タグ

タグ:サントリー

シングルモルト 白州 ノンエイジ 2020年リリース 43%

カテゴリ:
IMG_20200606_082028
IMG_20200606_223853
SUNTORY
HAKUSHU
SINGLE MALT WHISKY
No Age
Release 2020
180ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:自宅
評価:★★★★★★(5-6)

香り:ややドライだが品のいい香り立ち。バニラや洋梨を思わせる甘さ、干し草、微かにグレープフルーツの皮を思わせる爽やかさ。原酒の若さからか、樽香がささくれているようなイメージで、多少の刺激を伴うものの、総じて華やかでオーキーなアロマが主体。

味:若い原酒由来のピリピリとした刺激、香り同様のオーキーな含み香を伴う粘性のある口当たり。酒質由来か刺激の中に柔らかい甘さ、膨らみがあり、すりおろし林檎や柑橘の皮を思わせるフレーバーも。
余韻はドライでほろ苦いウッディネス。華やかなオーク香が鼻腔に抜けていく。

類似のタイプを挙げるなら、スペイサイドやハイランドモルトのバーボン樽熟成10~12年モノという系統の構成。若い原酒のフレッシュさとオークフレーバー、木々のアロマ、すなわち森の蒸留所。白州NASのリリース当初から変わらないキャラクターでもある。
味わいに適度な厚みと熟成感もあり、少量加水すると若さが軽減され特に香りのまとまりが良く、口に含むと徐々にフレーバーが膨らむように広がる。ストレートでは粗さがあるが、ハイボール良好、ウイスキーフロートも面白い。

IMG_20200606_082043
IMG_20200605_230940

 先日、2020年ロットのシングルモルト山崎NASが美味しくなった、というレビューを書かせていただきました。その要因としては、全体的な熟成感の向上、一部キーモルトとなる原酒の風味が厚くなったことで、山崎らしさが感じられるようになったことが印象としてありました。

ならば、もう一つのシングルモルトである白州も美味しくなったのでは。。。と考えるのは愛好家の性。ハイボールブームを受けての原酒増産にかかる効果に加えて、原酒のやりくり。それこそ白州は12年を休売としているわけですが、関連する原酒をNASリリースにまわしている可能性も考えられます。
機会を見つけて飲んでみたいと思っていたところ、このタイミングで出荷停止となっていたノンエイジの180mlボトルが復活しており、コンビニを中心に展開されていたので、さっそくテイスティングしてみます。

 ※2020年ロットのシングルモルト山崎。このロットから表ラベルにJAPANESE WHISKYの表記が入る。白州も同様の整理。昨今整備が進むジャパニーズウイスキーの定義に沿ったものだろうか。

結論から言うと、香味のベクトルは以前の白州NASと同じ。しかし熟成感が若干向上して、美味しくなったようにも感じられます。あくまで個人的な印象ですが、例えば数年前のロットが6~10年の原酒をブレンドしていたとして・・・それが6~12年に広がり、平均熟成年数としても若干増えた結果なのではないかという感じです。
そのため、若いニュアンスは変わらずあるのですが、刺激の中に感じられる熟成を経た原酒由来の粘性のある甘みや、オーキーなフルーティーさ。全体に厚みと華やかさがあるのではないかと思います。

ただ、山崎NASと比べてしまうと、個人的に白州のほうは明確にこれと感じるような違いではありません。 お、なんかよくなったかも。。。というレベル。
そもそも白州NASはリリース当初から方向性が定まっており、軸になっていたのはバーボン樽、アメリカンホワイトオーク系のフレーバー。若いなりに良い仕上がりのシングルモルトでした。
それがリリースを重ねるごとに、原酒不足からかちょっとオーキーなフレーバーが薄くなって、若さが目立っていたのが2~3年前時点のロットという印象。今回のリリースは良くなったという話もそうですが、初期ロットの頃の味に”先祖返り”したと言うのが適切かもしれません。

白州NASは、山崎同様にこれがプレ値ではなく正規価格で買えるなら、納得感あるクオリティ。最近のジャパニーズウイスキー市場の中でのコスパも十分です。
しかし水を差す形になりますが、冷静に考えるとこの手のフレーバーはスコッチモルトに結構あるタイプなだけでなく、スコッチのほうが安定して買えてしまうという点が・・・。
例えば、5000円以下の価格帯でアラン・バレルリザーブ(新ボトル)や、グレンモーレンジ10年、グレンフィディック12年、グレングラント10年or12年・・・など、アメリカンオーク系フレーバーを主とする蒸留所のオフィシャルリリースと、モロかぶりしてしまうのが少々ネックです。

18b8560b

この点はノンエイジというエントリーグレードでありながら、唯一無二と言える日本的な個性を持つ山崎に対して、白州は王道というかスコッチ寄りのキャラクター故に、独自の個性・ハウススタイルのためにはさらなる熟成が必要なようです。
白州は”森の蒸留所”と言われていますが、オフィシャルシングルモルトは12年、18年、25年と熟成年数が上がる毎に、その"森"が深くなっていくような印象があります。
例えるなら、25年は深山幽谷の深く立ち込める森の空気も、NAS時点では木々が細く、日も差し込み、風も抜けていくような、若い森の姿なのです。

今回のリリースでは、白州という”森”に成長(あるいは伐採からの回復)の兆しが見られたのが、明るい話題です。
それは一時的なものなのか、今後さらに良い変化があるのかはわかりませんが、今は純粋に、一定以上のクオリティがあるジャパニーズウイスキーを手に取れる機会と、その味わいとを楽しみたいと思います。

シングルモルト 山崎 ノンエイジ 2020年リリース 43%

カテゴリ:
IMG_20200522_213659
SUNTORY 
YAMAZAKI 
SINGLE MALT WHISKY 
No Age 
Release 2020 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:やや粗さはあるが、オーキーで複雑なウッディネスを感じる香り。その樽香は、アメリカンオーク由来のバニラと華やかさに、ミズナラ香のアクセント。微かにワイン樽由来と思しき果実香やハーブなど、複数の樽が交じり合う山崎らしさがある。

味:口当たりはマイルドで、香り同様に複数の樽由来のフレーバーが粘性の中から主張する。バニラや砂糖漬けオレンジピール、微かに杏子や干し柿。鼻孔に抜けるオークの華やかさと香木を思わせる樽香。奥行きはそれほどでもなく、余韻にかけてスパイシーさ、若さ由来の刺激も若干あるが、フレーバーティーのような甘味を伴うタンニン、ほろ苦いウッディネスと共に長く続く。

山崎12年系統のフレーバーが感じられ、バランスが良くなった山崎NAS。さながら山崎12年レプリカといったところ。多少の粗さはあるが、特筆すべきは香味のなかに感じることが出来るミズナラ香。全体の軸になるアメリカンオークの華やかさが熟成感を増し、微かに混じるワイン樽のベリー香と余韻の苦味が、香味全体にボリュームを与えている。
加水すると香りはさらにオーキーな華やかさが主体に、味わいはややビターな印象であるが、サントリーのウイスキーらしく香味のバランスは保ったまま伸びる。

IMG_20200522_213735

美味しくなった、という話を聞いていた山崎のノンエイジの2020年生産ロット。サントリーやニッカは毎年毎年原酒の調整からか、微妙に味を変えてくる傾向があり、それが良い方向に作用しているという話です。

以前の山崎ノンエイジは、リリース初期の頃だとワイン系の原酒が強く、それで若さを誤魔化したような印象があり。。。数年前に購入して飲んだものは、そのワイン系の味わいが穏やかになって山崎12年に共通する香味が感じられる一方、パンチョンの若い原酒がメイン?というくらいに華やかさよりも乾いた木のドライでビターな主張が目立つ、ハイボール用かと思う構成が印象に残っていました。

※2016年~2017年流通の山崎ノンエイジ。当時感じた感想と、今回のボトルとの違いは平均した熟成感とミズナラのニュアンスにある。当時からオークフレーバーはあったが、若さが目立っており、最新ロットにかけて全体が整ったであろうことが、コメントを比較することで見えてくる。

そのため、良くなったと言っても、ちょっとオーキーな華やかさが強くなったとか、そんなもんでしょ?と。侮っていたのですが、これは飲んで驚きです。
勿論、これまでのNAS山崎と比較してベクトルが大きく変わった、というわけではありません。しかし山崎に求める香味がはっきりしたというか、軸となるべき原酒の熟成感が増したというか。12年に比べたら粗さはあるものの、要所を抑えているような印象を持つシングルモルトに仕上がっているのです。

シングルモルト山崎の魅力は、複数の蒸留器で作り分けられる原酒に、バーボン、シェリー、パンチョン、ミズナラ等、多様な樽の使い分け。恐らく単一蒸留所としては世界最高峰と言える原酒の作り分けと、それを活かしたブレンド技術によって作られる、響以上に重厚なウッディネスだと思っています。
こうしたウッディさは温暖な熟成環境である日本らしさに通じる一方、熟成を経ていかなければまとまらず、昨今多くのクラフトが苦労しているように、サントリーもまた若い原酒の使い方で苦労していた印象はあります。それがここに来てハイボールブームを受けて増産していた原酒が使えるようになってきたのでしょうか。粗削りながら、より12年に通じる原酒構成に変わってきたと感じます。

それこそ、価格、入手難易度等を総合的に考えると、現在手にはいるジャパニーズシングルモルトのなかで、家飲みで楽しむならこのボトルで良いのではないかと思えるほど。
こうなると、同じグレードとなる白州ノンエイジも良い変化が出ているのではないかと気になるところ。追ってモノを調達して、レビューしたいと思います。


※6月6日追記:最新ロットを購入し、レビューを公開しました。こちらも過去のロットに比べて良い変化を感じられました。

エッセンスオブサントリー 第3弾 リッチタイプ ジャパニーズブレンデッド 48%

カテゴリ:
essence_of_suntory_rich_type
ESSENCE of SUNTORY 
BLENDED JAPANESE WHISKY 
RICH TYPE 
Bottled in 2019 
500ml 48% 

グラス:アランノベルティグラス
時期:開封後1週間
場所:BAR ヒーロー
評価:★★★★★★(6)

香り:山崎らしい甘く華やかで、香木っぽさの混じるウッディなアロマ。干し柿やアプリコット、オーキーでもあり熟成を感じる。その奥には白く乾いた木材、微かにハーバルなニュアンスも。

味:口当たりは厚みがあって甘やかでリッチ。柿のペーストや林檎のカラメル煮、加工した果実の甘みと香木を思わせるウッディネスが広がり、そこからさらにもう一段、乾いた木材を思わせる強いウッディさが口内を引き締める。
余韻はドライでスパイシー、木製家具、香木のオリエンタルな含み香を漂わせて長く続く。

熟成感と多層的なウッディネスを楽しめるブレンデッド。中でもミズナラ樽の香木を思わせる要素が主体。もはや響と言っても違和感のないサントリー味だが、余韻や香りの奥に強めのウッディさ、針葉樹系のニュアンスが存在するのが違いと言える。加水しても崩れずよく延びる。っていうかモロ響系統。ジャパニーズハーモニーがこうだったら。。。

IMG_20191109_092417

エッセンスオブサントリー第3弾。鏡板を杉材に変えた杉樽熟成のモルト原酒をキーモルトとし、白州、山崎、それぞれの原酒をベースとしているジャパニーズブレンデッド。
昨日レビューした白州ベースのクリーンタイプに比べ、この山崎ベースのリッチタイプは熟成感とウッディネスが強く、シェリー樽やミズナラ樽等の杉樽以外のフレーバーがしっかり備わっていることから、杉材の個性はクリーンタイプほどは目立たちません。

テーマとなる杉樽原酒は、ホワイトオーク樽で12年以上熟成させた山崎モルトを杉樽に移して6年以上後熟したフィニッシュタイプ。後はリフィルシェリー樽、ミズナラ樽で18年以上熟成させた山崎モルトや、同じく18年以上熟成の知多グレーンと、公開されている原酒が全て18年以上の熟成を経ているという、原酒不足な昨今では珍しい贅沢な仕様のブレンドです。
香味ともしっかり熟成感があって満足度は高く。また水楢と杉、2つの日本由来の木材が生み出すフレーバーの共演は、これぞジャパニーズハーモニーと言えるものだと感じます。

自分は響のような多層的なサントリーのブレンド構成を、樽感の十二単のようだと感じています。今回のブレンドで杉樽の存在感は、その着物のなかの1~2枚と言えるレベル。一番目立つ表の部分はミズナラで、間をシェリー、ホワイトオーク、そしてグレーンが繋いでいる。強調されたウッディネスに些か違和感はありますが、癖の強い原酒をキーモルトにしつつ、ここまで整ってまとめられるのは、サントリーのブレンド技術の高さを感じられる"エッセンス"だと思います。

essence_of_suntory_japanese_blended_whisky

ちなみに、昨日公開したクリーンタイプのレビューで、2つのラベルデザインが、どちらのブレンドも味わいのイメージとリンクしているように感じると書きました。

考えすぎか、あるいは偶然の一致かもしれませんが、ベースの部分の色使いが
クリーンタイプ:白色:白州や知多のスッキリとクリアなブレンド(白角や角瓶のベクトル)。
リッチタイプ:黄金色:熟成した山崎と知多の味わい深い多層的なブレンド(響のベクトル)。
ここにそれぞれ墨字の"和のデザイン"が、今回のテーマである杉樽由来のフレーバーを表しているという理解であり。このロジックで行くと、リッチタイプは杉樽の面積が少ないわけですが、実際先に書いたようにそこまでコテコテな構成ではありません。

その点で、リッチタイプは言わばブレンダーが納得のいく材料を使って作る、サントリーのブレンド技術を見るようなリリースでもあるのかなと。上で角と響と書きましたが、ブレンドの違い以上に原酒の格が違うんですよね。
まずはクリーンタイプで杉樽由来のフレーバーを感じ、その上でリッチタイプで理想系を味わう。そんな視点で楽しんで見てはいかがでしょうか。

エッセンスオブサントリー 第3弾 クリーンタイプ ジャパニーズブレンデッド 48%

カテゴリ:
IMG_20191109_092733
THE ESSENCE of SUNTORY 
BLENDED JAPANESE WHISKY 
"CLEAN TYPE" 
Botteld in 2019 
500ml 48% 

グラス:アランノベルティグラス
時期:開封後1週間
場所:BAR ヒーロー
評価:★★★★★★(5-6)

香り:ドライでオーク由来の軽い華やかさを伴う、クリーンな香り立ち。スパイシーで干し草、針葉樹、タイムなどを思わせる微かにハーバルなニュアンスが独特なアクセントになっている。

味:香りのクリーンさ、ドライさに反して口当たりはとろりとしたグレーンの甘味がある。合わせてオークの華やかさが一瞬含み香として感じられるが、すぐに干し草や乾いた木材のようなドライさ、序盤の甘味からの落差がある。また余韻にかけてスパイシーさ、オーキーな華やかさに混じって木材のエキスのような独特なニュアンスを伴うフィニッシュ。

ライトピーテッドな白州ベースのブレンデッドに、杉樽の個性という組み合わせなので、杉材由来のフレーバーが分かりやすいのがポイント。特にフィニッシュにかけて存在を主張して、それが良いか悪いかはさておきアンバランスなほどではない。
加水すると穏やかにまとまり、香りは軽やかな華やかさが延びるようで、スッキリとした余韻へと繋がっていく。こうした変化に加え、強めに加水してもしゃばしゃばにならない点は流石のブレンド技術。

IMG_20191109_092452

先月末にリリースされた、エッセンスオブサントリーシリーズ第3弾。同シリーズのコンセプトに関する説明は今さらなので省略しますが、今回のテーマは”杉樽モルト原酒”。アメリカンオーク樽の鏡板部分を杉材に変えた”杉樽”で熟成させたそれは、サントリー独自の原酒として、何かと話題になることが多いものです。

杉樽がもたらすフレーバーの方向性はミズナラの”和”とは異なる"和"に通じるもので、爽やかで軽い植物感の混じるハーバルなニュアンス。既存の製品だと、トリスの構成原酒に使われていたり、かつては輿水ブレンダーが”ピュアモルト膳”の構成原酒の一つに用いたなどエピソードが残されています。
ただし、癖の強い樽であることから原酒の扱いは難しかったことも合わせて語られています。
以前この杉樽熟成のモルト原酒を飲んだことがありますが、確かに独特な香味要素やボディを潰すようなエキスが強く、ブレンドに使うとしても隠し味、シングルモルトとしては厳しいのではないか、と感じていたところでした。

IMG_20191109_134859

今回のエッセンスオブサントリー第3弾は、その杉樽熟成モルト原酒を用いたブレンデッドウイスキーへのチャレンジ。白州ベースのブレンデッド(クリーンタイプ・写真左)と、山崎ベースのブレンデッド(リッチタイプ・写真右)の2本。ラベルに書かれた墨字は「和」であり、デザインの違いからも伝わるように、どちらも異なる方向性を表現したブレンドとなっています。

このクリーンタイプは、杉樽で6年以上熟成させた白州モルト原酒と共に、同じく白州蒸留所のホワイトオークで熟成したモルト、知多蒸留所のクリーンタイプグレーンをブレンドしたもの。そこまで若いとは感じないので、アメリカンオーク樽の原酒のほうは、少なくとも10年程度は熟成しているように感じます。
トップノートは白州モルトらしい軽い華やかさ、オーキーなアロマが感じられ、そこからグレーンの影響かドライでまさにクリーン。ここに杉樽っぽさがハマッて個性が分かりやすいのですが、味の強さから杉樽のモルトは全体の20%程度とか、バランスを取りつつ使っているのではないか。大半がそれというレシピではなさそうです。

またその味わいから考えると、今回の2つのブレンドは、双方とも香味構成がラベルデザインや色使いにもマッチしているようで・・・。
つまりクリーンタイプは、白地が白州ブレンドのクリーンなフレーバーで、大きく書かれた黒の和が杉樽の個性と言えるような、一部分で目立つ構成なのです。
(リッチタイプとクリーンタイプでは、杉樽の個性は後者のほうが分かりやすいとも。)

個性的な原酒故、ブレンドはかなり苦労されたのではないかと思いますが。ただ混ぜただけにならない個性のバランスや、加水での変化など、チャレンジを支えるブレンド技術に、これまでの経験と伝統の技を見ることが出来た1本。
後は好みの問題で、自分はやはり杉樽をコアに持ってくるのは難しいかなという印象を再認識する結果となりました。

サントリー 北社 12年 ピュアモルトウイスキー 40%

カテゴリ:
IMG_20190801_085757
SUNTORY 
PURE MALT WHISKY 
HOKUTO
AGED 12 YEARS 
660ml 40% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヵ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでしっかりとオーキー、洋梨や林檎の蜜、微かに干柿のような甘みと香木を思わせるオリエンタルなウッディネス。奥には干し草のような乾いたニュアンスも感じられる。

味:白色系の果実を思わせるやわらかい甘さとウッディな口当たり。香り同様の構成で、オーキーな華やかさとほろ苦さが含み香で広がり、ほどよいコクもあるが、余韻にかけてはドライでやや単調でもある。

響というよりは当時のローヤル12年とも共通する華やかでオーキーな熟成香が、ピュアモルトである分ダイレクトに感じられる。序盤に比べて余韻は広がりに欠ける印象もあるが、個性の強いモルトを飲みやすくまとめた作りであれば、こういうあり方もありだろう。少量加水、ロック、多用な飲み方で楽しめる。

IMG_20190801_085826

サントリーから、2004年にピュアモルトが、2006年ブレンデッドがそれぞれリリースされた北杜シリーズ。
ブレンデッドウイスキー北杜は50.5%のハイプルーフ仕様が売りのひとつで、これは当時の富士山麓樽熟50%(2005年発売)を。そして今回レビューするピュアモルト12年は、竹鶴12年ピュアモルト(2000年発売)を。
北杜市には白州蒸留所があり、その名の通り、白州蒸留所の原酒をキーにしたウイスキーですが、その位置付けは他社が独自の色を出して話題になったところに、対抗馬とわかるリリースをほぼ同価格で打ち込むという見え方で、なかなかに露骨でした。

しかしこれも、少しでも再浮上のきっかけを掴みたいと形振りかまっていられなかった、当時のウイスキー業界事情があったとも言えます。
最終的に北杜シリーズは2010年頃に終売。この頃にはハイボールブームに火がつきはじめており、角瓶の出荷調整が起こるなどサントリーとして低価格帯で重視するジャンルが定まってきた時期です。選択と集中もあって様子見で展開していたものを引き上げた、ということなのだと思います。

北杜12年はこれまで何度か飲んでいる銘柄でしたが、今回のボトルは自分が過去飲んだものとは印象が異なって熟成香が強く、オーキーな華やかさだけでなく、ミズナラを思わせるオリエンタルな要素も混じって感じられた点には驚きました。以前飲んだものも華やかでしたが、バーボン樽の白州強めというか、もっとあっさりしていたと記憶していました。

IMG_20190827_000100

裏ラベルに書かれた内容の後半、「なお北杜は~~」の箇所が、「2004年秋に誕生する市の名前」と未来を指しているので、それ以前の発売、つまり発売初期の気合いをいれて作ったロットだったのかもしれません。(少なくとも、別ロットのボトルからは該当する説明文が消えています。上記画像参照。)
何れにせよ、これが2000円台というのは、かなりのコスパ。今そこにあるなら、迷うことなくケースで買うなと考えた脳裏を過るのは、3年ほど前6本以上の在庫を見かけた某都内酒屋の存在。きっともうないんだろうなぁ。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×