タグ

タグ:キルホーマン

キルホーマン 6年 2009-2015 for サロン・ド・シマジ向け 59.9%

カテゴリ:
IMG_20200529_220002
KILCHOMAN 
SINGLE CASK RELEASE 
For Salon de SHIMAJI 
Aged 6 years 
Distilled 2009 
Bottled 2015 
Cask type Oloroso Sherry Butt #407 
700ml 59.9% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2年程度
場所:自宅 
評価:★★★★★(5ー6)

香り:微かにサルファリーなニュアンスがあるが、それ以上にヨード香と磯っぽい香り、燻した麦芽や焦げた木材、ピートスモークのアクセントが強い刺激と共に薫る。

味:パワフルでピーティー。オイリーな質感のある麦芽風味から、後半にかけて口内を刺激するアルコールの高さ、ひりつくような飲み口。
余韻は強いピートフレーバーに、微かにチョコレートの甘さ、塩気を伴って長く続く。

粗さの残る口当たりだが、カリラとラガヴーリンを足して2で割ったような、王道系アイラモルト。
開封直後はシェリー感は淡いのにサルファリーなニュアンスが目立つ、なんとも評価に困るモルトだったが、時間経過で硫黄要素が抜けて、麦とピートにヨード、樽由来のコクのある甘味、ヤングアイラとしてなかなか楽しめる1本に変化してきた。
加水すると香りで硫黄要素が目立つが、味にはシェリー樽由来の甘味もあり、バランスは悪くない。なにより、葉巻との相性は光るものがあり、選定者の意図が伝わってくる。

IMG_20200529_222740

テレワークで家から出ていないこともあり、曜日感覚、日付感覚が欠如し、月末だったという認識がなく・・・思いっきり「リカル」の締め切りを失念していました(汗)。
自分は原稿を長々書いてしまうので、字数制限の関係上紙媒体向けとWEB向けでそれぞれ1本ずつ書くことから、平日夜の時間はリカルに集中。そして週末は子供に集中。というわけでブログがご無沙汰になりました。

今日のレビューは、来月6月にリリースされる、自分関連のボトルとかけ、キルホーマンのストックから。
4年前、信濃屋さんからリリースされた、サロンドシマジ&PEN向けのキルホーマン・シングルカスクリリース。この時期はポンド/円の相場が1ポンド190円と日本側に厳しく、中身も若い熟成年数故にシェリー感が淡く、バチバチと粗さの残る口当たりにサルファリーなニュアンスが目立ってしまう。。。
1本購入していたのですが、香味的にも価格的にもちょっと扱い辛いリリースという印象でした。

シェリー感は淡いのに硫黄が目立ったのは、硫黄感とシェリー酒由来の要素が樽材の表層にあるのに対し、その内側にある樽材由来のエキスでは、熟成の影響が時間差になるためと考えられます。表層部分から先に溶け込んでいくので、熟成の若いウイスキーは樽感がそこまで強くないのに、硫黄要素が目立つ結果になったのではと。
ただ、開封直後から葉巻との相性は良く、選び手の好みが反映されているボトルでもありました。完全禁煙な家飲みでは使い辛いけどBARでなら…と、今は無き池袋の某BARで葉巻を持ち込んで楽しんでいたのを覚えています。

また、硫黄系の要素は開封後の時間経過で抜けていく部分があり、若さ由来の粗さ、刺激も多少角が取れていきます。今回久々に飲んでみて、この硫黄要素が抜けつつあり、ベースにあるアイラモルトとしてピート、ヨード、塩気、それらを含む麦芽風味という、まるでラガヴーリンとカリラを足して2で割ったような好ましい変化が見られました。
度数の強さもあってがばがば飲むボトルではないので、今後じっくりと成長を見ていくことが出来そうです。

Screenshot_20200312_140834 (1)

さて、続いては個人的には今日の本題というか、冒頭触れた自分絡みのリリースであるキルホーマンです。
先日の記事でも紹介させてもらったチームグレンマッスルからのプライベートリリースが、無事に日本に到着したとのことで、銘柄もオープンにしたいと思います。(もともと隠すレベルのものでもありませんがw)
今回はキルホーマン蒸留所から希少な1樽、100%アイラのバーボン樽熟成をボトリングすることが出来ました。

Screenshot_20200312_154915
  KILCHOMAN
100% ISLAY MALT
SINGLE CASK RELEASE
For TEAM GLEN MUSCLE
Aged 8 years
Distilled 2012
Bottled 2020
Phenol 20 PPM 
Cask type Fresh Bourbon Barrel #29
700ml 55.1%


企画が動いたのは昨年末。
近年のキルホーマン100%アイラのリリース7th~9thに大きな可能性を感じ、その構成原酒と同じスペックである、バーボン樽のシングルカスクで7~10年熟成のものを日本市場にリリース出来ないかと、Whisky-eさんを通じてキルホーマン蒸留所に働きかけていただいたところ。我々の熱い想いに共感頂けたのか、複数のカスクサンプル(すべてバーボン樽で100%アイラモルト仕様)が届き、その中から選んだのが今回の1樽となります。

キルホーマンの100%アイラは、通常のリリースに比べて生産量が少なく、まとまった熟成年数のものがなかなか市場に出回らないそうです。
サンプル段階では、バーボン樽&100%アイラキルホーマンという組み合わせから想定される、らしいフルーティーさと厚みのある麦芽風味、さらにカスクナンバー29(肉)というマッスル的めぐり合わせ。何より求めていたスペックのオフィシャルボトルに個人名まで入るという、普通は考えられないことまで実現させてもらいました。
いやーもう感無量ですね。
コロナウイルスの影響で混乱があったのか、ちょっとイレギュラーもありましたが、何とか日本に届いてくれました。

今回のリリースはチームグレンマッスル向けのプライベートボトルになりますが、メンバーの立ち位置はこれまで同様、本リリースへの協力で一般的に言うところの監修となります。
勿論、リリースを通じて我々が監修料や売り上げ等の利益を得ることはありません。
リリースにあたってはメンバー並びに関係者の購入分を差し引いた後、Whisky-eさんから酒販店を経由して一般販売となる予定です。(一般販売は6月22日から、税込み12000円前後予定)
ボトルは6月2週目あたりでメンバーの手元に届く予定なので、まず先行でレビューさせてもらいます。購入を検討されている方は参考にして頂けたら幸いです。

キルホーマン 100%アイラ 6年 2013-2019 秩父ウイスキー祭り向け 58%

カテゴリ:
IMG_20200219_230723
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
For CHICHIBU WHISKY MATSURI 2020 
Aged 6 years 
Distilled 2013 
Bottled 2019 
Cask type Bourbon Barrel #423/2013 
700ml 58% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでピーティー、ドライな香り立ちで、乾いた麦芽と塩素、ツンとした刺激がアルコールを連想させ、グレープフルーツを思わせる柑橘の綿っぽさの混じる爽やかなフルーティーさが、オーク由来の要素として感じられる。

味:ドライでスパイシー、香り同様にグレープフルーツ感のあるピーティーさ。ボディは硬質で鋭い、乾燥して固くなった麦芽を噛み砕いているようだ。余韻はその鋭さが更に強く感じられ、スパイシーでハイトーン。ピーティーなほろ苦さとオークの華やかさを戻りに伴うフィニッシュ。

グレープルーツ系のフルーティーさがあり、どことなくバーボン樽熟成の90年代後半ボウモアに近い要素を伴っている。ただし麦芽風味に硬質で鋭い質感があり、度数以上に口当たりの強さが目立つ点は、我々が認識する100%アイラへのイメージと異なるところである。若さ由来もあるのだろうか。
加水するとボディは多少水っぽくなるが、バニラやオーク系のフルーティーさが含み香で開いてくる。

IMG_20200219_230840

秩父ウイスキー祭り2020の記念ボトルとしてリリースされた、100%アイラシリーズでのシングルカスク。ここ2~3年見かけていなかった系統のリリースですね。
100%アイラは基本的には複数樽バッティングのシングルモルト、かつ50%加水でリリースされるため、若い原酒ですが日本のファンにとっては待望の1本ではないかと思います。

以前聞いた話では、キルホーマン側は100%アイラのカスク売りを積極的にやってくれないのだとか。まあ確かにローカルバーレイで手間暇かかる蒸留所でのモルティング、生産も少量ですから、人気も出てきた昨今自社で今後のためにとっておきたい原酒ですよね。
特に昨年の通常リリースにブレンドされていたような、人気のフルーティーさがあるバーボンバレルであればなおのことです。それ故に、秩父ウイスキー祭りの記念ボトルとして、その樽を引いてこれるあたり、イベントの規模と主催者のパワーを感じます。

ce0d53d3
(キルホーマン100%アイラと言えば、昨年話題になった9th EDITIONで開眼した愛好家は少なくないと推察。その魅力はなんといっても厚みのある麦芽風味と、80~90年代のラフロイグを思わせるようなトロピカル系統のフルーティーさにある。この味が7~9年熟成で出るのだから素晴らしい。)

さて、この100%アイラの原酒は、比較的カスク差が大きい印象があります。
つい先日、同じバーボンバレル、同じ蒸留年で熟成年数のカスクサンプルを飲み比べる機会があったのですが、今回にように固くスパイシーなタイプがあれば、ねっとりと麦芽風味が張り付くようなタイプ、あるいは焦げたゴムっぽいニュアンスが出ているタイプなど。。。樽感ではなくベースの酒質のキャラクターが異なっていて驚かされるとともに、これらをバッティングすることで、複雑で多彩な100%アイラ・シングルモルトに繋がるのだと納得させられました。

恐らく麦芽の違いから来る差が、マイクロディスティラリー故に蒸留時の微妙な違いの影響を受けて、更に大きな差になる。(麦芽の誤差×蒸留時の誤差、どちらのパラメーターも大きいという話)
スプリングバンクなんかでも固体差が大きいと感じる話がありますが、背景にはフロアモルティングによって仕込まれる麦芽がもつ、モルトスターでドラムで仕込まれるものに比べての不均一さがあると考えられるのです。

今回のキルホーマンもそのベクトルの一つ。特に6thや7thあたりに共通するニュアンスが、強調されて感じられるのが魅力である一方、硬さというか強さもシングルカスク故にはっきりと出ているあたり、構成原酒の一つにして、原酒の幅のなかで良くも悪くも突き抜けたタイプなのだなと思えます。
例えば、フロアモルティングで乾燥させるにあたり、しっかり熱が入ってしまったカリカリの麦芽で。。。じっくりミディアムレアに仕上げたようなタイプとフレーバーが異なるなら、イメージに違和感はありません。

美味しいアイラモルトであることは間違いありませんが、イメージというか、評価の別れるカスクだなと思いました。
時間をおいてまた飲んで変化を見てみたいですね。

2019年を振り返る ~印象に残ったボトルや出来事など~

カテゴリ:

1年があっという間に過ぎ去ってしまった・・・なんてことを毎年呟いている気がしますが。(もう歳だなぁ・・・とも)
日々こうしてブログを更新していると、過ぎ去ってしまった時間の存在を実感出来る、日記的な感覚があったりします。

2019年に更新したレビュー数は270程度、総数は1500を越えました。うち投稿していない銘柄もあったりで、何だかんだ500銘柄は飲んでいると思います。
また、今年はブログ活動をしてきた中でも、最も繋がりの広がった年で、楽しいことも多かったですし、考えさせられる事柄も少なからずありました。
2019年最終日の更新では、これら1年で経験したことの中から、印象に残っている出来事やボトルをまとめて振り返っていきます。

a19394d7

■Liqulの執筆開始&グレンマッスルのリリース
最も印象的だった出来事は、勿論この2つ。
まずひとつ目が、酒育の会の代表である谷島さんからお声がけいただき、Liqulでオフィシャルボトルレビューの執筆を開始したこと。
同紙がWEB媒体へと移行する来年からが本番なので、今年は準備運動的な意味合いもありましたが、業界で活躍されている皆様と一緒に活動することができたのは、大きな刺激になりました。

また、執筆にあたりアイコンを新垣先生に描いて貰えたのも、ウイスキーの縁で実現した出来事のひとつです。
某海賊漫画風くりりん似顔絵。個人的にはすごく気に入っているものの、仲間内から「こんな悪い表情出来てない」と言われておりますがw
2020年最初の記事は既に入稿済みで、先日リニューアルが発表されたアランの新旧飲み比べが掲載される予定です。

そしてもうひとつの出来事は、オリジナルリリース「グレンマッスル18年ブレンデッドモルト」が実現したことですね。
宅飲みした際の酔った勢いで始まった計画でしたが、愛好家にとってのロマンをこうして形に出来たことは、ブログ活動というか人生の記念になったといっても過言ではありません。
実現に当たってご協力頂いた笹の川酒造、ならびに福島県南酒販の皆様、本当にお世話になりました。。。

0b18060d

グレンマッソー18年は、国内で3年以上貯蔵されていたものとはいえ、輸入原酒(バルク)を使ったブレンデッドモルトウイスキーです。
突き抜けて旨いリリースとは言えませんが、キーモルトを探るミステリアスな面白さに、嗜好品として楽しんでもらえるバックストーリー。加えて香味にも流行りの系統のフルーティーさがあり、一定レベルのクオリティには仕上がっていたと思います。

何の思い入れもなくとりあえずサンプルだけ手配して、複数のなかから比較的まともなものを選んで・・・というような選定方法では、我々愛好家側の色は出せないと思っての”ブレンド”というジャンルでしたが。SNS等で「今年印象に残ったウイスキーのひとつ」と、何人かに言って貰えていたのが嬉しかったですね。
そして第一歩が踏み出せたことで、それに続く新しい動きもあり、来年はそのいくつかを発表出来ると思います。我々の作った味がどんな感想をいただけるのか、今から楽しみです。

※参照記事

IMG_20191230_092617

■ジャパニーズウイスキーの定義とワールドブレンデッド
さて、輸入原酒と言えば、2019年は輸入原酒を使いつつ「ジャパニーズ的な名称を用いたリリース(疑似ジャパニーズ)」が、前年以上に見られたのも印象的でした。
一部銘柄に端を発し、ウイスキーの成分表記についても少なからず話題となりました。こうした話は、すべて情報を開示したり、事細かに整理したからといってプラスに働くものとは限りませんが、法律上の整理と一般的なユーザーが求める情報量が、解離してきているのは間違いありません。
今の日本は、昭和のウイスキー黎明期ではないんですよね。

一方で、大手の動きとしてはサントリーが「ワールドブレンデッドウイスキー AO 碧」を新たにリリースしたこともまた、2019年の印象的な出来事のひとつだったと感じています。
ワールドブレンデッド表記は、自分の記憶ではイチローズモルト(ベンチャーウイスキー)が2017年頃から自社リリースに用い始めた表記。ジャパニーズウイスキーブームのなかで、それとは逆行するブランドを業界最大手であるサントリーが立ち上げたのは驚きでした。

c1d924c4-s

ウイスキー文化研究所ではジャパニーズウイスキーの定義作りが進み、既に素案が公開されている状況にあります。
来年のTWSCはその定義に基づいてカテゴリーの整理が行われていますし、4月にはジャパニーズウイスキーフェスティバルが開催される予定であると聞きます。

シングルモルトウイスキーでは、産地が重要な要素となるため基準に基づく産地呼称等の整理が必要ですが、ブレンデッドはジャパニーズだけでなく、広い視点で考えなければならないとも思います。
他産業ではMade in Japanブランドが世界的に強みと言っても、日本製のパーツや材料が評価されている部分もあれば、国内外問わず作られたそれらを、日本の技術や品質追求の考えの下で組むことで形成されている部分もあります。
サントリーの碧を始め、ワールドブレンデッド区分のウイスキーは、日本の環境だけでなくブレンド技術という日本の技をブランドに出来る可能性を秘めたジャンルと言えます。

つまり輸入原酒(バルクウイスキー)もまた、使い方次第で立派なブランドとなるのですが、問題なのは酒ではなく”売り方”。どこのメーカーとは言いませんが、海外市場をターゲットに、紛らわしいを通り越したえげつない商品をリリースしている事例もあります。
現在作られている基準をきっかけに、そうした整理にもスポットライトが当たり、業界を巻き込んだ議論に繋がっていくことを期待したいです。

※参照記事

■2019年印象に残ったウイスキー5選
小難しい話はこれくらいにして、行く年来る年的投稿ではお決まりとも言える、今年印象に残ったウイスキーです。
まず前置きですが、今年は冒頭触れたとおり、500銘柄くらいはテイスティングをさせていただきました。
中には、サンプル、持ち寄り会等でご厚意により頂いたものもあります。皆様、本当にありがとうございました。

オールドの素晴らしいものは相変わらず素晴らしく、そうでないものはそれなりで。一方ニューリリースでは原酒の個性が弱くなり、ボトラーズは特にどれをとってもホグスヘッド味。。。のような傾向があるなかで、それを何かしらとタイアップして売るような、ラベル売り的傾向も目立ちました。
市場に溢れる中身の似たり寄ったりなリリースに、食傷気味になる愛好家も少なくなかったのではないかと推察します。

その中で、今年印象的だったボトルを年始から思い返すと、オフィシャルリリースや、作り手や選び手の想いが込められたものほど、そのバックストーリーの厚みから印象に残りやすかったように思います。
個人的な好みというか、その時その時の美味しさだけで選ぶなら、カテゴリーから上位を見てもらえれば良いので、面白味がありません。味以外の要素として、そのリリースに込められた情報、背景、個人的な思い入れ等も加味し、”印象に残ったウイスキー”を選んでいきます。
なお先の項目で触れている、グレンマッスルやサントリー碧も該当するボトルなのですが、二度紹介しても仕方ないので、ここでは除外します。(ニューポット、ニューボーンについても、来年まとめるため対象外とします。)

612c98f2
チャーしたスパニッシュオークの新樽で熟成された山崎。味は若い原酒を濃い樽感で整えたような粗さはあるが、その樽感がシェリー樽、あるいはシーズニングという概念を大きく変えた。味以外の"情報"で、これ以上のインパクトはない。是非飲んで欲しい1本。

97127bfa
最高の白州のひとつ。白州蒸留所シングルモルトで初の30年熟成という点も印象的だが、15本と極少数生産故、樽から全量払い出されなかったことがもたらした、アメリカンオーク由来の淀みのないフルーティーさ、良いとこ取りのような熟成感が素晴らしい。

f6132419
アメリカで多くのシェアを獲得していた、全盛期とも言える時代のオールドクロウ。
100年を越える瓶熟を経てなお濁らずくすまず、艶のある甘味と熟成ワインのように整ったウッディネスが素晴らしい。また味もさることながら、ボトルそのものが有するバックストーリーも申し分なし。記憶に刻まれた、文化財級の1本。

ce0d53d3
新しい蒸留所が示した新時代への可能性。樽由来のフルーティーさ、麦芽由来の甘味とフロアモルティングに由来する厚みのあるスモーキーフレーバーが合わさり、短熟らしからぬ仕上がりが評判となった。来年の10周年、そしてこれから先のリリースにも期待したい。

IMG_20191229_142309
マイ余市を選ぶつもりが、年末の持ち寄り会で滑り込んだ特別なウイスキー。2014年に天寿を全うされた、故竹鶴威氏に敬意を表した記念ボトル。ニッカが蒸留所を再稼働させた1990年の、最初の原酒をリメードホグスヘッド樽で熟成させたシングルカスクで、ニッカらしいウッディさにオークフレーバーと、ベンネヴィスらしいフルーティーさが合わさった、ファン垂涎の1本。

※その他候補に上がったボトル
・グレンファークラス 29年 1989-2019 ブラックジョージ
・リトルミル40年 1977-2018 セレスティアルエディション
・アラン 18年 オフィシャル
・アードベッグ 19年 トリーバン
・余市10年 2009-2019 マイウイスキー作り#411127

ちなみに、2019年はウイスキーだけでなく、ワインも色々飲んだ1年でした。
いくつか個別の記事を書いてみて、まだワインについては1本まとめて記事に出来るだけの経験が足りないと、オマケ程度でふれるにとどめましたが、ウイスキー好きに勧められるボトルもある程度固まったように思います。
ウイスキー愛好家のなかでも、ワインを嗜みはじめたメンバーがちらほら出てきていますし、来年はウイスキー×ワインの交流も進めていきたいですね。

IMG_20191226_194810

■以下、雑談(年末のご挨拶)
さて、本更新をもって2019年の投稿は最後となります。
まとめ記事ということで長くなりましたが、最後に来年の話を少し。。。

来年3月で本ブログは5周年を迎えます。
ブログ活動を再開した当時はどれだけ続くかなんて考えてませんでしたが、これも本当にあっという間でした。
ブログを通じて色々と繋がりも増え、執筆活動以外の動きもあり。先に記載した通り、来年は新たに発表出来ることもいくつかあると思います。

他方で、ブログ外のところでは息子が小学校に上がるなどの家庭環境の変化や、仕事のほうも任されている事業で管理職的な立ち回りが求められるようになってきて、公私とも変化の大きな年になりそうです。
自分にとってブログ活動は趣味であるため、継続はしていくつもりですが、今年から暫定的に行っている週休二日ルールを定着させるなど、時間の使い方を考えなければならなくなると思います。こうして、環境が変わっていくなかで何かを継続することは、本当に難しいんですよね。

楽しみである気持ちが半分と、不安のような複雑な気持ちが半分。。。というのが今の心境。そんな中でも、細々とでも活動は継続していくつもりですので、皆様来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えください。

IMG_20191015_182940

キルホーマン 100%アイラ 9thリリース 50%

カテゴリ:
IMG_20191115_194024
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
THE 9th EDTION 
Release in 2019 
Cask type Bourbon 
700ml 50%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)(!)

香り:オーキーなフルーティーさと塩素やヨードの混じるしっかりとスモーキーなアロマ。バニラ、リンゴや洋梨を加熱調理したようなエステリーな果実感、熟したパイナップル。そこにタイムを思わせるハーブ、ピート香には土っぽさと焦げたような要素もある。

味:パインやレモンの黄色いシロップのようなとろりとしたオーク由来の甘味。合わせて燻した麦芽のスモーキーさが、ほろ苦いピートフレーバーと共に口の中に開く。ボディはそこまで厚くなく、塩気も伴うが角が取れて柔らかい。
余韻はピーティーでややドライ、若干の根菜っぽさや植物感。近年寄りのトロピカルフレーバーも続いて開き長く続く。

アメリカンオーク由来の華やかさとフルーティーさにアイラピートの組み合わせ、そして麦芽由来のニュアンス。若さは目立たずむしろ熟成感があり、バッティング加水で適度に角がとれつつ複雑さもある。個人的にキルホーマンに求める味わいはこれ。ややフルーティー要素がが強いというか、それに見合うようもう少し酒質が厚いとなお良いが、充分すぎる完成度である。

IMG_20191115_193936

キルホーマンのローカルバーレイ。
2007年蒸留と2009年蒸留の原酒をバーボン樽で熟成させ、計43樽バッティングしたもので12000本の限定品。
前作8thリリースは、バッティングされたシェリー樽原酒がボディの厚さに繋がっているものの、同時に悪い部分にも繋がっていて、大器の片鱗は感じられるが惜しい作り。次はバーボン樽100%で作ってほしいなと思っていたところに、求めていた構成のキルホーマンがリリースがされました。

創業初期のキルホーマンの酒質は、そこまで厚みがあるものではない一方で、雑味も少ないことから10年熟成でそこそこ仕上がる早熟な傾向があり。また、バーボン樽との相性が良く、10年程度の熟成を経たものからは、好ましいフルーティーさを感じられるリリースが複数確認されています。
今回のボトルは、まさにその熟成期間である9~12年熟成の原酒バッティング。若さはあまり感じず、むしろ樽由来のフルーティーさがしっかりと備わっていることから、加水調整と合わさって熟成したモルトの風格すら感じられるのです。

それはさがなら、バッティングによって作られたオールドスタイルのラフロイグのフルーティーさ。
先日レビューしたシングルカスクのキルホーマンでは、仕上がりの荒さが経年によって穏やかになることを期待しているとを書きましたが、そのイメージがまさにこれ。"作られた"と表現した通り些か作為的ではありますが、確実に黄色系統のフルーティーさが備わっているアイラモルトが1万円以内で買えるのは、なんと精神的にもお財布にも優しいことでしょう。

少なくとも、過去リリースされてきたキルホーマンのなかでも、トップクラスの味わいであることは間違いなく。今後は同様の原酒を使ったスタンダードの10年クラスがリリースされていくでしょうし、最近良くなったと評価のある現行品マキヤーベイらに使われている、若い原酒の成長も控えているわけですから。。。キルホーマンの飛躍と、可能性を感じますね。今後益々注目すべき蒸留所です。
そんなわけでその場で1本購入。評価については家でじっくり飲んだあと改めてまとめたいと思いますが、ファーストインプレッションは★7。ウイスキー愛好家は是非飲んで、キルホーマンの進化を感じてほしいですね。

IMG_20191120_010948
IMG_20191123_160443

後日談:先週末、飲んだその場で注文したボトルを受け取り、着・即・開!!(言いたいだけ)
グラスの違いからか、ちょっとタールというか焦げたような要素は強めに感じられたものの、全体的にはフルーティーでスモーキーにまとまっていて今後の開き具合にも期待が持てる。何より口に含むほどに美味しさが持続する、原料由来の旨味のあるウイスキーの特徴を備えている点は、やはり好感が持てる作りです。
あと、これからのシーズンはお湯割りがなかなか美味ですぞ。(11/19~追記)

キルホーマン 11年 2007-2019 キャンベルタウンロッホ20周年記念 55.7%

カテゴリ:
kilchoman_bar_campbelltown_loch_20th
KILCHOMAN 
For BAR CAMPBELLTOWN LOCH 20th ANNIVERSARY 
Aged 11 years old 
Distilled 2007
Bottled 2019 
Cask type Bourbon #380/2017 
700ml 55.7% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:BAR Eclipse 
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ピーティーで焦げた木材、炒めたカシューナッツのような香ばしさ。シトラスを含むバニラとオーキーな華やかさ。しっかりヨードやクレゾールの薬品香も感じられる。香味のまとまりに若干の粗さはあるが、レベルの高いアイラモルト。

味:スムーズでピーティー、香り同様に柑橘を思わせる要素から若干焦げた木材、タールのようなニュアンス。そこからオークの甘味とフルーティーさ。ピートフレーバーには根菜っぽさも混じる。
余韻はピーティーでほろ苦くスモーキー、ほのかに柑橘やパイナップルを思わせる果実味を伴って長く続く。

ピーティーなアイラ要素に加え、フルーティーさもある好ましい仕上がりのキルホーマン。やや荒削りな感じもあるが、加水調整が樽由来の要素と酒質由来の要素を活かしつつバランス良く仕上がっている。加水するとボディが薄くなりやすく、しても少量まで。また、荒削りな部分については経年変化でこなれていくことも期待できるため、将来性のあるボトルでもある。

IMG_20191101_222719

有楽町にあるウイスキー愛好家の聖地、もはやそれ以上の前置きは不要とも言える、BAR キャンベルタウンロッホの20周年記念ボトルの1本。
通常の周年ではなく、10年刻みの大きな節目とあって多くの記念ボトルがリリースされていますが、ここでキルホーマンを選んでくるというのは、近年のキルホーマンの成長を見れば逆に納得させられてしまうチョイスです。

キルホーマンの創業は2005年で、先に触れたように近年めきめきと酒質を向上させてきた、今注目の蒸留所のひとつです。
一例として最近のロットのマキヤーベイや、キルホーマン・100%アイラなどのバーボン樽を主体としたリリースが、若いアイラモルトそのものの完成度だけでなく、将来性も十分感じさせてくれる仕上がり。下積みを重ねてきた若手選手が、いよいよブレイクの時を迎えようとしている、といった印象を受けています。

一方、今回のリリースのように、創業から数年間以内の原酒がどうかというと、一時はあまり評価されていなかったように思いますが、これも悪くないのです。
10年程度熟成を経たものを既存のモルトに例えるなら、ラフロイグとラガヴーリンの二つのモルトの特徴を持っているように感じられ、後は固体差ですが、この樽はバーボン樽熟成のラフ要素強めといった感じ。
今は樽感と酒質由来の部分が多少乖離しているというか、少し荒削りで距離があるような感じもしますが、そこが経年でまとまる余地である伸び代。将来性は充分にあると感じます。

なお、今回のテイスティング評価は★6寄りながら、その将来性を加味して幅を持たせています。
他の類似スペックのキルホーマンと比べ、特別クオリティが抜きん出ているという訳ではないのですが、こういう系統を選んでくるのはやはりマスター・中村さんの経験値故でしょうか。
中村さんは、オールドだけでなく、新しい可能性についても現地を巡って自分の目と舌で確認しており、それをラインナップやこうしたリリースで形にしていることが、同店が愛好家を惹き付ける大きな要素のひとつ。信頼性が段違いなんですよね。

日本の洋酒文化を支え、そしてリードする存在のBARキャンベルタウンロッホ、その更なる発展を祈念して記事の結びとします。

このページのトップヘ

見出し画像
×