タグ

タグ:スペイサイド

グレンリベット コード 48% 2018年リリース @先行テイスティング会

カテゴリ:
THE GLENLIVET
CODE
Release 2018
700ml 48%

グラス:スピリッツスニフター
場所:イベント会場&販促サンプル
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでツンとした香り立ち。干草やオレンジピールから徐々にシェリー、トフィーや林檎のコンポート、微かにシナモンのアクセント。若さを感じる要素も伴うが、複雑で変化がある。

味:しっかりと味の強さを感じる口当たり。ピリピリとした若い刺激からコクのある甘さ。木材、林檎のカラメル煮、蜂蜜生姜、奥には麦芽風味も感じられ、じわじわとほろ苦く広がる。
余韻はスパイシーでウッディ、ビターだがカステラのような甘い香りが鼻腔に抜け、長く続く。

シェリー系の樽感と共に、アメリカンホワイトオークを思わせる個性が混じり、大きく複雑な香味を感じる。熟成年数は幅広く、ベースとなる若いものから長期熟成まで、おそらく10年から25年熟成程度の原酒が使われているのではないだろうか。少量加水するとさらに香味が開く。


2013年発売のアルファ、2016年発売のサイファーに次ぐ、グレンリベット マスターディスティラーであるアラン・ウィンチェスター氏から第3の挑戦状。
このシリーズに共通するのはスペック、香味共に全てを非公開とし、ボトル外観から色すら見えない徹底ぶりで、我々ユーザーに謎解き感覚でウイスキーを楽しんでほしいというものです。

「Do you have what it takes to unlock the taste?」
グレンリベット・コードは、第二次世界大戦で活躍したブリティッシュ・コードブレイカーにインスパイアされたもの。どんな香味があるか、どんな樽が使われているのか、普段はあるはずの情報に頼らない、さながらブラインドテイスティング的なリリースです。
日本での正規品発売は6月18日となりますが、先立って愛好家向けに開催されたPRイベントに招待いただきましたので、今回はテイスティングレビューと合わせてイベントの様子もまとめて記事にさせて頂きます。


会場は西麻布にある隠れ家的BAR。薄暗い謎めいた建物の入り口を潜った先にある、ラグジュアリーな空間。
イベントのテーマは「UNLOCK THE CODE」。ここで言う"UNLOCK"は、コードブレイカーの如く謎を解き明かすことを意味し、イベント全体がグレンリベットに関わる謎解きをテーマとした構成となっています。

そのため、イベント中のテイスティングセミナーも全てブラインド。このイベントに合わせて来日したブランドアンバサダー、イアン・ローガン氏のレクチャーで、黒塗りのグラスに潜むLOCKを一つずつ解き明かしていきます。
「今日は3本のウイスキーをブラインドテイスティングして頂きます。ですが、私が解説するのは2本目までです。残りの1本は皆さんで自由に考えてください。質問されても、私は何も答えません。チアーズ!」
そう言って、ちょっと疲れた表情でイベントを開始するイアン氏。聞けば今日はすでに3回目の会とのこと。
「でもこの回が最後だから、やっと私も飲めるよ!」
いやはや、仕事とはいえお疲れ様です。ウイスキーがさぞかし喉にしみることでしょう(笑)。


スタンダードなグレンリベット12年から、オロロソシェリー樽のナデューラへ。2杯のグレンリベットのテイスティングを済ませた後、3杯目はいよいよ新商品のグレンリベット・コードです。
何も言わないという事前の宣言の通り、本当に構成等に関する具体的なレクチャーはなかったのですが、その香味からここまでのブラインドテイスティング2本が、謎を解き明かすヒントになっているのではないかと感じました。(テイスティングについては上記の通りなので省略します。)

その後は、会場となったBARの3F〜5Fの部屋や設備に隠された"CODE"を探し、そこに記された謎を解く過程でグレンリベットそのものへの知識を深めていくといった流れ。
CODEは全部で10個。写真立ての裏、プールの底、トランクの中。。。イベントの一連の説明を聞いていれば半分くらいは答えられる内容でしたが、この回の参加者は比較的ライトな愛好家が多かったようで、いくつかの出題は調べるのも難しかったように思います。
かく言う自分もフレーバー系の出題で盛大にコケたり、マスターディスティラーのフルネームをど忘れしたり、お恥ずかしい限りな内容だったのは。。。ま、まあ宝探しみたいで楽しいイベントでした。



さて、前回のサイファー同様、グレンリベット・コードでは、アラン氏の作り出したフレーバーの謎に挑戦する特別サイトが準備されています。(日本語版は4月現在ありませんが、発売される6月18日には公開されるのではないかと思います。)
基本的には前回同様、テイスティングしてフレーバーの種類とレベルを選んでいくというもの。ただフレーバーホイールの12項目を解き明かすサイファーに比べ、今回は8項目を順番に一つ一つ選んでいく形式で、難易度は多少下がった印象もあります。

イベント会場では、上記CODEの謎解きを終えた参加者との歓談そっちのけで、残った時間を使い"真の謎解き"に挑戦。
この手のテイスティングは、日本と現地との味覚(あるいは食文化)の違いを補正することがカギになると考えています。
フレーバー一つ一つを紐解き、ハウススタイルやオフィシャルに使われる表現に置き換えて。。。結果、1回目のトライで88%、2回目で100%を解明、"Master Distiller"の称号を獲得し、グレンリベット・コードをUNLOCKすることに成功しました。

グレンリベット コード イベントサイト(英語版):

関係者も初めて見たという完全攻略!
サイトに登録されてるスコアボードでは、4/16時点で世界で8人。まだ発売されたばかりのボトルですし、今後増えていくとは思いますが、このイベントのタイミングで達成できたのは嬉しいですね。
「アランはもうすぐ引退だから、次は君がグレンリベットに来い」
なんてイアン氏とのやりとりもあったりで、思わぬサプライズとなりました。


閑話休題。前作、グレンリベット・サイファーの印象と比較すると、グレンリベット・コードも幅広いレンジの原酒を使っているのは変わらないものの、今回のレシピはシェリー樽原酒の比率が高かったのではないかと思います。
それもファーストフィルというより、セカンドフィルを使ったようなバランス感。ただそれだけでは表現できない複雑さもあり。。。このバッティングの妙は今後(今年末ごろ)明かされていくことになりますが、何れにせよ若いニュアンスがマスクされ、全体的に強い味わいは残しつつバランスが取れているような、オフィシャルらしい複雑さを備えた構成であると感じます。

そういう点で、グレンリベットコードは謎を解くと気張らず、普通に楽しみやすいウイスキーであるとも思います。
そう言えば1つ、イアン氏が言っていた注意事項が「頼むから氷を入れるのはやめてくれ」でした。
ストレートか少量加水で、チェイサー片手にじっくり楽しみたいですね。

ストラスアイラ 21年 セスタンテ マイナルディコレクション 1980年代流通 40%

カテゴリ:
STRATHISLA
SESTANTE
Mainardi import collection 
Years 21 old
Matured in Sherry Wood
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:KuMC@Oさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

味:クリアな麦芽香、薄めた蜂蜜、かすかにえぐみを伴うリフィル系の樽香。ハイトーンで若さを感じるようなスパイシーさ。

味:スムーズでクリア、ピリッとした刺激を伴う口当たり。王林系の柔らかい酸味とさらさらとした果実味、麦芽風味と微かな土っぽさ。コクと粘性のあるボディ。
余韻はハイトーンで軽い香ばしさ、ドライで染み込むように消えていく。

度数以上の酒質の強さを感じる味わい。シェリーウッド表記だが樽は3回目くらいのリフィシェリーバットか、酒質由来の風味が主体、クリアな熟成感である。
加水するとスウィートでスムーズ、飲みやすくはあるがやや軽さが目立つ。


今は無きイタリアのボトラーズメーカーにしてインポーターであった、セスタンテ。
今尚高い評価を受ける名品の数々をリリースしてきた実績から、一部では伝説とも称されるメーカー。そのボトルというだけで期待が高まってしまう愛好家は少なくないと思います。

今回のボトルは樽の出元はGMで、セスタンテからMainardi(マイナルディ) import 社が展開。
このマイナルディ社は、おそらくセスタンテの設立者であるErnesto Mainardi氏に縁がある企業であり、Mainardi Import Collectionとして、1年ごとの年数違いでミルバーン、ストラスアイラ、モートラック、グレンバーギー、クライヌリッシュ、リンクウッドがリリースされたようです。
他にもあるかもしれませんが、海外オークションサイトにて以下の出品を見つけましたので、写真を引用させていただきます。

Mainardi Import Collection 1980's Sestante GM (画像引用:

ラベルの雰囲気もさることながら、創始者の名を冠するコレクションシリーズの1本とくれば、どんなものを詰めたのか気にならないわけがありません。
このストラスアイラは、先日の京都ウイスキーパーティーのサテライトBARのメニューの一つに、持ち主であるOさんが提供していましたので、自分と同じ衝動で飲まれた方もいらっしゃるのでは(笑)。

一連のシリーズは1980年代後半のボトリングで、蒸留時期は1960年代中頃から後半。泣く子も黙る黄金時代。樽の出元であるGMでストラスアイラと言えば、60年代蒸留にはシェリー樽のしっかり効いたリリースが多く、同様の構成かと思ったら、今回のボトルはこの時期のストラスアイラにあって珍しい、樽感淡く酒質主体の味わいなのです。

意外なキャラクターに面食らいつつ飲み進めると、奥には香ばしい麦芽風味や、テイスティングの通り40%加水に負けていないかつての原酒らしい酒質の強さが感じられ、これなら強い樽感とのバランスも取れるなと。ただ、21年相当の熟成感かと言われれば、少し首を傾げるところで、当時らしいシェリー系の樽感や厚みのある麦芽風味を期待していたのが本音であったりもします。
一連のコレクションや、その他のリリースとの繋がりを考えさせられる1杯でした。

マッカラン 25年 1964-1989 アニバーサリーモルト 43%

カテゴリ:
MACALLAN
The Anniversary Malt
25 years old
Distilled 1964
Bottled 1989
Cask type Sherry
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@萌木の村 パーチ
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかでしっとりとした香り立ち。ベリーや黒砂糖を思わせるふくよかな甘み、軽やかなナッツ、アーモンド、の香ばしさも混じるフルーティーさ。微かに古酒感。奥には土っぽさを伴う麦芽風味がどっしりとした存在感を発揮している。

味:スムーズでマイルドな口当たり。引っ掛かりのない上質な甘みは、ベリーやレーズンなどのダークフルーツソース、チョコレートケーキ、ほのかに黒蜜。柔らかいコクを感じる。
余韻は心地よくドライ、濃く入れた紅茶のタンニン、微かに土っぽいピート、華やかなシェリー香が鼻腔に抜ける。

マッカランがマッカランたる構成。端的に言えばシェリー濃いめでバランスが良いモルトということになるが、各要素一つ一つが整っていて、まるでビロードのよう。上質な味わい。


最近の更新で25年熟成のモルトウイスキーが続いていたので、オマケでもう一つ、マッカランのアニバーサリーモルトを。

1968年以前、まだマッカランがゴールデンプロミス種に麦芽品種を切り替える前、ゼファー種を使っていたとされる時代の仕込み。樽も自社製造が行われる前で、最近では所謂"リアルシェリー"と言われるボデガから排出された良質なシェリー樽が使われていた頃のもの。不味い訳がありません。
ただマッカランに限らず、各蒸留所で黄金を冠する麦芽品種が使われ始める前の時期が、モルトウイスキーの黄金時代と言われるのは、少々皮肉なことではあります。

この当時のオールドマッカランの特徴には、樽の良さに由来する芳醇なシェリー感や原料由来の麦芽風味もさることながら、その上に成り立つビロードのように滑らかな口当たりがあると感じています。
12年クラスはまだ荒さが残っているものの、18年あるいは25年となると、その滑らかさには一気に磨きがかかり、それは単に熟成を経てまろやかになったというよりは、整いつつあったものを加水でさらに整えたというイメージ。
例えるなら木材のカンナがけ。どんなものでも美しく仕上がるのではなく、木目のしっかりした木材であるからこそ、削り出した後で美しく仕上がるのです。

他方、そうして度数を下げたウイスキーは、シングルカスクのボトルに比べて経年によりヒネやすいという印象もあります。
今回のアニバーサリーモルトはというと、そうしたネガティブ要素は少なく、まさに前段の特徴がはっきりと感じられ、まろやかでコクのある味わいは極上の甘露。素晴らしい状態でした。


以下、余談というかトリビア。
ちょうど昨日ウイスキー仲間とのメッセンジャーで話題になったのですが、マッカランの名前の由来を"聖コロンバの丘"とする説があります。
この説はゲール語的にも立地的にも間違っているという話で、そのため最近は減ってきていますが、未だ引用している媒体も見られます。
他にもウイスキー関連では怪しい話はいくつもあり、マッカランでもう一つ言えばロールスロイスなる売り文句も。こうした話も、ウイスキーの素性と合わせて調べてみるとなかなか面白いです。

グレンキース 25年 1991-2016 ヴァリンチ&マレット 55.9%

カテゴリ:
IMG_6573
GLEN KEITH
Valinch & Mallet
Lost Drams Collection
Aged 25 years
Distilled 1991
Bottled 2016
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 55.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物ボトル・マッスルK氏
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ドライで華やかなウッディネス、ほのかにハーブ、林檎のコンポートを思わせるフルーティーさ。品の良いアロマで、あまり強くは香らない。

味:シャープでドライな口当たり。唾液と混じることで香り同様のフルーティーさとあわせて蜂蜜の甘み、樽由来のえぐみを微かに伴う。奥には麦芽、バタークッキーのような甘みもある。
余韻はドライでハイトーンなスパイシーさ。オーク系のフルーティーさがしっかりと長く、そして戻ってくるように広がる。

やや刺激もあるが、しっかりとフルーティーな樽感があり一口目が特に美味い。少量加水すると香りが開き、すりおろした林檎や熟した洋梨、柔らかい果実味のオーク香。味わいも口当たり柔らかくスウィートでフルーティー。バランスの良い味わい。


イタリアのボトラーズメーカーの作。以前ここのラフロイグが美味いと話題になり、存在は認識していましたが、改めて直近のリリースを見てみると、エイコーンが正規輸入とあって比較的まとまった種類が国内に展開されてる模様。値段はそれなりですが、面白そうなリリースもポツポツと見られます。

近年のグレンキースは繊細でシャープ、癖は少なく軽やかな口当たりから、林檎を思わせる果実香がハウススタイルとも言える銘柄。70年代から80年代は結構ふくよかで複雑さに通じる要素もあったのですが、90年代くらいから他のスペイサイド同様に酒質がライトでシャープな印象が強くなった気がします。
創業当時から現代に至るまで、ペルノリカール社(シーバスリーガル社)のブレンデッドの中核を担うモルト原酒であり、18年以上のグレードのシーバスリーガルに感じられる華やかさは、まさにグレンキースやストラスアイラといった近年のスペイサイドモルトの仕事を感じる要素となっています。

現在オフィシャルリリースが国内流通していませんが、ボトラーズリリースは比較的多く。仕様によっては硬さや刺激を強く感じるものもある反面、今回のように樽が効いたモノには、蜂蜜やコクのある甘さ、フルーティーさをしっかり感じるものあって、愛好家間では安定して美味しい銘柄の一つと認知されていると感じています。
特にこのバーボン樽系のグレンキースは、上記安定感もさることながら蒸留所のキャラクターを知る上でうってつけ。酒質と樽感との相性も良いですね。

ただ、グレンキース蒸留所は2000年に生産を一度休止しており、2014年に再稼働するまで原酒は作られていません。昨年、40%加水でノンエイジ仕様のオフィシャルボトルがリリースされたようですが、構成的には閉鎖前後の原酒を混ぜて使っているのではないかと推測。。。
1990年代のグレンキースは今後貴重な存在になっていくかもしれません。


グレンファークラス 30年 1987-2017 ファイナルファンタジー30周年記念ボトル

カテゴリ:
GLENFARCLAS
FAMILY CASKS
FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY
Aged 30 years
Distilled 1987
Bottled 2017
Cask type Refill Sherry Hogshead #3816
700ml 45.4%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:濃厚なウッディさを感じる香り立ち。キャラメルアーモンドやプルーンを思わせる濃い甘み、スパイシーでほのかにハーブのアクセント。ツンとした刺激もある。

味:ねっとりとしたシェリー感、カラメルソース、プルーン、焼きリンゴ、焦げたウッディさやローストアーモンド。甘苦く濃厚な味わい。
余韻は蜜っぽい甘みとトーンの高いアタック。クリアでヒリヒリと長く続く。

ぱっとわかりやすい濃い甘みが感じられる樽感に、後半にかけてファークラスらしい強い酒質。双方の主張が感じられるモルトで、少量加水すると馴染みが良くなる。クポー。


1987年に発売されたファイナルファンタジーの第1作目から30年を記念し、信濃屋とスクウェアエニックスのタイアップで発売された1987年蒸留30年熟成のグレンファークラス。
Sagaシリーズとのタイアップにも驚かされましたが、FFのボトルまでリリースされるとは予想していませんでした。
これらのボトリングが行われるきっかけは、たまたま双方の関係者がBARに居合わせたことだったというのですから、バッカスの導きというか、お酒が繋いだ縁を感じるボトルでもあります。

このボトルは、先日当ブログでも紹介した丸亀のサイレンスバー30周年記念ボトルと表記上のスペックがほぼ同じで、度数とカスクナンバーが若干違う程度であることも話題になりました。(サイレンスバーは44.5%、カスクナンバー3813)。
とすると当然味わいも同じ傾向かと思われたのですが、これが全然違う。
おそらく、サイレンスバーのカスクはアメリカンホワイトオーク。そしてこのファイナルファンタジーのボトルはスパニッシュオークで、樽材が違うことによる影響ではないかと予想しています。

ファイナルファンタジー30周年記念ボトルは、テイスティングの通り序盤にしっかりとしたシェリー感があり、ウッディな要素もはっきりと出ています。
また、スパイスを思わせる香味も強く出ており、余韻にかけてはそれらが収束する代わりに酒質由来の強さが出てくる。近年系のシェリーカスクの中でも度々見られる特徴があります。
勢いがあり、しっとりと静かに30年を振り返るというより、さらに力強く進んで行く、そんな印象も受ける構成。同じスペックでこれだけ違う香味に仕上がるというウイスキーの面白さも感じられるボトルであり、2本揃ってるBARでは是非飲み比べをしてほしいと思います。

参照:グレンファークラス 30年 1987-2017 サイレンスバー30周年記念

最後に、FFボトルなのでFF雑談。1984年産まれの自分にとって、FFシリーズは常に隣にあったようなゲームの一つ。MMOの11と14を除けば15以外はプレイしています。

FFシリーズのストーリーはそれぞれ良いとして、メインテーマは4、システムは8が一番気に入ってます。
FF4のメインテーマはファンファーレ的な入りが堪らないですし、それを使ったラストバトルとかチョコボ肌。売ってる装備がだんだん強くなるおきまりのRPGシステムではない、FF8の魔法を装備する発想は斬新でした。やり込み要素も多かったですし、馴染むのに時間はかかりましたが、ずいぶん楽しめた記憶があります。
最近はゲームの時間は皆無ですが、次プレイするのはFF7のリメイクかなあ。

このページのトップヘ

見出し画像
×