タグ

タグ:オーヘントッシャン

ロブロイ 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190714_093306
ROB ROY  
Years 12 old 
Fine Old Deluxe Quality 
Scotch Whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーで薄めたみたらし、干し藁のような乾いたニュアンスと若干の紙っぽさ。仄かにハイトーンな刺激を伴うが、時間経過で微かな古酒感と、オレンジママレード、スモーキーなアロマに変化する。

味:ねっとりとしてコクのある口当たり。べっこう飴の甘味とオールブランやオレンジピールのほろ苦さ、土っぽいピートフレーバー。徐々にスパイシーでヒリヒリとした刺激が感じられる。
余韻はみたらしのような粘性のある甘味が舌に残りつつ、スパイシーで焦げたようなピーティーさ、張り付くような余韻で長く続く。

グレンギリー系の強いピーティーさ、オーヘントッシャンの3回蒸留らしい尖った風味。そこに熟成したグレーン。ボウモアよりもこの2つのモルトの影響を強く感じる。少量加水すると刺激が和らぎカラメル系の甘味が広がってバランスが良くなる。開封後時間が必要かもしれない。

IMG_20190628_223807

1980年代にボウモア、オーヘントッシャン、グレンギリーの3蒸留所を傘下としていた、モリソンボウモア社がリリースしていたブレンデッド。先日レビューした10年の他、12年があり、1990年代以降ブランドとして残るのはこの12年のほうです。
もっとも、日本には1990年代中頃ないし後半あたりから輸入されていなかったようですが。。。

ロブロイ12年は、1990年頃に角瓶からなで肩のデキャンタデザインに変更。日本に流通しているボトルはこれが最後となりますが、この頃のロブロイはボトルのキャップが樹脂製で、キャップ汚染の進んだロットが複数見られること。
また、蒸溜時期1980年代は、ボウモアだけでなくグレンギリーにもパフュームフレーバーが出ることから、それらを構成原酒とするロブロイにも同様の変化が出ているロットがあり、ダブルで注意が必要。オフフレーバーと石鹸を好むマニアックな趣味が無い限り、角瓶時代のロブロイを狙うのがオススメです。

105d9675
(同時期に流通していたロブロイ10年、トップの写真は照明の関係でわかりづらいが、色合いは10年も12年も同じ。やや12年のほうがマイルドかというくらいだが、フレーバーの系統も同じ。ロブロイとモリソンボウモア社については「ロブロイ10年」のレビュー記事を参照。)

”ロブロイ”と言えば、日本ではウイスキーよりもウイスキーベースのカクテルが有名。かつてウイスキー冬の時代は、「ロブロイをソーダ割り、氷無しで」なんて注文したところ、首を傾げながらカクテルのロブロイをソーダで割られそうになったこともあったとか。(某有名バーマンの経験談)
ですが近年はボウモアの評価と人気の高まりから、愛好家を中心に「ボウモアが使われているブレンドとして知られてこの銘柄も知られて来ているように思います。

ただ、この角瓶時代の10年、12年はどちらもグレンギリーを中心にローランドモルトをブレンドしたような、ボウモア比率が低めの構成であるところ。ボウモアが使われている=トロピカルフレーバーという構成にはなっていません。
また蒸溜時期としては1970年代の前半あたりですが、当時ピーテッドモルト代替のためグレンギリーのピーティーさが強く、またボウモアはギリギリパフュームが出ていないものの、フルーティーさは控えめに変化していた時期。このブレンドをそれらの構成原酒のキャラクターから分解すると、得心がいく部分が多く感じられるのです。






オーヘントッシャン 31年 1966-1999 #511 43.5%

カテゴリ:
AUCHENTOSHAN
Aged 31 years
Distilled 1966
Bottled 1999
Cask type Hogshead #511
700ml 43.5%

グラス:木村硝子
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ややゴムっぽさの混じるウッディさ、熟したバナナの甘いアロマ、薄めたカラメルを思わせる古酒感、ヒネ。微かにパフュームっぽい要素も感じる。

味:唇をヒリヒリとした刺激。香り同様薄めたカラメルを思わせる古酒系の樽感、サトウキビ、ドライな麦芽風味。奥行きがあまりなくクリアなボディ感。
余韻はほのかな青さを伴う麦芽、あっさりとしている。

樽感が比較的強く味はしっかりとしているが、中間から軽いというかクリアというか、三回蒸留らしい個性的なボディ感がある。加水は樽感と酒質の分離が進みシャバシャバになってしまうのでNG。静かに個性的なモルト。


近年殆ど作り手のなくなってしまった、ローランド伝統の三回蒸留。オフィシャルボトルでカスクストレングス、単一年度というだけでも珍しいリリースですが、1960年代蒸留で30年を超える長期熟成モルトとあっては、ボトラーズリリースでも中々出会えない貴重な1本です。

今回のボトルはオーヘントッシャンが1994年にサントリー傘下となった後、複数種類リリースしたボトルであるため、日本国内でも正規品として購入することができました。
自分も1965年蒸留の同ボトルを購入し、家飲みしていましたが、その香味はやはり個性的。ピートのように存在を強く主張するものではなく、はっきりと目立たないがそれとわかる、ボディのクリアさと舌への鋭角な刺激があります。

(オーヘントッシャン蒸留所でオブジェとなっている、かつて使われていた蒸留器。今回のモルトの蒸留にも使われたのだろうか。Photo by K67)

3回蒸留は、主にブレンド向けの原酒づくりに用いられてきた過去があります。
当時の原酒は麦やピートの香味が強かったので、2回蒸留ではそれらが残りすぎる。飲みやすく柔らかいブレンドを作るため、3回蒸留して個性を薄め、原酒のバランスをとろうとしたのではないでしょうか。
その結果、確かに香味は薄くなったのですが、単体で飲むと違う要素も抱えることとなった。。。その一つが、このオーヘントッシャンで感じられる特徴だと思います。

短熟の原酒では樽感の少なさや若さ、あるいは加水されていたりで目立たないのですが、長期熟成になってもそのキャラクターは消えず。むしろ樽感との対比でそれがわかりやすい。
好き嫌いが割とはっきり分かれるボトルだと思いますが、美味しさというより経験値を得ることができるボトルですね。

オーヘントッシャン 12年 40% オフィシャル ブラインド

カテゴリ:
オーヘントッシャン12年
AUCHENTOSHAN
Aged 12 years
The Triple Distilled
700ml 40%

【ブラインドテイスティング】
地域:ローランド(オーヘントッシャン)
熟成年数:15年程度
度数:40%
熟成樽:シェリー樽を含む複数樽バッティング
暫定評価:★★★★(4ー5)

香り:ライ麦パンやアーモンドを思わせるやや酸を感じる樽香。使い古した油、微かに湿布のような薬っぽさ。奥から乾燥した植物っぽさ、エスニックスパイスを思わせる独特の癖。

味:軽い口当たり。パン、黒砂糖、若干の古酒っぽさを伴う甘み。サトウキビのような植物感、錠剤の薬のようなニュアンス。奥行きはあまりなく、すぐに余韻にある樽由来の苦味へと繋がる。
余韻はビター、チクチクとスパイシーな刺激が蓄積する。

使い古した油のような癖に、やや強めの樽感。その上で軽さが目立つ不思議なウイスキー。ローランドモルトだろうか。樽香は近年寄りで、昨年信濃屋からリリースされたOMCオーヘントッシャン2000と同じベクトルのアロマがあった。 


(今回のブラインドは、後述するウイスキーショップ・ドーノックの協力で実施。色の濃いほうがオーヘントッシャン。薄い方のコメントはまた後日。)

ローランドモルト伝統の3回蒸留を今に伝える蒸留所、オーヘントッシャン。
3回蒸留を行ったモルトの特徴は、香味成分がその分少なくなることに起因しての奥行きの軽さ、ツンとした刺激を伴う口当たりでしょうか。
今回のブラインド含め、これまで飲んできた3回蒸留のモルトには類似の点があるように感じます。
悩ましい出題でしたが、テイスティングの中でその要素に気がつけたのが今回の大きな収穫だったと思います。

ローランドモルト(3回蒸留)のルーツは、アイリッシュウイスキーにあると言われています。
ローランド地方はウイスキーが消費される都市圏にほど近い立地から、かつてウイスキーの一大産地としてブームを呼び、アイルランドやスコットランド全域から移民があった中で、アイリッシュの3回蒸留もまたローランド地域に持ち込まれたのだとか。 ただ、考えてみるとオーヘントッシャン以外で3回蒸留をしていたローズバンクやセントマグデランらは既に閉鎖。ボトルがリリースされる機会も少なくなってきました。

近年ではダフトミルなどの新しい蒸留所で3回蒸留が行われているようですが、オフィシャルボトルが一般に出回らない限り、ローランドモルト=3回蒸留とは言い難い状況です。
ではローランドらしさはどこにあるのか。「軽い味わいにある」なんて言い切ってしまうのも、ただ軽いだけならスペイサイドやハイランドの一部蒸留所も近年は軽さが目立っており、少々強引であるような気がします。
とすると蒸留所を取り巻く気候が影響もしての樽由来の香味や発酵への影響を考えるのが妥当か・・・テイスティングを通じてあーだこーだと考えてしまいました。


さて話は変わりますが、自分はブラインドテイスティング推進派です。
テイスティングスキルの向上はもとより、関連情報に左右されない素のウイスキー評価に繋げるため、積極的にブラインドを取り入れています。
ブラインドテイスティングは一人では出来ません。この点については行き着けのBARはもとより、ウイスキー仲間から現在進行形で多くの出題を頂いているわけですが、さらに「純粋なブラインドテイスティング」を行うため、酒販店にサンプルの選定をお願いしてみることにしました。

ドーノックブラインド

この依頼を引き受けてくださったのは、50mlの小瓶販売に特化したウイスキー販売店「ドーノック」。
「たくさんの人にウイスキーを楽しんでもらいたい」「ウイスキーファンを増やしたい」という考えから、昨年末に福井県にショップを立ち上げたばかりで、ショップページは徐々に内容を充実させているところだそうですが、既に様々なコンテンツが公開されており、見応えのあるサイトとなっています。

株式会社ドーノック

サンプルは写真の通り50ml。解答は糊付けで厳封された封筒に入って届くため、開封するまで判りません。 ボトルも1本1本シールで封止されていて、非常に丁寧な仕事です。(業界法の関係から背面に中身に関するラベルが貼られていますが、到着時に第三者に剥がして貰っています。)
通常商品の購入以外に、例えば何かのイベントやテイスティングスクールなどで使うアイテムの相談をすることも出来そうです。

今回は自分が参加しているウイスキーの勉強会、The Whisky Diversの中で有志を募って実施。第一回目ということで試験的に実施して見たところ、「出題者が見えない」このブラインドはことのほか面白く、良い刺激となりました。 
改善点等踏まえ、今後もテイスティングサンプルをお願いしていく予定です。

ロブロイ デラックス 1960年代 イタリア流通品

カテゴリ:

ROBROY
Deluxe quality
Blended scotch whisky
1960's
43% 0.75cl
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:オールドボトル特融の角が取れて穏やかだが存在感のあるスモーキーさを伴う香り立ち、麦芽香、土っぽい香りもある。グラスをスワリングするとカステラや干し柿のような甘いアロマ。歴史ある日本家屋を連想した。

味:とろみのある口当たりは、薄めた蜂蜜や麦芽風味と香り同様の構成で、ミドルからはどっしりとしたピートフレーバーが余韻まで繋がっていく。
余韻はピーティーでじわじわと染み込んでいくよう。麦芽と干しわら、微かにドライパイナップル。

スタンレーPモリソン社に製造が変わる1967年より前、スコティッシュトレーディング社が製造していた時代の貴重なロブロイ。テイスティングは大阪のローズバンクさんにて。
同銘柄の主要原酒はボウモアやグレンギリーとして知られていますが、それはスタンレーPモリソン社時代の話。スコティッシュトレーディング社時代がどうであったかは定かではありません。他方、スコティッシュトレーディング社は蒸留業者としての記録はなく、当時銘柄の版権を所有していた仲介業者的な位置づけと考えれば、作り手は同じだった可能性もあります。

今回の流通は蒸留時期が1960年前後となるため、 これらの同時期蒸留について経験のあるドリンカーなら否応なしに 期待が高まるボトルだと思います。

香りからは当時の内陸系の麦感とスモーキーさがあり、ボウモア感はしいてあげるならオフィシャルの黒ダンピーに近い印象。染み込むようなピートにしみじみ旨いタイプで、蒸留時期を聞いて連想するトロピカルフレーバーのようは派手さはなく、なんというかいぶし銀なボトルです。


存在感はあるけど俺が俺がと主張してこないピート感って、やっぱりオールドボトルならではだと感じます。この手のフレーバーが出てくるボトルは当時の傾向として数多くあるわけですが、その中でもピートの出方で素晴らしいと思える1本です。
オールドブレンデッドフリークの方には是非おすすめしたいですね。
   
   

オーヘントッシャン 17年 (1997-2015) BARマッシュタン & 信濃屋 ボトリング

カテゴリ:

今回のボトルは11/6で11周年を迎える目黒の名店、BARマッシュタンの記念ボトルです。OMCから信濃屋さんとジョイントでボトリングしています。
マスターの鈴木さんが、味もさることながらコスパも重視して選んだという1本。紆余曲折、様々なご苦労あったとのことですが、近年オーヘントッシャンらしいローランド感のあるフルーティーさにオークフレーバーのマッチした1杯です。

OLD MALT CASK
AUCHENTOSHAN
Aged 17 Years
Distilled 1997
Bottled 2015
700ml 57.3%
Selected & bottled exclusively for
The MASH TUN TOKYO 
& SHINAOYA

暫定評価:★★★★★★(6)

香り:アルコール感と微かなケミカル香を伴うオーク香。少し粉っぽさもある。奥から熟したフルーツ、バニラ、ハーブ、微かに和紙のニュアンス。

味:華やかでオイリーだが粉っぽい舌触りも感じる口当たり。ドライパイナップル、バニラ、麦芽。オーク系のフレーバーが先に広がる。
鼻抜けに乾いたオーク材の華やかな香りと微かに紙っぽさ。後半から余韻にかけてローランドらしい熟したフルーツ感(洋梨や林檎)、ドライでスパイシー。

最初は樽の風味、そこからローランドらしいフルーティーさと2段階の広がりがある。
近年流通の多い1980年代後半から1990年代前半のリトルミルを試して違和感がないなら、このボトルも美味しくいただけるのではないでしょうか。

オーヘントッシャンのみならず、リトルミル等のローランドモルト、その近年モノは独特なフルーティーさを感じるボトルが多くあります。
自分は熟しすぎたフルーツ感、風邪薬シロップなんて言ったりしますが、フルーティーさで連想するスペイサイドやハイランドの王道的なそれとはキャラクターが異なる。どちらかと言えばアイリッシュ系であり、蒸留方法が影響しているのかなと感じるところです。
では1970年代や1960年代の蒸留はどうだったかというと、試した中では今ほどそうしたフルーツ感は・・・なんですよね。年代で考えればバーボン樽が普及し始める時期と重なるため、この違いがキャラクターに変化をもたらしたのではないかと感じています。

昨今、有名蒸留所の原酒枯渇が激しく、それほど人気ではないローランドであっても1990年代原酒の確保が困難という話。相次ぐ値上げの中で、飲み手だけではなく酒販業界全体が苦労を重ねています。
その時その時のクオリティに対する相場的な概念があるといっても、結局は安くて美味しいほうが良いんです。(かつては安くなってブランドイメージが崩壊し、ウイスキーブームが完全終焉した日本という国ではあるんですが。)
多くのユーザーが限りある資金をやりくりしているのですから、値上げ先行の今の市場、その影響が酒販業界に無い訳がありません。
さしたる競争もなく1万円台で1960~1970年代を確保できた時代は終わってしまった。
海外でのブームに押され、日本市場の優先度はどんどん下がっている。
その中で、惰性ではなく独自の工夫で価値創造を重ねられている関係者の方々には本当に頭が下がる思いです。

マッシュタンでは今回のオーヘントッシャン以外に、リンクウッド、スプリングバンクをダンカンテイラー経由でボトリングしてリリース。(こちらも相当苦労されたとか。)
どちらも近年モノとしては酒質、樽感ともレベルの高い出来栄え。コネクションがあるからこそ出来るリリースですね。
BARマッシュタン様、11周年、おめでとうございます。

このページのトップヘ

見出し画像
×