タグ

タグ:オスロスク

J&B ビクトリアン 15年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
JUSTERINI & BROOKS "J&B"
VICTORIAN
Aged 15 years
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ややドライな刺激を伴う、穀物系の軽やかなアロマ。シロップを思わせる甘み、干し草から徐々に乾いたウッディネス、品のいいバニラ香も感じられる。

味:麦芽風味のあるまろやかな口当たり。ザラメ、蜂蜜、淡いシェリーのコク。
余韻はヒリヒリとハイトーンな刺激、乾いた麦芽風味にドライな余韻。

癖が少なくて飲みやすく、しみじみとした味わい。ノーマルJBに共通するドライで辛口なニュアンスは健在だが、品のいい樽香が合わさっている。ハイボールにしても面白そう。


かつてアメリカ市場での成功をキッカケに、スターダムにのし上がったJ&Bブランド。原酒不足を解消すべくオスロスクを設立し、1990年代の世界における売り上げはジョニーウォーカーに次ぐ第2位と、まさに順風満帆。
スコッチウイスキーNo,1の座もそう遠くない。。。という勢いは今や昔。今年発表された売り上げランキングでは、J&Bは20位。販売量は年々下がって今ではジョニーウォーカーの1/5と大きく差をつけられています。


と言っても20位のうちほとんどはインドウイスキーで、スコッチウイスキー部門ではジョニー、バラン、シーバス、グランツらに次ぐ5番手。そして日本であれだけ売れてる角瓶(21位)より上位。未だスコッチウイスキーにおけるビッグブランドであることに変わりはありません。

そもそも1997年にはJ&Bブランドが属していたメトロポリタングループと、ジョニーウォーカーが属しているギネスグループが合併して、大正義ディアジオ社を設立したため、かつてのライバルは同門に。。。ブレンデッドウイスキーはメーカーの販売戦略、格付けで中身も含めて色々変わってしまうもの。現在ディアジオ社のスコッチウイスキーで最も大きな扱いを受けているのは、どう見てもジョニーウォーカーです。
いつの時代もセカンドドライバーは辛い立場。かつてはメイン、今は2番手。会社として売れ筋に集中投資するのは当然の判断であるわけですが、それでも各社のメインブランドと対等に戦えているのは、元々のブランド力のなせる技かもしれません。(アメリカやスペインなどの市場で強いようです。)

話がだいぶ逸れてしまいました(笑)
今回のテイスティングアイテム、J&Bヴィクトリアンは、1990年代に入ってから展開された、同ブランドの稼ぎ頭J&Bレアの上位グレード。エドワーディアン、ヴィクトリアンとイギリス国王の名を冠している内の一つです。
ベースとなるキャラクターはJ&Bらしいライトで辛口、ドライな香味。ただヴィクトリアンの場合、辛口といっても15年以上熟成した原酒が使われているため、流石に飲み口はまろやかで淡く樽香も感じる品の良さとともに、余韻にかけてヒリヒリとした辛口な刺激は健在で、オスロスクのキャラクターに通じるところもあります。

この時代はスタンダードのJ&Bレアがかなり味を落としているので、ライトなウイスキーをゆったり飲みたい時はこのボトルがちょうど良いかもしれません。
今回のボトルはウイスキー仲間のIさんが、ご好意で自分用にと持ち寄り会に持参してくださいました。感謝です!

シングルトン オスロスク 1975-1990? 43% & ブラインド

カテゴリ:
IMG_5108
SINGLETON
AUCHROISK
Distilled 1975
Bottled 1990?
50ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:古酒感のある甘い香り立ち。黒砂糖やカラメルソース、レーズン、ドライイチジク、若干の植物感。合わせてツンとした刺激、ハイトーンなアロマ。

味:とろりとしたコクと、あわせてドライでピリピリとした舌当たりが感じられる。カラメルソース、チョコウエハースやレーズンクラッカー。奥にはエステリーなフルーティーさも潜んでいる。
余韻は淡くスモーキー、ドライな舌触り、しっかりとした味わい。

シェリー強めで熟成感もあるが、酒質由来かツンとハイトーンでピリピリとした淡い刺激が特徴的であり心地よい。 加水するとさらに穏やかで飲みやすくなる。


オスロスク蒸留所は、ブレンデッドウイスキーであるJ&Bへの原酒供給を主目的にIDV社のよって建てられた蒸留所。
1970年代、アメリカで売り上げ1位を記録するなどJ&Bが高い人気を得たことを受け、その原酒を安定して確保するために1974年に建設されました。

モルトウイスキーは1975年から生産を開始。そして1986年、1975年蒸留の10年モノを「シングルトン・オスロスク」として販売したことを皮切りに、売り出したモルトの評判が良かったとかなんとかで単一蒸留年度のシングルモルトの販売が定着。
その後傘下がUDに変わったことや、メイン市場だった日本でのウイスキー冬の時代の煽りを受け、2000年頃に終売となったようです。
IDV社の傘下にはノッカンドゥ蒸留所がありますが、初期のリリースではノッカンドゥと同様に10年、12年という熟成年数の縛りにとらわれないラインナップ構成が行われ、様々な熟成年数のシングルモルトが同一ビンテージの中でリリースされていました。(後期のシングルトンはほぼ10年固定だったようですが。。。)

今回のテイスティングアイテムは、オスロスクで蒸留が開始された1975年のもの。小瓶であるためか裏ラベルにボトリング日時を示すシールが貼られておらず、特級表記もないことから熟成年数は香味で推定・・・おそらく1990年ごろのボトリング、15年程度の熟成であると思われます。
ザラメのような甘み、ツンとしたアタックとドライな口当たり。J&Bやロイヤルエイジあたりと共通するニュアンスがあり、同蒸留所がJ&B関連銘柄の原酒供給用に作られたという経緯に納得せざるを得ません。


さて、なんでミニボトルでのテイスティングかというと、先日同銘柄1976(熟成年数不明)のブラインド出題を名古屋のBARよっちさんから受け、見事に撃沈。蒸留所の絞りこみすら自信を持てず、おさらいをしたく急ぎ調達したため。 
せっかくですので合わせてUPします。

18217082_1862566417339469_1185754834_n
SINGLETON 
AUCHROISK 
Distilled 1976 
Bottled 1990? 
750ml 43% 


【ブラインド】
地域・蒸留:ローランド(オーヘントッシャン?)
年数:20年程度
樽:シェリー樽を含む複数樽
度数:48%程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてドライ、ハイトーンな鼻腔への刺激に、ドライパイナップル、林檎、べっこう飴、焦げた樽香も感じる。時間経過で刺激は収まり、樽由来の甘みと熟成香も顔を出す。

味:とろりとした口当たり、オールブランのほろ苦さ、焦げたカラメルソース、奥には林檎のコンポートを思わせるエステリーさ、若干の古酒感を伴いつつ、それを突き破るようにハイトーンで勢いのあるフレッシュさも。
中間から後半に樽由来のえぐみ、軽いスパイス。ビターでドライな余韻へと繋がる。

癖の少ない酒質に対して強めの樽感、ハイトーンなアタックやピリピリとした3回蒸留的な刺激・・・第一印象でローランドっぽさを感じました。
ただ、オフィシャルにしては度数が高い印象もあり、例えばオーヘンが2000年前後でオフィシャル長熟をいくつかだしてたそのうちの一つか。(以上回答)


時期的にも古酒っぽさを纏っててもおかしくないしと、自分を納得させたような回答で、こういう場合は大抵大外しします(笑)。
まあこうして飲見直すなどしてみると、J&Bとの共通点など、ゴールへの道が無いわけではありませんでした。
自分のこの蒸留所に対する経験が足りないのが、はっきりと露呈してしまいましたね(笑)
非常に良い経験になりました!

このページのトップヘ

見出し画像
×