タグ

タグ:スペイサイド

マッカラン 8年 ファインオーク 40% とマッカラン1878の話

カテゴリ:
IMG_5546
MACALLAN
Fine Oak
8 Years old
Carefully matured in a unique combination of Bourbon & Sherry oak Casks
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:スパイシーでやや青さの残るオーク香。メレンゲクッキーのような甘み、柑橘や白粉系の麦芽香。時間経過でほのかにシェリー香も感じられる。

味:スムーズな口当たりからピリッとした刺激、薄めた蜂蜜、りんごジャムを塗ったパン、ほのかに青っぽさが鼻腔に抜ける。
余韻は乾いたウッディネスを感じつつ、スパイスの刺激とほろ苦いフィニッシュ。

とても40%加水とは思えないピリッとした刺激のある味わいが、いかにも現行マッカランらしい。樽感はバーボン樽主体、ほのかにシェリー樽。嫌味の少ない樽感に素直なモルティーさが、オールドになって化けるボトルとして期待できる。現状は1杯目のモルトとしてストレートで。ハイボールも中々。


ウイスキー仲間のHPさんから、意外と旨いから飲んでみ?と言われてお借りしている2010年ごろ流通の短熟マッカラン。
HPさんはコッテコテのどシェリー系は苦手で、このような華やかな樽感、バランス系のモルトを好む傾向があり、確かにこれは案外。。。というか、今はまだ刺々しさはあるのですが、全体を通しては将来性の高いボトルだと感じられました。

マッカランはご存知の通りロールスロイスなんて売り文句があって、滑らかで上質なウイスキーであるかの如く宣伝されていますが、実際はフルボディでパンチの強い酒質であることは、このブログでも度々触れてきたところです。
10〜20年くらいのバーボン樽熟成のシングルカスクなんて、舌の上でバッチバチですから。
他方、それがシェリー樽を受け止め、長期熟成に耐え、加水されて初めてバランスが取れる訳で、今回のボトルもまた40%まで加水されているとは思えないニュアンスや、飲みごたえも残っていました。

現状はストレート以外にブレンドのベースとしてグレーンを加えても過度に軽くならず、他のモルトともよく馴染みそうな素直さが魅力。20年くらい瓶熟させると、今オールドボトルとして評価されてる80-90年代流通の一部のハイランドモルトに近い素朴なキャラクターが得られるのではないかとも感じます。
考えてみると、40%加水のスペイサイドでこういうキャラクターは、現行品には中々ないですね。


以下は雑談。マッカランと言えば、数ヶ月前にスイスのホテルBARで1ショット100万円というマッカラン1878がオーダーされ、それがフェイクなのではないかと話題になったのは記憶に新しいと思います。
Swiss hotel's £7,000-a-dram Macallan turns out to be fake

このマッカラン、オックスフォード大学のラボでの検査の結果、やはり真っ赤なフェイク。
ラベルが作られたのは25年ほど前。中身は1970〜1972年に蒸留されたモルト60%、グレーン40%程度のブレンデッドウイスキーだったのだそうです。
まあそりゃそうですよ、多くの愛好家が疑問視したように、ラベルが綺麗すぎますし、何より100年以上経過していてここまでコルクが原型を留めているのはおかしいですから。せいぜい20〜30年くらい前だろうと感じていた、まさにその通りの結果でした。

確かフェイクだったらオーダーしたお客に返金するという話だったと記憶していますが、ホテル側はたまったものじゃないですね。
せめてラベルは本物だったらオブジェくらいにはなったかもしれませんが、どちらもフェイクとあっては救いようがない。。。

現在、中国市場においてオールドマッカランの人気がとてつもないことになっているそうで、今後さらにフェイクが量産されていくことは間違いありません。
中国国内にとどまるぶんには我々に被害はないですが、それが放出され始めたらどうなるか。
一部銘柄に関して、オールドボトルは自分で育てる時代が来ているのかもしれません。

ロングモーン 30年 1973-2003 GM #3240 55.8%

カテゴリ:
LONGMORN
GORDON & MACPHAIL
Natural Cask Strength
Aged 30 years
Distilled 1973/4/13
Bottled 2003/5/1
Cask type 1st Fill Sherry Hogshead#3240
700ml 55.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライなウッディネスを感じる濃厚なアロマ。ダークフルーツソース、チョコレートケーキ、濃く入れた紅茶を思わせるタンニン。奥から土っぽさと古い家具、ウェアハウスの香り。

味:リッチな口当たり。濃厚なシェリーオーク由来の甘みとドライフルーツを思わせる酸味。黒飴、プルーン、クランベリー、微かに沢庵香に通じる古酒感。じわじわとカカオチョコ、ウッディなタンニンが滲んでくる。
余韻はオールドシェリーの甘み、こなれたタンニンが蓄積するように残るドライなフィニッシュ。

シェリーオーク由来の甘みやウッディネス主体の構成。トロピカル系の果実味はそれほどでもないが、古き良きシェリー感が充実していて充分楽しめる。2〜3口あたりからタンニンが口の中に残り始めるので、チェイサーやパンを挟んでもいい。加水は甘みがぼやけるよう、ストレートで楽しみたい。


1973年蒸留のロングモーンはそれなりにリリースされていて、1970年代前半にかかることから今でこそとんでもなく人気の出ている蒸留時期ですが、シェリー系で突き抜けてこれというものに出会った印象はありません。

ダンカンテイラー・ピアレスのようなオークフレーバー全開タイプはそれなりに楽しめるのですが、今回のように濃厚なタイプでは樽感が強すぎて圧殺激渋タンニン丸だったり、自分の苦手なサルファリーなボトルもあったりで、あまりいい印象がないのも事実です。
そのロングモーン1973で、海外サイトでは「Bitter tannins and heavy woodspice」なんて書いてあるボトル。。。文字どおり苦い記憶が頭をよぎります。

そんなボトルに果敢にチャレンジしたのが、ウイスキー仲間のマッスルK氏。しかし開封して「これはやれば出来る子かもしれないけど、どう成長するか。。。」なんて筋肉に見合わず弱気にな同氏。
ただよく見てみると単に濃厚なだけでなく、色合いが赤みを帯びていて、自分の中でこういうタイプは大丈夫なんじゃないかなーと思ったものの。それはそれで面白いので容赦なくネタとしていじっていましたら「そんなに言うなら飲めよ」とボトルごと預かることになったわけです。

さて、このロングモーンですが、ボトリング時点では違ったのでしょうけど、現時点では決してタンニンが強すぎるわけでも、エグミや硫黄があるわけでもなく、かといってベリー感やフルーツ溢れるシェリー感というわけでもない。熟成年数相応にウッディネスがあり、甘みがあり、プレーンで濃厚なシェリー感というべきでしょうか。これはこれでウマいボトルだと感じました。
70年代のロングモーンは中頃に近づく毎にドライになって果実味や麦芽風味を失う傾向がありますが、今回のボトルもその傾向はあれど、酒質の素直さからか度数ほどのアルコール感のない飲み口はポジティブな要素です。
うん、これなら悪くないじゃないですか。

マッスルさんは今日誕生日だというのに手元からうまい酒が1本消えているのだから、煽りも含めて当方の行為は蛮行という以外に表現できません(笑)
あえてこの言葉を結びとして、今日の更新を終えたいと思います。
誕生日おめでとうございます!

タムデュー 25年 1990-2016 OMC 信濃屋向け 56.9%

カテゴリ:
TAMDHU
OLD MALT CASK
SPEYSIDE REGION
Aged 25 years
Distilled 1990
Bottled 2016
Bottled for SHINANOYA
700ml 56.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:ドライで華やかなアロマ。乾いた麦芽とエステリーな熟成感、ドライアップル、オレンジピール、乾いたウッディネス。時間経過で蜜のような甘い香りも。

味:とろりとした口当たり、エステリーで蜜のような甘み。りんごのコンポート、ナッツや麦芽風味のアクセント、しっかりとした熟成感。
余韻は華やかなオークフレーバーからスモーキーで内陸ピートが染み込むよう。ドライでヒリヒリとしたやや硬いフィニッシュ。

古き良き時代を思わせる、ピートの香るオールドスタイルなスペイサイドモルトだが、現代的なエステリーさも融合している。華やかな樽香と蜜のような熟成感、樽と酒質のバランスは良好で、ここにスモーキーさの合わさる余韻は、個人的にストライクゾーン。開封直後は少し硬い。少量加水すると香りが開き、さらに楽しめる。


信濃屋のプライベートボトルとしてリリースされた、OMCのタムデュー。
タムデューは個人的に好きな蒸留所の一つですが、それはオールドボトルや1960-70年代蒸留のボトラーズの長期熟成が思い浮かんでのこと。
近年のタムデューの酒質は、麦感のある素朴な酒質でボディもほどほど、率直に言えばぱっとしないしみじみ系というイメージでした。

それが今回のボトルは、かつてボトラーズリリースで多く見られた長熟スペイサイドの熟成感と、バーボンホグスヘッド由来の華やかなオークフレーバー。
例えるなら、普段地味な友人が突然バリッと着こなして来たような感じでしょうか。あれ、おまえこんな感じだったっけ!?と。
ややドライですがコクのある酒質から、熟成期間のバランスが感じられるだけでなく。余韻にかけてオフィシャルの通常品では樽感に覆われてしまっている土や木材を思わせるピートフレーバーがじわりと広がり、全体を引き締めていく古典的なスペイサイドのスタイルが良いですね。

近年のボトラーズリリースは、需要の高まりからか、バーボンバレルで短期間に華やかさを付与して強引に仕上げたり、そこに加水をして一見すると飲みやすいものの中間以降ぼやけたような味わいになっているリリースが少なくありません。
今回のリリースはその点、熟成期間を経てしっかりと備わった香味が堪能できる、王道的なスタイルです。
リリース直後の口開けから何度か飲んでいて最近から好みの味わいだったのですが、時間経過で硬さが和らいでさらに良くなって来たなという印象。

ちなみにこのボトルはリリースからあまり話題にならなかった気がします。タムデューというネームバリューか、色が薄いからか、あるいは少し高めの価格も要因としてあったのか。
ただ、それこそこれがロングモーンだったら。。。そんなリリースだと感じるわけです。
ひとつのスペイサイドモルトとして、フラットに楽しみたい1本です。

オルトモア 20年 1997-2017 ウイスキーギャラリー 50%

カテゴリ:
AULTMORE
Whisky gallery
Aged 20 years
Distilled 1997
Bottled 2017
Cask type Hogshead
700ml 50%

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:軽く華やかなオーク香、バニラや皮付きの洋梨、草っぽさ、微かにハーブを思わせるニュアンス。

味:オーキーでドライだが徐々に柔らかいコクを感じる。干し草、薄めた蜂蜜、淡くドライファイバーパイナップル。
余韻は華やかでスパイシー。乾いた木材、ほろ苦い麦芽風味に程よい雑味を伴うコクがアクセントとなっている。

所謂オークフレーバーと草っぽさが主体的、酒質はプレーンで主張は強くないものの、樽由来の甘みやコク、淡いフルーティーさがあってバランス良く飲み飽きないモルトに仕上がっている。しみじみ旨い、通好みな1本。


ウィスクイーがリリースするシリーズラベル、ウイスキーギャラリーの第一弾。
ウイスキーは、樽熟成によって無色透明の原酒に様々な色合いと香味がつくことから、無地のキャンパスから描かれる1枚の絵画に見立て、リリースしていくのが同シリーズのコンセプトなのだとか。

記念すべき第1作の中身に選ばれたオルトモアは、あまり個性の強くないスペイサイドモルト。うまく熟成させられていれば麦芽系のニュアンスやコクが残るものの、文字通り樽主体な味わいのボトルは少なくありません。
とするならば、今回の中身とラベルの絵がどのようにリンクしているのかは気になるところで、ラベルを選定した方の意見も聞いて見たいと感じます。
個人的な意見を言えば、草っぽさは感じますが、こんな鬱蒼として暗い感じの味ではなく、もう少し晴れやかで爽やかな味わいだと思うんですよね。。。 

とまあ文句を言うわけじゃないんですが、ラベルに対する疑問はさておき、中身は中々旨いオルトモアです。
ホグスヘッドの過度なウッディさのない華やかな甘みは程よく。余韻にかけての雑味と言いますか、近年のスペイサイドにありがちな、乾いたようなウッディさとドライで軽い感じではなく、麦芽風味にコクもあって飲みあきにくい構成のモルトに仕上がっています。

かつてブレンダーからその酒質を評価され、今でもデュワーズを中心として構成原酒の重要な役割を果たすモルト。
今回のボトルは現行オフィシャル系統の味わいとも感じますので、現行品を飲んで気に入られた方は、BAR等で試して見ても良いと思います。

モートラック スペシャルストレングス 49% 免税向け ブラインド

カテゴリ:
MORTLACH
"Special Strength"
2015's
For the Travel Retail Market
500ml 49%

【ブラインドテイスティング回答】
仕様:加水
原産:スペイサイド
熟成:シェリー主体、スパニッシュやアメリカンオークの複数タイプのバッティング
年数:15-20年程度
度数:48%程度
蒸留所:グレンファークラス
暫定評価:★★★★★★(6)

シェリー樽熟成を思わせる甘い香味。ドライプルーン、ブラウンシュガー、アップルパイ。濃いめの紅茶を思わせる渋み、乾いたウッディネスにリチャー系の焦げたようなニュアンスもある。
口当たりの粘性を伴うキャラメルのような甘みから、ピリっとした刺激、淡く徐々にローストした麦芽、アーモンド、焦げたトースト。余韻はややトーンが高くヒリヒリとした刺激を伴い、ほのかな草っぽさ、ほろ苦さが長く続く。

シェリー、バーボン、リチャーの有無。シェリー樽を中核としつつ複雑な樽感が感じられるウイスキー。複数タイプの樽が混ざり合う中で、しっかりとした酒質がバランスの良さに繋がっている。熟成感は中熟主体に幅広く、フレッシュであり落ち着きもある。
(ボトル全容。このシリーズは容量が減ってくるとラベルが見えづらい。。。)


モートラックが2015年にラインナップを一新し、ダフタウンの野獣というニックネームを纏って登場した際、通常ラインナップ3種と合わせてリリースされたのが、この免税店向けのスペシャルストレングス。最近は並行品が国内市場に入り始めたようです。
49%仕様でカスクストレングスというわけではなく、加水仕様ですが、通常よりも度数を高く調整することで、より原酒の個性を際立たせつつ、オフィシャルとしてのバランスを保つ狙いもあるようです。

実際に飲んで見た感じも、酒質由来のアタック、香味がしっかりと残っていて、飲みごたえがありました。体感的な熟成感は15〜20年程度の中長期熟成原酒を主体にしたイメージで、加水を少量に抑えているためか、香味のアタックに強さがあり、一緒にブラインドにトライしたウイスキー仲間は50%Overのハイプルーフを予想していたほどです。

特徴的なのはその香味の強さに加え、複雑な樽感。これも度数の高さに由来してか、スパニッシュ系のシェリー樽の香味を主体としつつも、リチャーオークの焦げ感やアメリカンホワイトオーク由来と思しきニュアンスなど、各樽の要素があまりぼやけることなく伝わって来ました。
テイスティングのとおりそれらのバランスがとれており、渾然一体となって楽しめるのは、様々な原酒を持って大量生産出来るオフィシャルならではの作りと言えるかもしれません。


そんなわけで今回のブラインド、各スペックだけ見ればかなり近いところまで絞り込めていて、テイスティング的には及第点ではあるものの、ここまできて蒸留所が出てこなかったのは不覚でした。
悩んで酒質的に強いグレンファークラスとしましたが、冷静に考えるとオフィシャル・ファークラスでこの手の複数樽バッティングがリリースされた記憶はなく。。。モートラックが選択肢にも出なかったのが悔しい(笑)。
前回のブラインド記事でもあと一歩絞りきれない状況でしたが、今回もあと一歩。この精度を上げることを目標としていきたいです。

今回の出題は神田のBAR Groovy の藤島さんに頂きました。楽しく分析出来ただけでなく、いい経験になる出題、ありがとうございました。

このページのトップヘ

見出し画像
×