タグ

タグ:スペイサイド

グレンリベット 1961-1990 GM ライオンラベル 40%

カテゴリ:
GLENLIVET
GEORGE & J.G.SMITH'S
GORDON & MACPHAIL 
Distilled 1961
Bottled 1990's
750ml 40%

グラス:スピリッツスニフター
時期:不明
場所:BAR Sandrie
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:艶やかで熟したイチゴやダークフルーツ、薄めたカラメルソース、ランシオを感じる柔らかいシェリー香。合わせて乾いた麦芽、微かに土っぽいピート香も感じる。

味:口当たりはドライでウッディだが、こなれていて柔らかい。香り同様のベリーや枝付きレーズンなどのニュアンスを伴うシェリー感が主体。
余韻はウッディだがやや粘性があり、トロピカル系統の果実味が感じられる。ドライで長いフィニッシュ。

ボディは少々緩く注ぎたてはドライな印象もあるが、香味とも加水と経年で柔らかく、何より時代を感じるベリー系のオールドシェリーと麦由来のトロピカルな要素が交わった妖艶な構成が垂涎ものの1本。


ALL MALT表記に時代を感じる、ライオンラベル(蒸留所ラベル)のグレンリベット。相当種類が出ているシリーズで、中身もピンキリだったりするのですが、1961同一ビンテージではセスタンテ向けの57%が高い評価を受けています。あのパワフルで濃厚、そして妖艶なシェリー感は、ちょっと反則なリリースですよ。。。

一方このボトルは加水ですが、飲んでみると近い時期の蒸留表記があるオフィシャルマッカランを思わせるような、ベリーやランシオ漂う古典的なシェリー感。ウッディネスは熟成期間が30年弱であるためそれなりに強いですが、加水であることで程よい程度に止まり、これはこれでバランスの良さがあります。
それこそ、一日中の終わりにこれを飲めたらどれだけ癒しになるだろうかという感じです。

(Sandrieさんにてテイスティングした、1958年蒸留のマッカランオフィシャルボトル。シェリー感では今回のボトルにも通じるところがあり、時代の共通項を感じさせる。この1杯、文句なく至福のひととき。)

グレンリベットは1966年にフロアモルティングを取りやめるなど、他の蒸留所同様に近代化を進めているようです。
当時グレンリベットを傘下としていたグレングラントもまた、この時期より前の原酒は、特有のフルーティーさが麦由来の要素に感じられるだけでなく、田舎っぽさに通じる土っぽいピートが、いい仕事をしているように感じられます。

もはや想像の域を出ない話ではありますし、結局ここに帰結してしまうのですが、ゼファー種、フロアモルティング、1960年代前半までのシェリー樽。これらはウイスキーにおける失われた3種の神器なのではないかと思うのです。
最近飲み始めた飲み手に是非経験してほしいと思う反面、失われた時代のものであると割り切る気持ちも必要な、なんとも勧めにくいボトルです。

ダフタウン 8年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
THE DUFFTOWN-GLENLIVET
OVER 8 YEARS OLD
A DE LUXE MALT SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 40%

グラス:
時期:不明
場所:BAR ミズナラカスク (水楢佳寿久)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく強い麦芽香。干草、おこしやザラメなどの乾いたニュアンス。時間経過でクッキー、淡くオレンジピール。こなれた甘さと微かな酸味も伴う。

味:古酒っぽさがありながら、エッジの立ったアルコール感と芯のある麦芽風味。おしろいやバニラ、微かにキャラメルソース。ピリピリとした刺激がありつつ、コクのある口当たり。
余韻はやや粘性があるスウィートな麦芽風味から、干草、アーモンドナッツ、ほろ苦く染み込むようにピーティー、長く続く。

こなれて古酒感はあるが、状態が良くしっかりとアルコール感も立っている。麦の厚みも感じられるシングルモルト。
同時期のブレンドに通じるものがある香ばしいモルティーさが最大の特徴。加水するとマイルドでふくよかな麦芽風味がさらに強調される。


ダフタウン蒸留所は1933年にブレンデッドウイスキー・ベルを製造するアーサーベル社の傘下に入り、同社における中核的な蒸留所として稼働してきました。
スコッチの需要が高まった1960年代以降は、1968年、1974年、1979年にそれぞれスチルの増築を行い、2つだったスチルは8つ、また増産に舵を切るのと合わせてフロアモルティングも1968年に廃止し、大規模かつ近代的な蒸留所に生まれ変わっていった歴史があります。

今回のボトルは1970年代中頃の流通で、逆算すると蒸留された時期は近代化前の1960年代。1980年代に流通した同じ8年熟成と比べると、スウィートな麦芽風味は同様でも香ばしさも強く、若い原酒故に複雑さはそこまでないですが、40%加水とは思えないほどしっかりした酒質であることが感じられます。
時期的にゼファーからゴールデンプロミスに切り替わった麦芽品種に加え、上記の蒸留設備の違いも少なからず影響しているのでしょう。

(1980年代流通のダフタウン8年。流通先によってか、40%、43%、46%仕様のものがある。柔らかくスウィートな麦芽風味が主体で、穏やかな構成。素性の良さが感じられる。)

なお、今回のボトルを飲んで真っ先にイメージしたのは、同じ原酒が使われていたとされるオールドのベルでした。
当たり前の話と言えばそうなのですが、乾燥した麦系の風味、干草っぽさやおこし系の甘味など、面白いくらい共通項があるのです。
では、現代のベルに限らず現代のスタンダードブレンドを飲んで構成原酒がどうこう言えるかというと・・・モノによってはわかりやすい原酒の組み合わせもあるのですが、それを感じるのは中々難しく。やはり原酒の個性が強かった時代は探る楽しみがあるなと、改めて感じた1本でした。

(ベルの1970年代後期から1980年代流通品。良く見ると上のダフタウンにも同じネックタグがつけられており、ベルのブランドを使ってアピールされていた時代の名残も見られる。)

ロイヤルマイル 40年 2015年リリース ブレンデッドモルト 47.1%

カテゴリ:
ROYAL MILE WHISKIES
Blended Malt Scotch Whisky
Three Cask Blend
40 Years old
Matured in Sherry Casks
700ml 47.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:濃厚で香ばしくビター、カカオチョコレートやアーモンド、松の樹皮、ウェアハウス。スワリングしているとラムレーズンのような甘酸っぱいアロマも感じられる。

味:リッチな口当たり。レーズンなどのダークフルーツの入ったチョコレートケーキ、カカオパウダー、かりんとう。コクのある甘酸っぱいシェリー感から、ビターなウッディネスへと変化する。
余韻はタンニンを感じつつ、スパイシーな刺激と微かにサルファリー。少しねっとりとした樽感が口内に残り、長く持続する。

開封直後はサルファリーな要素が若干感じられたが、時間経過で変化した模様。全体的にこなれて現在はビターで香ばしい程度であり、少量加水するとカカオ系の苦味が和らぎドライフルーツやお菓子を思わせる香味が主体になる。


今から3年半ほど前、イギリスのウイスキーショップであるロイヤルマイルがリリースしたブレンデッドモルトです。
構成原酒はマッカラン、グレンロセス、タムデュー。トップドレッシングとして高い評価を受けた蒸留所の組み合わせに加え、それらの40年オーバーの長期熟成原酒のバッティングでありながら、価格的にもそこまでではないという良心的なリリースでした。

そんなわけで、当時仲間内でロイヤルマイルから共同購入していたボトル。
期待とともにテイスティングすると、1970年代前半から中頃蒸留の原酒にファーストフィル相当と思しきシェリーカスク、何より上記蒸留所の組み合わせは現代の飲み手垂涎のスペックであったのですが、開封直後は思ったほどでもなかった・・・なんて声も仲間内ではあったのです。

シェリー感としては良質な時代のそれを感じさせるニュアンスが感じられる一方、比率的にはタムデューとロセスが多かったのか、あるいは原酒の一つが度数落ちだったのでしょうか。
酒質の軽さが部分的に感じられるところに、それを上塗りする強いアタックのちぐはぐさ、そしてウッディな苦味。単に複数の原酒を使うだけでは混ざりきらない、ブレンデッドモルトの難しさを感じるのです。

一方今回時間を置いたものを飲んでみると、そうした要素が開封後の経年変化でいい具合に馴染んできたという感じ。個人的には開封直後もそれはそれで見るところがあるという構成でしたが、コクのある甘みとドライフルーツの酸味、好みの樽感がメインに感じられて楽しんでテイスティングできました。
シングルモルト、シングルカスクで単一の個性を味わうのも良いですが、複数が混じり合ったボトルをじっくり馴染ませながら変化を楽しんでいくのも、ウイスキーの面白さですね。

タムデュー 27年 1961-1989 シグナトリー 45%

カテゴリ:
TAMDHU
Signatory Vintage
Aged 27 years
Distilled 1961
Bottled 1989
750ml 45%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
場所:持ち寄り会@KuMC
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:注ぎたてはややドライだが、熟したアプリコットや熟成させたリンゴ酢などを思わせる、角の取れた甘酸っぱいアロマ。厚みのある麦芽香と共に淡いスモーキーさを伴うふくよかな香り。

味:甘酸っぱい酸味を伴う口当たりから、林檎飴、微かに柑橘のニュアンスとおしろい系の麦芽風味。ボディはやや緩いが舌あたりには粘性があり、後半にかけて麦系の香味が主体に。余韻は古典的なトロピカルフルーツが微かなピートを伴い長く続く。

個性的な酸味とフルーティーさを感じるモルト。60年代らしさもある。樽はリフィルのシェリーホグスヘッド(アメリカンオーク)だろうか、微かなシェリー感にオークのニュアンスはあるが、樽が強く出過ぎず酒質ベースの香味が中心にある。突き抜けないが当時の麦の良さを感じさせてくれる通好みの1本。


マニア垂涎のボトル、というべきでしょうか。例えばボウモアやロングモーンの1960年代蒸留で高い評価を受けているリリースが垂涎であることは勿論そうなのですが、こういうメジャーすぎない蒸留所の60年代蒸留に心惹かれてしまうのもまた、コアユーザーの真理だと思います。
今回の持ち寄り会、何開けようかと主催のNS氏から問いがあった際、その場にいた参加者満場一致だったのがこのタムデューでした。

元々、ある程度飲んでいる飲み手は、タムデューなどの内陸系の麦系酒質の蒸留所に興味を持つ傾向が有ります。
また、スペック的な面で言えば、スコッチウイスキーの蒸留所の多くは、消費量が増大した1960〜1970年代にかけてモルティング設備を切り替えたり、蒸留器を新設したり、何らかの拡張工事を行っていることが多くあります。

タムデューもまた1972年(一説では1975年)にスチル増設工事を行っているわけですが、蒸留設備の拡張以外に製麦行程やマッシュタンなどを変えたという記録はありません。
そもそもタムデューは1940年代という早期にフロアモルティングからサラディン式のモルティングに精麦行程を切り替えており、後の時代で替わったのは樽と原料です。(ミドルカットなどの諸条件は勿論変更になっているとは思いますが。)
なにより麦由来の風味でどのような好ましい要素が出ているのか、楽しみなボトルでした。

その香味は加水で少しボディが軽くはあるものの、60年代らしいフルーティーさが備わっていることと、近年の長期熟成70年代とは違う、樽で押し付けたようなドライな香味ではない仕上がりが好印象。寿命はそう長いボトルではないと思いますが、一冬越えて3月の少し温かくなってきた時期に飲むとより美味しくなっているようにも感じました。

今回も素晴らしいボトルのテイスティング機会をいただき、ありがとうございました。

グレンリベット 12年 アンブレンデッド 1980年代前半 43% 免税店向け流通

カテゴリ:
IMG_9191
GLENLIVET
12 YEARS OLD
Unblended all malt Scotch Whisky
1980's
Singapore duty not paid
1Litre 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:淡くブラウンシュガーや古酒っぽいニュアンス。すりおろした林檎、色の濃い蜂蜜、乾いた麦芽と土っぽいピーティーさ。酸味と合わせていぶりがっこのような要素もほのかに感じられる。

味:スムーズで心地よくドライな口当たりは麦と干し藁、徐々に熟した林檎と洋梨で蜜感もしっかりあるコクを感じるボディ。
余韻にかけては淡いシェリー感に加え、ほろ苦く、皮ごとかじった林檎のようなフルーティーさとピーティーさを伴い長く続く。

シェリー系のニュアンスはほのかにありつつ、その後のピュアシングルモルト表記時に主体的に感じられる、すりおろした林檎を思わせるフルーティーさと、蜂蜜などの甘みに通じるニュアンスが端々にある、まさに狭間のモルトである。加水すると林檎やおしろい系の甘味が引き立つ。

IMG_9192

昨年後半、妙に集中してテイスティングする機会があったのがグレンリベットのオールドボトル。そういえば年末最後のブラインドまでグレンリベットでした(笑)。
そんなわけで、2019年の更新1発目はグレンリベットでいきましょう。

このボトルはアンブレンデッドオールモルト表記なので、流通時期的には1970年代から1980年代前半ということになりますが、リッター表記で背面ラベルにバーコードがあり、かつ香味的に1980年代後期のピュアシングルモルト時代に通じる要素が強いことから、アンブレ時代後期の流通となる1982年〜1985年頃ではないかと感じています。

その香味は、先日レビューしたアンブレ表記初期の頃にあるシェリー系の強いタイプでは無く。むしろシェリー感は淡く青リンゴや洋梨などの白色系のフルーティーさと酸味、果皮を思わせる植物感を軽く伴う構成。麦芽風味やピートもしっかりとしていて、まさにオールドスタイルのグレンリベットという、古典的な香味を楽しめる仕上がりです。

(BAR Rosebankにてテイスティングした、アンブレンデッド表記の初期頃流通。写真の暗さで分かりづらいが、色合いもやや濃く、味わいはシェリー系のニュアンスが強い。)

(今回のボトルの数年後、1980年代後半から1990年代前半にかけてリリースされたと思われる、ピュアシングルモルト表記の同国免税向け。リフィル系の樽感に、林檎系の果実味がしっかりと備わって、共通するニュアンスが感じられる。裏ラベルは肖像画に微妙に違いが。)

さて、アンブレとピュアシングル表記のアザミラベル、どっちがオススメかというと、ボトルや流通時期によってややブレ幅の大きいアンブレ表記は当たれば赤玉時代の味わいがあるので間違いなくオススメなのですが。今回のように流通時期後期と思しきボトルを引くことを考えると・・・価格的にも品質的にも安定している、ピュアシングル表記の方がオススメしやすいかなと感じています。

ピュアシングル表記でもオールドスタイルのグレンリベットは十二分に味わえますからね。
それでも古い時代のものをということであれば、裏面にバーコード表記がなく、度数や要領表記が古い時代のものを調達するようにすると良いかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×