タグ

タグ:スコッチ

ロブロイ 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190714_093306
ROB ROY  
Years 12 old 
Fine Old Deluxe Quality 
Scotch Whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーで薄めたみたらし、干し藁のような乾いたニュアンスと若干の紙っぽさ。仄かにハイトーンな刺激を伴うが、時間経過で微かな古酒感と、オレンジママレード、スモーキーなアロマに変化する。

味:ねっとりとしてコクのある口当たり。べっこう飴の甘味とオールブランやオレンジピールのほろ苦さ、土っぽいピートフレーバー。徐々にスパイシーでヒリヒリとした刺激が感じられる。
余韻はみたらしのような粘性のある甘味が舌に残りつつ、スパイシーで焦げたようなピーティーさ、張り付くような余韻で長く続く。

グレンギリー系の強いピーティーさ、オーヘントッシャンの3回蒸留らしい尖った風味。そこに熟成したグレーン。ボウモアよりもこの2つのモルトの影響を強く感じる。少量加水すると刺激が和らぎカラメル系の甘味が広がってバランスが良くなる。開封後時間が必要かもしれない。

IMG_20190628_223807

1980年代にボウモア、オーヘントッシャン、グレンギリーの3蒸留所を傘下としていた、モリソンボウモア社がリリースしていたブレンデッド。先日レビューした10年の他、12年があり、1990年代以降ブランドとして残るのはこの12年のほうです。
もっとも、日本には1990年代中頃ないし後半あたりから輸入されていなかったようですが。。。

ロブロイ12年は、1990年頃に角瓶からなで肩のデキャンタデザインに変更。日本に流通しているボトルはこれが最後となりますが、この頃のロブロイはボトルのキャップが樹脂製で、キャップ汚染の進んだロットが複数見られること。
また、蒸溜時期1980年代は、ボウモアだけでなくグレンギリーにもパフュームフレーバーが出ることから、それらを構成原酒とするロブロイにも同様の変化が出ているロットがあり、ダブルで注意が必要。オフフレーバーと石鹸を好むマニアックな趣味が無い限り、角瓶時代のロブロイを狙うのがオススメです。

105d9675
(同時期に流通していたロブロイ10年、トップの写真は照明の関係でわかりづらいが、色合いは10年も12年も同じ。やや12年のほうがマイルドかというくらいだが、フレーバーの系統も同じ。ロブロイとモリソンボウモア社については「ロブロイ10年」のレビュー記事を参照。)

”ロブロイ”と言えば、日本ではウイスキーよりもウイスキーベースのカクテルが有名。かつてウイスキー冬の時代は、「ロブロイをソーダ割り、氷無しで」なんて注文したところ、首を傾げながらカクテルのロブロイをソーダで割られそうになったこともあったとか。(某有名バーマンの経験談)
ですが近年はボウモアの評価と人気の高まりから、愛好家を中心に「ボウモアが使われているブレンドとして知られてこの銘柄も知られて来ているように思います。

ただ、この角瓶時代の10年、12年はどちらもグレンギリーを中心にローランドモルトをブレンドしたような、ボウモア比率が低めの構成であるところ。ボウモアが使われている=トロピカルフレーバーという構成にはなっていません。
また蒸溜時期としては1970年代の前半あたりですが、当時ピーテッドモルト代替のためグレンギリーのピーティーさが強く、またボウモアはギリギリパフュームが出ていないものの、フルーティーさは控えめに変化していた時期。このブレンドをそれらの構成原酒のキャラクターから分解すると、得心がいく部分が多く感じられるのです。






キングジョージ 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190625_223308
KING GEORGE Ⅳ 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:
時期:不明
場所:BAR Main Malt
評価:★★★★★★(6ー7)

香り: 存在感のあるスモーキーさ、べっこう飴や香ばしい麦芽香がトップノートに。ややドライでハイトーンな刺激を伴いつつ、オレンジピール、蜂蜜を思わせるグレーンの甘やかなアロマも感じられる。  

味:粘性のある口当たり。キャラメリゼやみたらしの古酒っぽさのある甘味と、オールブランを思わせる香ばしい麦芽のほろ苦さ。
後半にかけて軽いスパイシーさと染み込むようなピーティーさ。 余韻はほろ苦くピーティー、スモーキーなフィニッシュ。ピリピリとした刺激を伴って長く続く。 

オールドスコッチに求める方向性のひとつと言える味わい。コクのあるグレーンの甘味とモルティーな個性、適度な古酒感、そして現代とは異なる角のとれたピートフレーバーが時代を感じさせる。ハイボールも悪くない。

IMG_20190625_223406

オールドウイスキーのバイブルとも言える、スコッチオデッセイのページを開くと、まず最初に目に入るのが、このDistillers Agency Limited のキングジョージ、そしてハイランドネクターです。

親会社であるDCLの"至宝"とされるタリスカー、ブレンド用原酒のローズバンクとその他同社が有する様々な原酒をブレンド。
ブレンドされている原酒の熟成年数は5~12年程度といったところでしょうか。若干若さを感じる部分はあるものの、コクのある口当たりから、タリスカー由来のスモーキーフレーバーが広がる完成度の高いブレンデッドで、当時のDCLのレベルが抜きん出ていることも伺えます。

他方で、この時代になると普及品としての位置付けで"様々な原酒"の割合が増えてくるのか、60年代に比べてボディの厚みやピートフレーバーが多少穏やかになって来ているようにも感じます。
80年代流通は特にその傾向が顕著であり、相変わらず完成度は高いのですが、ボディが軽くなりスモーキーフレーバーが少し浮わつくようにも。麦芽品種と精麦プロセス、そして蒸留方法の変更と効率化。DCLが1960年代から70年代にかけて各蒸留所で進めたそれらが原酒に与えた影響を、香味の変化から感じられるようです。

10633156
(1960年代流通のキングジョージ。シェリー系の甘味を感じるふくよかな麦芽風味に、どっしりと存在感のあるピートフレーバーが下支えとなっている。まさにスコットランドの地酒という味わいで、この手のフレーバーがオールドスコッチ愛好家には堪らない。)

70年代以降は特に日本流通が多かったブランドで、リユース市場でもモノは度々見かけます。
流通しているのは日本向けが多く、各流通時期の見分け方は比較的簡単。ティンキャップの60年代、70年代は今回のボトル(ラベルに特級の印字がないもの)と、特級表記がある安宅産業輸入のもの。80年頃に代理店がニッカに切り替わり、ラベル変更が間に合わなかったのか通関コード部分を一本一本シールで修正するボトルが見られます。
また90年代以降はボトルがスリムになるので、一目でわかりますが、海外流通品だと70年代から80年代の区別がしづらいのは難点です。

ブキャナンズ デラックス 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190630_100726
BUCHANAN'S 
Deluxe 
FINEST BLENDED 
1970's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング 
時期:開封後2週間程度 
場所:自宅 
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ほろ苦く古典的な麦芽香、微かにドライで灰のようなスモーキーさ。干し草、オレンジピールやその綿、微かに洋梨のような柔らかい甘さも含んでいる。

味:厚みのある口当たり。ほろ苦く、そしてコクのある麦芽風味。ナッツやクラッカー、熟成したグレーンの蜂蜜、仄かに洋梨のピューレを思わせるマイルドな甘味。余韻にかけて穏やかで角のとれたピートが存在感を増して、ビターでスモーキーなフィニッシュが染み込むように長く続く。

ロイヤルハウスホールドにも共通する熟成したモルティーさと内陸系のピーティーさ。奥行きもあって実に味わい深い。少量加水すると香味とも延びる印象で、マイルドな中に味の柑橘系のニュアンスとピートが感じやすくなる。ハイボール、ロック共に良好。実に使いやすいボトルである。

IMG_20190630_100531

ブラック&ホワイトやロイヤルハウスホールで知られるジェームス・ブキャナン社がリリースしている、デラックスグレードのブレンデッドにして、同社の看板とも言える銘柄。
当時の構成原酒はダルウィニー、グレントファース。現行品は12年表記で販売されていますが、日本だと正規代理店もなく、そこまでメジャーじゃないブレンデッドですね。
位置付け的にはブラック&ホワイトの上、ロイヤルハウスホールドの下で、ミドルグレードという整理になります。

同社の系列のブレンデッドは、樽はプレーンでカラメル系のニュアンスの少ない、麦や洋梨などの内陸系の原酒の品の良い個性を軸に構成されています。(一部限定品除く)
そのなかで今回のブキャナンは、同時期のブラック&ホワイトよりもはっきりと厚みと熟成感があり、ロイヤルハウスホールドやストラスコノン12年とも共通するモルティーさとピーティーなフレーバーを感じる構成。上位グレードらしい熟成感の違いがありつつ、最上位グレードと共通する香味を感じさせてくれる。ノージング段階から思わず笑みを浮かべてしまいました。

当時の原酒の強さが、一定以上の熟成を経て発揮されていることもそうですが、社名を背負っているだけあって、厳選して良い原酒を使っていたということなのかもしれません。
今回のボトルを中心に、半世紀程度のボトルの特徴を整理すると、1980年代のブキャナンはこのラベルで12年表記が。1970年代前半は同じくデラックス表記なのですが、キャップが例の金属張のスクリューに。1960年代以前は例によってティンキャップなので、オールドでのこの系統の香味は魅力的ではありますが、安心して手を出せるのは、今回の1970年代後半ロットから・・・ということになります。

同年代では知名度の差か、ブラック&ホワイトと同じような価格で落札されることも多く。本数は少ないものの、個人的には廉価版ロイヤルハウスホールドとして、結構狙い目なボトルだったりするのです。


以下、雑談。
最近、オールドブレンデッドのレビューはお酒の美術館が便利すぎて、自分でボトルを買うことが少なくなっています。ただ今回のボトルは、ブキャナン系統が中々同店に入らないので、しびれを切らして調達したもの。
B&W系列はソーダ割りにするにもちょうど良いので、暑くなるこれからの時期に使いやすいだろうと。ただ、予想以上に状態の良いボトルに当たったのでラッキーでした。
こういうのが家に1本あると、宅飲みが安定します(笑)。

ウィリアム ローソンズ 8年 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190605_222846
WILLIAM LAWSON'S 
Aged 8 years 
Rare Blended Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封直後
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:スウィートでカラメル系のオールドシェリー、鼈甲飴、アルマニャックのような葡萄感を伴うリッチなアロマ。時間経過でビターなウッディさ、籾殻のような乾いたアロマも感じられる。

味:スウィートでダークフルーツ系の角のとれた酸も伴う。中間は少しグレーン系の穀物。
余韻は干し草のような乾いた質感、オールドシェリーの鼻抜け、ビターな樽感を伴う。リッチな余韻。

オールドブレンデッド好きが納得する美味しさ。当時のウイスキーに見られるカラメル系の甘さとモルトのふくよかさとコク、グレーンで整えられたバランスの良さ、微かなピートのアクセント。こういう味が好きなのだと、原点を思い出させてくれるような味わい。

IMG_20190605_222540

デュワーズと同門で、現行品についてはおそらく原酒構成も近いと思われるブレンデッド、ウィリアムローソン(ウィリアム・ローソンズ)。現在日本では正規代理店がないためメジャーではありませんが、半世紀以上前からマルティーニ・ロッソとの繋がりが深い関係で、販路があったフランスやスペイン、あるいは南米などでは結構売れてるらしいです。

作り手を調べて見るとぽっと出どころか100年を越える歴史があって、洋酒ブーム時代の日本にも一定数輸入されていたところ。
ただ、1972年に社名を変更しWilliam Lawson Distillers社が設立され、同時にマクダフ蒸留所を買収する前は・・・構成原酒がよくわかりませんでした。
マクダフ蒸留所の設立は1962年。買収前から親密にお付き合いしてましたというには、いささか原酒が若すぎるんですよね。

さて今回のボトルは社名変更が行われた後、つまりマクダフの買収後の流通品。JAPAN TAX付きのロットもあるため、その1972年から1974年には既に日本に入ってきたと推察されます。
当時はエイジング表記の無い白ラベルと、今回の8年表記があり、白の方はライトでドライ、個性の強くないタイプでアメリカ市場受けしそうな味わい。これはマクダフというよりローランド系のモルトが結構使われてるように感じました。一方、今回の8年は熟成感があり、スウィートでコクがあって、流石麦感豊富な当時のマクダフ。。。もはや別モノと言えるくらいに格が違いました。

開封後一緒に飲んだ常連モルト好きの皆様とも、これは旨いと話題に。
ただ、惜しいことに8年の方はキャップの裏が例のアレ(上写真参照)であること。
今回お酒の美術館で開封したロットは、汚染指数ゼロと言えるほどにキャップ汚染がなく封切りから素晴らしい状態でしたが、他のロットはこうはいかないので注意が必要です。


以下、余談ですが、先に触れたように本銘柄は1998年からバカルディ傘下でデュワーズと同門。現在、デュワーズの製造場所となっているグラスゴー近郊、クライド川のそばにある工場ではウィリアムローソンも作られている模様で、工場には同銘柄の看板も見られます。
一方なんの偶然か、あるいは許可された土地がそこしかなかったのか、その工場の裏にはBeam Suntory社の集中熟成庫らしき建物があるのが興味深いです。
今のところ双方には。。。なんの繋がりもないハズなんですけどね。

オールドパー 1950年代流通 雑酒特級 43%

カテゴリ:
IMG_20190518_124335
Grand Old Parr 
REAL ANTIQUE AND RARE OLD 
Scotch Whisky 
1950's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古い熟成庫のような落ち着きと古びた印象を受ける古酒香。キャラメルコーンのような甘味、あるいはべっこう飴、仄かな香ばしさのある古典的な麦芽香。時間経過で干し草や土っぽさとスモーキーフレーバーが存在感を増す。

味:しっとりとしてマイルドな口当たり。古典的な麦芽風味とカルメ焼、色の濃い蜂蜜。続いてピリッとする刺激とオールブランのほろ苦さ、合わせてどっしりと強いピートフレーバーが感じられ、スモーキーなフィニッシュに繋がる。

経年で角はとれているがかなりピートフレーバーが強く、当時のモルトの特徴とされるキャラクターがこのボトルからも感じられる。モルト比率も高く、当時のジョニーウォーカーなどと比較しても決して劣らない。むしろレベルの高いオールドブレンドである。金属臭さえなければ。。。

IMG_20190518_124449

奇跡的なオールドパーを引き当てることが出来ました。輸入はミリオン商事で、同社は1952年に西八丁堀に東京本社を開業しているため、雑酒表記の期間と合わせると本ボトルの流通時期は1952~1960年ということになります。外箱にも雰囲気がありますね。

オールドパーと言えば金属キャップによる状態の悪いものが多いボトル。古ければ古いほどリスクが高まるため、10本中8本はハズレではないかという宝くじ的ボトルであることは過去の記事でも度々触れてきたところ。加えて、そもそもモノが少ない1950年代流通品で金属臭のないボトルに当たるというのは、ボトルの相場以上に価値と幸運のあることだと思います。

オールドパーの主要原酒であるグレンダランは、1964年に蒸留所の建て替えに着手。以降旧設備と新設備の2蒸留所が稼働する状況となりますが、今回のボトルの流通時期は建て替え前であり、原酒は100%旧設備によるもの。また、使用原酒を12年熟成相当と考えれば、蒸留は1940年代前半から中頃で、戦時中ないし戦後の仕込み。
テイスティングで触れた通り、ピートフレーバーが60~70年代流通のオールドパーと比較してもどっしりと強く感じられるのが特徴で、これはグレンダラン含めブレンドに使われている蒸留所の原酒に、世界大戦の影響から無煙炭の入手が困難となってピートが多く炊かれていたためと考えられます。
いやーこのオールド系統のピートフレーバーがたまらんのですよねえ。

※1960年代以降のオールドパー、香味とラベル変移についてはこちらを参照

さて、オールドパーと言えば、かの総理大臣吉田茂が愛飲していた酒として知られています。こだわりの強い人だったとされ、ウイスキー、葉巻、車、スーツ。。。それぞれこれであると決めた特定の銘柄があり、ウイスキーはオールドパーだったというのです。
それはもう有名なエピソードであり、オールドパー、吉田茂、で検索すると出てくる出てくる数々のコラム記事。同氏が飲み残したとされるオールドパーは、高知県にある所縁の旅館城西館に残されており、いつもチーズをアテに楽しまれていたのだそうです。

yoshidayoshidashigeru_robi
画像引用:https://www.jyoseikan.co.jp/info/yoshida.shtml

ではいつ頃ハマったのかというと、自分の知る限り2つ説があります。
1つは戦前の外交官時代に現地で飲んで気に入っていたというもの。そしてもうひとつが戦後総理大臣に就任し、高知県から立候補して国会議員となった後、遊説で城西館に宿泊した時。ウイスキーが飲みたいと言い、旅館社員が現地の酒屋を方々探して手にいれてきたものという話。
もし後者なら、ちょうど今回の流通時期である1950年代のボトルである可能性が高いのです。

当時の吉田茂総理のもとに相談や挨拶にいって、オールドパーの水割りやロックが出たら気に入られた証拠であると。その後多くの政界関係者に愛飲され、あやかろうとギフトとしても一般にも広く扱われるようになったわけですが。。。
この現行品以上にスモーキーな時代のオールドパーを飲んで気に入るというのは、一般的にピートフレーバーが受け入れられていなかった時代であるにも関わらず、随分日本人離れした味覚を持っていたんだなとも思います。

当時と今では経年変化で味は違うでしょうが、こうして経過した時間の分だけ密度を増すオールドボトルのエピソードこそ、瓶熟によって増していく魅力と言えるのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×