タグ

タグ:スコッチ

ベル 12年 デラックス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191219_234039
BELL'S 
YEARS 12 OLD 
De Luxe Blended Scotch Whisky 
1970-1980's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:軽い香ばしさ、カルメ焼やカステラを思わせる甘いアロマに薄めたキャラメルソース。奥には干し草、オレンジピール。仄かなスモーキーさも感じられる。

味:マイルドでコクのある飲み口。カンロ飴のような甘さから、香り同様にかりんとうやポップコーンのような軽い香ばしさ、籾殻のようなほろ苦さを伴う乾いたニュアンス。じわじわとスモーキーフレーバーが開いてフィニッシュへと繋がる。

ベル味、というべきか黒砂糖やザラメに通じる乾いた甘さというべきか。未熟な感じはないが、個性的なシェリー感がこのボトルの特徴であり、評価を分ける。それ以外は当時のハイランドらしい麦芽風味とスモーキーさ、穀物の甘味。ブレンドらしい多彩さではなく、各要素がシンプルで過剰に主張しておらず、それぞれの香味を拾いやすい。ハイボールにしても決して悪くない。

IMG_20191219_234108

ベルの上位グレード。結構前にテイスティングしていたレビューの書き起こし。
今回のデラックス表記の流通時期は1970年代後半から1980年代で、容量から推察すると1970年代後半あたりのもの。1970年代のベルはイギリス市場における売り上げを大きく伸ばしており、1978年にはシェアナンバーワンを獲得。勿論日本市場を含めた海外市場にも積極的に輸出された、一大増産時期に当たります。(この10年間の売り上げは800%増だったのだとか。)

そのためか、この時期のベルからは上位グレードの12年であっても、60年代の白ラベル(Royal Vat表記)に比べてグレーン感が増したような印象もありますが、熟成してまとまりのある構成は変わらず。構成原酒はダフタウン、ブレアソール、インチガワーあたりで、素朴な麦芽風味に香ばしさのある独特なシェリー感。軽いスモーキーフレーバーを伴う、マイルドで飲みやすいブレンドに仕上がっています。

今回のラベルのベルは時期によって2種類あり、70年代前半のRoyal Vat表記とそれ以降のDeluxe表記。日本で流通するほとんどが70年代後半以降のDeluxe表記なのであまり参考にはなりませんが、前者のボトルがあったらそれは60年代の白ラベル時代の名残を持ったレアボトルです。(香味の比較は未経験ゆえ語れませんが、恐らく60年代寄りなのでは・・・と。) 
1980年代後半に入ると流通が一時途絶えているようなのですが、恐らくこれはベルブランドがギネス傘下となり、ディアジオに組み込まれていく過程でのブランド整理だったのではないかと推察します。

1990年代に入るとダンピー形状で、ラベルがオレンジ系の色合いとなったデザインのボトルがリリースされていますが、この頃のベル12年はなぜかソーピーなフレーバーが備わっているロットがあるため注意が必要です。
調べてみると、ブランドを所有する直系のアーサーベル社は、上記3蒸留所に加えて、1974年にピティヴィアックを創業すると共に、1983年にはブラドノックを買収しているんですね(ブラドノックは1993年に休止)。
ブラドノックはライトなソーピーさを備えた原酒が確認されていますので、恐らく要因はこれでしょう。
となると、760ml表記の特級時代のベル12年なら安心か。要因がわかってすっきりはしましたが、今後は少し警戒してしまいそうです(笑)。

アンバサダー 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20200306_225152
Ambassador 
Deluxe Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライで微かにスモーキー、煎餅のような香ばしさと、淡いモルティーさ。ドライでプレーンで、あまり香りが立たない。

味:ほろ苦い穀物感と干し草、ザラメのような甘さとピリピリとした刺激を感じる口当たり。あまり洗練された感じはない。ほのかにハイランド系のモルティーさ、薄めたはちみつ。余韻はドライでスパイシー、あっさりとしている。

所謂ライト系統のブレンデッド。デラックス表記なのだが12年相当という構成ではなく、若いハイランドモルトを軸に、若いグレーンで合わせて、トップドレッシングに若干量熟成したモルトを加えて整えたレシピを思わせる。故に、ストレートでは変化に乏しく、飲み進めていくと若さと刺激が目立つ。同時期流通の12年との格差が激しい。ハイボール、コーラ割り等で。

IMG_20200306_224818

ラベルに「SCOTCH AT ITS LIGHTEST」と書かれているとおり、主に米国市場への輸出を意識して、当時売れ筋だったライトな味わいを目指して作られたブレンデッド。
ブランド解説は、以前60年代流通品のレビューでまとめているので簡単に触れる程度にとどめますが、当時のアンバサダーはバランタインらと同様にハイラムウォーカーの傘下にあり、一部共通する原酒(恐らくスキャパやハイランドバルク)が使われていたとされ、親戚のような位置付けにもあります。

この70年代のアンバサダーは、60年代に比べてさらに軽さが際立ってます。
軽いといっても、同時期の日本製ブレンデッドのように甲類アルコールを混ぜたような無味無臭というわけではなく、樽由来の味わい、熟成香、これらが乏しいところに若いモルトやグレーンの味わいが主体なので、厚みに欠けると言うのが正しいかもしれません。

200932ee
(アンバサダー1960年代流通。香味の系統は似ており熟成感は大差ないが、70年代に比べるとハイランドタイプのモルトの麦芽風味がわかりやすく、コクも感じられる。レビューはこちら。)

IMG_20200306_225129

同じ1970年代流通の上位グレード、アンバサダーロイヤル12年(写真右)と比較すると、熟成感の違いが如実にわかります。
方やはちみつ(古酒系に振れるとべっこう飴系の甘さになっているボトルもある)や、洋梨のような果実味を含む、熟成したモルトが纏う甘やかな味わいがある一方、それがない分プレーンな味わいが目立つデラックス。。。
キーモルトのひとつと言われるスキャパは、確かにそこまで厚みと洗練されたキャラクターではないので、違和感はありませんが、いまいち特徴が掴めないのもこのブレンデッドの特徴です。

とは言え、同じライト路線でアメリカ市場でライバルだったJ&B同様に、ストレートではなくハイボールや、あるいはコーラで割るような飲み方をするならこういうほうがむしろ良いとも言えます。
要するに使い方ですね。個人的な好みで整理するとストレートに向いているとは思えませんが、雑な飲み方をするならば、逆にこのプレーンさと適度にビターでスパイシーな味わいは、下手に樽が効いているものよりもプラスになると思います。

IMG_20200301_191054
今日のオマケ:コノスル レゼルバ エスペシャル ピノ・ノワール 2017

チリの高コスパ銘柄、コノスルのピノで、格付け的には下から2番目に当たるブランド。
レゼルバなんて名付けてるんで、値段もそれなりなんでしょうと思わせて、税込み1200円程度という超デイリー銘柄です。
(スペインだとレゼルバ表記は36ヶ月以上の熟成が必要ですが、チリは不要で製造元の判断という整理。)

開封直後は合革やゴムのようなアロマがありつつ、奥にチェリーやクランベリージャムのような甘い果実香。時間経過で開いてくる、少し安っぽい甘さを含んだ熟した赤い果実の新世界感。 味は香りに反して酸がしっかりあり、フレッシュな木苺やザクロ、若い苺を思わせる果実味からしっかりとタンニンが余韻に効いてくる。
開封直後は少し香りに癖があり、余韻のタンニンも目立つのですが、時間経過で果実香が開き、バキュバン2日目はこれらが良い具合に馴染んできます。

この値段でこれなら申し分ないですね。
コノスルのピノは、1000円前後でいくつかあるところからスタートし、
・レゼルバ エスペシャル(1200円前後)
・ブロックNo,21(1900円前後)
・20バレル(2600円前後)
と、物凄く低価格でブランドの整理がされているのですが、どれもちゃんと香味や作りに違いがあるので面白い。また、そのどれも、類似の味の系統のワインと比較して、市場価格で1000円から2000円程度の価格差を感じてしまうようなクオリティであり、コスパの高さとはこういうことだと体現しているようです。

中でもウイスキー好きの知人複数名が、デイリーユースにしているのが今回のグレード。興味のある方は肉料理と共に是非!

ウシュクベ オールドレア ストーンフラゴン 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20200303_225502
USQUAEBACH 
OLD RARE 
The Grand Whisky OF THE HIGHLANDS 
Blended Scotch Whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:リーデル
場所:BAR Sandrie 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ドライな要素があり、ザラメやビスケットを思わせる甘いアロマ。ローストした麦芽、微かに酸味、若干の植物感。奥には存在感のあるスモーキーさも感じられる。オールドスタイルなハイランドモルトに通じる素朴なイメージ。

味:スムーズでメロー、モルティーな味わい。序盤は薄めたキャラメルを思わせる甘さでやや単調だが、砂糖控えめのビスケットのようなほろ苦い麦芽風味から、じわじわと土っぽいピートが開いてくる。
余韻は軽いスパイシーさとオールブランを思わせるほろ苦いフィニッシュ。ピートフレーバーと共に染み込むように長く続く。

オフフレーバーの少ない、状態の良いウシュクベ・ストーンフラゴン。まるで麦茶のようにスムーズで素朴、どこか親しみのある味わいが魅力。当時のハイランドモルトがベースというのも納得だが、当時の特徴としてもうひとつ、柔らかい飲み口の後にじわじわと内陸系のピート香が備わっており、全体のメリハリに繋がっている。

IMG_20200303_225547
ゲール語で命の水を指すブレンド、ウシュクベのオールドボトル。
裏ラベルの通り、ダグラスレイン社にブレンドとボトリングを委託していた時代のもので、この整理については以前同銘柄のリザーブの記事で紹介していますので、ここではざっくりと。

ウシュクベをリリースするTwelve Stone Flagons社は、1974年から1990年代初頭まではダグラスレイン社に。その後はホワイト&マッカイ社にブレンドの製造を外注しており、ボトルの表記を見ることでリリース時期の線引きが可能となっています。
また、ストーンフラゴンには、表ラベルに「Over 210 Years of」とする年数がかかれていて、これも流通時期によって変わる要素のひとつです。
210年の次は225年、ベースとなる数字はブランドのルーツである1768年の発売開始にあり、つまり今回のラベルだと1978年~1992年の間に製造されたボトルであることがわかります。

オールドレア(ストーンフラゴン)は、ウシュクベシリーズのハイエンド。同ブランドの特徴であるモルト比率の高さは健在で、レシピは最長27年以上熟成させたモルト40種類を85%にグレーンは15%。また、マリッジはシェリー樽で18ヶ月、というのが近年公開されている現行品に関する情報ですが、恐らくこのレシピはリリース初期から変わっていないのでしょう。モルティーでしっかりとした味わいに、昔のシェリー樽の1種を思わせる柔らかい甘さから、その繋がりを感じることができます。

なお、このウシュクベ・ストーンフラゴンは陶器ボトルとコルク栓という組み合わせからか、状態のあまり良くないボトルが多く見られます。
特に抜け気味なボトルが多いので敬遠していましたが、今回はマスターのお墨付きをいただいて1杯。モルトの主体は熟成したハイランドタイプであり、突き抜けて美味しいわけでも、鮮烈なピート香やら濃厚なシェリーやら、特筆するなにかがあるわけでもありません。
しかし、ゆったりとして素朴な味わいにホッとするというか、逆にそれが良いのだと楽しませてもらいました。

ブラック&ホワイト 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20200225_233628
BLACK & WHITE 
BUCHANAN'S CHOICE OLD SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ほろ苦く古典的な麦芽香。バニラや洋梨、微かに干し草、柔らかい甘さに若干の古酒感、微かに内陸系のピート香を伴う。

味:柔らかくスムーズな口当たり。麦芽風味は香り同様に古典的な要素があり、土っぽさと籾殻、芯の白い部分。そこに洋梨や林檎の蜜、ほのかにべっこう飴を思わせるマイルドな甘味。余韻にかけて微かにスモーキーなピート香があり、染み込むようなフィニッシュ。

柔らかく古典的な麦芽風味が主体で、グレーンのコクやほのかなスモーキーさ。ライトタイプだがダシの効いたスープのような薄っぺらくない味わいが魅力。THE付きロイヤルハウスホールドに通じるブキャナン味が備わった、最後の時代。

IMG_20200225_233649

2匹の犬がトレードマーク、ブラック&ホワイトの1970年代前半流通品。写っていませんがJAPAN TAX付きです。
ブキャナン社のスタンダード銘柄。。。なのですが、下手するとその辺のデラックスグレードを喰ってしまいかねない完成度の1本。
構成原酒はダルウィニーとグレントファースで、そのどちらにもある麦芽系の風味がしっかりとベースにあり、若さを感じさせない仕上がりが魅力です。

この時代のブラック&ホワイトは、状態が悪いものも散見されますが、いいもんは本当に良いのです。60年代ティンキャップ時代ともそう大差ないクオリティ(60年代流通の方が少しピートが強めな印象。)
70年代においてジョニーウォーカーはリッチな甘味とスモーキーさで力業のブレンド、バランタインはハイランドモルトとアイラモルトを巧みに用いた技のブレンドというのが個人的な分類ですが、このブキャナンは力業でも匠の技でもない、牧歌的なハイランドもルとの魅力を詰め込んだようなブレンドであると感じます。

Screenshot_20200229_225336
dce393b9
IMG_20200229_225016
(ブラック&ホワイト、70年代から80年代までのラベル変化。70年代の写真は手持ちがなく、ヤフオクの履歴から引用。上から順に、70年代後半、80年代前半、80年代後半。80年代後半はボトル形状がなで肩系のデザインとなる。味の変化以外に、少しずつトレードマークたる犬が小さくなっていっているのは、他のDCL銘柄と同じ変化である。

ブラック&ホワイトは、ブキャナン社(あるいはDCL)のブランド戦略の中で大衆的なウイスキーとして世の中に広まっていくこととなり、80年代に入ると原酒の質の低下の煽りもうけて、クオリティは急降下。
80年代後半はストレートで飲むにはなかなか・・・少なくとも、今回のレビューで触れたような古典的な麦芽風味は一切消えて、ピートフレーバーも霧散し現行寄りの仕上がりとなってしまっています。
ハイボールで飲むには80年代くらいからのボトルがちょうど良いのですが、この辺はうまく使い分けたいところです。

なお、スタンダードで十分美味しいのだから上位グレードも・・・という期待を裏切らないのが、ブキャナンズクオリティであり、それがブキャナンズ・デラックスです。(THE付きロイヤルハウスホールドも旨いのですが、価格が・・・。)
同系統の構成でありながら、さらに熟成と厚みを増したモルティさとスモーキーフレーバー。オールド好きは是非試して欲しいですね。

IMG_20200124_233100
今日のおまけ:シャトー デュクリュゾー 2013 メドック

成城石井のワインコーナーで、税込み3500円くらいで売っている仏ワイン。等級はブルジョワですが、実績のある作り手が傘下としているためか作りには丁寧さが伺える。店舗によっては2011が売れ残っていますが、たぶん普通の店舗なら2013のはず。2011については保証せず(へたりぎみという話も。。。ただ、別件で飲んだ2009は結構うまかった)。メルロー主体でぶれ幅がそんなにあるような銘柄ではないので、恐らく近年のヴィンテージはそう悪くないのでは。フランスのなかでは安旨と言える1本です。

自分が好んで紹介してきた、新世界の熟した果実感が全面にあるようなタイプではないのですが、仏ワインらしい重めのボディと腐葉土やタンニン、そこにブラックベリーやダークフルーツ系の甘酸っぱさがアクセント。強く主張はしない熟成感。
塩胡椒で焼いた肉よりも、ワインソースで合わせた肉料理や、ソース系の甘酸っぱい風味が合わさったものが間違いない。
新世界の果実味豊富なワインを飲んできて、なんとなくあざとく感じるようになったなら、この1本はオススメです。

IMG_20200219_200309

ハウスオブローズ 8年 1970年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20200113_214450
HOUSE OF LORDS 
8 YEARS OLD 
SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR Twice Up
暫定評価:★★★★★★(6)

柔らかい甘さとカルメ焼きなどを思わせる香ばしさ、ナッツをまぶした焼き菓子、若干の古酒っぽさ。そしてグレーンとは異なるコクとクリーミーさの混じる味わい。シェリー感は淡いが原料由来の"味"がある。良い時代のエドラダワーの存在をしっかりと感じることができるブレンデッド。


キングスランサムで知られるウィリアム・ホワイトリー社のスタンダード銘柄。ハウスオブローズはイギリスの貴族院の名称であり、それ向けのウイスキーとして作られたのが始まりである模様。(現在ハウスオブローズは、エコバックにゴルフウェア、果てはベビーグッズなど、多彩な専門グッズが販売されている、ちょっとしたブランドにもなっています。)
ただ、キングスランサムは、ポツダム会談や世界一周熟成というブランドエピソード等からマニア垂涎の銘柄となっていますが、ハウスオブローズはあまり知られていないマニアックな銘柄といえます。

そのウィリアムホワイトリー社のブレンドと言えばもう一つ、キーモルトとしてエドラダワーの原酒が個性を形作っています。
エドラダワーは独特のクリーミーさが特徴であり、これがブレンドに使われることで、滑らかな舌当たりにや、口のなかを包み込むような甘さ、あるいは柔らかい味わいに繋がるのですが・・・。
この独特のクリーミーさは、1970年代あたりからパフューミーな要素を持ち始め、キングスランサムにしてもハウスオブローズにしても、同時期を境にクリーミーだがパフューミーという好みを別けるフレーバーもセットでついてくることになります。

7c527f49
(キングスランサムの1960年代流通品。濃厚なシェリー感とクリーミーでリッチな味わいが魅力。なお、ラベルに書かれた紋章の赤地部分が消えた頃のボトルから、香味に”石鹸”が混じり始める。)

2c0f4066
(ハウスオブローズ8年の1980年代後半流通品。この時代になると原料や仕込みの変化からか原酒の若さが目立つのは仕方ないとしても、エドラダワーの原酒の変化から見事にソーピーな香味が感じられる。)

そのためでしょうか、ハウスオブローズはキングスランサムの兄弟銘柄でありながら、いまいち人気がないのです。
今回のボトルはチャレンジでしたが(実際にチャレンジしたのは同席していた某独身豚氏ですが)、該当するフレーバーが出ておらず、むしろ当時の若いモルティーさをエドラダワー由来のクリーミーなフレーバーが包み、味のある旨いオールドじゃないかと。

なお、同銘柄の外観の変化としては、1970年代以前、60年代は今回のボトルとほぼ同じラベルですがキャップの色合いがゴールドカラーであることから判別できます。また、同じ60年代頃でもさらに古いものはラベルの配色が上記キングスランサムっぽくなり、ラベルにHLと略称が書かれているため、流通量はさておき比較的見分けは簡単です。
正直自分も警戒していた組なので、今回の時代で大丈夫なら60年代は問題ないと推測。シェリー感は淡いですが、ベースの味を楽しめる良いオールドでした。オークションか、あるいはBARか。どこかで見つけて飲んでみたいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×