タグ

タグ:ジャパニーズ

あかし 3年 2015-2018 日本酒カスク ゴーストシリーズ 61.5%

カテゴリ:
IMG_20190710_223653
AKASHI 
Aged 3 years 
Akashi Sake Cask Mtasured 
Distilled 2015 
Bottled 2018 
Cask type American Oak #101520 
500ml 61.5% 

グラス:シュピゲラウテイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:BAR Harry's 高岡
暫定評価:★★★★(4→ - )

香り:小麦の焼き菓子、香木感のある粉っぽさのある華やかなオーク香。合わせて日本酒の古酒っぽさ、発酵した酸とアーモンドやくるみ、徐々に酸が強く、湿った布のようなアロマも混じってくる。

味:アタックの強い口当たり。はちみつ檸檬のような粘性と酸味、皮に混じる渋みはスパイシーさもあって和生姜のようなヒリつくニュアンスに、粗さを感じさせる。
余韻はドライでウッディ、発酵した酸、ニューポッティーな未熟感が粗さとなって若さを感じさせる。ハイトーンな刺激を残して長く続く。

樽が非常に強く出ており、粉っぽいオーク香に日本酒の古酒のようなヒネと発酵したような酸味。これが若い原酒をコーティングしており一見すると面白いのだが、酒質そのものが未熟なのだろう。一口二口と飲んでいく毎に、短熟故に取りきれなかった粗さと未熟な要素が口内、食道、胃を支配し、ボディーブローのように効いてくる。

IMG_20190710_224144

ジャパニーズウイスキーに関する情報のバイブルとも言える著書、ウイスキーライジング。その発売を記念して、小学舘プロダクションから限定500本リリースされたもの。
ウイスキーライジングの著者にして、ウイスキー情報発信サイト、Nonjattaを執筆するステファン氏がカスクを選定する、ゴーストシリーズの第9弾という位置付けでもあります。

この日本酒カスクは加水の50%仕様のものが別途リリースされており、仲間内でちょっとした話題になっていたボトルでした。
それは良い評価か、悪い評価かというと別れており、やはり自分で飲んで確かめなければ・・・と。結果、自分は後者のほう。
古酒に見られるヒネやキャップ臭など、後天的に付与されたネガ要素を除けば、大概のウイスキーで受け付けない、ということはないのですが、これは受け付けない類のもの。久々に、完璧に好みに合わないボトルに出会ってしまいました。


まず、日本酒カスクという新しい可能性の追求という意味では、このボトルが持つ意味は大きいと言えます。樽熟成する日本酒は珍しいですが、貴醸酒などもありますし、何より日本独自の文化である日本酒とウイスキーの組み合わせというのが、ワインカスクフィニッシュ同様の可能性、新しいブランドの確立を期待させるのです。
実際今回のリリースも樽感は面白く、ノージングのみでの第一印象は温暖な熟成環境からか3年の割りに強く出たオーク香があって、そこまで悪い印象はありませんでした。

しかし樽由来というよりも、酒質の部分で悪さをしているところが大きい。その比率は樽が3、酒質が7。
国内外問わずこれまで多くの蒸留所のニューメイクを飲んできましたが、中でも一部のクラフト系ニューメイクに感じられた若さ故の粗さ、蒸留で取りきれなかった未熟なニュアンス、渋味や辛味、あるいは発酵した野菜のような硫黄系のオフフレーバー。これが強い樽香の裏に潜んでいて、飲んでいると後から効いてくるのです。
これが、ダメな人と悪くないという人を分ける要因であると推察します。

そんなわけで、序盤は★4ー5くらいかなと思った評価は、後半にかけてネガティブな要素が目立ったため評価なしと、時間軸を分けての評価というイメージでまとめさせてもらいました。
今回のリリース、説明を良くみると日本酒?(粘性のある甘味と古酒系の酸味から貴醸酒樽?)と樽は、江井ヶ嶋のものではないようです。
どうせなら同じ酒造で作られた樽の組み合わせとかもみてみたいなと思います。

サントリー 白州蒸溜所秘蔵モルト 43% 2000年代流通

カテゴリ:
IMG_20190709_222542
SUNTORY SINGLE MALT WHISKY 
HAKUSHU DISTILLERY  
Hizo malt 
2000's 
700ml 45% 

グラス:テイスティンググラス 
場所:萌木の村 BAR Perch 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(6ー7) 

香り:ふくよかでスウィート、ダークフルーツはドライプルーンやベリー系のニュアンス、適度なスパイシーさも伴うシェリー香。湿ったようなウッディネスと土っぽさも感じるが、全体的に熟成感とバランスが整った香り立ちである。

味:香り同様の構成。加水で整えられた柔らかくも濃厚さのある口当たり。ダークフルーツシロップのような酸を伴う甘味が広がり、奥には少し粘土のような重みのある要素も感じられる。余韻はウッディでビター、紅茶を思わせるタンニン、序盤のダークフルーツの甘味の残滓を感じつつ、程よくドライで長く続く。

濃厚でありながらバランスの良いシェリー系のモルト。シェリー樽主体ではあるが、それ以外の樽の原酒も一部使われているのだろう。加水を含むサントリーのブレンド技術、そして冬の時代に熟成を続けてきた優良な原酒。これらが噛み合って出来た完成度の高いシングルモルト。ストレートでじっくりと楽しみたい。

IMG_20190712_182248

2000年頃、元々はサントリーがポイントキャンペーンの返礼品として作成したらしい限定品。
ところが、当時はウイスキー冬の時代。在庫が残ってしまったのか、蒸留所で販売されたり、WEBショップで販売されたり、あるいは地元の酒屋に卸されたり・・・と何だかんだ物量が出回ったという経緯を持つボトルでもあります。

当時山崎・白州の両蒸留所では、カスクストレングス仕様の”蔵出し原酒”が販売されており、この”秘蔵モルト”は加水仕様という位置付けになります。NASスペックですが、1980年代蒸留の熟成、つまり今は無き旧白州東蒸留所の15年熟成程度の原酒も含めて幅広くブレンドされており、原酒構成はシェリー樽が中心。今となっては間違いなく、レアボトルであると言えます。


この秘蔵モルトは、山崎版白州版があり、白州のほうは飲んだ事がなく今回がはじめて。
白州だからバーボン系の原酒中心だろうと勝手に考えていたので、注文してグラスに注がれた瞬間は驚きましたね。
そして白州のシェリー系というと、ウッディさが強かったり、粘土っぽいニュアンスがあったりと、ストレートで飲むなら「白州はバーボン樽派」という第一印象から若干警戒してテイスティングに挑むことに・・・。
ですが、その警戒は杞憂であったと、ノージング段階で即気づかされました。

白州のシェリーらしい濃厚なウッディネス。これはまず健在。ですが、加水と複数樽のバッティングで、全体がこなれて嫌みのない程度に押さえられているのがポイントです。そしてそれ以上に色濃いフルーティーさと甘味が備わって、シェリー樽熟成の良い部分が引き出されているのもポイントと言えます。
”秘蔵”の名に恥じない良い原酒の組合わせを感じられた、現在には無い充実した1杯でした。

清里フィールドバレエ 30周年記念 シングルモルト 白州 30年 48%

カテゴリ:
IMG_20190709_231605
KIYOSATO FIELD BALLET 
30th ANNIVERSARY 
SUNTORY SINGLE MALT WHISKY 
HAKUSHU DISTILLERY 
AGED 30 YEARS 
Distilled 1987,1988,1989 
Bottled 2019 
700ml 48% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅@サンプル
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:注ぎ立てでふわりと広がる華やかなオーク香。甘酸っぱい黄色い果実香と、干し草や日本家屋を思わせる落ち着いたアロマ。果実香は序盤は金柑や花梨、そこからパイナップル、黄桃と多層的な変化があり、微かにハーブを思わせる爽やかさ。奥にはモンブランのような甘い洋菓子を思わせる香りも潜んでおり、徐々に全体に馴染んでいく。

味:ウッディで甘酸っぱい味わい。一瞬ドライな刺激はあるが、すぐに柔らかいコクが感じられるボリュームのある口当たり。レモンクリームや熟したすもも、パイナップルなど、香り同様に様々な果実を連想させる風味が華やかな含み香と共に広がる。
余韻はウッディで微かにピーティー、果実の残り香と共にオーキーな華やかさを纏って、最後までバランスが破綻せず長く続く。

思わず引き込まれ、恍惚としてしまう素晴らしいバランスのウイスキー。軸になる香味は白州の厚みのある酒質とアメリカンオークの組み合わせだが、一言で”華やか”といってもそれを構成する情報量が多く、多層的でありながら一体感を維持して余韻へ繋がる。この奥深さはもはや筆舌に尽くし難い。神様が作ったウイスキーじゃないだろうか。
少量加水しても崩れないが、ストレートでじっくりと時間をかけて味わう方がオススメ。これまで飲んできた白州のなかでも、最高の1本。

IMG_20190709_172539

毎年夏、山梨県清里・萌木の村で開催されているバレエの野外講演、清里フィールドバレエ。
この講演とウイスキーとの繋がりは、講演25周年となった2014年、当時サントリーの名誉チーフブレンダーであった輿水氏が記念ボトルを手掛けたことに始まり、翌26周年からはイチローズモルトの肥土氏へとバトンが引き継がれ、昨年まで計5作がリリースされてきました。

まるでフィールドバレエそのものを再現したように、様々な原酒が混じり合い、美しい仕上がりとなっていた25周年のブレンデッドモルト。以降は、その年その年で個性的なブレンドが物語の起承転結を表すようであり。また「響を越えるウイスキーを作る」という目標を掲げた肥土氏のブレンドは、年々完成度を増していくようでした。

職人には、最高の材料と、持てる技のすべてを使い、渾身の一作を作ることができる機会は、誉れであるとともにチャレンジでもあります。時にそれは依頼人の要求や経済的な理由等から、必ずしも与えられる訳ではありません。このフィールドバレエシリーズは、そうした意味で世界最高峰のブレンドに挑むという、得難い機会を与えていたのではないかと言えます。

fb90f0f4
IMG_20190709_210508
(清里フィールドバレエ25thと、そこから代々続いたフィールドバレエ各種。同じような構成はひとつとない、それぞれが個性を持った素晴らしいウイスキー。これをすべて飲めるのは、現時点では萌木の村しかない。)

そして2019年、30周年を迎えることとなった同講演に合わせ、再びサントリーで作成された記念リリースにして、フィールドバレエシリーズの到達点とも言える1本が、このシングルモルト白州30年です。

構成原酒は1987年から1989年蒸留の白州原酒で、バレル、ホグスヘッド、パンチョンの3樽のみ。作成本数は僅か15本。。。山梨の地で育まれた3樽の原酒を福與ブレンダーが吟味し、萌木の村で提供される為だけに作られた渾身のリリース。何より白州として30年モノのリリースは初めてで、萌木の村とサントリーの繋がりの深さを感じます。(パッと見て白州30年と見えないのは、主役はあくまでフィールドバレエということか、あるいは大人の事情か。。。)

飲みに行かねばと思っていましたが、大変ありがたいことに舩木社長が友人・業界関係者向けに行うサンプル配布が自分にもヒット。伺う前にテイスティングの機会を頂きました。

IMG_20190703_230426

感想は。。。もはや改めて書くまでもなく、長々と書かれたコメントの量を見るだけでも、自分の感動は伝わると思います。
今回の一本を例えるなら、それはフィールドバレエにおける"主役"そのもの。同じくサントリーで作られた25周年のブレンデッドモルトは、白州以外に山崎の長期熟成原酒も加わり、樽材、熟成期間、方向性の異なる多彩さがひとつにまとまって、ブレンダーという脚本家の描く1本のストーリーを作り上げていたと言えます。

一方この30周年シングルモルトは、原酒が白州のみということもあり、舞台全体ではなく主役一人にフォーカスしたような、一つ一つの動作がはっきりと伝わる分かりやすさがあります。
表面的にはオーキーで華やか、しっかりフルーティーなウイスキー。木々の香りを運ぶ夜風と、月明かりのスポットライトが当たる、幻想的なステージで踊るバレリーナのよう。ただ熟成年数に反して嫌なところは少なく、良い部分が際立つのはミスのない演技故。そしてその華やかさを掘り下げていくと、細かい演出の数々と、積み上げてきたものの奥深さにただただ圧倒される。すさまじい技量が見えてくるのです。

昂った勢いそのままに書き連ねた考察と感想ですが、これが制作者の意図を正確に読み取っているかというと、保証はありません。
「専門性とは切り離されたところに、観客としての愉楽がある」、これはとあるライターさんの言葉ですが、嗜好品を楽しむということは、自分本意な感想を楽しむことでもあると思うのです。
改めて、自分がウイスキーを好きでいて良かったと。こんなにも素晴らしいウイスキーを味わうことが出来たことに、ただ感謝したい。素直にそう感じた一杯でした。

IMG_20190709_211310
余談:萌木の村、BAR Perchでは最近白州NAをベースにメロン烏龍茶を漬け込んだ、とろける白州ハイボールなど、新しいカクテルを模索中。メロン風味と白州の爽やかなウッディさ、これまでにない独創的な味ですが、案外破綻していない。。。?こちらも合わせて是非。猫のマークが目印です。

ニッカ 竹鶴 21年 ピュアモルト 2000年代前半流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190621_232056
NIKKA WHISKY 
TAKETSURU 
PURE MALT 
Age 21 years 
2003's 
700ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後2ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★★(7)

香り:ナッティーで角のとれた穏やかな樽香に加え、フルーティーな熟成香。リンゴのコンポートや黄桃、熟したグレープフルーツを思わせる多層的な果実香に、キャラメルナッツや微かに松の樹皮。しっとりとピーティーでスモーキーなアクセントが原酒の円熟を感じさせる。

味:マイルドでコクがあり、心地よくドライな口当たり。ナッツの軽い香ばしさとオレンジピールを思わせるほろ苦いフレーバー。粘性のあるオーキーな甘味が、熟した南国の果実のようなフルーティーさに繋がっている。
余韻は柔らかいウッディネスと、香り同様にピーティーなフレーバー染み込むように長く続く。

複雑で多彩、そして華やか。日本的な新樽や活性樽を中心とした印象を受ける強めの要素と蜜のような果実味が、余市や宮城峡の熟成した原酒の存在を感じさせる。ピートフレーバーが少々武骨でもあるが、加水すると熟したグレープフルーツを思わせる柑橘系の要素も。ニッカだからこそ作り出せる味わいの象徴と言える1本。

IMG_20190625_065045

竹鶴21年ピュアモルトは、初代ボトルが独特の角瓶デザイン(以下写真参照)で発売されたのが2001年のこと。その後アサヒビール傘下にニッカウイスキーが入り、2003年にコルク栓で丸瓶という、2000年代のニッカを象徴するデザインとも言える仕様にリニューアルしたのが今回の1本です。

裏ラベルにあるロットナンバーの左3桁は14C、つまり2003年7月の製造ということになりますが、この仕様のボトルが一般に発売されたのが2003年11月であるとメーカー側のコメントが残っていますので、初出荷に向けて製造されていた、まさに初期のロットであると言えます。

93fab8df
(竹鶴21年ピュアモルト、2001年発売の初期ボトル。男性的とされた特徴的なデザインが印象的。レビューはこちら。)

個人的に、竹鶴21年が最も美味しいのが今回の時代、2003年から2008年くらいまでの5年間だと感じています。
初期の頃よりもフレーバーのばらつきが少なく、かつ近年のものよりも厚みやコクというか、全体のスケール感が一回り大きい。華やかでフルーティー、そして仄かにピーティーな同系統のフレーバーはそれぞれの時代に備わっているのですが、全体的な完成度を見ると、この時代が1ランク上という印象です。

リリースから逆算すると、原酒の仕込みは1980年代。洋酒ブームを受けて増産を行っていた時期であり、それらの原酒は1990年代の冬の時代の到来で大量に消費されることなくじっくりと熟成。ニッカに限らず、この時期のジャパニーズリリースにはレベルの高いものが多く、そうした原酒の存在が大きいように感じられます。

ただ、竹鶴の場合原酒の豊富さというだけなら、2001年の初期ボトルでも状況は変わりませんが、先に書いたようにこのボトルのほうが全体のまとまりが良い。アサヒビールという大手資本に入ったことで、マーケティングが安定してユーザーが求める味わいにシフト出来たとか。あるいは、ここに国内調達の原酒や輸入原酒が使われているならば、原酒の手配も安定するようになったのでは・・・などと推察しています。


余談ですが、今やジャパニーズ枠でブレンデッド(モルト含む)ウイスキーの顔とも言える世界的に有名な銘柄となった、竹鶴そして響。
響については、様々な樽由来の要素が十二単のように傘なりあった、多層的なウッディネスを特徴とするブレンドであり、特に21年や30年がまさにその仕上がり。一方、この竹鶴21年を同様のイメージで例えるなら、華やかで艶やかな樽由来の要素はありつつも、厚みのある酒質とピートがどこか武骨で男性的な要素でもある。十二単と男女で対を成すのは束帯ですが、それより男性的な・・・貴族が着用するような鎧兜の印象を感じるのです。

シングルカスク 駒ケ岳 6年 2012-2018 マルスウイスキー 60% #1493

カテゴリ:
IMG_20190507_232302
SINGLE CASK KOMAGATAKE 
AGED 6 YEARS 
Distilled 2012.3 
Bottled 2018.9 
Cask type Bourbon Barrel #1493 
700ml 60% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR 新宿ウイスキーサロン
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでアーシー、干し藁、ママレード等の柑橘類のニュアンス。強く鋭角なアタックを伴う香り立ちで、スワリングしていると焦げた木材と薄めた蜂蜜、微かに魚介だしのようなアロマも伴う。

味:パワフルな口当たり。土っぽさとともに尖ったような質感のピーティーさ。乾いた麦芽、根菜、徐々にはちみつを思わせる樽材由来の甘味と粘性が舌の上で感じられる。余韻にかけてはスパイシーで焦げたウッディネス、強くフレッシュなスモーキーさが鼻孔に抜け、ほろ苦くドライで舌の水分が奪われるような感覚を伴う長いフィニッシュ。

ラガヴーリンとラフロイグの会わせ技のようなフレーバー。ピート由来のインパクトが強く、分かりやすい味わい。ストレートでは未熟感はあまりなく、多少荒さはあるが樽感も酒質ベースの構成ならほどよい程度。一方で加水するとそれらが乖離しアンバランスに。奥行きがなくなり溶剤のようなネガが顔を出す。

IMG_20190509_072618

マルスウイスキーから定期的にリリースされている、信州蒸留所のシングルモルト。
昨年は創業休止前の原酒を使った長熟2本、再稼働後の短熟4本、計6銘柄がリリースされており、その中の2012年蒸留、ヘビーピーテッド仕様の1本が今回のテイスティングアイテムです。
そしてこのボトルは3月に開催された、日本ではじめての洋酒品評会、東京ウイスキー&スピリッツコンペティションで、全527商品の中から13銘柄選出された最高金賞と、ジャパニーズウイスキー区分でも特別賞としてベストジャパニーズ(シングルカスク)の評価を受けた1本でもあります。

このボトルに興味をもった経緯を紹介するには、受賞以外にコンペの審査方法について触れる必要があるのですが、前置きが長くなってしまうので、後回しにして概要だけ紹介します。
同コンペの審査は、日本の酒業界関係者や愛好家を中心としたメンバーによるブラインドテイスティングで行われており、集計方法も公平性を担保した形式でした。
その審査で選ばれた最高金賞のウイスキー銘柄の中でも、6年という若い原酒は異彩を放つ存在。どれほど光る要素があったのか、是非テイスティングしたいと感じたのです。


飲んだ印象は、短熟だが整った美味しいピーテッドモルト。若さをピートがうまくマスクして、バーボン樽由来の風味もほどよく付与されている、短熟としての飲み頃にある原酒です。
一方で、これをノーヒントでブラインドをした場合、マルスだとわかる人はそう多くないように思います。
ラガヴーリンとラフロイグを足して2で割ったようなキャラクターはインパクトが強く、普通に考えて若いアイラ。経験を積まれてる方だと樽感や熟成感にある若干の違和感でジャパニーズにはたどり着くかもしれませんが、仮にジャパニーズだと限定しても、知名度から秩父のピーテッドに繋がってしまうかもしれません。

しかしその香味には粘性というかコクがあり、例の秩父味もないため、余韻にかけて素直にピーティーさと樽由来の要素が広がってきます。
短熟ゆえ荒さは多少残っていて、樽由来の香味と酒質の結び付きにはまだ解離があります。ストレートではピートがカバーしていますが、加水すると樽感やピートが弱まることで、ばらつきも出てしまう部分はあります。

ただそれらは同時に後5~10年程度の熟成を許容できる伸び代でもあると言えます。
最近再稼働後のマルスのリリースは飲んでいませんでしたが、いい原酒が育ってきているんですね。数年後が楽しみになる味わいでした。


Screenshot_20190509_111122
東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2019

さて、以下は本文中で省略した同コンペティションの審査の流れについてです。
審査は
・180名の審査委員を6名30チームに振り分ける。
・出品されている酒類527本を各チームで分担。
・カテゴリー毎にブラインドテイスティングで評価(100点満点)し、集計。
で行われました。
つまりチーム毎に同じボトルが出ているのではなく、異なる場合のほうが多く。例えばチームAにブラインドで出されているのは山崎12年で、チームBに出されているのは余市NASという流れで、180名全員が同じ銘柄を一斉に飲んでいるわけではありません。
1人あたりにすると、約20本程度を担当する形だったそうです。

得られた評価結果については、チームの内で最高得点と最低点をカットする、フィギュアスケート等でもお馴染みの集計方法がとられたそうで、先入観による影響の少ない評価に加え、この銘柄だからというような”大人の事情”が作用しづらい仕組みになっているのが特徴。
海外コンペとかではブラインド審査といっても、持ち回りのような怪しい結果に見えるケースもありますが。実際に日本国内で審査委員が一同に介して行われ、ボランティアスタッフも含めて多くの愛好家が関わっている本コンペにあっては、一定の公平性が担保されていたように感じます。

それ以上に、"ウイスキーに限定した審査"としては、日本の愛好家(なかでもコアな部類に入る方々)が、一斉にブラインドテイスティングで評価を行ったことで、これまでにないデータが得られたと言えるのではないでしょうか。
一般販売されているアイテムが中心であることから、マニアックなものはあまりありませんが、最高金賞や金賞あたりのリストを眺めても「そうそう、これ無名だけどレベル高いんだよ」とか、「有名で一般的すぎて、逆に飲まれてないけどやっぱ旨いよね」とか、"愛好家によるスタンダードリリースの格付け"として興味深く、個人的には頷くところも多い結果だったように思います。

ウイスキー以外の審査方法や、対象スピリッツ類のジャンルわけなど、初回ということでまだまだ改善すべき点もあると思いますが、この手の話はまず実現することが大事で、そこから如何にして規模を広げ、質を高めていくかというフェーズに入るべきものです。

同コンペを主催するウイスキー文化研究所では、6月の表彰式に向けて最高金賞のウイスキーの中から、更にナンバーワンを決めるプロセスに入っているとのこと。
どの銘柄がベストオブベストに選ばれるのかを、自分なりに予想もしながら楽しみにしています。

このページのトップヘ

見出し画像
×