タグ

タグ:カティサーク

ベリーズベスト ブレンデッドスコッチ 1970年代流通 ウイスキー特級

カテゴリ:

BERRY’S BEST 
Blended Scotch Whisky 
1970’s 
86Proof 4/5Quart (43% 760ml) 
構成原酒:グレンロセスなど 
暫定評価:★★★★★★(6-7) 

ウイスキーボトラーズで知られる、ワイン商のBBRが90年代までリリースしていたブレンデッドウイスキー。先日の持ち寄り会での1杯です。ばたばたしていて落ち着いて飲めなかったのが悔やまれるボトルでした。
香り、味共にブラウンシュガーや葡萄等を思わせるシェリー風味が豊か。引っ掛かりがなく柔らかい飲み口、モルト比率が高く、中間から後半にかけては古酒感伴うオールドシェリーの嫌味の無い甘さが広がっていく。
ブレンデッドとは思えない味わいで、オークション市場で同ジャンルにしては高い価格で取引されているのも頷ける味わいです。っていうか現行品のマッカランやファークラスに1万円以上出すなら断然こっち買いますよ。


1970年代のBBRには、カティサークシリーズに加え、ベリーズベスト、セントジェームスと、オールドブレンド分野で評価されるブレンデッドが揃っています。
今回は同じく持ち込まれていた、シェリー系、甘口タイプであるカティ12年との飲み比べもしてみました。双方別々では飲んだことはありましたが、飲み比べは今回初めて。
どちらもモルティで旨いブレンデッドではあるものの、シングルモルト的なシェリー感はベリーズベスト、シェリー系の甘味もありながらカラメル等のブレンデッド的な甘口風味なのはカティ12年と、傾向は違うと感じます。カティのほうは原酒由来か少々クセもありますね。

出品される頻度は少ないですし、酒屋店頭では本当に見かけない(2年前に西の方で1回見かけたきり)ですが、1本欲しいボトルの一つです。

カティサーク25年 初期ロット(2003年リリース)

カテゴリ:
昨日の白州シェリーテイスティングの後、 折角の休日だしもう1本いこうと、兼ねてから記事にしようと思っていたボトルを持ってきました。
クーラーの効いた部屋の中に置いておいたので、ほどよい温度になっています。 これならすぐにテイスティングしても大丈夫。夏は好きな季節ですが、 ボトルによってはこの一手間がかかるのがなぁ・・・。
秋を先取りな感じでシェリー系が続きますが、今回のボトルはまだ何とか手に入るシェリー系モルトウイスキーです。

 
CUTTY SARK 
Scots Whisky
Aged 25 Years
700ml 45.7%
2003's
評価:★★★★★★(6-7)(!)

香り:甘さと酸味を伴うシェリー香、ヒネ感、黒砂糖、ベリー、ブラックチェリー、ウッディネス。奥には微かに青っぽい植物。
最初はトゲトゲしさがあるが徐々に柔らかい麦芽風味に変わってくる。また、レーズンなどのダークフルーツのアロマも開く。今のシェリー香とは違う70年代以前の特徴を備えている。

味:コクのある甘いシェリー感。香ばしい麦芽風味、カカオチョコレートの苦味と甘さに、プルーン、ベリーを思わせる果実味とほのかな甘酸っぱさ。表面的には文句のつけようが無いオールドシェリー感だが、中間以降の広がりは少なく、荒さも少々感じる。 フィニッシュはドライで甘くほろ苦いカラメルソース、アーモンドの香ばしさ。スパイス、タンニンも少々。長く続く。


2003年のウイスキーマガジン主催"Best of The Best"、全ウイスキー部門の中で最高得点をたたき出したのが、このカティサーク25年初期ロットです。
25年以上熟成させたBB&R社秘蔵のモルトがふんだんに使われた1本。ノーマルなカティサークがライトなブレンデットなのに対し、
この25年はグレーン無しのバッテッドモルトで、 比べものにならないほどの芳醇さを持ったウイスキーに仕上がって います。
当時は60年代蒸留のリリースも珍しくなく、2000年前後にはリミテッドリリースとして長期熟成のカスクストレングスがバンバン出ていたモルトファン垂涎の時代。その中で実力か、はたまた見えない力が働いたのか、バルヴェニー1970やマッカラングランレゼルバなどの並み居る強豪※を抑えての最高得点ですから、否応なしに期待してしまいます。

カティサークのキーモルトは、グレンリベット、グレンロセス、マッカラン、ハイランドパーク、タムデューなど。
最初に飲んだ印象は「疑似オールドマッカラン」でした。
本家に比べ高まるほどではないですが、似ているフレーバーを拾う事が出来ます
約46%とオフィシャルの中では飲み応えのある度数に加え、2003年のリリースから逆算すれば原酒は1970年代蒸留確定。当然シェリー樽の質も今とは異なります。60年代、70年代のマッカランが文字通り桁違いの価格になってしまった今、このボトルの存在価値は凄いぞとテンションが上がりました。
ただ飲み進めて行くと違うキャラクターも感じられるようになってキーモルトであるロセスやリベット等のモルトをマッカランでまとめたような・・・例えるなら何種類かの餡を強引に生地で包んで仕上げた饅頭のような、繋ぎのない印象もあります。
芳醇なシェリー感の間から主張していくる違う個性。BB&Rのリベットで何度か感じたことがあるトゲトゲしさもあったりで、モルトのみだからこその難しさでしょうか。
評価の際にもその点が足を引っ張り、加点幅が落ちています。まぁこの力技感は嫌いじゃ無いですけど。
飲み方はやはりストレート、あるいは少量加水で。あまり冷やしすぎると甘さやコクが飛んでしまうので、秋口が一番美味しく飲めそう。まさにこれからが本番のボトルです。

カティサーク25年は不定期に販売されており、最近販売されたのはタム・オ・シャンター。
その前は紺色のラベルの25年。これらがどのような出来栄えかは飲んだことが無いのでわかりません。紺色のほうは持っているのでいずれ飲んでみたいと思います。
初期ロットの入手経路はオークション中心になるでしょうが(それでもあまり出品されませんが)、中華がふっかけなければ10k~15kくらいが落札ラインです。



※Best of The Best 2003の評価点上位10銘柄は以下
1位 Cutty Sark 25yo 45.7% Blended (Flight 4)
2位 Glenfiddich Rare 40yo 43.6% Speyside (Flight 6)
3位 Balblair 33yo 45.4% Other Mainland Malts (Flight 3)
4位 Balvenie Vintage Cask 1970 44.6% Speyside (Flight 6)
4位 Highland Park 18yo 43% Islands (Flight 5)
6位 The Macallan Gran Reserva 40%  Speyside (Flight 6)
7位 Sazerac Rye 18yo 45% Rye (Flight 8)
7位 Talisker 25yo 59.9% Islands (Flight 5)
9位 Hibiki 21yo 43% Japanese (Flight 1)
9位 Pappy Van Winkle Family Reserve 20yo 45.2% Bourbon (Flight 7)

参照:http://www.whisk-e.co.jp/mag/botb2.html

このページのトップヘ

見出し画像
×