タグ

タグ:ジムビーム

リトルブック 2017年リリース #1

カテゴリ:
LITTLE BOOK
CRAFTED BY FREDDIE NOE
BLENDED STRAIGHT WHISKEY
Batch No,1 "The Easy"
2017 Release 
750ml 128.2proof

グラス:サントリーテイスティング
場所:自宅セミナールーム@TWD
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディで渋みの強いアロマ、メープルシロップやキャラメルアーモンド、ほのかなハーブ、鋭利な穀物感、アルコールのアタックを感じるハイトーンなアクセント。

味:口当たりはウッディでコクのある甘み、焦げたような苦味と粘性、徐々にメープルシロップ、アーモンドナッツの甘みと香ばしさ。パワフルで濃厚な味わい。
余韻は焼きりんごの淡いフルーティーさ、チャーオークのえぐみを感じつつ、スパイシーでドライ。

近年の濃厚系バーボンというチャーオークの味わいが主体。樽が強くスパイシーでややウッディなえぐみが目立つが、ロックや少量加水すると全体的に伸びてメローで多層的な香味がある。


   
リトルブックは、ジムビーム社が作る原酒をベースとするブレンデッドウイスキー。
名前の由来は「ブッカーズ」でお馴染み、先代蒸留責任者であるブッカー・ノウ氏が、その孫であるフレディ・ノウ氏に付けたニックネームであり、同氏が最初に手掛けたウイスキーとのことです。

このウイスキーは、ストレートバーボンウイスキーが主流であるアメリカのウイスキー業界にあって、しかも最大手であるジムビーム社のブランドにあって意欲的、かつチャレンジングな1本と言えます。

その理由は、バーボンではなくブレンデッドウイスキー表記であると言うこと。写真のタグの中に書かれているように、バーボンウイスキーにコーン、ライ、そしてモルトウイスキーをブレンドしており、通常は各原料を混ぜて発酵、蒸留に移るところを別々に作って最後に調整しながらブレンドしたというプロセスか。
ともすれば、現地スーパーでコークハイ用に売られている安価で薄いアメリカンウイスキーと同じジャンルになりかねないモノをガチで作ったという感じ。
例えるなら、トリスと響、くらいのトーンの差はあります。

(ジムビーム蒸留所にて、故ブッカー・ノウ氏の銅像。自身の孫の挑戦はどう写ったのだろうか。Photo by T.Ishihara)

このブレンデッドウイスキーの詳細な原酒構成は
・バーボンウイスキー(4年熟成)
・コーンウイスキー(13年熟成)
・ライウイスキー(6年熟成)
・モルトウイスキー(6年熟成)
2年以上の熟成を経ているため、それぞれストレート表記が付く原酒。ただ、補足の必要があるのが、スコッチのそれと異なる連邦アルコール法における整理と条件です。

まずブレンデッドウイスキーは、上記何らかのウイスキーを20%以上含むものとされています。(50%以上の場合、ブレンデッド◯◯表記となるので、今回単一のものはどれも50%未満か。)
加えて、同法におけるモルトウイスキーは大麦が原料の51%以上であれば名乗ることが出来、他のコーン、ライも同様に最低ラインとなる比率や樽の条件が定められています。
蒸留方法もポットスチルの2回蒸留とは限らず、つまりスコッチ的なブレンデッドとは異なる構成であるわけですが、自分のようなスコッチ側を主軸にする人は勘違いしやすいかもしれません。

実際その風味はいかにもバーボン的。コーンで柔らかさ、ライで華やかさ、モルトで弱くなりがちなコシの強さ、飲みごたえをベースとなるバーボンに付与しようと狙ったのかもしれませんが、樽が強くパワフルで、ストレートで飲むと混ぜられたというそれぞれの原酒の影響は感じ取りにくいという印象を持ちました。
ただ、少量加水すると樽感や度数とのバランスが取れ、香りも開いて「なるほど」と思わせる要素は確かに感じられます。

アメリカンウイスキーの代表格であるバーボンウイスキーは、蒸留方法と樽の制限等ゆえ、香味が似通ってしまうことが良さでも弱点でもあると、度々語られています。
リトルブックのファーストリリースはその枠こそ越えてはいないものの、先代とは異なるスタイルで新しい可能性を模索した、今後に期待したいチャレンジングなリリース。
現地ウイスキー関連雑誌が「将来のために確保すべき」と評価していたそうですが、それはフレディ氏の挑戦と新しい可能性を評価してのことではないかと思うのです。

追記:このボトルはTWDメンバーのAさんが、アメリカを旅行した際に購入してきてくださったもの。貴重なボトルをありがとうございました!

ベイカーズ 7年 107proof ケンタッキーストレートバーボン

カテゴリ:
BAKER'S
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Aged 7 years
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★☆(6)

香り:焦げた木材のアロマ、甘く香ばしさのあるアーモンドナッツやキャラメル、トースト、微かにハーブの香気、酵母香。パワフルな香り立ち。

味:メープルシロップやチョコレートクッキーを思わせる甘み、コクがあってパワフルな口当たり。焦げた木材、ウッディなえぐみも奥に感じられる。
余韻にかけてドライでほろ苦く、スパイシーな刺激。シュガートーストのような甘みが口の中に揺蕩う。

ストレートではマイナス面も多少あるが、少量加水でえぐみや刺激が軽減されるだけでなく甘みも広がり、バランスがかなり良くなる。ロック、ハイボールは可もなく不可もなし、嫌なところは見当たらない。
葉巻との相性良く、普段使いからBARシーンまで幅広くこなすオールマイティな1本。


ジムビームがリリースするプレミアムバーボン4銘柄の一つ。熟成庫において上段、高い位置に配置された樽で熟7年以上熟成された原酒を使い、最終的に53.5%に加水調整してリリースした、パンチがありつつバランスが良いとされる1本です。
同社のブランドの中では、度数が60%以上と高いブッカーズやノブクリークについつい目が行きがちですが(実際、なんとなく飲んでしまうのはブッカーズ(笑))、このベイカーズも中々レベルの高い、ポジティブな要素が感じられます。

近年バーボン業界では長期熟成原酒や良質な樽材の枯渇、香味のライト化が進み、樽由来の艶のある甘み、ボディに乏しいブランドが増えいます。
特にハイプルーフバーボンは甘みが増すよりもウッディでドライなニュアンスのほうが強く出るものが多く、特に甘酸っぱい果実味を伴うタイプは絶滅危惧種。。。結果1990年代ごろまでに流通したハイプルーフタイプのリユース価格が高騰する一因にもなっています。

そんな中で、先日BAR飲みの際にシガーのアテとして久々にベイカーズを飲んでみたところ、確かに以前に比べて薄くはなっているのですが、加水調整が良い方向に作用しているのか、ハイプルーフらしくパワフルな飲み口の中にチャーオークの甘み、柔らかいコクが感じられ、それは少量加水によってさらに開く。
スタンダードバーボンから一歩抜け出る要素が備わっていて、フルボディなボリバー・ベリコソにもしっかりマッチしてくれました。


話は少し変わりますが、山方面でのアウトドア、BBQや釣り等でウイスキーを飲むならバーボンというある種のこだわりがあり、先週末、家族でキャンプに行った際はスキットルにベイカーズを詰めて持参。こういうスタンダードな銘柄の方がその場で調味料変わりに使えたり、気兼ねなくあおって飲めるので丁度良いんです。
子供が寝静まった後、焚き火を囲んで虫の声と沢の音を聞きながら一杯やるのは格別ですね。

東京 インターナショナル バーショー2016にちょっと顔を出してきた②

カテゴリ:
先週顔を出してきた、バーショー2016。後編はその他のブースと印象に残ったボトルの紹介をしていきます。
まずはジャパニーズ大手の3メーカーから。


山崎がないとか言われ、若干ディスられ気味だったサントリーさんですが、7月からリニューアルするジムビームの新シリーズが(多分全て)試せましたし、スコッチのオフィシャルではマッカランレアカスク、グレンフィディック21年まで試飲できたのは、お店の取り扱いボトルを考えるBAR関係者、酒販関係者側すれば充実したラインナップだったんじゃないかなと思います。
所謂実利があるっていうヤツでしょうか。確かにブラックボウモアや山崎50年飲めたら嬉しいですけど、あの価格ではお店には置けないですよね。




せっかくなので新しいジムビームを試してみます。ホワイトは相変わらず若いというか木のえぐみがあってハイボール向けという感じでしたが、ブラック・エクストラエイジは若干ボディが薄いものの、樽香がしっかりあってこれはストレートでも普通に飲める仕上がりです。


ニッカは通常ラインナップのみで、目新しさは特段ありませんでした。ブラックニッカクリアはフリージングハイボールで配られていて、営業さんもプッシュしてましたね。ブースには佐久間チーフブレンダーがいらっしゃって、少しお話をさせていただきました。
キリンはジョニーウォーカーと富士山麓。有料でしたが先日のWWA2016で世界一を獲得した、富士御殿場蒸留所シングルグレーン25年 スモールバッチの試飲が準備されていまいた。せっかくなので飲んでみます。
スムーズな飲み口、華やかで程よい穀物感、バニラの甘みがしっかりある、樽香とのバランスの良い優等生的なグレーンです。もっとどっしりとしたバーボン系か、逆にクリーンな系統を予想していたのですが、王道を行くような綺麗な味わいでした。
最初はクリーンタイプだったんでしょうけれど、上手く熟成した結果の仕上がりが感じられます。 



ここでブースを戻って、またもお邪魔しますソサイエティブース。
ここには宮城峡のカフェグレーンG11の1番、ファーストボトルが試飲で置いてあったのです。
飲み比べてみましたが、熟成や度数の違いがあるので一概には言えないものの、やはり宮城峡のほうが穀物感が豊富で、酒質そのものにパワーがありました。 グレーンの違いも意識すると面白いですね。

その他にも色々回りましたが、長くなったので最後に酒販店、信濃屋さんとe-Powerさんのブースから2本をピックアップ。
まずは信濃屋さん。今回もニューリリースの試飲と予約が出来たようで、飲み手に嬉しいブース内容です。
既にニューリリースのダルユーインは売切れてしまっていたので話だけ伺いましたが、その兄弟樽ともいえるボトルは飲んでいたため、イメージはなんとなく出来ました。
試飲ではらしさのあるBBRクライヌリッシュ1997も良かったですけど、何と言っても信濃屋創業85周年を記念したデュポンのカルバドス40年、49.5%。
ここまで飲んできた体に染み渡るような美味しさで、普段からカルヴァドスだけ飲もうとは思わないのですが、力強くそれでいて引っ掛かりの無いコクのある口当たりに、軽い酸味を伴うフルーティーさ。コニャック同様にウイスキーと対比で飲んでも本当に良いなと感じます。 

そしてもう一本ピックアップするのは、e-Powerさんが注文も受け付けていたニューリリースボトル。蒸留所不明のファインシングルモルト スペイサイド 1996-2015 リフィルシェリーホグスヘッド 49.6%。
飲んだ印象はおそらくグレンファークラスかなと。黒砂糖やキャラメルを思わせる嫌味の少ないシェリー感で、近年系シェリーとオールドシェリーの中間というか、この価格ならアリなんじゃないかなと思います。★6~ですね。


仕事上様々な展示会にかかわることが多かった自分としては、しばらく参加しないうちに、バーショーはオクトーバーフェスなどの酒飲みイベントとしてではなく、例えば電気機器家電の最大見本市と呼ばれるCEATECのような、一つの展示会として中身が洗練されたなと感じました。
確かに一時期のようにハイエンドクラスまで大盤振る舞いというイベントでなくなったのは残念ですが、丸切り見るもの、飲むものがないってワケでもないですね。
普段ネット交流が中心のウイスキー仲間とも多くお会い出来ましたし、すっかり楽しませて頂きました。



ブッカーノゥズ (ブッカーズ ノエ) 7年 1982年蒸留 62.6%

カテゴリ:
BOOKER NOE'S 
Kentucy Straight Bourbon 
Aged 7 Years 
Distilled 1982 
Bottled 1989 
750ml 125.2 proof 

グラス:SK2、バカラ・ローラ
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2~3週間程度
評価:★★★★★★★(7) 

香り:メープルシロップを思わせる濃厚な香り立ち。徐々にバニラ、ツヤのあるウッディネス、缶詰のシロップ、植物やハーブっぽさもある。

味:濃厚な口当たり、ハイプルーフらしくパワーとぶ厚いコクがあるが、度数ほどのスパイシーさ、刺激は感じない。チェリー、メープルシロップがかかったホットケーキ、微かにアーモンド。
余韻はスパイシーでドライなウッディネス。非常に長い余韻。


ジム・ビーム(現、ビームサントリー社)がリリースする、スモールバッチバーボン、ブッカーズ。
現行品は7年間熟成させた原酒が使用されていますが、かつては4代目の蒸留製造者ジムBビーム氏のポリシーに倣って6~8年間熟成させ、それぞれ熟成のピークに達した原酒が使用されていました。
同ブランドが発売されたのは1988年のこと。このとき、ブッカーズと平行する形で短期間販売されていたのが、今回紹介するブッカーノゥズ(通称:ブッカーズ ノエ)です。

本ボトル・・・というよりブッカーズそのもについては、もともとは当時のマスターディスティラーであるブッカー・ノー氏が、特に親しい方々へのプレゼント用に樽から直詰めしていたものがはしりだとか。
その後、同社のプレミアムバーボン、スモールバッチコレクションとして発売されるわけですが、この発売時期については、国内のブログ等を中心に妙な情報が散見され、ある人は1992年からの発売、ある人は1995年からの発売だという状況になっています。
さらに今回のブッカーノゥズと、現在も販売されているブッカーズの違いにいては、そもそも明確な情報が見当たりません。
よって、今回記事を書くにあたりリサーチポイントだったのが、
「ブッカーズのリリース時期は本当は何年からなのか。」
「ブッカーズとブッカーノゥズの違いは何か。」 
この2点でした。

まず前者については、ビーム社の公式ページに1988年発売開始とあり、なぜ1992年や1995年という情報が出てきたのが逆に気になります。
1992については、Booker'sのWikiに「・・・and launched his selections as a brand available to the general public in 1992.」という記載があるのですが、これは大量生産を開始した時期であり、発売を開始した時期とは異なります。
現に今回紹介しているボトルは1982年蒸留の7年熟成、現地流通品ではなくニッカウイスキー取り扱いの正規品です。(ニッカは1989年から取り扱いを開始。)
1995年についてはそもそもなぜこの数字が出てきたのか不明ですが、おそらく何らかの勘違いが重なった結果だと推測します。

続いて後者、ブッカーズとブッカーノゥズの違いについて。
ブッカーノゥズが初期、ブッカーズがその後切り替わってリリースされた、とするなら話は簡単でしたが、どちらも1979年蒸留の1988年発売という1stロットが存在します。
では違いは何か。ラベルを見ると、ブッカーズは「6年から8年間熟成させた原酒」を使用している旨の記載があるのに対し、ブッカーノゥズはその下に「このウイスキーは○年○ヶ月熟成させたもので○○度」とさらに細かい指定が記載されています。(この記載は以下の画像の通りロットによって変わっていきます。) 

ここから推測するに、ブッカーズは少数の樽を混ぜ合わせてリリースされるスモールバッチバーボン。ブッカーノゥズはブランドのはしりである樽から直詰めの仕様そのまま、シングルカスクバーボンなのではないかと考えます。


ブッカー氏の考え方は単純明快、バーボンは樽から出した直後が一番美味しいというもの。たとえ50%以上のハイプルーフであっても、加水調整されて販売されるバーボンは、同氏の理想ではなかったようです。
ではストレートでガシガシ飲むのが良いかといわれればそうではなく、加水して時間が経過すると香りが飛んでしまうので、樽から直詰めしたバーボンを、飲む直前に加水するというのが同氏の理想である模様。ボトルに付属していた小冊子にも、そうした説明が書かれています。

そのため、テイスティングにあたってはストレートだけでなく加水、ロックと、いつもの流れで試してみます。
コクとパワーのある芳醇な味わい。濃いけれど現行品のようにギスギスとした樽感主体の味わいではなく、ボディに厚みがあり、チェリーやメープルシロップ、そしてパンケーキなどを思わせるフレーバーが、艶のある甘い樽香の中に溶け込んでいます。
少量加水すると更に優雅な甘み、ロックでは冷えて度数を感じさせない飲み口から、口の中で温度差を持って広がる濃厚なフレーバー。バーボン好きにはたまらない1本でしょうね。


今回のボトルは、先日シガーマスターのO氏から葉巻を頂き、自分で合わせるのとおすそ分け目的で自宅ストックから開栓したもの。良いハイプルーフバーボンは、スコッチやジャパニーズとは違って背中をバーンと叩いて元気付けられるような味わいがあります。
こういうボトルを飲むと自然と笑顔になりますね。次はスキットルに入れて釣りのお供にしてみたいと思います。

ジムビーム 5年 1960年代〜70年代流通

カテゴリ:

JIMBEAM
5 years old
1960-1970's
1quart 86proof
評価:★★★★★★★(7)

甘く濃厚な樽香、熟したバナナ、メープルシロップ、クッキー、少し粉っぽさ。滑らかな口当たりだがコクと厚みがあり、濃い樽の風味をしっかり受け止めている。
余韻は穏やかでウッディーな苦味とメープルシロップの甘さ。スパイシーな刺激はなく、最後までスムーズ。


暖冬と聞いていたのにこの寒さですよ。こうも本格的に寒くなってくると、バーボンが恋しくなります。

特に雪が舞うような日はバーボン、それもオールドバーボンの濃厚な甘さが欲しい。スコッチタイプのウイスキーはそこそこストックしてあるのですが 、バーボンに関しては全くと言っていいほどストックが無く、なんかあったかなーと、1本だけあったジムビーム5年を開封しました。

 

ジムビームのスタンダードは4年、たかが1年と思うやもしれませんが、熟成が早いバーボンでその違いは大きいですね。 以前 このブログで取り上げた4年の同時期流通とでは明らかに濃さが違います。

口に含んだ後のとろみ、甘さ、そして余韻に表れるウッディーな渋みと苦み。自分が好きなオールドバーボンの要素がそこかしこに感じられます

ただ、あまりにスムーズでちょっと物足りない印象を受けるのは、度数と言うよりジムビーム蒸留所の個性なんでしょう。ストレートのみならず、ロック、ハイボールと飲み方を変えても楽しめます。


 

こうしたバーボンのオールドボトルを飲んでいて不思議に思うのが、現行品との味の濃さの違いです。

流通時期で見るバーボンの全盛期は1990年代だったと言われています。長期熟成に加えてハイプルーフ等、多種多様なリリースが、それも比較的手ごろな価格で流通しました。

それが今や見る影もなく、スタンダードリリースの味わいはどんどんライトに。メープルシロップやチェリーを思わせる甘味は薄くなり、木のえぐみやセメダインのような刺激臭だけは残っている。

この違いはどこから来るのか。スタンダードクラスではなく1万円以上するプレミアムクラスのバーボンにはそれ相応に魅力的な味わいが感じられるので、原料や製法の違いよりも、樽の違いが大きいのかなと見ています。


ただ自分のバーボンの製法に関する知識はスコッチ以上ににわかも良いところ。ちょうどつい先日、川口にあるバーボンの名店、 ミルウォーキーズクラブ監修のバーボンの製法に関する書籍が発売されたそうなので、取り寄せて勉強してみようと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×