タグ

タグ:シェリー

ハーベイ ブリストルクリーム 1970年代流通 & シェリー樽の考察

カテゴリ:
IMG_20190316_125427
HARVEYS 
BRISTOL CREAM 
CHOICEST OLD FULL PALE SHERRY 
1960-1970's 
750ml About 20% 

かつてイギリスにおいて、スウィートシェリーのスタンダードと言われるほど、高いシェアを誇ったハーベイ社のクリームシェリーが「ブリストル・クリーム」です。

需要に対応するため、1980年代までイギリスのブリストル(またはその郊外)に製造工場があったほど。当時の物流では、生産地に瓶詰工場があるより消費地に生産拠点があった方が効率的だったのでしょう。結果、スペインの提携ボデガから多くのシェリー酒がイギリスに送られることとなり、輸送用、一時保管用のシェリー樽も必然的にイギリス国内に増えることとなります。

IMG_20190316_125543

1960年代はイギリスでのシェリー酒の消費が増加、その後1980年代の衰退とECによる原産地呼称制度の制定に伴うスペインへの工場移転。このハーベイ社がイギリスでシェリー酒を製造していた時期は、スコッチウイスキーのなかでも特にGM社などボトラーズにおける色濃いシェリー樽熟成ウイスキーの仕込みが多かった時期とリンクしています。

シェリー樽についてほぼ同じ時期にパハレテ説があり、これも行われていたと思いますが、ベースとなる樽がなければパハレテは成立しません。果たしてこれは単なる偶然でしょうか。同社がGMないし各蒸留所と樽の供給に関する契約を締結していたかは定かではないものの、少なくとも製造課程でイギリスに置いていた"シェリー樽"が、スコッチウイスキー業界に貢献していたことは間違いないと考えられます。
ちなみにこの樽材がスパニッシュオークか、アメリカンオークかはさらに議論が別れますが、自分は後述するようにボデガが「どうせなら廃棄前の古樽使え」で、わざわざ新しい樽を作らず、アメリカンオークの古樽を使ったと考えている派です。(スパニッシュもあったのだと思いますが、後年良質なシェリー樽と認識されたのは、アメリカンオークの古樽という認識。)

IMG_20190308_021951
(通称GMシェリーとして知られる、カラメルソースを混ぜたような甘みをもった特徴的なリリースは、60年代頃から多く、1980年代後半蒸留頃から姿を消す。かつてはストラスアイラ、モートラック、グレングラント、ロングモーン、マクファイルズ。。。多くのGM蒸留所ラベルや独自リリースがこの味わいを持っていた。)

今回のテイスティングアイテムは、スペインで作られた各原酒がイギリスでブレンドされていた、まさにその当時の流通品です。ラベル下部に書かれた「12 DENMARK STREET BRISTOL ENGLAND」は、かつて拠点を置いていたオフィスの名残であり、時代を象徴する記述と言えます。

クリームシェリーはオロロソシェリーとPXシェリーをブレンドして作られるのが一般的です。しかしその品質はピンキリ。当時は「品質の定かではない原酒をイギリスが大量に輸入していた」なんて説もある時代でもあり、特にスタンダード品は、明らかに色が薄く熟成した原酒が使われていないように感じるものも少なくありません。
一方、このブリストル・クリームの色合いは熟成を感じさせる濃さがあります。経年により若干濁りはあるものの、当時は淀みのない赤みを帯びた美しい褐色だったことでしょう。香味は甘酸っぱくダークフルーツの香味が豊かで、アーモンドクリームのような軽い香ばしさと甘み、若干のシイタケっぽさ。樽由来のタンニン、コクのある甘みはしっかりと熟成したオロロソとPXをブレンドしていることが伺えます。

ここ最近、有名どころのクリームシェリーのオールドをぼちぼち飲んできましたが、スタンダードでこのレベルは頭一つ抜けています。(もちろん、30年オーバー等の長期熟成クリームシェリーと比べると多少粗はありますが。)
1960年代に色濃いシェリー樽熟成のウイスキーが多い背景は、第二次世界大戦とその後の消費量低迷のなかで溜め込んでいたソレラの古酒を、輸送用に使う古樽とともに各ボデガが払いだしたからではないかというのが自分の考察の一つです。
シェリー樽の謎に明確な正解を紐解くことは恐らく出来ず、仮説に状況証拠を結び付け、どれだけ納得できる説が出来るかだと思います。今回のボトルのようにスタンダードでありながらクオリティの高いものを飲んでしまうと、長熟原酒の払い出しとともに一部メーカーが良い樽を確保していたという範囲で、その予想を裏付けているように感じてしまいます。


何の気なしに購入してみたボトルでしたが、思った以上に美味しく、そして背景情報の多いものでした。
このボトルは先日とあるテイスティング意見交換会の際、新宿ウイスキーサロンに寄贈しました。興味がある方は、同店でくりりんが置いて行ったシェリーを注文すると・・・何本かあるうちの1本が出てくるかもしれません。興味がある方はどうぞ!

ゴンザレスビアス ノエ 1990年代流通 20%

カテゴリ:
IMG_20190404_221921
GONZALEZ BYASS 
NOE 
PEDRO XIMENEZ 
1990's 
750ml 20% 

香り:深みを感じさせる濃厚な甘酸っぱいアロマ。レーズン、無花果の甘露煮、黒蜜、微かにカカオチョコレート。微かに貴醸酒のような古酒っぽさ。熟成によって角がとれ、アルコール感はほとんど感じられない香り立ち。

味:非常に濃厚でマイルド、とろけるような口当たり。生チョコレートにレーズンを主体にダークフルーツを濃縮したような甘酸っぱさ、余韻にかけてはウッディーな苦味が多少感じられ、これが序盤の濃厚さに反してしつこすぎないフィニッシュへと繋がっている。

IMG_20190404_222001

シェリーメーカーの大手、ゴンザレス・ビアス社がリリースする、ペドロヒメネス(PX)シェリー酒、通常ラインナップの最高峰。以前記事で紹介した現行品や近年流通のノエは30年表記(ソレラに加えられている原酒の最低年数)がありますが、今回のオールドボトルには特段表記がありません。
ただ、飲んだ印象で同等程度の熟成は感じられるため、最低でも30年前後の熟成原酒を使って作られていることは間違いないと感じます。

PXシェリーの製法や品種については、もはや説明は不要かと思いますので省略。まあテイスティングの通り、まさにデザートワインという、めちゃくちゃ甘くて濃厚な酒精強化ワインなのです。
しかしただ甘いだけではなく、熟成による違いは当然あり、10年熟成程度の若いタイプのものは、甘味の濃厚さに対してアルコールも相応に感じられるだけでなく、全体的に大味な傾向があります。

一方で、長期熟成品はアルコール感が穏やかになり、とろけるような濃厚なフレーバーを楽しめるだけでなく、複雑さや落ち着き具合もポイント。オールドボトルの場合は、特にその特徴が出ているように感じられます。
今回のボトルの場合、現行品に比べて度数が5%高いことでボディの厚みはあるものの、酒精を感じさせないまろやかさは経年由来の特徴でしょう。風味が厚くただ甘いだけじゃない複雑さを伴う、とろけるような奥深い味わいなのです。

ccc57d23
(ノエ30年新旧ボトル。同系統の風味であるが、新しい方が甘味が強く、旧ラベルの方が奥行きを感じさせる複雑な味わい。近年流通品のコメントはこちら)

さて、PXシェリーと言えば、食後にちょっと舐めたり、シガーに合わせるのも良いですが。。。これまでのPXシェリーのレビューでも書いたようにアイスクリームへの”ぶっかけ”が最高にオススメ。特に、ノエのようなちょっと良いPXはアルコール感が目立たないので、このために存在しているのでは、と思えるほどです。

IMG_20190404_222706

今回のボトルも勿論、ぶっかけで頂きます。
ただ、毎回単にぶっかけてばかりのレビューでは芸がないのでちょっと変化をつけて、コンビニ等で売っている冷凍イチゴを電子レンジで熱々に解凍し、PXシェリーをぶっかけたアイスにトッピング。

冷たいアイスのクリーミーな甘味、PXシェリーの濃厚なコクとダークフルーツを思わせる甘酸っぱさ、合わせて熱々のイチゴの酸味と香りが口内で渾然となって広がる・・・。
あかん、これはあかんヤツですよ。
市販の冷凍イチゴはそこまで甘味が強くないのでシェリーのそれと喧嘩せず、香りと酸味、あとは温度差が加わることでの素晴らしいマッチング。
あー幸せ、アイスもイチゴも手軽に手にはいるものですから、シェリー酒一本でまだまだたっぷり至福のデザートが楽しめるってわけです。

ゴンザレスビアス ノエ 30年 ペドロヒメネス 15.5%

カテゴリ:
GONZALES BYASS
NOE
Pedro Ximenez Muy Viejo Sherry
Over 30 years old
2010's
750ml 15.5%

リッチで濃厚な甘い香り立ち。ややウッディなニュアンス。とろりと濃厚な口当たりは、黒蜜や生チョコ、そしてレーズンや無花果の甘露煮を思わせる甘酸っぱさがアルコールの刺激少なくとろけるように豊かに広がる。
余韻は長く、しかし序盤の濃厚さがある甘みがしつこく残らず心地よい満足感を伴う。素晴らしいPXシェリー。


ウイスキーでもお馴染み、ゴンザレスビアス社のPXシェリーブランドの最高峰"ノエ"。20年間樽熟成し、その後10年間はソレラシステムに組み込む事で、30年を最低熟成年数とする長期熟成極甘口シェリーです。
今回のテイスティングアイテムは2010年ごろに流通していたロットで、現行品の方が少しコクが軽い印象もありますが香味の傾向は同じだと感じています。

PXシェリーは原料となるペドロヒメネス種のブドウを、収穫を遅らせたり天日干しにするなどして糖分を高めたのちに仕込むため、非常に濃厚な甘みが各ブランドに共通する特徴としてあります。
グレードの低いものだと甘いだけで余韻がベタついたり、アルコール感が強かったりするので、ソーダで割ってレモンを絞るような飲み方を推奨したいところですが、このノエはストレートで飲んでも濃厚な甘みに対して程よい酸味と余韻のベタつきのなさが特徴。軽く冷やして食後酒として文句なしの1杯です。


ノエのようにちょっといいPXシェリーでおすすめしたい楽しみ方が、バニラやミルク系のアイスにかけるスタイル。ハーゲンダッツのような甘みとコクしっかりの高級タイプより、食べる牧場ミルクやスーパーカップ、雪見だいふくなんかも良いですね。(亜種では抹茶系のアイスにかけるのもGOOD)
ただでさえ甘いのに、さらに甘いものにかけて大丈夫なのかと思うかもしれませんが、そこは温度差が解決してくれます。

甘みを含む香味のいくつかは、温度が低いと感じにくくなる傾向があり、アイスクリームで冷やされることでシェリーの甘みが感じにくくなるだけでなく、もともと香味全体が濃厚である故それが適度な引き算となって・・・ドライフルーツを思わせる酸味と熟成によるコク、アーモンドのようなほのかな樽香だけが残り、素晴らしいアクセントとなるのです。(糖分とカロリーは勿論その分オンされてますがw)

こうした食べ方はウイスキーやブランデーを使った事例もあります。しかし個人的な好みで言えば、度数の高いものとの組み合わせは、よほど香味のしっかりしたものや長期熟成品をごく少量に留めない限り、アルコールが悪目立ちするだけでなく、粘度が低いためしゃばしゃばになって、見た目のワクワク感ほど美味しくないというのが率直な感想です。
やはりアイスクリームにかけるならPXシェリー、このデザートを是非オススメしたいです。

ちなみにBAR飲みでは、自分で頼むだけでなく、お店によって甘口シェリーを締めのサービスで出してくれるところがあり、これは自分のような甘党ウイスキードリンカーには最高のサービスだと考えています。
っていうか下手にスナック菓子とかのチャームが一品出てくるより、締めにちょっといいPXが出た方が嬉しいのが本音。上記のようにアイスクリームにかかって出てきたら最強かよって感じですね(笑)。

(ノエの新旧ボトル。左が現行寄りのデザイン。右が1990年頃の流通品。5〜10年単位で細々ラベルデザインが変わっており、1990年代以降でもこれ以外に複数種類のラベルが存在する。なお、オールドになればなるほど相当の澱が出ているので、取り扱いは注意。)

エルカンダド ペドロヒメネスシェリー バルデスピノ 17%

カテゴリ:
エルカンダド
EL CANDADO
PEDRO XIMENEZ SHERRY
VALDESPINO
750ml 17%

シェリー系のウイスキー紹介が続いたところで、今日は脱線してシェリー酒。普段飲みスタイルの雑談記事になります。

黄色地の目立つラベル、それ以上に異彩を放つ、黄金色の南京錠付きのコルクキャップ。
洋酒を嗜まれている方々には今更紹介するまでも無い、"黄色いニクいヤツ"。スペイン・ヘレス地方産、ペドロヒメネスシェリー酒(通称:PX)の有名銘柄が、今回の記事の主役、バルデスピノ社のエルカンダドです。


一応さわり程度、概要に触れていきます。
バルデスピノ社といえば、ヘレス地方の大手ボデガに数えられる存在であり、ウイスキー愛好家にはおなじみとも言えるシェリー樽供給元の一つでもあります。
少し前は、キングスバリーがバルデスピノカスクなんていうシェリー樽のシリーズをリリースしてましたし、シェリー酒を意識して飲んだことが無いというウイスキードリンカーでも聞き覚えはあるのではないでしょうか。 

PXシェリーは、収穫した葡萄(ペドロヒメネス種)を天日干しにして、糖分を濃縮したものを原料として作られる、全甘党御用達とも言える極甘口な酒精強化ワイン。
その濃厚な甘さは、甘い物嫌いの人からすれば卒倒できるシロップのような濃縮感。しかし、ただ甘いだけではない、酸味や苦味など、甘みの奥に潜む多彩さが魅力の一つともいえます。

今回のエルカンダド、酒販店等の説明では12年、ラベル説明では10年以上(なぜか微妙に違う)の熟成を経てリリース。この熟成年数は、ソレラで熟成されるシェリーにおいて一概に比較は出来ませんが、決して長期熟成というわけではなく、感覚的にはウイスキーと同じ尺度で見て良いと思います。
また、ウイスキー業界で使われる「シーズニングシェリー樽」の1年、2年というシーズニング期間が、良いか悪いかは兎も角、シェリー本来の熟成としては短いことはわかります。

香りは常温だとツンとしたアルコール感、あわせてレーズンやチョコレートを思わせる、非常に濃厚な甘いアロマ。
味わいはとろりと濃厚、黒蜜、レーズンやカシス、ベリーなどのダークフルーツのシロップ。アーモンドのほろ苦さ。余韻で引っかかりというか、若干喉を刺激するアルコール感と酸味もありますが、深く、濃い甘みが長く残ります。

上位グレードのPXシェリーとの大きな違いは、風味のふくよかさもさることながら、このアルコール感と、滑らかで濃厚でありながらすべるように喉へおちていく飲み心地にあると感じています。
そうした点で、エルカンダドは3000円以上の価格帯で高く評価されているペドロヒメネスには及ばない部分はあるものの、口に含んだ際に広がる芳醇な味わいは、PXシェリーの醍醐味とも言えるそれ。コスパに優れた1本として評価されています。

前述のアルコール感は、冷やしてしまえばあまり気になりません。
さらにPXシェリーは糖度が非常に高いためか、一般家庭用の冷凍庫であれば凍りつくことはありません。
このエルカンダドを冷凍庫でキンキンに冷やし、とろ〜っとしたところを食後のデザート代わりに飲む。これは黒糖かりんとうが好きな人とかホイホイだと思います。また、レモンを絞ってソーダ割りにすると、甘みと酸味のバランスがとれ、疲れた体に染み渡る美味しさです。


どろりと濃厚なPXシェリーは、常温ではとても夏向きとは言いがたいお酒である一方、自分は先述のスタイルで、夏のお供はこれと言わんばかりに飲んでいます。
多分今までの人生で一番飲んでるシェリー酒は、エルカンダドでしょう。 
正直、味わいだけなら「甘いは旨い」という系統の味覚を持つ日本人好みの構成であり、価格も2000円程度と手ごろ。一般的にもっと飲まれても良いお酒だと思っています。
それこそPXシェリー以外に、同じく甘口のモスカテルやクリームなど、少なくともカシスリキュールと同じくらい、広く飲まれていても良いと思うのです。

余談ですが、PXシェリーがこれだけ濃厚に甘いのだから、PXシェリー樽で熟成したウイスキーもまた同様に濃厚な甘さが得られるはず、と思いきや、とろりとした粘性のある飲み口にはなるものの、結構ウッディというか、甘み以上に渋みが出ているリリースに多く当たります(むしろドライなオロロソのほうがウイスキーは甘みのある仕上がりとなったり)。
これはウイスキーのように度数の高いアルコールの熟成の場合は、樽材も一緒に溶けるため、シェリーそのものの味と全てがリンクするわけではないためだと考えられる一方、類似点が感じられないわけでもありません。
ウイスキーに関係があるお酒も飲んでいくと、色々新しい発見があるなと感じています。

バロン モスカテル ミカエラ 甘党ウイスキー好きに薦めるコスパ良好シェリー

カテゴリ:
最近信濃屋さんが取り扱いを始めた、スペインはヘレスのボデガ、バロンのシェリー酒です。
実はマッカランに樽を卸しているメーカーの一つだったりするのですが、あまり知られておらず・・・っていうか日本ではそもそもシェリー酒自体があまり馴染みがないですね。 

シリーズとしては辛口でさっぱりと飲める食前酒向きのマンサニージャや、辛口でコクのあるオロロソ、甘みと複雑さがある食後酒向きのクリーム、さらに甘口でレーズンや黒蜜を思わせるまさに飲むデザート、ペドロヒメネス等がラインナップされています。
ペドロヒメネスだけは3000円を越える価格ですが、そのほかは1500円前後と非常にリーズナブル。想定されるシーンに合わせて2種類くらいストックし、ガンガン飲んでしまいたいお酒です。


BODEGAS BARON 
MOSCATEL
MICAELA
750ml 17.5%

今回紹介するのはバロンの中で、ペドロヒメネスの次に甘口タイプとなるモスカテル。
バロン モスカテル ミカエラ。熟成年数は5年程度とされています。
香りは干し葡萄を思わせる果実香、葡萄の皮、黒く湿ったウッディネス。熟成が若いためか若干アルコール感も感じます。
味の入りは極甘口で、香り同様レーズンや黒蜜の甘さがあるのですが、合わせて若い白葡萄のような酸味も備わっていて、これは冷やすと強めに出ます。
広がった甘さをぎゅっと引き締め、余韻はシロップ入りの紅茶、ほのかなタンニン。甘さがどんどん収束していき、飲み口からすれば意外なほどすっきりとした余韻に繋がるのです。 

この甘さだけではない酸味、渋みなどは、甘さが最後までドカンと続くペドロヒメネスと異なり、いかにもモスカテルらしさと言える造りです。
ストレートで飲む場合はキンキンに冷やすより、20度くらいのちょい冷えが自分は好みですね。

そして夏場は毎年お世話になってます、シェリーのハイボール。
甘口で定番となっていたのは高コスパペドロヒメネスの代表格、エルカンダドでしたが、ペドロヒメネスらしさ全開で甘さが強いので、ストレートは厳しく、ハイボールにしてもレモンを絞る必要がありました。このバロン・モスカテル・ミカエラは、元々酸味系のフレーバーも備わっていて、余韻は甘みがそれほど強くないためそのままでも楽しめます。
ちょっと余韻がべったりするのが気になりますが、それはそれとしてクラッカーでも挟めばOKです。


ウイスキーを飲み始めて、シェリー系の甘口モルトが好みだなと自覚し始めた甘党ウイスキー飲みの皆様は、片足くらいシェリーに突っ込んでも面白いんじゃないかなと思うところ。
なんせ樽は共通する要素なのですから、知識としてあって困るものじゃありません。(むしろウイスキーだけでは見えないものも見えてくるかも・・・)
ちなみに、オロロソはウイスキーにあるような甘さはあまり感じられないので、甘いタイプが好きな方には以下のクリーム、モスカテル、ペドロヒメネスがオススメです。

オロロソシェリー樽のウイスキーに甘みや独特の風味が混じるのは、高度数の原酒を熟成させることで、染みこんだシェリーのみならず、樽材そのものが溶け出るからだと思います。シェリー酒だけで味を作れないのは、熟成における難しさです。
なお、甘口との対比でさっぱりしたシェリーも・・・と言う場合は、バロンでそろえるならオススメはもちろんマンサニージャ。「いただきます」から「ご馳走様」まで、あなたの食事をサポートしてくれますよ!

このページのトップヘ

見出し画像
×