bottled 2015
Cask type Bourbon #1341
700ml 44.4%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてウッディな香り立ち。オーキーな華やかさ。干し草、青リンゴ、ドロップを思わせる甘み。徐々に麦芽香も感じられる
                       
味:口当たりは柔らかく、ややのっぺりとしてあまり広がらない。青っぽい植物感、生焼けホットケーキ、オーキーなフルーティーさ。そこから余韻にかけて樽由来の乾いたウッディネス、渋みが続きドライなフィニッシュ。

フルーティーで華やかだが、ボディが弱く加水にはあまり耐えられない。ストレートで。

グレンマレイならぬ、土下座マレイ。雰囲気の漂うラベルが特徴の、ジャックウィバースのオールドトレインシリーズ。樽由来のフルーティーさの奥には、青みがかった植物感を伴うホットケーキのような麦芽風味。かつてのオフィシャルリリースに通じる穏やかな酒質がらしさとして感じられます。
決して悪くはないのですが・・・厳しいことを言うと、熟成期間を経て度数、ボディ共にだいぶ削られており、ボトル全体としてのパワーが弱い典型的な度数落ちモルト予備軍という構成です。
今はまだギリギリですが、これ以上熟成したら完全に酒質が弱って、樽をしゃぶっているだけの味になっていたように思います。

こうしたモルトは味はフルーティーでぱっと見良い印象ですが、勢いという点でどうしても飲んだ後が続かないのがネック。ボディが弱いというより、元々あったものが薄くなっている印象。上述のとおり、このマレイはまさにそのタイプに該当します。
逆に言えばボディが薄い分、際立って感じられる華やかさに好感を持つ人も少なからず居る模様。そういう意味で、ボトリングのタイミングは絶妙。ボトラーズのシングルカスクリリースだからこそ味わえる、これもまたモルトの面白さを味わう1本であるとも感じます。

ちなみにローカルトークですが、なぜ土下座マレイかというと。。。
「これ美味しいぞ!」
「マジか!スペック的にはピンとこないな」
「飲ませてやる!土下座の準備しておけよ!」
というやり取りが仲間内であった事に由来。
その後実際に飲む機会を頂いたわけですが、今回の評価はギリギリ★6。
以上を受けて持ち主との両者協議の末、どちらが土下座することになったかは・・・お察しください(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×