タグ

タグ:グレンスコシア

ブリタニア 8年 ピュアモルト 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190608_011134
BRITANNIA 
YEARS 8 OLD 
Pure Malt Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:干し草っぽさを伴う、熟した洋梨やべっこう飴のスウィートなアロマ。ハーブや紙系のニュアンス、古酒感の一つとしてほのかに沢庵っぽい酸もある。

味:やや尖ったような口当たり。軽やかな刺激、香ばしくナッティでほのかに洋梨のような蜜っぽさ。余韻は干し草や紙系のニュアンスを伴いつつドライでピーティーなほろ苦さが染み込むように続く。

評価が難しいウイスキー。華やかではないがモルティーな甘み、ブレンドにはない厚みと複雑さがあり、フレーバーのレイヤーは豊富である。ただ、いかんせん紙や植物系統を含み通好みな部分があり、人によっては苦手な要素を強く感じてしまうかも。

IMG_20190608_010749
IMG_20190607_230711

キーモルトはグレンスコア、そしてリトルミルだろうと言われている昭和の洋酒業界によくある謎ブレンデッド。
この点については作り手の素性としても、テイスティングで感じた香味の観点からも、伝え聞く情報に違和感なしといったところ。
特に今回テイスティングしたピュアモルトからは、それらの蒸留所に似た個性が感じられます。

勿論この手のブレンドには、大手が販売した所謂バルク扱いの原酒や、当時調達できた他蒸留所のものも当然使われているはずで、キーモルトのみで議論するのは難しくあります。
実際今回の8年からも、内陸の熟成した原酒とおぼしき蜜っぽい甘さが備わっていたりしますが、納得できる個性があるということは重要だと思います。
特に香味とも序盤で感じる植物系のニュアンス、紙っぽさはリトルミルやロッホローモンド系列でまさにといった個性ですし、NAS仕様のブレンドの軽さはローランドらしさでもあります。また、余韻に感じられる強く主張しないほろ苦いピーティーさが、グレンスコアというのも違和感ありません。

ブリタニアは当時海外への輸出が中心のブランドだったようですが、調べてみると現在も似た名前のものがリリースされています。
当時日本に流通したのは、NAと8年のブレンデッド、8年と25年のピュアモルト。(この中では25年のみ未経験。。。)
ブレンデッドのほうはピュアモルトより色が濃いように見えますが、ボディが軽くライトで、妙にグレーン系の甘味が残るためハイボールにするならあるいはですが、飲み応えは流石にピュアモルト8年に及ばない。
モルト100%だけあってなかなか複雑さがあり、純粋にテイスティングを楽しむことが出来ました。

人気のなさから流通価格は安価な部類であり、今回のボトルはオールドボトルのピュアモルト入門として丁度良いかもしれません。

グレンスコシア 30年 1969-1999 OMC 50%

カテゴリ:
IMG_6526
GLEN SCOTIA
Old Malt Cask
Aged 30 years
Distilled 1969
Bottled 1999
700ml 50%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:柔らかい香り立ち。淡い麦芽香、品の良いリフィル系のオールドシェリー香は、サルタナレーズン、シフォンケーキ、ほのかにカラメルソースのニュアンスを伴い穏やかに広がる。

味:スムーズな口当たり。素朴な麦芽風味からじわじわと杏や煮た林檎のフルーティーさ、軽くナッツやキャラメリゼ。
余韻は染み込むようにウッディでトロピカル。ほのかなピートフレーバー、グレープフルーツのワタを思わせるほろ苦さを伴い長く続く。 

古き良き時代を思わせるオールドテイストなモルトウイスキー。樽が過度に主張せず、そこにしっかりと存在感のある麦芽風味がバランス良く感じられる。突き抜けないがしみじみと美味い。


今となっては貴重なグレンスコシアの1960年代蒸留にして、1970年代後半の大規模改修工事前の素朴な味わいが楽しめる1本。近年蒸留所がロッホローモンド傘下となってからは、樽感も果実味も酸味や少し発酵したような癖のあるニュアンスが伴いますが、かつては素朴な麦芽風味に加えて灰っぽさや特徴的なほろ苦いピートフレーバーが感じられる、滋味系なモルトウイスキーでした。(この辺はブリタニア8年やグレンネヴィス12年のモルトを飲むと特徴がわかりやすいと思います。)

今回のボトルはその長期熟成品で、同様の麦感をベースとしつつ、熟成によるカドのとれた香味と60年代らしいトロピカルフレーバーも加わって、ハイプルーフでありながら何杯でも飲めてしまうような味わい。充分美味しいモルトですが、2000年前後のOMCはこの素晴らしいモルトが埋もれてしまうくらい60〜70年代蒸留の原酒をガンガンリリースしていたのですから、とんでもない時代でした。


さて、グレンスコシアは専門書などでキャンベルタウン衰退の歴史と共に語られることの多い蒸留所です。
同じ地域の代表的蒸留所であるスプリングバンクは、不況と悪評になんとか耐え抜きましたが、グレンスコシアは複数回の閉鎖と買収を経験していることが、その歴史にリンクしているように感じられるからかもしれません。

衰退の要因はいくつかありますが、中でも代表的なものがキャンベルタウンの各蒸留所が粗悪なウイスキーを量産してアメリカ市場に販売していたことで、結果同地域産のウイスキー全体に悪評としてダメージを与えたことが背景にあるわけですが。。。
なお、この歴史を近年のジャパニーズウイスキーに当てはめると、対岸の火事ではなく、同じ道をたどっているようにも思えてなりません。
願わくば、日本は同じ轍を踏むことが無ければ良いのですが。。。

スコシアロイヤル 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_3217
SCOTIA ROYAL
Years 12 Old
Blended Rare Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:どっしりとしたスモーキーさ、焦げた木材、ローストナッツ、カラメルソースを思わせるほろ苦い甘み。タールやヨード香などのモルト由来のフレーバーも感じられ、しっかりとした骨格がある。 

味:粘性のある口当たり。香り同様に焦げたカラメルのようなほろ苦さ、ローストした麦芽に存在感のあるピートフレーバーが広がる。ボディはミディアム以上で厚みがあり、余韻はスモーキーでピーティー、焦げた木材のような苦味と微かに油絵の具のような癖を鼻腔に感じる。

1980年代流通だが1960年代の古典的なブレンデッドに通じる、ピーティーでコクのある味わい。ストレートでも充分楽しめるが、ロック、そしてハイボールもマッチする。特にハイボールは、ライトなウイスキーにある「すっきりさっぱり」ではなく、ウイスキーそのものの味わいがしっかりと残る点が好ましい。

IMG_3206

実は飲んだことがなかった、スコシアロイヤルの12年。
1990年前後に流通していたノンエイジ品は飲んだことがありましたが、軽くてピートも弱いはっきりしないウイスキーという印象だったことから、同ブランドそのものを後回しにしてしまっていました。
ところが飲んでみると、ピーティーでグレンスコシアらしいほろ苦いフレーバーがしっかり感じられ、中々楽しめる要素があったのは上述の通り。飲まず嫌いを反省しているところです。

同銘柄の流通が確認出来るのは1970年代から。記録上は1955年に製造元であるA Gilles社がグレンスコシア蒸留所を取得してから製造開始となっていますが、多少のタイムラグがあったようです。
長らくグレンスコシアをキーモルトとした本ブレンドですが、1994年に製造元の買収があったことに加え、グレンスコシアそのものも一時的に閉鎖するなど稼働が不安定であったことから、1990年代にはキーモルトに変化があったのではないかと推察。
ブレンデッドウイスキー大全によれば、買収先であるグレンカリトンボンデットウェアハウス社は、当時ロッホローモンドとリトルミルを所有していたとのことで、構成原酒もその影響を受けているのではないかと思います。

話をグレンスコシア12年に戻すと、同銘柄の日本流通品は1970年代が760ml、ウイスキー特級表記がシールで貼られ、1980年代になると750ml規格、ウイスキー特級表記は直接印刷される、お約束な仕様。
スコシアロイヤルは760ml時代の方が美味いと、以前どこかで聞いた記憶もあるので、1970年代もいずれ試してみたいです。

グレンスコシア 32年 1977-2010 シグナトリー 54.2%

カテゴリ:
GLEN SCOTIA
Signatory Vintage
Aged 32 Years
Distilled 1977
Bottled 2010
Cask type Hogshead #979
700ml 54.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅 &サロンドシマジ
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:強くは無いが存在感のある麦芽香、おしろい、上品なオークフレーバーはドライアップルやオレンジピール、蜂蜜などの甘みと淡い酸味。スパイスとほのかなスモーキーさも感じられる。また、時間経過で灰のようなニュアンスもある。

味:オーキーで粘性のある口当たり、アプリコットジャムやリンゴのコンポートー、中間は麦芽風味から徐々にピーティー、植物系の苦味を伴い、余韻は華やかで少し粉っぽいが染み込むようなピートフレーバーを伴いゆっくりと消えていく。


キャンベルタウンの2番手。話題性としては後から創業した(復活した)グレンガイル蒸留所に遅れを取ろうかというところもあり、このままでは3番手に降格か。
蒸留所のポテンシャルは決して低くなく、コアな愛好家が「おっ」と感じるリリースもある中で、キャンベルタウン衰退期からの不遇キャラが定着してしまっているなと感じてしまいます。

そんなグレンスコシアも、直近こそ親会社の変更からオフィシャルリリースが積極的に展開されるようになりましたが、1970年代から1990年代までは不遇の象徴とも言える、頻繁に変わる親会社に休止と再稼働の繰り返し。1978年から1982年に大改修が行われたものの、その直後1984年にまたまた所有者が変更となったようで、これらの背景からか1970年頃から1984年まで休止していたとする書籍も過去にはあったほどです。

今回のボトルはその大改修前のグレンスコシアで、同蒸留所では珍しい30年オーバーの長期熟成品。77年のスコシアは当時幾つか流通しましたが、度数がしっかり保たれていて熟成でへたれた印象はなく、バーボンホグスヘッドと思われる香味にスモーキーフレーバーを伴うコクのある酒質がしっかりマッチしている。これは確かに美味しいモルトです。

先日、広尾にあるサロンドシマジ本店に伺った時のこと「おい、今日はコイツを飲むぞ、これは美味いんだ」と島地さんが取り出してきたのが、このグレンスコシアでした。
バックストーリー充分、味わい充分、こういうのをしれっと出してくるあたり、流石だなあと感じてしまいます。

帰ろうかという頃「せっかくだから持っていって奥さんとゆっくり飲みなよ」と、この1本を含む写真の2本を頂いてしまいました。
家飲みしていたところ、掲載用の写真を撮っていなかったことに気がついて慌てて1枚。
しっかり堪能させていただきました!

グレンスコシア 15年 46% 2015年リリース オフィシャルボトル

カテゴリ:
IMG_2001
GLEN SCOTIA
Aged 15 years
Rich & Smooth
Cask type American Oak Barrel   
2015's
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml程度
場所:自宅 (サンプル出題@Aさん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

【ブラインドテイスティング(TWDルール)】
地域:ハイランド
年数:15年程度
度数:43-46%
樽:バーボンからのワインや酒精強化系フィニッシュ。

香り:やや溶剤っぽさの混じる焦げた樽香とハッカの爽やかさ。オレンジジャム、カラメルシロップの甘みに乾いた植物感。樽香主体でリッチなアロマ。

味:焦げたような苦味と、徐々にぬるりとした甘みを伴う口当たり。香り同様に樽香主体、蜂蜜、カラメルソースから林檎のコンポートを思わせるオークフレーバーが広がる。
余韻はウッディーでほろ苦くビター、木材や植物のエグミ、焦げた樽感が最後まで続く。


今回はTWDでの「宿題」、メンバーのAさんから出題頂いたブラインド。
グレンスコシアが2015年にリリースしたオフィシャルボトルで、他にはダブルカスクとビクトリアーナがあり、後者はこのブログでも記事にしています。 
ビクトリアーナも樽香が強かったですが、この15年はさらに強い印象。細いボディに色々上乗せし、樽を無理やり押し付けているように感じられます。ラベルにかかれたRich & Smoothの通り、樽香はリッチですし飲み口もスムーズな部類に入る味わいですが、現時点ではバランスが良いとは言い難いですね。
       
まず樽ですが、チャーオークのこげ感に、オーキーなフルーツと粘性のある甘さを感じます。
バーボン系の樽の原酒とは感じましたが、この粘性のある甘さが浮ついて感じられ、フィニッシュかマチュアードかの後付けを予想しました。 
この手のフレーバーはアメリカンホワイトオークをチャーしての熟成でもつくはつくのですが、実際の表記はアメリカンオークバレルであるところ、これはバーボンバレルだけを指しているのか、それとも新樽や、最近作られているミニサイズのシェリー樽も含まれているのか。答えを見てますますわからなくなってしまいました。

酒質としては、ハイランド寄りであるものの線が細く、樽感の強さも相まって特徴を取りづらいと感じました。
2度目のトライで微かに塩気も拾ったものの確証には至らず。この手のいじり系の仕上がりはモレンジかなーと、免税向けにリリースされている近年リリースの何かだろうと、引っ掛かりを覚えつつも解答しました。 

結果、度数や熟成年数などのスペックはそう外してないものの、地域は寄せ切れなかったですね。
キャンベルタウンモルト、といってもスプリングバンク系列と親戚のグレンガイル、そしてスコシアしかないわけですが、この2系統の地域としての共通点をどう捉えるべきか、まだまだ経験値が足りないようです。

IMG_2006

余談:酒質と樽感のバランスとは。
酒質がグラスで、樽感がビール、と言うふうに自分は感じています。グラスにはそれぞれ許容量があり、注げる量が限られているのは言わずもがなですが、熟成を進めれば樽感は強くなり、つまりグラスにビールが注がれていく状況になります。
グラスの容量を越えるほど注いでしまうと当然アンバランス、また少なすぎると飲むことは問題ありませんが、足りないなという気持ちが生じることもありますし、ピッタリ注いでも注いだモノ自体の泡と液体のバランス、質があり、渋みが強かったり、甘みが強かったりとかいろいろあるわけですね。

などという事を、ちょうど先日発売したばかりのプレミアムモルツの黒ビールを飲んでいたので書いてみました。
(この黒ビール、味噌や醤油っぽいというか、ちょっと前まで販売されていた黒蔵系統の味があって自分は嫌いじゃないです。)

このページのトップヘ

見出し画像
×