タグ

タグ:オフィシャル

ラフロイグ 27年 リミテッドエディション 2017 41.7%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Limited Edition 
Aged 27 years
Distilled 1988 & 1989
Bottled 2017
700ml 41.7%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラクッキーの甘みと林檎のような華やかなオーク香、パイプを思わせるスモーキーなアロマ。ほのかな塩気、ヨード、柑橘を思わせるニュアンスもある。
注ぎたてはいくつかの要素が主張し合っているが、徐々にまとまっていく。

味:ゆるく柔らかいがピリッとした刺激のある口当たり。土っぽいピート、グレープフルーツ、ナッツの香ばしさ。すぐに華やかでトロピカル要素を含む果実香が口内から鼻腔に広がる。過熟気味な樽感に通じる、湿ったウッディネスのアクセントも微かにある。
余韻はグレープフルーツのワタ、微かな柑橘、スモーキーで染み込むようなほろ苦さ、しっかりとヨードが残る。

度数落ちで突き抜ける香味はないが、それが逆にいいバランスに繋がっている、口開けからピークなモルト。一口目のアイラ的な要素とフルーツの共演は素晴らしい一方、二口目は少しぼやけるので時間を置くかチェイサーを挟んだほうがいい。加水はNG。ソーダ水をチェイサー代わりにしても面白い。
ラフロイグの今年のリミテッドエディションの一つ。
ラフロイグは長期熟成の原酒不足も噂されて、200周年記念の一連のリリース後はしばらくおとなしいかな、なんて思っていたら、後に続く30年、27年という長期熟成リミテッドエディション。勿論単発でやれない程原酒はヤバくないのでしょうけど、25年をリリースした上でのリミテッドですから、ファン心理というか抑えるところは抑えてくるなーという印象です。      

(近年のラフロイグリミテッドエディション。どれもフルーティーでスモーキー、しっかりと蒸留所の個性を備えて完成度高し。後は飲み手の好み次第という構成だが、個人的には陶酔感は32年、バランスは25年、フルーティーさは30年と27年。飲み比べると30年はウッディネスとアタックが強く、開封後少し時間が必要な気がするが伸び代もある。)

今回の27年は1988年と1989年蒸留の原酒をリフィルホグスヘッドで熟成した後、ファーストフィルバーボンバレルとリフィルクオーターカスクで追加熟成。熟成はラフロイグが最近PRしている最も古いウェアハウスNo,1で行われ、それぞれの樽をバッティング、カスクストレングスでリリース。 
これまでの他のリミテッドと比較すると随分度数が落ちていますが、それ故スモーキーさや樽香が穏やかに感じられ、口開けから美味いウイスキーとなっています。

華やかな香味はホグスヘッドやバーボンバレル由来。柑橘のニュアンス、ウッディネスと共に少し枯れた香味というかほのかに混じる過熟気味の樽感が 、クオーターカスクでの後熟由来か。樽を使い分けているためか、注ぎたては香りが馴染みきってないような、異なる個性の主張もあります。
しかしこういう構成で度数落ちは、樽が強くドライで厳しいウイスキーも少なくないですが、そこは酒質が持つパワー、あるいは作り手の樽使いやバッティングの妙か。この仕様でバランスが取れてくるのは流石だなと感じます。

イチローズモルト 秩父 IPAカスクフィニッシュ 2017 57.5%

カテゴリ:
ICHIRO'S MALT
CHICHIBU
IPA CASK FINISH 2017
Bottle #2298/6700
700ml 57.5%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:クリアで爽やかな香り立ち。ホップ、レモンピール、パイナップル、柑橘と独特のエール感を伴うアロマ、焦げたウッディネスにツンとした酸味のある麦芽香。

味:粘性のある口当たり。ホップ系のグレープフルーツやオレンジの香気、薄めた蜂蜜。ボディはクリアなモルト感。
余韻はスパイシーでドライ、焼酎っぽい癖やえぐみと、バチバチとした刺激を伴う。

爽やかでフレッシュなIPA樽由来の香味と、クリアでツンとした秩父らしい酒質。樽感と酒質は比較的バランスのとれた構成。加水するとIPA感が和らぎ。。。しかし若い原酒らしくえぐみ、焼酎のようなフレーバーも強くなってしまう。

様々な樽での熟成やフィニッシュで、クラフトならではのチャレンジングなリリースを手がけているイチローズモルト。今回のテイスティングアイテムもまた、あまり例のないIPAカスク、即ちエールビールのIPAの熟成に使った樽での追熟を行なった意欲作です。

イチローズモルトでは志賀高原と箕面に秩父モルト熟成後の樽を貸し出しており、両醸造所でエールビール(IPA)の熟成に使われたものが今回の原酒のフィニッシュに使われています。ビールの方まで追えてなかったのでスルーしてましたが、結構いろんなリリースが出ているんですね。おおよそですが志賀高原では半年以上、箕面では12ヶ月ほど熟成に使ったものを秩父に返しているようです。
ウイスキーとビール熟成を交互に繰り返す、他のジャンルには見られない樽のループです。
(補足:近年ではウイスキー樽熟成のワインやグラッパがあるので、同じようなループで作られたリリースが今後は出てくるかもしれません。)

秩父でのIPAカスクフィニッシュは、昨年成田空港の免税店向けとしてリリースされたのを皮切りに、今年に入ってe-powerから6年モノのリリースがあり、これで3作目でしょうか。
これまではシングルカスクでしたが、今回はシングルモルト。10樽以上のバッティングということもあり、これまでの2作の突き抜けるようなIPA感ではなく、バランス寄りでコクと丸みを帯びたバッティングらしいフレーバーになっています。
秩父系のニュアンスも残っている、バランスのとれたタイプですね。

エールとしてのIPAは完全に好みが分かれる味わいであるため、カスクフィニッシュも同様。自分はこてこてIPA大好きなので免税向けの方がヒットですが、人によっては異なりそうです。
聞いた話では、今回のカスク選定からブレンドは肥土伊知郎氏自身で行なったとのこと。免税向けについては「あれは自分の選定した樽じゃない」と、納得いくのは今回のリリースということでしょうか。
ウイスキートーク福岡のボトルもIPAフィニッシュらしいので、次のリリースも楽しみです。

ニッカウイスキー 余市 モスカテルウッドフィニッシュ 2017 46%

カテゴリ:
IMG_5326
NIKKA WHISKY
YOICHI
Moscatel Wood Finish
Bottled in 2017
700ml 46%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:30ml
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや若くフレッシュな酸味と共に、香ばしい麦芽香とスモーキーさ。ライムやレモンピールの柑橘香、上乗せするようなねっとりとしたサルタナレーズン、オレンジママレードを思わせる甘いアロマ。

味:コクがあってねっとりとした口当たり。オレンジママレード、ブラウンシュガー、甘みは徐々に砂糖漬けレモンピールのように酸味のある傾向に変化する。
中間からウッディなタンニン、焦げたトースト、土っぽさを伴うピートがしっかりと開く。
余韻はほろ苦くドライでややハイトーン。ヒリヒリとした刺激にピートフレーバーが長く続く。

多少ちぐはぐなところはあるが、余市らしくボディに厚みがあり、モスカテル樽の樽感を受け止めている。また原酒の若さはピートがネガティブな部分をマスクして、力技でバランスをとっているイメージ。
加水も悪くない、樽感が馴染んでストレートとは違う一体感を楽しめる。
IMG_5329

昨日に引き続き、ニッカのリミテッドリリース。今日は余市のモスカテルウッドフィニッシュです。
リリース背景の推測や、モスカテルワインの紹介は昨日一気にやってしまいましたので、その部分は割愛させていただくとして・・・今日はベースとなっている余市の酒質や全体の構成の話から。

ご参考:ニッカウイスキー宮城峡モスカテルウッドフィニッシュ2017
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1068065018.html

今回のリミテッドリリース、宮城峡のほうは、樽由来の甘みやウッディーさに対して原酒の若さが目立つようなちぐはぐな味わいに時間が必要と感じたところ。この余市もまた若さはあるのですが、それが気にならないというか、冗長気味ですが酒質と樽感、そしてピート、それらが主張しあった上でバランスがとれていると感じます。

使われている原酒の熟成感は、オフィシャルの構成からプラスアルファという感じで、幅広い原酒が使われて平均10年程度。長熟原酒がふんだんにという感じではないですね。
よもやフィニッシュの期間分だけ通常のシングルモルトのレシピにプラスされたとは思いたくはないですが、共通するニュアンスは樽感の奥に垣間見えます。
他方、この手の酒精強化ワイン樽で熟成感されたウイスキーは、熟成期間が長すぎると酒質部分の香味を樽感が圧殺してしまいますので、フィニッシュの香味がわかり、酒質由来の香味もわかりという、蒸留所としての個性を楽しむ上での熟成のバランスはこの辺りがちょうど良いのかもしれません。

モスカテル樽のシェリー樽に通じる甘くビターな香味に、コクと香ばしさのある余市の酒質。スモーキーなピートフレーバー。
通常のシングルモルト余市と飲み比べなどで、樽由来の香味の違いなどが伝わりやすくあるとも感じます。 

ブローラ 30年 リミテッドエディション 2010 54.3%

カテゴリ:

BRORA
Limited Edition
Aged 30 years
Bottled 2010
700ml 54.3%
   
グラス:グレンケアンテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:やや酸味と青さのある香り立ち。干し草にツンとした刺激、徐々に乾いたウッディネスからワクシーな甘み、ほのかにスモーキーで土っぽいアロマも開いていくる。

味:とろりとした口当たりから、やや青さのある麦芽系の甘さ。バニラ、乾いた牧草、胡桃のようなほろ苦さとじわじわスパイシー。コクのある味わい。余韻はドライで焦げたようなピートフレーバーが広がり、ほのかな植物感を伴うビターなフィニッシュ。

ブローラというよりはややクライヌリッシュ寄りの味わいが主体だが、余韻にかけてピーティーでらしさも感じられる。ストレートで充分バランス良く熟成感も感じられ、少量加水するとさらに麦芽系の甘みがメインになってくる。


失われた蒸留所、ブローラ。先日のクライヌリッシュ(花と動物)繋がりで、先代クライヌリッシュであるブローラのオフィシャルボトルを記事にしていきます。
こちらもご存知の方が多いとは思いますが一応前置きとして・・・ブローラはかつてクライヌリッシュとして操業していた蒸留所。増産体制を取るべく1967年に新しい蒸留所が建設され、その蒸留所がクライヌリッシュとなり、旧クライヌリッシュはブローラと名を変えて1967年から1983年までは平行して稼動していました。

ブローラの特徴は、ピーティーで荒々しく、ある種野生的とも言えるような力強い味わいが魅力として知られていますが、全ての期間がそうだったわけではなく、1970年代を中心とした10年前後の期間に限られるキャラクターとなっています。
クライヌリッシュとして稼動していた期間、すなわち1967年以前はオールドハイランドスタイルで、ピーティーですが染み込むような味わい。そして1980年代は総じてピートが弱まり、キャラクターもクライヌリッシュを思わせるワクシーな麦芽風味に草っぽさが混じるような構成の樽が増えていきます。
元々はブレンデッド用に使われていた原酒が、その役割を終えて新しいキャラクターを確立したものの、時代はやがてウイスキー冬の時代、魔の1980年代へ。当時のDCL社の主要な原酒のひとつとしてクライヌリッシュは生き残りますが、ブローラは1983年に100年以上続いた歴史に幕を下ろすこととなりました。

さて、今回のボトルは2003年ごろからディアジオが毎年リミテッドエディションとしてブローラに残された原酒を使って作っている、カスクストレングスのシングルモルトです。
2010年ボトリングで30年モノ、味の傾向から1970年代前半よりも1980年頃の原酒をメインに使ったのではと思われるスタイルで、上述のブローラらしい魅力全開というより、ちょっとピーティーなクライヌリッシュという感じですが、余韻にかけてはそうした時代の片鱗も感じることが出来ます。
近年のブローラはすっかり高嶺の花になってしまいましたが、今とは異なるそのキャラクターは唯一無二の個性だったと思います。

IMG_3375
ちなみに、今もブローラの稼動が続いていたら・・・なんて思うのは愛好者の性。その可能性を一つ形にしたのが、今年の初めにリリースされていたクライヌリッシュのラガヴーリンカスク熟成。荒さの残る仕上がりながら、ブローラの姿に味わいを重ねた愛好者は少なくなかったのではないでしょうか。(テイスティング@BAR LIVET)


ここ最近ずっと激務が続いているくりりんです。
特に8月頃から1週間のうち2~3回深夜タクシー帰りが当たり前になってしまいました。1時2時くらいの帰宅なら全然書けるんですが、流石に連日4時退社では筆が追いつきません。。。土日もどちらか普通に出勤してますし。そんなわけで記事更新が飛び石になりがちです。そしてコメントにも返事が出来ておらず申し訳ございません。
昨日は朝5時退社で帰宅後シャワー&着替えからの東京駅、一睡もしないで新幹線に飛び乗って日帰り出張です。新幹線寝過ごさないでよかった(笑)
最新リリースのテイスティングもろくに出来ていないのはもやもやする気持ちになりますが、まずは一家の大黒柱として家庭が第一、そしてそれを維持するための仕事ですから、仕方ないですね。
まあそれにしても、来週は1日くらいBAR飲みでもしにいきたいです。

クライヌリッシュ 14年 花と動物 43%

カテゴリ:
CLYNELISH
Single Highland Malt Whisky
Years 14 Old
1990-2000's
700ml 43%

グラス;木村硝子テイスティンググラス
場所;BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くワクシーな麦芽香、おしろい、すりおろしたリンゴや洋梨、軽やかな香ばしさとほのかに尾行を刺激するスパイシーな刺激。奥からドライでオーキーな華やかなアロマも開いてくる。

味:まろやかな口当たり。ワクシーで麦の芯を思わせる甘み、微かな植物感、バニラ、じわじわとオークフレーバーが広がり、洋梨などに通じる果実味も感じられる。
余韻は淡いピートがほろ苦く、ナッツや麦芽風味主体で長く続く。

甘い麦芽風味、独特のワクシーさ、程よい厚みのあるボディはミスタークライヌリッシュという味わい。樽香はバランスよく、酒質部分が主導の中で後からアクセントとして開いてくる。もはや加水は必要なく、ストレートで楽しみたい。


通称「花と動物」のクライヌリッシュ。UD時代から飲まれている人にとっては、特に懐かしいボトルだと思います。
もはやお約束レベルなのでさくっと流しますが、花と動物シリーズは、UD社(現ディアジオの前身となる企業)が保有する蒸留所の原酒を、シングルモルトとしてリリースしたもの。ラベルにはその蒸留所と関わりの深い、花や動物の絵が描かれていて、クライヌリッシュは山猫です。

蒸留所の親会社がリリースしたボトルであるため、半ばオフィシャルという位置付けとなっており、この上位グレードには、UDレアモルトシリーズが展開されていました。
花と動物シリーズは、トータルで20種類以上リリースされていたと記憶していますが、足並み揃って20種類ではなく、アバフェルディのように蒸留所が他社に売却されたりして販売されなくなったもの。あるいは別シリーズ展開のためにリリースを休止したものや、逆に近年までリリースが続いていた物などがありました。

今回のクラヌリッシュは2000年代前半、花と動物シリーズ発売から割と早期に生産が休止されており、動シリーズの中ではレアなボトルに入ります。他にレアなところはアバフェルディやカリラですかね。
ただ、その代わりなのかヒドゥンモルトシリーズとして同時期にオフィシャルのクライヌリッシュ14年が発売され、その後はマイナーチェンジを繰り返しながら今日に至っています。

(クライヌリッシュはシングルモルトを嗜むなら抑えておきたい蒸留所の一つ。ボトラーズリリースが多いだけでなく、ジョニーウォーカーを構成する主要原酒の一つでもある。Photo by K67)

オフィシャルとの比較では、一時期は花と動物が圧倒的で、今飲んでも「まさにクライヌリッシュ」という麦芽風味やワクシーな味わいが好印象なボトル。
なぜこのような味わいになるかは諸説ありますは、ファンの間で最有力な話が「ポットスチルのラインアーム部分を洗浄していないため」という話。
鰻のタレ、あるいはくさやか、ファンが多い蒸留所である一方で、人によってはその経緯から受け付けないという方もいたりします。

一時期のオフィシャルはこの要素が薄くなり、ドライでスパイシーな傾向にシフトしていたものの、昨年あたりでオフィシャル14年がひっそりと「美味しく」なり、あの味わいが戻ってきました。
飲み比べをしても面白そうだと感じています。



このページのトップヘ

見出し画像
×