タグ

タグ:ケイデンヘッド

グレンマレイ グレンリベット 22年 ケイデンヘッド 1980年代流通 46%

カテゴリ:
GLEN MORAY - GLENLIVET
CADENHEAD
Black Dumpy Bottle
Aged 22 years
Distilled ??
Bottled ??
750ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:持ち寄り会@KuMC
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:こなれた麦感を主体とした柔らかく芯のあるアロマ。藁小屋の乾燥したニュアンスをウッディネスに感じつつ、漬け込まれたはちみつレモンや熟したリンゴの蜜っぽい果実香。微かに土っぽいピーティーさもある。

味:香り同様の構成。こなれた麦感から干草、リンゴのコンポートなど角の取れた果実味に繋がる。奥行きがあって粘性を伴うマイルドな口当たり。
余韻はドライでほろ苦く、乾いた麦芽、ほのかなスモーキーさを伴う。

厚みのある麦感と蜜っぽいフルーティーさ、微かなピート。加水と経年でマイルドに仕上がった構成で、程よい熟成感も感じられる。特段突き抜ける味わいではないが、しみじみうまく、らしさのあるボトルである。


近年益々伝説のボトルと化しつつある、ケイデンヘッドの黒ダンピー時代。多くのリリースが行われたこととネットのない時代だったこともあり、困ったことに今回のボトルは海外サイト含めてこれでもかというほど情報がなく、蒸留年、流通年ともに不明という有様。。。

持ち寄り会でのテイスティング時にはフェイク疑惑すらあったボトルですが、飲んでみると少なくともオールドの内陸系モルトであることは間違いないという印象。熟成も年数表記相応に感じられて、グレンマレイか、最悪スペイサイドモルトであることは間違いなさそうです。
この他のスペックは、香味から察するに、樽はアメリカンオークのリフィルのシェリーバット。蒸留は1965年あたりのものではないかと予想します。

ケイデンヘッド社のリリースは、当時ドッカン系のシェリーバットが主体だった中で、今回のように樽感よりも酒質の個性を出していくような構成が、当時も今も愛好家に評価されてきた経緯があります。
マイルドで経年によってこなれた香味は、樽感程よく酒質由来の部分があり。その酒質ベースもロングモーンやベンリアックなどのトロピカル傾向ではない、スペイサイドらしい洗練された仕上がりが、らしいボトルだなと感じるのです。

ローズバンク 11年 1980-1992 ケイデンヘッド 150周年記念 60.1%

カテゴリ:
ROSEBANK
CADENHEAD'S
AUTHENTIC COLLECTION
150th Anniversary Bottling
Aged 11 years
Distilled 1980
Bottled 1992
700ml 60.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:KuMC@NYさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:一瞬チョコレートクッキーやキャラメルアーモンドを思わせる甘いアロマを感じるが、すぐにハイトーンで鼻腔を刺激する鋭いエッジ、微かにメンソール。奥にはベリー系のニュアンスもあり、徐々に前に。樽の良さを感じる。

味:スパイシーで強いアタック。ドライベリー、チョコレートや黒砂糖、微かに青みがかったウッディネス。舌へのアタックは強く、ヒリヒリとした刺激が樽由来の甘みの後に続く。
余韻は程よくドライでビターだが、それ以上にハイトーンで強いキレ上がり。

良質なシェリー樽で圧殺した原酒。とはいえ、比較的若いうちにボトリングしたためか、シェリー感はリッチだが蒸留所の個性と言えるアタックの強さも残っている。少量加水すると多少樽と酒質の距離が縮まって一体感が増すものの余韻のキレは残る。


ボトラーズメーカーのケイデンヘッドが創業150周年を記念してリリースしていたオーセンティックコレクションシリーズの一つ。

同社からは昨年、175周年として様々なリリースが行われていましたが、この150周年のラインナップは長熟至上主義ではないというか、スコッチモルトでは70年代から80年蒸留で10〜20年熟成というマニアが唆るようなスペックが主体。
50年熟成近い不思議な味のタラモアとかも一部ありましたが。それこそこの時期なら60年代の原酒はまだまだ手に入る中で、原酒が潤沢だったというか、手探りだったというか、ウイスキー業界をにおける"時代"を感じる部分でもあります。

このローズバンクもその例に漏れず、11年熟成という短熟ハイプルーフでのリリース。
テイスティングの通り、3回蒸留原酒の鋭くハイトーンな香味が短熟ゆえに去勢されておらず、ファーストフィルシェリー樽と思しき濃厚な樽感が付与されていながら、それを酒質が突き破ってくるような感覚があり。このリリースの評価は、その若さというか、酒質とのバランスをどう捉えるかが大きいと思います。

自分はローズバンクというと、ちょっとやんちゃでキレの良いクリアな麦芽風味という印象から、このボトルはシェリー感に加えてそのらしさも一部感じられる点が面白いと思いますし、ボトラーズメーカー・ケイデンヘッドの1990年代ごろといえば、グリーンケイデンを筆頭にこういう酒質ピチピチのカスクストレングスが多かったですから、そういうらしさも備わったリリースだと感じています。

今回のボトルは、ウイスキー仲間の定例会、国立モルトクラブでテイスティングさせて頂きました。NYさん、いつも貴重なボトルをありがとうございます!

トマーティン 39年 1976-2016 ケイデンヘッド 43.8%

カテゴリ:

TOMATIN
CADENHEAD
Age 39 years
Distilled 1976
Bottled 2016
Cask Type Bourbon Hogshead 
Bottle Number: One of only 162 bottles released 
700ml 43.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラやドライパイナップル、微かにハーブ、乾いたウッディさの華やかなオーク香。合わせてケミカルなニュアンス、果実香が穏やかに香り立つ。

味:ドライで華やかな口当たり。バニラ、ラスク、熟した洋梨、パイナップルキャンディ。ほのかにピリピリとした刺激も伴う。
序盤のフレーバーは大人しめで力強く広がる感じではないが、余韻にかけてはケミカルなトロピカルフルーツが広がり、ウッディなスパイスと共に長く続く。

美しい76トマーティン。この時期のトマーティン特有のケミカルなフルーティーさが過度に主張せず、序盤はホグスヘッドらしい華やかな樽感主体でドライ、余韻にかけて綺麗に広がる。


飲んでいた時期の関係もあり、1976トマーティンは数多く飲んできました、美味いボトルも、そこそこなボトルも沢山ありました。そのシングルカスクリリースの中で最も綺麗な仕上がりと感じたのが今回のトマーティンです。
先日レビューさせて頂いた175周年記念のカリラ同様に端正な仕上がり。長期熟成となって、熟成のバランスでプラスに作用しているボトルと感じます。

1976前後のトマーティンは、子供の風邪薬シロップのような、独特なフルーティーさに繋がっているケミカルなニュアンスが特徴であり、わかりやすい魅力でもあります。
しかしボトルによってはそれがしつこく、鼻についてしまうものも少なくないのですが、今回のリリースは熟成を経る中で酒質部分が削られ、度数が落ちたことが良い方向に作用。序盤はそのケミカルさが抑えられて適度にドライで華やかな口当たりが心地よく、そして余韻にかけてフルーティーなフレーバーが解き放たれていくのです。

個人的にウイスキーの熟成のピークは20〜30年くらいに多く、後は度数が落ちて酒質が枯れていくだけという印象があるのですが、突き抜けていくようなエネルギーはないものの、こうしてバランスが取れて長期熟成としての飲み頃を魅せてくれるボトルがあり、熟成の偶然や神秘の一つであると感じています。
他方、今後このようなリリースが続いてくるかというと、酒質に力のあった1960〜70年代だからこその産物とも考えられ、80年代、90年代はまた違った仕上がりになることが予想されます。

今だから出会えたことに感謝しつつ、将来には期待と不安(そもそも飲めるのかという話もあり)を感じつつ、様々な思いはあると思いますが、今飲んでいるからこそ楽しめるボトルを記憶していきたいですね。

カリラ 35年 1982-2017 ケイデンヘッド175周年記念 55.1%

カテゴリ:
CAOLILA
CADENHEAD'S
175th Anniversary 
Aged 35 years 
Distilled 1982
Bottled 2017
Cask type Bourbon Hogshead
700ml 55.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ドライマンゴーやオレンジの綺麗な酸味、乾いた麦芽、魚介系の出汁感を伴うピートスモーク。はじめはツンとした刺激を伴ってドライだが、スワリングしていると蜂蜜のような甘みも開いてくる

味:口当たりは柔らかく薄めたハチミツ、オレンジやアプリコットを思わせる甘みと酸味、香り同様にダシっぽいニュアンス。合わせて灰のようなピートフレーバーが広がり、存在感を増していく。
余韻は心地よくドライで、華やかなウッディネスとスモーキーさが混ざり合う。

樽感と酒質、アイラらしいピートやダシ感とフルーティーさのバランスが良く、実に整っている1本。しっかりと磨き上げられている。
少量加水すると甘みが引き立ち飲みやすくはなるが、失う要素の方が多く感じる。飲み口は度数を感じさせない柔らかさであり、ストレートで楽しみたい。


懐かしいだけでなく確実に進化している、一言でそんなカリラです。
自分がウイスキーに本格的にハマり始めた頃、1980年代前半で25〜30年熟成のカリラのリリースは特段珍しくなく、かなりの本数がリリースされていました。
70年代のクリアな味わいに比べ、80年代前半のカリラはいい意味で雑味があり、ピートフレーバーと酸味を伴うモルティーな香味が特徴。これがカリラのキャラクターか、という認識があったのですが、気がつけば周囲は80年代、90年代をすっ飛ばして2000年代の短熟ばかり。それらは幻の如く消え去ってしまいました。

あの頃もっと買っておけば。。。なんて先に立たない後悔を心に持つ飲み手は自分だけではないはずです。
他方で、当時のカリラはリリースが多かったこともあって、BARを巡れば出会えないわけではないですし、飲もうと思えばまだ飲めるボトルでもあります。
しかしはたしてそれらが30年以上の熟成を経ていたらどんなカリラに仕上がっていたか、知る術はありません。
そんな中、ボトラーズのケイデンヘッドから創業175周年を記念したラインナップの一つとして、久々に1980年代前半蒸留のカリラがリリースされました。

ケイデンヘッド社のリリースは、酒質を楽しませるような樽使いと言いますか、他のボトラーズ(GMやDTなど)と比べてあまり樽感の主張しないボトルが中心だった印象があります。
だからこそか、今回のカリラも樽感が過度に主張せず、程よい果実味が付与されてバランスが取れている。熟成によって失ったものは確かにありますが、失ったというより過剰なものを削ぎ落とし、時間をかけて磨き上げたという感じで、双方のらしさを備えつつ端正で美しい仕上がりなのです。

冒頭触れたように、自分にとっては懐かしさを覚えつつも、その仕上がり具合にさらなる進化と魅力を感じる1杯。これは今の時代にあって気合いを感じるリリースですね。度数も55%と保たれており、さらなる変化も期待できます。
今回のテイスティングは開封直後でしたので、1ヶ月後、2ヶ月後と様子を見たいボトルでもありました。
マッスルKさん、男気溢れる抜栓、感謝です!

スプリングバンク 31年 1965-1996 ケイデンヘッド シェリーウッド 50.5%

カテゴリ:
IMG_5435
SPRINGBANK
CADENHEAD'S
Aged 31 years
Distilled 1965
Bottled 1996
Sherry wood Matured
700ml 50.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@個人所有ボトル
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:華やかでフレッシュなベリー香、葡萄、ほのかに黒土、ドライでパワフルな香り立ち。微かにニッキのようなスパイス香もある。最初は角の立った硬さがフレッシュさとして感じられるが、時間経過で艶やかで奥深い甘みへと変化する。

味:少し硬さを感じるが、コクがあって甘酸っぱくパワフルな広がり。ベリージャム、枝付きレーズン、ブラウンシュガーをまぶしたお菓子、レザーのアクセント。ボディは厚みがあり、しっかりと広がる。
余韻はドライでウッディ、華やかなベリー系のシェリー感をほろ苦いピートとウッディネスが引き締め長く続く。素晴らしい。

開封からそこまで時間が経っていないためやや硬さはあるものの、果実味豊富なシェリー感を厚みとコクのある酒質がしっかりと樽感を受け止めている。序盤はフレッシュ、徐々にコクのあるジャム感。うっとりするような陶酔感。スプリングバンクで数あるリリースの中でも名作と呼べる1本。 


素晴らしいシェリーオークで熟成された原酒は、銘柄問わずある程度のレベルに到達することは間違いはありません。しかしさらにそれ以上のレベルに行くとなると、酒質そのものの個性、ベースの良さ、樽との相性がモノを言います。
これらが合わさって伝説的な1本を生み出した蒸留所が、「偉大な蒸留所」として評価されるようになるわけですが、ことスプリングバンクに関してその評価に異論の余地はないと思います。

もっとも、良いものが常に評価されるとは限らず、スプリングバンクにも冬の時代はありました。時期によっては酒質の弱い迷走気味のボトルが見られることもあります。
しかし冬の時代があったからこそ様々なボトラーズ等に樽売りが行われ、長期熟成原酒もストックされ、こうして素晴らしいリリースの数々が生み出されたというわけですから、長い目で見れば冬の時代は必要なものなのかもしれません。
まあその期間製造側はたまったものじゃないワケですが(汗)

DSC00298

今回のテイスティングアイテムは、1990年代のケイデンヘッド、グリーントールボトルのオーセンティックコレクションシリーズから。ケイデンヘッドと言えば1980年代以前のブラックダンピーボトル時代の評価が高く、その後継であるグリーントール時代は樽感の淡いリフィル系のリリースが多い印象。
そのため美味しさよりもカスクストレングスゆえのキャラクターの違いや、酒質ベースの味わいで楽しむ、テイスティングの面白さに通じるところがあるワケですが、時折素晴らしいカスクで 突き抜けたリリースに当たるため侮れません。

ケイデンヘッドは、1972年にJ&Aミッチェル社の傘下に入ったボトラーズブランドで、このJ&Aミッチェル社はスプリングバンクを所有していたことから、以来同門の関係にあるのは周知の話。現地のケイデンヘッドショップではスプリングバンク系列の限定品やDuty paid sample などのカスクサンプルが販売されるなど、強い結びが感じられます。

今回のリリースもまた数ある1960年代蒸留のスプリングバンク・ボトラーズリリースにあって、オフィシャルとは異なる突き抜けたベリー系の香味とバンクらしいコクのある酒質との一体感が素晴らしく、経年を経たことでさらに完成度は増しているようです。

流石、系列企業は良い樽ストックしてるなと・・・まあ、なんとかなるさ方針の企業柄なので、当時そこまで考えてリリースされていたかはわかりませんが(笑)
近年はローカルバーレイのリリースなど、スプリングバンク側はかつての姿を取り戻そうとする"狙った"仕込みを続けているようですし、シェリー樽のノウハウ蓄積と合わせて今後素晴らしいリリースが増えていくことも期待したいです。



このページのトップヘ

見出し画像
×