タグ

タグ:グレンゴイン

ラングス 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
ラングス
LANGS
Years 12 old
Scotch Whisky
Distllers Glengoyne Scotland
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★(5)

香り:甘いシロップのような香り立ち、メレンゲクッキー、サツマイモを思わせるグレーンの甘み、干草っぽいニュアンスが混じる。徐々に品の良いオールドシェリー香と合わせてソーピーなアロマも混じり、存在を主張してくる。

味:口当たりははっきりとした主張、カステラやおこしを思わせる色のついた甘み、中間からはまろやかでスウィートな麦芽風味やグレーンの甘みが中心だが、香り同様パフューミーなフレーバーも感じられ、鼻に抜けていく。
余韻はソーピー、紅茶のタンニンを思わせるほろ苦く染み込むようなウッディネス、ジンジンとした刺激を伴い長く続く。

基本的にはマイルドでピート香はあまり感じられない、キーモルトらしさのあるモルティなブレンデッドウイスキー。味もはっきりとして、ただ穏やかなだけではない芯のある味わいが楽しめる。ただ1点、ソーピーなパフューム香が潜んでいることを除けば・・・。

IMG_4311

半年前、主催したオールドブレンデッドウイスキーのイベントにあわせて開封したものの、その際は香りが立っておらず押入れの奥にしまってそのまま放置していた1本。先日押入れの中を整理した際に出土、程よく香味も開いており、ちょうど良いのでテイスティングです。

注目はラベル向かって右下、Lang Brothers Ltdの右隣に、小さく書かれたグレンゴイン表記。ラングスの製造元である同社は、グレンゴインを傘下とするブレンドメーカー。当然そのラング社が製造するブレンデッドウイスキーには、グレンゴインがキーモルトとして使われています。 
ただ、グレンゴインだけではブレンデッドウイスキーは造れません。ブレンデッド・スコッチ大全によれば1965年、同社はロバートソン・バクスター社の傘下に入ったとされています。
これだけではナンノコッチャという話ですが、このロバートソン・バクスター社と密接な関係にあり、原酒を供給していたのが、ハイランドディスティラリー社。同社は当時、スコッチウイスキー業界において最大の勢力であったDCL社と対を成す、もう一つの巨大勢力です。
(ハイランドディスティラリー社の設立には、ロバートソン・バクスター社の創業者らが協力したとされています。)

ハイランドディスティラリー社は英国1位の売り上げを誇るブレンデッドウイスキー・フェイマスグラウスをはじめ、蒸留所としてはブナハーブン、グレンロセスから始まり、グレングラッサ、タムデュー、ハイランドパーク、そしてグレンタレットなどを傘下としています。
今回のテイスティングで、このラングス12年からパフュームを感じ、「あれ!?」となったのですが、ハイランドディスティラリー社側の蒸留所を確認して納得。この香味、間違いなくグレンタレット由来でしょう(笑)。
以前飲んだラングスの別ボトルにこのニュアンスはなく、体調でも悪いのかと何度もテイスティングしたので、ボディブローのようにソーピーなフレーバーが口の中、胃の中に効いてきています。
胃もたれというか胸焼けにもにた症状・・・やはりこのフレーバー、苦手です(笑)。

ヘッジス&バトラー 21年 1980年代後期流通 ”ウイスキー特級”

カテゴリ:


HEDGES & BUTLER
Royal scotch whisky
21 Years old
Imperial deluxe blend 
1980's
750ml 43%
構成原酒:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかで甘酸っぱい、ドライアプリコットや林檎、少量のレーズンを思わせる熟成したモルトのフルーティーさ。バニラウェハース、ウッディーな渋み、微かにホコリっぽいオールド系の古酒感。
フルーティーさが中心となるアロマだが、しっとりと落ち着いた香り立ちで勢いよく開く印象はない、その奥にはグレーンのカスタードのような甘みもある。

味:スムーズで穏やか、香り同様にフルーティーな口当たりで、ボディはミドルよりはライト寄り。
麦芽風味に林檎、白葡萄の華やかなフルーティーさ、薄めた蜂蜜。そこからすぐに後半の果実の皮を思わせるビターなウッディネスへと変化。
フィニッシュはドライでウッディー、口の中に染みこむようなタンニンと、鼻に抜ける華やかな熟成香を伴う長く続く余韻。

オールドにしては珍しくピートはほとんど感じない中で、樽材由来の苦味を強く感じるブレンド。 ボディが軽いためか少しちぐはぐな印象もありますが、流通時期から逆算すると原酒は1960年代蒸留確定で、全盛期の片鱗を感じる味わいでもあります。
味は一見すると華やかでスペイサイドを連想しますが、当時のスペイサイドより軽やかなボディ等から、ローランドモルトも使われているかなという印象です。
ストレート以外の飲み方はロックはそれ程でもなく、ハイボールは爽やかなゴクゴク系。 このボトルに関してはオフフレーバーが香りに混じる部分もありましたが、スワリングしながらじっくり飲んでいくと軽減されていくため、今後の変化が楽しみです。

ヘッジス&バトラーはスコッチウイスキーの中でも特に長い歴史を持つ銘柄ですが、他の老舗ブレンド銘柄とは異なり自社蒸留所を持っていないためか、原酒構成には諸説あり、これという軸がないのも特徴です。
操業時からカウントするとキングジョージ2世に「おう、ちょっとウイスキー造れや」と言われた1667年から実に約350年間もの間、ヘッジス&バトラーという社名並びに銘柄が存在している。これは最古の蒸留所を名乗るグレンタレット(1775〜)よりも古く、英国王室献上はもとより、1905年には明治天皇にまで献上された歴史も由緒もある銘柄です。
だからこそ「ヘッジス&バトラー」の銘柄に魅力があり、時代時代で姿を変えながら現代まで残ってきたのでしょう。

使用原酒はリトルミル説から、一時期ヘッジス&バトラーを銘打ってリリースのあったクライヌリッシュやグレンダランという説、そして最近はグレンゴイン。ころころと変化があります。
この21年は上述の通りフレーバーに軽さがあって華やかでピートも軽めでほとんど感じない、あまりローランド系のクセはありませんが、リトルミルと言われると納得の味わいでもあります。

このページのトップヘ

見出し画像
×