タグ

タグ:スコッチ

ダイナースクラブ 30年 バッテッドモルト 1990年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_5749
DINERS
30 Years old
Deluxe Vatted Malt Whisky
1990's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:カラメルソースやカカオチョコレートを思わせる、深みのあるオールドシェリーの甘さとウッディーなほろ苦さ。奥からレーズンやダークフルーツソース、度数以上にこってりとした構成。

味:まろやかな口当たり。カラメル系のオールドシェリー、チョコレートケーキ、アーモンドのアクセントにレーズンの酸味も感じられる。ボディは度数以上にあり、ふくよかな甘さとウッディネスが主体。
余韻は少しピリッとした刺激、ビターでタンニンが染み込むよう。焦げたようなピートを思わせるニュアンスもある。

かつてのGMなどに見られたような、カラメルソース系のこってりとしたシェリー感主体のバッテッドモルト。ブレンドの質は少し粗め。1年前はインクのような癖が感じられたが、今はそれが抜けて古きよき時代のシェリーカスクウイスキーとして楽しめる。もちろんストレートで。

IMG_5751

クレジットカードのダイナースクラブが、会員向けにリリースしたウイスキー。そのラインナップの中でハイエンドと思われるのが、今回のバッテッドモルト30年です。
テイスティングの通り、こってりとしたオールドシェリー感が主体。今飲むとその意外性も含めて「おお!」となりますが、1990年代の当時としてはGMやグレンファークラスの長期熟成等、様々なボトルで珍しくない構成だったわけで、自分だったら「はいはい、またこの系統か」なんて思ってしまったかも知れません。

構成原酒は相変わらず不明。原酒の蒸留時期は1990頃の流通からマイナス30年で1960年前後。スペイサイド・ハイランドのピーティーさが今以上にしっかりしていた時代だけに、様々な構成が考えられます。
しいて言えばこのシェリー感とボディ、余韻に感じるピートの残った酒質から、グレンファークラスやグレンリベットあたりが使われていても、おかしくないかなと感じます。
特にグレンファークラスは、この当時様々なブランドに原酒を売っていたようですし、1990年代に流通したオフィシャルボトルに加え、京晴のアーマー20年にも近いニュアンスもあります。後はGMからの買い付けも考えられます。

ちなみに、このウイスキーの作り手は、当ブログではおなじみのメンデルスゾーン氏(参照)。葉巻を嗜むと思われる同氏が、ハイエンドにこうしたシガーモルトとも言えるしっかりシェリー系を持ってきたのは、何が意図があるようにも感じます。
せっかくですので、飲まれる際にはシガーをあわせても良いかもしれません。
勿論ポーズはあんな感じで(笑)

ジョニーウォーカー スイング 1980年代後半流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
1985-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
開封後:1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしや梅を思わせる酸味を伴う麦芽香、乾燥したトウモロコシ、淡いひねとスモーキーフレーバー。醤油せんべいのような香ばしさもある。

味:ややパンチのある口当たり。乾いた麦芽とコク、べっこう飴、合わせてピーティーなほろ苦さ、スモーキーフレーバーが広がる。
余韻はスモーキーでビター。ローストした麦芽、アーモンド。ピリッとしたスパイシーな刺激を伴い長く続く。

ハイランドタイプのモルティーさをベースに、アイラ系、特にカリラを思わせるキャラクターを感じる。樽構成がプレーン寄りでストレートでは多少パンチのある味わいだが、ロックやハイボールとの相性が良く、様々な飲み方で楽しめる。
 

ジョニーウォーカースイングにおけるターニングポイントと言える、外観、香味共に大きな変更があった時代のボトル。
少なくとも自分が飲んだことのある1950年代以降から30年間、スイングはマイルドでメローな味わいが主たる構成で、古酒系の甘さが強く、特に1970年代のそれは甘すぎると言う評価もあるほどです。

(参考)ジョニーウォーカースイング:

それが1980年代後半、今回のボトルデザインへの変更と共に、樽感がプレーン寄りに変わり、味わいも甘口から辛口へ、マイルドだった飲み口は熟成感こそあれどパンチのあるモルティーさへと180度方向転換。
古酒系の甘みが軽減されたことや、構成原酒にも変化があったのか、旧ボトルに比べてアイラ系のスモーキーフレーバーが際立っています。

デザイン、味わい共に現行品のベクトルに通じる大きな変更だったわけですが、このラベルチェンジが行われたのはジョニーウォーカーブランドを所有していたDCL社がギネス社傘下となった1986年〜1987年ごろ(UD社時代)のこと。経緯としては、ギネス社側の意向でのブランド整理があったと見るのが自然な流れと感じます。
また、1980年代のスコッチ業界冬の時代で、蒸留所の再編からスイングに使われていたメロータイプの原酒の割り当てが変更されてもおかしくないでしょうし、合わせて1974年に改修工事を終えたカリラ蒸留所の原酒が12年の熟成を越え、スイングのようなデラックスクラスに使われ始める時期だったことも背景に考えられます。

ちなみに、別記事にも書いたように自分にとってウイスキーにハマるキッカケとなったのが、ジョニーウォーカー・スイングの1970年代流通だったわけですが。
今の好みと味覚で楽しむなら、この時代のボトルの方が甘みがくどくなく、ピートのバランスもいいと感じます。(あとはボトルデザインも高級感がありますね。)
ジョニーウォーカーは、各グレードで日本市場への流通量も多く、今尚安定して入手できるブランドだけに、どの時代のそれが好みに合うか、飲み比べてみるのも面白いと思います。

グランツ 21年 1980年代流通 43% ロイヤルドルトン陶器ボトル

カテゴリ:
IMG_5710
GRANT'S
Aged 21 years
Royal Doulton Stone jag
"Castle Grant"
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやチョコレートを思わせる艶やかな甘さ、ダークフルーツとスパイシーなウッディネス。微かに油絵の具のようなアクセント、奥からモルティーなアロマも開いてくる。

味:まろやかだがややウッディでほろ苦い口当たり。キャラメリゼ、オールドシェリー、ほのかにレーズンの酸味。奥には麦芽風味も潜んでいる。
余韻はドライでビター。落ち着きのある甘酸っぱさとともにタンニンが広がって長く続く。

グランツらしい素直な原酒構成に、オールドタイプのカラメルっぽいシェリー感が主体となっている、リッチな味わいのブレンデッド。古きよき時代を思わせる構成の一つ。樽感の奥には多彩な香味があり、テイスティンググラスでストレートをじっくりと味わいたい。

今回のボトルはグレンフィデックやバルヴェニーでおなじみ、ウィリアム・グランツ社のブレンデッドラインナップにおける長期熟成品。それを世界最大の陶磁器メーカーであるドルトン社製の陶器ボトルにボトリングしたものです。

流通時期は、国内WEBには「1992年にIWSで金賞を受賞したグランツの21年が使われている」という情報が広まっており、一見すると1990年代のようにも読めますが、ボトム部分にRoyal doulton tableware ltd 1981の表記。この1981は、同社のその他の陶磁器製品で流通時期によって異なる年数表記があり、ボトルの製造年と考えられます。
広く見て、1981年に製造されたものが1990年代にかけて販売されたというところでしょうか。

この仮説から流通時期を1981年流通と仮定すると、原酒構成は1950年代後半から1960年。この時期はグレンフィディックにパフュームも出ていませんし、バルヴェニーもいい時期です。



その香味はこってりとしたオールドタイプのシェリー感。ブレンデッドですが、リッチな味わいに飲み慣れた人でなければそれと気づけないのではないかと思うほどです。
飲んでいて連想したのが、ほぼ同時期に流通したと思われるバルヴェニー・クラシック(上記写真)。グランツ21年の方が熟成年数が長いのか、ウッディネスが強く感じられる一方で香味も多彩。カラメルソースでコーティングしたようなシェリー感はかなり近いものがあり、同じ原酒を使っているであろう結びつきが感じられます。

当時はブレンデッド全盛時代だったこともあって、バルヴェニーよりグランツ21年の方が流通量は多く価格も安価。こういうボトルは代替品として扱いやすいのでありがたいですね(笑)。

チャールズウェイン 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CHARLES'S WAIN
Aged 12 years
Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:名称不明テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:カラメルシロップや穀物系のバニラ香、アロエ、ほのかにサトウキビのような植物感、香りはしっかりしているがやや単調気味。微かにドライオレンジピールのようなアロマもある。

味:穀物系の香ばしさ、キャラメリゼを思わせる甘みとほのかな苦味。スムーズな口当たりだがアルコールのアタックは強めで、余韻にかけてハイトーンな刺激、ケミカルなフレーバーも感じられる。
   
ブレンド向けハイランドモルト主体な構成が連想される味わい。アイラ的なピーティーさはほとんどなく、素直というか、癖が少ないというか、あまり特徴が無いことが逆にプラスにも感じられるスコッチウイスキー。ロック、ハイボールどの飲み方でも無難に楽しめそう。


チャールズウェイン(北斗七星)の名を冠する親元不明なウイスキー。数あるバブル期の遺産の一つであり、日本市場向けのボトルだったのか、海外市場ではあまりその姿は無く。国内では4年、8年、12年、17年、20年と比較的豊富なラインナップが、1980年代後半流通品に集中して確認できます。

作り手であるMELROSE DROVER社は小規模なワイン商という記録が残っているものの、ウイスキー業界との繋がりは不明。1990年代後半~2000年頃には既に消滅しているだけでなく、蒸留所側の歴史においてもMD社の名前を聞いたことは無いので、おそらくどこかしらの子会社か代理店として、海外市場への商品企画か輸出に関わっていたのではないかと推察します。

したがって、企業から辿る線では中身について情報が得られないので、ラベルや味から推察するかありません。
まず、北斗七星という銘柄ですが、現地ではインバーゴードン社からエジンバラウィンという、同じく北斗七星の名前を冠したボトルが発売されていました。
インバーゴードン社はフィンドレイター社、ロングマン社を傘下として、日本の伊勢丹デパートにフィンドレイターを。阪急デパートにグレンドロスタンを輸出しており、小田急デパートにはMD社を介して本ボトルを展開していたとすれば、非常に細い線ですが繋がるような気もします。

実際、これらのラインナップは複数年数グレードを揃えて豊富にあり、生産力もお墨付き。まあ北斗七星なんて名前はありふれすぎていて、同じような銘柄が無関係なメーカーからリリースされていてもおかしくはないのですが。。。
そこで味はというと、テイスティングで述べたようにハイランド的な味わいが強い構成。上記2銘柄とはベクトルが異なっており、しいて言えばグレンドロスタン寄りですが、ブレンデッド向けのモルトを量産していた蒸留所の中ではインバーゴードングループのディーンストンでもタリバーディンでも無く、トマーティンを連想する要素が感じられました。
当時は宝酒造がトマーティンを買収しており、BIG-Tやトマーティンを国内向けに販売していたため、日本とのパイプは繋がっています。その繋がりで・・・という線もないワケではなさそうです。

ただし当時はバブル期の日本市場をめぐり、今となっては名前も知らないような自称名門スコッチが数多く入ってきていましたので、こういう繋がりもあまりアテにはなりません。
真実は今となっては定かではありませんが、そこを考えながら飲むのもまた、バブル期の遺産の楽しみ方なのかもしれません。

クルーニー  スコッチウイスキー 40% 1947年流通 アメリカ向け

カテゴリ:
MACPHERSONS
"CLUNY"
Scotch Whisky
1940’s
40% 900ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ドライなアロマでスーッとするようなアルコールが、穀物感のある甘みとともに感じられるが、経年による丸みもある。モルトスナック、カシューナッツ、ハッカ、淡いスモーキーさも伴う。

味:サラサラした口当たりで、穀物感、ザラメ、あるいは醤油飴を思わせる甘さが緩いコクとともに感じられる。中間から強くはないが存在感のあるピートフレーバー、土っぽい香味がしっかりと。

そこまで熟成しておらず、かつ個性の強くない原酒を中心に作られたブレンデッド。それが半世紀を越える瓶熟で、丸みと緩さを帯びたと感じられるウイスキー。やや中庸気味だが、ピートフレーバーは現代のものとの違いがはっきりと感じられる。


今回のテイスティングアイテムは、写真には写っていませんが、TAXシールに通関年として1947年が記録されたアメリカ向け流通品。先日、ウイスキー仲間宅で開催された内輪のブラインド大会で、優勝した際のオマケとしてテイスティングさせていただいたものです。
おそらく1940年前後に蒸留された原酒をを使い、戦後まもない時期に流通したボトルを今こうして飲める。時間の分だけ詰まった浪漫に、なんだか不思議な高揚感があります。

クルーニーは輸出向けのブレンデッドウイスキーで、日本市場にも1980年代前後を中心に流通したものの、90年代のウイスキー冬の時代に淘汰され、現時点ではアメリカ市場が主体。調べて見ると、アメリカのショップで安価に販売されているページが散見されます。

一方その歴史は古く、ブレンデッドウイスキー大全によると、ブランドのルーツは1857年(企業の創業は1849年)まで遡り、1933年にはキングジョージ5世から王室御用達も受けていたようです。
1933年と言えばアメリカの禁酒法が改正された年ですから、国王のお墨付きをもってアメリカ市場を取りに行ったということでしょうか。
今回のボトルのラベルにも、キングジョージ5世の紋章が誇らしげに使われていますが、流通時期にズレがあるのは当時はワラントの規制が緩く、故人(キングジョージ5世は1936年に死去)であっても使うことが出来たためです。

なお、このブレンドの原酒構成ですが、近年のクルーニーは親会社とホワイト&マッカイ社との関係で、ジュラをキーモルトにしていた模様。
ただ、ジュラは1963年に50年にも渡る休止期間から再稼働した蒸留所であるため、今回のボトルにジュラが使われた可能性はほぼゼロ。ホワイト&マッカイ社系列で言えば、フェッターケアンは1926年から20年以上休止期間だった記録があるし、ダルモアについては1960年に傘下に加わっているため、この時点では考えづらく。。。
ウイスキーづくりに少なからず影響を与えた第二次世界大戦の後という時期を考えると、生産を継続できた大手蒸留所の原酒を使ってはいそうですが、正直検討がつきません。

なんて、オールドボトルの楽しみとも言える、歴史を紐解く時間も含めてしっかり堪能させていただきました。
いや〜オールドボトルはやはり経年の長さだけ浪漫がありますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×