タグ

タグ:カリラ

コンパスボックス フレイミングハート 6thリリース 48.9%

カテゴリ:
IMG_20190625_211338
COMPASS BOX 
FLAMING HEART 
BLENDED MALT SCOTCH WHISKY  
LIMITED EDITION 6th 
700ml 48.9% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR Main Malt
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:しっかりとスモーキーで、角のとれた酸とアイラ要素を伴うピート香。蜂蜜レモンやグレープフルーツ、奥にはローストした麦芽や焦げた木材。熟成を感じる膨らみのある香り立ち。

味:粘性とコクのある口当たり。しっかりとピーティーだが、奥には洋梨のピューレやワクシーな麦芽風味、オレンジママレードを思わせる甘味と柑橘感も伴う厚みのあるフレーバー。
余韻はスモーキーでほろ苦く、適度にオーキーなウッディネスを伴いつつ長く続く。

アイラモルトのなかに内陸っぽいモルティーさ。上手く融合してひとつの香味のベクトルを作っている。パッと見は熟成したアイラだが、時間経過でワクシーなニュアンス、加水するとピートが弱まりハイランドモルトを思わせるいくつかのキャラクターが表面に出てくる。そのままで充分バランスの良いブレンデッドモルトであり、ストレートで楽しみたい。

IMG_20190625_211405

ウイスキーは”アート”であると、時に今までにない手法も取り入れ、最高のブレンド作りを志すコンパスボックス・ウイスキー社。
不定期にリリースされるブランドのひとつが、フレイミングハートです。

満足の行く原酒が揃ったか、あるいは納得のブレンドが出来た時のみリリースされるという位置付けなのでしょうか。前回の5thリリースも良い出来でしたが、昨年発表された6thも負けず劣らず良い出来です。
その印象を一言で言えば、熟成したアードベッグっぽさのあるカリラ。おっ、新しいの出たのかと、ブレンド比率もわからず注文しましたが、コクのあるボディにしゃきっと尖ったピーティーさが程好く馴染んで、レベルの高いブレンデッドモルトに仕上がっています。

原酒構成と比率はカリラ39%、クライヌリッシュ17%、ディーンストン29%・・・と言うざっくりした情報が日本の主な酒販サイトで公開されていますが、詳細なレシピは以下の模様。

・カリラ19年 39.5%
・ディーンストン15年 28.7%
・クライヌリッシュ15年 10.9%
・クライヌリッシュ23年 5.7%
・ハイランドブレンデッドモルト9年 7.7%※
・ハイランドブレンデッドモルト10年 7.5%※※

※ブレンデッドモルト9年内訳:クライヌリッシュ60%、ダルユーイン20%、ティーニニック20%
※※ブレンデッドモルト10年内訳:グレンオード、ベンリネス、アルターベーンが含まれている。比率不明。

flaming-heart-2018-recipe
(海外ウイスキー情報サイトより引用。各原酒のキャラクターと、使われた樽等の情報はこの図を参照のこと。比率の表記は多少ざっくりめ。)

前作、フレイミングハート5thでは30年熟成のカリラを60%以上使っていて、もうほぼカリラじゃないかという味でしたが、今回カリラは全体の約40%。比率が下がったということもあってか、前作よりもブレンデッドモルトっぽさは感じやすくなったように思います。
しかしピーティーかつアイラ要素は全面に感じる仕上がりであり、ブレンドモルトの若さは目立たない。むしろクライヌリッシュとディーンストンのワクシーでフルーティーな原酒が、上手く全体をボリュームアップさせている。
クリアなカリラというより、どちらかと言えば15~20年程度熟成させたアードベッグやラガヴーリンベースのキャラクターにも近いと感じました。

1c357d8f
(フレイミングハート5thエディション。コンパスボックス・ウイスキー社の15周年を記念してリリースされた。3年前のリリースだが、今考えると非常に贅沢な原酒構成で味も文句なし。)

細かいことを言えば、モルト100%なのと色々な樽が使われているのもあって、各フレーバーの繋ぎ部分で若干の粗さを感じるところもあります。
ですが、主に感じられる樽の要素はリフィルのアメリカンオークホグスヘッドやバレルのそれ。過度に主張しすぎない樽香が酒質由来の香味を引き立てており、逆に言えば一体感がありつつも、それぞれの個性を拾うことが出来るバランスであると言えます。

これは確かにアート、作り手の高い技術のうえに成り立つ作品です。
ごちゃごちゃしていると感じる飲み手もいれば、自分のように厚みがあって個性を楽しめると感じる飲み手もいると思います。
一方、近年のアイラモルトのリリースは短熟や若い原酒主体のNASが増えているなかで、ミドルエイジ以上のアイラシングルモルトを擬似的に再現しているようなブレンデッドであることや、価格も押さえられているのが嬉しいところ。
この熟成感のピーテッドアイラモルトは、今やオフィシャルでもボトラーズでも12~13kじゃ買えません。。。

フレイミングハート以外では、昨年リリースされたアードベッグ主体のノーネームも良かったですし、コンパスボックス社の上位ブランドは軸となる原酒の個性を伸ばして奥行きも備えさせるような、ブレンドとしての分かりやすさがありつつレベルが高いのが特徴。ウイスキーはとにかく味が一番という趣向の方にはオススメの1本です。

カリラ 15年 アンピーテッド 2018 59.1%

カテゴリ:
IMG_20190514_233630
CAOLILA 
AGED 15 YEARS 
Unpeated Style 
Bottled in 2018 
700ml 59.1% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後2ヶ月程度
場所:BAR LIVET
評価:★★★★★★(6)

香り:トーンの高い繊細でシャープな香り立ち。干し草と薄めたはちみつ、バニラのアクセントを含む甘くドライなオーク香。微かにドライアップルやシトラス、ハーブを思わせるニュアンスも伴う。

味:ややドライでスパイシー。ハイプルーフ由来のトーンの高さとアタックの強さはあるが、クリアで癖の少ない口当たり。そこに乾いたウッディネスや干し草の苦味と微かなえぐみ。蜂蜜レモンを思わせる甘みも樽由来として感じられる。
余韻はヒリつくようなスパイシーさ、ハーブやハッカを思わせる鼻腔への抜けと、乾いた樽香を感じつつ、長く続く。

いつものアンピーテッド。リフィル系の淡い樽感主体の味わいだが、加水するとスウィートな甘味、フルーティーさ、オーク由来の華やかさも感じやすくなる。またウッディなエグミもあるが、バランスを崩すほどではない。


まず前置きすると、自分はカリラのアンピーテッドが嫌いというわけではありません。今回のも、安定して美味しいと思います。
ただ見も蓋もない。。。というか、辛辣な言い方をさせてもらえば、最近のカリラのアンピーテッドには、1stリリース当初の特別感や期待値はなく。そしてそろそろ普通のピーテッドスタイルのカリラで、カスクストレングスの15~20年クラスの熟成品をだしてほしいと言うのが、率直な感想でもあるのです。

カリラ・アンピーテッドの1st リリースが発売されたのは2006年のこと。8年熟成の若い原酒は、仕込みの際にあえてピートを炊かず、普段ピートにマスクされた酒質のベース部分の味わいを楽しめる斬新なコンセプトで登場しました。
アンピーテッド仕様であるにも関わらず、仕込み水や蒸留設備等に染み付いたピートが影響してか、微かにピーティーなフレーバーが感じられたという逸話も興味深く。そして素顔のカリラは、クリアで雑味の少ない構成に、ほどよいコクとモルティーな甘みを備えていたのです。

ところが時間の流れは時に残酷。その後熟成を重ねてリリースされたアンピーテッドは、微かに残っていた島の個性を熟成期間に伴う樽の作用が酒質ごと徐々に削りとって樽感で
上書きしてしまい。残ったのはスペイサイドともハイランドとも区別のつかない、年々個性が乏しくなる原酒でした。(せめてアイラで熟成されていれば。。。と思うところですが、恐らく熟成は本土ローランド地域にある集中熟成庫。なんとも夢の無い話です。)

ただ、これまでリリースされてきたアンピーテッドは、2016年にリリースされた15年を除き、初期リリースとほぼ同じ1998年前後に蒸留された原酒を代々使っていたため、熟成による個性の変化と、未来を想像する楽しさもありました。
しかし今年のリリースは、2002年ないし2003年蒸留の15年。樽は多少表記は異なるものの、特別大きな違いはなく。いい加減原酒が尽きたのか、あるいは今後長期熟成をリリースするため、原酒をセーブしているのか
少なくともこれを飲んで今までのアンピーテッドとの酒質に明確な違いはあるかというと・・・自分の感覚では感じ取れません。

この安定感こそがカリラであると言われればそれもその通り。さながら優勝もしないし、最下位にもならない、もうひとつ言えば見せ場もそこまで作らないが、毎レース必ず完走して、周囲が落ちるとポイント圏内につけてくるレーシングドライバーというイメージ。(これはこれで結構凄いし、良い仕事と言われる部類のものです。)
ですが、1年に1度のスペシャルリリースで、アンピーテッドが10年近く続き、カリラから出ている15~20年クラスの限定品がアンピーテッドだけというのは、そろそろ寂しくもあります。

今回の2018年リリースでは、ブローラ等が無かった代わりに、カリラ35年がラインナップの筆頭にあり、ディアジオのリミテッドらしい高い完成度の1本であったと聞くところ。
出来ればそのリリースを20年前後でも・・・。今後のスペシャルリリースでは、ノーマルカリラのリミテッドが出てほしいなと思うのです。

カリラ 1990-2018 GMコニッサーズチョイス 50.7%

カテゴリ:
CAOLILA
Gordon & Macphaile
Connoisseurs Choice
Aged 28 years
Distilled 1990
Bottled 2018
Cask type Refill Sherry Hogshead
700ml 50.7%

グラス:
時期:開封後2-3ヶ月程度
場所:BAR 水楢佳寿久(ミズナラカスク)
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:華やかなオークと酸味のある綺麗な香り立ち。シトラスやピンクグレープフルーツ、蜂蜜、続いて木材の燃えかす、塩素とヨードが混じるしっとりとしたスモーキーさ。

味:口当たりはスムーズで薄めた蜂蜜や柑橘、グレープフルーツのワタ、コクのある甘酸っぱさを感じた後で、コゲ感伴うピートフレーバーが粘性を伴って広がる。柔らかいが濃厚で長く続くスモーキーな余韻。

熟成感のしっかりあるカリラ。樽感は綺麗にまとまっており、酒質由来の風味を邪魔しない。バランスの良さも魅力である。ストレートで。


昨年大幅リニューアルしたGMのコニッサーズチョイス。同銘柄はこれまでは一部例外を除いて、40〜46%の加水調整済みで複数樽仕様を主としていたところ。シングルカスクかつカスクストレングスでリリースされるグレードが登場し、現代の愛好家の嗜好に合わせてきた印象があります。

そのリリースは価格はそれなりにするものの、レベルの高いボトルが多いと評判で、実際自分がこれまで飲んだアバフェルディ、ハイランドパーク、プルトニー、そして今回のカリラ、どれも一定レベル以上の出来でした。  
また、カリラを始めアイラモルトは長期熟成の原酒枯渇が著しく、ボトラーズではシングルビンテージのリリースがザラという中で、今回のような熟成年数がでてくるのは歴史と規模のあるメーカーだからこそと思います。

(BARミズナラカスクにて、コニッサーズチョイスのアバフェルディ1993、カリラ1990、グレントファース2007。現地GMショップを訪問した際、篠崎オーナーが特に魅力を感じて購入した3本とのこと。)

度数は熟成を通じて程よいところまで下がり、樽感はえぐみやホグスヘッド系の過剰な華やかさのない、カリラのクリアな酒質を活かすには丁度いいバランス。
シェリーカスク由来と思しき要素は香味の甘酸っぱさとして多少感じられる程度で、元々シェリーの熟成が短いシーズニングカスクの2回目か、古樽を長期熟成で出し切ったあとの2回目か。。。品の良い樽感から恐らく後者でしょうか。

いずれにせよ酒質が活きるという点で、シェリーシェリーしない樽であったことがプラスに作用しており、さらに熟成させてもこれ以上にはならないだろうなという、まさに熟成のピークにある原酒だと感じます。
2010年ごろによくリリースされていた70年代〜80年代前半蒸留のカリラと比べると、同じ熟成年数でも個性の強さというか全体的な大きさは一つ劣る印象は致し方ないにしても、ここ数年の市場においては充分レベルの高い1本でした。

(オマケ:ミズナラカスクのフィッシュ&チップスは虎河豚。インスタ映えな写真。。。だが、カリラは合わせるようなボトルでなかったので、この後タリスカーハイボールを注文(笑))

カリラ 1966-1995 GM センテナリーリザーブ 40%

カテゴリ:
CAOLILA
GORDON & MACPHAIL
CENTENARY RESERVE
Distilled 1966
Bottled 1995
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:サンプルテイスティング@マッスルK
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっとりとしたスモーキーさ。黒土とレザー、乾いた魚介のアクセントうピート香に、ベリーシロップや黒砂糖の甘みが漂う濃厚かつ妖艶なシェリーが融合。ヨード系の薬っぽさ、時間経過で徐々に焦げた木材のようなニュアンスも感じられる。

味:まろやかでスウィート、コクのある口当たり。黒蜜、カカオチョコレート、あるいはダークフルーツケーキのしっとりとした甘みとほのかな酸味。そこに香りと同系統のピートフレーバーや古酒感がある。
余韻にかけては序盤の芳醇な甘みを引き継ぎつつ、スモーキーでエッジの立った塩気と舌の上にウッディなタンニンを伴い長く続く。

完成度の高いアイラシェリー。40%という構成を感じさせない香味の存在感とボディの厚み、果実味を備えたGMシェリー感、オールドピートとそれらの加水による一体感。文句のつけようがない構成で、開封後から時間を経てさらに開いてきた。

GM社創業100周年記念としてリリースされたボトル。何種類かリリースされていて、モートラック、ハイランドパーク、ベンリネス、バルブレアあたりがあったでしょうか。中でもハイパは美味かった記憶があるのですが、あまり注目していなかったので全体の詳細は不明。。。

そのカリラは、1972年から1974年に行われた、大規模改修前にしてフロアモルティング採用時代の仕込み。1974年以降の70年代から80年代前半は、比較的多くのテイスティング機会に恵まれましたが、1960年代は流石に少なめ。しかし1974年のカリラが透明感が増してクリアでピーティーな味わいがあるのに対し、1960年代はコクとアイラらしいフレーバーで、異なる酒質を持っている印象も受けます。

今回のボトルは、そこにGMらしいカラメル系の濃厚なオールドシェリーが加わっているわけですが、多少あったであろうピートフレーバーの荒さがシェリー感と加水で整地され、経年と共に整った仕上がりが感じられるのが魅力。で、ただしっとり系かと思わせて余韻にはシャープな塩気も感じられる。いやーいい仕事してますね。
時間経過で奥にあった果実味やピートが開いてきた感もあり、この秋から冬にかけての変化が楽しみです。

なお、今回のテイスティングサンプルはウイスキー仲間のマッスルK氏から頂きました。
同氏に限らず貴重なウイスキーを経験する機会に恵まれており、本当にありがたい限りです。
自分の舌がご期待に添えるかはわかりませんが、グラス、環境、そして体調とも、極力整えてテイスティングに挑みたいと思います。

カリラ 2006-2017 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2006
Bottled 2017
Moscatel Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでドライな香り立ち、焦げたようにほろ苦く、乾いた麦芽、微かな塩素を思わせるアクセントとほのかにレモンのような柑橘香。

味:マイルドな口当たりから淡いヨード、燻した麦芽や牧草、ほろ苦い風味とコクが染み込むよう。ほのかにレモンキャンディを思わせる酸味もある。
余韻はクリアでピーティー、燃えかすの灰のようなスモーキーさを伴い、長く続く。

シェリーシェリーした樽感はないが、カリラらしいクリアさが余韻にありつつ、後熟による程よい樽感がボディのコクに繋がって、バランス良く楽しめる1本。


ここまで1ヶ月間細々とレビューしてきたMHDのニューリリース、ディスティラーズエディション(DE)2017ラインナップ。そのトリを飾る1本は、個人的に今年のDEを象徴するような樽使いと感じた、甘口のシェリー酒であるモスカテルシェリーのシーズニングカスクでカリラを後熟させた1本です。

カリラはオフィシャル12年が一昨年くらいから出来がいいと話題になり、実際5000円程度という価格帯の中では、優良なリリースであると言えます。
それこそスペシャルリリースのアンピーテッドが非常にわかりやすいわけですが、クリアな酒質を活かすリフィル系の樽構成にピートフレーバーが溶け込む。オールドのそれと比べると麦感や塩気は軽くなりましたが、現行のスタイルとしては方向がはっきりとしているリリースと言えます。


他方、DEはブレ幅が強いというか、カリラのクリアでスモーキーなキャラクターに対し、モスカテルが強すぎるとなんだかわからなくなる、実はバランスが難しい組み合わせなのではないかと感じているところ。
ただ今年のDEは、全般的にシーズニングで用いられたワインの影響がライト寄りになったというか、その香味がアクセント寄りとなったものが多く、物足りなさを感じつつもそれが逆にまとまりの良さに繋がった印象もあります。

中にはタリスカーのように使われたワインではなく、樽材そのものの香味が強く出たものもありましたが、カリラは上記のようにアクセント程度に留まったワイン感がバランスの良さにつながっている。適度な熟成感と合わせてオフィシャル12年と違いはありながら、しかし破綻せず枠の中にある。そんなリリースだと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×