タグ

タグ:ジェムソン

ジェムソン 1780 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190618_233018
JAMESON 1780 
SPECIAL RESERVE 
OLD IRISH WHISKEY 
Aged 12 years 
1980-1990's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:シェリー樽由来の甘みと若干の古酒感。度数に反してトーンの高さがあり、スパイシーな刺激とやや青みがかった植物感、ハッカ、灯油を思わせるようなケミカルな癖を伴う。

味:スウィートだが、香り同様トーンの高い刺激を伴う口当たり。色の濃い蜂蜜のような甘味に加え、レーズンを思わせるドライフルーツのアクセント。ケミカルなニュアンスはパイナップルシロップ、干し草や紙のようなニュアンスも。
余韻はウッディでスパイシー、ハッカを思わせるスッとしたアロマ。ドライなフィニッシュ。

グレーンを思わせる甘味と軽さに加え、やや青みがかった植物感。3回蒸留の原酒らしい淡麗さとトーンの高い独特の刺激、後はアイリッシュらしさであるケミカルなニュアンス。ここにシェリー樽由来の甘味が加わって、スモーキーなスコッチとは違う意味で個性のあるしっかりとした味わい。小量加水するとよりスムーズで、ロックも案外悪くない。

IMG_20190618_233037_1

1980年代にラベルチェンジしてリリースされた、ジェムソンブランドのハイエンド。その前は黒っぽいラベルで地味目のデザインでしたが、この時代のものは近年のジェムソンに共通する色使いとなっています。

背面ラベルにバーコードが書かれているので、流通時期を1988年、1989年、1990年頃と仮定すると、蒸留は単純計算1977年あたり。1975年~1976年はジェムソンの用の原酒を生産していたボウ・ストリート蒸留所が閉鎖し、新たに建設された新ミドルトン蒸留所に切り替わった時期です。当時のアイリッシュは、増産に沸くスコッチ業界とは反対に、アイルランド独立やアメリカの禁酒法、そして輸出規制といった半世紀にわたる逆風の影響を受けて厳しい状況下にあり、これを打開すべく業界再編を進めている最中にありました。

今回のボトルが、新旧どちらの蒸留所の原酒を使っているかはわかりませんが、さらに古いジェムソンよりも草っぽさや野暮ったい味わいが抜け、淡麗でクリアな酒質も垣間見ることが出来るため、新旧のハイブリットか、新しい蒸留所で生産された原酒がベースかなと思います。

IMG_9636
(同時期のジェムソン12年日本流通品。やたらEが強調された説明文が面白い。)

なお現行品のジェムソン12年は2014年に終売となっており、今は残された在庫が店頭に並んでいる状況。当時価格からすればかなり割高なものも見られます。
その近年流通品の情報では、構成原酒のうち75%がシェリー樽とのことですが、おそらくそれはこのボトルも、そしてさらに古いリリースでもそれは変わらないのでしょう。

香味にはシェリー樽由来のリッチで甘やかなフレーバーがあり、アイリッシュらしい植物っぽさ、そして3回蒸留がもたらす淡麗さとトーンの高い刺激と混じっている。近年流通品より飲み口はソフトでありながら、はっきりと強い個性を味わうことが出来るのです。

ジェムソン ボウストリート 18年 カスクストレングス 55.3%

カテゴリ:
IMG_20190418_235727
JAMESON 
BOW STREET 
AGED 18 YEARS 
CASK STRENGTH 
Batch No, 1/2018 
700ml 55.3% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1~2ヶ月程度
場所:BAR LIVET 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:新樽のメローなチャーオーク香、バニラ、微かに溶剤、合わせてエステリーで徐々にモルティーな厚みとケミカルなフルーティーさ。乾いた牧草と少しい草のような植物感もある。

味:チャーオークを思わせるバーボン系のフレーバー。粘性のある口当たりから皮付きのオレンジ、ハーブ、微かにウッディなエグミ。中間から余韻にかけてケミカルなフルーティーさとスパイシーな刺激があり、度数の高さを感じさせる。
余韻はウッディでドライ、ハイトーンだがケミカルな甘みを伴って長く続く。

香味の前面に感じられるバーボンそのものを思わせるフレーバーが特徴的だが、じっくり味わうと奥にはアイリッシュらしいケミカルなフルーティーさも感じられるウイスキー。
少量加水すると樽感が若干こなれてバランスjがとれてくるが、1:2辺りまで来ると水っぽさ、ややアンバランスが印象も受けるようになる。

IMG_20190330_203537

ジェムソンから通常ラインナップのハイエンド商品として、2018年にリリースされたカスクストレングス。日本にも年末に正規品が入ってきたところですが、本国では既にバッチ2がリリースされているようです。
原酒構成はフレンチオーク樽、アメリカンオーク樽で18年以上熟成されたピュアポット、モルト、グレーンのブレンデッドアイリッシュのお約束とも言える3種類の原酒をブレンド。その後、熟成場所を移してバーボンバレル72樽に詰め直し、フィニッシュしています。

この熟成場所というのが、1970年までジェムソンが生産されていたボウストリート蒸留所跡地にあるウェアハウス(現在はビジターセンターがある)であり、旧世代へのオマージュとして、「ボウストリート」の名を銘柄に冠しています。
正直、同じアイルランド内かつ短期間であれば熟成場所の違いはそこまで大きな影響はないと思うものの、こういう一見して無駄なことが産み出す"特別感"は、嗜好品にとっては無視できない要素なんですよね。大事なコトだと思います。

received_272815730326899
received_2283437851868542
received_1218202831689779
(ボウストリート沿いにあるジェムソンの旧蒸留所跡地、現ビジターセンター。蒸留所としての機能は、1971年に生産場所がミドルトンに移行されたことで役目を終えた。 Photo by K67)

一方その味わいですが、ベースのアメリカンオークがチャー済みの新樽だったのか、あるいはフィニッシュしたバーボン樽の影響か、テイスティングの通り、香味の前半はまさにバーボン。バニラとチャーオークフレーバーのメローで若干溶剤感を伴うニュアンスが前面に感じられ、一瞬何の銘柄なのかわからなくなります。
しかし奥にはしっかりアイリッシュらしいシロップのような粘性さ、ケミカルなフレーバーが備わっていて、それが高い度数と合わせて口内で揮発するように鼻腔へ抜けていくのです。

個人的には、え、ジェイムソンでしょ?と侮っていましたが、中々楽しませてもらったリリースでした。
特にそれとわかっていれば、この序盤のバーボンを思わせる香味もひとつのキャラクターとしてアリだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×