タグ

タグ:カスクストレングス

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5 55.3%

カテゴリ:
IMG_3527
GLENDRONACH
CASK STRENGTH
Batch 5
Cask type Oloroso Sherry & PX Sherry
700ml 55.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★☆(5→6)

香り:強いアルコールの刺激、スパイシーでミントの爽やかさを伴うウッディな香り立ち。奥からキャラメルソース、ドライプルーン、シーズニングオークの甘いアロマが開き、特に加水することでバランスがとれてくる。

味:スパイシーでハイトーン。ブラウンシュガー、ドライプルーン、アーモンドクリーム。香り同様の構成で、強いアタックの奥に粘性のある甘み。余韻はウッディでドライ、ヒリヒリとした刺激を伴い長く続く。

ハイプルーフらしい強いアタック。シェリー感は少々薄めだが、嫌味の少ないシーズニングシェリーで、加水するとまろやかな甘みのある香味を楽しめる。若くはあるが、酒質の素直さも光る1本。少量加水して楽しみたい。


グレンドロナックが2012年から毎年1~2バッチリリースしている100%シェリーカスクのカスクストレングスリリース。バッチ5は2015年のリリースで、昨年リリースされたバッチ6が最新。ファンの多い銘柄でもありますが、グレンドロナックはベンリアックらと共にブラウン社に買収されたため、今年バッチ7がリリースされるかは現時点で不明となっています。

その構成、位置づけはグレンファークラス105を彷彿とさせる、推定8~10年程度のヤングエイジのハイプルーフシェリーカスクです。
ただバッチ1~3のシェリーカスクはシェリーカスクでも、樽の内側をチャーした際に出るフレーバー、木のえぐみというかクレヨンっぽさが強く出ており、若い年数で樽感を強く出すためにシェリー樽をリチャーしたものが使われたのではないかという印象。自分は自宅での樽いじりの経験からこの手のフレーバーに敏感で、ましてシェリーのそれと混じった異物感が受け入れられず。バッチ1はウイスキー仲間からブラインドで出されて酷評、バッチ2、バッチ3も一応飲んでみたのですが、同様のイメージが変わることは無く。。。もうこのシリーズはいいやと、飲まず嫌いを決め込んでしまっていました。

それが先日、友人宅での持ち寄り会でバッチ5を飲んでみたところ、シェリー感はあまり強くないが素直なシーズニングタイプで、これまで感じていた異物感のない仕上がりになっていてびっくり。テイスティングにも書きましたが、ストレートではアタックが強いですが、少量加水するとまろやかな口当たりでぐっと飲みやすくなり、さらに良い感じ。類似のタイプとしては、タムデュー10年のバッチリリースNo,1あたりで、やはり飲まず嫌いはいけないなと、認識を改めさせられました。
DSC00003
(グレンドロナック蒸留所のツアーにて。写真左奥、初留釜のネック部分の独特な形状に注目。2005年までは石炭直火蒸留が行われていたが、現在はスチームに切り替わっている。同蒸留所ニュースピリッツは雑味が少ない代わりに麦感が強い。現行品の中では色物扱いだが、本腰を入れて作ればシェリー樽以外のリリースも光るモノが生まれそう。Photo by K67)

グレンドロナックはシェリー樽が高騰する中にありながら、シェリー樽100%リリースに方針転換し、この6年間強リリースを続けてきたわけですが、1996年から2002年までの休止期間など谷間の影響もあり、徐々にシェリー樽以外のリリースも増えてきています。
昨年は15年が終売、21年は限定生産。タンク貯蔵していなければ18年以上の原酒オンリーとなっているアラダイス18年も、今年のロットがあるかどうかというきわどいところ。精力的にリリースが続く1990年代のシングルカスクシリーズもいつまで弾が続くのか・・・。

そうした中、このカスクストレングスシリーズのシェリーカスクは、再稼動後のドロナックメインと思われる新世代。樽でマスク仕切れていない若々しく強い勢いは、荒削り感のあるリリースといわざるを得ませんが、バッチ5には新しい可能性を見出すことが出来ました。

ボウモア・カスクストレングス 2010年頃流通

カテゴリ:

明日5月9日の世界不思議発見はウイスキー特集、スコットランド(アイラ)と余市だそうです。
そういえば去年、仕事の関係でふしぎ発見のロケに立ち会って、最終的にセットでポーズまで決めさせてもらったんだっけ。いやー懐かしい。

参照:世界ふしぎ発見 5月9日放送分
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_1.html

記事のほうは、ロケが行われたボウモアからオフィシャルボトルを1本。最近見なくなったなと思ったら終売だったボウモア・カスクストレングス。

BOWMORE
CASK STRENGTH
1.0Liter 56%
IMG_2085
評価:★★★★★(5)

"薬膳を思わせる甘くクセのある香り、かすかな火薬、ピート。アルコール感はトゲトゲしている。
口当たりはリッチで熟したグレープフルーツや魚介の出汁を思わせるボウモアフレーバー、奥から微かにパフューム。
フィニッシュはピーティーでスモーキー、やや単調な構成だがかつてのボウモアの面影もあるボトル。"

14年以上の熟成の原酒を使った、ボウモアのカスクストレングスエディション。
2010年ごろに買われたボトルと記憶していますが、微かなパフュームがあるあたり、14年以上の原酒も含まれていると考えられます。
このボトルは最近、日本市場からひっそりと消えましたが、あまり騒がれなかった感があるのはおそらくテンペストや各種ボトラーズなど、代わりとなる高評価なハイプルーフボトルがあったからでしょう。
シェリー樽熟成原酒のキャラクターもあり、決して悪いボトルじゃありませんが、パフューム好きな方から見れば力不足だし、そうでない方々から見れば旧世代の原酒を引きずるボトルとも見れ・・・やや中途半端ではありましたね。

明日の世界不思議発見では、島内観光だけでなくボウモア蒸留所で蒸留行程の特集もあるようです。
ピート採掘、フロアモルティング、海に面した熟成庫・・・ウイスキーフリークなら知ってるネタばかりですが、どんなクイズが出るんでしょうか。


「それでは、ここで、クエッション!」
「ボウモアで1970年代から1990年代初頭まで特徴としてあったパフューム香。このラベンダーやレモン石鹸を思わせる香味はどうして得られたのか、お答えください」

世界不思議発見

「正解は、CMの後で!」

って、あるわけないですよねww

ラガヴーリン12年 カスクストレングス  2014ボトリング

カテゴリ:

まだまだ続きます、MHDニューリリースのご紹介(笑)
決してMHDの回し者ではないんですが、ウチにあるボトルはちょい古からオールドボトルが圧倒的多数なので、ニューリリースも混ぜていかないとバランスが取れないんですよね。
というわけで今回は、高い人気を誇るラガヴーリンのカスクストレングスです。
前回のテイスティング会では通関が間に合わず飲めませんでしたが、その後キッチリ補習をしにいってきました。
 
LAGAVULIN
Aged 12 Years
LIMITED EDTION
BOTTLED IN 2014
54.4% 700ml

IMG_1765
 
暫定評価:★★★★★(5)

"トゲトゲした香り、力強いピート香とヨードがあり、。松ヤニや乾いた草、微かに乳酸系の酸味もある。
口当たりはオイリーで、一瞬柔らかくクセのない塩水のコクが感じられるが、すぐにパワフルで荒さのある松の樹皮やピートフレーバーが出てくる。
鼻抜けはスモーキーさが強く、少し焦げたような樽香に、ドライなフィニッシュ。海辺に生える松を連想する香り。
少量加水すると全体的にある荒さ、パワーは穏やかになって飲みやすくなるが、ラガヴーリンらしさを楽しむなら、まずはストレートで楽しみたい。"
 

グラスに注いだ瞬間、その色の薄さに驚きました。
ラガ12年のカスクはだいたいそんなに色は強く出ませんが、2014年ボトリングは特に色が薄い。
ほぼ透明とも言えるところで、熟成感はどうかと不安になりますが、ニューポットっぽさは感じず、それ相応に熟成していることが伺えます。
樽はリフィルアメリカンオークとのことですが、2回目のホグスヘッドでしょうか。樽感はあまり主張しません。

他方で、12年の熟成を経てもなお力強く、荒さのあるフレーバーは、ある意味でアイラモルトらしい個性を感じさせてくれます。特に近年の傾向でもあるエステリーなフルーツ系に走ってないところも、好み次第では好印象ではないかというところ。
「卓越したスペシャルリリースのまさに入門編」としてPRされていますが、飲み手は選ぶと思います。

感情抜きにいくつかのラガヴーリンのリリースと比べると、今年の12年はもう一歩ほしいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×