タグ

タグ:ジン

ギルビー ロンドン ドライ ジン 1960年代流通 90Proof

カテゴリ:

GILBEY'S
LONDON DRY GIN
1960-1970's
1Quart 90Proof

シトラスを思わせる柑橘感と、タイムやコリアンダーなど針葉樹系の植物を思わせる、ハーブの爽やかなアロマが溶け込んでいる。ただし前面にはスーパー銭湯の脱衣所に置いてある安価なヘアトニックのようなニュアンスがあり、独特な香り立ちを構成している。
口当たりはオールドジンらしくとろりと柔らかく、柑橘の皮や穀物系のほろ苦さに加え、淡いソーピーさ。余韻は程よくドライ。
このソーピーさは、ソーダで割るとより主張してくる。ジントニックではあまり気にならなくなるが・・・香りで感じたヘアトニック感は健在で、まさに好みが分かれる個性的なジン。

(ボトルのオモテ面はフロスト加工がされているが、裏はクリア。ラベルには裏面にも印刷されている、現行品にはないちょっと凝ったデザイン。)

先日紹介したゴードンドライジンの比較用に、同時期流通のジンで購入したもの。
現行品はライトな香味で混ぜやすいというか、良く言えば癖が少なく、厳しく言えば香味が薄くただドライ。居酒屋チェーンなどでは使いやすいのかな?という、大量生産品の代表格であるようなジンですが、そうは言っても有名どころのオールドなら間違いないっしょ!
。。。そう考えていた時期が私にもありました。

ギルビーの誕生は1800年代とか、そういう話はメーカーサイトを参照頂くとして、今回のメインはその味わいです。
いや、衝撃でしたね。香りが"ヘアトニックそのもの"のようであるのも、製品の個性というには強烈で好みが分かれる部分ですが、よもやジンからソーピーなパフューム香が出るとは思いませんでした。
「今も昔も変わらないレシピ」ってのはメーカーの決まり文句ですが、いやいや流石にこれは味が違いすぎです(笑)。

ボタニカル由来なのか、ベースに使うスピリッツ由来なのか、あるいは経年変化によるものなのか。
経年変化というには香味に篭った感じはなく、何よりも鹸化反応に繋がる要素は連続式蒸留じゃ残りづらいだろうということで、おそらくは製造過程の何かが原因なのではと思います。
思えばバーボンも一時期のオールドグランダットでそう言うのがありましたし、連続式には連続式で、単式とは異なる地雷要素があるのかもしれません。
(このボトルは絶対飲みきれないので、興味を持たれていたウイスキー仲間のバーマンに寄贈しました。)


ちなみに、近年のギルビージンは製造場所がロンドンからフィリピン、そして韓国に変わったことで、味が落ちたとする評価を見聞きします。
確かに、味が変わったのは事実なのだと思います。ただ、日本酒やワインのような、気候の影響をダイレクトに受ける醸造酒なら兎も角、熟成させない蒸留酒で産地の影響は微々たるもの。つまり、逆に言えばロンドン(あるいはイギリス)だから必ずしも美味い訳じゃないと思うんですよね。

実際は近年のリキュールやスピリッツ類に多く見られる、混ぜやすいように香味のライト化とドライ化が、ギルビーは工場の移行と合わせて一気の進んだ結果なのではないかなと。
擁護する訳でも、否定する訳でもないですが、日本でもさまざまに美味しいジンが生まれている中で、ロンドン神話的なモノが気になったので補足してみました。

ゴードン ロンドン ドライジン ティンキャップ 1960年代 & 70年代

カテゴリ:
GORDON'S DRY GIN
DISTILLERY LONDON
1960's
750ml 47%

ドライで爽やかなアロマ。針葉樹やジュニパーベリーに、夏蜜柑、グレープフルーツやレモンピールを思わせる柑橘香。口当たりは柔らかくとろみがありつつ、シトラスなどを思わせるフレッシュでほろ苦い柑橘の皮と、余韻にかけて微かな穀物感、ドライでほろ苦く、フレーバーがしっかり残るような爽やかなフィニッシュ。

2019年で誕生から250年を迎えるジンの代表的ブランド。1769の創業からタンカレー社との統合など、様々な変革を経て1960年代には世界で最も売れるジンへと成長した、今回はまさにその当時のボトルです。
3回蒸留のクリアでスッキリとしたスピリッツをベースに、ラベルに書かれたジュニパーベリー、コリアンダーシード、リコリス、柑橘類ではオレンジやレモンの皮など様々なスパイスが用いられ、そのレシピは現在も変わっていない。。。とされています。(度数や製品仕様はだいぶ変わっていますが。)

ゴードンドライジンは、世界で初めてジントニックを産んだ銘柄なのだそうです。消費量の背景には、それを前提としたレシピであることも、少なからず関係していると考えられます。
であれば、このボトルも当然ジントニックでも飲んでみます。
トニックウォーターは、オールドジン特有の柔らかい甘みを邪魔しないよう、人工甘味料不使用は勿論。当時の味を再現する観点から、キニーネが配合されているフィーバーツリーで合わせてみました。

いやこれは美味い。素人の自分が作っても普通に美味い。
ジンの香味そのものに芯の強さがあるからでしょうか。変にドライな感じも無く、甘みもベタつかない。柑橘と針葉樹のほのかに青みがかったような爽やかな香気が広がり、微かにビターでスッキリとして、一本スジが通ったような旨さです。 
以前このジンに同時期流通のコアントローを使って、ホワイトレディを作ってもらったことがありました。勿論それも文句なく美味しかったわけですが、一方で「オールドリキュールは香味が強すぎて逆に難しい」とも聞きいたところ。ジントニックのように割って飲むスタイルは、分量・手順さえキッチリすればそれほど気にしなくても良いのかもしれません。

さて、ティンキャップ時代のゴードンドライジンは、見た目のわかりやすさや特別感等からか、現在の相場は2万円前後と中々に高価。個人はともかく、BARではおいそれとカクテルに使えないと思います。
一方、1970年代初頭、JAPAN TAXのついたスクリューキャップ時代のゴードンドライジンだと、一気に下がりティンキャップの5分の1以下で取引されることもしばしば。。。



では価格差ほど味が違うかというと、実は殆ど違いはないと感じます。
経年や保管状態もあるので完全に同じとは言い切れませんが、飲み比べた印象はほぼ同一。むしろスクリューキャップの方が、状態が安定してそうな印象もあるくらい。
ティンキャップの留め具を跳ね上げる瞬間の、あの独特な感覚はスクリューとは異なる特別感。。。ですが中身に違いがないなら、普段使いにはスクリューキャップを選ぶかなと思ってしまうのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×