タグ

タグ:スコッチ

ジョニーウォーカー ブルーラベル 1990年代流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
Blue Label
A blend of our very rarest whisky
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やか熟成香。アプリコット、リンゴのコンポート、スワリングしていると乾いた麦芽やナッツ、微かにスモーキーでトロピカル要素に通じるフルーティーさがある。

味:滑らかな口当たり。香り同様熟成して華やかかつコクのあるモルティーさ。ナッツ、蜂蜜、リンゴのコンポートや洋梨のタルト。徐々にドライで乾いたウッディさと干草、微かなピーティーさを伴って余韻を引き締める。

ハイランドやスペイサイドモルトの熟成した華やかな香味を軸にした、バランスの良いブレンデッド。香味にそこまで勢いはないが、加水するとボディはそのままスムーズに伸びるだけでなく、おしろいを思わせる麦芽風味も開いてくる。
状態としてこの個体は微かにコルキーだが、概ね問題はない程度。箱入り横置きが多かったボトルであることは悔やまれる。


1986年、スコッチウイスキー業界に吹き荒ぶ不況の風の最中。ジョンウォーカー社が持てる原酒の中から文字通り"選りすぐり"をブレンドした、集大成にして理想形とも言えるハイエンドブレンデッドが、ジョンウォーカー・オールデスト。
そして下記の遍歴のように、数年間リリースの末、1992年にラベルチェンジしたのがブルーラベルです。

【ブルーラベルの遍歴】
1986年:John walker’s Oldest Scotch Whisky (Aged 15 to 60 Years) 43% 
1980年代最後期頃:Johnnie Walker Oldest Scotch Whisky (Aged 15 to 60 Years) 43% 
1990年頃:Johnnie Walker Oldest Scotch Whisky (No Aged) 43% 
1992年頃〜:Johnnie Walker Blue Label Scotch Whisky (No Aged) 43% 


今回はオールデストから切り替わった直後、1990年代流通のブルーラベルをレビューします。
ブルーラベルに切り替わってから20年近く大きなラベルチェンジがないため、2013年頃に大きなデザインチェンジがあるまで混同されがちな世代ですが、下記の通り2000年代前半にマイナーチェンジがあり、香味のベクトルにも変化が見られます。

(ほぼ同じデザインが採用されている1990年代流通と2000年代流通だが、トレードマークである紳士の柄、歩く向き、印刷の場所に変化がある。下ラベル右側に印刷されているのが1990年代流通。)

前身であるオールデストは、円熟味とも言える熟成感を感じる、華やかさと角の取れた甘酸っぱさ、多彩な内陸系のモルティーさが主体特徴です。
今回のブルーラベル1990年代流通もまた、オールデストの系譜を受け継ぐ味わい。流石に15 to 60 years 表記時代には及ばないものの、熟成年数表記のない1990年頃流通のオールデストと比較するなら遜色ないレベルとも感じます。(むしろ、近年高騰気味なオールデストに手を出すなら。。。とも。)

このモルティーな華やかさは、モートラック、カーデュー、リンクウッドあとはロッホナガーあたりを、アメリカンホワイトオークの2nd、3rdフィルシェリーホグスヘッドなどで長期熟成した原酒由来と推察。これが2000年代になると華やかさからタリスカーやカリラに見られる酸味を伴う樽感、ピーティーさへとシフトしており、はっきりとした違いに感じられます。
この手のボトルが家に一本あると、迷った時にとりあえずこれからと始められるのは強み。後はどういうタイプのブレンドが好みか。。。で年代を選べば良いですね。

サンディマック (サンディマクドナルド) 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
sandy-mac-1980
SANDY MACDONALD
SPECIAL BLENDED WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:モルティーで香ばしい香り立ち。キャラメリゼやポン菓子、微かに醤油飴を思わせる甘みも伴う。

味:ピリピリとした口当たりから、カルメ焼き、カステラ、ローストした麦芽、甘くほろ苦い風味が広がる。
余韻はビターでドライ、張り付くように長いくつづく。

どこか懐かしい感じの味わいがする、内陸系中心のブレンデッド。あまり多彩な香味はないが、加水するとマイルドな飲み口。麦感と香ばしい穀物感がより強く広がる。

IMG_8959

見た目はオールドパーに似ているが、ちょっと安っぽく見えるデザイン。その外観の通りブランドの位置づけとしては、当時オールドパーの姉妹品にして廉価版という位置づけだったサンディマック。
かつては独立したブランドであったようですが、今から1世紀以上前、オールドパー関連のブレンドを作っていたマクドナルド社に吸収され、その後DCL(現ディアジオ)傘下となり、1990年代以降いつしか終売となっていた銘柄です。

マクドナルド社における1980年代の各ブランド位置づけとしては、クレイモア≦サンディーマック<オールドパー<プレジデントという関係図だった模様。ただし、原酒構成というか好みの問題か、オールドパーはプレジデントより味が良いとも感じられることもしばしば。
一方、クレイモア以外は、それぞれキャップ臭の可能性が高いことでも知られており、中々状態の良いものをテイスティングする機会が無いため、比較が難しいブランドでもあります。

claymore
(同店舗にて、クレイモア1970年代後期流通品。時代が違うため一概には比較できないが、やはりハイランド系の原酒をベースに香ばしさを感じることが出来る。)

その構成は、廉価版という位置づけもあってか、モルティーではあるのですがオールドパーほど熟成した原酒を使っている印象はなく。香ばしさと若干の荒さの残るモルティーさが主体で、あまりピーティーではない香味から、グレーンと内陸系の原酒主体と感じます。
同社のブレンドのキーモルトはグレンダランとクラガンモア。香ばしさは当時のグレンダランに通じる部分があるものの・・・それ以外のDCL系列の原酒も結構融通されているんでしょうね。

今回のボトルは、先日開店したお酒の美術館・神田店にて、その開店日に抜栓したものです。
「状態が悪かったボトルはどう扱うか」という点を聞くためにも注文した銘柄だったのですが、これが予想に反して状態バッチリという幸先の良さ(笑)。予想外に、久々にオフフレーバーを補正しないオールドパー系列を飲ませてもらいました。

ロングジョン スペシャルリザーブ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
LONG JOHN
FINEST SCOTCH WHISKY
Special Reserve
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ドライだが素性の良さを感じるモルティーさをベースに穀物感、芯のしっかりした香り立ち。ポン菓子を思わせる軽い香ばしい甘み、徐々に蜂蜜や干草、スモーキーさを伴う。

味:香り同様にややドライな口当たりだが、薄めた蜂蜜からオールブランやコーンフレーク、香ばしさのあるモルティーさ、微かにオレンジピール。
余韻は染み込むようにピーティーでビター、長く続く。

ストレートでは味にドライさと軽い穀物感が目立つが、香りにはしっかり芯があってスモーキーフレーバーも存在感がある。これがソーダで割ると適度なスモーキーさを残して酒質はいい具合に伸びる、まさにハイボールで飲むべき1本。


ロングジョンの1980年代中頃から後期の流通品。1980年代前半まではラベルに書かれた創業者ジョンマクドナルド氏と思しき肖像やトレードマークなど、ラベル全般がカラーで、今回のボトルではモノトーン調に変化。
そして1980年代後半から1990年代に入ったあたりで、長らく続いた上下2つに分かれるラベルデザインが、1枚紙を貼り付けたような現行品に通じるデザインに変わっています。
1989年にブランドを所有する企業が変わっているので、その時期にラベルデザインも変更されたと推測します。

(1970年代から1980年代初頭のラベルデザイン。日本向けの印字もあるこのボトルはラベルデザイン変更間際の1980年代初頭のもの。)

今回の流通時期の主たる構成原酒は、ベンネヴィス、ラフロイグ、そして1960年に創業したトーモア。後は1983年に閉鎖したグレンアギー。
グレーンは当時ブランドを保有していたウィットブレッド社が保有する、ストラスクライドのものが使われていると思われます。とすると、三大レアモルトとして知られるキンクレイスも可能性はあるのですが、詳細は不明。。。っていうかそこまで個性の強いモルトじゃないから混ざったらわかりません(笑)。

原酒比率は近年寄りでグレーン多めの4:6くらいの印象を受けますが、このボトルの特徴は、1980年代のスタンダードグレードながら香味に芯があり、かつグレーン由来の甘みと穀物感を覆うようにクリアで品のいい内陸系のモルティーさ。
組み合わせから考えると当時のトーモアやグレンアギーの印象を受ける構成です。

元々70〜80年代にリリースされたトーモアの5〜10年熟成はそうしたニュアンスでも知られていますし、70年代のアギーの評価は改めて語るまでもなく。
そしてそこにラフロイグですから、いやーいい組み合わせですねぇ。
ロングジョンは比較的人気のブランドですが、この時代の流通価格はそれほどでもなく。是非ハイボールでグイグイやってほしい1本です。

ジョニーウォーカー ブルーラベル 2000年代流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKERS
BLUE LABEL
A blend of our very rarest whiskies
2000's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1カ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライで、ピーティーなニュアンスと塩っぽさ、ウッディなえぐみに通じる要素がトップノートにあるが、奥には蜂蜜、キャラメルコーティングしたアーモンド、シェリー感と多彩な香味を感じる。

味:マイルドな口当たり。ケーキシロップを思わせる甘みに包まれた、燻したピートのほろ苦さ。麦芽風味、微かなシェリー感、若干青みがかっているウッディネス。
余韻は軽い刺激の後、舌の上に残るような塩気とスモーキーフレーバー。若干のえぐみのあるウッディネス。

熟成感のあるバランス型のブレンデッド。特にハイランドタイプの熟成した原酒がベースになり、島系モルトの塩気、スモーキーさが付与された構成は、突き抜けない代わりに引っかかりの少ない構成。ロックでゆったりと飲むスタイルが意外にフィットする。

ジョニーウォーカー・オフィシャル通常ラインナップのフラグシップに当たるブルーラベル。今回は現行品の1世代前、ちょうど自分がウイスキーを飲み始めた頃に流通していたボトルを今改めて飲んでみました。
最近、シングルカスクのやる気バリバリなモルトとかより、こういうちょっと良いブレンデッドスコッチやバーボンを、ロックとかでゆるく家飲みするのがマイブームなんです。

公式には「1万樽のうち1樽」という、長期熟成に耐えた原酒を中心に、熟成年数表記にこだわらず様々な原酒を用いて作られたとされるブレンド。
キーモルトは明らかになってないものの、飲んだ印象はリンクウッド、クライヌリッシュ、モートラック、カリラ、タリスカーあたりのミドルエイジ、20年熟成程度が中心といったところです。
現行品に比べてハイランド系のモルティーさが厚く、スモーキーさは全体の中の一要素。バランスよく飲みやすいと感じる一方、多彩な香味の中で突出したものがないため、面白さは少ないとも感じます。

飲み始めた当時の自分はこのブルーラベルのみならず、現行品のブレンデッドスコッチ全般におおよそいいイメージを持っていませんでした。
特にジョニーウォーカーシリーズには、共通してえぐみというか苦味というか、独特のニュアンスが感じられて、これは一体なんだろうと。

このブルーラベルの原型となった1980年代発売のジョンウォーカー・オールデストは、15年から最長60年熟成の原酒を使用。その初代に比べると華やかな熟成感に変わり、ピーティーさとリフィルオークのえぐみ的なニュアンスが増えてきているのは、ジョニー・ウォーカーラインナップ全般の、変化のベクトルに通じる部分で、かつて自分があまり好ましく思わなかった要素でもあります。

ですが久しぶりに飲んでみると、確かにその要素も感じますが、むしろ様々な原酒の個性、多彩さもあってこれが量産されているのは凄いなと。ロックにすると全体の香味が伸びて、くつろぎの時間を邪魔しない。
釣りは鮒に始まり鮒に終わるという言葉がありますが、ウイスキーもブレンドに始まって、ある程度経つとその奥深さがわかって、ブレンドをさらに楽しめるようになるんですね。

アボットチョイス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:

ABBOT'S CHOICE
Finest Old Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1-2年程度
場所:自宅@サンプル ぎんがさん
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく淡い酸味を伴う香り立ち、奥から麦芽香、微かにリンゴの蜜を思わせる甘み、土っぽいピーティーさを伴って時間経過で開いてくる。

味:柔らかい口当たり、オールドらしいこなれた麦芽風味、ポン菓子、モルティーで合わせて角の取れたエステリーさ。微かに洋梨、蜂蜜レモンキャンディのような甘みも感じられる。
余韻は少し荒さもあるが、ほろ苦くジワリと染み込むピート、穏やかなスモーキーフレーバーで長く続く。

オールドスタイル。素朴な麦芽系のニュアンスが中心で、モルティーでピーティーなブレンデッド。熟成感に通じる果実要素、エステリーさが香味のアクセントになっている。口当たりは多少ゆるいものの、全体的にはキーモルトであるリンクウッドの個性を感じやすい。


ラベルやパッケージデザインで損をしていたブランドとされるアボットチョイス。以前記事にした1980年代のフィギュアボトルはまさにその典型ですが、このラベルもそれなりに「手に取りづらさ」を醸し出しています。
なんせ、洋酒がギフトとして扱われることが多かった時代。一般レベルの知識しかない方が、箱を開けたらキメ顔坊さんラベル(またはフィギュア)であった時の心境は想像に難くありません。
せめてオールドパーみたいにバックストーリーでもあれば話は違ったんでしょうけど。。。

ですが、味は本物。間違いなくいい原酒使ってますよ。
無名銘柄や低価格のブレンドにありがちな、グレーン増し増し系だったり、あるいは表情の見えない無個性なハイランドorローランドモルトを中核せず。キーモルトである"かつてのリンクウッド"をしっかり感じられるモルティーな構成が、オールドブレンデッドを飲む楽しみを感じさせてくれます。
ストレート以外にハイボールにしても美味しそうです。


アボットチョイスの姉妹銘柄で、上位グレードにあたるチェッカーズも"本来の姿"はスモーキーで芳醇なオールドリンクウッド感をしっかり感じられるブレンドです。
しかし使われている金属張りキャップの影響で、今やオフフレーバーが出ている個体の方が多く。。。果敢にチャレンジして散っていった同志は数知れず。

そこにきて、アボットチョイスのボトル仕様は問題なし。また、試しにこの2種類に加えて、ほぼ同時期の流通であるリンクウッド12年、計3種類を飲み比べてみましたが、共通項はしっかり感じられます。
リンクウッドは品のいいフルーティーさと麦芽風味に、存在感のあるピーティーさが魅力で間違いない旨さ。チェッカーズは長熟原酒も多少混じっているのか、よりマイルドかつ香味の濃い口当たりから、余韻のほろ苦さと ピーティーさ、焙煎した麦芽の香ばしさとカルメ焼きのような甘みを感じる。やはり美味いブレンドです。

(チェッカーズとアボットチョイス、1970年代流通品の比較。色の濃いほうがチェッカーズ。)

比較をすると、アボットチョイスの方が少々軽い印象はあるものの、大きく見劣りはしない。むしろ、麦系の香味がわかりやすいだけでなく、地雷を引く可能性を考慮すると、"DCLの至宝"と呼ばれた時代のリンクウッドを感じたいなら、アボットチョイスの1970年代流通でいいんじゃない?とも感じます。
不遇な時代を生きたアボットチョイスに、時を経て光が当たる時代がついに訪れたと言えるのかもしれませんね。

このページのトップヘ

見出し画像
×