タグ

タグ:オフィシャルボトル

サントリー 山崎10年 40%  2010年代流通

カテゴリ:
YAMAZAKI
Suntory Single Malt Whisky
Aged 10 Years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅@マッスルKさん
時期:不明
評価:★★★★★(5-6)

香り:やや青みがかった香り立ち。乾いた木材、麦芽、ほのかにドライナッツ、時間経過でバニラの甘みが開いてくる。

味:少し粘性のある飲み口からドライ、スパイシーで青みがかったウッディネス。度数以上に強さのある口当たりで、じわじわと開く蜂蜜の甘み、乾いた植物感、青りんご。
余韻は淡くエステリーで華やかだが若干の刺々しい刺激も伴う。

ストレートでは樽香と酒質のバランスが取れているとは言い難く、加水で整えられている以上に荒さが目立つ。もう少し熟成が必要だが、ロックやハイボールなら充分楽しめる。

先日ウイスキー仲間宅で開かれた持ち寄り会で、ちょっと懐かしいボトルに出会いテイスティングさせてもらいました。
山崎10年は白州10年同様に2013年頃まで発売されていた、12年の廉価版。2012年に発売されたノンエイジに普及品のバトンを渡す形で終売となりました。
今回のボトルの流通時期は、表記がピュアモルトではなくシングルモルトであることから終売間際と考えます。

一般的な構成としてシングルモルトの山崎はシェリー、ホワイトオーク、ミズナラなど様々な樽で熟成させた原酒を使って作られる中、10年はそうした原酒の中でも特にホワイトオーク樽を軸としています。
ただ、ホワイトオークとして真っ先に連想するであろうバーボン樽のようにエステリーでフルーティーな構成ではなく、やや青みがかった木のアロマ、植物っぽいニュアンスから、パンチョンのように大ぶりな樽か、あるいはリフィル樽の比率が多い印象を受けます。
後に発売されるワイン樽などを使って甘口に仕上げた山崎ノンエイジと比較すると、ずいぶん違う系統だと言えます。

この手の構成のウイスキーは、ストレートで飲むとまだ若い印象も同時に受けるものの、ハーフロックやハイボールなど、手を加えた飲み方にするなら話は別。樽材由来の木の香味が心地よく、爽やかに飲み進められ、むしろ12年より使いやすいとさえ感じる場面もあります。
山崎10年が発売されていた当時はウイスキー冬の時代。ハイボールブームを仕込んでいたサントリーとしては、12年とは違うステージで勝負できるレシピを考えていたのかなと思うのです。


以下雑談。ちなみになぜこれが懐かしいボトルなのかというと、自分の大学院時代、教授へのギフトに山崎が送られてくる事が度々あり、夜の研究室で研究のことや他の教授の悪口とか、他愛もない話をしながら飲んでいたことから。
自分が就職して間も無く恩師は退官、あの研究室で飲み交わすことはもうなくなってしまっただけに、自分の中で山崎10年は青春時代を思い出す、ちょっと懐かしいウイスキーなのです。

笹の川酒造 安積蒸留所 ニューポット 2016年蒸留 63%

カテゴリ:
IMG_3211
ASAKA
SASANOKAWA SHUZO
NEW POT
Disitlled 2016.12.26
Bottled 2017.01.13
250ml 63%

香り:酸味が強く、ドライなアルコール感と微かに発酵臭を伴うアロマ。加水すると乾燥させた麦芽、おかき、無糖のシリアルを思わせる香ばしさを感じる。

味:軽くスパイシーな口当たり、最初はニューポットらしい乳酸系で微かに発酵したような酸味、口の中で転がすとオイリーで香ばしい麦芽風味が主体的に。
余韻は麦芽系のフレーバーが後を引きつつあっさりとしている。
ボディはミドル程度、加水するとバランスがとれて口当たりは柔らかくまろやかに。

まごうことなきモルトウイスキーのニューポット。どこか垢抜けていない素朴なニュアンスを伴う、個性のプレーンなハイランド系統の仕上がり。
酸味が多少強いが、発酵臭や温泉卵のような硫黄系の要素は少なく、加水の変化を見ても素性は悪くないと感じる。
中長期熟成向けの原酒であると感じる一方、今後蒸留のノウハウやイメージが蓄積する中で、どのような方向性で蒸留所のキャラクターが洗練されていくかを見て行きたい。

笹の川酒造が昨年操業した安積蒸留所、そのニューポットが福島県を中心に出荷されました。
蒸留は2016年12月26日、ボトリングは2017年1月13日で、年末を挟んだこともあり、この約3週間はタンクの中でボトリング待ちだった模様。
そう言えば昨年告知された福島屋商店の樽オーナー制度の樽詰めは、2017年3月ですから、これと同系統の原酒が使われるのかもしれません。

今年中にはピーテッドモルトの仕込みも行われる予定とのことで、この酒質でピーテッドであれば、アイランズ系統の中々楽しめるモルトができるのではないかと感じています。
地元に蒸留所が稼働を開始しただけでも嬉しい事ですが、活発な動きがあるのはなおの事。今後も引き続き紹介していきたいです。

(安積蒸留所のポットスチル。間接加熱式でストレートヘッド。三宅製作所製。)

日本に限らず各蒸留所のニューポットをテイスティングすると、それぞれに特徴があり、狙っているキャラクターで違いが出ていることがわかります。
ニューポットが熟成していく過程や、熟成を終えて製品化された後、その全行程から作り手はフィードバックを受けて、目指すキャラクターを絶えず調整していきます。

対して、まだ稼働し始めたばかりのクラフトディスティラリーは、一定期間熟成させたマイルストーンとなるリリースがないため、先をイメージしながら原酒を作っていくことになります。
例えるなら連載開始時点の漫画のようなもので、書かれ続けるうちに、画風とキャラクターにも変化があり、徐々に個性が洗練されていくようなもの。
安積蒸留所のニューポットも、このリリースが完成形ではなく、様々な原酒が作られ、ノウハウが蓄積し、目指す個性がはっきりとしていくのだと思います。

今回のリリースだけでなく、津貫、長濱、そして今年中には厚岸、三郎丸、静岡といったその他の蒸留所からもニューポットのリリースがあると思いますが、彼らのスタート地点に立ち会えるというのは、この時代にウイスキーを飲んでいたからこその楽しみでもあります。

ニューポットは決して美味しくはないもので、将来の姿に思いを馳せて楽しむものです。(プラス地元の酒であれば、それだけで感慨深いものも。)
10年後、20年後にリリースされているであろう製品から、2017年の今を振り返った時、どのような個性が育っているのか。
願わくばその時代まで、日本のウイスキー産業が成長を続けていることを祈って、今回の記事の結びとします。

グレンファークラス 台湾向け 178周年記念 48.8%

カテゴリ:
GLENFARCLAS
178th Anniversary
Taiwan Edition
(No Aged)
2016's
700ml 48.8%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(GOSSE@目黒)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:酸味を伴うウッディーでドライな甘いアロマ。薄めた黒蜜、ドライプルーン、オロロンシェリー。奥から淡くスモーキーなニュアンスもある。

味:口当たりはドライで適度な厚み。甘いシェリー風味とサルタナレーズン、ほのかに乳酸系の酸味も感じる。
余韻は軽くウッディでスパイシー、じわじわと広がるピートを伴う。

若い原酒のニュアンスがあるが、バランスの整っている1本。加水すると飲み口はまろやかではあるが、硫黄が感じられるようになりバランスが崩れてしまう。

アジアテイストなラベルが目を引く、グレンファークラスの台湾向けスペシャルリリース。
日本やイギリスでは175周年記念ボトルが数年前に発売されていましたが、台湾では177周年や今回の178周年と、1年刻みでリリースが続いており、免税店や酒販店で購入できる模様。
近年ウイスキー市場として強い影響力を持ちつつある台湾、相変わらず凄い勢いです。

情報の乏しいボトルですが、度数が48.8%とカスクストレングスを思わせる仕様。飲んでみるとオフィシャル12年の延長線上にあるような熟成感と樽感。口当たりは起伏があり、加水調整で強く整地された印象はあまりないので、10年程度の若い原酒に20年クラスの熟成原酒をブレンドしたような、複数樽バッティングを少量加水調整、といったところでしょうか。
飲み口は105ほど荒々しくなく、ノーマルな43%加水ほどゆるくもない、適度な刺激と飲みごたえを感じ。バランス寄りの樽感から、余韻にかけてはファークラスらしい淡いスモーキーフレーバーも残っています。

一方で、樽の質は何か特別なモノが用いられたという印象は感じませんでした。
この辺は最近日本向けにいいボトルがまとまって入ったので、ハードルが上がっているのかもしれません。
そのため近年リリース全般で見てみると、ファークラスのバランス型シェリーとしては、可もなく不可もなし。リミテッドというには物足りないですが、普通に楽しめるオフィシャルボトルだと思います。

ミルトンダフ 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
image
MILTON-DUFF
GLENLIVET
100% Highland Malt Whisky
Aged 12 Years
1970-1980's
750ml 43%

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド寄りハイランド内地
蒸留所:グレンバーギー
熟成年数:15〜20年程度
蒸留時期:1990年代
樽:バーボンホグスヘッド主体
度数:46%程度
その他:複数樽が混じった印象、加水もされているか。バランタインの味がする。

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml程度
場所:自宅
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:品の良い華やかな香り立ち。ドライパイナップル、白ぶどう、最初はドライなオーク香が主体だが、時間経過でバニラの甘みが充実してくる。

味:華やかでドライな口当たり。麦芽風味と、洋梨や白桃缶のシロップを思わせる甘みが開いた後は乾いた木のえぐみ、微かにピーティーな焦げ感。
余韻はドライで染み込むように細く長く、軽いスパイスの刺激を伴う。


ウイスキー仲間のYさんから頂いたブラインドサンプル。
華やかでドライ、麦芽風味とリフィル系の樽感や微かなスモーキーフレーバーが混じる、ハイランドの中でもスペイサイド寄りの構成。この個体については、非常に状態が良いとも感じる1本です。

今回のテイスティングは迷走しています。
回答に記載したように、香味の中でバランタインに感じる要素を捉え、上記の特徴も感じながら、真っ先に浮かびそうなミルトンダフを思い出さずにグレンバーギーと思い違いして回答。
何をやってるんだ俺は。。。(笑)。

しかし最もやらかしてしまったのは蒸留所でも樽構成でもなく、蒸留年代ですね。
2回に分けてテイスティングをしたのですが、最初にテイスティングした時はオールドっぽい要素を拾ったものの。翌日改めてテイスティングした際、その前に飲んだ別なオールドボトルの影響か、古酒感をあまり感じず、近年で比較的出来の良い複数樽バッティングかなと思ってしまいました。


オールドボトルの特徴として、最もわかりやすいのはヒネ香。特にカラメル添加の強いボトルや、シェリー系の構成だったりするとヒネ香が出やすい印象があります。
ただ、今回のようにヒネ香がほとんどない場合は、樽の影響のないガラスの瓶に入れられていたことでの変化、所謂瓶熟による味わいの慣れ、舌あたりの丸みなどで判断します。
通常の熟成でもこうした要素は出ますが、樽材由来の影響もあわせて濃く、味もドライになっていくので、その関係はどうかというところも見る必要があり。。。何れにせよ経験値が必要となります。

ちなみにこの時代のミルトンダフは、バランタイン12年と同じ形状のボトルを使用しているので、見た目が結構似ています。
当時はまだまだブレンデッド全盛期、日本市場においてもブレンデッドは売れるがシングルモルトは無名の商品。
その中で 抱き合わせで酒販店に売られた事もあったようで、バランタインはなくてもミルトンダフが店頭に並んでいたことがあったのだとか。
バランタインが美味い理由がよくわかる佳酒。流通量はそこそこあったボトルなので、一度は飲んでおきたい1本です。

スプリングバンク 10年 オフィシャル旧ボトル 46%

カテゴリ:
IMG_0625
SPRINGBANK 
Campbeltown Single Malt 
Aged 10 Years 
2005's 
350ml 46% 

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:蝋のようなクセを感じる香り立ち。サルタナレーズン、塩気、徐々にサトウキビのような植物感やおかきのような香ばしさのある。癖は強いが複雑なアロマはいかにもスプリングバンクらしい。
加水するとモルティーでレモンクリームのような甘みにほのかな土っぽさ、バランスが良くなる。

味:歯磨き粉のような人工的な甘さを感じる麦芽風味、ブラウンシュガー、焦げたパン。徐々にほろ苦い焦げたようなピートとウッディーなえぐみが盛り上がってくる。余韻はドライでビター。加水すると人工的ニュアンスが軽減され、香り同様にバランスが良くなる。


スプリングバンク10年、現在販売されているボトルの1世代前に該当するのが今回のテイスティングアイテムです。
フレーバーの厚みや強さは現行品以上にあるものの、香味には蝋や歯磨き粉を思わせるような癖も強く、飲み手を選ぶ印象だなぁというのが第一印象。実際先日の持ち寄り会では、ノージングした瞬間に「ウッ」と漏らす方が何人か居ました。
個人的な印象としては、これなら現行品のほうがバランスが良い仕上がりとは感じます。

一方で、そうした癖を除いて全体の厚みや複雑さ、時間での変化は旧ボトルのほうが見るべきところがあり、この辺は一長一短だなと。
グラスの違いで印象もだいぶ変化があり、サントリーテイスティング形状のずんぐりとしたタイプのほうが、最初から親しみやすい印象がある一方。真にバンクらしいフレーバーは今回使用している創吉テイスティンググラスのような、距離と懐の深さのあるタイプのほうが引き出せるなと感じます。
もちろんそれは先述の癖とも引き換えではあるのですが・・・この辺が好みに合う人なら、もう一つ上の評価になるかなと。

このボトルはウイスキー仲間のHPさんからの強奪品(笑)
最近バンクを勉強しなおそうとしている自分ですが飲み比べにと持ってきてくださいました。
今回テイスティングしたハーフサイズであれば、まだ楽天市場でも販売されており、フルボトルあたりの価格は現行品と大差ないため、普段飲みでどちらを使うかは好みで選んで良いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×