タグ

タグ:スコッチ

アンバサダー エンバシー 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191031_231636
AMBASSADOR 
"Embassy" 
Blended scotch whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライでライト、グレーン系の穀物感、あわせて乾いた麦芽、おこし、干し草、奥から仄かに白粉やバニラの麦芽香。淡くモルティーなニュアンスも感じられる。

味:ライトで柔らかく、あるいは少し薄い口当たり。薄めた蜂蜜、わたあめ、バニラウェハース、柔らかい甘味から徐々にドライでヒリヒリとした刺激。ほろ苦くドライなフィニッシュ。

ライトでプレーンなウイスキー。グレーンと無個性なモルトの組み合わせで、比率は7:3くらいか。ボディもモルティーさも熟成感も弱く、ピートフレーバーも乏しい。一方で若さが目立つわけでもなく、なんとも面白味のないウイスキー。
ハイボール、あるいは水割りで飲まれていたシーンは想像に難くない。

IMG_20191031_231754

スコッチの大使(アンバサダー)の大使館(エンバシー)という、それらしい銘をつけられているブレンデッド。ざっと調べた感じでは、日本市場向けのリリースだったようです。
流通時期にあたる1980年代後半。表記から察するに1988年頃の日本は天下のバブル景気真っ只中にあり、様々な銘柄で日本限定流通品がありましたから、元々輸出用銘柄であるアンバサダーがその市場に参入しないわけがなかったということですね。

アンバサダーは1954年からハイラムウォーカーの傘下にあり、構成原酒はバランタインと共通していると言われています。他方で、ベースで明確に同じなのはスキャパのみで、アードベッグやグレンバーギー等がどの程度使われていたかは未知数。実際、12年や25年などの上位グレードの構成は内陸寄りで、アイラの比率はバランタインに比べて控えめだったと感じます。
アンバサダーのメインターゲットはアメリカ市場だったようですから、スモーキーさを抑えてライトかマイルドな構成を目指すのも違和感はありません。

加えて今回の流通時期である、1980年代後半あたりのスタンダードグレードのスコッチウイスキーは、原料の品種改良や製造行程の簡略化など様々な要因から原酒のコクが乏しくなってきている時期にあたり・・・
このエンバシーからはアイラを思わせるスモーキーさも、熟成したハイランドモルトの華やかさもなく。ライトで無個性で、個性の弱い原酒をグレーンで引き伸ばしたような、まさに特級時代末期の量産型ブレンデッドという構成です。

ちなみにアンバサダーは、1970年代頃に”World Lightest"をキャッチコピーとして採用していたそうですが、当時はそこまでライトという訳ではなく。それが作り手の意図とは離れたところで”世界一ライトなウイスキー”にたどり着いたとすれば、なんとも皮肉な結果であると感じます。

IMG_20191028_213355
今日のオマケ:ポマール 2011 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ
先日の痛い割り勘出費のうちの一本。銘柄解説は割愛。

ベリーシロップのような甘やかさ、木材と微かに苔、マシュルーム。少し湿ったようなニュアンスがあり、しっとりとしたアロマ。口当たりはブルゴーニュのピノにしては比較的肉厚というか、ボディのある味わい。そこから熟したザクロや梅干しを思わせる柔らかい酸、染み込むようなタンニンが蓄積していく。
こちらもチーズとの相性バッチリ。肉も食べたかった・・・。

死屍累々と言われるブルゴーニュでも、それなりに値段のするのはちゃんと美味しいんだなと感じた1杯。その筋の方からすれば1万円前後のワインなんて当たり前というか、こんなのまだまだという話かもしれませんが、特にこだわりのない自分からすると、こういうのが3000円くらいで飲めたら選択肢も広がるんだろうなと思ってしまう。
普段がはっきりと分かりやすい味わいの新世界中心なので、たまにブルゴーニュを飲むと香味の組み立てというか、全体のバランスの基準点を考えるいい機会になりますね。

フェイマスグラウス セントアンドリュース オープン 2000 記念ボトル 40%

カテゴリ:
IMG_20191020_170206
THE FAMOUS GROUSE 
ST ANDREWS OPEN CHAMPIONSHIP 2000
RESERVE SCOTCH WHISKY 
500ml 40%

グラス:国際規格テイスティング
場所:自宅@BAR 1two 3さんから頂き物
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:華やかでオーキーな熟成香が前面にあり、合わせてはちみつや穀物系の甘味、これがあまり持続せず、干し草やおが屑、ドライで軽い香味要素があとに残る。

味:飲み口はスウィートで蜂蜜や白粉っぽい麦芽の要素、加熱したリンゴ、微かにオークの華やかさ。合わせてドライでピリピリとした刺激を伴う。余韻はほろ苦く、後半に感じられた刺激がそのまま残るが、同時に熟成したグレーン由来か穀物系の甘味のあるフレーバーが張り付くように感じられる。

トップノートに若干キャップ系のニュアンスがあるが、それを除くと熟成したハイランドモルトを感じさせるモルティーさと熟成感。飲み口もマイルドでバランスがとれていて、良いグレーンを使っていることが伺える。単なるNASのフェイマスグラウスではないようだ。一方でモルト由来の要素が長く続かないのは、やはりブレンデッドだからなのだろう。

IMG_20191020_170252

5年に1度開催されている、全英オープンゴルフ、その2000年大会の記念リリース。
先日はホワイトホースのアメリカズカップ(ヨット)の公式ウイスキーをレビューしましたが、今回はゴルフです。ただ、元々ゴルフはイギリス発祥、あるいはスコットランドに起源説もあるくらいで、当然ウイスキーとの関連エピソードは少なからずあり。。。フェイマスグラウスに限らず、ゴルフに関連するボトルはこれまでも数多くリリースされてきました。

中でもセントアンドリュースの存在は特別なもので、ゴルファーにとっては憧れのひとつ。
そのブランド価値たるや1970年代にセントアンドリュースという銘柄が輸出をターゲットにリリースされたところ、中身はどうってことない普通のブレンドなのに日本市場で大人気となって、ウイスキー冬の時代を乗り越えて現在も販売され続けていることからも伺えます。

さて、今回の記念ボトルですが中身は普通のフェイマスグラウスかと思いきや、どうもそうではない印象。当時のスタンダード品より熟成感があり、内陸系モルト由来のフルーティーさが備わっています。
フェイマスグラウスというと、ハイランドパークやマッカランがキーモルトとして有名ではありますが、該当するフルーティーなフレーバーはどちらとも異なるタイプ。2000年の同銘柄は業界大手グループのひとつエドリントン傘下に移っていて、同社の所有するグレンロセス等の内陸原酒がキーになったブレンドではないかと考えます。

以上のように味はそれなりですが、全英オープンゴルフの記念ボトルであることと、ミレニアムリリースでもあることも合わせてレアリティが高く、海外のオールドボトル市場ではそこそこの値段がついているようです。
他方でこのボトルに使われているキャップの裏地は例の白い悪魔(樹脂)であるだけでなく、下の写真のように外箱が横置き前提のようなデザインであることから、現存するボトルはかなりの確率でキャップ臭がついているのではと。。。
今回のボトルもほんのりとそれらしいニュアンスはありましたが、許容範囲内だったのは外箱がどこかの段階でなくなって、縦置きに切り替わっていたからだと考えられます。
IMG_0836_15
1012249-1

以前トロピカルなバラン17年というレアなロットを経験させていただいた、愛知県安城市のBAR 1 two 3さんから
「面白いボトル手に入ったんですが、飲んでみますか?」
とまたも声がけいただき、頂いたままになってしまっていたフェイマスグラウス。
レビューの通り、普通のフェイマスグラウスかと思ってましたがそんなことはなく、ワンランク上の雷鳥だったのは素直に驚きでした。
また外箱とキャップの難点がクリアされた偶然の1本であったことも、さながらアタリのオールドパーのよう。今回も貴重な経験をありがとうございました。

ホワイトホース 12年 アメリカズカップ 1987 記念ボトル 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191027_073252
WHITE HORSE 
AGED 12 YEARS 
RPYC AMERICA'S CUP 1987 
LIMITED EDITION SPECIAL BLEND 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ザラメやキャラメリゼを思わせるスウィートでドライなアロマ。合わせて干し草を思わせる軽い植物、おこし、淡いスモーキーさを伴う。

味:スムーズな口当たり。鼈甲飴や薄めた蜂蜜のような甘味からドライでスパイシーな刺激。序盤はプレーンなフレーバー構成だが徐々に染み込むようなピートが主張し、ほろ苦いスモーキーフレーバーが長く続く。

近年寄りな構成のブレンド。同じ12年熟成のローガンとは異なる構成で、ボディはやや軽くグレーンの主張と、モルトはクレイゲラヒやグレンエルギンがメインという印象で、ラガヴーリンは隠し味。言わば同時期のスタンダードのホワイトホースをそのまま12年熟成にしたようでもある。

IMG_20191027_073335

ヨットレースの世界最高峰と言われる、アメリカズカップの公式ウイスキー。ゴルフなどではこの手のリリースがよく見られますが、ヨットの大会では珍しい・・・というか、調べる限り後にも先にもアメリカズカップでウイスキーがリリースされたのは、この1987年だけのようです。
なぜ1987年のアメリカズカップなのかというと、それはおそらくこの年の大会運営が、オーストラリアのRPYC(ロイヤル・パース・ヨット・クラブ)だったことと、大会そのものの話題性の高さが経緯として考えられます。

当時のイギリスとオーストラリアの関係の強さは言わずもがなですが(1986年までオーストラリアはイギリス国籍であり、完全に独立していなかった)、話題性についてはこの大会の歴史に少し触れる必要があります。
そもそもアメリカズカップはアメリカの大会ではなく、1851年の万国博覧会で開催されたヨットレースで、アメリカのチームが優勝してヴィクトリア女王からカップを下賜されたことがルーツにあり。その後、この優勝カップは優勝したチームが次の大会まで保持するものとして、国際大会に発展してきた歴史があります。

アメリカ号のカップ争奪戦(AMERICA'S CUP)として大会が初めて開催されたのが1870年。以降、この優勝カップは100年以上アメリカチームが保持し続けていましたが、連勝記録がはじめて途切れたのが1983年の第25回大会。ニューヨークヨットクラブをオーストラリアのRPYCが破ったことで、大会史上はじめてアメリカ国外にカップが流出することとなり、1987年第26回大会はアメリカ側にとってのリベンジマッチとして注目を集めていたのです。
この大会はアメリカのチームが勝利し、カップを奪還。絶対王者の敗北から勝利へ、苦難の物語は小説や映画にもなっています。

そんなわけで、本ボトルはヨット競技が好きな人にとってはたまらない1本と言えますが、ウイスキー愛好家視点で注目すべきは12年表記とブレンド構成です。
当時ホワイトホース銘柄から12年熟成のウイスキーはリリースされておらず、使われていたのは上位グレードのローガンのみ。少し後、1987~1988年頃には日本市場向けでラガヴーリンの効いたデラックス12年が発売されますが、デラックス12年がローガン系統だったのに対し、こちらは当時のホワイトホースのベクトルそのままに、スモーキーさを抑え、内陸原酒とグレーンを主としてバランスよく作ってあるように感じます。

ラベル張り替えではなく、特別にブレンドされたものなのでしょう。ホワイトホース社(UD)の本気が感じられるようでもあります。
ただ当時のホワイトホースはアメリカ市場で苦戦していた傾向があり、表記から流通時期を推察するとボトルが日本に流通したのは大会後。。。ということは、在庫になってしまったのかもしれません。
1988年の第27回大会でホワイトホースがリリースされなかった理由は、推して知るべしといったところですね。

IMG_20191023_194813
今日のオマケ:ジャクソンエステート・アンダーソンヴァレー ピノ・ノワール 2015

口当たり柔らかく、チェリーやクランベリー、ザクロら赤い果実の熟したようなフレーバーはシロップのような甘味も感じさせる。飲みやすいしらしさもある美味しいカリピノだが、水っぽさというか、やや変化に乏しい。余韻のタンニンも口当たり同様に柔らかく、ほのかにハーブ香を伴うソフトなフィニッシュ。完全に早飲み系で、あまり熟成向けではないのかも。

ケンダルジャクソンの単一畑のリリースで、上位グレードがジャクソンエステート。単一故に骨格のしっかりした味わいかと思いきや、一口目の印象はかなりソフトでちょっと肩透かし気味。その後時間経過で酸も出てバランスが取れてきましたが、全体的に穏やか過ぎるかなぁと。
例によってアメリカンな肉料理と合わせましたが、これはちと肉が勝ってしまったような(汗)

IMG_20191023_195945

オールドパー カスクストレングス 2003 モルトウイスキー 58.8%

カテゴリ:
IMG_20191015_043812
OLD PARR 
CASK STRENGTH 
MALT WHISKY 
BOTTLED IN 2003 
750ml 58.8% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間程度 
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:酸のある麦芽香が力強く、干し藁や微かに白粉、モルティングしたばかりの麦芽を思わせるアロマ。そこからじわじわとエステリーで林檎のコンポートを思わせる甘みとフルーティーさ。時間経過でバニラ、蜜のような要素もある。

味:口当たりはパワフルで、一瞬の粘性の後で一気に広がるような感覚。香り同様に麦芽風味主体、バニラの甘みからはちみつレモンとスパイシーさ、柑橘のニュアンスがウッディなほろ苦さを伴いつつ広がる。
余韻は内陸系のピートフレーバー、スモーキーさがあり、軽いえぐみを伴って染み込むように残る。

基本的には80年代前半あたりのクラガンモア。ピートフレーバーは同時期のクラガンモアだろうか。プレーンな樽使いはディアジオらしさであり、酒質を軸にした香味が複雑さを構成する、リッチなモルトウイスキーである。こういうブレンデッドモルトは大歓迎。少量加水すると麦芽風味が強く感じられ、口当たりはマイルドに。ただし時間経過で酸が強く感じられるようでもある。

IMG_20190501_224529

2003年にリリースされた、オールドパーのブレンデッドモルトでカスクストレングスという意欲作。ロットNo,がAとBで2パターンあるようで、今回はAなので初期のほうと推察。
使われている原酒の熟成年数は、香味の系統から20年くらいでしょうか。ディアジオ系列らしい樽使いで、2ndまたは3rdフィルのプレーンオークで熟成されたような構成が、ハイプルーフ仕様と合わさって原酒のキャラクターをしっかり感じさせてくれる、リッチ(贅沢)なブレンデッドでした。

2000年代前半はディアジオやモエヘネシーがウイスキーのブランド価値向上のため様々なリミテッドを積極的に展開し始めており、多くのブランドでリミテッドがある非常に面白い時期です。
ただ、シングルモルトのブランド向上を意図したキャンペーンの中にあって、ブレンデッドモルトとは言えオールドパーは異色の存在。しかもジョニーウォーカーではなく、です。
残る情報から察するに地域限定品だったとも考えられ、1990年代の冬の時代を経て、今後何がヒットするのかを模索していたのかもしれません。 (元々オールドパーはアジア方面への輸出向けで、大きくシェアを伸ばしたブレンドでしたので、アジア方面での同銘柄の可能性を探ったのかもしれません。)

オールドパーといえば、キーモルトはグレンダランとクラガンモア。近年のオールドパーは、どちらかと言えばグレンダランのキャラクターを感じますが、今回のブレンドにはクラガンモアのキャラクターを強く感じます。
仄かに酸のある樽感に、麦芽風味と内陸系のスモーキーフレーバー。ピート由来のニュアンスはクラガンモアで、比率的には7:3くらいか。
1980年代前半の仕込み主体と思われるそれらの原酒は、今よりも厚みがあり、先に触れたように樽感で後付けされない骨格のしっかりしたフレーバーを楽しめます。

その違いは現行品のオールドパーを飲めば瞭然ですが、グレンダランやクラガンモアは近年にかけてどんどん没個性的で酒質が軽くなっており・・・比例するように現行品のオールドパーもずいぶんボディの軽い仕上がりになってしまいました。
最近のオールドパーはハイボール溶液と化していて、開き直ってチルフィルがっつり効かせたオールドパー・シルバーまで出してきているのですから、この味はもう作れないんだろうなと、同時に思わされるのです。(それが不味いというわけではなく、使い勝手の良いブレンドではあるのですが・・・。)

IMG_20191014_204121
今日のオマケ: アルベーヌ・ビショー・コート・ブルギニョン2014
アルベーヌ・ビショー社はキリンさんが取り扱っているワインメーカーで、今回のはデイリークラスのワイン。お値段1000円代後半です。

使用品種はガメイとピノ・ノワールとのこと。ガメイがメインなのか、ピノの透明感を帯びた酸というよりは、露骨なイチゴジャム感があり、余韻にかけてタンニンも存在感を増してくる。
ただしそのジャム感が致命的にしつこくないというか、まとまっている点は上手い作り。スルスルと飲めてしまう。嫌いじゃないぜ、こういうのも。。。
そう言えば今年のボジョレー解禁がもうすぐですが、ヌーヴォーだけじゃなくてこういうのも飲んだ方が良いと思うんですよね。

バランタイン 30年 1980年代後期 VERY OLD BLENDED表記 アメリカ向け

カテゴリ:
IMG_20190908_184523_1
BALLANTINE'S 
AGED 30 YEARS 
VERY OLD BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980-1990's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:BAR BLACK HEART
評価:★★★★★★★(7)

香り:軽い香ばしさと存在感のあるスモーキーさを伴う、モルティーで厚みのあるアロマ。ほのかなカラメルっぽい甘さ、ナッツ、林檎のコンポートやオランジェット、古びたウェアハウスのような落ち着きと多層感がある。

味:モルティーで香ばしさを感じる口当たり。まろやかな口当たりからコクがあり、古典的な麦芽風味にじわじわと存在感のあるピートフレーバー。香り同様のオールドシェリーのニュアンスがほんのりと効いて、それが全体をまとめている。
余韻はスモーキーでしっとりとしたウッディネス、染み込むように長く続く。

熟成とブレンドによって整ったまろやかな飲み口、ハイランド系のコクのあるモルティーさと、どっしりと存在感のある古典的なピートフレーバーがオールドラヴァーの心に響く1本。ストレートでゆったりと楽しみたい。

IMG_20190908_184600

バランタインは12年以上のグレードで、アメリカ向けのラベルに一部異なる表記を使っていた時代がありました。グレードで異なるものの、30年の場合1960年代頃まではLIQUEUR BLENDED で世界共通。1970年代から90年代頃までは本国やアジアがVERY OLD 、アメリカ向けがVERY OLD BLENDED 表記となります。(LIQUEUR BLENDED の由来はスコッチオデッセイ第4版巻末エッセイを参照)
経緯はわかりませんが、バーボンというか古くはライトなアメリカンブレンデッドが一般に根付いていた国ですから、知名度を意識していたのでしょうか。

これらの表記による香味の違いはあるのか。オールドブレンド好きの間で、たまに話題になるテーマです。
作り手による意図的なものか、あるいは単なるロット差か。。。経年変化と保存環境という条件の違いもあり、断定するのは困難ですが、ボトル毎の違いは確かにあるというのが自分の感想です。
今回の30年は、下に写真のある日本向けが甘やかでフルーティー、余韻にかけてじわじわスモーキーという感じである一方、フルーティーさは押さえつつその分モルティーさとスモーキーさに厚みがあるといった感じ。見るからに色合いも異なってますね。

どちらも大変良くできた、これぞスコッチという佳酒であることに違いはありませんが、個人的には厚みのある味わいを重視して今回のボトル、アメリカ向けのほうに軍配。いやほんと、飲むほどに贅沢な味わいですよ。
どの年代も軸は熟成したミルトンダフなどのハイランド系の原酒と思われる風味で、そこに樽の強弱、あるいは香味のアクセントとなるアイラの原酒の強さがロットによって異なるのか。スモーキーなものもあれば樽感の強いものもあり、なんとも十瓶十色です。

バランタインのこの変化は、12年や17年より、30年のほうが違いが大きい印象。17年も古いやつは結構ロット差がありますが。。。熟成年数の長さから、そのとき使える原酒や樽の強弱に由来する香味の幅がもたらす影響が大きいのかもしれません。
しかしなんだか今日の記事はいまいちまとまりきらない中身になってしまった。。。まあ当たりのロットに出会えたら、大事に飲みましょうってことでw

c7d10271
(同じ時代の日本向けボトル。トレードマークの下、VERY OLD のみでBLENDED表記がない。色合いも今回のボトルより若干濃い気がする。レビューはこちら。)

IMG_20190908_183730
今日のオマケ:コカ・ブトン 1950年代流通
コカインで知られる麻薬の原料である、コカの葉を使った甘口系薬草リキュール。Nさん持ち込みの1本。
1990年代あたりに流通していた、液体が透明に近い時代のものは、あまり薬草感がなくコカとはなにか?と考えてしまう仕上がりですが、今回のように古い時代のものは色合いからして異なっており、毒々しさを感じるライトグリーンで、香味はシャルトリューズを薬草感そのままで甘口にしたような。。。ウイスキーを飲んだ締めに飲むと、これまでの全部を台無しに出来る、なんというか頭の悪い美味しさ。

コカブトンは現在は生産されておらず、類似商品としてコカレロというリキュールが販売されています。
コカインは抽出精製して濃度を高めたものに、強い興奮・幻覚作用などがあって麻薬として規制されるだけでなく、アルコールとコカインが併用されると人体にとって有害なコカエチレンとなる反応もあり、それをお酒にするなんてとんでもない。という意見がありそうですが、元々コカインの葉をお茶にする習慣が一部地域であったり、またリキュールに使うにあたってコカインの成分は除去されており、飲用に心配はないとのことですが・・・
古い時代のものに関しては、実は成分残ってるんじゃないか?と思ってしまいます。
大変貴重な一杯でした!

このページのトップヘ

見出し画像
×