タグ

タグ:スコッチ

キングジョージⅣ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190628_223739
KING GEORGE Ⅳ 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's 
760ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでビター、スパイシーな刺激と共にドライな甘さを感じる。籾殻、おこし、徐々にべっこう飴のような甘みも伴う。

味:マイルドな口当たり、色濃い蜜のような軽い粘性を感じる。続いてピーティーでビター、オールブランを思わせる麦芽風味。中盤から後半にかけてボディが軽め、序盤のフレーバーが浮わつくようにも感じられる。
フィニッシュはスモーキーでビター、染み込むように長い余韻。

オールドピートと古典的な麦芽風味が感じられる、らしいブレンデッドウイスキー。タリスカーベースに、スパイシーな刺激はローズバンク由来か。この香味構成は60年代から大きく変わっていない。(厚みは大分違うが)
ストレート、ハイボール、なんでもござれのオールラウンダー。

IMG_20190628_223826

タリスカーに加え、ローズバンクにアンノック、スコッチウイスキーの最大手グループDCL所有の原酒が使われた、主力輸出用銘柄のひとつがキングジョージです。
本ブログではこれまで、60年代、70年代と紹介してきましたが、今回は80年代。ニッカウイスキーが国内販売の代理店となっていた時代で、リユース市場ではもっとも見られる流通時期の1本。この後80年代後期流通品はボトルシルエットがシャープに。ラベルにある修正シールが最大の特徴です。

基本的な味わいは70年代とそう大きく変わらないのですが、個体差なのか香味のボディが緩めで少し軽いような印象も。ブレンド比率でグレーンが増えたか、あるいはグレーン原酒の熟成感が弱まったのか。。。以前自分で買って飲んだボトルもそんな感じだったので、この時代のキングジョージ4世の特徴なのかもしれません。
ブレンデッド全体を見ても、1980年代は香味が軽くなって来ていた時代なので、業界動向の通りという印象も。。。まあそれでもベースとなっているモノが良いので、充分美味しくいただけるのですが。

294b21cb
10633156 (1)
(キングジョージ4世の70年代、60年代流通品。状態が良ければ古い方が間違いなく全体的にフレーバーが濃厚でスモーキー、しかし60年代以前にはティンキャップという罠が。。。)

ちなみにニッカ取り扱いのキングジョージ5世は、裏ラベルに従価表記のあるものと、今回のようにウイスキー表記のみの2ロットがあり、どちらも760ml容量表記です。時期によって価格が上下したか、その変更の最中にあったボトルであると思われます。
この情報から詳細な流通時期を考察すると、従価表記は1980年頃から高価格帯の税率が適用されたボトルのみに表示。760ml→750mlの変更もほぼ同時期、つまり1980年代前半にあった変化であり、今回のボトルはまさに81年、82年頃の流通品であると考えられるのです。

フェイマスグラウス 12-30年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190820_232735
FAMOUS GROUSE 
FINE OLD RESERVE 
AGED 12 to 30 YEARS 
1980-1990's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでスパイシー。熟成を経た穏やかなスモーキーさ。べっこう飴のような若干の古酒っぽさに、カラメリゼ、ビターオレンジ、奥には干し草や土っぽさも感じられる。

味:薄めたハニーシロップやママレードのようなグレーン由来の粘性のある甘味。麦芽風味と徐々にピリッとしたスパイシーさ。やや軽めというか奥行きの無いボディ感で、余韻はほろ苦く、しっとりとしたピーティーさが長く続く。

全体的には構成原酒の特徴が感じられ、香りはフェイマスらしいモルティーな要素とピート香があるが、味がちょっと薄い。熟成香はそれなりにあるので、若めのグレーンが多いのかもしれない。加水するとまろやかだが、より水っぽくなりやすい。

IMG_20190820_232753

1980年代後期から1990年代初頭にリリースされた、フェイマスグラウスの最上位ブランド。後に15年となる10 to 20 years表記も同時期にリリースされています。
業界動向から推察すると、この頃ジョニーウォーカーが15 to 60 yearsという最上位ブランド(オールデスト)をリリースしていたため、それに対抗したものと考えられます。

ただ、ジョニーウォーカーは該当する表記が問題になったという話もあり、2ロットほどリリースした後、1980年代後半に表記を取り止めてエイジング表記なしに切り替えているわけですが。フェイマスの本製品が日本市場に出回ったのは1990年代前半なのでちと時系列が合いません。
表記が問題になったならフェイマスもリリースを取り止めてますよねと。あるいはこのボトル、アジア向けっぽい感じもあるので(海外に情報がほぼ無い)、問題にならなかっただけなのかもしれません。

その構成ですが、別途リリースされていたピュアモルト30年に比べて明らかにボディが軽く。ハイランドパークを思わせる麦感やピートなど、モルティーさは良いものがありますが、かなりグレーンや若い原酒の影響を受けているように感じます。比率はモルト4:グレーン6くらいか。クラシックなスタイルとは言い難い感じですね。
するすると飲めて負担無い味わいにまとまってますが、逆にそれが残念というべきか、あるいは負担なく飲めてこれはこれと言うべきか。。。

IMG_20190901_200646
今日のワイン:アルテッサ カーネロス ピノノワール2015
最近ハマってるカリピノ。もうちょっとこなれそうなので、あと2-3年熟成させても良いかも知れません。
やたら美しく芸術的なデザインのワイナリーで、作りもなかなか。エステート表記のほうがかなり旨いとか。。。しかしこちらも新世界らしい熟したベリーのような果実感に、柔らかく控えめなタンニン。若干ジュースっぽさもあるが、グラスの残り香にあるベリー香は、やはりウイスキー好きの琴線に働きかけるものがあると思います。
今回は業者が投げ売りしたとおぼしきものをまとめ買いさせてもらいましたが、これは良い買い物でした。

ジョンベッグ 1970年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20190522_105306
JOHN BEGG 
Blue Cap 
Old Scotch Whisky 
1970's
760ml 43% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかいスモーキーさと、ほのかにみたらしやオレンジママレードを思わせる古酒感と角のとれた酸。カステラやフィナンシェなどの洋菓子の甘味と、合わせて土っぽさのある古典的な麦芽香。

味:香り同様の構成で、柔らかくコクのある口当たり。ほのかな古酒感と、薄めたキャラメル。じわじわと内陸系のピートフレーバーが存在感を出し、序盤の甘味の中にほのかな灰っぽさと、柑橘の綿や皮を含ほろ苦さが染み込むように長く続く。

経年変化に加え、当時の原酒のコクを伴う柔らかい香りと飲み口。そこに内陸系のピーティーさがしっかりと感じられる。全体は熟成感のある比較的モルティーな構成で、香味がしっかり感じられる一方でバランスも良い。ストレート、ハイボール、用途は広いが個性を楽しむ意味ではストレート向き。

IMG_20190522_105329

ロッホナガー蒸留所の創業者であるジョンベッグ氏が立ち上げたウイスキーメーカーが、ジョンベッグ社。
現在のロッホナガーは1845年創業、ジョンベッグ社は当時の親会社にあたり、恐らくロッホナガーよりも前に設立しているとは思うのですが、いかんせん古い話しすぎて細かいことは今となっては不明。。。
その後、1916年にデュワーズ傘下となり、1925年にDCL傘下という定番の流れで大手に組み込まれ、世界的な銘柄となった後、ウイスキー冬の時代のラインナップ整理から2000年前後のアメリカ市場向けリリースを最後に終売となったようです。

よって企業としての創業と解散、どちらも時期が定かではないのがジョンベッグ社です。
たしかなのはジョンベッグのキーモルトがロッホナガーであること。同じDCL傘下の銘柄であるVAT69とは親戚のような間柄と言えます。
その特徴は、なんといっても独特のピートフレーバーと、適度な厚みのある麦芽風味。以前レビューした1950年代流通のジョンベッグでも触れていますが、灰っぽいニュアンスを含むピートフレーバーが、コクのある酒質と共に感じられる。これはかつてのロイヤルロッホナガーがブレンドされている銘柄に備わっている特徴と言えます。

IMG_20190828_151009
(1980年代流通のジョンベッグ。輸入元は70年代同様にコーンズである。1978年にトレードマークに関するイギリスの方針を受け、キングジョージ5世の紋章からオリジナルのロゴに変わった。フレーバーは麦芽風味が比較的しっかり備わったモルティーかつ素朴なタイプで、ピーティーなフレーバーは70年代以前のほうが強く備わっている。)

該当するフレーバーについては、70年代流通は60年代ほどではないにしても、まだその香味を感じることができる時期。上で触れた親戚のVAT69も60年代と70年代とで同様の変化があります。
これをロッホナガー蒸留所サイドから見ると、1963年に大規模な改修工事が同蒸留所で行われており、設備が一新されると共に、モルティング設備も貯蔵庫に改修されてしまった模様。こ該当するフレーバーが徐々に失われ、近年のライトかつ個性のマイルドな傾向となっていくジョンベッグの境界は、1960年代中頃の大改修が分岐点とすれば、時系列的には違和感はありません。

日本向けの正規品があり、夜の街にはJOHN BEGG BARがあったくらいのブランドであるにも関わらず、現存するモノが少ないのもこの銘柄の特徴。そして地味に人気があるので、ブレンデッドにしては相場が高め・・・。
特に70年代以前は見かけることも少なく、手に入らなくなりそうな1本。飲めるうちに飲んでおくことをおすすめします。

IMG_20190829_002715

今日のオマケ:ロバート・モンダヴィ プライベートセレクション ピノ・ノワール 2017
オーパスワンに所縁のある、ロバート・モンダヴィのエントリーグレード。やや濃いめの味わいで、新世界のピノらしい熟した果実のような甘味と、ベリーを思わせる穏やかな酸味。ここはウイスキー好きにも琴線がありそうなフレーバーですが、そこにちょっと目立つ樽香が、バニラのニュアンスと共にタンニンを加えて余韻にかけて主張する。
上位グレードに比べると仕上がりが粗く、味付けのあざとい部分が安いなりなところなのでしょう。もう5年くらい経ったら馴染むかも?


J&B レア 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190826_225535
J&B RARE 
A BLEND OF THE FINEST OLD SCOTCH WHISKY 
Justerini & Brooks Ltd 
1980's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ドライで穏やかな麦芽香、干し草や乾いた穀物。ハーブ、瓜のような微かに青みがかった要素に、若干の古酒感、蜂蜜、レモンピールを思わせるアクセントも。強くはないが意外な複雑さがありつつ、素朴で落ち着くアロマ。

味:口当たりはややドライだが徐々に柔らかいコク、若い原酒の酸味と麦芽風味、グレーンの蜂蜜の粘性から、じわじわと軽くスパイシー。余韻は少し焦げたカルメ焼きのような、甘味の後からほろ苦く、内陸系のピートだろうか、染み込むように長く続く。

スケールはそれほど大きくないが、ライト系のフレーバーはバランス良く、程よいこなれ具合でなんとも癒し系の味わい。ハイボールは酸味が少し出てくるが、合わせて不思議なコクも感じられ、ただ薄くなるだけではない変化も。スポーツドリンクのように爽やかに、そしてスイスイ飲める夏向きの1本。濃い味の酒類に疲れた時にもおすすめ。

IMG_20190826_225609
IMG_20190826_232057

侮っていた。この一言がしっくり来るのが今回のボトルです。
J&BのスタンダードグレードであるRARE (レア)。流通時期は1980年前後から中頃と思われるロットで、オールドスコッチの感覚では特段古いわけでもない、ヤフオクだけでなく未だに古い酒屋の店頭でも見られるボトルの一つです。

先日、このJ&Bのキーモルトであるノッカンドゥのレビューを公開したところで、折角だから久々にこっちも飲んでみるかと後日注文した1杯。ただ、このJ&Bは以前飲んだ特級時代末期のものがライトでドライで・・・どうにもピンと来なかった印象しかなく。
60年代ならともかく、80年代はなぁと、途中で継ぎ足してハイボールにしてもらうくらいの覚悟で注文したわけです。

ここで冒頭の「侮っていた」に繋がるのですが、ライトでありながら決して単調でなく、香味とも若い原酒に見られるツンケンした荒さが目立たない。故にノッカンドゥやオスロスクなどのスペイサイドモルト原酒に由来する、J&Bシリーズ共通の麦芽風味が素朴な味わいの軸を作って、妙に心落ち着く。
地味だけど、意外に美味しいんじゃない?と、1杯じっくり飲んだ後でハイボールも追加で頼んでしまうほどでした。

IMG_20190826_225447
(1980年代流通のJ&Bとノッカンドゥ12年。お互いに流通当時はもう少し粗さがあったと思われるが、それ以上に現行品に比べて味わいに厚みがある。キーモルトとしての繋がりも分かりやすい。また、この時期のJ&Bから、74年創業のオスロスクの原酒が加わり始めたと推測される。

思いがけず楽しめる味わいに驚かされ、常連愛好家&マスターとで「あれ、これこんなに良かったっけ」なんて盛り上がってしまったこの日の美術館。
他方で冷静に考えると、この手の味わいはたまに飲むから美味しいのであって、毎日飲むには飽きやすいという弱点もあります。リユース市場で微妙に人気がないのは、こういう背景もあるのでしょう。カナディアンなどと同じで大体1杯ちょっとで飽きがくる。ですがシングルカスクの濃いヤツとか、最近流行りのやたら華やかなラムやコニャックとか、そういうこてこてした日々の合間に飲むと、舌がリセットされ、逆に響く系統だったりするのです。(それでも、モノが悪ければ響くものも響きませんが。)

J&Bはかつてアメリカ市場の獲得を狙ってリリースされ、大きく躍進した銘柄であることは有名な話。当時のアメリカをターゲットとして展開されたリリースで、特に色合いの薄かったリリースにカティサーク、ブラック&ホワイト、そしてJ&Bの3名柄があります。この薄い(白い)三連星のなかではJ&Bが最弱、というのが自分の印象だったところ。この日その序列に変化があったことは事実で、安いし家にハイボール用で1本買っておいてもいいかななんて、考えてしまいました。

ブキャナンズ リザーブ 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190726_195041
BUCHANAN'S
RESERVE 
FINEST BLENDED SCOTCH WHISKY 
1970-1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後数週間
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:スモーキーなオールドピート主体の乾いたアロマ。干し草、薄めた蜂蜜。時間経過でおしろいっぽい麦芽香も感じられる。

味:口当たりはマイルドで、柔らかい蜜のようなコクがあり、カルメ焼、干し草、オレンジピール。甘味とあわせてビターで乾いたフレーバー。内陸系のピートフレーバーを伴いつつスモーキーなフィニッシュへ。

香味の奥行きはやや単調気味だが、柔らかいコクのあるスモーキーさがらしさであり、12年程度熟成したと思われる原酒が使われたマイルドで飲みやすいブレンドに仕上がっている。一方で加水するとボディが水に負けてしゃばしゃばになってしまう。飲むならストレートか濃いめのハイボールだろうか。

IMG_20190726_195127

ブラック&ホワイト、ロイヤルハウスホールドで知られるジェームス・ブキャナン社がリリースする、自社名を冠したブレンドがブキャナンズです。
キーモルトはダルウィニーとグレントファースで、この当時のブキャナンズにはスモーキーさの強いピーティーな時代のハイランドモルトがしっかり効いた、モルティーな味わいが特徴であると言えます。

今回レビューするリザーブは、1970年代後半頃にリリースされたブキャナンズの普及品というか姉妹品?的な位置付けの一本。
以下のデラックスと同系統の味わいが感じられると共に、1980年代後半には同じ12年表記がつくことから、原酒の熟成年数はこの年代もほぼ同じ仕様と考えられます。
ただグレーン比率が高いというかプレーンなタイプのモルトの比率が高いというか、美味しいのですが厚みと複雑さがもうひとつ足りないのが惜しいところ。良く言えば個性を押さえて飲みやすくしたと言えるのか。。。。特に加水するとその違いが明確になるようにも感じられます。

IMG_20190630_100726
(1970年代流通のブキャナンズ・デラックス。今回のリザーブとほぼ同じ流通時期か、少し前。リザーブよりも厚みとスモーキーフレーバーが強く、古きよき時代のスコッチと言える一本。)

これはこれと言う感じの1本ではありますが、デラックスとリザーブ、どちらが好みかと言われたら迷うことなくデラックスです。
ただ現在の流通価格はリザーブが非常に安価なので、コスパ重視で手軽にブキャナンらしさを楽しむならリザーブもアリなのか。。。
なお、1980年代に入るとブラック&ホワイトから同じボトルを使って12年がリリースされるなど、熟成年数と価格帯の住み分けが曖昧となりますが、そのなかでもブラック&ホワイトの方向性とブキャナンズの方向性とでは、キャラクターの異なる仕上がりになっているので飲み比べも面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×