タグ

タグ:オフィシャル

シングルトン オスロスク 1975-1990? 43% & ブラインド

カテゴリ:
IMG_5108
SINGLETON
AUCHROISK
Distilled 1975
Bottled 1990?
50ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:古酒感のある甘い香り立ち。黒砂糖やカラメルソース、レーズン、ドライイチジク、若干の植物感。合わせてツンとした刺激、ハイトーンなアロマ。

味:とろりとしたコクと、あわせてドライでピリピリとした舌当たりが感じられる。カラメルソース、チョコウエハースやレーズンクラッカー。奥にはエステリーなフルーティーさも潜んでいる。
余韻は淡くスモーキー、ドライな舌触り、しっかりとした味わい。

シェリー強めで熟成感もあるが、酒質由来かツンとハイトーンでピリピリとした淡い刺激が特徴的であり心地よい。 加水するとさらに穏やかで飲みやすくなる。


オスロスク蒸留所は、ブレンデッドウイスキーであるJ&Bへの原酒供給を主目的にIDV社のよって建てられた蒸留所。
1970年代、アメリカで売り上げ1位を記録するなどJ&Bが高い人気を得たことを受け、その原酒を安定して確保するために1974年に建設されました。

モルトウイスキーは1975年から生産を開始。そして1986年、1975年蒸留の10年モノを「シングルトン・オスロスク」として販売したことを皮切りに、売り出したモルトの評判が良かったとかなんとかで単一蒸留年度のシングルモルトの販売が定着。
その後傘下がUDに変わったことや、メイン市場だった日本でのウイスキー冬の時代の煽りを受け、2000年頃に終売となったようです。
IDV社の傘下にはノッカンドゥ蒸留所がありますが、初期のリリースではノッカンドゥと同様に10年、12年という熟成年数の縛りにとらわれないラインナップ構成が行われ、様々な熟成年数のシングルモルトが同一ビンテージの中でリリースされていました。(後期のシングルトンはほぼ10年固定だったようですが。。。)

今回のテイスティングアイテムは、オスロスクで蒸留が開始された1975年のもの。小瓶であるためか裏ラベルにボトリング日時を示すシールが貼られておらず、特級表記もないことから熟成年数は香味で推定・・・おそらく1990年ごろのボトリング、15年程度の熟成であると思われます。
ザラメのような甘み、ツンとしたアタックとドライな口当たり。J&Bやロイヤルエイジあたりと共通するニュアンスがあり、同蒸留所がJ&B関連銘柄の原酒供給用に作られたという経緯に納得せざるを得ません。


さて、なんでミニボトルでのテイスティングかというと、先日同銘柄1976(熟成年数不明)のブラインド出題を名古屋のBARよっちさんから受け、見事に撃沈。蒸留所の絞りこみすら自信を持てず、おさらいをしたく急ぎ調達したため。 
せっかくですので合わせてUPします。

18217082_1862566417339469_1185754834_n
SINGLETON 
AUCHROISK 
Distilled 1976 
Bottled 1990? 
750ml 43% 


【ブラインド】
地域・蒸留:ローランド(オーヘントッシャン?)
年数:20年程度
樽:シェリー樽を含む複数樽
度数:48%程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてドライ、ハイトーンな鼻腔への刺激に、ドライパイナップル、林檎、べっこう飴、焦げた樽香も感じる。時間経過で刺激は収まり、樽由来の甘みと熟成香も顔を出す。

味:とろりとした口当たり、オールブランのほろ苦さ、焦げたカラメルソース、奥には林檎のコンポートを思わせるエステリーさ、若干の古酒感を伴いつつ、それを突き破るようにハイトーンで勢いのあるフレッシュさも。
中間から後半に樽由来のえぐみ、軽いスパイス。ビターでドライな余韻へと繋がる。

癖の少ない酒質に対して強めの樽感、ハイトーンなアタックやピリピリとした3回蒸留的な刺激・・・第一印象でローランドっぽさを感じました。
ただ、オフィシャルにしては度数が高い印象もあり、例えばオーヘンが2000年前後でオフィシャル長熟をいくつかだしてたそのうちの一つか。(以上回答)


時期的にも古酒っぽさを纏っててもおかしくないしと、自分を納得させたような回答で、こういう場合は大抵大外しします(笑)。
まあこうして飲見直すなどしてみると、J&Bとの共通点など、ゴールへの道が無いわけではありませんでした。
自分のこの蒸留所に対する経験が足りないのが、はっきりと露呈してしまいましたね(笑)
非常に良い経験になりました!

ラフロイグ 1815 レガシーエディション 免税店向け 48%

カテゴリ:
IMG_5074
LAPHROAIG
THE 1815 LEGACY EDITION
TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE
700ml 48%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:焦げたゴムや木材を思わせる存在感のあるスモーキーさ。遅れてバニラ、アーモンド、ヨード香に潮っぽさ。微かに薬っぽい香りも混じる非常に個性的なアロマ。

味:コクのある甘みからヨード、バニラ、干し草、焦げた木材、燻した麦芽。口当たりは柔らかいが徐々に力強さ。
余韻はビターでナッティー、少しアルコールのアタック。焦げたゴムのような香りがピートスモークと共に鼻腔に抜ける。

香りに焦がしたような薫香、スモーキーさが強く、個性的なモルトウイスキー。恐る恐る飲むと香りの印象よりはコクがあってまとまりのある味わいだが、このアロマには少々面食らう。少量加水すると多少香りのバランスが良くなる。
IMG_5077

2017年4月に免税向けで発売されたラフロイグの新商品。PR情報そのままですが、1st fillのバーボン樽で熟成した後でヨーロピアンオークの新樽で再貯蔵しているそうです。
お馴染みと言えるバニラ系の香味に焦げたようなニュアンス、この独特のアロマは特に再貯蔵側の樽によるところが大きいのかもしれません。

レガシーというと遺産、先人の遺物 という意味。このボトルはラフロイグ蒸留所の偉大な歴史を作り上げてきた関係者への敬意という位置づけで、蒸留所マネージャーのキャンベル氏が手掛けたようです。
いまいちその位置づけと中身が繋がらない味わいではありますが、キャンベル氏は以前「ラフロイグ蒸留所の伝統、ノウハウや知識への敬意」としてバーボン樽とヨーロピアンオーク樽でダブルマチュアードした原酒を使った、ラフロイグ・ロアをリリースしており、ヨーロピアンオークを使うことや、個性を際立たせるリリースは、同氏のこだわりなのかもしれません。新しいチャレンジは面白いですね。

他方テイスティングのとおり、香りのスモーキーさ、焦げ感が強く、そこで好みを分ける可能性があります。
それこそオフィシャル10年などを愛飲していても面食らう個性的な仕上がりで、例えば夏の旅行のお土産に。。。なんて旅行先免税店で考えられてる方は、プレゼントされる方の好みを考えられてからでも良いかもしれません。

ボウモア 10年 ダーク&インテンス 40% 免税店向け平行品

カテゴリ:
IMG_5078
BOWMORE
DARK & INTENSE
Aged 10 years
Marriage of Spanish Oak
Sherry cask & Hogsheads
1000ml 40%

香り:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:塩気を伴うツンとしたアロマ、緩くシェリーのニュアンスに淡いウッディネス、焦げたようなスモーキーさもあるが全体的に緩い。

味:甘く柔らかい口当たり、ケーキシロップや甘口ワイン、じわりとピリピリとした刺激、微かにオイルやゴムっぽさ、焦げた木材。
余韻はドライでウッディー。ダシ系の塩っぽさ、淡くピートが染み込むよう。

加水が効き過ぎているのか、ずいぶんと緩いウイスキー。甘くスムーズで非常に飲みやすいが、ボウモアらしいクセ、フルーツ、スモーキーさは控えめ。言い換えれば飲みごたえがないとも言える。アイラを飲み慣れない人には丁度いいかもしれない。

今年2月ごろに発売された、ボウモアの免税向けボトルの一つ。他には15年、そして先日当ブログでも紹介した18年が展開されています。
このボウモア10年は、スパニッシュオークのシェリー樽を主体に熟成された原酒が使われており、加水が強めですがそれらしいニュアンスもあって、ラベルチェンジ後のオフィシャル12年と明確に差別化が計られています。

数年前のデータですが、ボウモアで貯蔵されている樽の比率は、シェリー樽が14%程度だったとする資料が手元にあるのですが、そこから考えてもずいぶんとシェリー樽を使ったリリースが増えたなという印象。
ラベルチェンジにあたってレシピを変える中で、例えば若い年数のものではオフィシャル12年をバーボンやリフィル系の原酒で構成する形に変更し、シェリー系の原酒を今回のような他のリリースに回しているのかもしれません。
オフィシャル12年、新旧ラベルで飲み比べると新ラベルはずいぶん奥行きが軽くなりました・・・。

なお、同じく最近並行品が日本に流通した旧ラベルに当たるボウモア9年シェリーカスクには、余韻にかけて"らしい"フルーティーさが感じられる中で、10年熟成のこのボトルは緩いシェリー感が主体でだいぶキャラクターが異なっていました。
ひょっとすると今の生産者、作り手のボウモア蒸留所のハウススタイルへの理解が、こういうキャラクターなのかもしれません。(そう言えばマネージャー変わったってニュース出てたような。。。)

まあどこが悪いという話ではなく、所謂コスパの良いタイプのボウモアです。
ゆるゆる、家飲みで使いたいですね。

グレンドロナック 22年 1993-2016 54.4% #1455 ウィスクイー向け

カテゴリ:
IMG_5001
GLENDRONACH
EXCLUSIVERY BOTTLED FOR WHISKY-E,LTD JAPAN
Aged 22 years
Distilled 1993
Bottled 2016
Cask type Oloroso Sherry Punchon #1455
700ml 54.4%

グラス:サントリーテスティング
量:30ml
時期:不明
場所:BAR飲み@LIVET
暫定評価:★★★★★★(6)

香り: 華やかさと淡いシェリー感のある香り立ち。キャラメリゼ、オレンジママレード、ほのかにドライアプリコットを思わせる酸味。時間経過で麦芽を思わせるアロマも感じられる。

味: 少し硬さを感じる口当たり。ブラウンシュガー、オレンジやリンゴのカラメル煮、そして麦芽風味、バニラの甘み。ボディにしっかりとした厚みがあり、樽由来の香味から麦感が広がるよう。
余韻はドライで染み込むようなタンニン、ウッディネス。スパイスを思わせる香味、ほろ苦さが序盤の甘みと共に残る。

シェリー系のニュアンスだけでなく、麦芽風味やアメリカンホワイトオーク由来のフレーバーなど、バランス型の1本。ともすれば濃厚シェリーに振れがちなドロナックにあって、酒質由来のフレーバーまで楽しめる中々無いタイプともいえる。熟成感も程よく。加水するとまろやかな口当たりに麦感が強く出てこれもGOOD。


ここ数年リリースの多い1990年代のグレンドロナック。ドロナックは1996年から2002年まで蒸留を休止しているので、1990年代ビンテージは貴重になりつつあります。
その樽構成は、2002年の再稼動後はバーボン樽などもありますが、この90年代はほぼシェリー系のリリースで、それでいてシェリーはシェリーでも、アメリカンホワイトオークだけでなくスパニッシュオーク樽もあれば、オロロソではないPX、リフィルのような淡いタイプ・・・まあとにかく様々なリリースが行われています。
ただまあ、総じてシェリー感の濃いものが多いですね。

一部では1993はグレンドロナックの当たり年なんていう評価もあるくらいですが、樽次第で当たりもあればそうでもないものもあるため、個人的には玉石混合の時期だなと。
その93ドロナックの中にあって、今回の1本はテイスティングの通りバランス型のシェリー感に加え、酒質由来の風味が刺々しくなく丸みを帯び、嫌味少なくバランス良くまとまっている。
どシェリーこそドロナック的なイメージがありますが、そのシェリー感を支える酒質の部分に良さが見出せるこのボトルから得られる経験は、その他のドロナックリリースを飲む上でも良い経験になると感じました。

IMG_5000

さて、グレンドロナックつながりで、合わせてご紹介。
1993前後のビンテージは、直近ではWHISKY HOOPから1993と1994、それぞれキャラクターの異なるボトルが会員向けに同時にリリースされ、愛好家から注目を集めています。

22年のオロロソシェリーパンチョン#320はリフィルアメリカンオークシェリーという感じの樽感。
香りのシェリー感は淡く、ツンとスパイシーでハーブの香気と酸味が混じる爽やかなウッディネス、ポップコーンやビスケットの香ばしさ。味わいはとろりとしたブラウンシュガーの甘み、余韻はウッディーでドライなフィニッシュ。
今回のウィスクイー向けと同じくパンチョン樽で淡いシェリー感ですが、アタックはこちらの方が強く感じます。(っていうかパンチョンで736本ってどういうことやねんw)

そして23年のオロロソシェリーバット#826は・・・アメリカンホワイトオーク、それも結構な古樽という印象。
古酒感のある落ち着いたシェリー感で、とろりとリッチな甘みのある香り立ち。味わいはダークフルーツケーキのようで甘みの中にシロップ漬けのドライフルーツ、そして余韻にしたがって熟したフルーツ、ブランデーのような香味がドライな舌触りとあわせて広がっていきます。 

キャラクターの異なるこの2本、どちらを好むかは飲み手次第とは言え、わかりやすく美味しいのは23年。近年この手香味を持ったシェリー系ってリリース少ないですし、個人的には頭一つ抜けた完成度と感じます。

先に書いたように、グレンドロナックの1990年代はリリースが集中しているだけにいつ迄リリースされるかわかりません。
樽次第で玉石混合なのは否めませんが、言い換えれば先に書いたようにさまざまなキャラクターが魅力でもあり、 こうした飲み比べが出来るのも今だからこそですね。

メーカーズマーク プライベートセレクト 萌木の村 ポールラッシュ生誕120周年記念 55.5%

カテゴリ:
IMG_4971
MAKER'S MARK
PRIVATE SELECT
Paul Rusch's 120th Birthday
Barrel Finished With Oak Staves
750ml 55.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラスの後バカラロックグラス
場所:自宅
時期:開封直後~
評価:★★★★★★(6ー7)(!)

香り:バニラやバタークッキーを思わせる甘い香り立ち、ブルーベリー、植物や穀物の軽やかさ、ウッディーでスパイシーなアロマが続く。

味:濃厚でコクがあり、度数を感じさせないまろやかな口当たり。メープルシロップ、チェリーのシロップ漬け、オレンジママレード。序盤は甘酸っぱさの有る甘みから中間から後半はバランスの良いウッディネス、ほろ苦さが微かな焦げ感を伴って長く残る。

樽感が強く濃厚な味わいだが、余韻にかけて収束し、軽やかであまりしつこさがない飲み心地がメーカーズマークらしさとして感じられる。ストレート、ロック共に良好。テイスティンググラスよりはロックグラスやショットグラスで楽しむほうが香りのネガが少ない。夏のバーベキュー、野外で飲みたい1本。 シガーとの相性もいい。

IMG_4970

この7月、オーナーの元に届いたばかりの萌木の村オリジナルボトリング、メーカーズマーク・プライベートセレクトです。
ボトリング本数は237本。戦後、萌木の村がある清里の地の発展に大きく貢献した、ケンタッキー州出身の牧師、ポール・ラッシュ氏の生誕120年を記念したボトルでもあります。
同氏の生誕記念としては、今年の4月に先立ってシングルモルト白州もボトリングされており、生まれた地と、復興に尽力した地で育まれたそれぞれのウイスキーとのコラボは、同氏の生誕を祝うに相応しいチョイスと言えます。


メーカーズマーク・プライベートセレクトは、一度払い出したメーカーズマークのカスクストレングスを、フレンチオークを主体とした5種類10枚の木材(インナーステイブ)と共に再び樽詰めし、数ヶ月間後熟したものです。
この方法は既に市販されているメーカーズマーク46でもお馴染みであるだけでなく、蒸留所や現地ショップではオリジナルボトルも展開されていて、どの樽材を組み合わせるかで味に変化を与える狙いがあります。

今回のボトルのインナーステイブの比率は裏ラベルの通り、甘みの強いP2とCuに、スパイシーな香味の46が10枚中8枚となっており、濃厚で甘みが強く、苦味のニュアンスが少ない味わいが付与されているようです。

バーボンウイスキーは樽に新樽縛りがあり、連続式蒸留も行われる関係から、ともすれば香味が単調などという声も少なからずあるところ。近年では香味のライト化も著しく、長期熟成原酒も枯渇気味と聞きます。
そんな中で現地ウイスキー業界としては、原料比率や酵母を変えたり、メーカーズマークのインナーステイブだけでなくフィニッシュに異なる樽を使用したり、あるいは最初の熟成からアメリカンオークでなくフレンチオークの新樽を使うなど、多様性を生み出す様々な試みが行われ、これまでの常識が変わりつつあると感じます。

このメーカーズマークは、通常の熟成とは異なるニュアンスはありますが、それ以上に狙ってこの味わいを作り出したというところに、ポールラッシュ氏の「最善を尽くせ、そして一流であれ」とする開拓者精神が体言されているように感じます。 
本ボトルは萌木の村ホテルバー・パーチだけでなく、一部繋がりのあるBAR等にも展開されている模様。是非バーボンの新しい可能性に触れてみてください。


以下、余談。
今回のボトルのオーナーであり、萌木の村の代表である舩木上次氏が、Forbes Japan誌による"日本を元気にする88人"に選ばれました。
舩木氏は、ウイスキーに限っても清里ウイスキーフェスの開催で中心的な役割を果たすだけでなく、清里フィールドバレエ・オリジナルボトルでご存知な方も多いはず。
ご本人は「自分は88人目ですから」と謙遜されていましたが、選定の有無に関わらずその実績は疑いようもないところ。
自分も舩木氏のようにウイスキー業界を元気に出来るような、そんな活動をしていきたいものです。

このページのトップヘ

見出し画像
×