タグ

タグ:キリン

富士御殿場蒸留所 シングルモルト12年 赤ワインカスクフィニッシュ 51%

カテゴリ:

KIRIN FUJIGOTENBA
Single Malt Whisky
Aged 12 Years
Red Wine Cask Finish
Cask No,7 B019
700ml 51%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(個人所有ボトル)
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:レーズン、徐々にハーブ、ローストアーモンド。奥からリンゴのカラメル煮なども混じる、華やかなでリッチなアロマ。ハイトーンな刺激もあり、フィニッシュに潰されない個性を感じる。

味:濃厚だが、少しベタつきのある口当たり。メープルシロップ、イチジクの甘露煮、クラッカーの香ばしさ。エステリーなフルーティーさもあり、徐々にスパイシー。
余韻は粘性のある甘さ、ウッディで徐々にビター、スモークベーコンを思わせる燻したような煙を感じる。

多少べたつきが感じられるが、赤ワインカスク由来のリッチな香味を、骨格のしっかりした原酒が支える。加えピートのニュアンスなど、個性的かつパワフルで面白みのあるシングルモルト。


キリンウイスキーマスターブレンダーの田中氏が、ウイスキーアワードIOW2017で世界一に選出されたことを受け、その記念に4樽製造するうちの初めの1樽。
10年もののピーテッド原酒を、シャトーメルシャンの赤ワイン樽(フレンチオーク)で2年間フィニッシュ。ピーテッド原酒もそうですが、赤ワインフィニッシュというのも、富士御殿場蒸留所=バーボン樽なリリース主体の中で珍しく、個性的な組み合わせが注目を集めました。

個人的に今回のリリースは、富士御殿場蒸留所のモルト原酒待望とも言える1本です。
それは赤ワインフィニッシュが・・・では無く度数。富士御殿場のモルト原酒は、基本的に50%で樽詰めされる(グレーンは55%)ので、熟成の間に度数が下がり、50%を維持することはまずありません。
結果、モルトのみではスモールバッチ17年46%でも結構ギリギリという、短熟向け原酒となるのですが、その富士御殿場から、ついに50%越えのシングルモルトがリリースされたのです。

(富士御殿場蒸留所で主に使われている、バーボンの空き樽。フォアローゼズ蒸留所にて撮影。今回のワインカスクフィニッシュにも、バーボン樽由来の華やかなアロマが潜んでいる。Photo by T.Ishihara)

今回の原酒が仕込まれた12年前は、旧富士山麓の開発最盛期。2004年後半〜2005年前半(富士山麓は2005年9月発売)にあたり、様々な度数の原酒を試す中で試験的に高度数で仕込まれた原酒だったのではないかと推察。あるいは、稀に起こりうる熟成の最中に度数が上がる現象が起こったのかもしれません。
バーショーで確認するタイミングを逃してしまったので(単に聞き忘れていただけとも言う)、次回関係者にお会いした際に聞いてみたいと思います。
あるいは、確認された方いらっしゃいましたら、是非教えてください!

先に書いたように、今回のリリースは4樽選ばれたうちの一つとされており、今後残りの3種がリリースされるようです。
ワインカスクフィニッシュ12年は、ワイン樽のニュアンスの奥に、富士御殿場モルトらしいエステリーさ、オークフレーバーの華やかな香味もあり、できればバーボン樽との王道的な組み合わせの50%Over原酒を試したいという気持ちがさらに強くなりました。
今後続くリリースが一層楽しみです。

キリン 富士御殿場蒸留所 ピュアモルトウイスキー 40%

カテゴリ:
KIRIN FUJIGOTENBA
PURE MALT WHISKY
2017's
600ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(サウスパーク)
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:フルーティーで熟した洋梨を思わせる柔らかさに、バニラの甘み、ナッツ。華やかだが軽めのアロマで徐々に乾いた木材っぽいドライなニュアンスに振れていく。

味:とろりとした口当たり、はじめは乾いた麦芽、干し藁、ナッティーなニュアンス。すぐにオーキーなフルーティーさ、林檎のコンポートーや洋梨、バニラなどの甘み。熟成感あり。
余韻はドライでエステリー、華やか。染み込むように消える。

突き抜ける強さはないが、嫌味が少なくバランスが良く仕上がっている。
富士御殿場らしさは余韻にかけて感じられる。加水の必要性はあまりなく、そつなくうまいモルトウイスキー。


キリンがDrinx限定で販売を開始していた、"新しい"ピュアモルトウイスキー。元々は蒸留所創業20周年記念として1992年にリリースしたピュアモルトが、「評判いいので(スタッフ談)」と定番ラインナップとして定着していたところ、これをリニューアルした限定ボトルになります。

前述の20周年ピュアモルトからの変更点は、容器が旧富士山麓のボトルが流用されて100ml減の600mlとなったことと、当たり前ですがその中身。
旧ピュアモルトはブラインドで飲んでも、「富士御殿場」と言えるドライでエステリーな個性がメイン。硬さがあるというか、甘みが取りづらく、人によっては飲みづらいと感じることもあったようです。
実際過去には、ウイスキー仲間が飲み進まんとウチに置いていったことも。。。

(富士御殿場蒸留所 20周年記念ピュアモルトウイスキー。定番化したことが記録になく、いつまでも発売し続ける20周年として、ちょっとしたミステリーでもあった。)

しかしこの新しい富士御殿場蒸留所ピュアモルトウイスキーは、柔らかくフルーティーな香味が主体的。御殿場らしい個性もある中で、飲み疲れないバランスのとれた構成。これで旧ボトルと同価格(700ml換算でも3000円後半)は、今のジャパニーズでは嬉しい設定です。
何も知らずに飲んで、コスパの良さにびっくりしました。(竹○さん、これはうかうかしてられませんよ!?)

キリンDrinx 富士御殿場蒸留所ピュアモルトウイスキー

ピュアモルトウイスキーということは、一般的には複数蒸留所のモルト原酒が使われている事になります。
飲んだ感じ、前半にある味わいは、富士御殿場蒸留所のキャラクターとは異なるイメージ。メーカー表記では「タイプのの異なる蒸留器で仕込んだ原酒をバッティング」とありますが、連続式蒸留機で仕込んだモルトウイスキーに、別な蒸留所のそれか。
後者については、富士御殿場以外に蒸留所を持たないキリンが、一体どこから調達してきたのかは気になるところです。

ただまあ本音を言えば、美味しければ良いんです。うん、美味いは正義。
飲みごたえを求める人は、同じくDrinx限定の富士山麓シグネチャーブレンドという選択肢になりますが、バランスという点ではピュアモルトに軍配。ウイスキーを飲み慣れない方でも飲みやすいだけでなく、某蒸留所のマネージャーが見学した際もこのコスパの良さを絶賛していたとか。自分もこちらの方が好みでした。
キリンウイスキーの新しい試み、今後も何がリリースされるのか楽しみにしています。

東京 インターナショナル バーショー2017(初日)に行ってみた

カテゴリ:
先週は本当に仕事が忙しく、土曜日は起きられないか・・・と思ったのですが、目が冷めると午前10時。
準備すると開場時間にちょうど良い、ほんじゃまぁ行ってみますか~と東京ドームシティまで。
ウイスキーフェスといい、バーショーといい、イベント会場が自宅から近くて助かります(笑)。

この記事が公開されるのは、バーショー2日目の14日日曜日。2日連続の方も、今日が初参加という方もいらっしゃると思います。
昨年に比べてカクテルなどの"ライブ系の展示"が増え、ウイスキー要素は控えめだった気がしますが、その中でも「おっ」と思うものがいくつかありましたので、紹介させていただきます。

IMG_4091

まずは世界一を取って益々注目を集める、秩父蒸留所、イチローズモルトから。
ホワイトラベルなど通常商品に加え、2015年蒸留のニューポット、そしてシェリー樽とアメリカンホワイトオークIPA樽のカスクサンプルとブレンデッドウイスキーの3種が試飲できます。
ニューポットを飲むと発酵系の雑味が少ないだけでなく、アルコール感柔らかくコクのある甘みが感じられ、以前のようにツンとしたニュアンスの少ない、更に短期で仕上がりやすい酒質を感じます。
そして限定のカスクサンプル3種も中々。秩父らしい酒質をベースに、ブレンデッドはナッティーな香ばしさの後からオーク由来の華やかさ。シェリー樽は樽質の良さが感じられる、発売されたら秩父ファンによる争奪戦間違いなしというレベル。IPAカスクは以前リリースされた免税向けの毒々しいIPA感はなく、余韻にかけてじわじわと広がってくる感じでバランスの良いIPA感。
一緒に試飲していた某チャーハンBARのマスターと「気合入ってますねー」と唸ってしまいました。

続いて秩父蒸留所の隣、マルスウイスキー本坊酒造は出品数少なめながら、最近何かと話題のプレミアムジン和美人(WA-BI-GIN)が印象的でした。柚子、金柑の苦いニュアンスがある輪柑橘のアロマ、微かにシナモンのようなニュアンスもあり、これは「けせん(ニッケイ)」によるものだとか。
少しボディは軽めでしたが、爽やかで飲みやすいジンでした。

IMG_4062 IMG_4060

この他、ジャパニーズメーカーとしては、サントリーウイスキーからはマッカラン12年ダブルカスクの大々的なPRに、メーカーズマークのカクテルブース。山崎を始め各蒸留所の原酒サンプルなどがバウチャー1枚からテイスティング可能。蒸留所に行かないと飲めないものがテイスティング出来るのが嬉しい。なお6月に発売されるというプレミアムジンROKUの試飲はなかったようです。
キリンウイスキーは新商品のシグネチャーブレンド、蒸留所限定品だったシングルモルト・ワインカスクフィニッシュ12年、スモールバッチシリーズからシングルモルト17年、グレーン25年(この3種はバウチャー必要)がテイスティングアイテム。加えて田中氏以下、ブレンダーチームがブースにスタンバイし、積極的にコミュニケーションをとられていたのも印象的でした。


ニッカウイスキーは5月と6月にそれぞれ発売するクロスオーバー、カフェジン、カフェウォッカの先行試飲が可能。ウイスキー側のカウンターには制作に関わられた森ブレンダー以下、開発チームがスタンバイ。ジンとウォッカはそれ単体の試飲だけでなく、海外から招聘(?)したバーマンによる各種オリジナルカクテルを飲むことが出来ました。
この3種、自分は過去の記事に記載したとおり総じて好印象だったわけですが、会場での反応も上々だった模様です。発売が楽しみですね!

IMG_4054
続いてはウイスキーショップ・インポーター関係の出展の紹介。
まずは精力的にプライベートボトルをリリースし、注目を集める信濃屋さんのブースから。試飲の充実度としては、信濃屋と後述する株式会社フードライナーが非常にがんばっていた印象でした。

信濃屋さんは直近発売のPB5種(カリラ、ブナハーブン、ベンネヴィス、ポートシャーロット、スペイサイドシングルモルト和)を含む新旧リリースで構成。
近年では非常に貴重となった、長期熟成の1970年代蒸留として注目を集めた"和NAGOMI"は、和み・・・というほどゆるくなく、樽感主体で硬さとスパイシーさのある構成でしたが、長期熟成らしいフルーティーさ、華やかさも備わっており、ボディもそこまで軽くない。今後の変化に期待したいです。
IMG_4055 IMG_4056
そんな信濃屋PBニューリリースの中で最も印象に残ったのが、モルトマンのベンネヴィス19年。
カスクタイプはシェリーバットなので、ともすると濃厚なシェリー感をイメージするかもしれませんが、飲んでみるとシェリー感というより、バニラ、クッキー、焼き林檎や桃を思わせる甘みとフルーティーさ。ベンネヴィスのリリースに見られる紙や植物っぽい癖もあまり感じられない、樽由来の香味と熟成感でコスパに優れた1本に仕上がっています。(是非試飲してみてください。)

IMG_4072
IMG_4071
ウイスキーではありませんが、大手グラッパメーカー、ベルタ社の正規輸入元である株式会社フードライナーのブースは、今回最も気合の入ったブースの一つと言えます。
同社が取り扱うベルタグラッパ通常ラインナップほぼ全てが無料試飲アイテムであるだけでなく、京都からK6の西田氏も参加。K6のオリジナルグラッパの試飲(特別価格での販売も有り)に、同氏によるカクテル、グラッパ業界の裏話も楽しめます。

近年、ウイスキーの高騰、原酒枯渇などからコニャック、カルヴァドス、ラムなどの他のスピリッツにも注目していたところ。10種類を越えるスタンダードからフラグシップまでのグラッパを一度に試飲出来たのは、これだけで参加した価値があると言える、素晴らしい体験になりました。
長期熟成のグラッパの濃厚な甘さ、樽由来のほろ苦さはウイスキーに共通するところもありますね。新樽以外に複数タイプの樽を使ったオルトレ イル ヴァッロは、甘さとナッティーな香ばしさ、樽由来のタンニンがウイスキー好きの琴線に触れそうな構成。フラグシップに当たるパオロ・ベルタ1996は食後酒としては極上、イベントの締めにもうってつけです。

IMG_4066 IMG_4064

ウイスクイーのブース。ウイスキーはキルホーマンのみでしたが、ニューポットと麦芽(ノンピートとピーテッド)の試食が出来たのは、イベントならではの出し物として楽しませてもらいました。
ニューポットは創業当時と比較してもあまり違いの無い、嫌味の少ないクリーンなピーテッドタイプ。「ニューポットから美味しくないとおいしいウイスキーにはならない」、とスタッフの方のコメントがあり、確かにこれなら短熟でリリースするにはうってつけだなと。
飲みつかれた身体には中々ヘビーな試飲になるかもですが、キルホーマン、アイラ好きの方は是非。

IMG_4087 IMG_4095

最後に、ディアジオのブースから、アードベッグのVRを紹介。
確かアードベッグのプレミアムテイスティング会で公開されていたモノだったと記憶していますが、ブースにも出展されていました。
これ、すごいです。正直1回では楽しみきれないほどの完成度で、何度でも見てみたいほど。
慣れない人は、そのままヘッドマウントの映像としてみてしまうかもしれませんが、360度全方位が映像として展開されるため、ひたすら顔を動かして蒸留所の周囲、中、全てを見渡すことが出来ます。
酔ってしまわない程度に、くるくるまわってみてください!(笑)

IMG_4092
(イベントのラストは、メインステージで「We Love Bar Show!!」)

さて、長くなってきたのでここらで筆を置こうと思います。
これまで紹介したブース以外に、京都の空気をそのまま持ってきたような季の美の出展ブース(レシピを構成する各フレーバーにフォーカスした原酒テイスティングも可能)、ディアジオ社のカクテルライブなど、見て楽しめる展示が多く、お酒を飲むだけではないエンターテイメント的な展示会として、1日かけて楽しむことが出来ました。

ちなみに、今回個人的に最も注目していた新生ソサイエティブースは、社会的地位によって何かが変わるアベラワーなど、4種類の試飲アイテムがバウチャー1~2枚(会員は無料)。
日本支部が設立され、これから大々的にPRしていく・・・という感じはない、少しさびしい内容。
アベラワーはソサイエティらしいトーンの高い、硬めの味わい。3.291のボウモアはシェリーカスクで、結構サルファリー。ウイスキー愛好家に大きな衝撃を与えた"投光照明石油掘削装置ムーンプール"こと29.206が無かったのは残念でした。
IMG_4058
では、本日はこれにて。
本日イベントに参加される皆様、飲み過ぎ注意でバーショーを楽しんできてください!

キリン 富士山麓 シグネチャーブレンド 50%

カテゴリ:
IMG_4017
KIRIN WHISKY
FUJISANROKU
Sigunature Blend 2017
Non-Chill Filtered
700ml 50%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット+ハイボール
場所:BAR飲み(サウスパーク@中野)
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:少し焦げたような香り立ちだが、すぐにママレード、バニラを思わせる甘いアロマ、アーモンドナッツの香ばしさ、徐々にツンとエステリーなニュアンス。樽香を主体に香味が充実してくる。

味:とろりとした口当たり、ウッディーな樽香、カステラのような甘み、軽やかなスパイスが広がる。中間はグレーン感が主体で香味の広がりは穏やかだが、ボディはしっかりしており、バランスの良い熟成感を感じる。
余韻はコクのある甘みから舌上ドライ。べたつきなく、カカオや焦げた木材を思わせるほろ苦さを伴い長く続く。

樽のしっかり効いたブレンデッドだが、若さ、えぐみや渋みといったマイナス面は控えめで、甘くリッチで奥からエステリーな"らしさ"もある味わい。ハイボールにすると炭酸に負けず香味がしっかり広がり、個人的にストレートよりも楽しめた。若いニュアンス少なく、伸びしろも大きい印象。

IMG_4013

先日、蒸留所限定のディスティラーズセレクトを記事にした際、あわせて紹介させていただいた富士山麓の新商品。キリン・ドリンクス限定販売のシグネチャーブレンド。
今週は更新状況でお察しいただければと思うほど、本当に本業のほうが激務で、とてもウイスキーを飲んでいられる状況ではなかったのですが、週末何とか常識的な時間で業務を終えることが出来、ウイスキー仲間のTさん、Mさんと飲みに行く中でやっとテイスティングできました。

同品は樽毎に異なる原酒のピークを見極め、通常の富士山麓以上に厳選した原酒からブレンドしたブレンデッドウイスキー。富士御殿場蒸留所の原酒が個性を発揮する熟成期間は、バーボン樽で8年から15年との話なので、おそらくそのレンジの原酒が使われているのではないかと推測しています。
加えて、通常の富士山麓にある若いニュアンスを除外する方向でブレンドしている他、モルト比率は40%程度、ピーティーな原酒も使われているそうです。(前記事から再掲)

IMG_4014

飲んだ印象としては、通常の富士山麓 樽熟原酒50%の完全に上位互換と言えるブレンドで、双方を飲み比べると、樽香や熟成感といった違いと共通点がわかりやすく感じられました。
熟成は事前情報のとおり10年前後という感じ。樽香が結構しっかりついているのですが、樽香にある"嫌な部分"と"良い部分"で言えば、嫌な部分が目立つような濃さではなく、バランス良く仕上がっている印象を受けます。
少し苦味を感じる部分は樽以外にピート由来でしょうか。ストレートの味を引き締めているだけでなく、ハイボールにしても樽香と全体の味わいを整えています。

贅沢を言えばグレーンが多いためか、モルト原酒のようにコシのある香味が広がってこない、若干のっぺりとした感じになってしまう部分。それゆえか、甘みはあるのですが、煮た林檎やアプリコットを思わせる熟成した御殿場モルトのフルーティーさがあと一歩前に来てほしい、という点が少し気になりました。
勿論富士御殿場と言えばグレーンウイスキーは世界的に有名なブランドであるのですが、バランスが良い分ちょっとどっちつかずかなと。
開封からそう時間がたっていない時点でのテイスティングでしたので、今後開いてくるであろう「伸びしろ」として期待したいです。(評価についても幅を持たせてあります。)

それにしても、キリンウイスキーの商品展開戦略は面白い。通常商品は富士山麓樽熟原酒などの低価格帯を軸に、自社販売サイトオンリーの商品でコアユーザー向けを展開していく。
予算的にこれしか出来なかった。。。のかもしれませんが、現在の他社には見られない方式で、情報がどの層まで広げるかで販売量を管理している印象があります。
キリン本社のウイスキーに対する姿勢も変わってきたという話も聞いており、今後の展開が更に楽しみです。

富士御殿場 ディスティラーズセレクト 2016 シングルモルト 蒸留所限定 49%

カテゴリ:
FUJIGOTENBA
DISTILLER'S SELECT 2016
Single malt whisky
Limited edition 
500ml 49%

【ブラインドテイスティング】
蒸留:富士御殿場
年数:10年未満
樽:バーボン
度数:50%程度

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@Sさん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:注ぎたては甘い樽香、メープルシロップ、ドライオレンジ、ミント、軽く焦げたオークのバーボン香。徐々にツンとドライでエステリーなアロマとアルコール感が強くなってくる。

味:バニラシェイクのような甘い口当たり、淡くオーキーなフルーツ、ドライアップル。一呼吸置いてホワイトペッパーのピリッとした刺激から、ウッディーなニュアンス、バーボンを思わせる華やかさが鼻腔に届く。
余韻はドライで単調。若い原酒の粉っぽさ、ザラメの甘さ、樽由来の香味が少し残るがスッキリとしている。

明確にバーボン樽を思わせる香味に加え、エステリーな特徴があるモルト。加水しても香りにあるアルコール感は変わらないが、土っぽいアロマが顔を出し、味はまったりとした甘みが強く感じられるようになる。


宮城のSさんから頂いた、ブラインドサンプル第3弾。
キリンが昨年から富士御殿場蒸留所で販売を開始した限定ウイスキー、ディスティラーズ・セレクト。シングルモルトウイスキーの他にグレーンウイスキーも発売されています。

存在を知ったのは、昨年のモダンモルトウイスキーマーケットのキリンブース。
試飲した印象では、グレーンはドライで若さが強い印象であったものの、モルトは樽由来の香味が備わって若いなりに飲めるだけでなく、酒質はクリーンでらしさもある。
それはブラインドで飲んでも変わらず、このボトルであるかはわかりませんでしたが、まずここだろうなと、蒸留所のキャラクターをしっかり感じ取ることが出来たのは収穫でした。

(富士御殿場蒸留所の初留スチル。繋がりの深いストラスアイラと同じ形状が採用されており、ラインアームは5度上向き。これがクリーンで雑味の少ない原酒に繋がるという。Photo by T.Ishihara)

さて、今回紹介した蒸留所限定モルトウイスキーですが、そのバッティングには5PPMのライトリーピーテッドモルトが全体の1/3程度使われています。
ブレンダーは先日ウイスキーマガジン社からワールドベストブレンダーとして表彰された田中氏が務めていますが、本リリースにおける原酒のチョイスはスティルマンの中村氏のアイディアで、構成原酒に反映されているのだそうです。(同氏はアイラモルトのファンなのだとか。)

富士御殿場の原酒は"クリーン"なキャラクターからついついノンピートをイメージしてしまいますが、終売になった18年や蒸留所限定のシングルカスクなど、結構ピーティーなフレーバーが見られるリリースがあります。
ではこのディスティラーズセレクト2016に自分がピートを感じたかというと。。。ストレートだと拾えてないですね(汗)。
ウイスキー仲間経由の情報では、次週5月13日には2017年バージョンがリリースされる予定とのこと。実に良いタイミングでのテイスティングになりました。次作はピートも意識して飲んでみたいと思います。


最後に富士御殿場繋がりでニューリリースの話をもう一つ紹介し、記事を締めます。
先日4/27、キリンから富士山麓ブランドの上位グレードとなる、シグネチャーブレンドがDrinx限定で発売されました。

樽毎に異なる原酒のピークを見極め、ブレンドしたブレンデッドウイスキー。マスターブレンダーの田中氏曰く、富士御殿場蒸留所の原酒が個性を発揮する熟成期間は、バーボン樽で8年から15年との話なので、おそらくそのレンジの原酒が使われているのではないでしょうか。
通常の富士山麓にある若いニュアンスを除外する方向でブレンドしている他、モルト比率は40%程度、ピーティーな原酒も使われているそうです。

ジャパニーズウイスキーで原酒不足が叫ばれる中、限定品でもリリースがあるのは嬉しいですね。新商品もテイスティングが今から楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×