タグ

タグ:カヴァラン

WWA2016発表 カヴァラン2年連続 響は2期ぶりの戴冠

カテゴリ:
ワールドウイスキーアワード2016 のウィナー15本が発表されました。
2015年は9部門だった表彰対象が、今年から15部門となっており、多くのボトルが表彰対象となっています。
最近一部の部門で予定調和や懐疑的な受賞が続いていたものの、特に今回はシングルモルト、ブレンデッドモルト、ブレンデッドウイスキーの主要なアワードに(2014年ほどの)大きな驚きはなかったように思います。

といっても、ベストブレンデッド・リミテッドリリースのグレンアルバをはじめ、バーボン、カナディアン、コーンウイスキー部門など知らないボトルも多く違和感も何もないのですが。ウィナー以外の審査対象となった全ボトルまで見ると、こんなリリースも出ていたのかと益々興味をひかれます。


フレーバーウイスキー部門は知っているボトルで、個人的に2015年度における最も"おぞましいウイスキー"の一つ、ノブクリーク・スモークドメープルが受賞していて、思わず吹き出してしまいました。
ブレンデッドモルト部門で受賞したリファレンスシリーズⅢ.2は、この前作であるⅢを飲んだことがあり、飛びぬけて素晴らしい印象はありませんでしたがまとまりの良いブレンデッドモルトで、受賞したとあればこちらも飲んでみたいですね。


シングルモルト部門のプルトニーは、過去飲んできたプルトニーの1989年ビンテージは、前後のビンテージ含めバリンチもボトラーズも良いリリースが多いですし、素直に期待できそうです。
近年大躍進中のカヴァランは今年から新設されたシングルカスク部門で受賞。この蒸留所は経営的な面でも品質的な面でも正直凄いと思いますが、スコッチウイスキーと相対的な比較でというのが飲み手としては複雑な心境です。アモンティリャードシェリーは辛口のシェリーですが、この樽で熟成させたウイスキーは経験が無いので、どのような風味になっているのか気になります。



我らがジャパニーズウイスキーでは、国際コンペの常連とも言える響21年が2013年以来2期ぶりとなる受賞。また、グレーン部門では富士山麓シングルグレーン25年がグレーン部門でキリンの初戴冠を勝ち取っています。( キリンのドリンクスでは既に該当ボトルが売り切れているとか。)
このうち、日本に入ってくるのはいくつあるのか、そして自分が飲めるのはいくつあるのかわかりませんが、こういうコンテストで受賞した銘柄となると、飲んでみたくなるのが飲み手の性ってものですね。


【WWA2016 受賞銘柄一覧】
・World's Best Blended Limited Release Whisky
Glen Alba 22 Years Old Blended "Scotch"

・World's Best Blended Malt Whisky
Reference Series III.2 "Scotch"

・World's Best Blended Whisky
Suntory Hibiki 21 Years Old "Japanese"

・World's Best Bourbon Whiskey
Abraham Bowman Pioneer Spirit "American"

・World's Best Canadian Blended Whiskey
Gooderham & Worts "Canadian"

・World's Best Corn Whisky
Balcones True Blue 100 Proof "American"

・World's Best Flavoured Whisky
Knob Creek Smoked Maple Whiskey "American"

・World's Best Grain Whisky
The Fuji-Gotemba Distillery Single Grain 25 Years Old Small Batch "Japanese"

・World's Best Rye Whisky
Pikesville Rye "American"

・World's Best Single Barrel Bourbon Whiskey
Smooth Ambler Old Scout "American"

・World's Best Single Cask Single Malt Whisky
Kavalan Solist Amontillado Sherry Single Cask Strength "Taiwanese"

・World's Best Single Malt Whisky
Old Pulteney Vintage 1989 "Scotch - Highlands"

・World's Best Single Pot Still
Green Spot Château Léoville Barton "Irish"

・World's Best Wheat Whisky
Bernheim Original Straight Wheat Whiskey "American"

参照:http://www.worldwhiskiesawards.com/2016/

余談ですが、今回は蚊帳の外となってしまったのがニッカウヰスキー。
竹鶴も、フロムザバレルも、今回は出番じゃなかったという事なんでしょう。昨年販売したピーテッドやシェリーが入ってくるかと思いましたが、メーカーからのノミネートもなかったようで。
他方でこのWWAの裏で、ウイスキーメーカー、製造者などを中心に表彰するアイコンズオブウイスキー2016において、ワールドベストディスティラリーマネージャーを、ニッカウヰスキーの西川工場長が受賞されていました。
同賞ではこれまでも日本の蒸留所や製造関係者が表彰されており、製品のみならず、それに係る現場サイドが評価されるのは、どういう形であれ喜ばしい事だと思います。

カバラン キングカーコンダクター 頂極指揮 (金車コンダクター)“ ブラインドテイスティング”

カテゴリ:

先日のオールドブレンデットのイベントの中で、複数の参加者からブラインドテイスティングサンプルを頂きました。お時間頂きましたが全種テイスティングして回答しました。皆様本当にありがとうございます。
今回はその中の一つ、カヴァランの金車コンダクターです。ブラインドで飲むと若さと長熟系モルトを思わせるフルーティーさが交互に感じられて、最終的にカヴァランの加水シングルモルトであると回答たものの、思いっきり迷走しかけてしまいました。
短熟モルトであるにも関わらず、こういうモルトを出せる独自の工夫や地域の特徴が、この蒸留所の魅力ですね。

KAVALAN
KING CAR CONDUCTOR
頂極指揮
700ml 46%

【ブラインドテイスティング】
熟成年数:複数年バッティング
度数:46%~48%
樽:判別不明だがリフィルオーク系主体、ワインやラム等の異なるタイプの樽もありそう。
蒸留所:カヴァラン
暫定評価:★★★★★(5〜6)

香り:ナッティーさを感じるオーク香。湿ったクセとフルーティーな熟成香 が同居している。
最初は酸味を感じるが徐々にザラ メ、アップルブランデー、リンゴ のカラメル煮を思わせる甘さと苦味。麦芽、アーモンド、トーストの香ばし
さもある。 

味:ややエッジの立った口当たり、熟成感のあるフルーティーさと湿った酸味のクセ。少し粉っぽさ
アプリコットやオレンジの ドライフルーツ感、モルトスナッ ク系の香ばしい麦芽風味。
余韻は序盤の粉っぽさと酸味、強くは残らないが、バターク ッキーを思わせる甘さが細く長く 続く。


こうしてカヴァランをブラインドで飲んでみて思うのが、スコッチ的なフルーティーさのあるウイスキーであり、樽の出方は気候の関係かジャパニーズ的な特徴を持っているように感じます。
フルーティーさを出す由来は独自開発の酵母らしいですが、まさに南国を思わせるウイスキーに仕上がるあたりすごいなと。同じく台湾でナントウ蒸留所のものもいくつか飲みましたが、こちらは樽感はあっても酒質がフルーティーという感じはなく、違いとして感じられます。

熟成年数はおそらく5年程度、5年でこんなに飲めるなら20年後は・・・樽と酒質を考えないと相当難しいように感じます。若いけどそれを承知で出しているのではなくて、樽感的にはピークに近い状況になってますから。
これ以上行くと何が何だかわからない特濃ウイスキーになりそうです。

ちなみにテイスティングの最初の印象は、バッティングでぼやけた樽感に若い口当たりと熟成感のあるフルーティーさが入り混じっており、長期熟成と短熟の加水バッティングではないかという予想を立てて回答を作成。地域はスコッチともジャパニーズとも取れる特徴で完全に五里霧中フルーティーな長期熟成モルトを秩父の若いモルトで割ったような・・・とりあえず上は25年くらい入っているのではないかと予想したものの、最後の一口でカヴァランの存在を思い出したというのが回答の流れです。

また伝説を作ってしまうところで危なかったですが、何よりいい経験になりました。
サンプルを頂きましたIさん、ありがとうございました!

カヴァラン ピートカスク 2015年ボトリング

カテゴリ:
評価急上昇中のカヴァラン・・・というより、そろそろ頭打ちになってきたかな?w
日本には入ってきて居ませんが、現地で販売されているピーテッドカスクのサンプルを頂きましたのでテイスティングです。
実はこのボトルを飲むのは3度目。1度目はメインモルトで、2度目は持ち寄り回で中身がオッサンだけど素敵な女性から、そして今回が3度目。
とはいえ家でじっくりってのはありませんでしたから、ありがたいことです。

KAVALAN
Distillery reserve
PEATY CASK
Distilled in 2007
Bottled in 2015
55% 300ml

nzuF-4OA

評価:★★★★★(5)

”鋭いアルコール感、松の木のような木香に加えて粘性のある熟したパイナップル、シロップ漬けのチェリーのような甘いアロマ。
口当たりはオイリーでパワフル。熟したオレンジを思わせる果実感、紅茶、乾いたオーク材、微かなえぐみ。
後半はピリピリとしたハイプルーフらしい刺激とピートが現れて、フィニッシュに繋がる。
余韻ははピーティーでべた付きが無い。フレーバーはすぐに消えてあっさりとして短い。
加水するとアルコール感は和らぐが、バランスが向上する印象は無く引き出しは少なめ。”

 
ピートカスクといいながら、体感的にはライトピートという構成。
第一印象としては、新樽長熟の余市や、ハイプルーフのバーボンに共通するフレーバーがいくつかあるなという印象を受けました。
特に全体を通して感じられる新樽のような木香、エステリーさと松の香りが混じったような香味がそれ。
(神戸の巨匠はベンリアックに似てるんだよ、樽使ってるのかなぁ。とも言ってました。)
ボトル単品で見れば、カヴァランらしくまとまってるシングルモルトだと思います。
 
さて、ここから先はカヴァラン蒸留所に関する全体的な印象の話になります。
カヴァランに対する評価は、若いのに、アジアなのに、というネガティブからスタートしてプラスに至る、
言わば不良が子猫を助けたみたいなものです。勿論単体で純粋に評価しても出来の良い蒸留所であることは否定しませんが、
では、この「若いのに」という要素が消えたらどうなるのか。
 
カヴァランが作りわけをしていれば可能性も残りますが、今の原酒はその蒸留所の時間軸で言えば決して若いというわけではなく、10年未満のこの状況が一つのピーク、これ以上熟成させても樽感が強くなって度数が落ちていくだけかなと感じます。
それは詰めている原酒の性質や熟成方法によるところで、ただ寝かせれば旨くなる訳でも無い、難しい話です。
 
蒸留所毎の将来性と期待値は、また追って記事にまとめようと思います。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×