タグ

タグ:オフィシャル

ホワイトオーク あかし バーボンカスク 江井ヶ嶋酒造 55%

カテゴリ:
AKASHI
White Oak Eigashima
4 years old
Bourbon Cask #1129
500ml 55%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明@頂き物
評価:★★★★(4)

香り:クリアでスーッとするアルコール感、ほのかな酸味や薬草のニュアンスを伴う香り立ち。香り立ちは良くなく、加水すると酸味のあるパンのような素朴なアロマ、駄菓子のような甘さを感じる。

味:やや粘性があり、スパイシーでヒリヒリとしたアタック。溶剤や薬っぽさを感じる甘み、ウッディなえぐみと植物感を伴う。全体的に味わいに乏しい。
余韻はハイトーンでスパイシー、軽い穀物風味と刺激が張り付くように残る。

加水すると香味とも素朴な要素が感じられるが、バーボンカスク熟成として期待される華やかでフルーティーな要素は得られず、あるのはニュートラルでライトな香味の江井ヶ嶋らしい味わい。


3年くらい前にリリースされた、江井ヶ嶋酒造のホワイトオーク・バーボンカスク4年熟成。厳密には4年4ヶ月のうち3年間ホグスヘッド、1年4ヶ月バーボンバレルで熟成したというフィニッシュタイプの構成ですが、どちらもリフィルだったのか、バレルはファーストフィルでも熟成期間が短すぎたのか、香味に乏しく度数だけ高い。

メーカーコメントを見ると、樽感よりもニュートラルな香味を狙った模様。そのコンセプトなら納得できる一方、いかにも一時期の江井ヶ嶋らしい酒質を感じることが出来るリリースとなっています。

(江井ヶ嶋酒造のポットスチル。かつて奈良にあった幻の蒸留所、シルバーウイスキーで使われていたスチル形状を踏襲している。)

この原酒が蒸留された2000年代後半の江井ヶ嶋にとって、ウイスキー作りは日本酒と焼酎仕込みの合間、夏の間に杜氏を遊ばせないように仕込ませるためのものという意味合いがありました。
そしてその方向性はまあ地ウイスキーとはこういうものさ」と言われると納得してしまうような、決して酒質で飲ませる味ではなく、課題を残す時期といっても過言ではありません。

その背景には、江井ヶ嶋がかつて海外にウイスキーを輸出した際、クリアでクセの少ないブレンドがヨーロッパの何処かで「これまでにない味わいだ」と大ヒット?(蒸留所スタッフ談)したのだとかで、そうした経緯からか、環境を活かした作りをするわけでも、ピートを炊いてアイラタイプの原酒を目指すこともなく、ただ癖を抑えたライトなブレンドに使える原酒が作られてきました。

また、1990年代の一時期ピーティーなウイスキーも仕込まれていたものの、これは麦芽を仕入れる際にピーテッド麦芽の方が安かったからという「商社の気まぐれ」説まであり。(本社側が、商社任せなのでピートレベルが変わっていたことを知らないとも。。。)
なんというか、酒質だけでなく作り手にも課題を残すウイスキーであったわけです。 

他方、ウイスキー冬の時代でも原酒を作り続けた企業方針は賞賛に値しますし、近年ではブームを受けて行程の見直しや、仕込み頻度も増えていると聞きます。
瀬戸内海にほど近い立地条件や、一時期垣間見た酒質的に、江井ヶ嶋はもっと上を目指せるはず。日本全国にクラフトが増えてきたからこそ、西の雄としてクラフト業界を牽引するような仕込みと仕上がりを期待したいです。

ハイランドパーク ヴァルキリー 2017年リリース 45.9%

カテゴリ:
IMG_5779
HIGHLAND PARK
"VALKYRIE"
Viking Legend Series
2017's
700ml 45.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★(5)

香り:生っぽいウッディさの漂う淡いシーズニングシェリー香、ほのかにサルファリーさも漂う。時間経過で黒砂糖、奥には若さと熟成感の混じったような酸味、華やかなモルティーさが穏やかなスモーキーさと共にスワリングで交互に感じられる。

味:クリーミーでシロップのような甘みを感じる口当たり。ローストした麦芽の香ばしさと苦味、乾燥した植物感、ジンジャー、シェリーのコクとほのかな硫黄。後半には土っぽいピートも感じる。
余韻はドライで焦げたホットケーキのようなほろ苦さ、口の中に張り付くシーズニングシェリーの甘みを伴い長く続く。

オフィシャルらしく複雑さとそれなりのバランスを備え、なんとなく飲めてしまうボトル。万人向けと言えばそれまでだが。。。個人的に求めているハイランドパークはコレジャナイ。少量加水で硫黄が浮つく傾向はあるが、一定以上加水すると樽感と麦芽風味がメインで広がり、ピートも残る。加水、またはロックで。


日本では先月11月下旬に発売されたばかり、ハイランドパーク・バイキングレジェンドシリーズの第一弾。戦乙女として知られるヴァルキリーの名を冠したニューリリースです。

「死の、先を行く者達よ!」と言えば、自分世代の男性陣には結構通じるだろう、北欧神話におけるヴァルキリーの基本設定(ちょっと違う?w)。
ただ、最近のハイランドパークの限定リリースは、中身とネーミングとの関連がほぼ無いといっても過言ではなく。それこそ、流行りの漫画ラベルのようなイベントボトルと違いがない世界でもあります。
まあそれを否定する訳ではありませんが、初期のヴァルハラシリーズは、コンセプトと中身のリンクが多少なりにあったんと思うんですけど、流石にネタ切れ。。。でしょうか。


(ヴァルキリーは戦場で優れた武功を挙げた戦士を天上界、ヴァルハラへ迎え入れるという。個人的に天上界のイメージに近いのがこの写真。オークニー島、ストーンサークルにてK67氏撮影。) 

そんなわけで中身の話。ハイランドパーク・ヴァルキリーの樽構成は、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒のバッティングである旨が公開されているところ。
飲んだ印象では、シェリー樽といってもファーストフィル以外にリフィルも使われている印象で、比率は1st fill シェリー2、2nd fillシェリー4にバーボン4くらい。熟成感は10〜15年程度で極端に短熟や長熟が使われているという感じでもなく、ピートも穏やか。淡いシーズニングシェリーのフレーバーがメインに感じられる、バランス型の仕上がりです。

コアな愛好家からすれば半端な感じは否めませんが、価格的にはエントリー寄りのミドルグレードで、そもそもブランドの位置付けが半神のヴァルキリーの序列をイメージしているのかもしれません。(または、エントリーグレードのウイスキーで経験を積んだ飲み手を、ヴァルハラという名のさらなる沼に引きずり込むというグレード設計か。)

新しくボトルデザインに関わったJIM氏のそれは、バックバーにあって目を引く高級感。中身も突き抜けないながら上手くバッティングして万人向けと言える味わいに仕上げているため、BAR等での使い勝手は良さそうです。

スプリングバンク 14年 2002-2017 バーボンウッド 55.3%

カテゴリ:
SPRINGBANK
BOURBON WOOD
Aged 14 Years 
Distilled 2002
Bottled 2017
Cask type Fresh and Refill Bourbon Barrels
Outturn 9000 bottles
700ml 55.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:ツンとした刺激を伴うフレッシュなアロマ。砂糖漬けレモンピールや杏子、乾いた木材、麦芽香。ほのかに乳酸を思わせるアクセント。穏やかなスモーキーさが徐々に感じられる。

味:ややオイリーな口当たり。蝋っぽい癖のある麦芽風味と貝殻を思わせるミネラル、オレンジヨーグルト、塩水のコク。ボディは厚く噛み応えがあり、後半はピートフレーバーが麦芽風味と共に主体に。
余韻はピートが染み込むよう、合わせてウッディな渋みとオーキーな華やかさが広がる。

ストレートではいかにもバンクらしい癖のある麦感がメイン。度数は高いがそのまま飲み進められそうなバランスの良さに加え、少量加水するとバーボンオークの華やかさ、黄色い果実のフルーティーさが開く香味の伸びは秀逸。時間経過で化けそうな印象もある。


先日リリースされたばかりのスプリングバンクのバーボンウッド、その日本向けボトルです。
バーボン樽はバーボン樽でも、フレッシュ&リフィルバーボンバレルなる謎の樽のバッティングカスクストレングス。あるいはフレッシュ樽とリフィル樽の2パターンが使われているという意味でしょうか。
ローカルバーレイ表記はありませんが、伝統のフロアモルティングで仕込まれた麦芽が使われており、らしい風味は健在です。

フレッシュバーボンバレルは、これまで同蒸留所のリリースにあった「フレッシュシェリーカスク」を例にすると、樽が湿ってる(内部保湿用のバーボンが入っている)状態から、乾燥させずに熟成に使ったものと推察。
香味にバーボンそのものと思えるような風味はなく、バーボンバレルを思わせる香味もストレートでは支え役なのですが、少し酸味を伴うウッディさ、えぐみを余韻で感じるのは、この影響かもしれません。

(スプリングバンク蒸留所でフロアモルティングされた麦芽。ここから伝統の味が生まれる。Photo by K67)

今回のリリース、近年のスプリングバンクでの比較対象は、復活した新生ローカルバーレイを置いて他にないと感じます。
11年が華やかかつフルーティーでわかりやすい美味しさがある一方、樽が強い印象もあり、人によってはナチュラルに酒質のキャラクターが強かった16年を推す声もあります。
では今回のリリースはというと、近年のスプリングバンクらしさと適度な熟成感、樽感のバランスを備え、加水でそれらが変化するいいとこ取りのような構成。実によく出来たスプリングバンクだと思います。

なお、先日リニューアルした通常ラインナップ10年も良い評価を聞く事が多い訳ですが、そのベクトルを受け継ぎつつ単一樽構成らしいダイレクトに飛び込んでくる旨さがあります。
価格は10年の約2倍。これは近年市場で言えばコスパに優れたリリースといっても過言でなく。。。スプリングバンクファンの皆様は普段飲みにどのボトルを選ぶか、選択肢が多さが嬉しい悩みですね。

グレンモーレンジ グランドヴィンテージ1990 25年 ボンドハウスNo,1 43%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Grand Vintage 1990
Bottled 2016
Aged 25 years
Cask type Sherry & bourbon
Bond House No,1 Collection
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅テイスティング会@Y氏
開封後:2〜3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:華やかでナッティーなアロマ。柑橘、オレンジママレード、じわじわと乾いた牧草、素直でスウィートな麦芽香。奥にはほんの少しフローラルなニュアンスも混じる。

味:若干水っぽいがスムーズな口当たり。乾いたオーク、ドライオレンジ、グレープフルーツのワタ、ほろ苦さと微かにピーチを思わせる華やかさ。
中間から後半にかけてはコクがあり、余韻はフルーティな麦芽風味、薄めた蜂蜜の甘みが広がる。オーキーなウッディネスが染み込んでいくように穏やかなフィニッシュ。

ややボディの弱さを感じるが、負担なく飲み進められるバランスの良さがある。特に余韻にかけての開きは特筆もの。
少量加水すると多少の複雑さが犠牲になるものの、まろやかで余韻にかけて華やかな麦芽風味は変わらず残る。


グランド・ヴィンテージシリーズというべきか、ボンドハウスNo,1コレクションなのか、日本と海外サイトで呼び名が微妙に違う印象があるシリーズ。
第一貯蔵庫を蒸留棟に改築する蒸留所の拡張工事故、生産量が少なかったという1990年の原酒が使われているだけでなく、ただの木箱ではない磨き上げられた銅板(?)貼りのやたらと豪華な箱に、メーカー側の気合を感じます。

まあ外観はさておき、中身もレベルが高いです。
グレンモーレンジは、スタンダードクラスの10年だとバーボン樽主体の華やかで繊細な酒質、また18年はホグスヘッドタイプのドライながら華やかさが強調された、10年の進化系として香味ともに洗練されているレベルの高い1本であることは言わずもがなではあります。
そこに今回の25年は、シェリー樽原酒を加えることで華やかさはそのまま、ドライさを抑えてコクと複雑さのある味わいに繋げる。スタンダードラインナップの延長線上にあり、オフィシャルだからこそと言える完成度の高いシングルモルトとして仕上げてきています。

特にモーレンジらしい麦芽風味と、オレンジママレードのような甘みとコク、ほろ苦さが綺麗にまとまっているのがいいですね。
強いて言えば加水ゆえの弱さというか、突き抜けない印象も受けたのですが、モノとしてはIWC2017においてシングルモルト部門で第3位に入る評価に加え。日本国内でも名だたる愛好家や、聖地と呼ばれるBARのマスター達からもよく出来たモルトであると高い評価を受けているお墨付きもあります。

このボトル、半年ほど前に自宅で開催したテイスティング勉強会で、ウイスキー仲間のY氏が持参したものでしたが、タイミングを逃して掲載していませんでした。同氏曰く、開封直後のほうが突き抜けて美味かったというコメントがあったことや、私自身も先に書いたように抜けたような軽さ、水っぽさを感じたため、どこかで氏がベストと言った時期のものを飲んでからにするかなと。
それが先日「はよ載せんかい」とご指摘いただきましたので、感謝の気持ちとともに掲載します。
サンキューヤッス!(違)

Drinker's Lounge
"グレンモーレンジ グランドヴィンテージモルト1990"

・・・っていうか再テイスティング時の自分のコメント、メモ取りに温度差ありすぎませんかねぇ(笑)

ジョニーウォーカー スイング 1980年代後半流通 43%

カテゴリ:
JOHNNIE WALKER
SWING
Blended Scotch Whisky
1985-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
開封後:1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:みたらしや梅を思わせる酸味を伴う麦芽香、乾燥したトウモロコシ、淡いひねとスモーキーフレーバー。醤油せんべいのような香ばしさもある。

味:ややパンチのある口当たり。乾いた麦芽とコク、べっこう飴、合わせてピーティーなほろ苦さ、スモーキーフレーバーが広がる。
余韻はスモーキーでビター。ローストした麦芽、アーモンド。ピリッとしたスパイシーな刺激を伴い長く続く。

ハイランドタイプのモルティーさをベースに、アイラ系、特にカリラを思わせるキャラクターを感じる。樽構成がプレーン寄りでストレートでは多少パンチのある味わいだが、ロックやハイボールとの相性が良く、様々な飲み方で楽しめる。
 

ジョニーウォーカースイングにおけるターニングポイントと言える、外観、香味共に大きな変更があった時代のボトル。
少なくとも自分が飲んだことのある1950年代以降から30年間、スイングはマイルドでメローな味わいが主たる構成で、古酒系の甘さが強く、特に1970年代のそれは甘すぎると言う評価もあるほどです。

(参考)ジョニーウォーカースイング:

それが1980年代後半、今回のボトルデザインへの変更と共に、樽感がプレーン寄りに変わり、味わいも甘口から辛口へ、マイルドだった飲み口は熟成感こそあれどパンチのあるモルティーさへと180度方向転換。
古酒系の甘みが軽減されたことや、構成原酒にも変化があったのか、旧ボトルに比べてアイラ系のスモーキーフレーバーが際立っています。

デザイン、味わい共に現行品のベクトルに通じる大きな変更だったわけですが、このラベルチェンジが行われたのはジョニーウォーカーブランドを所有していたDCL社がギネス社傘下となった1986年〜1987年ごろ(UD社時代)のこと。経緯としては、ギネス社側の意向でのブランド整理があったと見るのが自然な流れと感じます。
また、1980年代のスコッチ業界冬の時代で、蒸留所の再編からスイングに使われていたメロータイプの原酒の割り当てが変更されてもおかしくないでしょうし、合わせて1974年に改修工事を終えたカリラ蒸留所の原酒が12年の熟成を越え、スイングのようなデラックスクラスに使われ始める時期だったことも背景に考えられます。

ちなみに、別記事にも書いたように自分にとってウイスキーにハマるキッカケとなったのが、ジョニーウォーカー・スイングの1970年代流通だったわけですが。
今の好みと味覚で楽しむなら、この時代のボトルの方が甘みがくどくなく、ピートのバランスもいいと感じます。(あとはボトルデザインも高級感がありますね。)
ジョニーウォーカーは、各グレードで日本市場への流通量も多く、今尚安定して入手できるブランドだけに、どの時代のそれが好みに合うか、飲み比べてみるのも面白いと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×