タグ

タグ:オフィシャル

グレンドロナック オリジナル 33年 2000年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_20190728_194605
GLEN DRONACH 
ORIGINAL 
AGED 33 YEARS 
2000's 
Matured only in the Finest Oloroso Sherry Casks 
700ml 40% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:個人宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:ふくよかで広がりがあり、色濃い甘さと熟したベリー系のニュアンスを伴うダークフルーツのアロマ。カカオチョコレート、濃く入れた紅茶。古びたウェアハウスにあるような湿った落ち着きのあるウッディネス。求めているものがある。

味:含み香はリッチだが口当たりは緩く、中盤は平坦で広がりに欠ける。カカオチョコレート、薄めたベリーシロップ、微かに黒土。じわじわと樽由来のタンニンが、キャラメルナッツを思わせる甘味と香ばしさと共に舌に染み込んでくる。
余韻はウッディでビター、ややドライだが鼻腔に抜ける熟成香はオールドシェリーの要素をまとっている。

香りは素晴らしい、往年の愛好家が求めるシェリー香があり、これぞシェリー樽熟成のドロナックといえる要素を持っているが、加水が効きすぎていて口当たりはスムーズだが全体的に緩く、起伏に欠ける。それでいて余韻は熟成の長さからか樽が強くあるのが悩ましい・・・。
香りは★8クラスだが味を加味すると少々物足りないため、評価に幅をもうける★6ー7とするかも悩んだ。加水はせず、ストレートで。

IMG_20190728_194629

2005年頃にリリースされていた、オフィシャルハイエンド。実に7~8年ぶり、本当に久々にテイスティングしました。
結論から言うと決して不味いとは言いませんし、ソレラ排出の古樽熟成と思われる1本ですが、以前飲んだ時のまま、物足りなさを感じる印象は変わりませんでした。

ドロナックと言えばシェリー樽熟成ですが、2000年代にサントリーが取り扱っていたグレンドロナック・オリジナルのスタンダードは、シェリー樽熟成の後でバーボン樽フィニッシュという不思議な仕様の12年モノしかスタンダードがないなく。熟成年数でダブルスコア以上の間をあけて、ハイエンドの33年だけがオロロソ100%というラインナップでした。
価格は当時で30000円強。それでいて40%加水。決して悪くはないボトルですが、とうじにしては高価格だったのと、親会社が変わって2010年頃からリリースされた同時期蒸留のリミテッドエディションが同じ価格帯でリリースされたこともあり(また、その中身が素晴らしかったこともあり)、この33年モノは暫く売れ残る事となります。

長期熟成に伴うウッディさ、タンニンを抑えるためには、ある程度加水での"ならし"は必要だとは思います。
ただこれを登山に例えるなら、アスファルトで完全舗装された登山を愛好家が望んでいないように、ある程度起伏と変化に飛んだ道なりと景色が、テイスティングにおいても必要だと思うのです。
特に香り(登る前に見えた山の姿)で期待させられた後で・・・となれば、いざ上ろうとしたらアスファルトはおろか、エスカレーターまで整備されていたような印象はぬぐえません。
まあ万人向けとしては、これくらいでちょうど良いのかもしれませんが・・・。

些か抽象的な駄文が過ぎましたが、今回のボトルの中身は1970年代前半(恐らく1970年や1971年あたり)のオロロソシェリー樽熟成原酒。それゆえ、その当時のグレンドロナックが備える、特徴的なベリー感を纏うシェリー香が香り立ちに感じられ、加水も合わさって角がとれ、我々愛好家が求めているオールドシェリー香がしっかり備わっています。
先に触れた、後にリリースされる1970~1972あたりのリミテッドリリースや、グランデュワー等との共通香があり、間違いなく同じ時期の原酒を使ったものと考えられます。

ただ、ほぼ同じ時期の原酒が使われている1980年代後期のオフィシャルのクリアダンピー18年に比べ、香味の平坦さ、広がりの弱さが否めないのはやはり熟成期間の長さ故か。一概に加水調整して整えるにしても、どこでバランスをとって仕上げるか。そして香りと味でどちらに重きをおくか。長期熟成シングルモルトの素晴らしさと共に、難しさを感じる1本でした。

ベンロマック 22年 ポートウッドフィニッシュ 2005年ボトリング 45%

カテゴリ:
IMG_20191014_012103
BENROMACH 
Aged 22 years 
Finished in Port Pipes 
Bottled 2005 
Number of bottle 3500 
700ml 45% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ、熟した洋梨のようなスウィートな要素と、微かにピーティーな香り立ち。麦芽とバニラ、そこに洋梨や林檎を加熱加工した洋菓子のような甘酸っぱさ、あるいは花梨シロップを思わせる若干べたつきのある甘さを伴う。

味:序盤はスウィートでしっとりとした口当たり。麦芽風味と微かなピート、蜜っぽさのあるフルーティーさは香り同様の構成だが、徐々にドライなウッディネスが余韻にかけて存在を増してくる。
余韻はドライでスパイシー。濃い凍頂烏龍茶のような渋味、ピーティーなほろ苦さが甘味に混じり、麦芽風味が口内に張り付くように残る。

洋菓子のような甘味、麦感がしっかりと備わったボトルである。涼しい時期向きの味わいで、香りはともかく味は麦由来のフレーバーと、ポート樽由来の甘味が強く、暑い時期に飲むとしつこく感じる。それでも余韻のウッディネスなど若干アンバランスなところはあるが、甘味を引き締めるピート香、なによりフルーティーな熟成感は純粋に味わい深い。ポートパイプの樽感を除けば・・・古典的なスペイサイドとはこういうことを言うのだろう。

IMG_20191014_012117

ベンロマック蒸留所がDCL社の傘下にあった時代の原酒で作られたオフィシャルリリース。自分が飲み始めた頃は、結構この手のリリースが残っていた(または普通に飲めた)ので、懐かしい1本でもあります。
今回の原酒の仕込みは1982年か1983年ごろで、DCL傘下での閉鎖間際。そこから22年程度熟成されたものを、一旦バッティングした後、22ヶ月ポート樽(ポートパイプなので750リットルサイズ)でフィニッシュ。元々のフルーティーさに加えて、微妙な酸味をもった甘口かつウッディなニュアンスが付与された仕上がりとなっています。

同蒸留所は1953年にDCL傘下となり、広くブレンド用原酒として活用されてきました。この間、フロアモルティングの廃止などお約束の効率化が適用されるなど増産路線を取りますが、1980年代にかけて原酒過多となると生産調整を理由に閉鎖。その後は使われていない蒸留設備が他の蒸留所にまわされるなど、散々な扱いを受けていたようです。
1993年、ボトラーズメーカーのGM社によって買収され、大がかりなリニューアル工事が行われた後、同社傘下の蒸留所として1998年(一部資料の表記では1999年※)に再稼働して現在に至ります。
※1998年は試験蒸留、1999年が本格的な蒸留開始と推察。

再稼働後のベンロマックからは2009年にシングルモルト10年熟成が発売されましたが、このオフィシャルスタンダードが安定してリリース出来るようになるまでの繋ぎとして、買収以降不定期にリリースされていたのが、今回のボトルに使われているような、DCL時代の遺産。
なかでも60~70年代のものは当時のリフィルシェリーバットまたはホグスヘッドに詰められており、酒質の厚さと個性の強さに加え、現行のものとは異なるフルーティーさや、当時らしいスモーキーフレーバーが魅力。今回のボトルの場合はポート樽由来の要素を除けば、その片鱗は感じることが出来るといったところです。

現在のベンロマックが目指す「古典的なスペイサイドモルト」がどういうキャラクターか。かつてのそれがそうとは公式には発表されていませんが、当時のベンロマックもそのキャラクターを形成する1ピースであったことは間違いなく。
当該原酒を使ったリリースはそこそこ数が出ているので、BAR等で飲んでみると参考になるかもしれません。

キルホーマン 100%アイラ 8thリリース 50%

カテゴリ:
IMG_20191009_210947
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
THE 8th EDITION 
Bottled 2018 
Bottled in batch 12000 
Cask type Bourbon Barrel & Sherry Butt 
700ml 50% 

グラス:グレンケアン 
時期:不明 
場所:Jam Lounge 
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでクレゾールや塩素系の薬品香、若干溶剤っぽいニュアンス。乾いた麦芽、バニラやオーク香、根菜の漬物に加え柑橘っぽさを感じさせる酸。

味:麦系の甘さから塩気とコクのある口当たり。焦げた木材を思わせるしっかりとしたピーティーさと、香り同様に若干の根菜、奥にはバーボンカスクのフルーティーさ。余韻にかけてゴムっぽいシェリー系のニュアンスがあり、やや荒さのある舌当たりとピーティーな余韻が長く続く。

系統としては近年のラフロイグ系のピーティーさと、ラガヴーリンを合わせたような味わい。ベースとなる麦芽風味に厚みがあり、大器となる要素を感じさせるが、現時点では造りに粗さがあり、一部の原酒の若さに加え、あまり良くないシェリー樽由来のニュアンスが邪魔をしている。出来ればバーボン樽オンリーでつくってほしい。しかし意外にハイボールが合う。

IMG_20191009_211745

1年に一度リリースされている、キルホーマンのローカルバーレイ。キルホーマンがアイラ島に所有する農園で育った麦芽を、フロアモルティングで仕込んだ、20ppmのピーテッドモルト。
毎年構成が変わっていて、2018年のリリースは2008年と2012年蒸留の原酒、計46樽のバッティング。樽の内訳はバーボンバレルが39樽、シェリーバットが7樽とのことです。

このボトルは良いところとそうでないところがあり、自分のなかで時期(あるいは飲んだシーン)によって評価が別れています。
最初に飲んだ時は開封直後でイベント会場。いくつかのフレーバーがとっちらかっているのと、何よりシェリー樽の要素が邪魔していると感じ。。。
次に飲んだ時は写真の頃でBAR飲み。多少粗さはあるがそれらがまとまると共に、麦由来の旨味がしっかりあって大器の片鱗を感じ。。。
同じボトルを自宅で最後まで飲んだ結果、やっぱり粗さがあるのと、何よりシェリー樽の要素が望ましくないフレーバーに繋がっていると感じた。。。

結論から言うと、ベースにある原酒には大きな可能性を感じるものの、全体の繋ぎになるはずだったシェリー樽原酒が、ネガティブな要素も付与してしまっている点が、今回のボトルにおける最大のネックだと感じます。
この他、原酒構成についても10年程度熟成の原酒よりも2012年蒸留の6年程度のものが多いようにも感じる粗さがあり、これが逆に口当たりで20ppmにしてはフレッシュなピーティーさと、塩素などの要素の強さに繋がっているようにも感じます。

キルホーマンの100%アイラは7thリリース(7年熟成・バーボン樽の1stと2ndフィル)のほうが厚みのある麦芽風味に、樽由来のフルーティーさがうまく馴染んで好みの味わい。これはまさに将来性を感じる1本でしたが、8thもネガな要素を除けばそれに共通するニュアンスは当然あり、今後リリースされるであろう9thリリースあるいはそれ以降にも期待したいと思います。

IMG_20191009_193235
今日のオマケ:ストーム・ワインズ・リッジ・ピノ・ノワール 2017

先日ウイスキー仲間と食事会をした際に飲んだ南アフリカのピノ。ストーム・ワインズは2011年に創業したばかりの新しい作り手のワインですが、すでに”南アフリカのベンチマーク”として、注目を集めているワイナリーなのだとか。
写真の通りきれいな色合いのピノで、新世界の果実味しっかりタイプかと思いきや、ボディはそう厚くなく透明感があり、ブルゴーニュ寄りの作りで驚きました。

注ぎたては胡麻っぽさ、軽いスパイス、葡萄の皮。透明感はあるがあまり果実香が感じられない。それが徐々にらしいニュアンスが開いてきて、チェリーやクランベリー、赤系のベリー感が柔らかい酸をまとって開く。甘味はほどほど、余韻にかけて軽いウッディネスと若い年数にしてはこなれたタンニンを感じるフィニッシュ。
「ピノ・ノワールにとってベストな場所で、最も美しいピノ・ノワールを作る」というのがストームワインズの考えで、畑はかなり涼しいところにあるとの話ですが、ブルゴーニュに似た気候で作っているのかなと感じるような仕上がりのワインです。

肉と油な食事との相性もバッチリ、赤身肉が進んで仕方ない。この日の食事はひたすらこの肉だけというコースで、デザート代わりにロックで美味しいバーボンで締める。ストレスを吹き飛ばし、日々に潤いを与える食事はこれでいいのだと思える満足感でした。

IMG_20191009_194957

グレンマレイ 12年 40% 

カテゴリ:
IMG_20190531_225754
GLEN MORAY 
Singel Malt Scotch Whisky 
White wine cask finish 
AGED 12 YEARS 
700ml 40% 

グラス:グレンケアン
時期:不明
場所:BAR Eclipse first
評価:★★★★★(5)

香り:ドライで華やか、オーク系の軽やかなアロマ。乾いた草っぽさを思わせるウッディネスとバニラのアクセント。奥にはほのかに白系果実のフルーティーさもある。

味:スムーズでデリケート、ちょっと水っぽい口当たり。序盤は香りほどのドライさはなく、マイルドだが、バニラや干し草、軽やかなスパイシーなウッディさが後半にかけて感じられ、じわじわとドライに。加水が強く効いて奥行きはあまりなく、余韻もあっさりとしている。

近年のスペイサイドの典型例。軽く、穏やかな酒質にリフィルを含むアメリカンホワイトオークのオーキーなフレーバーと軽い甘さが溶け込み、加水で整えられているという仕上がり。白ワイン樽がフィニッシュに使われているらしいが。。。自己主張に乏しいところは変わっていない。ストレートよりはハイボールで使いやすいか。

IMG_20190531_225827

現行品のグレンマレイ12年は、個人的に「ちょっと惜しいボトル」という位置付け。
ライトで華やか、オークフレーバーが適度に効いた癖の少ないあっさりとした味わいは、近年系スペイサイドモルトの典型例とも言える構成。一応、通常のアメリカンオークだけではなく白ワイン樽でのフィニッシュを加えているとのことで、その特徴が出ているかと思いきや、飲んでいて忘れてしまうくらいの品の良さ。
そのもの単体としては決して悪くなく、値段も手頃だし熟熟成感も最低限あるため、万人向けと言える1本。しかしネックは同じような味わいのシングルモルトが他にも多くあるということと、それがグレンマレイよりも安価であるということなのです。

事例を挙げるとグレンフィディック12年、グレンリベット12年、グレングラント10年、最近は一部ショップでグレンモーレンジ10年も3000円を下回ってきています。
3000円前後の価格帯のスペイサイド&ハイランドモルトは意外とレッドオーシャン。それぞれ同じ系統の香味構成に異なるキャラクターがあるわけですが、味わい穏やかなマレイは、人間に例えるならいい人で終わる代表格。表情がないと言うか、武器がないというか、決してこれら4銘柄に味で劣っているわけではないのに勝ちきれない。故に、ちょっと惜しいという位置付けなのです。

かつてグレンマレイはグレンモーレンジと共にマクドナルド・ミュアー社(後にグレンモーレンジ社に社名変更)の傘下にあり、ハイランドクイーンなどの構成原酒として使われていました。
2004年、同社がモエ・ヘネシー・ルイヴィトンに買収され、シングルモルトブランドの価値向上のため、プレミアムグレードのリリース等が行われたのですが・・・。マレイに関してはブランド向上は無理と判断されたのか、わずか4年後の2008年、グレンモーレンジを残して他社に売却されてしまいました。
ちなみに、このルイヴィトン時代にリリースされたのがグレンマレイ30年。好ましいフルーティーさを備えた1本でしたが、当時の水準で考えればこれまた強みがない。思い返せば、その頃から既にグレンマレイは「ちょっと惜しい」モルトだったとも言えます。

近年のグレンマレイは、フランスのメーカーの傘下でグレンターナー・ブレンデッドモルトや、ブレンデッドウイスキー・レベル5の構成原酒でありつつ、シングルモルトのリリースも継続。2008年以降も設備投資が行われ、オフィシャルの構成も見直した結果、イギリス、アメリカ等の市場ではむしろシェアを伸ばしているとのこと。レビューを見ていると、白ワイン樽を使うようになって個性の弱さを克服したという声もあります。(確かに一昔前の8年よりは飲み応えがあり、クラシックよりはだいぶまとまってますが。)

アメリカではライトで癖のないウイスキーは一定の需要が現在もあります。
なるほど、ちょっと惜しいのは日本市場だけだったのかもしれません。一度は見切られた蒸留所の今後の躍進を期待して、今日の記事の結びとします。

追記:白ワイン樽に触れること、すっかり忘れていました(汗)
なので本文中にその記述を追記しました。失礼致しました。

ビームス チョイス 100ヶ月熟成(8年)1970年代流通 45% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20190929_085204
JIM BEAM 
BEAM'S CHOICE 
BLACK LABEL 
AGED 100 MONTHS 
(Aged 8 years) 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Bottled 1975 
750ml 45% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:キャラメルやメープルシロップのかかったポップコーンを思わせる、軽い香ばしさのある甘さと穀物香をベースに、スパイシーでほのかに溶剤、チェリーシロップ、黒パンを思わせる酸もアクセントとして伴う。
また、時間経過でハーブや赤い花を思わせる植物っぽさも混じる。

味:マイルドでメロー、チョコレートクッキーやチョココーンフレークのような、色濃い甘味と軽い香ばしさ。甘味はリッチだが、ボディはやや軽め。ウッディでビター、軽くスパイシーなフィニッシュが、メローなチャーオーク香を鼻孔に感じさせつつ長く残る。

オールドバーボンらしい濃厚な甘味、強めのチャーを感じさせるウッディネス。加水の影響か味はやや単調気味ではあるが、時代を感じさせる要素がなんともそそる1本。現行のジムビームとは全くの別物。ただ加水またはロックにすると、ボディがだいぶ薄くなるので、それはそれと割りきるか、ストレートで楽しむのがちょうど良い。
大降りのロックグラスにダブル以上注いで、葉巻を咥えたら完璧か(笑)

IMG_20190929_085233
IMG_20190929_085252

読んで字のごとくですが、ジムビーム蒸留所が製造する、かつてのプレミアムブランド。
100ヶ月熟成(要するに8年)という珍しい表記に惹かれて購入したものですが、当時のビームスチョイスは定常的に使われていた模様。
マッシュビルは通常のジムビームとおそらく同じ、または大きく変わらない程度の違いとは思いますが、ノーマルの4年、5年よりも熟成が長い原酒が使われ、その分樽感も濃厚に。色合いが明らかに違いますね。古いものだと今回のように度数も少し高めに設定されています。

そのリリースが始まったのは1960年代。ビームスチョイスと言えば、様々な形状で知られる陶器ボトルの”コレクターズエディション”があり、こちらはファーストリリースが1966年。(コレクターズエディションではないビームスチョイスは1963年のモノあり。熟成年数は6年)
ジムビームとしてのデキャンタリリースは1950年代からありますが、当時の広告等を見る限りでは、通常ボトルのビームスチョイスも、1960年代のほぼ同時期に発売されたのではないかと推測されます。

1980年代から1990年代にかけて、日本ではバーボンウイスキーのブームもあったことから、ビームスチョイスは該当する時期のものが相当数日本市場に残っており、現在もヤフオク等で見かけることが多いバーボンです。
その全てを飲めているわけではないですが、傾向としては古い方が濃厚で個人的に好み。1970年代中頃あたりまでは仕様が90Proofで、その後1980年代には80Proofと5%下がる。熟成年数は基本的には8年程度ですが、1990年代になるとこの表記もなくなり、5年熟成のグリーンラベルとして販売を継続したようです。

元々そこまでボディが厚いバーボンではないので、度数や熟成年数の推移は影響が大きく。特に80年代くらいまでは度数が下がっても同じようにマイルドでメローな味わいを感じられますが、それ以降は明らかにドライな仕上がりになっていきます。
また、90Proofの時代であっても、飲み方はやはりストレートがオススメ。ロックだと飲みやすくはなるものの、伸びるというよりは薄くなる感じで、氷に耐えられるライフが少ないように思います。

IMG_20190820_011413

なお、この手の加水調整されて甘味がしっかりあるバーボンは、ストレートで飲むと物足りなく、かといってロックでも同様だし、ハイボールにするにはちょっと勿体無いというジレンマがあります。
そこで邪道といえるかもしれませんが、バーボンのオリジナルブレンドに使うというのが一案。特にワイルドターキー・レアブリード、あるいはローゼズシングルカスクなど、度数は高いが樽感がそこまでリッチじゃない近年のバーボンとのバッティングは、お互いの良いところが合わさって鉄板と言って良い組み合わせに。ベースとなる味わいでスコッチの原酒ほどキャラクターの違いが大きくないため、調整も容易です。

近年、オールドのハイプルーフバーボンが高騰しており、昔ほど気軽に飲めなくなってきました。ターキー8年の90年代とか、安かったんですけどね・・・。だからこそ家飲みで、ロックで飲んで美味しいオリジナルブレンドを作ってしまおうと。そういう楽しみ方も個人的にはアリだと思っています。

IMG_20191005_105704
というわけで混ぜ混ぜ混ぜ。。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×