タグ

タグ:スペイサイド

キャパドニック 14年 1977-1992 ケイデンヘッド 60.5%

カテゴリ:
IMG_20200603_080710
CAPERDONICH 
CADENHEAD'S 
AUTHENTIC COLLECITON 
AGEd 14 YEARS 
Distilled 1977 
Bottled 1992 
Cask type Sherry Oak 
700ml 60.5% 

グラス:木村硝子
時期:開封後10年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6ー )

香り:ハイトーンで強いアタック。ローストしたアーモンドや麦芽のクッキー、かりんとうを思わせる香ばしい甘さがあり、その奥にはリンゴのカラメル煮、エステリーなフルーティーさも潜んでいる。

味:スウィートでリッチな口当たり。経年故に序盤はマイルドだが、徐々にハイプルーフらしくヒリつくような刺激を伴う。ボディは骨格がしっかりとしており、レーズンやオレンジを思わせるドライフルーツの甘み、微かに黒糖かりんとう。口内で膨らむように広がる。
余韻はスパイシーでシェリー樽由来のウッディな甘さに加え、焙煎麦芽を思わせるほろ苦い香ばしさが長く残る。

この時代のケイデンヘッドリリースらしく、開封直後はパワフルでバッチバチ。樽感は淡いがシェリー系で、硫黄要素が樽由来の甘みの中に目立つ、中々扱いに困るボトル。ただ、時間経過で随分こなれて美味しく頂けるまでに変化した。時代的に酒質に厚みがあることもあって、少量加水すると樽由来の甘み、フルーティーさが香味とも開き、高度数故の刺激も収まることで全体のバランスが極めて良くなる。


ケイデンヘッドからリリースされていた、オーセンティックコレクションシリーズ。通称グリーンケイデン。
黒ダンピーボトルの後継として、主に1990年代にリリースされていたもので、蒸留時期としては1970~80年代、熟成年数10~20年程度の、比較的短熟~中熟クラスのカスクストレングスが多いという特徴があります。

また、蒸留時期がシェリー樽からバーボン樽にシフトする狭間の期間にあったためか、熟成に使われている樽は一部長熟モノを除きリフィルシェリータイプ(中にはサードフィルっぽいものも)を主とするのも特徴の一つ。よってシェリー系の香味がメインにあるわけではなく、現在のようなアメリカンオークの華やかでオーキーな香味というわけでもない、樽香のプレーンなリリースが多くありました。

これらの特徴から、同シリーズは開封直後はとにかく高度数と熟成年数の若さからくるバチバチとした刺激が強かったのですが・・・それが逆に、樽出しとは、酒質由来の香味とはこういうものだと、あるいはボトラーズリリースとはこういうものだと。総合的な完成度として熟成のピークを見極めたというより、多少の粗さは目をつぶりつつ個性を楽しめる時期に入ったからリリースしたという、オフィシャルとは評価軸の異なるリリースが、グリーンケイデンの魅力だったとも感じています。
この辺は、シェリー系でも濃厚なタイプが多かったGM、樽だけでなく加水にも抵抗はなかったシグナトリーらとは異なるベクトルだったと言えます。

Screenshot_20200603_194004
(我が家のグリーンケイデンたち。。。7年前時点。当時は60年代の長熟が注目の主流で、ちょっと外れた時期のグリーンケイデンは、そこまで高騰していなかった。行きつけのBARにモノが多くあったことや、このデザインが好きでかなり飲んだボトルである。)

前置きが長くなりましたが、こうした特徴に対して、このキャパドニックがどうだったかと言うと、だいたいは上記で述べたスタイルに合致して、その他ボトラーズリリースに見られる熟成したスペイサイドモルトのフルーティーさとは違い、モルティーな厚みが楽しめるタイプ。経年からアルコールが抜けてスカスカというわけではなく、55%くらいは残っているように感じます。
また、開封直後はシェリー感にネガティブな部分も多少あったわけですが、これがかなり時間をかけて抜けた結果、ドライフルーツ系の香味の要素の中に、かりんとうを思わせる香ばしさといったフレーバーに繋がっています。

先日キルホーマン・サロンドシマジ向けのレビューでも触れましたが、硫黄は適度に抜けてくれれば、後はそれが香味の下支えになって全体の厚みにも繋がってくる。このボトルはとにかく時間がありましたが(汗)、瓶熟の可能性を含めてしっかりと楽しませてもらいました。

リンクウッド 27年 1992-2019 ザ・ニンフ forハリーズ高岡 46.9% #5282

カテゴリ:
IMG_20200513_195600
LINKWOOD 
The Nymph "Blue Dun" 
Aged 27 years 
Distilled 1992 
Botlled 2019 
Cask type Hogshead #5282 
For Harry’s Takaoka 
700ml 46.9% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーでエステリー、ドライで華やかな香り立ち。じわじわとファイバーパイナップルやアプリコットなどのドライフルーツ、微かにすりおろしたリンゴや麦芽の甘やかなアロマ。オーク由来のハーブを思わせる要素も混じる。

味:香りはドライ寄りだが、口当たりはクリーミーで柔らかい。ナッツをまぶした焼き洋菓子の香ばしさ、熟した洋梨の柔らかい甘酸っぱさと蜜のような熟成感のあるフレーバー。ボディはミディアム程度。じわじわとほろ苦いグレープフルーツやオレンジピールの柑橘感を感じるウッディさ。微かなピート香が余韻にかけて感じられ、軽い刺激と共に全体を引き締めるようにまとまっていく。

自分の好きなタイプのリンクウッド。アメリカンオークとリンクウッドの組み合わせの代表的なフレーバー構成。そこに麦感の甘味がオーク由来のフルーティーさ、ウッディネスに混じり、華やかさ、果実味、軽い香ばしさと麦芽風味、そしてビターなフィニッシュへの変化を味わうことができる。度数は46.9%と下がっており、余韻は多少弱くもあるが、逆に飲み口の柔らかさとの一体感、バランスの良さに通じていて杯が進んでしまう。加水には向いておらず、ストレートでじっくりと楽しみたい。

IMG_20200514_090607

若鶴酒造・三郎丸蒸留所の稲垣マネージャーが、独身豚ことモルトヤマの下野さんと立ち上げたオリジナルブランドのファーストリリース。昨年スコットランドで確保してきた1樽で、若鶴酒造と同じ系列のBARである Harry's Takaoka(ハリーズ高岡)向けのプライベートボトルとして、5月18日にリリースされたばかりの1本です。

今回のリリースは、事前予告なく若鶴酒造、モルトヤマで一般販売が開始されたのですが・・・公開から約30分で完売。
リンクウッドにバーボンホグスヘッドという間違いない組み合わせに加え、最近リリースの少なくなってきた1990年代前半蒸留の中長熟モルトなら、今の相場だと2万円前半してもおかしくないのがあの価格。記載間違いか、味や品質の訳あり樽なのではと思った人も少なくないのではないでしょうか。

味については、レビューに記載のとおり問題なし。価格については「今回は運が良かった」との話を聞いていますが、ウィックおよびリラックスというグループ傘下の系列企業によるメーカーとのコネクション、輸入・流通で独自の強みがあるとしたら、今後のリリースにも期待が持てますね。



ブランド名となっている「Nymph(ニンフ)」は、ギリシア神話で川や泉に住むとされる妖精の名前です。そうした精霊はウイスキー樽にも住んでいるのではないか、というイメージから、ニンフが住む樽のウイスキーをリリースするというのが、ブランドコンセプトのようです。
とするとラベルに描かれるのは、当然美しい妖精の姿・・・かと思いきや、描かれているのは”毛鉤”。ご存じの方も多いと思いますが、川に住むトビケラやカゲロウなどの羽虫を総称してニンフとも呼び、その羽虫の姿をベースにした毛鉤もまた、ニンフと呼ばれているのです。(ブルー・ダンはそのニンフフライの配色と種類にあたります。)

先日、ラベルデザインとともにこのリリースの話を聞いた時は、「スコットランドはサーモンやトラウトフィッシングのメッカだし、ウイスキー好きは釣り人も多い。良いブランド名じゃないですか。」なんて返していた、学の無い趣味人な私。。。
稲垣さんも釣り好きだし、ラベルも毛鉤だし、マジで違和感なかったんですよね。
それが蓋を開けたら妖精ってどういうことやねんと。いや価格だけでなく味も良いので、妖精が住んでる樽として文句はありません(笑)。

近年多く見られるプレーンで主張の乏しいリンクウッドと違い、程よく残った麦芽風味、ほろ苦いウッディネス、しっかりとした熟成感にオールドスタイルなリンクウッドにも似た個性を感じます。
度数落ちは組み直しのホグスヘッド樽によくある仕様とはいえ、しかしこれが適度な落ち具合。抜けた感じ、枯れた印象は目立たず、アメリカンオーク由来のオーキーなフルーティーさとナッツを思わせる軽い香ばしさ、そしてクリーミーな麦芽風味とウッディネスが熟成を経て混ざり合う。2杯、3杯と杯の進む飲み口でありながら、シングルカスクらしい主張の強さも適度に感じられるバランスの良さが、このリリースのポイントです。

IMG_20190710_205426
(富山県高岡市駅前、BARハリーズ高岡のバックバーの一部。ウイスキーBARとして本格的に動き出してから3年間でみるみる増えた。近年リリースのボトルに限れば、日本全国でもこれだけボトルが揃うところは少ない。今回の1本は、同店にとっても待望のプライベートリリースとなる。)

一方、今回のリリースで謎なのが、27年熟成で300本というボトリング本数。ホグスヘッドなので250リットル容量として、年1%のエンジェルシェアで計算しても27年で180~190リットル、250本程度しか残らない計算になります。
つまりよほど水分の揮発が少なく、アルコールの揮発が多い環境にあった樽ということになるのですが、実はメーカー側から聞いていた本数にブレがあったそうで、300本と言われてラベルを作ったところ、最終的にはそれより少ない本数に落ち着いたのだとか。
うーん、なんというスコットランドクオリティ(汗)。

とはいえ熟成した原酒の確保が難しい状況下で、これだけの原酒をあの価格でプライベートボトルに出来たハリーズ高岡さん、なにより稲垣・下野ペアの引きの良さには軽く嫉妬してしまいそうです。
評価は、価格の件があるので(!)は確定。自分が大好きな味の系統なのもあって、★6からプラスで6.5前後のイメージ。もっとガツンとくる50%オーバーが好みの人には物足りないかもしれませんが、麦感とフルーティーな甘酸っぱさが苦味へと変化していく流れが、古典的なスペイサイドモルトを連想させて個人的にどストライクなのです。

あとは香りが注ぎたてから甘やかに広がれば★7固定なのですが、そこまで求めるのは無粋というものですね。従って7に近い6ということで。
時期は不明ながら、ニンフシリーズは次のリリースも予定されていると聞いていますので、次回作が今から楽しみです。

グレンアラヒー 18年 2018リリース 46%

カテゴリ:
IMG_20200514_214433
GLEN ALLACHIE 
SPEYSIDE SINGEL MALT 
Aged 18 years 
Release from 2018 
700ml 48% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:若干ドライでツンとした刺激を感じるが、砂糖をまぶしたオレンジピール、バタークッキーや焼き洋菓子、キャラメルナッツ、乾いた麦芽。華やかでオーキーな香り立ちがメインにありつつ、仄かな近年系のシェリー感もある。バランス良くまとまっている。

味:熟成感がありつつ、しっかりとしたフレーバーの主張を感じる口当たり。とろりとした麦芽由来の甘味をベースに、オレンジピールやドライファイバーパイナップルを思わせるフルーティーさと、焼き栗を思わせる香ばしさ、微かにシェリーオーク。鼻孔に抜けるオーキーな華やかさに、ほろ苦い果実の皮とナッティーな香ばしさが、余韻にかけて染み込むように長く残る。

オフィシャルらしい複数樽構成のシングルモルト。アメリカンオーク由来の華やかな香味に、適度な熟成感と麦芽風味、そしてシェリー樽由来の甘味の隠し味。オーク系の香味で1本軸は通っているが、多彩なフレーバーを感じることが出来る。少量加水すると、より華やかさとドライフルーツを思わせるアロマ、味では麦芽由来の甘味や蜂蜜を思わせるフレーバーがあり、酒質の伸びを感じる。
これは家飲みでじっくりと楽しみたい1本。

IMG_20200515_110502

先日の25年のレビューでも触れたように、今自分が注目している蒸留所の一つがグレンアラヒーです。
注目する条件はいくつかあるのですが、大きくは「麦系の風味が強く、熟成に耐える厚みがある」こと。あとはシングルモルトリリースに積極的な、実績のある資本が入ってることもあります。

同蒸留所は、過去ブレンド向けの蒸留所として操業してきましたが、2017年にビリー・ウォーカー氏によってペルノリカールから買収された後、2018年にシングルモルトリリースに舵を切りました。それまでオフィシャルシングルモルトはオールドの一時期やリミテッドリリースくらいしかなく、少なくとも愛好家の間でグレンアラヒーの酒質やハウススタイルが注目されることはほぼ無かったと言えます。
しかし、こうして新たにリリースされたオフィシャルを飲んでいくと、なかなかどうして近年のスペイサイドモルトの中で見所のある蒸留所であることに気づかされます。


グレンアラヒーの酒質は、麦芽風味メインでプレーンなタイプです。このプレーンな味わいが、ブレンドには使いやすかったことでしょう。
また、長期熟成に耐える厚みがあり、冷涼なスペイサイド地域にあって、10年前後の熟成ではそこまで樽が強くならないため、麦芽系のフレーバーがメインに。香味の刺激も強くなりますが、熟成を経ていくことで、オーキーな華やかさとフルーティーな熟成香を纏っていく。上述の25年はその香味の最たるところですが、18年も同じベクトル上にあるボトルです。

25年と18年は、原酒構成で1970年代の長期熟成原酒を一部ブレンドしていることが、公式サイトで触れられています。(比率は25年のほうが多いと感じますが。)
樽構成はアメリカンオークのオロロソとPXシェリー樽とのことですが、当時はブレンド向け原酒の位置付けから、熟成にはリフィル、サードフィルといった樽が多かったのでしょう。結果、色濃い熟成ではなく角のとれたオークフレーバーが両ボトルの共通点であり、大きなサイズの樽でじっくり熟成されたことが、この個性を生んでいるように感じます。

一方、18年のほうはシェリー系のニュアンスを見つけやすく、それが香味の幅に繋がっています。オフィシャルラインナップにはシェリー感の強く出た15年がありますが、その系統の原酒も使われているイメージです。
10年に感じられた麦芽風味、12年の正常進化といえる熟成感とまとまり、25年に感じられるリッチなオークフレーバー。。。まさにグレンアラヒーのコアラインナップの良いとこ取りですね。
ただ、自分はこうして様々な香味が1つの軸を中心に展開する複雑さを好みますが、人によってはバラツキがあると感じるかもしれません。

他社オフィシャル製品を見ても、18年前後のミドルエイジはウイスキーとして面白いリリースが多いと思います。グレンアラヒーも例に漏れず、なかなか味わい深いモルトに仕上がっているのは上述のとおり。
万人向けのオフィシャルリリースということで、突き抜けた味わいにはなっていませんが、安心して飲めるウイスキーです。
こういうボトルが家にあると良いなと25年を飲んで思い、18年を我が家に取り寄せてみましたが、その役割を十分果たしてくれそうです。
現在は気軽に飲みにいくことも出来ない状況にありますが、こんな状況であるからこそ、家でちょっと良いウイスキーをのんびり楽しんで、心に余裕を持ちたいですね。

マッカラン クラシックカット 2019年リリース 52.9%

カテゴリ:
IMG_20200508_163224
MACALLAN 
CLASSIC CUT 
LIMITED 2019 EDITION 
Cask type Sherry Seasond Oak Casks 
700ml 52.9% 

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド
蒸留所:グレンファークラス
熟成年数:20年程度
樽:シェリーカスク
度数:53~55%程度

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1~2ヶ月程度
場所:サンプル@TDNさん
評価:★★★★★★(6)

香り:近年のシーズニングシェリー系統。カカオチョコレートにローストアーモンド、微かにドライオレンジピールやハーブ。ウッディーで若干のえぐさを感じさせるビターなアロマ。

味:香り同様のシェリー感に加え、オレンジやハニージンジャーを思わせる甘みがシェリー感を支え、複数のフレーバーがバランス良くまとまっている。ボディは骨格がしっかりしており、余韻にかけてそれらのフレーバーの奥からひりつくような刺激も伴ってフィニッシュは長く続く。ほのかに樽材由来の生っぽさもあるが、嫌味に感じるほどではない。

アタックが強く、酒質のしっかりしたスペイサイドの蒸留所というイメージ。使われている樽は近年系のシェリーらしく、また量産されているためかそこまで良いモノではないように感じられるが、蒸留所が大手というか、クオリティを維持する工夫をしている印象がある。
比較的バランスの取れたシェリー系のモルトウイスキー。加水も少量なら悪くなく、香りで柔らかい甘さ、比較的綺麗に樽由来の香味が伸びてくれる。

IMG_20200506_204308

というのが一昨日、ツイッターでリアルタイムに書き連ねた今回のブラインド回答のまとめ。
いや、答え見えてるんであれですが、はい、また引っ掛かりました。マッカランです。
昨年11月、2017年リリースのマッカランクラシックカットをブラインドテイスティングして、グレンドロナックのカスクストレングスと答えたばかりなので、まるで成長していない結果に・・・(汗)

非常に悔しいのが、選択肢には入ってるのに除外してしまうんですよね、この蒸留所は。
今回はシェリー感やフレーバーから、クラシックカットの新しいやつか?と候補にはなったのですが、後述する理由から除外し、ひょっとしてリリースされたばかりの日本向けグレンファークラス・カスクストレングスのバッチ2かも、と直前方向転換。(よくよく見ると、ファークラスの該当リリースとは度数が合わないので、そこで気がつくべきだった。)

ブラインドではファーストインプレッションが正解って結構あるんですが、直感に対して後追いする知識、情報をいかに正しく使いこなせるかが本当に重要ですね。。。

IMG_20200303_105115
(マッカラン・クラシックカットのファーストリリース、欧米向けの2017年リリース。終売となったカスクストレングスを思わせるリッチなシェリー感と、本来のマッカランらしい口当たりの強い酒質が楽しめる。2019年リリースに比べると、シェリー感は濃いが、平均熟成年数は若いか。レビューはこちら

さて、マッカラン・クラシックカットについては、上記2017年のファーストリリースのレビューで商品解説もしているので詳しい説明は省略しますが、毎年異なるブレンダーが異なるレシピで仕上げる、伝統のヘレス産シーズニングシェリー樽100%、カスクストレングス仕様のリミテッドリリースです。
これまでは少量平行品が入る程度であまり話題になっていませんでしたが、2019年リリースからサントリーが正規輸入を開始しています。

2019年リリースの特徴から触れていくと、スタンダードのシェリーカスク18年で感じられた程度の熟成感。口当たりは骨格がしっかりしていて、シェリー樽の由来のフレーバーを受け止めてバランス良く仕上がっているというもの。シェリー樽はリフィルタイプも一部混じっているのか、味に幅があり、良い部分はダークフルーツ、チョコレート、そして柑橘系ドライフルーツという感じ。
余韻や香りはちょっとえぐいというか、甘さよりもビターなウッディネス、ドライオロロソのようなシェリー香が主体ですが、トータルでは悪くないですね。

正直、これが1本15000円というのは、マッカランやれば出来るじゃんという感じです。(直近のウイスキー相場に毒されているかもですがw)
複数樽バッティングだからこそのシングルカスクにはないバランス、幅のある香味。樽の質の問題というべきか、ネガティブな部分は少なからずあるのですが、市場にあまりない50%OVER仕様のシェリー系シングルモルトでは見るべきところがある1本だと思います。

IMG_20200319_233942
(先日”酷評”した、現行品2019年リリースのマッカラン12年と18年。シェリー感よりもボディの薄さ、特に12年はトワイスアップで飲んでるのかと思うほどのシャバシャバ系で、この印象が今回のブラインドに影響することに・・・。)

同時に、色々察してしまったのが、今回ブラインドでマッカランを除外する理由ともなった、通常リリースのシェリーオークの存在です。
何が違うって、度数が違うにしても明らかに酒質の厚みが違い過ぎるんですよね。香味の成分はアルコール成分と結び付く部分があるため、度数が高ければ香味は強く、そして厚みも感じやすくなる反面、加水すれば当然それらが失われていくのは仕方ないことですが、それにしたって薄い。その印象から、ブラインドではマッカランじゃなくてファークラスかも・・・と。

マッカラン・クラシックカットは数量限定で、ブレンダーが味を”安定させない”ことを選んで毎年毎年リリースしていくものです。そのため、原酒についてもある程度選べるのでしょうし、何よりカスクストレングスでのリリースです。
一方で、オフィシャル通常リリースは、マッカランの規模ともなれば何百万本と作り出さなければなりません。当然、ロット差を無くすため樽の誤差を吸収していく必要があるわけですが、なかには微妙なものも混じるでしょう。混ぜて加水すればある程度誤差は分散しますが、どうしても違いは出ます。となると、残る選択肢はフィルタリングしかありません。

強烈なチルフィルをあえてかけてリリースされたウイスキーに、オールドパー・シルバーがあります。あれもボディはかなり軽かった。
ある意味での去勢をあえてして、良い部分を犠牲に悪い部分を削り、安定に繋げたのが通常リリースで、それをしていないリリースの一つがクラシックカット。なんの裏付けもありませんが、1年前に飲ませてもらった近年のニューメイクはそれなりに厚みのあるもので、この仮説がに腑に落ちてしまうのです。
マッカランは原料と仕込みから死んだわけではなく、大量生産故の弊害であると。

ブラインドの結果そのものは非常に悔しいものでしたが、それ以上に上記仮説と共に、自分のなかで新しい気づきもあった、得るものの多いテイスティングとなりました。

グレンアラヒー 25年 オフィシャル 2018リリース 48%

カテゴリ:
IMG_20200406_234833
GLEN ALLACHIE 
SPEYSIDE SINGLE MALT 
AGED 25 YEARS 
Released from 2018 
700ml 48% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーで華やか、ドライなアロマ。バタースコッチや蒸かした栗の甘さに、リンゴのタルト、ドライマンゴーのようなリッチなオークフレーバー、微かにハーブのニュアンスも混じる。

味:粘性のあるモルティーな口当たり。香り同様にリッチなオークフレーバー。黄桃の缶詰、シロップ漬けアプリコットのような、とろりとした甘みを伴う黄色系果実のフルーティーさ。またマロンクリームのようなオーク由来の甘味、麦芽風味も奥に感じられる。
フィニッシュは華やかでドライ、軽いスパイシーやウッディな渋みを伴う余韻が長く続く。

突き抜けた美味さ、というより総合的に完成度の高いシングルモルト。アメリカンオークのリフィルシェリー樽で熟成させたスペイサイドの長熟オフィシャルはこうなる、という仕上がりの一つ。熟成感が年数表記以上に感じられる一方で樽もやや強め。余韻はウッディだが、ボディがしっかりしているためか、それを受け止めて麦感も感じられる点は好印象。加水も少量までなら良好。

IMG_20200406_234846

2018年から本格的にシングルモルトのリリースを始めた、スペイサイドのグレンアラヒー蒸留所。個人的に今注目の銘柄のひとつです。
そのグレンアラヒーのオフィシャル通常ラインナップにおける、最長熟成品が今回のレビューアイテムである25年。市場価格は少々高めですが、原酒構成は40年以上熟成となる原酒を含む25年熟成以上の原酒を用いて構成されており、テイスティングで感じた強い熟成感も納得。度数は48%と通常ラインナップとしては高めな仕様で、バランスがとれつつもリッチなフルーティーさが魅力の1本です。

グレンアラヒー蒸留所は、ブレンド用の原酒調達を目的に1967年に設立した蒸留所です(ブランドPRでは1968年という記載があるが、会社の設立が67年、創業開始が68年だった模様)。以後、同社のブレンデッドであるマッキンレーズのキーモルトとなっていましたが、スコッチウイスキー冬の時代である1980年代に入り消費が低迷。1985年にインバーゴードン社へと売却され、1987年には生産調整のため操業休止。1989年にはさらにペルノリカールへ売却・・・と、ブレンド向け蒸留所の多くがこの時代に経験したようなルートを辿ることとなります。

1990年代に入ってもグレンアラヒーはブレンド向け蒸留所の区分にあり、オフィシャル扱いのシングルモルトリリースはごくわずか。
2000年に入りシングルモルトのブランド価値が向上するなかでも、ボトラーズリリースくらいでしか知られていない、マイナーな銘柄と言っても違和感はなかったと思います。

そのマイナー蒸留所の転機は、ベンリアックやグレンドロナックを一躍世界有数のブランドへと成長させ、2016年にブラウンフォーマンに売却して大きな利益を得た、ビリー・ウォーカー氏の次なるビジネスモデルのターゲットに選ばれたこと。2017年にペルノリカールから大量の原酒ストックと共に蒸留所が売却され、現在の体制へと繋がります。

IMG_8466
(2018年に発売となった、グレンアラヒーのオフィシャルスタンダードラインナップ。後にこの4種にシェリーカスク熟成の15年が加わる。また、シングルカスクリリースも積極的に展開されている。全ラインナップの整理とフレーバー構成については、後日別途機会を作ってまとめる予定。)

IMG_7422
(グレンアラヒー蒸留所創業50周年を記念したリミテッドリリース。上のオフィシャルラインナップの発売に先立ち、6種類のシングルカスクが展開された。このうちの最長熟成となるのが写真の1978年蒸留のシェリー樽原酒。微かにサルファリーだがリッチで奥行きと複雑さの感じられるモルト。酒質の素性は良く、40年弱の熟成を経て枯れた印象もない。)

今回の25年は、近年のスペイサイドモルトでありながら、熟成に耐えるボディの厚さと、その熟成によって得られるリッチなフルーティーさ等、グレンアラヒーの良さとして今後のリリースへの期待も感じられるボトルだと思います。
ただオフィシャル通常ラインナップの宿命とも言える、香味のバランスを整えるようなブレンド仕様になっているが故に、突き抜けるような味わいではない点が、このボトルの味を単体で評価するにあたって「美味しい」の先が別れるところだとも思います。

個人的なイメージは、ラグジュアリーな高級車。分かりやすい速さより、質感重視といいますか。こういうボトルが家飲みにあったら最高なんですが、庶民の私にはそうそう手が出ないので、多少仕上がりは粗いけど、類似のフルーティーさのあるボトルを手に取ってしまう(笑)。
そんなわけで、評価は辛口かもしれませんが、評価方針の違いであって、間違いなく美味しいボトルであることは補足させていただきます。

FB_IMG_1588836365428
FB_IMG_1588836265440

以下、本ボトルをテイスティングした、新宿ウイスキーサロンさん繋がりの情報が入ってきましたので合わせて紹介します。

営業自粛中だった同店ですが、本日5月7日から営業時間を14時~20時に改め、カフェとして再開するそうです。
フードメニューに加えて、ノンアルコールカクテルも11種類追加されているとのこと。(アルコール類の提供は継続しますが、ラストオーダーは19時。)
ちなみに写真の清里カレーは、自分も大好きな清里・萌木の村のレストランRockの名物とも言えるオリジナルカレーを取り寄せて提供しており、売り上げの一部を萌木の村に寄付されるという粋な取り組みも。。。
コロナウイルスの影響が厳しいなかで、多くの店舗で工夫し、対策した上での取り組みが始まっていますね。詳細は同店WEBページを確認ください。

カフェ新宿ウイスキーサロン 本日スタート

o1080145114754879306

このページのトップヘ

見出し画像
×