タグ

タグ:スコッチ

ベル 20年 ロイヤルリザーブ 43% 1980年代流通

カテゴリ:

BELL'S
Royal Resrve
20 Years old
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(@TWDさん)
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くまろやかな香り立ち。カルメ焼きやバタークッキー、ナッツを思わせる麦芽風味。古酒感はあるがアルコールも立って状態良し。時間経過でポン菓子系の穀物香、カスタード、お菓子のイメージ。

味:スムーズでコクのある口当たり。熟成を感じる穏やかな穀物風味。バタークッキー、ハニートースト、サトウキビのような植物のニュアンス。
余韻は穏やかでスウィート。淡くカラメルソースのオールドシェリー感を伴う。

スムーズでまろやかで程よい熟成感のあるブレンデッド。モルティーだが、華やかさより素朴な印象。クセの少ない構成はオールドボトルの入門にも勧めたい。ストレート、ロック、ハイボール、なんでも楽しめるタイプ。


アーサーベル社がリリースしていたハイエンドブレンデッド。市場には1970年代から1980年代、特に1980年代のものが多く流通しており、これもその時期のものと思われます。
スコッチオデッセイによると、傘下蒸留所はダフタウン、インチガワー、ブレアソールで、ベル社の製品はそれら蒸留所が作るモルトだけで構成原酒を賄う方針をとっていた模様。実際、今回のボトルを飲んだ印象もまた、3蒸留所の中ではダフタウンの比率が高いと感じる、素朴なモルティーさと柔らかい味わいです。

他方、アーサーベル社は1985年のギネス社による買収、そして1986年にはそのギネス社がUD社(現ディアジオ社の前身の一つ)を買収。
時の最大勢力と同門となったことでブレンド方針にも変更があったのか、ハイエンドに当たるベル20年の1980年代流通は、時代や流通先による香味の違いが大きかったように思います。

自分がこれまで購入した複数本も、コルクがべったり張り付くようなシェリー系のロットさに当たったと思えば、今回のようにソフトで穏やかなロットに当たることもある。
ラベルを見ると、細かい変更が何度も行われており、日本流通品などを頼りにある程度当たりはつけられましたが、その変化を時系列的に整理するのは困難と、昔ブログを書いていた時にさじを投げたのを思い出しました。

スコッチブレンデッドウイスキーにおける「キーモルト」は、その原酒だけでウイスキーを作っているという意味に加え、ブレンドにおける特徴づけをこの原酒で行なっているという整理も含めます。
そのため、各ブレンデッドメーカーでは傘下となる蒸留所の原酒の比率が多くなるのは勿論、その時その時で工面できる原酒をベースに使ったり、「バルク」として位置付けられるあらかじめブレンドされている無個性なウイスキーを購入してきたり、グレーンの比率を多くしたりしていたようです。

キーモルトは"これ"、とされているブレンデッドを飲んでも、それとわかる味がしなかったり。ロットによって味が大きく変わる一方で、ブレンデッドウイスキー全体で見て似たような味わいになっているものが少なからずあったりするのは、こうした背景によるものと考えられます。

話は変わりますが、ベルはイギリスにおける祭事、祝い事の際には欠かせない「門出の酒」として定着しています。
自分が結婚した時も、ウイスキー仲間の1人から、このベル20年を頂きました。
その経緯もあり、バックストーリー含めて懐かしい気持ちになった1杯でした。


グランツ 12年 1980年代流通 免税向け 1リッターボトル

カテゴリ:
IMG_4255
GRANT'S
Aged 12 years
Blended Scotch Whisky
1980's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:モルティーな麦芽香主体の香り立ちから、スモーキーなピート香も時間差で広がる。徐々に洋梨、ビスケットやスコーンのような甘い穀物系のアロマ。

味:まろやかな口当たり。粥やバニラの甘みを思わせる麦芽風味。続いて鼈甲飴、カルメ焼きを思わせるほろ苦さ、ボディはしっかりあり、麦芽風味主体。余韻はスモーキーで内陸系の土っぽいピートのほろ苦さが長く残る。

麦芽系のモルティーな香味が主体。ストレートでも良いが、余韻にかけて開くピート香がハイボールでも良い仕事をしている。他方味わいはややまったり(もっさり)気味なので、夏の暑い時期のサッパリめハイボールというより、春先のそれにピッタリな味わい。

IMG_4254

ウィリアムグラント・サンズ社が、1970年代にリリースを開始したグランツ12年。今回のボトルはその1980年代中頃の流通品です。 免税向けのリッターボトルですが、750mlボトルが同時期に日本国内にも流通しています。

グレンフィデック、バルヴェニー、キニンヴィ、個性的な原酒を持たないグラント社らしいスムーズで柔らかく、特にバルヴェニーらしい麦芽風味主体の個性の穏やかなブレンデッド。。。かと思いきや、余韻にかけてはピーティーなスモーキーさ、ほろ苦さも存在感を出してくる。
様々な蒸留所の原酒が融通されるスコットランドにおいて、これはどの原酒由来か考えるところではありますが、何れにせよ同時期流通ノンエイジ品のグランツと比べると遥かにモルティーで飲み応えがあり、オールドを飲むという楽しさを感じるボトルでもあります。

この手の麦芽風味からスモーキーな味わいは、自分の好みのタイプの一つ。そう言う意味で★6をつけてもいいかなと思ったのですが、後述する経緯から開封済みを頂き、自分の中で暫定的な位置付けが抜けなかったので、幅をもたせる形としました。
それでも市場価格は流通量の多さや原酒の傾向も手伝ってお手軽な部類であり、コスパの良さが光るオールドリリースだと思います。


気がつけば、最近ご無沙汰だったオールドブレンデッドスコッチウイスキー。
このボトルについては、ウイスキー仲間でTWDメンバーのTさんが、掲載してないでしょコレと持ってきてくださったもの。ありがたく頂戴しました。
また、投稿中のコメントでは、読者の皆様から自分の知らない情報をフォロー頂けるなど、モノ、情報、様々なパワーが集まってこのブログは成り立っています。

そうした背景もあり、ここ3ヶ月間の当ブログの総アクセス数は約935000PVでした。これは1日あたりのPVが10000を超えて、ブログとしてまた一つ壁を越えることが出来た証です。
皆様、本当にありがとうございます。

キングジョージⅣ 1960年代流通 特級表記

カテゴリ:
IMG_3727
KING GEORGE Ⅳ
Old Scotch Whisky
1960's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅@KuMC
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:チョコレートシリアルのような甘い香り、葉巻、乾いた麦芽、徐々に奥から穀物っぽい甘さと香ばしさが開いてくる。

味:みたらしを思わせるとろりとした粘性、黒土、モルトスナック、キャラメリゼ、どっしりとしたピートフレーバーが下支えになり、厚みとコクのある口当たり。
余韻はピーティーでスモーキー、序盤に感じる甘みを引き締めて長く続く。

香りは多少抜けている印象があるが、味はとろりとしたコク、古酒感のある甘みと厚みのあるスモーキーさが楽しめる。モルティーで実に良くできたオールドブレンデッド。

IMG_3738

先日、ウイスキー仲間との持ち寄り会に持ち込まれたDCL及びDALの名品、キングジョージⅣ。
人物としてのキングジョージⅣ世は、1822年当時200年ぶりにスコットランドを公式訪問したイギリス国王であり、これが当時様々な圧政環境下にあったスコットランドにおいて、スコッチウイスキーのみならず、キルトやバグパイプなど規制されていた多くが解禁される契機となったとのこと。
1880年代、恐れ多くもその名を冠したウイスキーを造ったのが、現在のディアジオであるDCL社であり、その後子会社となるDAL社が国内外に向けて販売を行うようになりました。キングジョージⅣは、DCL社における記念すべき第一号ウイスキーだったのだそうです。(お約束ですが、国王とブランドに直接的な関係はありません。)

今回テイスティングした1960年代流通のキングジョージⅣのキーモルトは、写真にも写るタリスカーとローズバンク。後はDCLと結びつきの強いノックデュー。1960年代流通のボトルですから、単純計算、原酒は1950年代蒸留。タリスカーについてはまさに写真のボトルと同時期。この日の持ち寄り会は、キーモルトまで揃っての大変贅沢なテイスティングとなりました。
個性の穏やかなローズバンクは、混ざってしまうとキャラクターの判別は難しいところ。しかしタリスカーについては、同系統のキャラクターがはっきりと感じられます。

ちなみに、同ブランドの上位グレードとしては、その後ハイランドネクターがリリースされているものの、正直この1960年代の流通品ともなると、大きな違いがあるとは言えません。普通にどちらも旨い。しかしどちらもキャップからくる、状態に難のあるボトルの多いこと・・・。(今回は少量注いでノージングし、「あ、これバッチリやん」となって"追いサーブ"してしまいました(笑))
1980年代あたりとなると、流石に両者にはっきりと違いが現れてきますが、それはまた別の機会に。

なお、キングジョージⅣは、その後1990年代あたりからキーモルトがノックデュー、スペイバーンメインへと切り替わり、やがてUD社時代に戦略変更からか終売、歴史の闇へと消えていこうとしています。
日本国内には1960年代から輸入があり、特に1980年代前半からニッカが正規輸入元となったため、まだボトルを見る機会もありますが、いずれこのウイスキーも幻になっていくのでしょうか。

シーバスリーガル アルティス 40% ブレンデッドモルト

カテゴリ:
CHIVAS REGAL
ULTIS
Blended Malt Whisky
"5 Signature single malts
5 Master blenders"
700ml 40%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(BAR LIVET)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなで軽やかな香り立ち。乾いた麦芽、微かなスパイスを伴うオーキーなフレーバーは煮たリンゴ、ビスケットを思わせる甘いアロマ。

味:少し水っぽい口当たり。ナッティーでオーキーな華やかさが広がる。薄めた蜂蜜、エステリーな熟成感。ドライオレンジピール、洋梨、中間に盛り上がるコクが、口当たりの軽さを補っている。
余韻は軽くスパイシーでウッディー。序盤に広がったオークフレーバーが鼻腔に届き、染み込むように消えていく。

ややドライだがバランスが良く、華やかな樽香と多彩な香味を備えたラグジュアリーなモルトウイスキー。スペイサイドモルトを中核としているだけあり、良くも悪くも"らしさ"のあるキャラクターが備わっている。
ストレートでじっくり楽しみたい。加水は少量までで。

昨年11月、シーバスリーガルが同ブランド初のブレンデッドモルトとしてリリースしたのが、アルティスです。
「ULTIS」は、ULTIMATE"究極"と、FORTIS"力(ラテン語)"の2つの単語を合わせた造語であり、つまるところ"究極の力"という意味。シーバスリーガルの開発、発展、そして現在の地位の確立に貢献した、5世代のマスターブレンダーへのオマージュとしての位置付けもあるのだとか。
この手のPR文は「ふーん」と右から左レベルの感想程度しか得られないことが多いわけですが、なんだか気合が入っている事だけは伝わってきます。

メーカー発表によると、アルティスを構成する主要な原酒は、ストラスアイラ、ロングモーン、トーモア、アルタベーン、ブレイヴァル。5人のマスターブレンダーとかけて、スペイサイドの5つの蒸留所がチョイスされているようです。
飲んだ印象は、まさに近年のスペイサイドのそれ。万人向け40%加水のブレンドにはどのブランドにも見られることですが、バランス良く多彩であるものの、口当たりの薄さというか香味の広がりは及第点で、突き抜けた香味を求めるコアユーザーには少々物足りない部分もあると言えます。
一方、樽由来のフレーバーはえぐみや草っぽさが少なく、丁寧な印象があり、柑橘や林檎系のフルーティーで華やかな香味。使われた原酒の熟成は平均20年程度か、未熟な要素は無く、エステリーな熟成香も漂ってきます。
おそらく、ウイスキーを飲める人なら、誰が飲んでも美味しいと感じる香味の一つですね。

5種類の主要構成原酒の中では、ロングモーンの軽やかにドライ、麦芽やナッツを思わせるフレーバーが主軸として感じられ、そこをストラスアイラやトーモア由来の柔らかくコクのあるボディが補っている印象。
経験の少ないブレイヴァルはよくわかりませんが、スパイシーで多少柑橘系に振れる要素は、ロングモーンだけでなくアルタベーン蒸留所あたりの個性かもしれません。
ちなみにかつてシーバスリーガルと言えば、キーモルトはストラスアイラとグレンキースだったわけですが、1999年から2014年までの約15年に渡る閉鎖期間の影響か、これまでのスタイルを踏襲したという中で、主要原酒に名前がないのは少し寂しいなーとも感じてしまいました。

スコッツグレイ 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
SCOTS GREY
Aged 12 years
Deluxe Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:不明
量:30ml弱
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:バニラやザラメを思わせる甘み、ナッツ、乾いた穀物を思わせる柔らかいアロマ。合わせてサトウキビ、ミントなどのグレーンのニュアンス。プレーンな構成。

味:やや古酒系のニュアンスを伴うシロップやカステラの甘さに、穀物のニュアンスを伴うソフトな口当たり。乾いた麦芽やシリアル。余韻はまったりとスウィートで柔らかいコクを感じる。

個性の穏やかなハイランドタイプの原酒が主体と感じられるブレンデッド。個性的ではないが、飲み口は程よいコク、飲みごたえがあり、ハイボールにしても悪くない。


スコッツグレイはインヴァーゴードン系列のブレンデッドウイスキー。今回のボトルはその1980年代流通品です。(1979年以前は独立していたようですが、原酒調達先として繋がりはあったと推察。)
同グループが1980年代当時傘下としていた蒸留所は、タリバーディン、タムナヴーリン、ブルイックラディ、ディーンストン、グレンアラヒー、ジュラの6蒸留所。ブレンデッドウイスキー大全(旧刊)によると、スコッツグレイはタリバーディンを中核としたモルト原酒に、インヴァーゴードンのグレーンで構成されているのだそうです。

モルト比率は当時のブレンデッドの中でも平均的といった印象で、テイスティングの通り個性は穏やかでソフトな口当たりですが、その中にモルティーなコクも感じられます。
同グループが同様の原酒をキーモルトとしてリリースしていたブレンデッドでは、フィンドレイターやグレンドロスタンが有名。その系列と言われればなるほどという、テイスティングから感じられる要素通りの素性、味わいと言えます。

一方、穏やかなその香味とは裏腹に、スコッツグレイのバックストーリーは、かつて無敵の強さを誇ったという大英帝国竜騎兵隊の名を冠したという大層なもの。蒸留所の名前が使われることが一般的なシングルモルトとは異なり、ブレンデッドは時にこうして製造元が込めた想いが感じられるブランド名がしばしば見られます。
では、同ブランドがその名の如くウイスキー市場で唯一無二の強さを誇ったか、それとも名だたるビックネームに打ち返されてしまったのかは・・・ライト志向だった当時の市場ではある程度受け入れられたと思いますが、その後はみなまで言わずお察しくださいといったところですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×