タグ

タグ:オフィシャル

バランタイン 30年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Very old scotch whisky
Aged 30 years
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ややドライだが、角の取れたニュアンスを伴うエステリーなアロマ。林檎のカラメル煮、熟した洋梨を思わせる柔らかい華やかさ。奥にはスモーキーなピート香も感じられる、バランスの良い香り立ち。

味:スムーズでマイルドな口当たり。濃く入れた紅茶と洋梨のタルト、ほろ苦く乾燥した麦芽、中間はカステラのようなグレーン由来の甘み。余韻はオーキーな華やかさ、心地よくドライでビター。ピーティーで染み込むように長く続く。

長期熟成による熟成感がしっかりと備わっている。少し中間が軽い印象もあるが、多彩な香味がバランス良く整った味わい。奥に感じられるスモーキーさがスコッチウイスキーらしさに繋がるいい仕事をしている。


日本ではサントリー・アライド社時代のバランタイン。1980年代後期からのスタイルは、それまでのオールドシェリーとピーティーでこってりした構成から、エステリーで林檎や洋梨のお菓子を思わせるオーキーな華やかさ、フルーティーさがメインとなり、徐々に樽感やピートフレーバーがライト路線へとシフトしていく傾向が見られます。

(1980年代前半流通品。伝統的?にブラウンカラーのボトルが採用されて来た30年で、唯一のグリーンカラー時代。強いスモーキーさと複雑さ、品のいいシェリー感。個人的に是非一度飲んで欲しいバランタイン。)

(バランタイン30年赤青紋章ラベル、1970年代流通。先日ブラインドテイスティングの出題を頂いた際は、しっかり備わったシェリー感とスモーキーさに、赤玉リベットの20年前後とミスリード。。。)

今回のロット、原酒は腐っても1960年代蒸留の黄金期。現行品とは異なるモルティーさがあります。また、アイラ系のスモーキーなモルトではなく、ミルトンダフなどのハイランドタイプのモルトが中心と思われる香味構成ですが、少しボディが軽く感じられるのはグレーン由来でしょうか。

樽は恐らくシェリーカスクのセカンド、サードフィルがメイン。角の取れたアメリカンホワイトオークの華やかさと、モルティーさの合わさったフルーティーさは、短熟のファーストフィルバーボン樽のような華やかだがギスギスした感触やえぐみを伴う系統ではなく、長期熟成こそのマイルドで整った味わいを構成しているのです。
こういうボトルが家に1本あると、飲み疲れずどう飲んでも美味しく、結果使い勝手がいいように感じます。


さてバランタイン30年は、これで1960年代以降全ラベルをコンプリート。。。と思ってカテゴリーを見直すと、2000年代の700ml表記が足りないことに気がつく。
また、最近カスクエディションなるものもリリースされている模様。バランタインの旅は、まだもうちょっとだけ続くようです。

バランタイン 17年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
17 Years old
Very old scotch whisky
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:バニラやナッツを思わせる樽香。干草や軽い穀物香、蜂蜜、林檎のコンポート、柑橘のワタ、内陸系の特徴が主体だがほのかなスモーキーさも感じられる。

味:マイルドな口当たり。麦芽風味とピーティーなほろ苦さ、微かにオレンジピールと薄めた蜂蜜、中間はグレーンを思わせるマイルドさ。余韻はややビター、焦げた樽香、微かにスモーキーでピーティーなほろ苦さを伴う。

意外に樽感が強いが、全体的には穏やかでまとまりのあるブレンド。加水するとさらに飲み口が柔らかく、麦芽風味が開くように感じられる。ハイボールはすっきり系で、可もなく不可もなしだが、食中に使うなら案外これくらいの方が良いのかも。


1990年代、アライド・メドック社傘下時代のバランタイン17年。
日本ではこの頃からサントリーが取り扱っていましたが、バブル崩壊に加えて酒税法改正で安価になったことで逆に日本におけるブランド価値が下がってしまったという、不遇な時代のボトルでもあります。
まあロット差を除けば、何かが変わったわけではないんですけどね。

この時期の見分けとしては、1990年代後半ないし2000年代になるとキャップシールの色が変わるので、そこで見分けるのがポイントとなります。
一方古い時代、1980年代との整理ですが、これが難しい。1980年代初頭はキャップシールのロゴデザインが異なるので見分けられますが、1980年代後半と1990年代の境界は、日本向けや免税向けなどで明確に表記がされている場合を除き、表裏のラベル、キャップシール、全て同じだったりするのです。

まあ80年代後半から90年代初頭で無理に線引きをしようとするのは、酒税法改正の概念がある日本だからで、バランタイン社としては細かいこと気にすんなってことかもしれません(笑)。
とりあえず以下の通りの整理で、1980年代後半からの5〜10年はふわっと認識して貰えればと。

(同じく1980年代後期から1990年ごろ流通のバランタイン。度数表記でGLと%Volの違いが見られるが、流通先の違いであり、どちらが古いとはこの時期のラベルは整理出来ない。)

(1980年代最後期流通(左)と、1980年代初頭流通(右)。簡易な見分けは、キャップシールに描かれたロゴの違いがある。)

香味は熟成感があってバランスが良い。ボディは軽めですが、グレーンは強すぎずモルティーな個性も随所に感じられ、下手なオールドのエントリーグレードより使い勝手の良いボトルと言えます。

他方、この80年代後半から90年代前半のバランタインは、不思議なことにパフューミーなニュアンスを多少持っているロットがあります。
以前テイスティングした1980年代後期の並行品(上記特級表記ボトル)など、モロそうしたニュアンスが出ていて、思わず閉口してしまったほど。確認のために購入した写真の43GL表記のあるボトルにも、淡く該当するニュアンスが。。。

一方今回のボトルは問題なく、香味構成も樽香が強めに感じられるなど、当時のアライドグループが所有する原酒で何があったのか、探究心を擽られます。
少なくとも、1970年代前半蒸留で該当する蒸留所はグレンタレットかエドラダワーくらいしかないのですが、グレンタレットは旧エドリントン系列。可能性があるとすれば2001年までペルノリカール傘下で、後にアライドが合流して一時期同門となるエドラダワーですが、ちょっと時代が合わない。

このように、現行品に比べモルトの香味が強いことの多いオールドブレンデッドは、キーモルトを時代背景や香味から予想し、あーでもないこーでもないと考えることが、マニアックな楽しみでもあるのです。ああ、今回も満足です(笑)

ボウモア 12年 1980年代流通 ダンピーボトル 43%

カテゴリ:
BOWMORE
Aged 12 years
Islay single malt
1980-1990's
1000ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:トップノートは華やかな熟成香、蜂蜜や熟したリンゴ、合わせて淡いヨードや塩素、じわじわと土っぽいピーティーさが開き、アイラ要素を強く感じる。

味:マイルドで柔らかい口当たりから熟した洋梨を思わせるエステリーさ、軽く香ばしさのある麦芽風味、染み込むようなピーティーさ。余韻は淡くトロピカルフレーバー、スモーキーで染み込むように長い。

フルーティー&スモーキー。アイラ要素に加えて、熟成したスペイサイドモルトのようなフルーティーさ。加水するとマイルドというか水っぽさが強く、微かに鹸化したようなニュアンスが舌に残るため、ストレートでじっくり楽しみたい。


先日モリソン時代のグレンギリーを記事にしましたので、その流れで今日はほぼ同時期流通のボウモア、ダンピーボトル。ボウモアのオールドと言えば、まず連想されるのがこのボトルというくらい、有名なリリースの一つですね。一度は飲んだことがあるという方も、多いのではないかと思います。

この形状のボウモアは、デラックス表記のものと、12年表記、そしてあまり知られていない8年ものの3パターンがあり、全体では1970年代から1990年ごろ、モリソン社傘下時にリリースされたもの。
オールド系の情報では1980年代とざっくり表記されることが多いですが、12年表記の方が近年寄りのロットで、今回のボトルは1980年代後半、最後期の免税向けと見るのが妥当と思われます。

今回のロットはマイルドな口当たりから、フルーティーさは洋梨系のキャラクターを主体に淡くトロピカル。染み込むようなピーティーさで、60年代前半の南国感全開!というキャラクターではなく、1960年代後期から70年ごろの蒸留を思わせる構成です。
過去の経験と照らし合わせると、モノによってはトロピカル系のニュアンスがはっきり出てるボトルもあるため、おそらく同じ12年でも時期が微妙に違うのでしょう。

ここで残る謎が流通時期と熟成年数、そして蒸留時期のキャラクターが合致しないことにあります。
というのも、ボウモアのパフューム香は1973年蒸留の辺りから姿を見せ始め、1970年代後期から1988年蒸留ごろまでは完全にパフューム系のキャラクターが出ていた時期に該当します。
今回のボトルの流通が1980年代前半とかであれば、マイナス12年しても違和感はなく。他方で、先に推測した通り1980年代後半とすると、キャラクター的にはパフューム時代に該当するはずで、5〜10年間のギャップがあるわけです。

ボウモア・ダンピーボトルの1970年代から1980年代中頃流通となるデラックス表記は、キャップが金属張りで、違う意味で悪夢を見た愛好家も少なくないですが。
味を変えないために同じような原酒を選んで、例えば12年と言いつつ18年前後の熟成年数の長い原酒をメインに使っていたとかかなあとも予想しています。

グレンギリー 10年 1990年代初頭流通 40%

カテゴリ:
GLEN GARIOCH
10 YEARS OLD
Highland Single Malt
1980-1990's
750ml 40%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:白ぶどうや洋梨を思わせる、淡い酸味とフルーティーさ。干草、ラベンダー、あるいはポプリを思わせるフローラルなアロマ。

味:少し水っぽさのある軽やかな口当たり。麦感、洋梨、合わせてフローラルなパフューム香が鼻腔に届く。また、ライトなピーティーさも感じる。
余韻はダシっぽいコクも感じつつ、心地よくドライ、フローラルでビターなフィニッシュ。

ボウモアタイプのフローラルなパフューム香が備わっているが、構成としてはハイランドらしい軽やかな麦芽風味とほのかなピーティーさで、純粋な完成度は決して低くない。該当する香味が問題ない飲み手は美味しく頂けるボトルと考えられる。


グレンギリー、モリソンボウモア社時代最後のラベル。この後サントリー傘下となり、鹿の描かれた小豆色系のトールボトルにチェンジします。
当時のグレンギリーといえば、パフュームフレーバーで知られ、蒸留時期が1990年代に入ると消えることから、モリソン社のモルトは1970年代後半から1980年代いっぱいの蒸留時期が鬼門。それもボウモアと同系統の香りが出ているのですから、原因も共通。。。即ち冷却機の処理という説の信憑性を高めています。

ただ、パフューム香は好みの問題であり、それを一つのフレーバーと見るならこの手のボトルは決して完成度が低い訳ではありません。
軽やかな麦感、白色系の果実味、余韻にかけて残るライトなピート。まさにハイランドなスタイルの一つ。このブログの評価は、ウイスキーとしての基礎点4点に自分の好み6点分を加点していくスタイルなので★5という評価になりますが、より高評価なコメントがあってもおかしくはないと思います。

なお、同ラベルのボトルには黒いキャップシールと金色のキャップシールの2パターンが存在します。(今回のボトルは黒)
ロットとしては金色の方が古く、黒い方が新しい。何本も飲み比べた訳ではないものの、自分が飲み比べたものはどちらも同系統ながら、金色の方が麦芽風味が強い印象。。。つまりこのラベルを見たら、飲み手を選ぶヤツと思って頂ければと。

一方、ラベルの蒸留所のイラスト部分が丸く切られたロットが1世代前の当たるのですが、昔飲んだ印象では綱渡りしてるようなそれ系のニュアンスがありつつ、麦感主体でギリギリOKだった記憶があり。。。ちょうど良い機会なので、改めて飲んで確認したいと考えています。

タリスカー 8年 59.4% リミテッドリリース 2018

カテゴリ:
TALISKER
Aged 8 years
Limited Relase in 2018
Cask type 1st fill American oak Bourbon Casks
700ml 59.4%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:持ち寄り会
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:透明感があり、塩素を思わせるツンとした刺激、シトラス、フレッシュなピート香と淡い焦げ感。徐々に燻したようなニュアンスとヨードを淡く伴う。

味:ピーティーでオイリーな口当たり。奥からグレープフルーツのわた、砂糖漬けレモンピールを思わせる柑橘感をアクセント。合わせてソルティー、乾燥した麦芽、個性が際立っている。
余韻はスパイシーで焦げたようなピーティーさ、口内を刺激する軽い荒さを伴って長く続く。

樽感は比較的プレーンで、フレッシュな香味を邪魔しない程度。それでいてニューポッティーな印象はなく、若い原酒の勢いと個性がまとまっている、作りの上手さを感じる1本。
少量加水すると程よいこなれ具合、ハイボールは微かな柑橘感のある酸味、焦げたようなピーティーさでこれもまた楽しめる。


毎年恒例、ディアジオのリミテッド、スペシャルリリース。日本では例年翌年の4月にMHDからまとめてお披露目されますが、イギリスでは銘柄毎に順次リリースされています。
今年はここ数年必ずラインナップに組み込まれていたポートエレンやブローラが無いなど、価格的な派手さは控え目。
ですが、そのラインナップのうちコアドリンカーの注目を集め、既に話題になっているのがこのタリスカー8年です。


リリースそのものは、昨年ラガヴーリン8年がリリースされたように、NA化やヤングエイジ化という近年のスコッチに見られる傾向の一つ。しかし、ことタリスカーで言えば、8年熟成は1980年代までのリリースで高い評価を受けたオフィシャルスタンダードを連想するスペックであるだけでなく、ヤングエイジで初のカスクストレングス仕様です。
その筋の愛好家から興味関心を集めるには充分すぎると言えます。

また、ハイプルーフで若いオフィシャルと言えば、タリスカーノース57%あたりと香味の重複があるんじゃないかと思いきや、そこは流石のリミテッドです。
ノースは若く荒々しい味わいに、樽香も強目な荒々しい作りですが、この8年は樽香はあくまで自然に、淡く柑橘感とコクを後押ししている程度。若い酒質由来のフレッシュな香味が嫌味少なく楽しめる。これまでのスペシャルリリース路線から外れない、若いながら作りの丁寧さを感じる構成です。

かつてのタリスカー8年とは構成から違うので比較するようなモノでもありませんが、これはこれで好まれる味わいなのではないでしょうか。
先述の通り話題性も抜群。価格も現地を見る限りそれほどでもないですし、国内入荷の暁にはちょっとした争奪戦になるんじゃないかと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×