タグ

タグ:キルホーマン

キルホーマン 100%アイラ 8thリリース 50%

カテゴリ:
IMG_20191009_210947
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
THE 8th EDITION 
Bottled 2018 
Bottled in batch 12000 
Cask type Bourbon Barrel & Sherry Butt 
700ml 50% 

グラス:グレンケアン 
時期:不明 
場所:Jam Lounge 
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでクレゾールや塩素系の薬品香、若干溶剤っぽいニュアンス。乾いた麦芽、バニラやオーク香、根菜の漬物に加え柑橘っぽさを感じさせる酸。

味:麦系の甘さから塩気とコクのある口当たり。焦げた木材を思わせるしっかりとしたピーティーさと、香り同様に若干の根菜、奥にはバーボンカスクのフルーティーさ。余韻にかけてゴムっぽいシェリー系のニュアンスがあり、やや荒さのある舌当たりとピーティーな余韻が長く続く。

系統としては近年のラフロイグ系のピーティーさと、ラガヴーリンを合わせたような味わい。ベースとなる麦芽風味に厚みがあり、大器となる要素を感じさせるが、現時点では造りに粗さがあり、一部の原酒の若さに加え、あまり良くないシェリー樽由来のニュアンスが邪魔をしている。出来ればバーボン樽オンリーでつくってほしい。しかし意外にハイボールが合う。

IMG_20191009_211745

1年に一度リリースされている、キルホーマンのローカルバーレイ。キルホーマンがアイラ島に所有する農園で育った麦芽を、フロアモルティングで仕込んだ、20ppmのピーテッドモルト。
毎年構成が変わっていて、2018年のリリースは2008年と2012年蒸留の原酒、計46樽のバッティング。樽の内訳はバーボンバレルが39樽、シェリーバットが7樽とのことです。

このボトルは良いところとそうでないところがあり、自分のなかで時期(あるいは飲んだシーン)によって評価が別れています。
最初に飲んだ時は開封直後でイベント会場。いくつかのフレーバーがとっちらかっているのと、何よりシェリー樽の要素が邪魔していると感じ。。。
次に飲んだ時は写真の頃でBAR飲み。多少粗さはあるがそれらがまとまると共に、麦由来の旨味がしっかりあって大器の片鱗を感じ。。。
同じボトルを自宅で最後まで飲んだ結果、やっぱり粗さがあるのと、何よりシェリー樽の要素が望ましくないフレーバーに繋がっていると感じた。。。

結論から言うと、ベースにある原酒には大きな可能性を感じるものの、全体の繋ぎになるはずだったシェリー樽原酒が、ネガティブな要素も付与してしまっている点が、今回のボトルにおける最大のネックだと感じます。
この他、原酒構成についても10年程度熟成の原酒よりも2012年蒸留の6年程度のものが多いようにも感じる粗さがあり、これが逆に口当たりで20ppmにしてはフレッシュなピーティーさと、塩素などの要素の強さに繋がっているようにも感じます。

キルホーマンの100%アイラは7thリリース(7年熟成・バーボン樽の1stと2ndフィル)のほうが厚みのある麦芽風味に、樽由来のフルーティーさがうまく馴染んで好みの味わい。これはまさに将来性を感じる1本でしたが、8thもネガな要素を除けばそれに共通するニュアンスは当然あり、今後リリースされるであろう9thリリースあるいはそれ以降にも期待したいと思います。

IMG_20191009_193235
今日のオマケ:ストーム・ワインズ・リッジ・ピノ・ノワール 2017

先日ウイスキー仲間と食事会をした際に飲んだ南アフリカのピノ。ストーム・ワインズは2011年に創業したばかりの新しい作り手のワインですが、すでに”南アフリカのベンチマーク”として、注目を集めているワイナリーなのだとか。
写真の通りきれいな色合いのピノで、新世界の果実味しっかりタイプかと思いきや、ボディはそう厚くなく透明感があり、ブルゴーニュ寄りの作りで驚きました。

注ぎたては胡麻っぽさ、軽いスパイス、葡萄の皮。透明感はあるがあまり果実香が感じられない。それが徐々にらしいニュアンスが開いてきて、チェリーやクランベリー、赤系のベリー感が柔らかい酸をまとって開く。甘味はほどほど、余韻にかけて軽いウッディネスと若い年数にしてはこなれたタンニンを感じるフィニッシュ。
「ピノ・ノワールにとってベストな場所で、最も美しいピノ・ノワールを作る」というのがストームワインズの考えで、畑はかなり涼しいところにあるとの話ですが、ブルゴーニュに似た気候で作っているのかなと感じるような仕上がりのワインです。

肉と油な食事との相性もバッチリ、赤身肉が進んで仕方ない。この日の食事はひたすらこの肉だけというコースで、デザート代わりにロックで美味しいバーボンで締める。ストレスを吹き飛ばし、日々に潤いを与える食事はこれでいいのだと思える満足感でした。

IMG_20191009_194957

キルホーマン 10年 2008-2018 日本市場向け 56.5% #266/2008

カテゴリ:
IMG_20190710_213415
KILCHOMAN 
THE FIRST EVER 10 YEARS OLD SINGLE CASK FOR JAPAN
Aged 10 years 
Distilled 2008 
Bottled 2018 
Cask type Bourbon #266/2008 
700ml 56.5%

グラス:シュピゲラウ
時期:不明
場所:BAR ハリーズ高岡
評価:★★★★★★(6)

香り:角のとれたピーティーなスモーキーさ、塩素を纏ったほのかなヨード香、薄めた蜂蜜と柑橘、合わせて土っぽいアロマと干し草、若干武骨な要素を伴うウッディネス。

味:香り同様に角のとれたピーティーさ、ほろ苦い口当たりに蜂蜜レモン、微かに根菜のような土っぽさ、後半にかけてピートフレーバーが盛り上がるよう。余韻はスモーキーで程よいウッディさ、徐々に乾いた麦芽風味を感じさせつつ長く続く。

適度な熟成感、ウッディネス、そしてアイラらしいピーティーさの整った、若いなりにバランスのとれた構成。近年のアイラ10年熟成と考えれば充分合格点と言えるだけでなく、大器の片鱗を感じさせる。


昨年リリースされた、キルホーマンの日本向けボトルとして初めての10年熟成シングルカスク。キルホーマン全体としては、2018年時点で12年熟成や、話題になったシェリー樽のエクスチェンジ向け(これも10年熟成)など10年熟成以上のものが複数リリースされていましたので、若干後追い感はあります。

ただ、キルホーマンのバーボン樽熟成で、特に7~8年以上のものは適度な厚みの麦系のフレーバーに、オーキーなフルーティーさが合わさって熟成したラフロイグ等に通じる要素を備えた仕上がりとなっているものが多く、短熟だからと軽視できない仕上がり。
2000年代以降のアイラモルトは、紙っぽさや溶剤系のような要素を伴うなど、一時期に比べて仕上がりに陰りが見られるものが少なくありませんが、キルホーマンはここ最近のアイラモルトのなかでは最も将来性が感じられるわけで、その日本向けというだけで期待してしまいます。

そういう経緯から、今回のテイスティングも上記のようなフルーティーさが強化されたような仕上がりかと思いきや、思っていたのとフルーティーさの系統がちょっと違う。総合的に良くできているのは間違いなく、これはこれでアリなのですが、類似のキャラクターだとカリラやラガヴーリンのような・・・ちょっと系統が違う仕上がりであるように感じられました。

IMG_20190710_215853
(同日飲み比べた、キルホーマン6年2011-2019 メモリーズオブスコットランド(右)。こちらのほうがフルーティーさに柑橘プラス近年トロピカル系統が分かりやすい。総合的な完成度としては熟成感がある日本向け10年のほうが好みだが、分かりやすさと自分の求めるキルホーマンのキャラクターはメモリー~のほう。)

キルホーマンは100%アイラシリーズとして、蒸留所所有の農場(ロックサイドファーム)で生産された麦芽をフロアモルティングで仕込むなど、モルトスターから仕入れた通常の原料以外も使って原酒を蒸留しています。樽の質以外でそうした原酒部分の違いも、熟成後のキャラクターに影響しているのではないかと推察。
実際、これまでオフィシャルでリリースされている100%アイラシリーズは、ボディがあるというかフレーバーに厚みが感じられるように思います。

今後、これらの原酒がどのように育っていくか。3年熟成のリリースが2009年に話題になったあとは、ハネムーン期間の終わりというか、一時期話題になりづらかったキルホーマンですが、その間酒質は確実に良くなってきて、いよいよ飛躍の時を迎えたというのが2018年から2019年にかけて。
初期の頃のものは20年以上持つ酒質ではないと思いますが、15年熟成くらいで他のアイラを圧倒するようなリリースを楽しみにしています。(できればそれも、日本市場向けがほしいですね。)

IMG_20190728_102215

今日のオマケ:ローソンの1000円ワインシリーズから、ブルガリアのシラーズ&カベルネ、ロゴダジ2015。アテは夏休みの勢いで作ったローストビーフ。
このワイン、色合いのとおり濃厚ではあるんですが、ボディがちょっと軽いというか、そこまでしつこくないので食中酒に使いやすい印象。柔らかい酸味としっかりめの甘味、微かにベリーとスパイス。これはデイリーに使えるコスパ良好な一本でした。

キルホーマン マキヤーベイ 46% 2018年ロット

カテゴリ:
IMG_8914
KILCHOMAN
MACHIR BAY
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間以内
場所:自宅
評価:★★★★★ (5-6)

香り:フレッシュな香り立ち。レモンやオレンジピールなどの柑橘、塩素と薬品臭、焦げたようなピート香。少し根菜のような土っぽさの混じる植物感も伴う。

味:若干水っぽさのある口当たりから、蜂蜜レモン、土っぽいピート、乾いた麦芽風味。飲んでいる最中から鼻腔に抜けていくフレッシュなピート香。余韻はほろ苦くスモーキー、焦げたようなピートフレーバーが長く続く。

若いウイスキーらしくピート要素のエッジが立っており、今この瞬間燻したような新鮮さ。合わせてオーク由来の柑橘感がアクセントになって、加水と合わせて上手くまとまっている。まさにピートを味わう酒。ただ酒質は素直ながら少し軽いのか、加水やハイボールではボディが負けてぼやけてしまう。冷凍してハイボールにするとGOOD。
  

2005年に創業したキルホーマン蒸留所のエントリーグレード。昔飲んだ時は若さが結構強かった気がするのですが、今飲むとむしろ良い面も感じます。
パッケージにあるようにバーボン樽を主体に、3~5年熟成の原酒をバッティングして加水調整した若いウイスキーですが、ニューポッティーな雑味的要素はほぼなく、酒質の素直さとピートのフレッシュさがメイン。オーク由来の柑橘系の香味がアクセントになっている、若いなりの良さが感じられる構成です。

ここ最近、キルホーマンのオフィシャルスタンダードを飲む機会が結構ありました。これまでは"まだまだ発展途上"という印象が拭えなかったのですが、リリースされたばかりのバーボンバレル熟成の10年はフルーティーさのはっきり出た美味しいアイラモルトですし、今年の初めに話題になったシェリーカスクも同様。
このエントリーグレードのマキヤーベイにしても、テイスティングの通りフレッシュなピートと柑橘感で、若いなりに良さを感じる味わい。いよいよ蒸留所としてキャラクターが確立してきたなと感じるのです。

DSC08708
(キルホーマン蒸留所所有の麦畑。アイラ島にある自社農場で生産した麦芽を原料の一部としており、アイラ島産のピートで50ppmのヘビーピート仕様に仕上げられる。 Photo by K67)

であれば、そろそろちゃんと飲んでおかねばならないと、家飲み用のヤングアイラ枠に採用してみました。いつ何時キルホーマンをブラインドでぶっこんで来る輩が出てくるか判らないですしね(笑)。
いくつか飲み方を試してみて思うのは、フレッシュなピーティーさを除けば素直な酒質である反面、少々ボディが弱いというか軽い点。10年くらいの熟成までなら樽感を受けとめられるだけの余力は残ると思うのですが、15年、20年と育ったときにどうか・・・はちょっと気になるところ。近年流行りの早熟傾向な酒質ってヤツでしょうか。

まあ神のみぞ知る先の話を心配しても仕方ないのと、そもそも短熟でリリースすることをメインにしていくならこれはこれでアリ。むしろこれがキルホーマンのキャラクターとも評価できます。
同価格帯の他のオフィシャルアイラモルトに比べて突き抜けて旨いというワケではありませんが、今の完成度なら後はユーザーの好みで選べる選択肢の一つであることは、蒸留所としての大きな成長だと思うのです。


最近試飲したボトルから アラン18年、ノッカンドゥー15年、キルホーマン7年

カテゴリ:
なじみの酒屋をめぐるとあれこれ出てきて、帰る頃には1軒目が終わった状況になっていることもしばしば。
今回はその中でも面白かったなと思うボトルをいくつかまとめてみようと思います。
アラン18年
・アラン18年 46% 2016年リリース
つい先日リリースされたばかりのアランのオフィシャル通常ラインナップとしては最長熟成品。
これまではシェリーホグスヘッドの18年が暫定的にリリースされていましたが、今回リリースされた18年はバーボンホグスの比率を上げ、通常ラインナップの一つとして定常的に供給されるようです。
味わいは素直なアラン。オーク系のドライなフルーティーさに麦芽風味、旧ボトル18年のほうがフルーティーさはリッチだった印象ですが、ドライオレンジ以外にドライパイナップル、バニラ等の華やかなフレーバーが感じられました。
ボディは軽めで、癖の少ないオーキーな仕上がり。ブラインドで飲むとハイランドモルトと答えそうな、オフィシャルボトルです。
ノッカンドゥ15年

・ノッカンドゥー15年 1997 43%
平行品でいくつか入ってきたようで、価格もお手ごろ、なんともコスパの良いボトルでした。
ノッカンドゥーはオールドから現行品まで、麦芽風味中心の素朴な味わいが特徴ですが、このボトルもホットケーキにメープルシロップをかけたような、スムーズなマイルドな麦芽風味。1杯を通じて飲み飽きないのもポイントです。ジャブジャブ注いでもらいましたが、美味しく頂けました(笑)。
ノッカンドゥーはあまりメジャーではありませんが、15年他、21年などしみじみ旨いボトルが揃っており、もっと評価されて良い蒸留所だと感じています。


・キルホーマン2008 7年 46%
乱発されているので何がどうだかわからないのですが、公式にはバーボンバレルで最長熟成年数となる7年の原酒でボトリングされた1本。加水なんでどうかなーと思ったのですが、変な要素は無く若めのアイラとして十分楽しめる1本です。
熟成が短いため、バーボン樽由来のバニラやフルーティーな要素は淡く、どうしても荒い部分はありますが、加水で飲み口は整えられており、後半に勢いのある若干焦げたようなピートフレーバーが、ほろ苦い麦芽風味とともに広がります。
こういう加水のボトルって飲み疲れないのが良いですよね。これがシングルカスクで出ていたら、ハーフショットでさようならだったと思います。


今回のボトルは全てオフィシャルですが、最近ボトラーズが苦しい反面、シングルモルトを中心にオフィシャルリリースが多様になってきており、リリースが充実してきているなと感じます。
このブログでもなるべく紹介するようにしていきたいと思いますので、面白いと思うボトルがあれば是非コメント等で情報提供いただけますと幸いです。

キルホーマン10周年記念ボトル 2015年リリース

カテゴリ:

今更ですが、飲んでなかったキルホーマンの10周年記念。
10周年なので2005年蒸留の10年ものかと思いきや、それを一部含むマルチカスク。
オーソドックスなアイラという感じで、荒さの残る熟成感に、香り、味共に塩気が強く感じられました。

KILCHOMAN
10th ANNIVERSARY RELESE
Only 3000 Bottle
700ml 58.2%

暫定評価:★★★★★(5)

香り:刺すような鋭いピートフレーバーに、バーボン樽由来の甘さとシェリー樽を思わせる酸味、バッティングらしく複雑さが感じられる。荒い塩気と昆布だし。乾いた麦芽のアロマもある。

味:荒さの残る若々しくフレッシュな口当たりに焦げたピート香。微かにシェリーのニュアンス。甘さと香ばしさ、そしてピートのほろ苦さ。奥にはバーボンオークのバニラやフルーツ感も見え隠れする。
鼻抜け、フィニッシュともピーティーでスモーキー。舌の上に塩気と微かにオークフレーバーを伴う余韻。

飲んでみると短熟を含む複数年、複数樽のバッティングらしく、若々しいアタックに熟成由来と思える奥行きがあり、オフィシャルのカスクストレングスとしては可もなく不可もなく。
キルホーマンの5年以上のバーボンカスクはラフロイグに共通する要素を感じていたのですが、今回のボトルはどちらかと言うとカリラに近いかなと感じました。

2009年にはじめての3年ものがリリースされてから6年、様々なリリースを繰り返してキルホーマンは生き残りました。月日がたつのはなんとも早いものです。
そういえばあの時の記念ボトル(キルホーマン3年46%)は、生臭いと酷評されていた記憶があります。
10周年記念ボトルはそれほどでもありませんが、高望みしすぎたか、せっかく10周年を記念するならもう一押しほしいかなと言う印象は否めませんでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×