タグ

タグ:グレンギリー

グレンギリー 21年 1965年蒸留 シェリータイプ 43%

カテゴリ:
IMG_6245
GLEN GARIOCH 
Aged 21 years
Distilled 1965
(Sherry type)
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:KuMC@NYさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8ー9)

香り:最初は黒蜜系の甘く落ち着きのある香り立ちだが、徐々に干し葡萄などのダークフルーツ入りチョコレートケーキ、奥から燻した麦芽や黒土、ほのかに乾いた草、鞣し革を思わせるアクセント。奥行きのあるアロマで淡い酸味を伴う果実香とピート香が陶酔感を誘う。

味:まろやかでとろみのある口当たり。燻した麦芽、黒糖麩菓子、ほのかにドライベリーやレーズンを伴う黒糖系オールドシェリー。ピリッとする刺激が舌の上に感じられる。
鼻抜けは微かにフローラル、余韻は柔らかいウッディネス、少しべたつきがあるが、深い甘みとほろ苦いピートフレーバーが長く続く。

思わず口角が上がってしまう旨さ。バッティング加水でバランスのとれた味わいに、シェリー樽の質の良さ、今より遥かに強い60年代のギリーらしい個性が渾然一体となって感じられる。その一つ一つを紐解くように、ストレートをじっくり時間をかけて楽しみたい。

IMG_6246

タイプ別で2種類リリースされている、1965年蒸留表記のグレンギリー21年オフィシャルボトル。表ラベルに小さく書かれたモリソンの社名に時代を感じます。リリース時期は単純計算で1987から1988年ごろと思われますが、今回のボトルは日本に1990年代に入ってから流通したようです。

上記"タイプ別"というのは、使い古したリフィルシェリー樽主体と思われるライトカラーのボトルと、今回のファーストフィルシェリー樽主体と思しきダークカラーのボトル2種類が、同じデザインのラベルでリリースされていたもの。
ライトカラーのほうは飲んだことがありましたが、ダークカラーは初めて。前者は樽感が淡いというか、オールド的なこなれた感じであるところに、ギリーらしい土っぽいピーティーさのしっかり感じられる味わいがわかりやすい、オーソドックスな構成だったという印象があります。

では後者であるシェリータイプはというと、ちょっと別格ですね。以前コーウェルさんの15年熟成に度肝を抜かれましたが、それに共通する要素もあるバッティング加水版と言いますか。
突き抜ける味わいではありませんが、加水でなおしっかり主張する存在感のある個性に、オールドシェリー樽のふくよかな甘みと果実味とが合わさって、グレンギリーとして完成度の高い味わいに仕上がっているのです。

近年のグレンギリーは、1997年の再稼働後はピーテッドモルトの仕込みを辞めてしまったようですが、この味わいを知ってしまうとやはりグレンギリーにはピートが欲しい。そしてオールドシェリーとの組み合わせが堪らない。自分ギリー好きだなと、改めて感じる1杯でした。
いつも素晴らしい1杯をありがとうございます!

グレンギリー 15年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
GLEN GARIOCH
Aged 15 years
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:はちみつ梅やレモンのような柔らかい酸味を感じる香り立ち。続いて乾いた麦芽、干しわらの軽やかな香ばしさとオーク系の華やかなアロマが感じられる。

味:とろみのある蜜の甘みと干し草、麦芽風味。最初はオイリーで少し油のようなクセがあるが、徐々にドライでオーキーなフルーティーさ、余韻にかけて淡いピートフレーバーが染み込むように優しく残る。

華やかでらしさがあるグレンギリー。オフィシャルらしくバランスも整っているが、加水すると水っぽさが強くなりバランスが崩れてしまう。ストレートで。


グレンギリー蒸留所において、1980年代は魔の時代です。
それを好む人にとっては天国ですが、大多数の飲み手にとっては受け入れがたい、パフューム香の一つに分類されるソーピーなあの味わいが出てしまった時期。当時はボウモアも同じ病にかかっていましたが、どちらも所有者がモリソンボウモア社の時代でした。

パフューム香の原因は、蒸留設備の汚れ、熱交換器による過冷却、糖化の際の菌による仕業、発酵時の泡の発生を抑える薬剤、熟成時の害虫駆除剤散布、蒸留所マネージャーの趣味、ボトリング後の熱変化・・・など、確度の高そうなものから噂レベルまで、様々な要因をこれまで耳にしてきました。
確たるものは分かっていないとされているものの、グレンギリーもボウモアも、1990年代にはパフュームから脱却し、かつてに通じる味わいを取り戻した訳で、メーカー側は何が原因かある程度突き止めているのではないかと考えています。(ソースが定かではないですが、モリソンボウモアの場合は熱交換器が問題だったという説が有力ですね。)
今回のボトルは、熟成年数を差し引くと魔の時代にかかろうかという時期の流通品。後の世代である"鹿のイラスト"がはっきりと書かれた15年はしっかりソーピーです。
恐る恐る口に含むと・・・これがセーフ。蒸留時期は恐らく1970年代後半頃で、麦芽風味とスモーキーさ、そしてほのかにオイリーなクセのある好ましいグレンギリーの味わいが、華やかなオークフレーバーと合わせて広がります。

近年のグレンギリーは1997年からノンピート仕様主体に切り替わっており、こうした古き良き時代のグレンギリーは絶滅危惧種になりつつあります。
加えて、上述のパフューム時代から脱却した後のグレンギリー12年(ダンピーボトル)が、日本への正規輸入終了のみならず、本国でも生産終了という話も聞こえてきました。
ノンエイジのグレンギリーも悪くないのですが、ちょっと熟成感が足りない気がするんですよね。。。それほど高騰しているボトルでもないですし、ギリー好きな方は探してみても良いかもしれません。

グレンギリー 15年 シェリーカスクマチュアード 53.7% 免税向け

カテゴリ:
GLENGARIOCH
Aged 15 years
Sherry Cask Matured
Exclusive to The Global Traveller
700ml 53.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:かりんとうやダークチョコレートのほろ苦く甘いアロマ。同時に梅やあんず棒の酸味、淡くベリー感。徐々にサルファリーな硫黄香、度数以上に強いアルコールのツンとした刺激も感じられる。

味:甘酸っぱく粘性のあるリッチな口当たり。かりんとう、レーズンチョコレート、カカオパウダー。じわじわとサルファリーでビターなニュアンスが支配的。
余韻は硫黄由来の苦味を伴い、ハイトーンでひりつくようなフィニッシュ。

度数以上に強いアタックがいかにも近年のギリーらしい。加水すると若干硫黄香は若干残るが、コクがあってマイルドな飲み口に。香りはハニートーストのような甘みも感じられる。ストレートよりは加水向きのモルト。


グレンギリーの免税店向けボトル。日本国内市場には12年ないしファウンダーズリザーブが中心ですが、実際は今回のシェリーカスク15年以外に、ビンテージシリーズなど様々なラインナップがリリースされています。
オフィシャル以外の領域を見ると、ここ数年は1990年代蒸留のリリースがボトラーズから増えてきて、その味わいは1990年代前半、後半、そして2000年代でそれぞれ変化があって個性としても楽しめる。もっと評価されていいのになあ、とこのブログ上で呟くのはこれが初めてではないですね(汗)。

さて、今回のシェリーカスクですが、当ブログでは素晴らしい写真でお馴染み、T.Ishiharaさんが「このギリーは美味い!」と絶賛されており、気になっていたボトルでした。
(グレンギリー蒸留所外観。いつの時代も独自の個性を持ち、愛好家からの評価も高い。Photo by T.Ishihara)

2000年前後、ここ最近のグレンギリーらしいハイトーンな酒質に、シェリー感は硫黄由来のニュアンスが底支えとなって甘酸っぱいベリー系のフルーティーさがあるイメージ。オフィシャル12年にも共通する酸味、オイリーなフレーバーもアクセントとして感じられます。
また1997年以降、グレンギリーはほぼノンピート原酒と言われており、この15年からも明確なピート香は感じません。

一方、近年のグレンギリーのシェリー系は硫黄が出ているものが多いイメージがあり、これもその例に漏れず。系統としては、先日記事にしたアデルフィのグレンギリー1998にも近い感じです。
樽はスパニッシュではなくアメリカンホワイトオークと推測。サルファリーなフレーバーは気になる人は気になると思いますが、気にならない方の満足感は高いと感じると共に、こういうボトルが時間経過でいい方向に変化するのではないか、とも感じます。
実際、このボトルは開封後1ヶ月以内の時点から、3ヶ月ほど経過した現時点まで様子を見ているものの、ギリーらしい個性が開いてきたり、既に変化も見られているところ。
将来の姿を想像しながら、テイスティングを楽しませていただきました。

グレンギリー 21年 1995-2016 ウィスキーラヴァーズ名古屋2017記念ボトル

カテゴリ:
GLENGAROCH
Whisky Lovers Nagoya 2017
Imported by Three Rivers
Aged 21 years 
Distilled 1995
Bottled 2016
Cask type Refill Hogshead
700ml 61.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:20ml程度
時期:開封後3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:焦げたような強いウッディネス、アーモンド、微かにシナモン、ハイトーンでスパイシーなアロマ。徐々に砂糖をまぶしたレモンピール、若干の草っぽさも感じられる。

味:とろりとしてスパイシーな口当たり。焦げた木材やウッディなえぐみ、カカオパウダー、余韻はリンゴのコンポートを思わせるフルーティーさを感じた後で、焦げたような苦味が戻り、長く残る。

時間経過では目立った変化はなかったが、少量加水すると麦芽風味にナッティーでフルーティーな香味が開き、余韻にピーティーなニュアンスも感じやすくなるなど、バランスが断然良くなる。

最近リリースされることが多くなった感じのある、グレンギリーの1990年代。先日、夜の限界にチャレンジし続けるダメダメ団こと名古屋のBARよっちさんから連絡があり、テイスティングして是非感想"辛口ビシビシ希望"で聞かせてほしいと、幾つかのサンプルを頂きました。
(誕生日祝いを兼ねてとのこと。本当にありがとうございます。)

【BAR よっち】
愛知県名古屋市中区栄1-7-4 御園西ビルB1F
営業時間 14:00〜23:00

グレンギリーの1990~1995年は80年代のソーピーなニュアンスが抜けた代わりか、1997年の蒸留再開後のドライでアタックの強い酒質と異なり、ピート以外に癖も強い時期。総じてホグスヘッド系統のフルーティーな味わいが備わってますが、各社がリリースするボトルにもブレ幅が大きい印象が有ります。


(グレンギリー蒸留所の熟成庫。手前はバーボン、奥はシェリーだろうか。通路、樽の管理タグ、綺麗に整備された印象を受ける。気がつけばこの辺りのビンテージがリリースされてもおかしくない時期に・・・。 Photo by T.Ishihara)

今回のボトルである、ウイスキーラヴァーズ名古屋2017のグレンギリーもその例に漏れず、少し毛色が違うタイプと言えます。
ギリーらしい個性、アタックの強さや癖に加え、ユーザーから求められるであろうフルーティーさもある程度備わっていると感じつつ。一方で色合いとは裏腹にリフィルの際に少し焼いたか元々残っていた香味か、焦げ感のあるウッディネスが壁となって評価を分けそうと感じました。 

個人的な好みを言えば、ピートかフルーティーさがあと一押し欲しいですが、これもまたシングルカスクの面白さです。
加えてテイスティングの通り、少量加水でワンテンポ置いてから飲むとさらに良さを引き出せる。とろりとした口当たりが香味をホールドしているため、工夫して長く楽しめる印象もあります。 

今年のイベントから、名古屋に産まれたご当地ボトルの一つ。こういうリリースがあるのも、主催者のみならず、よっちさんら地元の皆様の協力でイベントが開催されたからこそ。
少々荒削りですが徐々に整ってじっくり楽しめる1本は、次のイベントまでの1年間に想いを馳せるにぴったりですね。

グレンギリー 17年 1998-2016 アデルフィー 55.7%

カテゴリ:
IMG_3349
GLEN GARIOCH
ADELPHI Selection
Distilled 1998
Bottled 2016 
Cask type Sherry
1 of only 152 bolltes
700ml 55.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:こってりと甘く、黒蜜やかりんとうを思わせる香り立ち。スワリングするとベリー系の甘酸っぱさ、干しぶどう、奥にはサルファリーな要素が潜んでいるが、時間経過で抜けていき、アーモンドチョコレートを思わせるアロマが開いてくる。

味:香り同様甘くリッチな口当たり、アタックが強く、黒蜜、干しぶどう、ドライクランベリー、フルーティーさの奥にキャラメルナッツのほろ苦さ。
余韻はほのかに椎茸っぽさを伴うリッチな甘みから、徐々にカカオ、サルファリーなニュアンス。スパイシーでハイトーンで長く続く。

赤みがかった濃い色合い。硫黄を内包しているが、開封後の伸び代は大きい。グラスに注いでからしばらくすると甘みが開き、葡萄感やベリージャムを思わせる、古き良きシェリー樽熟成原酒にあるニュアンスが底上げされる。加水は硫黄が強くなり向かない。


昨年国内に少量入荷し、ひっそりと販売されひっそりと売り切れていったアデルフィーのグレンギリー1998。樽はボトリング本数や香味の構成から1st fill シェリーホグスと推察。価格帯も近年の相場で考えると、90年代後半の濃厚シェリーで1万円代前半は標準域(やや良心的)ですが、話題にならなかったのはやっぱりグレンギリーのイメージでしょうか。
これが同じ東ハイランドでマクダフやロッホナガーとかだったら、もっと話題になっていたのかもしれません。

アデルフィーでシェリー系の90年代グレンギリーは、1993などピーテッド時代のものもいくつかリリースされているところ。
このボトルはその中でも特にシェリー感が濃く、最近増えたスパニッシュシェリーの香木系とは異なるベリー感、時間経過で開いてくる香味が魅力。家で開かせながらじっくり飲みたいと、仲間づてで探して貰って1本手に入れました。

(2月初頭、BARキャパドニックでお勧め頂きテイスティング。この時点で開封後3ヶ月程度。将来性を感じる開き具合だった。)

自宅で開封してみると予想していた以上に硫黄が強く、しかし時間経過で求めているフルーティーさも感じられたので、酒棚でしばらく放置プレイ。
1ヶ月ほど経過し、先日様子を見ると硫黄が引っ込んで果実味が開く、良い方向の変化が見られたのでコメントを記録しておきます。
こういうシェリー感に酒質の強い原酒が合わさって変化していくと、今は無きオールドシェリーの一種に仕上がるのでは。。。これから先、それこそ今年の秋くらいが今から楽しみです。

ウイスキーはワインと違いボトリング後熟成しないというのはよく言われる事ですが、それはウイスキーとワインの熟成の定義の違いに過ぎず、瓶内変化が無いという事ではありません。
オールドボトルも飲み、現行品も飲みと経験を積んでいくと、これはどう頑張っても良いオールドにはならないだろうというボトルもある反面、これだったら変化後「化ける」かもしれないと感じる基準がなんとなく自分の中で出来てきます。
店よってはそうして狙って育てたボトルをサーブしてくれるBARなどもありますが、1本所有して変化を見ながら楽しむのも家飲みの良さですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×