タグ

タグ:スペイサイド

グレンファークラス 19年 1999-2019 For J's BAR & 信濃屋銀座店 #7062 55.2%

カテゴリ:
FB_IMG_1574310825526
GLENFARCLAS 
THE NOSTALGIC DRAM 
Aged 19 years 
Distilled 1999 Dec 
Botteld 2019 Jun 
Cask type Refill Sherry Butt #7062 
For J's BAR & Shinanoya Ginza 25th Anniversary 
700ml 55.2% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:ジェイズバー
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでハイトーンな香り立ち。粉砂糖にキャラメリゼ、スポンジケーキ、レーズンのアクセント。さながら焼き菓子のシュトーレンのようで、微かに香ばしさ、ほろ苦さも漂う。時間経過でドライフルーツを思わせる要素がさらに開く。

味:口に含むとスウィートでリッチ。とろりとした甘味は熟した杏子、キャラメルソース、樽由来の要素が始めに感じられ、徐々に強めのスパイス、やや青みがかったハイトーンな酒質由来の刺激が続く。余韻はウッディで、黒糖ふ菓子とカカオ粉末、軽い香ばしさと共にほろ苦く程よいタンニンを伴うフィニッシュが長く続く。

トーンが高く、酒質由来の骨格を感じさせるファークラス。いくつかのクリスマスモルト、特に1990-2000年辺りの系統のひとつ。ただし樽由来の要素であるシェリー感は中々レベルが高く、酒質の強さと樽由来の杏子やレーズン、洋菓子を思わせるオールド寄りの甘味を味わえるのが、このボトルがノスタルジック・ファークラスたる由縁だと思う。

※イベント中であったため、ボトルを撮影し忘れてしまいました。借り物の画像となります。氏曰く一緒に写っている水石が、ボトルのイメージとして重要なのだそうですが。。。WABI/SABIの世界は奥が深く、以下徒然と綴った自分の解釈が正しいのかは不明です。

IMG_20191115_214653

信濃屋銀座店、並びに池袋のジェイズバーが共に25周年を迎えることを記念し、銀座店の店長・堤さんが現地でカスク選定したジョイントボトル。
グレンファークラスでリミテッドと言えば濃厚なファーストフィルシェリー系が多くあるなか、かつ市場においても迷ったら濃い方を買うと言う傾向も見え隠れするなか。あえてリフィルシェリーを選ぶというのは、選び手の表情が見えてくるようなチョイスだと思います。

現実的なことを言えば、2000年前後の蒸留でファーストフィルシェリーの圧殺的な仕上がりのものに、突き抜けて素晴らしい原酒があるかというと。。。例えるなら下味の特にない肉に濃いソースで味をごまかしたような、それなりに食べれるけど一体感のない、無理矢理仕上げた印象が拭えない部分がどうしても残ります。
一方、リフィルバットであればシェリー感は淡くなっていても、ベースの樽が作られたのが70年代とか、昔の味わいを残している可能性はあり。今回のカスクはその系統だったのか、現代のそれとは違うフルーティーさが、熟成によって得られる角の取れた甘味と共に感じられる点がまずひとつ。

またグレンファークラスは、決して酒質がソフトとかマイルドなタイプではなく、むしろしっかりと強いタイプ。それ故、シェリー樽での長期熟成や加水を経てバランスが取れて仕上がるという傾向があります。
それは大きな岩が風雨と経年、あるいは自然の力で徐々に削られ、丸みを帯ていく様・・・つまり水石が作られているプロセスにも似て。リフィルシェリー樽由来の圧殺タイプではないフレーバーの中に、その削りきられてない"力強い岩の存在"が主張して見える点が、このリリースに込められたもうひとつの表情であるように感じられるのです。


近年、市場の状況、WEBによる情報伝達等の発達など、様々な変化によって「プライベートボトル」の垣根は間違いなく下がりました。
日本に居ながら、インポーターにメールで依頼し、カスクサンプルを取り寄せて、その中からボトリングする。10年くらい前までは、それをやること事態が特別だったプライベートボトルは、もはや昔ほど特別とは言えなくなりました。(もちろん、インポーターとの繋がりであるとか、金と覚悟が必要であるとか、決して気軽にやれるものではありません。)

プライベートボトルは間違いなくロマンです。ですが、上記のような効率化されたプロセスで選ばれたものに表情があるかというと、なにか物足りなさを感じてしまいます。嗜好品としてのウイスキーは情報と共に飲むものであり、バックストーリーは美味しさの引き立て役です。故に、最近増えてきた、特別なラベルでブランドを作る傾向は、ある意味で自然な流れと言えるのかもしれません。
そのなかで、自ら蒸留所で原酒を選定し、あえて売れ筋の濃厚系からはずし、中身にメッセージを込める。
個人的に今回のリリースには、選定者の不器用なプロ意識を見たように思うのです。

グレンキース 25年 1993-2018 AQUA VITAE 50.7%

カテゴリ:
IMG_20191115_200616
GLEN KEITH 
AQUA VITAE 
FIVE ELEMENTS "FIRE"
Aged 25 years 
DISTILLED 1993 
BOTTLED 2018 
Cask type Hogshead #155 
700ml 50.7% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:ジェイズバー
暫定評価:★★★★★★(6)

華やかでドライ、オーキーな香り立ち。バニラや黄色系のフルーティーさがイメージ出来、はっきりとしていて良いところが分かりやすい。口当たりは軽やかなボディから王林系の酸味の少ない林檎、微かにスペアミントのハーブ香が備わる。余韻はオーキーで、乾いたウッディネスを感じつつ華やかなフィニッシュが長く続く。

いわゆる近年のバーボンホグスヘッド樽とキースの組み合わせによる王道的味わい。華やかでオーキーで、だいたいの人が美味しいというタイプ。あとはどれだけボディが残っているか、ドライすぎないかというのがこのペアの個性になるといっても過言ではないが、このカスクは比較的バランスが良いタイプ。
少量加水しても悪くはない。

IMG_20191115_200634
IMG_20191115_200953

先日のテイスティング会を見ていて、全員から評価の高かったボトルのひとつ。
ファイブエレメンツシリーズの火属性をあてがわれたグレンキースですが、まずヴィンテージ、樽、そして蒸留所の組み合わせで「まあ間違いないよね」と思っていたボトルであり、予想通り普通に美味しいボトルでした。

Fire(火)の解釈としては、似たようなコンセプトでは、ハイランドパークがオフィシャルから"ファイアエディション"をリリースしています。これはポートワインの樽を使っていて、色合いからの炎のイメージを重視していたところ。(そこまで赤く濃い仕上がりではありませんでしたが。)
一方でこのグレンキースは、オーキーな華やかさがゆったりと、それでいて強く主張してくるような香味構成で、色ではなく香味の主張でのFireのイメージで、成る程と思わされたのです。

さて、この手のボトルは普通に美味しいことから、面白くないとか、あるいは有り難みがないとか、そういう観点が邪魔して市場に残りがちです。
ただ面白いボトルというのは愛好家の興味はひくものの、ボトルを所有して日常的に飲みたいかというとそうではなく。やはり普通に美味しいという存在は有り難く、貴重なのです。あまりに普通にありすぎるから、ついつい軽視しがちなんですよね。

それこそグレンキースは今でこそリリースが潤沢ですが、1999年から2014年まで比較的長い間閉鎖されていたため、今後10年しないうちに熟成した原酒が貴重になってくるかもしれません。
近年のシングルモルトのブランド価値を考えれば、グレンキース30年10万円とかオフィシャルリリースがそのうちあったりして、気がつけばボトラーズ含めて高嶺の花になってしまうのではないか。。。とも危惧しています。

アードモア 22年 1997-2019 AQUA VITAE 50.2%

カテゴリ:
IMG_20191115_200732
ARDMORE 
AQUA VITAE 
FIVE ELEMENTS "Earth" 
Aged 22 years 
Distilled 1997 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead #66
700ml 50.2% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:ジェイズバー
評価:★★★★★★(6)

存在感のあるスモーキーさと共に、薄めたメープルシロップや、オーク由来のフルーティーさがパイナップルや熟したグレープフルーツを思わせる多層感のあるアロマ。
口当たりはスムーズで、どっしりとしているがくどい主張のないピートフレーバーが広がる。香り同様にオーク由来の要素、シロップ漬けのオレンジピール、そしてオールブランのようなほろ苦い麦芽風味と続く。
フィニッシュは土っぽさを伴うスモーキーさ、オーク由来の華やかさの残滓と共にほどよく長く続く。

エレメンツ”Earth(土)”の通り、内陸系のピートフレーバーの存在と、それを潰さない派手過ぎないオークフレーバーのコンビネーション。樽感が淡いというわけではなく、熟成感はある。まるで昔のティーチャーズやアードモアを思わせるような・・・こういうピートの出方はオールド好きの琴線を擽る。そのまま飲んでも美味しいが、瓶熟させてもさらによくなりそう。

IMG_20191115_200748

引き続き、AQUAVITEのファイブエレメンツシリーズ(15年以上熟成したモルトに限定)から、土属性のアードモア。
この日のラインナップ一通り飲んだなかではこれが一番好みで、ハナ差でブナハーブンとグレンキースが続くという感じ。やはり自分は最近の若いモルトにありがちな、自己主張の激しいオラオラ系なピートフレーバーより、熟成したフルーティーさと合わさった、立場をわきまえているピートフレーバーが好みなのです。

理由はよくわかっていないのですが、アードモアは1992年蒸留のものが同時期のボウモアに似ていることが多く、ではその他90年代のアードモアがボウモアっぽいかというとそうではなく。。。どちらかと言えばハイランドパークやピーティーなリンクウッド系統。
今回のボトルも同様で、エステリーなタイプのフルーティーさが樽で慣れたところに内陸ピートのスモーキーさという構成です。
アードモアは2001年まで石炭直火蒸留が行われていたという記録はありますが、1990年代は情報がないので、この違いが何故生まれたのかは不思議としか言えません。

a248bf4c

テイスティングでも触れたように、今回のリリースを飲んでいて思い浮かべたのが、写真のオールド・ティーチャーズ。それも70年代以降の量産時代ではなく60年代のアードモアバッチリな時代のそれ。
勿論ここまでこなれているわけでもなく、バランスやフレーバーも年代による違いはありますが、同じDNAがあるように思えたんですよね。

選定したアレン氏にこういうの好きでしょ、と聞いたところニヤリと笑ってそうだと。
先日レビューしたトバモリーも主張しすぎないピートがあり、ハイランドパークもその部分は同様で。ああ、好みに一貫性があるなと感じられました。

IMG_20191107_005936
今日のオマケ:ヤルンバ Yシリーズ シラーズ ヴィオニエ 2013

開封直後はスムーズでややとろりとした甘さ、色は濃厚だが味はそこまでではなく、フルボディというよりはミディアム。そこからブルーベリー、カシスシロップ、角の取れた酸味を伴う果実感があり、徐々にスパイスや湿ったようなウッディさが余韻にかけて感じられる。
新しいヴィンテージのものは、もう少し酸味やスパイスが強いかもしれない。

オーストラリアのシラーズということで、甘味果実味こってりを期待していたのですが、予想に反してバランス型で、スイスイ飲めてしまった1本。
先日のウイスキー仲間との持ちより会で、第二の選択肢として持参していたもの。期せずしてメニューは馬刺の盛り合わせがw
やはりこの手のワインは赤身肉との組み合わせが映えますね。

IMG_20191111_204806

グレンエルギン 32年 1971-2003 リミテッドエディション 42.3%

カテゴリ:
IMG_20191023_235105
GLEN ELGIN 
32 YEARS OLD 
POT STILL MALT WHISKY 
Distilled 1971 
Bottled 2003 
700ml 42.3% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかでフルーティー、熟成を感じさせる角の取れたオーク。蜂蜜レモン、あるいは林檎のコンポートのしなやかな甘みと酸。ナッツ、乾いた麦芽、徐々に淡いスモーキーさも伴う。

味:香り同様のフルーティーさで、林檎の蜜や熟した洋梨、しっとりとしたオーク由来の甘味と適度なウッディさが広がる。口当たりは柔らかいが、ボディ感は程よく備わっていて、奥には麦芽風味とピートフレーバー。
余韻は軽やかにドライ、華やかさと淡いスモーキーさが染み込むように残る。

リフィルのオーク樽系統のフレーバー主体で、エステリーさも伴うフルーティーなモルト。ただの度数落ちという感じではなく、香味とも柔らかくボディもそれなりで、枯れた感じは強くない。むしろ穏やかな麦芽風味と微かなピートフレーバーが長い熟成期間を経て混じりあい、オールドスペイサイドらしさを形成している。手入れは不要、ストレートで。

IMG_20191023_195741

ディアジオがモルトウイスキーのブランド価値向上を狙って、2000年代前半に所有する銘柄の中からリリースした、現在のスペシャルリリースのはしりと言えるリミテッドエディション。1970年代という黄金時代の余力を残す蒸留時期と適度な熟成年数、そしてディアジオらしい酒質を活かす樽使いとバッティングで、この時期のものは出来の良いボトルが多いです。

このボトルをスペックだけで見ると、度数落ちでドライな刺激と線の細い枯れた味わいを予感させますが、実際は甘味と口のなかで膨らむ酒質のボディを適度に残しており、長期熟成で低度数ながらバランスのいい仕上がりです。
樽はサードフィルくらいのアメリカンオークのシェリーバットや、リフィルのホグスヘッド等のバッティングと推察。ファーストフィルのように過度な主張がないだけでなく、一方で加水で仕上げたような中盤以降のフレーバーが潰れたような構成ではないので、度数は自然に下がったが元の酒質が厚いことが、削りしろとして作用した結果ではないかと推察します。

かつてのグレンエルギンはワームタブによる古典的な作りもあって、麦芽風味に厚みのある味わいが特徴でした。手に入りやすいところでは、1990年代に流通していたホワイトホース表記のグレンエルギンを飲むと、それがわかりやすいと思います。
なお、現代のグレンエルギンは酒質が軽くなっただけでなく、ノンピート仕様にも切り替わっていて、1980年代以前時の仕込みのものとはキャラクターが異なります。
いつから切り替わったかは不明。ただ1992年に蒸留所の改装工事が行われており、その辺りからなら時系列的には違和感ありません。

いずれにせよこのボトルに感じられる古典的なフレーバーを構成しているのは当時のピート、そして適度に厚みを残した酒質。突き抜けないが、いぶし銀な存在感があるエルギンらしい1本です。

IMG_20191010_194258
今日のオマケ:トロ・コールセッコ・モンテルプチアーノ・ダブルッツォ・ルビーノ 2005

メーカー表記は中濃とあるが、飲んだ印象はしっかり濃いめで、ブラックチェリーやプルーンのような甘味とほのかに梅干、じわじわタンニン、湿った落ち葉と若干鰹節っぽさに通じる熟成香。経年を経て果実味を残しつつも、まとまった味わい。
新しいヴィンテージだと、酸味にもう少し勢いがあり、タンニンもしっかり主張する感じではないだろうか。何れにせよ、イタリアらしく気軽に楽しめるワイン。

イタリア、アブルッツォのデイリークラスワイン。コスパの良さが魅力と評判で、国内でも広く販売されています。
そして個人的にこれは"やってしまったワイン"。何がというと、通常品は750mlで販売されているところ、このボトルがダブルマグナムサイズ(3000ml)だったため。
シャンパンならわかりますが、よもや赤ワインでこのサイズがあるとは。。。購入はヤフオクで3本セット2000円弱。通常サイズのボトルを買ったと思っていたので、届いたボトルを見て驚愕。。。まさかの3リットル3本。
酒3本にしては過剰な大きさのダンボールとその中身は、なかなか衝撃的な光景でした。
ただし味は問題なかったので、会社の飲み会等でありがたく使わせて貰った次第です。

アベラワー グレンリベット 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191021_200455
ABERLOUR - GLENLIVET 
SINGLE MALT 
12 YEARS OLD 
1980's
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:スウィートで若干ドライな香り立ち。ダークフルーツのレーズンを思わせる甘さ、カカオチョコレートやカラメリゼの甘味とほろ苦さの奥には、微かにエステリーなニュアンスも感じさせる。

味:スムーズでスウィート、粘性のある口当たり。口の中で盛り上がるような厚みと広がりがあり、洋菓子やオランジェット、カラメリゼ、ほのかにレーズン。シェリー樽由来の甘味が広がる。余韻はウッディでほろ苦く長く続く。

バランスの良いシェリー系のシングルモルト。ファーストフィルとセカンドフィルの古き良き時代のシェリー樽原酒を主体に構成されていると思わせる香味構成は、適度なシェリー感と熟成感、深みのある甘みでスタンダードボトルとして申し分のない完成度である。是非ストレートで。

IMG_20191022_120334
IMG_20191021_200549

バーボンでBottled in bond表記に特別感があるように、スコッチでも古い世代の表記に同様の印象を感じるものがある。UnBlendedやPure Highland Maltなど数ある中で代表的なものが、◯◯-GLEN LIVET表記です。

もはや解説の必要もありませんが、19世紀のスコッチウイスキー市場では、GLEN LIVET蒸留所の人気にあやかろうと蒸留所の名前の後に、GLEN LIVET表記をつけるという広告戦略が多くの蒸留所で見られました。
その文化は20世紀になっても一部の蒸留所で残っており(ケイデンヘッドなどのボトラーズでは継続的に使い続けているケースもあり)、代表的なスペイサイド銘柄はマッカラン、グレンファークラス、ダフタウン・・・そしてこのアベラワーは、1970年代後半から1980年代前半に流通したブランデーに似たデザインのボトルの時代を除き、1990年代前半あたりまでGLEN LIVET表記を使っていたようです。

IMG_20190421_184220
(1970年代前半流通のアベラワー・グレンリベット。特徴的な角瓶で、43%以外に50%仕様のものや、単一蒸留年表記のものもあるなど、当時のオフィシャルとしては珍しいスタイルだった。その香味はパワフルで濃厚なシェリー感が特徴であり、現在リリースされているアブナックのはしりとも言える。)

このGLEN LIVET 表記があるからスペックが異なるかというと、そうではないのが前述のBIBと異なる点ですが、スコッチウイスキー好きにとってなんとなく期待させられる特別感があるのが、この表記の持つ特徴と言えるかもしれません。

さて、今回のボトルの流通時期は1980年代中頃(おそらくラベルの期間は1985~1990年あたり)というところ。
蒸留時期は1970年代前半から中頃となる訳ですが、1973年に同蒸留所は拡張工事を行いスチルを2基から4基に増やしているだけでなく、設備全体も近代化を実施。資本としてはその翌年にペルノリカール傘下に移っており(近代化されたのはペルノリカール傘下に移った後とも言われる)、何れにせよ丁度蒸留所に変革があった時期に仕込まれたウイスキーということになります。

アベラワーはホワイトヘザーなどの構成原酒として主に使われてきましたが、古い時代のそれにはよりリッチなシェリー感が備わっているものの、今回のものはシェリー感はそれなり。しかし上記70年代のシングルモルトしかり、オールドのそれらに備わったシェリー香の共通点は今回の時代のアベラワーにも備わっていて、酒質のモルティーさとに由来する厚みと合わせてバランスの良い味わいを楽しめる、オフィシャルスタンダードとしてレベルの高いボトルだと思います。

IMG_20191020_173341
今日のオマケ:メアンダー・モスカート
南アフリカの甘口スパークリング。
日本ではマスカットで知られるアレクサンドリア(ミュスカ・ダレキサンドリー)を使っており、香りは熟した洋梨、ライチ、あるいは王林などの酸味の少ない爽やかな甘味を感じさせる。一方で口に含むと炭酸の刺激のなかにジューシーで蜜のような甘味、糖分しっかり。もはやこれは炭酸白葡萄ジュース。
めちゃくちゃスイスイ飲めるが度数はビールより高い7.5%なので、お酒に不馴れな方には危険なワインだと思う。

先日のラグビー南アフリカ戦、南アフリカの酒でも飲みながら見ようかと思うも手持ちがなく、子守りの合間に近所のカクヤスにいったところ唯一あったのがコレ。
15年前の自分だったら感動したんだろうなあ、という味。今は1杯でお腹一杯な甘さ。赤を買っておけば良かった。。。

ちなみに試合は残念ながら日本が敗退してしまいましたが、南アフリカの圧倒的パワーの前にも諦めず、必死に立ち向かう姿に、強くなるために重ねた努力の日々を重ねてただただ感動。サッカー、野球、テニス、スポーツ観戦はよくしますが、負けた試合に感動して泣いたのは初めてでした。
ありがとうジャパン!これからも応援します!

このページのトップヘ

見出し画像
×