タグ

タグ:エドラダワー

エドラダワー10年 (2004-2015) シグナトリー・アンチルフィルターコレクション

カテゴリ:
ニューリリースがあったら試してみようと考える蒸留所の一つが、エドラダワー。
昨年飲んで思わず購入したオフィシャル10年、その特徴であるクリーミーさは、シェリー、バーボン、どちらの樽とも相性が良いようで、直近のリリースではフェアリーフラッグにバレッヒェン、良い出来だと感じるボトルでした。

エドラダワーはボトラーズからのリリースは少ないですが、シグナトリー資本の蒸留所であるため、シグナトリーからは年何回かのリリースが行われてるようです。
今回、2015年詰めのニューリリース、アンチルフィルターコレクションのエドラダワー10年をテイスティングすることが出来ました。


Signatory Vintage
The Un-Chillfiltered Collection
EDRADOUR
Aged 10 Years
Distilled 2004 Nov
Bottled 2015 Jan
46% 700ml

暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:お菓子のカラメリゼを思わせる焦げ感の少しある甘い香り、バタークリーム、プルーン。生木っぽさも少々あるが、全体的には嫌みの少ないふくよかで濃いアロマ。

味:口当たりは甘口濃厚でしっかりしたシェリー感、そこにエドラダワーらしいクリーミーさ。濃い目のシェリー感と合わせてカフェオレのよう。プルーン、葡萄の皮、タンニンがフィニッシュにかけて感じられる。コクのある味わいで、余韻も長い。
このクリーミーさが無ければ、ひどく単調なただの近年シェリー系ウイスキーになっていた。


シェリー樽は影響が強いので、スペイサイド・ハイランド系は全体の完成度で比較することが多い中、エドラダワーは濃い味わいの中でも個性が感じられるのが特徴だと思います。
このボトルもこってりとしたシェリー感に現行エドラのクリーミーさがマッチ。先日記事にしたフェアリーフラッグにも似た構成です。加えて値段が5000円程度になるということで、流石資本元のボトラーズリリース。
猛暑の夏には閉口してしまう構成ですが、秋の新作としては店頭に並ぶのが楽しみなボトルです。

それにしても、エドラがここまで面白い蒸留所だとは思いませんでした。
まだ直近のリリースで突き抜けたボトルに出会ったことはありませんが、将来性を感じる味わいです。
昨今、ボディというかコクというか、ウイスキーそのものの味が薄くなったということは、たまにテイスティングの中で触れますが、このコクをクリーミーさが補ってくれて、飲み応えのある味わいに仕上がる傾向が感じられます。
オフィシャルの通常進化はもとより、例えば2000年頃の蒸留で、25年くらいでバーボン樽、ピーテッドで48%とか良さそうだなあと、先のリリースにも期待しています。

キングスランサム1960年代流通

カテゴリ:

昨日は7月17日、第二次世界大戦におけるポツダム会談が始まった日です。
日本としては負けた戦争の話をネタにせんでもって話ですが、そのポツダム会談の晩餐の場で出されたのがキングスランサム。あまりの旨さに王様の身代金に匹敵すると言われた名前の由来や、日本では漫画レモンハートでの幻のボトルという解説、ラウンド・ザ・ワールドのこだわりの製法等、役の多いボトルだけに興味をもたれているドリンカーも多いと思います。
ポツダム会談当時からは新しい時期の流通になりますが、比較的状態のいいボトルを入手することが出来、じっくり飲み進めています。やはり今日の更新は、このキングスランサムが相応しいでしょう。

KING'S RANSOM
"ROUND THE WORLD"
GLENFORRES GLENLIVET BLEND
1960's
43.2% 750ml
IMG_2987

評価:★★★★★★★(7)

香り:馥郁とした濃く甘い香り。メープルシロップ、プルーン、微かにアーモンド。時間を置くと微かなハーブ、マッカラン系のスムーズなシェリー香。

味:クリーミーな口当たり、でリッチなシェリー感と濃い甘さから、徐々にカラメルのビターさ、麦芽、胡桃。
甘いメイプルシロップの香りが鼻に抜ける。フィニッシュはビター、ウッディーなタンニンが程よく口の中を引き締め長く続く。


まるでマッカランのように濃厚でスムーズな、そして程よいタンニンが染みこむシェリー系のブレンデットウイスキー。
ブレンデットっていうかほぼモルトじゃないかって構成です。実際、先日エドラダワー蒸留所のパフュームが無くなって美味しくなったという記事は書かせていただきましたが、そのクリーミーさを味わって、まず真っ先に思い浮かべたのがこのボトルでした。
キングスランサムは、ウイスキーの司祭と呼ばれた名ブレンダー、ウィリアム・ホワイトリー氏が、そのブレンドの理想のひとつとして作ったもの。原酒は彼が求めたエドラダワーがふんだんに使われているとのことで、同蒸留所の酒質変化の影響をダイレクトに受けている銘柄でもあります。

1950年代、1960年代流通のキングスランサムはクリーミーなエドラダワーの香味。こってりとしたシェリー、カラメルの風味ともマッチしています。しかし1970年代の後期流通、1980年代流通のキングスランサムは見事なパフューミーで、まぁ好きな人は好きなんでしょうけど、自分はちょっと持余します。
少なくとも、愛した姿とベツモノになってしまったエドラダワーを天国からホワイトリー氏はどう見ていたのか・・・。

同氏がエドラダワー蒸留所の買収に成功したのが晩年となる1925年。そこからまず同氏はエドラダワーを使ってハウスオブローズというイギリス上院議会向けのブランドを手がけます。
そしてその後作られたキングスランサムはさらにもうひと手間、ブレンド後のマリッジを世界一周航路の帆船の中で行う”ラウンド・ザ・ワールド”の手法がとられており、氏のこだわりを徹底的に具現化したウイスキーとなっています。
マリッジに使った樽はもちろんシェリー樽。真偽のほどはわかりませんが、常にじめじめとした湿度と、適度な揺れのある帆船の船底は、ウイスキーの貯蔵に最適だったのだとか。
ちなみに船側としてはバラスト代わりに樽を積むのは問題ない話で、世界1周どころかプライベートブランドでは世界を3周したウイスキーもあったそうです。

時期的には同氏のブレンダー人生の集大成でもあったボトル。まだオークション等での購入も可能ですが、BARでも出してくれるところはあるので、気になる方は是非飲んでみてください!
良い仕事してるウイスキーだと思いますよ!

IMG_2989
(キングスランサム1960年代流通の背面ラベル。世界一周航路としてケープタウンを出発して最終的にスコットランドに戻ってきていることが書かれている。)

エドラダワー・ニューリリース2品 「フェアリーフラッグ」「バレッヒェン10年」

カテゴリ:
ブログ開設から100日ちょい、気がつくとアクセス数が20万を越えていました。
っていうか6月のアクセスが月半ばにして10万越えですので、もうなんていうかニッカショックぱねェ・・・。

特段お祝いムードでもないなか、いつも情報を頂いているSさん経由で嬉しいボトルが手に入ったのは一昨日の事。それが郵送されてくるはず。
じゃあ毎日更新し続けた自分に、ささやかなご褒美をあげようじゃないかと、「俺、帰ったらボトル開けるんだ・・・」なんて余裕こいてフラグ立てたら…。
本当にフラグになっちゃったんですよね。

帰ったのは今朝の5時でした。エーエム5時(´Д` )
飲み会じゃないですよ、仕事ですよ仕事。
とある仕事で先輩社員の不手際で経理部門がブチギレし、明日までに書類雁首揃えて持って来いや!と。
それでなぜか自分だけが居残りで朝までコース。なので今回は飲んでる暇なんてありません。
暫定評価ですが、先日の面白かったボトル2本、ネタにしておこうと思います。


スコットランド最小の蒸留所、エドラダワー。高い評価とそうでもない評価が混在する蒸留所ですが、最近、このエドラダワー蒸留所が面白いと感じています。
最近と言っても今現在がどうかはわかりません。少なくとも10~15年前の蒸留の現行品エドラダワーが面白いのです。パフュームがなくなり、エドラの特徴とも言えるクリーミーなフレーバーが戻ってきています。
先日の衝撃を受けたオフィシャルスタンダード10年に始まり、今回の2本のファーストインプレッションも中々良い出来でした。


エドラダワー
フェアリーフラッグ
15年 46% 700ML
暫定評価:★★★★★★(6)

"ミルクチョコレートを思わせる甘いアロマ、砂糖漬けのレーズン、徐々にウッディネス。
口当たりは濃厚な甘さとエドラクリーミー、プルーン、徐々にタンニン、かすかに焦げた木。舌先に刺激を感じる。"

エドラダワー
バレッヒェン 10年 
700ml 46度 
暫定評価:★★★★★★(6)

"バニラ、スモーキー、時間とともにグレープフルーツピールと柑橘のアロマが裏からちらほら。ヨードっぽさも感じる。
口当たりはクリーミーでピーティー、しっかりしている。焦げたピート、バニラ、レモンピール。どこか軽い印象があるが、それをクリーミーさが補っている。スモーキーな余韻。"


シェリーのほうは限定品で、15年熟成のシェリー樽原酒。エドラダワーのクリーミーさがシェリー樽の濃厚な風味とうまくマッチし、近年詰めとしては珍しく嫌みの少ない濃厚系に仕上がってます。
これはこれで良いのですが、それ以上に面白かったのがバレッヒェン10年。
もうなんていいますか、ラフなんですよね。ラフロイグ(笑)。
注意深くしていると微かにエドラダワーのクリーミーなフレーバー、アロマが感じられるのですが、それ以外はほぼラフロイグだと感じる味わいです。

エドラダワーといえば2002にラフロイグを引退したイアン・ヘンダーソン氏をマネージャーに抜擢。そのイアン氏が仕込んだのがピーテッドなエドラダワーです。これがイアン氏がエドラダワーに再就職する条件だったとか・・・。
ラフロイグを思わせる風味に仕上がっているのは、偶然か、果たして狙い通りなのか。

オフィシャル10年のラフロイグよりちょっと値は張りますが、美味いし面白いボトルだと感じます。ここ数日で4本も買っているので財布と相談して自重しましたが、抱えて加水にハイボールにと、色々試してみたいと思ったボトルでした。
特にブラインドテイスティングで出したら、何も知らない参加者は全員驚愕だと思いますよ。腹黒認定はされるでしょうがw


追記:いつもご覧いただいている皆様、ありがとうございます!
これからもいろいろ試しながら書いて行きますので、よろしくお願いします。

このページのトップヘ

見出し画像
×