タグ

タグ:スペイサイド

オルトモア 20年 1997-2017 ウイスキーギャラリー 50%

カテゴリ:
AULTMORE
Whisky gallery
Aged 20 years
Distilled 1997
Bottled 2017
Cask type Hogshead
700ml 50%

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:軽く華やかなオーク香、バニラや皮付きの洋梨、草っぽさ、微かにハーブを思わせるニュアンス。

味:オーキーでドライだが徐々に柔らかいコクを感じる。干し草、薄めた蜂蜜、淡くドライファイバーパイナップル。
余韻は華やかでスパイシー。乾いた木材、ほろ苦い麦芽風味に程よい雑味を伴うコクがアクセントとなっている。

所謂オークフレーバーと草っぽさが主体的、酒質はプレーンで主張は強くないものの、樽由来の甘みやコク、淡いフルーティーさがあってバランス良く飲み飽きないモルトに仕上がっている。しみじみ旨い、通好みな1本。


ウィスクイーがリリースするシリーズラベル、ウイスキーギャラリーの第一弾。
ウイスキーは、樽熟成によって無色透明の原酒に様々な色合いと香味がつくことから、無地のキャンパスから描かれる1枚の絵画に見立て、リリースしていくのが同シリーズのコンセプトなのだとか。

記念すべき第1作の中身に選ばれたオルトモアは、あまり個性の強くないスペイサイドモルト。うまく熟成させられていれば麦芽系のニュアンスやコクが残るものの、文字通り樽主体な味わいのボトルは少なくありません。
とするならば、今回の中身とラベルの絵がどのようにリンクしているのかは気になるところで、ラベルを選定した方の意見も聞いて見たいと感じます。
個人的な意見を言えば、草っぽさは感じますが、こんな鬱蒼として暗い感じの味ではなく、もう少し晴れやかで爽やかな味わいだと思うんですよね。。。 

とまあ文句を言うわけじゃないんですが、ラベルに対する疑問はさておき、中身は中々旨いオルトモアです。
ホグスヘッドの過度なウッディさのない華やかな甘みは程よく。余韻にかけての雑味と言いますか、近年のスペイサイドにありがちな、乾いたようなウッディさとドライで軽い感じではなく、麦芽風味にコクもあって飲みあきにくい構成のモルトに仕上がっています。

かつてブレンダーからその酒質を評価され、今でもデュワーズを中心として構成原酒の重要な役割を果たすモルト。
今回のボトルは現行オフィシャル系統の味わいとも感じますので、現行品を飲んで気に入られた方は、BAR等で試して見ても良いと思います。

モートラック スペシャルストレングス 49% 免税向け ブラインド

カテゴリ:
MORTLACH
"Special Strength"
2015's
For the Travel Retail Market
500ml 49%

【ブラインドテイスティング回答】
仕様:加水
原産:スペイサイド
熟成:シェリー主体、スパニッシュやアメリカンオークの複数タイプのバッティング
年数:15-20年程度
度数:48%程度
蒸留所:グレンファークラス
暫定評価:★★★★★★(6)

シェリー樽熟成を思わせる甘い香味。ドライプルーン、ブラウンシュガー、アップルパイ。濃いめの紅茶を思わせる渋み、乾いたウッディネスにリチャー系の焦げたようなニュアンスもある。
口当たりの粘性を伴うキャラメルのような甘みから、ピリっとした刺激、淡く徐々にローストした麦芽、アーモンド、焦げたトースト。余韻はややトーンが高くヒリヒリとした刺激を伴い、ほのかな草っぽさ、ほろ苦さが長く続く。

シェリー、バーボン、リチャーの有無。シェリー樽を中核としつつ複雑な樽感が感じられるウイスキー。複数タイプの樽が混ざり合う中で、しっかりとした酒質がバランスの良さに繋がっている。熟成感は中熟主体に幅広く、フレッシュであり落ち着きもある。
(ボトル全容。このシリーズは容量が減ってくるとラベルが見えづらい。。。)


モートラックが2015年にラインナップを一新し、ダフタウンの野獣というニックネームを纏って登場した際、通常ラインナップ3種と合わせてリリースされたのが、この免税店向けのスペシャルストレングス。最近は並行品が国内市場に入り始めたようです。
49%仕様でカスクストレングスというわけではなく、加水仕様ですが、通常よりも度数を高く調整することで、より原酒の個性を際立たせつつ、オフィシャルとしてのバランスを保つ狙いもあるようです。

実際に飲んで見た感じも、酒質由来のアタック、香味がしっかりと残っていて、飲みごたえがありました。体感的な熟成感は15〜20年程度の中長期熟成原酒を主体にしたイメージで、加水を少量に抑えているためか、香味のアタックに強さがあり、一緒にブラインドにトライしたウイスキー仲間は50%Overのハイプルーフを予想していたほどです。

特徴的なのはその香味の強さに加え、複雑な樽感。これも度数の高さに由来してか、スパニッシュ系のシェリー樽の香味を主体としつつも、リチャーオークの焦げ感やアメリカンホワイトオーク由来と思しきニュアンスなど、各樽の要素があまりぼやけることなく伝わって来ました。
テイスティングのとおりそれらのバランスがとれており、渾然一体となって楽しめるのは、様々な原酒を持って大量生産出来るオフィシャルならではの作りと言えるかもしれません。


そんなわけで今回のブラインド、各スペックだけ見ればかなり近いところまで絞り込めていて、テイスティング的には及第点ではあるものの、ここまできて蒸留所が出てこなかったのは不覚でした。
悩んで酒質的に強いグレンファークラスとしましたが、冷静に考えるとオフィシャル・ファークラスでこの手の複数樽バッティングがリリースされた記憶はなく。。。モートラックが選択肢にも出なかったのが悔しい(笑)。
前回のブラインド記事でもあと一歩絞りきれない状況でしたが、今回もあと一歩。この精度を上げることを目標としていきたいです。

今回の出題は神田のBAR Groovy の藤島さんに頂きました。楽しく分析出来ただけでなく、いい経験になる出題、ありがとうございました。

グレンフィディック 21年 ウェッジウッドデキャンタ 43% 1990年前後流通

カテゴリ:
IMG_5245
GLENFIDDICH
21 Years old
Pure Malt Whisky
"wedgewood decanter"
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:グラスに注いだ瞬間から立ち上がるオーキーで華やかなアロマ。熟した林檎を思わせる果実香、バニラ、ビスケット、淡い古酒感も纏っている。時間経過で蜜っぽい甘さが強くなり、花束を思わせる植物感の混じった甘い香りへ。

味:とろりとした口当たり、林檎のコンポート、黄桃、薄めた蜂蜜の甘み、微かにナッツ。干草や麦芽を思わせるフレーバーも感じられるが、時間経過でコクのある甘みが強くなってくる。
余韻はドライでウッディ、華やかなオーク香が鼻腔に抜け、林檎や洋梨を思わせる果実香が長く続く。

華やかなオーク香と熟成感のあるウイスキー。樽由来の香味、ボディ感、全体のバランスが良く、負担なく飲み進められる完成度の高さが魅力。
少量加水すると最初はドライなニュアンスが落ち着き香味も開いてバランスが良くなるように感じるが、時間経過ですぐ水っぽくなってしまう。ストレートで時間をかけ、じっくりと楽しみたい。


ウェッジウッド社の代名詞とも言える、美しいウェッジウッドブルーのジャスパーウェアにボトリングされた、グレンフィディックのプレミアムグレード。付属するネックタグに蒸留所名等仕様が書かれているのですが、今回のものは取れてしまっていて、知らない人が見たら中身が何かはわかりませんね。 

このボトルは1990年当時、日本で8~10万円というとんでもない価格設定で販売されていました。
おそらくはブランド料の積み重ねだと思いますが、中身は決して悪いモノじゃありません。というか良いものです。
グレンフィディックはスタンダードの12年を飲むと、華やかでライトなウイスキーという印象を持ちますが、このボトルはそのキャラクターを濃縮したような熟成感、果実味のある味わい。現行品の21年と比較しても、さらにしっかりとした骨格を感じられます。

時代を遡ると、グレンフィディックはスコッチウイスキー全体が黄金期といわれた1960年代に魔のパフューム時代があり、それが終わりを告げたのは1960年代後半ごろ。リリース時期から逆算すると、今回のボトルはそこからの21年以上の熟成を経た原酒で構成されているわけですから、ギリギリ黄金期の原料、樽等を背景に構成された中長期熟成モルトウイスキーであると言えるわけです。

DSC00035
(スコットランド最大級の規模を誇る、グレンフィディック蒸留所のポットスチル群。創業時カーデューから原酒を買い付けたり、中古の蒸留設備を調達した過去は1世紀以上昔。今や世界に名だたるシングルモルトメーカーである。Photo by K67)

我が家は妻がウェッジウッドのファンなので、その表現を借りるなら、ウェッジウッドの陶磁器は原料の一部に牛骨灰を混ぜて焼き上げるボーンチャイナを採用し、軽くて強度をもった製品を作ることが出来た。
そして優しく美しい発色が特徴であるジャスパーウェアが、当時としては画期的だった色合いをもたらし、実用性と気品あるデザインを両立していたことが最大の魅力だったとのこと。
確かに陶磁器独特の手触りに、少しマットですが吸い込まれそうな青色は、ボトルで所有したいという気持ちになります。

そんな同社ならではの色合いとデザインが魅力であるボトルですが、1つ妻と私で意見が分かれているものがあります。
それはボトルの底に施された装飾。私はポットスチルを熱する炎をイメージしているのではないか、デキャンタの形状もポットスチルのそれに近しい形であるし、グレンフィディックは直火加熱方式(現在は一部)を採用しているとの見解。対して妻は「ただの草じゃない?」と。
炎のほうがロマンがあって良いと思うんですけどねぇ・・・。
IMG_5248

以下余談。
このグレンフィディックについては、レモンハートで書かれていたエピソードが妙に印象に残っています。

BARレモンハートに常連の社長が飲みに来たときのこと。その社長は仕事が暗礁に乗り上げて資金繰りに苦労していたのですが、マスターはグレンフィディック蒸留所設立時のエピソードと共に、創業者の苦労と情熱を語り、そうした苦労の先に誕生したのが、このグレンフィディック21年ウェッジウッドであると紹介します。
それだけ歴史が詰まってるなら凄い酒なんだろう、1杯いくらだと聞く社長に、マスターは10万円ですと返します。
社長は酒に詰まった情熱と歴史、それを10万円と天秤にかけ、最終的には飲んで「これは凄い酒だ、なんだかがんばれそうな気持ちになってきた」となって帰っていくわけですが・・・。

このエピソード、グレンフィディックは1本10万円であって、1杯10万ってとんでもない価格設定じゃね?と疑問に思ったのが当時の印象。最初はボトルキープの価格設定かと思いましたが、社長が天秤にかけているのが1杯の価格で10万円としか読めない内容だったのです。
レモンハートを読んだ当時、自分はまだこのグレンフィディックを飲んだことが無く、いつか飲んでみたいなと思うに至り、その後縁あって何度か飲む機会があっただけでなく家飲みボトルでも楽しませてもらっているわけですが。。。 
流石に1杯10万は無いよなぁと思う気持ちは変わりないものの、作中の社長のように仕事への活力をこの1杯から貰っています。

マッカラン 14年 2002-2017 モルトマン シークレットスペイサイド 55.9%

カテゴリ:
SECRET SPEYSIDE
(MACALLAN)
The malt man
Aged 14 years
Distilled 2002
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry
700ml 55.9%

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR飲み(BAR Gosse)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでウッディ、ゴム感も伴う濃厚なアロマ。焦げた木材を思わせるアクセント、黒蜜、時間経過でプルーンなどダークフルーツを思わせる甘さも開いてくる。

味:濃厚な甘みと強いウッディネス、樽感には香り同様に焦げたようなニュアンスもある。プルーン、カラメルソース、微かにハーブ、ピリピリとした刺激もある。
余韻はドライでビター、少しざらつく舌当たり、序盤の濃厚さが急速におとなしくなり、若干の香木感を伴い長く続く。

見た目同様こってりと濃厚、硫黄感は感じないがシェリーに加えて樹液が混じったようなウッディネス、若干焦げ感も感じられ、意図的に濃さを出そうと作られた樽であるように感じられる。故に酒質由来の香味は皆無で、多様性に乏しくただただ圧殺。しかし思いの外余韻に強い渋みや甘みが残らないのも特徴。少量加水またはストレートで。


先日"マッカランと思われるもの"としてリリースされ、その凶悪なほど濃い色合いや近年の相場からすればそこまで高額でもない価格設定も影響して、あっという間に市場から消えていったモルトマンのシークレットスペイサイド。
確かにこのスペック、見た目でマッカランらしいと言われれば、とりあえず買ってみるかってなりますわな。これが淡い色合いのバーボン系だったら、初動はまた違っていたのでしょう。

その中身については、最近よく見られるようになって来た(そして今後増えていくであろう)、スパニッシュオークでのシーズニングカスクを用いた樹液バリバリのどっかんシェリー系。
ただ、テイスティングでも触れたように、スパニッシュオーク樽の特徴というか、メリットの一つと言える香木系のニュアンスは控えめで、代わりに焦げたようなニュアンスが多少感じられるので、エキスを強く出すように設計してある樽なのではないかと推察します。

蒸留所、つまりマッカランであるかどうかは、正直シェリーが濃すぎてわからんというのが本音のところですが、シェリー感を差し引いて残る香味からすると、まあそうなんかな〜と思える要素はあります。
14年くらいのマッカランだと、50%オーバーのシングルカスクならもっと強いアタック、ひりつくような刺激があってもいいのですが、樽からでたエキスでそのあたりが程よく中和され、その分多層感に乏しい濃厚樽味系に仕上がったという感じでしょうか。
真偽のほどはさておき、シェリー樽熟成のシングルモルトとして考えれば、確かに近年の相場と中身でお買い得な1本だったとは思います。

BARでの使い勝手も良いでしょうし、濃厚民族の皆様は歓迎するであろうその中身。所謂シガーとの相性が良いと言われるタイプでもありますね。機会があればボリバーやパルタガスあたりと合わせてみたいです。

ダラスデュー 30年 1975-2006 シグナトリー 46.9%

カテゴリ:
DALLAS DHU
SIGNATORY VINTAGE 
CASK STRENGTH COLLECTION 
Aged 30 years
Distilled 1975/08/15
Bottled 2006/07/19
Cask type Bourbon Barrel#1493
700ml 46.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:1ショット程度
場所:個人宅持ち寄り会@Iさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:バニラクッキー、ナッツ、ドライパイナップル、洋梨。華やかでオーキーな樽香に、微かにチーズを思わせる酸味を伴う。

味:ドライでフルーティーな口当たり。ファイバーパイナップル、ナッツ、クラッカー、香り同様の構成。ボディはミディアムからやや軽く、余韻はドライで染み込むウッディネス。オーキーな香味が消えていき、あっさりとしている。

華やかでドライなオークフレーバー主体のボトル。ともすれば樽しゃぶり系だが、時代の良さかギリギリの厚みで酒質が樽感を支えている。加水も悪くない、さらに華やかな香味が引き立ち、バランスが良くなる。


ダラスデューは個人的に「印象に残っていないウイスキー」の一つです。
少なくともこれまでに飲めた1960年代以降、酒質由来の味わいは淡く、ボディ感も中庸、古いものであればクリーミーな麦芽由来の甘みがありますが、特にこれという個性が見出せない。シングルカスクで個性を楽しむというより、ブレンドでの縁の下の力持ち向きと言えるのかもしれません。

蒸留所の歴史を見てみると、創業は1899年と古いものの、特にシングルモルトが有名だったわけでも、この蒸留所をキーモルトとする有名なブレンドがあるわけでもありませんでした。
大手グループに属していなかった訳でもなく、ディアジオの前身であるDCL傘下には1929年に入った一方で、期間不明ながら1936年までは操業を休止していたようです。
再稼働した直後の1939年、今度は火災が発生しスティルハウスが焼失。修繕は行われたものの世界大戦の煽りを受けて1947年まで再び休止状態に。。。
約20年間、ほとんど原酒のストックを作れていない状況は、経営者視点で考えるとお荷物でしかなかったように思われます。

その後1950年代から1970年代初頭にかけて蒸留所の電化から生産設備増設、フロアモルティングの取りやめ、石炭直火蒸留をスチーム式への切り替えなど近代化が進み、やっと本腰を据えて原酒作れるようになったのは1970年代に入ってから。
そのキャラクターは先述のとおり、酒質の個性に強いものはなくプレーンなそれ。当時はブレンデッド全盛期、時代背景や蒸留所そのものの製品ラインナップから考えるに、DCL系列が抱える様々なブレンド銘柄のベースとして使えるように位置付けていたのではと推測します。

以上、紆余曲折あったダラスデューですが、80年代ウイスキー冬の時代が到来すると1983年にあっさり閉鎖。現在は博物館となっているのは有名な話です。
近年、世界的なウイスキーブームを受け、再稼働の話も進んでいると聞きますが、きっとブームが終わればまた役目を終えてしまうのかもしれません。
些か不遇な気持ちになりますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×