タグ

タグ:オフィシャル

ブラック&ホワイト セレクト 1980年代後半流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190214_232646
BLACK & WHITE 
SELECT 
Scotch Whisky 
1987-1989's 
750ml 43% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR エクリプス
評価:★★★★★(5ー6)

香り:軽い酸味とともに、若干こもったような香り立ち。グレーン系の穀物感、焦がしたポン菓子、キャラメリゼの甘みとほろ苦さ。微かに蜂蜜のような甘味も。

味:マイルドな口当たり。香りで感じた以上の麦芽風味とカラメルソースの甘くほろ苦いシェリー感が主体。徐々にピリピリとした刺激を感じつつ、干し草のような乾いた植物感から、麦芽風味のスウィートなフィニッシュへ。

シェリー樽由来の要素を備えたハイランドタイプの原酒をベースとしたような、樽と麦由来のコクのある甘味が軸になっている。そこに若い原酒の刺激とグレーン感。少量加水するとそれらが馴染み、マイルドな甘みがじんわりと広がる。


1980年代後半の特級時代末期、バブルに湧く日本市場向けにリリースされた、ブラック&ホワイトの限定品。この時代はヘイグ、ホワイトホースなどで日本向けのブレンデッドウイスキーがリリースされていましたが、このボトルもその一つ。
先日レビューさせていただいた、以下のブラック&ホワイト・セレクト リザーブはこの後継品にあたるものと思われます。

d70ef443
(ブラック&ホワイト セレクトリザーブ1990年代流通。カラメルソース系の甘味は控えめだが、麦っぽい要素はこのボトルのほうが強い印象。

ブラック&ホワイトは、1970年年代ごろまではメーカーの代表作という感じでしたが、1980年代に入り一部の12年表記化やグループ全体としてブランド戦略の見直しが進むと、徐々にスタンダードクラスでも安価な価格帯へグレードダウンが進んでいました。
1980年代後半などはまさにその最中。そのため当時のスタンダード品と比較すると、このB&Wセレクトはワンランク上のブレンドという印象です。

ちなみに1980年代後半といえば、DCLがギネス社と合併する形で誕生したUD社がシングルモルトウイスキーの販売戦略としてクラシックモルトシリーズを発表。傘下であるジェームス・ブキャナン社からは、名品・ダルウィニー15年がリリースされていましたが、今回のリリースはそれと同時期であり、ボトル形状も同じものが使用されています。

その香味との関連性はというと、オールドブレンデッドらしいカラメルソースのような甘いシェリー風味の中に、ハイランドタイプの麦芽風味とグレーンの穀物感。この麦芽風味は当時のダルウィニーに近い要素ですが、熟成感は15年ほどは感じられず、なかでもグレーンが8年とか若い原酒なのではと。
そんなわけでマイルドさの中に若干の荒さはありますが、総じて飲み安い仕上がりであり、シェリー好きの日本人が好みそうなブレンドだなとも思うのです。

イチローズモルト 秩父 10年 2008-2018 BAR チェ・アリー 60.8%

カテゴリ:
IMG_20190215_073615
ICHIRO'S MALT 
CHICHIBU 
Malt Dream Cask 
For BAR Te・Airigh 
Aged 10 years 
Distilled 2008 
Bottled 2018 
Cask type Bourbon Barrel #180 
700ml 60.8% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1月程度
場所:BAR エクリプス
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:焼き栗やナッツのような香ばしさに、バニラを伴う甘さ、ハッカやミントを思わせるハーブ香を伴うウッディネスが濃縮したような香り立ち。微かに溶剤、オレンジピールのようなニュアンスも感じる。

味:メローでほろ苦く、少しざらつくような口当たり。木をなめているような印象もうける。メープルシロップとアプリコットやオレンジ、焼き栗、徐々にえぐみのあるウッディさを感じさせる複雑さ。
余韻はビターで焦げたようなウッディネス、ハッカや微かにニッキを思わせるスパイシーさとハイトーンな刺激。蓄積するように持続する。

第一印象はまさに樽。アタックは度数ほどには感じないが、その香味は樽そのものが溶け出たような要素と酒質由来の要素で、ごちゃごちゃした印象を受ける。さながら子供の玩具箱。加水すると余韻にバーボン樽由来のオーキーなフルーティーさを感じるようになるが、序盤はやや水っぽくあり、加減が難しい。

IMG_20190215_073734

2018年は秩父蒸留所の創業10年目。livedoor blogでも情報を発信されているBAR Te・Airigh (チェ・アリー)さん所有のMDCから、10年熟成シングルカスクが初ボトリングされました。
ラベルはオーナーの娘さんが書かれたという同店のイラストで、ロマノレヴィみたいな雰囲気があります。

自分のように10年近く、あるいはそれ以上ウイスキー沼に浸かっている愛好家にとって、秩父蒸留所はノンエイジ、ニューボーン、3年熟成のリリース・・・現在進行形で成長に触れてきた方も少なくないと思います。
こうして10年という節目の原酒を飲むと、人によっては我が子の成長。自分のようにそこまで秩父べったりでなかった人は、たまに会う近所の子供が、いつのまにかしっかり大きくなってたみたいな、そんな心境であったりもするわけです。

さて、秩父蒸留所の創業初期の原酒は線が細く、熟成環境と合わせて10年もたせるのは厳しいのではないかという評価は、愛好家からも度々聞かれるものでした。(自分自身も、過去記事でピークが早く、もたせて10年ではないかと書いていました。)
ただしそれは当時の予想であって、実際どう育つかは飲んでみなければわかりません。
今回実物をテイスティングしてみると、酒質という器に樽感という液体が注がれ続け、その許容量を迎えて器から溢れているものの、徐々に樽材そのものが溶け出て濃度が上がっているような印象を受けます。

そのため樽感はバーボンバレルのそれですが、通年を通して冷涼な環境下で熟成されているスコッチモルトの同じ樽構成でよく感じられる、黄色いフルーティーさよりも木材そのものやナッツのような要素が強く感じられ、加水すると果実味が顔を出してくる。
春夏秋冬変わりゆく気候を通じ、その時々で得られた樽由来の様々な要素が濃縮され、それぞれ主張するような奔放さが、このモルトの特徴だと思います。
加水やバッティングでまとまるかというと難しいと感じますが、今回のボトルはラベルの印象と中身とがマッチしていて、面白いリリースであるとも感じますね。

deced318
(2010年に秩父蒸留所で試飲した2年熟成、2008年10月蒸留の原酒。当時の自分のコメントと今回のリリースとを比較すると、成長の過程を垣間見るような共通項がいくつかあり、実に興味深い。)

秩父蒸留所は、近年の日本における本格的なクラフト蒸留所の先駆者的な存在として、様々な活動を行うとともに。シングルカスクウイスキーのリリースとしても、前例のない状況から活動を続けてきました。
稼働当時、あるいはその準備期間となる独立初期はウイスキーブームは火種すらなく、ネガティブな意見もあったでしょうし、ウイスキーも今のようには売れなかった。多くのことでトライ&エラーを重ねながら歩み続けた10年間だったと思います。

ですが、ブランドとして世界的な評価の確立に至ったことをはじめ、今日まさに開催されている秩父ウイスキー祭りにしても、地域を代表する一大イベントに成長。昨今のウイスキーブームの礎の一つを築いているのがイチローズモルトであることに、異論の余地はありません。
蒸留所オーナーの肥土伊知郎氏からは、秩父のモルトで30年熟成を目指すと言う発言があったと記憶していますが、この原酒で流石にそれは。。。と思わせつつも、きっと今後も多くの挑戦を続けながら、20年、30年とリリースに繋げてしまう。そう期待もしてしまうのです。

TEN ディスティラリーズ 1990年代流通 キリン 43%

カテゴリ:
IMG_20190214_224028
TEN DISTILLERIES 
KIRIN SEAGRAM 
1989-1990's 
720ml 43% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5 ー6)

香り:華やかでオーキー、ほのかにエステリーでドライなアロマ。スワリングすると蜂蜜の甘みや微かに柑橘を思わせるニュアンスもあるが長くは持続せず、干し草やアーモンドの殻のようなドライな傾向に収束する。

味:スムーズだがややドライな飲み口。バニラや洋梨を思わせる甘みから、乾いたようなウッディーさと微かなピートのほろ苦さ。徐々にグレーンを思わせる蜂蜜、穀物系の甘みが開いてくる。

スコッチタイプの華やかなブレンデッド。モルティーで樽由来のニュアンスが序盤は主体的だが、奥にはグレーンの存在感もあって持続力は控えめ。少量加水すると熟成したスペイサイドモルトのような、林檎を思わせる華やかさ、蜜っぽいフルーティーさが開く。
ストレート、加水ともに瞬発的には6点、持続力を含めると5点といったところか・・・。

IMG_20190214_224134

今から30年前、1989年4月の酒税法改正と合わせてキリンシーグラムが作り上げたブレンデッドが、テン・ディスティラリーズ「10の蒸留所」。日本、イギリス、アメリカ、カナダ、4か国の蒸留所生産された原酒をブレンドしたその仕様は、所謂ワールドブレンデッドのはしりとも言えるものであり、先日レビューしたサントリーの新商品"碧"の存在もあって、今後何かと引き合いに出されるのではないかと思われる銘柄です。

テン・ディスティラリーズのブレンドの傾向はスコッチタイプであり、上述のサントリーの碧というよりは、どちらかと言えばイチローズモルトのワールドブレンデッドの系統言えます。ただ、海外原酒がブレンドされているのみならず、構成比率まで明記したリリースという点は、それまでの日本企業の商品では例を見ないものでした

この背景を考察すると、酒税法改正による新しい規制の中での商品を各社が計画していたこと。そこには、値下がりすることが明らかな輸入ウイスキーに対抗できる、従来の級別表記に依らない新しいブランド価値を確立する必要があったことが考えられます。
キリン・シーグラムは1972年にシーグラムとシーバス社による三社合弁で立ち上げられた経緯があり、海外大手との繋がりを初期から持っていたメーカーでした。そのため、輸入ウイスキーと同様の原酒が使われていることを逆にPRすることで、ブランド価値に繋げるという戦略は、選択肢のひとつとして違和感はないように思います。

2a081b8b
(イチローズモルトのリーフシリーズ・ホワイトラベル、ワールドブレンデッドウイスキー。こうした表記のはしりのひとつが、今回のTEN DISTILLERIESであると言える。)

さて、このテン・ディスティラリーズは、原酒構成比率を「キリンシーグラムの国際ネットワーク」によって調達した
・スコットランド産のモルト40%
・アメリカ産グレーン10%
・カナダ産グレーン10%
・日本産モルト・グレーン40%
として表記しています。
これは日本の原酒がどちらも富士御殿場でつくられたものと仮定すると、本家シーグラム傘下の9蒸留所で作られたものが、それぞれこれだけ使われているとも読めます。

飲んだ印象でのブレンド比率はモルト50%、グレーン50%程度。モルトの熟成感は8~15年程度で、日本の原酒は若かったのではないかと。それでも、瞬間的に感じられる華やかなフルーティーさはなかなか上質なものが感じられ、これをもたらしているのが、スコットランド産モルトの40%なのでしょう。
内訳を予想すると、グレンリベット、ストラスアイラ、グレンキース・・・あとはブレイバルやアルターベンなど、当時ブレンド向けとしても使われていたあたりと推察
アメリカ・カナダ側はグレーンとの記載なので、ブレンド向けに作られていたところから1つずつ2蒸留所と仮定して、それでも傘下のスコッチ蒸留所を全部使うと余裕で10を越えてしまいます。

当時のシーグラム社は、ウイスキー業界最大手の一つであり、多くの優良な蒸留所とブランドを傘下としていました。その恩恵を受けて、このテン・ディスティラリーズも今飲むと決して悪くない仕上がりではあります。
ただ、シーグラムの恩恵は1994年に社長が代替わりするまでのこと。その後は急転直下、盛者必衰の理が待っているのですが。。。その話はまたの機会に。
そしてこのテン・ディスティラリーは当時の日本には馴染まなかったのか、あるいは日本におけるウイスキー冬の時代の到来を受けてか、同じく1990年代中頃にひっそりと終売となっています。

ザ ニッカ 12年 43% 終売とリニューアル

カテゴリ:
IMG_20190210_004020
THE NIKKA 
NIKKA WHISKY 
12 Years old 
700ml 43% 

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR ゾートロープ
評価:★★★★★★(6)

香り:新樽系のキャラメルやバニラ、微かに樹皮を思わせる甘くほのかに香ばしい香り立ち。乾いた穀物、オレンジママレード、熟した瓜のような青みがかったニュアンスも感じられる。

味:マイルドな口当たり。膨らみがあり、ナッツを思わせるほろ苦いモルティーさ。色の濃い蜂蜜、パイナップルシロップのようなしっとりとした甘みと果実味が、余韻にかけてビターな樽香と共に感じられる。

新樽やリメード樽熟成のモルト原酒のキャラクターが備わっており、グレーンも厚みがあるリッチなブレンデッド。余韻にあるシロップのようなフルーティーさと合わせて、ニッカ味と言える個性が備わっている。ストレート以外にロックも。


40年のほうは以前レビューしていましたが、こちらは掲載していなかったザ・ニッカ12年。
2014年にリリースされた時点では、ニッカのブレンデッドにおけるミドルグレードという位置付け。しかしその後、鶴17年が終売となったため、通常品最上位はこの銘柄ということになって現在に至ります。
12年がトップというのは些か寂しいように思いますが、サントリーが響でハイエンドブランドを確立していますので、原酒も限られてる故、同じ領域では勝負しないということなのかもしれません。

とはいえ、苦しい原酒事情の中でもニッカらしい個性を維持し、リッチなブレンドに仕上げられています。
その個性は樽由来のキャラクターがポイント。通常品のなかではニッカ以外どのメーカーにもない、キャラメルやメープルシロップを思わせる新樽由来の甘みが、黄色系統の果実と共に感じられる。モルト比率も高めで、余市よりは宮城峡、あるいは例のアレも相応に使われている印象です。
樽香についてはブーム前は多くのニッカ製品に多少なり備わっていたものの・・・最近は竹鶴17年、21年と、ニッカ12年くらいになってしまいました。

IMG_20190209_235521
IMG_20190211_115618

一方で近年の原酒不足から、このザ・ニッカ12年は既に終売というかリニューアルが決まっており、2019年4月9日にはノンエイジ仕様となるTHE NIKKA Tilored がリリースされることとなっています。
昨年響17年がNASのブレンダーズチョイスに置き換わったように、ノンエイジ化の動きはニッカも例外ではありません。(っていうかエイジング表記は竹鶴しか残ってない状況。)

ニューリリースの希望小売価格は、12年からお値段据え置き6000円。テイスティングはできていませんが、これまでの事例で考えると、やはり若い原酒が入って該当するフレーバーが感じられるようになるのではないかと考えられます。
例えばメーカーコメントは大枠の方向性は同じように見えますが、”フルーティーで華やかな香り”となっているあたり、樽香が多少控えめになるような印象もあります。

ここはニッカの意地で、同じレベルの味わいを維持してほしいところですが。。。
カフェグレーンにカフェモルト、そしてニッカファンに根強い人気があったフロムザバレルまで終売という噂があるなかで、ザ・ニッカまでなくならないのは、それこそが最後の良心・・・というか、”せめてもの抵抗”と言えるのかもしれません。

ここから先、ニッカのラインナップはどうなってしまうのか。
限定品で宮城峡の創業50周年を記念した、余市と宮城峡のシングルモルトはリリースされるようですが、それも一時のこと・・・。
勿論、これらの新しいリリースには期待しています。しかし、ブームという名の熱気は、新しい出会いを生んでくれた一方で、回り回って我々を蝕んでいるように思えてならないのです。

アボットチョイス 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
ABBOT'S CHOICE
FINE OLD SCOTCH WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ややひねたようなアロマはあるが甘みのしっかりした香り立ち。カステラ、黒糖麩菓子、ほのかにスモーキーでしっかりとした香り立ち。

味:マイルドで甘い口当たりから、香ばしほろ苦いピーティーさ。キャラメリゼ、みたらし、オールブランやローストした麦芽。
余韻は染み込むようにピーティーでスモーキー、若干ドライな口当たりを残して長く続く。

香ばしい麦芽とカラメル系。70年代の比べてカラメル感は強いが、よく出来たブレンデッド。ストレートか少量加水で。ハイボールは特徴がぼやけてこれじゃなくて良い感強し。


ラベルで損しているウイスキー、ことアボットチョイス。日本ではこの時代を最後に、兄弟銘柄のチェッカーズとともに輸入が途絶えてしまうのですが、ブランドとしても1990年代中頃には終売になっていたようで、アメリカ輸出品の現地登録が1995年で途絶えているという記録が海外サイトに残っています。

せめて怪しげな修道士の顔がなければ、なんて思うのですが、それはそれで没個性的なラベルだったかもしれない。。。っていうか、さらに旧ラベルのものは下記の通り一層リアリティ溢れるおっさんなので、多少はチャーミングにデフォルメされているのか(笑)。
とりあえず、今回の流通時期の中身は、オールドの古酒・醤油系のフレーバーがヒットする方なら問題いない。麦感あり、古典的なピートフレーバーありで、なかなかの出来なブレンデッドです。


(1950年代流通と推測される、アボットチョイス。ラベルがいかつい(笑)。第二次世界大戦前はヨーロッパマーケットへ、大戦後はアメリカ市場へと売り込まれた。時期的にはアメリカ市場向け初期品に当たる。画像引用:Whisky paradise)

(輸入業社となった巴工業の関係から、日本で多く見られる1970年代流通と1980年代流通。ボトルの色は70年代のほうが濃いが、中身の色合いは80年代のほうが濃い。どちらもレベルの高いブレンデッドである。)

アボットチョイスは、これまでの記事でも触れているように、リンクウッドをキーモルトの一つとしています。
これは作り手である、Jhon McEwan社がDCLからリンクウッドのライセンスを受けているためで、1970年代はまさにオールドリンクウッドを思わせるモルティーさ、スモーキーフレーバーに存在感があります。

一方、今回の1980年代流通品は、古酒的な甘さは強いのですが、原酒そのものの個性や厚みは少し控えめに。これは原酒の比率もさることながら、リンクウッドそのものの酒質の変化もあるのでしょう。余韻で残るスモーキーフレーバーはかつての時代の残滓のようです。
決して出来は悪くはないんですが、この時期のブレンデッドスコッチ全般に感じられる変化には、少し物足りない気持ちも覚えてしまうのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×