タグ

タグ:スペイサイド

ベンロマック 22年 ポートウッドフィニッシュ 2005年ボトリング 45%

カテゴリ:
IMG_20191014_012103
BENROMACH 
Aged 22 years 
Finished in Port Pipes 
Bottled 2005 
Number of bottle 3500 
700ml 45% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ、熟した洋梨のようなスウィートな要素と、微かにピーティーな香り立ち。麦芽とバニラ、そこに洋梨や林檎を加熱加工したような甘酸っぱさ、あるいは花梨シロップのような若干べたつきを思わせる甘さを伴う。

味:序盤はスウィートでしっとりとした口当たり。麦芽風味と微かなピート、蜜っぽさのあるフルーティーさは香り同様の構成だが、徐々にドライなウッディネスが余韻にかけて存在を増してくる。
余韻はドライでスパイシー。濃い凍頂烏龍茶のような渋味、ピーティーなほろ苦さが甘味に混じり、麦芽風味が口内に張り付くように残る。

洋菓子のような甘味、麦感がしっかりと備わったボトルである。涼しい時期向きの味わいで、香りはともかく味はその麦由来のフレーバーと、ポート樽由来の甘味が強く、暑い時期に飲むとしつこく感じる。それでも余韻のウッディネスなど若干アンバランスなところはあるが、甘味を引き締めるピート香、なによりフルーティーな熟成感は純粋に味わい深い。ポートパイプの樽感を除けば・・・古典的なスペイサイドとはこういうことを言うのだろう。

IMG_20191014_012117

ベンロマック蒸留所がDCL社の傘下にあった時代の原酒で作られたオフィシャルリリース。自分が飲み始めた頃は、結構この手のリリースが残っていた(または普通に飲めた)ので、懐かしい1本でもあります。
今回の原酒の仕込みは1982年か1983年ごろで、DCL傘下での閉鎖間際。そこから22年程度熟成されたものを、一旦バッティングした後、22ヶ月ポート樽(ポートパイプなので750リットルサイズ)でフィニッシュ。元々のフルーティーさに加えて、微妙な酸味をもった甘口かつウッディなニュアンスが付与された仕上がりとなっています。

同蒸留所は1953年にDCL傘下となり、広くブレンド用原酒として活用されてきました。この間、フロアモルティングの廃止などお約束の効率化が適用されるなど増産路線を取りますが、1980年代にかけて原酒過多となると生産調整を理由に閉鎖。その後は使われていない蒸留設備が他の蒸留所にまわされるなど、散々な扱いを受けていたようです。
1993年、ボトラーズメーカーのGM社によって買収され、大がかりなリニューアル工事が行われた後、同社傘下の蒸留所として1998年(一部資料の表記では1999年※)に再稼働して現在に至ります。
※1998年は試験蒸留、1999年が本格的な蒸留開始と推察。

再稼働後のベンロマックからは2009年にシングルモルト10年熟成が発売されましたが、このオフィシャルスタンダードが安定してリリース出来るようになるまでの繋ぎとして、買収以降不定期にリリースされていたのが、今回のボトルに使われているような、DCL時代の遺産。
なかでも60~70年代のものは当時のリフィルシェリーバットまたはホグスヘッドに詰められており、酒質の厚さと個性の強さに加え、現行のものとは異なるフルーティーさや、当時らしいスモーキーフレーバーが魅力。今回のボトルの場合はポート樽由来の要素を除けば、その片鱗は感じることが出来るといったところです。

現在のベンロマックが目指す「古典的なスペイサイドモルト」がどういうキャラクターか。かつてのそれがそうとは公式には発表されていませんが、当時のベンロマックもそのキャラクターを形成する1ピースであったことは間違いなく。
当該原酒を使ったリリースはそこそこ数が出ているので、BAR等で飲んでみると参考になるかもしれません。

グレンマレイ 11年 2007-2019 for ルビンズベース 55.2%

カテゴリ:
IMG_20191007_191526
GLEN MORAY 
For Bar Rubin's-vase 2nd Anniversary 
Aged 11 years 
Distilled 2007 Nov 
Bottled 2019 Aug 
Cask type Refill Hogshead #5667 
700ml 55.2% 

グラス:リーデルテイスティング
場所:Jam Lounge 
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やかな樽香、青リンゴを思わせる爽やかな酸とレモングラス、干し草、微かにハーブ、ハイトーンでスパイシーなアロマ。

味:香りに反して飲み口はスウィートで丸みがあり、バニラや蒸した栗の甘味、はちみつレモン。とろりとした質感から、徐々にドライでスパイシー、後半から余韻にかけてやや若さも感じるが、オークフレーバーが酸味を伴いながらマイルドに収斂していく。

プレーンでやや酸の立ったベースの酒質に、アメリカンオークの華やかなフレーバーが適度にあり。オフィシャルのカスクストレングスと言っても違和感のない、ハウススタイルから逸脱していない構成。11年熟成とあって多少の粗さはあるが、嫌みなものではなくフレッシュなタイプと言える。少量加水すると全体的にマイルドな味わいに。若いなりのバランスを楽しめるボトル。

IMG_20191007_191107

名古屋のウイスキーBAR「ルビンズベース」が、開店2周年記念として10月5日にリリースした記念ボトル。アイリッシュシングルモルトとグレンマレイの2本がリリースされており、そのうちの1本をいただきました。
同BARにはまだ伺えていないのですが、オーナーの伊藤さんとはイベント等でご一緒することが多く。また、自分がウイスキー仲間と年数回開催している持ち寄り会にも参加頂いていて、なにかとお世話になっています。記念ボトルは是非飲みたいと思っていましたが、食事で寄ったJAM Loungeに入荷していてラッキーでした。

店名の由来になっている、ルビンの壺”Rubin's Vase"は、心理学者エドガー・ルビンが考案した多義図形。ご存じの方も多い有名な図形ですね。
ラベルの中央に描かれている”それ”ですが、白地の壺の部分を見ると、それが壺にも向き合う人の顔にも見えるというもの。これは、同じ領域のなかで相互に関係のある図形を認識するにあたって、壺として見ている時は顔が認識できず、逆もしかりという、人間の認知プロセスを応用した図形ということになります。

BARルビンズベースの2周年記念ボトルは、由来となった図形の特徴をもととしてか、白ラベルでスコッチモルトのグレンマレイ、黒ラベルでアイリッシュのシングルモルト、2種類が同時にリリースされています。
ここからは自分の乱暴な解釈ですが、スコッチとアイリッシュは、地理的に隣り合って同じ領域にある国の特産品。白ラベルを飲んでいる時は、黒ラベルの味を認識することはできないという、店名に因んだ意味が込められた2本なのではないかと。。。。あるいは単純に、白と黒の左右対称かつ対を成す図形のイメージからかもしれませんが(笑)

IMG_20191008_124517

さてその中身ですが、今回テイスティングした白ラベルは、まさにスタンダードなグレンマレイ。悪く言えば定番な作りとも言えますが、ボトラーズリリースでホグスヘッド熟成だとままある作為的な感じはなく、華やかさも樽感も適度で、蒸留所でバリンチした1本といわれても違和感はありません。
さすがに12年弱の熟成ですから、フレッシュというか、若さに通じる部分は残っており、そこを含めて楽しむ最初の飲み頃と言える構成だと感じます。

言わば現行12年のカスクストレングスという感じ。以前12年55%というオフィシャルリリースがありましたが、飲んでいてそれを思い出しました。グレンマレイはボトラーズから同じようなスペックのボトルが複数出ていて、樽が薄すぎると若さが強く出過ぎ、その逆は完全な樽味でギスギスする傾向。ちょうど良い感じがこのボトルには備わっていると思います。
こうなると黒ラベルのアイリッシュもますますテイスティングしてみたいですね。
改めまして、2周年おめでとうございます!!

IMG_20191007_185704
今日のオマケ:JAM Loungeのバー飯。今日のおすすめ”ドライカレー”。
一言で、仕事をきっちりやってるドライカレー。挽き肉と玉ねぎたっぷりでしっかり煮込んで作られたカレー部分。最後に炒めて添えたナスとズッキーニ、温玉の存在が心憎い。飲んだ後の締めに凶悪な破壊力、まさに飯テロ(笑)

自分が上述の持ち寄りイベントや、普段飲みに使わせてもらっているJAMさん。若向けな作りというか、少なくともオーセンティックなウイスキーBARではないので、コアユーザーがウイスキー目的に訪問しても期待に応えられないとは思いますが・・・
価格が手頃なのに、飯が本格派で旨い。店主の趣味でいくつかボトルが置いてあり、軽く飲むのにちょうど良い。と、気軽に楽しめるお店として重宝しているのです。

シークレット スペイサイド 25年 1992-2018  For モルトヤマ 49.6%

カテゴリ:
136403168_o1
Single Malt Scotch Whisky 
A Secret Speyside 
Aged 25 years 
Distilled 1992 
Bottled 2018 
For Maltyama 5th Anniversary 
700ml 49.6%

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1年程度
場所:自宅@サンプル
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やか、スパイシーなオーク香。バニラに加えて洋梨やマスカット、色の濃くない果実のフルーティーな要素、ジンジャー、また微かにマロングラッセのような甘くほのかにビターなアロマも伴う。

味:香りのドライさ相応のスパイシーな刺激、乾いた木材を思わせるウッディネス。ただし相反するまろやかさもある。
洋梨のピューレ、ファイバーパイナップル、微かにナッティー、所謂オーキーなフレーバー主体。徐々にリキュールのような甘さ、近年系のトロピカルなフルーティーさも感じられつつ、華やかでドライ、スパイシーなフィニッシュが長く続く。

最近増えているスペイサイドリージョン長熟系統に似た樽使い、というだけである程度分類が出来てしまう香味構成。ただ、このボトルは香りこそドライでスパイシーだが、熟成が適度で味わいにまろやかさがあり、余韻にかけて開いてくるフルーティーさが好印象。香りは及第点だが味は★6+加点。この段階的な変化は加水するとぼやけてしまうので、ストレートでじっくりと楽しみたい。

IMG_20191006_211602

富山の酒販、モルトヤマが開業5周年を記念してリリースしたオリジナルリリースの1本。店主曰く、5周年記念の集大成と位置付けるボトルです。
少し前に静岡の某S氏と小瓶交換していたのですが、すっかり飲み忘れており。。。先日富嶽三十六景グレンキースを飲んでいて、あれそういえばあったよなと思い出し、今さらですがレビューをUPします。

蒸留所は非公開。飲んで早々わかるような明確な特徴もないのですが(もしヒントがなければグラントかバーギーあたりかと思うフルーティーさです)、ラベルに写っているのは樽のフープの鋲"リベット"とのことで、成る程そういうことねと。とすると、名前に"A"がついてるのは"The"の変わりで、スペイサイドの蒸留所のなかの一つという以上に文面上特定できないからか。
そう言えばこのボトルのリリース前に、モルトヤマの下野君はThe Whisky hoopのチェアマン坂本さんとスコットランドの蒸留所、ボトラーズメーカーツアーを実施していました。今回の原酒をその関係のなかで調達したとしたら、フープの意味はそういうこと?とも読めて、色々意味が込められてるラベルだと思えてきました。
今度イベントとかで会うと思いますので、その辺聞いてみたいと思います。

香味は華やかで強くドライ、そしてスパイシー。所謂オークフレーバーに該当する要素ですが、ドライさやスパイシーさに特徴的なものがあると感じます。それはかつてダンカンテイラーのピアレス香と言われたもの以上に作為的なニュアンスがあり、それが不味いとは言いませんが、どう処理した樽を使ってるのかは疑問の一つ。
少なくとも2000年代前半にかけてGM、シグナトリーケイデンヘッドやムーンインポートなど。。。ボトラーズ界隈の"Tier1"と言えるような古参主要メーカーは、こういう味わいのものをリリースしていませんでした。
そこに変化が出てきたのが、2000年代後半。ドイツ系ボトラーズ、ウイスキーエージェンシー社ら新興勢力の登場からです。

同社がリリースする長期熟成のモルトには、妙にスパイシーで華やかさの強調されたオーク香を持つものがあり、代表的なのが1970年代蒸留のスペイサイドリージョン。金太郎飴かってくらい、みんな同じ香味があるんですよね。
で、今回のボトルはそれに近いニュアンスがあり、近年系の仕上がりだなと思わせつつ、口当たりから広がるマイルドな甘味とトロピカル系統のフルーティーさが魅力。値段は相応に高いですが、1990年代蒸留ながら良い樽引いてきたなと。同酒販店の業界との繋がりと、その意味で5年間の活動の集大成と感じるような1本でした。

IMG_20191006_192832
今日のオマケ:ルナ・ヴィンヤーズ・ピノ・ノワール 2012
如何にも新世界ですという、濃厚で強いカリピノ。ピノらしいベリー香に、果実の皮や湿った木材、濃縮葡萄ジュースのようなジューシーな甘味と酸。樽は古樽主体か目立たず、余韻は程よいタンニンと微かにスパイス。ジューシーさが少々くどいというか、アルコールを思わせる若干の引っ掛かりもあり、食事と合わせるなら今でも充分飲めるが、飲み頃はまだ先にあると感じる。
2012年は当たり年との評価で、環境が良かった結果強いワインが産まれたのか。現時点のイメージは若手の豪腕速球タイプ。もう5年は様子を見てみたい。さらに成熟した選手に育つか、あるいは。。。

とある事情で、このワインが通常流通価格の半額以下とめちゃくちゃ安く手に入る機会があり。この手のワインの香味はウイスキー好きの琴線に触れるものがあるので、まず間違いないと、普段飲み用にまとめ買い。
ただあの価格だから買うのであって、日本での流通価格(5000円前後)で買うかと言われたら候補にない。。。というかカレラが最強過ぎる。濃厚で強いタイプならオーボンクリマでも良い。
とりあえず自分で2本、会社の飲み会等で2本、4本飲んだので残りは熟成に回す予定。来年の今頃、また様子をみたいと思います。

IMG_20190914_160112

グレンマレイ 12年 40% 

カテゴリ:
IMG_20190531_225754
GLEN MORAY 
Singel Malt Scotch Whisky 
White wine cask finish 
AGED 12 YEARS 
700ml 40% 

グラス:グレンケアン
時期:不明
場所:BAR Eclipse first
評価:★★★★★(5)

香り:ドライで華やか、オーク系の軽やかなアロマ。乾いた草っぽさを思わせるウッディネスとバニラのアクセント。奥にはほのかに白系果実のフルーティーさもある。

味:スムーズでデリケート、ちょっと水っぽい口当たり。序盤は香りほどのドライさはなく、マイルドだが、バニラや干し草、軽やかなスパイシーなウッディさが後半にかけて感じられ、じわじわとドライに。加水が強く効いて奥行きはあまりなく、余韻もあっさりとしている。

近年のスペイサイドの典型例。軽く、穏やかな酒質にリフィルを含むアメリカンホワイトオークのオーキーなフレーバーと軽い甘さが溶け込み、加水で整えられているという仕上がり。白ワイン樽がフィニッシュに使われているらしいが。。。自己主張に乏しいところは変わっていない。ストレートよりはハイボールで使いやすいか。

IMG_20190531_225827

現行品のグレンマレイ12年は、個人的に「ちょっと惜しいボトル」という位置付け。
ライトで華やか、オークフレーバーが適度に効いた癖の少ないあっさりとした味わいは、近年系スペイサイドモルトの典型例とも言える構成。一応、通常のアメリカンオークだけではなく白ワイン樽でのフィニッシュを加えているとのことで、その特徴が出ているかと思いきや、飲んでいて忘れてしまうくらいの品の良さ。
そのもの単体としては決して悪くなく、値段も手頃だし熟熟成感も最低限あるため、万人向けと言える1本。しかしネックは同じような味わいのシングルモルトが他にも多くあるということと、それがグレンマレイよりも安価であるということなのです。

事例を挙げるとグレンフィディック12年、グレンリベット12年、グレングラント10年、最近は一部ショップでグレンモーレンジ10年も3000円を下回ってきています。
3000円前後の価格帯のスペイサイド&ハイランドモルトは意外とレッドオーシャン。それぞれ同じ系統の香味構成に異なるキャラクターがあるわけですが、味わい穏やかなマレイは、人間に例えるならいい人で終わる代表格。表情がないと言うか、武器がないというか、決してこれら4銘柄に味で劣っているわけではないのに勝ちきれない。故に、ちょっと惜しいという位置付けなのです。

かつてグレンマレイはグレンモーレンジと共にマクドナルド・ミュアー社(後にグレンモーレンジ社に社名変更)の傘下にあり、ハイランドクイーンなどの構成原酒として使われていました。
2004年、同社がモエ・ヘネシー・ルイヴィトンに買収され、シングルモルトブランドの価値向上のため、プレミアムグレードのリリース等が行われたのですが・・・。マレイに関してはブランド向上は無理と判断されたのか、わずか4年後の2008年、グレンモーレンジを残して他社に売却されてしまいました。
ちなみに、このルイヴィトン時代にリリースされたのがグレンマレイ30年。好ましいフルーティーさを備えた1本でしたが、当時の水準で考えればこれまた強みがない。思い返せば、その頃から既にグレンマレイは「ちょっと惜しい」モルトだったとも言えます。

近年のグレンマレイは、フランスのメーカーの傘下でグレンターナー・ブレンデッドモルトや、ブレンデッドウイスキー・レベル5の構成原酒でありつつ、シングルモルトのリリースも継続。2008年以降も設備投資が行われ、オフィシャルの構成も見直した結果、イギリス、アメリカ等の市場ではむしろシェアを伸ばしているとのこと。レビューを見ていると、白ワイン樽を使うようになって個性の弱さを克服したという声もあります。(確かに一昔前の8年よりは飲み応えがあり、クラシックよりはだいぶまとまってますが。)

アメリカではライトで癖のないウイスキーは一定の需要が現在もあります。
なるほど、ちょっと惜しいのは日本市場だけだったのかもしれません。一度は見切られた蒸留所の今後の躍進を期待して、今日の記事の結びとします。

追記:白ワイン樽に触れること、すっかり忘れていました(汗)
なので本文中にその記述を追記しました。失礼致しました。

グレンキース 23年 1995-2019 富嶽三十六景シリーズ for モルトヤマ 53.4%

カテゴリ:
IMG_20190923_171155
GLEN KEITH 
Abeyhill (Kingsburry) 
Aged 23 years 
Distilled 1995 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead 
For Maltyama 
700ml 53.4% 

グラス:シュピゲラウテイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やかな香り立ち。乾いたオークと干し草、レモンピール。スパイシーではあるが徐々に林檎やファイバーパイナップル等のドライフルーツを思わせるアロマ、バニラの甘さが開いてくる。

味:リモンチェッロ等の柑橘系のリキュールを薄めたような甘さから、すぐにドライでオーキーな華やかさと乾いた刺激。ナッツや洋梨、奥には麦芽を思わせる要素もあるが、樽感主体であまり目立たない。
余韻は華やかでドライ、微かに黄色系果実の戻り。ややエッジの立ったウッディネスとスパイシーな刺激を伴って長く続く。

ホグスヘッドで熟成した内陸原酒らしい、軽やかで華やかな構成。開封直後はツンとドライな刺激があるが、時間経過でポテンシャルを発揮する。グラスでの変化や類似リリースの傾向から、ボトル所有なら開封後1~2年後くらいで、余韻にかけてフルーティーさがさらに広がってくるような変化が期待できる。時間をかけてデレさせるべきボトル。
加水すると華やかさはぼやけるが、洋梨のピューレや麦芽風味を思わせるまろやかな甘味が感じられる。なお、ハイボールも悪くないがこのボトルじゃなくても感は否めない。


富嶽三十六景シリーズは、ここ数年積極的にプライベートボトルのリリースを行っている、富山のウイスキーショップ「モルトヤマ」のオリジナル。ファーストリリースのブナハーブンから数えて4作品目にあたります。
同店のオリジナルブランドのラインナップでは、富嶽三十六景は中長熟の原酒を選定し、全体を通して一定以上の完成度を目指しているシリーズで、近年のなかで間違いのないところが揃っているという印象です。

今回のグレンキースも、近年系スペイサイドの王道的な構成と言えるもの。ホグスヘッド樽(アメリカンオーク樽)のオーキーなフルーティーさが20年を越える熟成で酒質とほどよく馴染んでおり、ややドライな要素はありますが、それもキースらしさというか、熟成のピークに来ていることを感じさせます。
市場を見ると類似のスペックのボトルが結構リリースされていて、違いは樽がどれだけ効いてるかというところ。元々ボディがそこまで強くない酒質故に、軽やかでシャープな特徴を活かすなら、これくらいの味付けはちょうど良いように感じます。

グレンキースは1999年に操業を休止していましたが、近年のウイスキー需要増を受けて2013年に再稼働して現在に。
いわゆる生産調整というヤツですね。基本的にシーバスリーガルなどのブレンデッド向けの原酒ですが、1990年代に限らずボトラーズリリースが多いのは、冬の時代を中心に当時のブレンドメーカーに原酒が売られていたからと推察します。
なお、再稼働したグレンキースは、マッシュタン、ウォッシュバックなどの主要生産ラインを含む全面的なリニューアルを行っており、スチルの一部を残して全く新しい蒸留所に生まれ変わっています。
蒸留所側は休止前と同じ酒質を再現するよう心がけているとのことですが、近年の他蒸留所の動向を見ると、さらにライトで癖のない感じになりそうな。。。(何年ものが使われてるかわかりませんが、最近リリースされた蒸留所限定品のNASは、だいぶ軽い仕上がりでした。)

そう考えると、現在比較的市場にモノがあるグレンキースの90年代も、あの頃のフルーティーなキース、意外と良かったねと言われる時代が来るのかもしれません。
個人的な感覚ですが、グレンキースの熟成原酒は、過去のもの含めて開封から良さを発揮するのに時間がかかる。最近のリリースだけでなく、今より酒質が強かった1960~70年代でもそんな感じなので、ちょっと時間をかけながら楽しんでいくのがオススメです。
今回のボトルは、余韻にオーキーなフルーティーさがはっきりと開く変化が理想系。余韻部分だけ切り取ると、埋められた種から芽が出て花が咲くような、そんな成長が期待出来ると思います。


IMG_20190921_164034
今日のオマケ:リチャードハミルトン センチュリオン シラーズ 2002

週末飲んでたワイン。樹齢100年を越える古木から採れる葡萄を使って作られる、オーストラリアの濃厚シラーズ。毎年ラベルの年数が増えているのが特徴。穏やかながらフルボディなワインで、早飲みから10年以上の熟成にも耐えるという1本。
比較的新しいものは、シラーズらしい熟したようなベリー感とスパイシーさ、ギュッと歯茎を引き締めるようなタンニンが感じられますが、熟成した今回の1本は果実味やタンニンが落ち着いた代わりに黒土のような香りと枯れた木材、スパイスの種類も増えているような印象を受けます。

このワインは初日より2日目、時間をかける方が開きも良い。またスパイシーな肉料理との相性抜群。特にチョリソー、ステーキ等の焼き系はまず間違いない組み合わせなんです。ガッツリ行きたい日におすすめ。

このページのトップヘ

見出し画像
×