タグ

タグ:ジムビーム

ノブクリーク 2004-2017 発売25周年記念 60.8%

カテゴリ:
IMG_20191029_233733
KONB CREEK 
SINGLE BARREL 
25th ANNIVERSARY 
Aged 13 years 
Distilled 2004 
Bottled 2017 
750ml 60.8% 

グラス:リーデルテイスティング
時期:不明
場所:BAR Kitchen 
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ウッディでメロー、やや艶っぽさのある甘いアロマ。メープルシロップやシナモンアップルパイ、微かにドライクランベリーやハーブのアクセント。溶剤を思わせるニュアンスも微かにあるが、全体的にはチャーオークのアロマが主体で濃厚な仕上がり。

味:メローでリッチ、とろりとした口当たり。焦がしキャラメルの甘味とほろ苦さに、バニラ、ダークオレンジからウッディなフレーバーへ。濃厚だが度数ほどのアタックはなく、熟成を感じさせる。
余韻はドライでウッディ、甘いオークとグレーンのアロマが口内に揺蕩う。微かにライムのような柑橘を思わせる酸味を感じた後、スパイシーでビターなフィニッシュが長く続く。

熟成感があってリッチな味わいが楽しめる良質なバーボン。リリースにあたって一樽ずつ特別に選定されたという前置きに違和感はなく、オークフレーバーにエグミの少ない艶やかな甘さのあるタイプ。ノーマルからただ熟成が進んだだけのフレーバーではなく、樽そのものもグレードの高いものを使っているのではないかと感じられる。作り手のこうあって欲しいという理想を形にしたような、真打と言える1本。


ノブクリークが発売された1992年から25周年を記念し、2017年にリリースされたシングルバレルの特別仕様。6代目マスターディスティラー ブッカー・ノエ氏が仕込んだ原酒の中から、7代目マスターディスティラー フレッド・ノエ氏が特別に選定した、複数のえらばれし樽(原酒)が、それぞれシングルバレル仕様でボトリングされています。

原酒のマッシュビルは通常のノブクリークと同じコーン75%、ライ13%、モルト12%の組み合わせですが、熟成年数は先に書いたように12年から13年の間で、度数もロット毎に微妙に異なる形。
その通常のノブクリークからは、シングルバレルで9年熟成60%(写真下)が通常リリースされており、バーボンの傾向からすると同じベースのロット違いで、そこまで大きく味が変わるということはないように考えられますが、今回のボトルは格が違いますね。
通常品からえぐみなどの不要な部分を少なくし、さらに樽由来の香味の良い部分を豊かにしたような、さながら影打ちと真打ちの関係にあるように感じられました。

c2a9cc96

原酒と熟成環境が同じなら、もはや違いは樽に由来しているとしか考えられません。
熟成年数が3~4年違うじゃないかというのはその通りですが、通常品をさらに寝かせてもウッディさがや渋味が増すだけで、こういう仕上がりにはならないと感じます。
またドライなことを言えば、ジムビームに数多ある樽の中から数樽を選ぶようなことは現実的でなく、最初から特別リリース用に考えられて仕込まれていたなかで、度数60%オーバーを維持していた原酒をチェック(それでも膨大な数がありそうですが)という選定だったんじゃないかと推察します。

ボトルのデザインはノブクリーク伝統の禁酒法時代をインスパイアしたスクウェアボトルに蝋の封印と変わらず。
それよりもシングルバレルで長熟で、60%オーバーのバレルプルーフで限定品というスペックながら120から130$程度というのは、結構頑張っているというか愛好家としてはありがたい限りです。(日本の並行輸入品の価格は結構のせられてますが・・・。)
もしアメリカに行く機会があったら、お土産に購入しようと候補に加えた1本でした。


IMG_20191028_204222
今日のオマケ:ヴオーヌ・ロマネ 2013 ドメーヌ・ジェラール・ミュニュレ

香り立ちはいかにもというクリアなベリー感、葡萄の皮と仄かに土っぽさや湿ったような木々の香りが混じる。口に含むと赤いベリー系の果実風味からチャーミーな酸が主張。若干粘性のある質感が舌の上に感じられ、思ったよりもボディがある。余韻はじわじわとスパイシーでフレッシュさはあるが、タンニンは過度に主張せず極め細やか。
はちみつのかかったブルーチーズとの相性が抜群。。。

たまには仏モノ・・・というわけではなく、お付き合いでボトル1本割り勘飲み。結構痛い出費だが、事情により致し方なし。
正直自分のワインの知識だと、ヴォーヌ・ロマネは作り手名が把握しきれていないレベルなのですが、ファンの多い銘柄のようですね。「これ旨いんですよ!この店のセラーにあるなんて!」と嬉々として語られていた、相手方の反応が非常に印象に残っています。
2013年は平均的な年という評価ですが、それに加えて格付け無しのグレードというのも、早飲みにちょうど良い仕様だったのかもしれません。
酸の主張はやや強めでしたが、全体のなかではクドいものではなく楽しめる範囲で、全体の作りは上質というか丁寧。食事と合わせて堪能させてもらいました。

ビームス チョイス 100ヶ月熟成(8年)1970年代流通 45% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20190929_085204
JIM BEAM 
BEAM'S CHOICE 
BLACK LABEL 
AGED 100 MONTHS 
(Aged 8 years) 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Bottled 1975 
750ml 45% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:キャラメルやメープルシロップのかかったポップコーンを思わせる、軽い香ばしさのある甘さと穀物香をベースに、スパイシーでほのかに溶剤、チェリーシロップ、黒パンを思わせる酸もアクセントとして伴う。
また、時間経過でハーブや赤い花を思わせる植物っぽさも混じる。

味:マイルドでメロー、チョコレートクッキーやチョココーンフレークのような、色濃い甘味と軽い香ばしさ。甘味はリッチだが、ボディはやや軽め。ウッディでビター、軽くスパイシーなフィニッシュが、メローなチャーオーク香を鼻孔に感じさせつつ長く残る。

オールドバーボンらしい濃厚な甘味、強めのチャーを感じさせるウッディネス。加水の影響か味はやや単調気味ではあるが、時代を感じさせる要素がなんともそそる1本。現行のジムビームとは全くの別物。ただ加水またはロックにすると、ボディがだいぶ薄くなるので、それはそれと割りきるか、ストレートで楽しむのがちょうど良い。
大降りのロックグラスにダブル以上注いで、葉巻を咥えたら完璧か(笑)

IMG_20190929_085233
IMG_20190929_085252

読んで字のごとくですが、ジムビーム蒸留所が製造する、かつてのプレミアムブランド。
100ヶ月熟成(要するに8年)という珍しい表記に惹かれて購入したものですが、当時のビームスチョイスは定常的に使われていた模様。
マッシュビルは通常のジムビームとおそらく同じ、または大きく変わらない程度の違いとは思いますが、ノーマルの4年、5年よりも熟成が長い原酒が使われ、その分樽感も濃厚に。色合いが明らかに違いますね。古いものだと今回のように度数も少し高めに設定されています。

そのリリースが始まったのは1960年代。ビームスチョイスと言えば、様々な形状で知られる陶器ボトルの”コレクターズエディション”があり、こちらはファーストリリースが1966年。(コレクターズエディションではないビームスチョイスは1963年のモノあり。熟成年数は6年)
ジムビームとしてのデキャンタリリースは1950年代からありますが、当時の広告等を見る限りでは、通常ボトルのビームスチョイスも、1960年代のほぼ同時期に発売されたのではないかと推測されます。

1980年代から1990年代にかけて、日本ではバーボンウイスキーのブームもあったことから、ビームスチョイスは該当する時期のものが相当数日本市場に残っており、現在もヤフオク等で見かけることが多いバーボンです。
その全てを飲めているわけではないですが、傾向としては古い方が濃厚で個人的に好み。1970年代中頃あたりまでは仕様が90Proofで、その後1980年代には80Proofと5%下がる。熟成年数は基本的には8年程度ですが、1990年代になるとこの表記もなくなり、5年熟成のグリーンラベルとして販売を継続したようです。

元々そこまでボディが厚いバーボンではないので、度数や熟成年数の推移は影響が大きく。特に80年代くらいまでは度数が下がっても同じようにマイルドでメローな味わいを感じられますが、それ以降は明らかにドライな仕上がりになっていきます。
また、90Proofの時代であっても、飲み方はやはりストレートがオススメ。ロックだと飲みやすくはなるものの、伸びるというよりは薄くなる感じで、氷に耐えられるライフが少ないように思います。

IMG_20190820_011413

なお、この手の加水調整されて甘味がしっかりあるバーボンは、ストレートで飲むと物足りなく、かといってロックでも同様だし、ハイボールにするにはちょっと勿体無いというジレンマがあります。
そこで邪道といえるかもしれませんが、バーボンのオリジナルブレンドに使うというのが一案。特にワイルドターキー・レアブリード、あるいはローゼズシングルカスクなど、度数は高いが樽感がそこまでリッチじゃない近年のバーボンとのバッティングは、お互いの良いところが合わさって鉄板と言って良い組み合わせに。ベースとなる味わいでスコッチの原酒ほどキャラクターの違いが大きくないため、調整も容易です。

近年、オールドのハイプルーフバーボンが高騰しており、昔ほど気軽に飲めなくなってきました。ターキー8年の90年代とか、安かったんですけどね・・・。だからこそ家飲みで、ロックで飲んで美味しいオリジナルブレンドを作ってしまおうと。そういう楽しみ方も個人的にはアリだと思っています。

IMG_20191005_105704
というわけで混ぜ混ぜ混ぜ。。。。

ノブクリーク 9年 シングルバレルリザーブ 蒸留所限定

カテゴリ:
IMG_20190426_230147
KNOB CREEK 
SINGLE BARREL RESERVE 
SMALL BATCH 
Aged 9 years 
Bottled 2019 
For Distillery Exclusive 
750ml 120proof 

グラス:
場所:BAR Fingale
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:メローでスパイシー、チャーオークの焦げ感と薄めたメープルシロップ、シロップ漬けのチェリーと微かにハーブのアクセント。奥には乾燥トウモロコシ、ライ麦パンのような酸も感じる。
味:メローでパワフルな口当たり。スパイシーでウッディ、少し焦げたワッフルの苦み甘みとドライフルーツの酸味。バニラ系のアロマが存在感を増して鼻孔に抜ける。
余韻はスパイシービター、軽く樽材由来のえぐみも伴う。

ハイプルーフな構成故のパワフルな味わいで、樽感が嫌味にならない程度に適度に効いている。ロックにすると纏まりが良く、メローでありながらオレンジママレードやライムのような柑橘感など、チャーオーク由来の香味が温度を上げながら口内に広がる。

IMG_20190426_232917

ジムビーム蒸留所の見学で購入することが出来る、ノブクリークの限定ボトル。BARフィンガルのバックバーを眺め、見知らぬラベルのノブクリークが視界に入って注文しました。
所謂バリンチ的なボトルなのですが、自分で手詰めするのでもなく、売ってるボトルをレジに持っていく訳でもなく、生産ラインを流れる中で必要な本数分を確保し、キャップの蝋封だけするという、微妙に合理的なシステムで販売されているそうです。

よって、ボトルの中身は樽の個体差を除けば通常のノブクリーク9年シングルバレルとそう変わらないため、逆に価格面も抑えられて蒸留所限定品としてはお買い得。ノブクリークコースを見学して、買わない見学者は居ないというくらいなのだとか。そんなわけでマッシュビルや銘柄の詳しい紹介は過去記事に任せ、今回は先に進むことにします。

IMG_20190307_212349
(ノブクリーク・シングルバレルの通常リリース。現在のバーボン市場のなかではかなりコスパに優れた優良リリースと言える。レビュー記事はこちら

IMG_20190426_230238
(蝋に浸けたキャップヘッドのうえに指を押し付け、指紋を残すのが限定品のスタイル。お手軽だが特別感はある(笑)。この指紋はフィンガルのマスター、谷嶋さんのもの。)

今回のカスクはメローかつスパイシーな、所謂チャーオークのフレーバーは相応に備わっているのですが、どろっどろにリッチなオークフレーバーというわけではなく、同時に穀物感とライ麦パンを思わせる酸が感じられ、これがロックにするとオレンジやライム等の柑橘のニュアンスへと変化するのが特徴であるように感じます。

ノブクリークは元々その系統の仕上がりですが、今回のボトルはその傾向が強いですね。ハイプルーフならではのバランスと言いますか。バレルプルーフに近く、熟成年数が長いものは樽感が強い一方酒質も強いため、個性が互いに主張しあうわけですが、それを加水やロックにしたときにどう変化していくかは、製造方法からどうしても類似の系統になりやすいバーボンにあって、銘柄毎の変化を見るポイントだと思います。


以下、余談。
BARフィンガルの谷嶋さんが代表を務める、酒育の会が発行するフリーペーパー「リカル」。上の写真にも写っている5月号は、丁度バーボンを含むアメリカンウイスキー特集です。
アメリカンウイスキーは近年多くのクラフトメーカーが立ち上がっているだけでなく、製造方法を定めた連邦アルコール法の抜け道で新しいフレーバーを探る動きも活発。アメリカンウイスキーの基礎からその業界動向の一端が紹介されています。
今回は狙ったわけでもなくバーボンを注文していましたが、ロックでじっくり楽しみながら、カウンターで良い勉強をすることができました。

ノブクリーク シングルバレル 60% ジムビーム クラフトバーボン

カテゴリ:
IMG_20190307_212349
KOB CREEK 
SINGLE BARREL RESERVE 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Aged 9 years 
750ml 60% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR 
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ウッディでスパイシーなアロマ。チャーオーク、バニラ、少し焦げたチョコレートクッキーのような甘み。微かにダークフルーツを思わせるアクセントも。力強い香り立ち。

味:メローでメープルシロップやワッフルを思わせる甘味、ほのかにドライクランベリーやチェリーの酸味も伴う口当たり。度数故の強いアタックが余韻にかけて存在感を増し、樽材由来のえぐみを少々感じつつ、ウッディでひりつくようなフィニッシュが仄かな焦げ感と共に長く続く。

ネガティブ要素の少ない熟成感で、パワフルなバーボンだ。少量加水すると少し果実味は減るが、樽と原料由来のバニラの要素がわかりやすい。またキャラメルポップコーンのような甘みと軽い香ばしさも感じられる。
5000円以内でオススメ出来るバーボンの一つ。


ジムビーム蒸留所がリリースするプレミアムブランド。クラフトバーボンの中で、最長熟成品が9年熟成のノブクリークです。
以前はスモールバッチシリーズとして、ブッカーズらと共に少量生産、マスターディスティラーこだわりの逸品を売りにしていましたが、いつの間にかブランド戦略を変更したようです。(知らなかった・・・w)

現在、ノブクリークは限定品を除くとスタンダード、ライベース、そしてシングルバレルの3種があり、全て19世紀の旧連邦アルコール法のボトルド・イン・ボンド(通称・ボンデッド)の区分に基づき50%以上の度数でボトリングされています。
このボンデッドは、現在は廃案になった区分で特段遵守する義務はないのですが、現在のストレートバーボンよりも厳しい基準であることから、一部の銘柄で高品質なバーボンの証明のような位置付けで掲げられています。ノブクリークにはボンデッド表記はありませんが、これこそバーボン本来の姿であるとして、禁酒法前後のバーボンに見られた平べったい形のボトルデザインが採用されています。


さて、今回のノブクリーク・シングルバレルは読んで字の如く単一樽からボトリングされたもの。つまり、60%以下に度数が下がってしまった原酒は弾かれるため、50%加水のオフィシャル通常品より選定条件が一段階厳しいということになります。ノブクリークはバレルエントリーが62.5%。マッシュビルもシングルバレルはスタンダード品と同じ、コーン75%、ライ13%、モルト12%とのことで、純粋に熟成の違いが原酒の選定を左右している模様。)

度数が高い分ボディも厚く樽香もリッチで、通常品で多少感じられるえぐみのような要素は隠れており、しっかりとパンチがある中に、メローで熟成由来のドライフルーツを思わせる甘酸っぱい香味も纏った味わいが感じられる。シングルバレルのほうはイベントでの試飲程度しかしてきませんでしたが、ちゃんとテイスティングしてこれは充分に美味しいバーボンだと感じました。
近年、この5000円以内の価格帯でオススメ出来るバーボンが少なくなって来てきており、今回のテイスティングで、50%未満の加水区分ならターキー13年、ハイプルーフゾーンではこのノブクリーク・シングルバレルが筆頭だなと、個人的な評価を更新した次第。今度家飲み用に1本買ってみたいと思います。

ブッカーズ 7年 1984年蒸留 ジムビーム 62.3%

カテゴリ:
IMG_6884
BOOKER'S
Aged 7 years 5 month
Distilled 1984
Bottled 1991-1992
750ml 124.6Proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:4~5ヶ月程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:ツンとして強い刺激を伴うメローな香り。奥からチョコレート、キャラメル、シロップ漬けのチェリー、微かに植物を思わせるニュアンスが花の香りに繋がる。時間経過で刺激よりも甘みが優位に。

味:パワフルで甘酸っぱいコクのある口当たり。キャラメルやチェリー、ほのかにブラッドオレンジ、余韻にかけて力強く広がる。
余韻はスパイシーでウッディ、ほのかにえぐみ。キャラメルを思わせるメローな甘みを伴い長く続く。

王道的なハイプルーフバーボンだが、オールドバーボンらしく単にパンチが強いだけでなく、どこかコクのある甘みを備えている。加水すると香味の刺激が和らぎ、マイルドで香味の広がりが感じられる。 ロックも同様に氷に負けない甘みとボディがある。


ジムビーム社のスモールバッチシリーズ、プレミアムバーボンの筆頭とも言えるブッカーズ。
60%オーバーのまさに樽出しというハイプルーフな仕様、そしてわかりやすくパワフルな味わいに、ファンの多いバーボン銘柄の一つです。
一昨年年末くらいには、大幅値上げであるというニュースが本国であったと思えば、昨年中は日本への輸入が止まるとか、度数の仕様が変わるとか色々噂はあった銘柄。ですが、今の所安定して供給されているようです。

同銘柄の発売は1988年。そのブランドのはしりは、当時の蒸留所責任者であったブッカー・ノウ氏が、知人などへのプレゼントとして、樽だしの原酒を配っていたことが始まりと言われています。
ブッカー氏の考えは、バーボンは樽出しが一番うまいというもの。例えボンデッド(50%)であっても、加水が行われていればボトリングまでの間に失われてしまう香味がある。バーボンとしての魅力を最も味わえるのは、やはり樽出しあるいはそれに近い状況を維持した上で、飲む直前に加水なり手を加えるべきと考えていたようです。

確かに、自分が持っているミニ樽であっても、樽から出した直後の味わいは、その後消えてしまうような繊細な幾つかのニュアンスを含んでおり、それが美味しさに繋がっているとも感じます。
その香味が織りなす多彩さを味わえるのは最高の贅沢。蒸留所責任者である同氏の理想が体現され、当時のオフィシャルラインナップとしては珍しいバレルプルーフのバーボンが発売されるのは、自然なことだったのかもしれません。


さて、ブッカーズは6〜8年間熟成させた原酒の中で、ピークを迎えた樽を選定、何十樽かを混ぜ合わせてボトリングするスモールバッチバーボンです。
現行品も仕様はほとんど変わっておらず、相変わらずパワフルな味わいなのですが、甘みにコクがたりないというか、ドライ寄りというか、樽由来の渋みが増えたというか。。。他のバーボン同様かつての香味から変化が見られます。

ブッカーズブランドでは発売当時から数年間は、ブッカーノゥズ(Booker Noe's ※通称:ブッカーズ ノエ)というラベルも並行して展開されており、こちらはティンキャップのブレンデッドのようにぱっと見わかるオールドボトル。人気があってオークション等で競争激しい銘柄なのですが、対して今回レビューする同時期流通のブッカーズは時期が判定しづらいのか、前者ほど高額な戦いにならない傾向があります。

両ブランドの違いは定かではないものの、原酒は同じジムビームのバレルプルーフ。まあ全体的にブッカーノゥズの方が多少味がいいような気もしますが、そもそも90年代以前流通のバーボンでハイプルーフは大概うまいんです。
そんなわけで、ブッカーノゥズは手が届かないけど、美味しいハイプルーフバーボンを家飲みしたいという方は、ロットナンバーや付属パンフデザインの違い、後はラベルの微妙な違いから、当時のブッカーズを探してみるのも一案です。

このページのトップヘ

見出し画像
×