タグ

タグ:グレンモーレンジ

グレンモーレンジ アルタ 51.2% プライベートエディションNo,10

カテゴリ:
IMG_20190315_200936
GLENMORANGIE 
ALLTA 
CREATED WITH OUR OWN WILD YEAST 
Limited Edition No,10 
700ml 51.2% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで乾いた木材と紙っぽさ、仄かに乳酸系の酸味とスパイシーな刺激。時間経過で華やかなオークのニュアンス、柑橘感はグレープフルーツピール、白い花のような植物感を伴う甘いアロマ。

味:若さを感じさせる酸味、厚みのある香味でねっとりと舌に乗ってくるようなほろ苦い麦芽風味や柑橘、スパイシーさ。徐々にオーキーなフルーティーさが余韻にかけて残る。

若さを連想する酸があり、厚みのある植物や穀物、アイリッシュのような粘性。香味の主体は少々紙っぽさもあるモルティーさ、不思議な印象を受ける味わい。良さもあるがそれ以外の違和感が。。。これが野生酵母由来なのだろうか。
余韻にかけてはオーキーな要素が感じられ、熟成期間は10年程度ありそう。少量加水すると柑橘やオークのニュアンスがさらに開く。

IMG_20190315_201140

毎年リリースされているグレンモーレンジのリミテッドリリース。あるいはラムズデン博士の挑戦と言うべき意欲作。アルタはゲール語で野生の意味で、今年のリリースはグレンモーレンジに麦芽を供給する蒸溜所周辺の畑(カドボール)で発見されたと言う野生酵母を仕込みに用いたものです。

ウイスキーの製造行程において、蒸留は良くも悪くもリセットの意味合いがあり、仕込みの時点では蒸留するから気にしなくていいと言う要素があれば、逆に無視できないという要素もあり、どこまでこだわっていくかは議論が終わることのないテーマであると感じています。
そしてその一つが麦の種類や、今回のように酵母の種類であるわけです。

自分の印象ではウイスキーの味わいに、酵母と発酵時間は無視できない要素であり、フェスや蒸留所見学でウイスキーの蒸溜関係者に質問すれば、フルーティーさを出す酵母の種類や、発酵時間もクリアな酒質に仕上げるための工夫とか様々に考えられていることを伺うことができます。
今回使われた野生酵母がどのような働きをもたらしているかは推測でしかありませんが、通常のグレンモーレンジのモルティーさと軽快なフルーティーさとは異なる、粘性や酸味と香味の強さが印象的で、発酵力の強い酵母で長期間しっかり発酵させたという感じでしょうか。

飲んでいてローカルバーレイ系統だなあとも感じつつ、この強さと癖のある構成は好みが別れるところだとも感じました。

IMG_20190321_145151

更新が1週間弱空いてしまいました。。。
いや、今週は本当に忙しさの質が違い、久々に疲労困憊。なーんも手をつけられませんでした。年度末は仕事量が増えるだけでなく、変なエラーも多くて本当に色々ともう。
まあそれもようやく一段落。今日はこれから温泉でのんびりして、また活動再開したいと思います。

グレンモーレンジ レジェンド カドボール 免税店向け 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
LEGENDS
CADBOLL
Finished in Sweet French Wine Casks
1000ml 43%

グラス:グレンケアン
時期:開封後半年程度
場所:BAR Eclipse
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライな香り立ち。干草、バニラやメレンゲクッキーを思わせる甘みと合わせて微かにセメダイン、溶剤的な刺激を伴う。

味:甘くスウィートだが平坦気味な口当たり。はちみつやバニラを思わせる甘みと、微かにグリーンレーズンのような酸味、ピリッとした刺激。余韻は干草やクラッカー、ウッディなタンニンが口内を引き締める。

シャープでドライな若めのグレンモーレンジの酒質に、妙に甘い樽感が混じっている。フィニッシュの樽感に圧殺されているような仕上がりではないが、この甘さは好みを分けそうな印象。


グレンモーレンジが今年の1月、免税店向けにリリースしたLEGENDSシリーズの1本。同シリーズとしては4作目でしょうか。
甘口のフランス白ワインの樽でフィニッシュしたという構成で、ベースの原酒はバーボン樽熟成。おそらくスタンダードと同様の10年程度のものだと感じます。

香りに混じるワインカスク熟成の原酒に度々見られる薬品系の要素に加え、味は甘口のワインという説明に嘘偽りなしの淡い酸味を伴う濃い甘み。これがグレンモーレンジのドライで干草や乾いた麦芽を思わせる風味の原酒に混じり、完全に一体となっていないような多少の分離感、ないし違和感をもって口内に広がってきます。
普段そこまで い方などは、逆にこの甘さが飲みやすさに繋がってちょうどいいのかもしれません。 元々グレンモーレンジはソーテルヌカスクなどをリリースして 同じベクトルにあるように感じます。

ただ個人的には、そのままではボソボソしてたいして味もない安価なコッペパンに、甘口のバニラソースをかけて食べるような感じ。
若い原酒の短期間でのフィニッシュなので、そういう感じになるのは仕方ないのかもしれませんが、厳しい言い方をすると、ちょっと誤魔化しているようにも感じますね。


日本国内ではあまり免税向けリリースは話題になりませんがが、グレンモーレンジは精力的に様々なリリースを行なっています。
それらは、先日記事にした19年のような王道系もあれば、シェリー樽やワイン樽のフィニッシュを駆使した意欲作もあります。

結果、単品で見た時、なんでこんなの作ったかな?と思うことはしばしばあるのですが、王道系だけ作っていても多種多様な消費者の趣向は満たせないですし、目先が変わることで王道系の良さも引き立ってくる。
次は何をリリースするのかな?と考えてしまうのは、グレンモーレンジの戦略に捕らえられている証拠なのかもしれません(笑)。

グレンモーレンジ 19年 ファイネストリザーブ 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE 
FINEST RESERVE
19 years old
Cask type ex-bourbon
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封後1-2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)(!)

香り:ドライで良質なオーク香。微かなハーブ、オレンジママレードを塗ったクラッカー、りんごのコンポート、華やかで徐々に黄桃のシロップを思わせるフルーティーな甘みが感じられる、魅惑的なアロマ。

味:軽やかにドライな口当たり、一瞬木屑のようなウッディさ、乾いた植物感があるが、すぐに熟した洋梨、黄桃缶シロップの甘み、オーク系トロピカルフルーツがしっかり広がる。
余韻はオーキーで華やか、ナッツの香ばしさ、フェロモンに通じる官能的なニュアンスを戻り香に伴いドライで長く続く。

注ぎたては少しドライで乾いた草のような印象もあるが、時間経過でフルーツ感が強くなり、スムーズな飲み口で加水調整によるバランスも整っている。理想的にはもう3度ほど度数とパワーが欲しいが、万人向けとしてはこれくらいがちょうど良いとも。まさに強化版グレンモーレンジ18年。


グレンモーレンジの免税向けオフィシャルボトル。リリースは昨年で日本には入ってきていませんが、並行品として入荷するのが待ち遠しいボトルでもあります。こういうボトルは家でじっくりゆっくり飲んでみたいのです。

フレーバーの傾向は既存ラインナップ18年に共通する部分もありますが、バーボンオーク樽由来のフルーティーな香味が頭一つ分くらい強くなったような印象。また、ドライすぎない感じも良いですね。
18年も同様にバーボン樽原酒を主としていますが、15年熟成ののちスパニッシュオークシェリー樽で3年間フィニッシュしたものを30%程度加えているそうで、バーボン樽100%との原酒構成の違いによるものと感じます。

グレンモーレンジで19年と言えば、以前アメリカンオークの新樽熟成であるエランタがリリースされており、この際もスウィートでフルーティーな構成が特徴的でしたが、合わせてウッディな要素も強く。オフィシャル18年とエランタ19年、双方のいいとこ取りと言ってもいいかもしれません。
なにより、余韻にかけて60年代のトロピカルフレーバーに通じる、熟した果実のような。。。個人的には「フェロモン」と表現する官能的な要素が混じっている点もポイントです。(現時点で7点をつけても良いのではないかと、悩んでしまいました。)

先日夏季休暇を兼ね、北陸方面に転勤となったウイスキー仲間を尋ねた時のこと。せっかくなのでと持ち寄り会が企画されたのですが、翌日が京都フェスだったこともあり、現地組に加えて関東勢も何名か集まって夜を過ごしました。
今回のボトルはその際に持ち込まれた1本。自分が持ち込んだのがモレンジのカスクだったので、いい比較になりました。

※8月12日再飲:少し味がゆるい印象はありますが、オーク系のフルーティーさが主体で戻りもよく、美味しいモルトだという印象は変りませんでした。

グレンモーレンジ シグネット 46%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
SIGNET
700ml 46%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ビターで焦げたようなアロマ、コーヒーチョコレート、ビターオレンジ、チャーオーク。やや溶剤的な刺激もあるが、スワリングしているとバニラやモンブランのような甘いアロマも感じられる。

味:とろりと粘性のある口当たり。ローストアーモンドやリンゴのカラメル煮、干草に通じるオークのウッディネス。じわじわとりんごの蜜の甘みが変化して積み重なるように広がる。
余韻はビターで香ばしい。ややスパイシーなウッディネスを伴い長く続く。

焦げたようにビターな香味が主体に感じられるが、その中にオーク由来の甘み、果実感も広がる多彩な香味。カラメルソースがかかったスイーツの一皿をイメージするような構成。熟成感は15〜20年程度を思わせるそれで若さは感じない。


2008年にリリースされた、グレンモーレンジはビル・ラムズデン博士の意欲作。
確か同氏が学生時代に持っていたアイディアである、深焙りしたチョコレートモルトを実際に使用していることに加え、この他にもグレンモーレンジ社の所有する農園で収穫した麦芽や、ファーストロットでは35から40年の間という長期熟成の原酒を少量用いるなど、気合の入ったリリースだったと記憶しています。

シグネットは、この深焙りしたチョコレートモルトに由来するという、コーヒーのようにビターな味わいを売りの一つにしています。
ただ、個人的にはチョコレートモルトよりも、チャーオーク系の甘くビターな香味にデザイナーカスク由来と思しきオーキーな華やかさが混じるなど、複数種類の樽感と熟成感がグレンモーレンジのライトでスパイシーな香味をベースに複雑な香味を構成しているように感じます。
別蒸留所の話ですが、以前黒ビール用のローストモルトで仕込んだニューメイクを飲んだ際は、若さの中に香ばしいニュアンスと柔らかいコクは混じるものの、そこまでビターという感じではなかったんですよね。

今回、10年間リリースが続くグレンモーレンジのオフィシャルラインナップの代表的な銘柄になりながら、長らくテイスティングしてなかったなという経緯と、ウイスキー仲間が最近のロットは一万円で買えるならオススメだと推していたので、久々に飲んでみるかとテイスティング。
最初に飲んだお店は、開封後結構時間が経ったロットだったようなので、別なBARで仕切り直し。確かに多彩な香味と、フルーティーさや甘みが、スパイシーな味わいと混じり合う。家飲みでもじっくり楽しめそうなボトルだと感じました。確かに、1万円で買えるなら、あってもいいなあ。

グレンモーレンジ 21年 1977リミテッドボトリング 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Vintage Malt Scotch Whisky
Aged 21 years
Distilled 1977
Bottled 1998-1999
700ml 43%

グラス:スピリッツスニフター
場所:BAR飲み@Nadurra
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライな香り立ちとほのかにひねたような古酒感。干草、オレンジのワタ、おしろい系の麦芽香、奥からフローラルなニュアンスも感じられる。

味:スムーズな口当たり、心地よくドライな麦芽風味と合わせてパフュームライクなフレーバーが広がる。
オレンジを思わせる鼻抜け、薄めた蜂蜜、ビターな麦芽風味やナッツ、心地よいウッディさとスパイスの刺激。染み込むような余韻。

主体は麦芽風味、樽感もほろ苦く心地よい、リフィルのアメリカンオークと思われる要素が感じられる。しかしそこに影のようにパフューム系のニュアンスがあり、あと一歩で完全にフローラルパフュームサイドに落ちるような危ういバランス感。少量加水しても崩れることはないが、終末時計の針は確実に進む。


グレンモーレンジは今も充分美味しい蒸留所ですが、古いものはもっと美味しい。結構期待していたボトルだったのですが、予想外の味わいに衝撃を受け、そして冷静に考えて時系列的にありえる香味に納得する、そんな1杯だったのがこちらのグレンモーレンジ1977です。
何がというと、味わいの奥にあるパフューミーさ。これはグレンモーレンジに感じやすいおしろいやお粥のような麦芽風味とも違う石鹸系統のフレーバーで、ガチのパフュームが芽吹く寸前という感じなのです。

グレンモーレンジで石鹸系のパフュームを感じるのはこれが初めてではなく、2000年代に流通していた18年はほんのりとそのニュアンスを感じたことがありましたし、ロットによっては結構強いものがあるようです。
つまるところ、1980〜1990年前後に蒸留された原酒に危険なロットがあると考えられ、この1977もまたなるほどという印象。一方で、同じ蒸留時期の10年にそのニュアンスを感じたことはなく。ひょっとすると、上記の麦芽風味が樽やボトルの中で時間を置くと、変質しやすいのではないかとも推察しています。

(グレンモーレンジ蒸留所のトレードマークとも言える、細く背の高いポットスチル。現行品の10年を飲むと、爽やかでライトな香味がこのスチルの形状とぴったりマッチする。Photo by T.Ishihara)

今回のボトルは、そうしたニュアンスを除くとドライでやや硬い印象を持つ樽感は、シェリー系というよりはバーボンバレル、ホグスヘッドの構成。そこに蒸留時期相当の濃い麦芽風味が感じられる、開くのに多少時間はかかるものの、らしさを感じられるボトルだったのではないかとも感じます。

それがなぜ時間とともに変化したのか。加水か、熱か、何が原因かは不明ながら、いずれにせよ今回のボトルはその変化がギリギリのところで止まっており、まさに終末が訪れる寸前というところ。逆に危ういバランスを楽しむことができました。比較的流通していたボトルなので、ストックを持っている方は多いかもしれませんが、早めに開封して飲んでしまうのも一案です。
もし、ソーピーなフレーバーに苦手意識があるならば・・・。

このページのトップヘ

見出し画像
×