タグ

タグ:スペイサイド

グレンリベット ヘリオス 20年 2011年リリース 50.7%

カテゴリ:
IMG_20190414_132049
THE GLENLIVET 
HELIOS 
Aged 20 years 
Bottled 2011 
Cask type 2nd fill hogshead #60521 
700ml 50.7% 

グラス:グレンリベットテイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR LIVET
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでオーキー、品が良く華やかなアロマ。洋梨あるいはアップルパイを思わせる果実要素とカスタード、微かにシナモンにも通じる干し草的なスパイシーさとウッディネスが感じられる。

味:オーキーでスパイシーな口当たり。ドライアップルやアプリコット、微かに蜂蜜生姜、ドライだがボリュームがあってリッチなオーク系のフルーティーさ。余韻はほろ苦くウッディ、スパイシーで長く続く。

アメリカンオークトロピカルとでも例えるべきか、オーク樽由来のフルーティーさとスパイスの典型的なフレーバーが適度な熟成感野中に感じられる。一方でウッディなえぐみやドライさは程々に押さえられており、完成度の高さに通じている。


華やかさと適度な熟成感&樽感がある美味しいグレンリベット・・・それ以上の特徴はテイスティングコメントに全て書いてしまったようなボトル。
説明を追加するならば、近年味が落ちたというか、樽感がドライになってフルーティーさの”のり”が一時期ほど良くないグレンリベットのオフィシャルにあって、セカンドフィルの樽では20年程度の時間が必要なのだなと感じさせる熟成感でしょう。

年明け頃、界隈で少し話題になりましたが、グレンリベット12年の味がどんどん落ちているという話。これは樽の比率でファーストフィルではなく、セカンド、サードといったところが増えているからではないかと推察するところ。グレンリベット12年ファーストフィルや、通常の18年がそこまで悪くない出来であることも考えると、やはり樽に関連する適切な年数が確保出来ていないのかなと思うのです。


このリリースは日本未発売で、現地購入ないし海外ショップ経由で個人輸入したものが少量日本にあるのみです。
特別感があって作りも良い、美味しいモルトであるのですが、グレンリベット好きには身も蓋もない話がわざわざ個人で今から取り寄せてまで飲みたいかと言われると、似たようなボトルがボトラーズに無いわけではない、レッドオーシャンな水域にある構成とも言えます。

そんなわけで探してまで買えとプッシュはしませんが、ちょうど良いことに今回テイスティングしたBAR LIVETさんでは、今日から1週間、開店5周年記念でこのボトルを含む5本を特別価格で提供されるとのこと。
あれ、俺が飲んだ時は通常価格。。。というのはさておき、この機会に美味しい近年のグレンリベットは如何でしょう。


グレンマレイ 30年 リミテッドエディション 43%

カテゴリ:
IMG_20190405_021654
GLEN MORAY 
Aged 30 years 
Limited Edition 
Botted 2004/11/22 
One of 6000 Bottles 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年未満
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:ナッツや乾いた麦芽、ビスケットを思わせる軽やかな香ばしい香り立ち。合わせて角のとれたピート香。奥には蜂蜜、アプリコットや熟れた果実のフルーティーさもある。

味:軽い口当たりだが樽感は強く、ほろ苦い枯れたようなウッディネス。ピリピリとした刺激の後、土っぽさと共にドライアップル、アプリコット、セクシーでトロピカルなフルーツ香が余韻にかけて口内に広がり、ドライでビターなフィニッシュのなかで鼻腔に抜けていく。

ストレートでは樽感が強く、枯れたようなウッディさなど度数落ちの原酒にある特徴を備えているが、一方で魅惑的な熟成香、フルーティーさも備えている。少量加水すると後者の60年代蒸留のモルト原酒に見られるトロピカル香、熟れた果実のフェロモンのようなニュアンスが開き、古き良き時代の個性を楽しめる。

IMG_20190405_021746

グレンマレイのオフィシャルリミテッドリリース。なぜ2004年という時期にリミテッドが、それも単発でリリースされたかというと。。。ちょうどこの時期、グレンマレイ蒸留所らを傘下としていたグレンモーレンジ社がルイヴィトン・モエ・ヘネシー社によって買収されたことに由来します。

当時、同社ではシングルモルトのブランド価値向上を目指した取組として、多くの銘柄でリミテッドリリースが行われていました。2004年だけ見ても結構な量が発表されており、グレンモーレンジは30年シェリーフィニッシュ、アードベッグは長熟モノに加えてベリーヤングがリリース。
グレンマレイも他の銘柄同様に今回のボトルがリリースされたのですが、あまり評判が良くなかったのか。ウイスキーブーム前の当時、この系統のブレンデッド向け原酒は間に合っていると判断されたのか。買収から僅か4年後の2008年には、グレンマレイは再び他のメーカーへ売りに出されて現在に至ります。

改めてこのボトルの構成を香味から推察すると、樽はリフィルシェリーバットやホグスヘッド。30年熟成表記ですが、それを越えて40%台まで度数が落ちたような原酒が一部使われているのでしょう。樽感が枯れた過熟気味の原酒にある、削り取られて尖ったような酒質とウッディネスが備わっています。
勿論それだけではなく、とろりとしたアプリコットや加熱した林檎のような甘みも感じられることから、このリリースは枯れた原酒にボディの残っている原酒を加え、45%前後くらいの度数になったところを加水調整したものと考えられます。バッティングと加水の妙で、ギリギリのところを補ったような香味です。

熟成年数から単純計算すると蒸留時期は1974年以前、これはグレンマレイがまだ自前で精麦(サラディン式)を行っていた当時のものです。また上記の熟成の方向性から35~40年熟成、1960年代のものが一部入っているようにも考えられ、香味の中にあるトロピカルなフレーバーやしっとりとしたピーティーさが、麦芽品種まで異なる当時のキャラクターとして感じられるのです。

ベンリアック 12年 シェリーウッド 2018年リリース 46%

カテゴリ:
IMG_20190406_164904
BENRIACH 
SHERRY WOOD 
THREE WAY SHERRY MATURATION 
Aged 12 years 
2018-2019's 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:BAR LIVET
暫定評価:★★★★★(5)

香り:カカオ多めのダークチョコレートを思わせるアロマ。おがくず、バニラ、オレンジピール、微かにハーブも伴うウッディネス。

味:ややドライでビターな口当たり。オールブランやかりんとう、序盤はほろ苦く甘い程度だが、徐々にカカオを思わせる苦味が強くなっていき、木材の焦げ感や若干の硫黄を伴うウッディでビターなフィニッシュへと繋がる。

香味とも色合い同様にシェリー樽系統の甘味や果実味はそこまで強くないが、余韻にかけて樽由来のビターなフレーバーのみ強くなっていく。加水しても同様であり、あまりバランスが良いとは言えず、もう少し甘味や果実味がほしいところ。

IMG_20190330_200240

スタンダード銘柄におけるシェリー樽熟成ウイスキーの代表とも言える、ベンリアック12年シェリーウッド。2017年、メーカー生産終了に伴って国内流通品も終売となりましたが、先日紹介したグレンドロナック15年リバイバル同様に、2018年末からリリースを再開していました。

ベンリアックは、グレンドロナックのように蒸留所の操業が途絶えていたということはないため、終売の経緯を短期間で復活したことから考えると、蒸留所が持つ原酒の使い方や、オフィシャルリリースの価格帯を整理するためだったのかもしれません。
旧ボトル(特にラベルに光沢がある初期リリース)はスタンダード品ながらしっかりとしたシェリー感が備わっていましたが、ロットおよびラベルチェンジを経る毎にシェリー感が薄くなっており、樽や原酒の確保に苦労しているという印象は兼ねてから受けていました。

今回のリリースからは、樽構成が最初からシェリー樽熟成(旧ラベルはオロロソシェリー40%、ペドロヒメネス60%)ではなく、シェリー樽で熟成した原酒に、なんの樽で熟成したものがベースかは不明ながらオロロソシェリー樽やペドロヒメネスシェリー樽でフィニッシュした原酒を加えた構成(THREE WAY SHERRY MATURATION
)に変更されています。

ただしそこまでリッチなシェリー系の味わいではないことから、ベースがリフィルやサードフィルのシェリーカスクなのではないかと考えられます。また、樽由来の苦味が余韻にかけて強いことを考えると、フィニッシュ用の樽がチャーされているのかもしれません。
復活は喜ばしいですが、内容は両手を上げて歓迎しがたい仕上がり。良質なシェリー樽の調達が難しいなかで、リリースを維持するために様々な工夫が行われているのだと、色々考えさせられるリリースです。

ノッカンドゥ 21年 1990年蒸留 マスターリザーブ新ラベル 43%

カテゴリ:
IMG_20190328_011132
KNOCKANDO 
AGED 21 YEARS 
Master Reserve 
Distilled 1990 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーで干し草を思わせるウッディなニュアンス。おしろいっぽさのある麦芽香、微かに青みがかった甘みは瓜や青林檎。スワリングすると薄めたはちみつを思わせる甘い熟成香も伴う。

味:口当たりはスムーズで少し水っぽいが、麦芽風味とナッツ、徐々にドライで乾いた木材を思わせるほろ苦いウッディネス。厚みはそれほどでもなくややライト寄りで、樽由来の要素が強め。
余韻はドライで干し草やオレンジピール、香り同様若干の青さ、微かに内陸のピートも伴う。

樽の関係かトップノートや含み香に若干の青さを感じるが、それ以外はベースの麦感に、オーキーなウッディネスとフルーティーさが加わって、複雑さがありつつ安定して旨い内陸系モルト。

IMG_20190328_012020

一般的には無名だが、コアな愛好家からは評価されることの多いノッカンドゥ。J&Bの構成原酒。。。というのは現行品がアレなのであまり良い印象はないのですが、オフィシャル18年や21年は、それ以下の年数に感じられる若いニュアンスが熟成を経て穏やかになり、樽由来の甘味と華やかさなど複数の香味と合わさってバランスがとれてくる。まさに飲み頃なボトルという印象です。

元々ノッカンドゥのオフィシャルリリースは、熟成年数を表記せずピークを迎えた原酒を同じ蒸留年の中からバッティングしてリリースするという方針をとっていました。
その後、2000年代あたりから、12年、21年といった他社と同じ区分に統一してリリースが行われるようになりましたが、蒸留年表記はそのまま残って現在に至ります。(もっとも、熟成年数が表記される前も、リリースの区分は若いタイプが10~13年前後、長熟が20年前後と、大きな違いはなかったようですが。)

オールドと現行品の違いは、まず酒質由来のフルーティーさ、ボディの厚みにあります。昔の方が明らかにこの要素が強いですね。今回のラベルデザインは2011~12年頃にリニューアルされたものですが、旧ラベル時代に比べて香味にドライな要素や、青みがかったニュアンスが出てきており、それは直近日本で流通する新しいビンテージのものでも同様です。

e408d5bb
(旧ラベルで同じ1990年蒸留表記のマスターリザーブ。色合いから違っており、直接比較は出来てないが、傾向は同じであるものの、味わいにある甘味、ボディの厚みから異なっているように感じられた。)

21年の樽構成比率は、シェリー樽が10%、残りはバーボン樽とのこと。この手の青みがかった風味はリフィルのシェリーバットで熟成されたモルトに感じることが多く、使われているシェリー樽の系統、あるいはリフィルとファーストフィルの比率が変わった結果ではないかと推察します。
以前ほどの良さはないですが、このクオリティで1万円以内は近年の市場では充分な出来。家でじっくり飲むには申し分ない1本だと思います。

ロングモーン 43年 1965-2009 GMケルティック 44.4%

カテゴリ:
IMG_20190323_161014
LONGMORN 
GORDON & MACPHAIL 
Aged 43 years 
Distilled 1965 
Bottled 2009 
Cask type Refill Sherry Hogshead #68 
For JAPAN IMPORT SYSTEM 
700ml 44.4% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼを思わせる甘味、枝付きレーズンやオランジェット、リンゴのカラメル煮などのフルーティーさ。古びたウェアハウスを思わせる落ち着いた樽香とかすかな土っぽさ、そしてしっとりとした果実香を伴うアロマ。

味:ややドライでオレンジやベリーなど、いくつかのドライフルーツを伴うウッディネス。ボディは弱くはないがへたらないギリギリのところ。すぐにロングモーンらしいトロピカルなフルーティーさが口内から鼻孔に抜けていく。
余韻はドライで軽くスパイシーな刺激、紅茶葉やくるみの皮のタンニン、適度に枯れたビターなフィニッシュ。

長期熟成で度数は落ち気味というスペックらしく、樽由来のウッディネスは多少強く尖ったようなスパイシーさも感じられる。シェリー感はバランスがとれて透明感あり。1960年代のロングモーンらしい熟した果実の発するある種のフェロモンのような、魅惑的な要素を充分感じることができる。


かつてGMブランドの最高峰としてリリースされていたケルティックシリーズ(実は特に基準はなく、インポーターでラベルを選べたという話も。。。)
1965ロングモーンだけで、度数違いが3種類ありましたでしょうか。そうしたリリースの中で比較すると、このボトルは突き抜けて素晴らしいわけではありませんが、それは全て高いレベルでの話であり、美味しい長熟ロングモーンであることに違いはありません。

テイスティングの通り適度なシェリー感と合わせて、ロングモーンらしい酒質由来のフルーティーさも伴うバランスの良さ。そして長期熟成だからこその枯れたニュアンスと、角のとれたタンニンが染み込むように残り、まさにGMとしてもロングモーンとしても、王道的な1本であると言えます。

使われた樽は、おそらく今のように最初からホグスヘッドで組まれたシーズニング樽ではない、バットで使われていたものの組み直しのホグスヘッド。
こうしたホグスヘッド樽は隙間が出来やすいのか、度数が下がりやすい傾向があると感じられますが、このリリースについては40年以上熟成していますから度数が下がるのも当然といえば当然です。一方で、その度数落ちギリギリのところと、リフィルらしくシェリー感に透明感があり、そこまで強く出ていないところが、フルーティーさを潰さずに長期熟成という枠の中でのバランスの良さに繋がっているように感じます。

IMG_20190323_185440

こうしたケルティックシリーズの長熟は、どれも共通の枯れたニュアンスがあり、若いモルトにどれだけ樽を効かせても再現できない要素のひとつです。上の写真は先日開催された、ウイスキー仲間のSさん主催のテイスティング会でのワンシーン。この辺のボトルにはだいたいそのニュアンスが備わっています。

テイスティング会では事前に共有されたリストを見るとGMケルティックがいっぱい。せっかく仲間内で飲むんだし、なにか持っていきますかと差し入れしたうちの1つが今日のテイスティングアイテムです。
自分にとっては、なんか飲み始めの頃にタイムスリップしたような懐かしいラインナップの会でした(笑)。

それにしてもほんの10年前ですが、GMの当時の大盤振る舞いは本当に凄まじかった。
保有原酒が熟成のピークを過ぎかけて焦ったのか、他がない中でJISさんが引いてくれるんで売り時と思ったのか。日本市場にGMケルティックがバンバンリリースされてて、酒販やBARの棚がこんな感じで並んでたってのも珍しい光景じゃなかったんですけどね。

IMG_20190323_181145
IMG_20190323_233820
この日はスタートは串揚げ、間にウイスキーはGMケルティックの飲み比べを中心に長期熟成を何本も味わい、そして締めはラーメン。
上述の"枯れ"を伴うフルーティーな熟成感をケルティックシリーズ含めて長期熟成ラインナップで堪能しただけでなく、全体的に10年前に戻ったかのような完璧にやりきった休日でした。いやーたしかなまんぞく!(笑)


このページのトップヘ

見出し画像
×