タグ

タグ:エイコーン

イチローズモルト モルト&グレーン ウィスキープラス5周年記念 59%

カテゴリ:
IMG_20191209_220428
ICHIRO'S MALT 
Malt & Grain 
Single Cask Blended Whisky 
For THE WHISKY PLUS 5th ANNIVERSARY 
Cask type Bourbon barrel 
Botteled 2019 Aug 
700ml 59% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度 
場所:ジェイズバー
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライでアメリカンウイスキーを思わせる穀物感。ペパーミントやハッカのようなスーッとする鼻腔への刺激に続いて、メローであまやかなオーク香が奥から広がる。若干青みがかったニュアンスもあり、青リンゴや瓜に似たフルーティーさも感じられる。

味:ドライでスパイシーな口当たり。一瞬メローなアメリカンウイスキー系の甘味があるが、出涸らしの茶葉を口に含んでいるような、ウッディでビターな渋味が強く感じられる。
余韻はウッディでビター。オレンジピールや和生姜、軽いえぐみを伴うスパイシーなフィニッシュ。

所謂ワールドブレンデッドタイプ。第一印象はアメリカンウイスキー系の味が強く、そこに混じる秩父原酒や内陸モルトのモルティーさ。ウッディさもさることながら、特に味に渋みが強い。ブレンドに使ったグレーンか、またはシングルカスクブレンデッドとしてマリッジに使ったバーボン樽から、そういうニュアンスが出てしまったのだろうか。少量加水すると馴染んで多少バランスが良くなる。

IMG_20191209_222930

先日、駒ケ岳を紹介した、池袋にあるエイコーンさんの直販店「ウイスキー・プラス」の開業5周年記念ボトリング。
順番が逆になりましたが、駒ケ岳よりも先に発売されていたのがイチローズモルトのモルト&グレーンのシングルカスクブレンデッドです。

テイスティングのとおり、アメリカンウイスキーの風味と秩父モルトの風味をあわせ持つ、なかなかに特殊な1本。前面にあるのはバーボン、奥から秩父モルトが顔をだすような・・・それだけなら過去のモルト&グレーンの限定品でも珍しくない作りですが、このボトルは特に樽由来の渋みが強く出ていて、グレーンとモルトの間をウッディな苦味や渋みが繋いでいるような、個性的な仕上がりとなっています。

使われている原酒を香味から推察すると、グレーンは比較的穀物感残った、アメリカンウイスキータイプのもので10年熟成程度。秩父モルトは5年程度、そこにバルクのほぼノンピートの内陸原酒で10~15年程度のものをいくつかブレンドしたようなレシピでしょうか。比率としてはグレーンが多めのようにも感じます。
若さが目立つタイプではないですが、長期熟成というタイプでもなく。しかしながらレビューでも触れた渋み、苦味が強いのは、シングルカスクブレンデッドとして樽詰に用いたバーボンバレルから、その系統のフレーバーのみが強めに出てしまったのかもしれません。

ひょっとするとですが、カスクサンプルだとこのブレンドはもう少し甘味や果実感があったけれど、ボトリングしてみたら想定外に樽由来のタンニン系統のフレーバーが強かったというタイプなのかも。
バーボンやカナディアンもイケる方は許容できるかもしれませんが、自分はちょっとアンバランスに感じる仕上がりでした。

駒ヶ岳 3年 2016-2019 ウイスキープラス 5周年記念 62% #3303

カテゴリ:
IMG_20191209_220640
KOMAGATAKE 
MARS WHISKY 
Single Malt Japanese Whisky 
Aged 3 years 
Distilled 2016 
Bottled 2019 
Cask type Bourbon barrel #3303 
For WHISKY PLUS 5th ANNIVERSARY 
700ml 62% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封当日
場所:ジェイズバー
暫定評価:★★★★★(5)(!)

香り:若さに通じる酵母香と酸のある麦芽、ニューポッティーなアロマがあるが、それがスモーキーな要素のなかでシトラスや若い林檎を思わせる果実要素にも感じられる。

味:口当たりはフレッシュで爽やかな柑橘感、香り同様に酸味を伴う口当たりで、乾いた麦芽風味からじわじわとピーティーでスモーキーなフレーバーが広がる。
余韻はピーティーでほろ苦く、仄かにニューポッティーな要素が残る。

若いなりに整っていて、普通に飲めるモルト。若さが嫌みではなく、爽やかさと果実感に繋がっていて、ネガ要素もピートで程よくマスクされている。こうした原酒の素性の良さ故、今この瞬間以上に蒸留所の5年後、10年後への期待が高まる原石のようなモルト。

IMG_20191209_223016

輸入業者のエイコーンの販売店舗であるザ・ウイスキープラスの開店5周年を記念した限定リリース。3年と若い原酒ですし、あまり期待はしてなかったのですが、テイスティングの通りそれなりに飲ませる味わいで、驚かされました。

勿論、熟成感は年数なりで、この時点で突き抜けて素晴らしいとは言えないのですが、若いだけでない良さを感じさせてくれるんですよね。
ネガティブな要素が目立たず、ボディもそれなりにあり、特に熟成で消えづらい発酵したような要素や先天性のオフフレーバーに類するものが少ない。ピートの馴染みも現時点で悪くなく、20ppm故に原料由来、樽由来のフレーバーとも喧嘩していない。
このままバーボンバレルで綺麗に熟成したら、それこそ昔のピーティーな時代の内陸スコッチモルトを思わせる仕上がりになるのではと、将来性を感じるのです。
(最も、日本の場合は樽が強く出るためどうしても"綺麗に"、というのが中々難しいのですが。。。)

信州蒸留所は2014年末のオフシーズンに、休止前から使い続けて老朽化した蒸留器を交換し、形状はほぼそのままでリニューアルしています。
最初の年というのはどの蒸留所も設備の癖をつかむまで時間がかかると聞くところ、色々馴染んだ2年目は良い原酒が出来てきたのか。あるいは元々良いのか。また最近鉄製だった発酵槽を木桶に変更していますし、更なる変化も見込めそう。。。
お恥ずかしいながら、マルスの若いのは「まだ良いか」くらいに考えて、そこまで飲んできていないので相対評価が出来ません(汗)。
その点で、自分にとっては他のヴィンテージの現時点にも興味を抱くきっかけになる、文字通り興味深い1本でした。

IMG_20191205_204425

今日のオマケ:コノスル ピノ・ノワール 20バレル 2017

先日オマケに書いた、コノスルのシングルヴィンヤード・ブロックNo,21の上位グレード。お値段税込み2600円。Web上の評判は中々良いのですが、個人的にコノスルに2000円以上出すのはどうかなという、よくわからない抵抗感と、先のブロックNo,21が2000円以内の価格帯では一番好みということからくる「もうこれでええやん」という安定思考で、気にはなっていたものの手を出さずにいたワイン。

知人の後押しもあり、思いきって購入。
結果、評判通り良かったというオチ。
カリピノの日本市場で4000~5000円のワインにあるような、どっしりとした香味構成。初日は序盤の新世界ピノの熟したブルーベリーやカシス、赤黒系の果実を思わせる甘酸っぱさから、余韻にかけてしっかり目のタンニンと樽香が、軽いスパイスと共にグッと来る感じ。
これは後半部分がなんとかなれば。。。と思ってバキュバン保管で1日置いたところ、そのタンニンが馴染みはじめ、良い塩梅に変化。

また出張で家を空けたため、開封5日後バキュバン保管のブツを恐る恐る飲んでみましたが、普通に問題なし。
甘味が少し減った分、他の香味と混じってこなれて。。。これはこれで良い。かなりロングライフなワインなのですね。
つまるところ、新しいヴィンテージはデキャンタで速攻開かせても、今回みたいに時間をかけて飲んでも、あるいは熟成させても良いんじゃない?と。

ブロックNo,21はチャーミーというか、ベリー系のフルーティーさを支えるボディに少し軽さがあるので、そこが日本円3000円くらいののピノというイメージですが(それでも充分なコスパ)、この20バレルは確実にその上位グレードを意識した作りです。
今の自分の能力じゃ、まじでナパピノとの区別がつかない。。この価格でこれってスゴいんじゃね?という気付きを得られたので、即飲めるブロックNo,21以外に、じっくり飲んでいく20バレルの2種類をストック決定です。

グレンリベット 39年 1974-2013 エイコーン スペイサイド 51.3%

カテゴリ:
IMG_4380
SPEYSIDE
GLENLIVET
Aged 39 years
Distilled 1974
Bottled 2013
Cask type Sherry #8179
700ml 51.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:甘酸っぱくリッチなシェリー香、スパイシーな刺激もある。レーズンやクランベリー、ダークフルーツの入ったパウンドケーキ。時間と共により豊かなフルーティーさや艶やかな甘みが、ウッディーなほろ苦さと共に開いてくる。

味:リッチでコクのある口当たり。葡萄を皮ごとかじったような果実味とほろ苦さ、枝付きレーズン、微かにドライベリー。じわじわとカカオチョコレートを思わせるほろ苦いウッディネスが広がる。
余韻はドライ、スパイシーな刺激と共にシェリー樽由来の高貴な甘いアロマが鼻腔に抜けていく。

古きよき時代を思わせる、リッチでスパイシーでふくよかなグレンリベット。このシェリー感は、近年主流になりつつあるスパニッシュオークのシェリー樽では出せない。
加水不要。チェイサー片手にストレートで。


エイコーンからリリースされた、オリジナルボトリング。当時はしれっと発売されて、結構美味しいよと噂が立つ頃にはしれっと売り切れていた、そんなボトルだったと記憶。最近すっかり見なくなった、オールドタイプのシェリー感を持つ1本です。

ボトラーズを中心に1960年代から1970年代前半のグレンリベットは数多くリリースされていたところですが、その中でも特にBBR系列の同蒸留所リリースに、安定して良いものが多かったように記憶しています。
酒質の点で共通するのはニュートラルで癖のないベースにスパイシーな刺激。以前46%加水でありながら、今回のボトル以上にビリビリ刺激のくるボトルに当たったこともあり、この時期のグレンリベットの特徴だったのだろうなと思います。

一方、特筆すべきはシェリー感です。こうした香木感のあまり無い、30年以上の熟成を経てなおフルーティーで果実味のあるシェリー系モルトは、ボデガ払い出し、ソレラで使われていたアメリカンホワイトオークのシェリー樽によるものと考えています。
この手のシェリー感はここ1〜2年のリリースには本当に数がなく、モノによっては貴金属か何かかという価格がつくこともしばしばです。

現在ウイスキー業界では、古くウイスキーの熟成に使われてきたシェリー樽とは、シェリー酒輸送用のスパニッシュオーク樽であり、1986年に樽でのシェリー酒輸出が禁止されたため、それを再現するべくスペインのボデガではシーズニングでウイスキー熟成用の樽が作られている、という説が公開されています。
この説には違和感があり、根本的に辻褄の合わない部分が複数あります。
その点についてこの記事で指摘していくことは避けますが、何れにせよ古典的なシェリー樽熟成モルトを再現するのがシーズニングシェリー樽の当初の目的、到達点とするなら、この系統のボトルが量産されるようになれば、同技術・ノウハウは完成の域に到達したと言えるのだと思います。

しかし残念ながら近年のそれは熟成期間の長さとは無関係に、この領域とは別のところにあり、ゴールはまだ先にあると感じます。
ただ、別なベクトルで好ましい味わいの近年系シェリーのウイスキーを生み出しているのも事実。10年後、20年後、いつか今回のグレンリベットのような味わいのボトルが量産されるようになることを、愛好家の1人として願っています。

ブナハーブン 21年 1990-2012 エイコーン 53.1%

カテゴリ:

BUNNAHABHAIN
ACORN’S Natural Malt Selection
Aged 21 Years
Distilled 1990
Bottled 2012
(Cask type Sherry)
700ml 53.1%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:こなれた感じのリッチなシェリー感。ブラウンシュガー、微かな硫黄、徐々に黒蜜の甘い香りに変化。樽由来の軽いえぐみとビターなウッディネスも感じられる。

味:甘くリッチなシェリー風味。プルーン、カラメルソース、カカオチョコ、微かな硫黄。
中間はリッチな甘みからビターなフレーバーへ、余韻は甘くドライ、ほろ苦くウッディーで長く続き、チョコレートを思わせる戻りもある。


エイコーンがリリースしたブナハーブンのシェリーカスク仕様と思しきシングルカスク。
1980年代、1990年代のブナハーブンはシェリーのリリースが多いものの、所謂近年シェリー系というか、えぐかったり、硫黄が強かったり、好みを分けるボトルが多い印象があります。

今回のボトルもまた若干の硫黄感はあるのですが、全体的にはこなれていて嫌味が少なく、リッチな甘みとビターなウッディネスを楽しめるボトルに仕上がっていました。おそらく口開けはもっとえぐみが強かったのでしょうけれど、開封後の変化が良い方向に作用しているようです。
先日飲んだTWAのブナハーブン1991もシェリーそのものの質は良かったので、やはり1990年頃のブナハーブンは樽のめぐりが良かったのでしょうか。1990年前後の樽がどの程度残っているかわかりませんが、こういうシェリー系のリリースだったらアリだなと思います。

 
飲んでる最中にサービスで出てきた、チョコのショットグラスで飲むウイスキー。
選んでいただければ入れますよ、と中身は選択制で、「マスターのおすすめは?」と聞けば、シーバスミズナラというので「じゃ、それで」と。
実はシーバスミズナラはのっぺりとした味わいがあまり好みではないのですが、チョコレートの香りが良いアクセントになって、中々楽しんで飲む(食べる)ことが出来ました。
ただ、チョコレートは持つたびに溶けていくので、ゆっくり持っていると滑り落ちてしまう。サッと飲んで残り少なくなったらまとめて口の中へ。
シェリー系のウイスキーやバーボンなんかと、相性がよさそうな飲み方ですね。

インペリアル 17年 1995年蒸留 2012年ボトリング 52.3% エイコーン

カテゴリ:
IMPERIAL 
ACORN’S Natsural Malt Selection 
Aged 17 Years 
Distilled 1995 
Bottled 2012 
52.3% 700ml 
 
【ブラインドテイスティング】
地域:ハイランド(グレンモーレンジ)
年数:15~20年
度数:46%
樽:バーボンホグスヘッド
 
グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:BAR(TWDイベント)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)
 
香り:ドライでオーキーな香り立ち、蜂蜜やバタースコッチの甘み、洋ナシ、リンゴのフルーティーさ、シトラスを思わせる爽やかなアロマもある。徐々に麦芽香やクルミ、ツンとした木香由来のエッジも立ってくる。
 
味:柔らかくオーク風味主体の口当たり。ワクシーな麦芽風味、マシュマロ、ドライアップル、盛り上がるような甘味から徐々にウッディでドライな舌触りへ。余韻はスパイシーで木材由来の渋み、エッジ、オーキーで華やか。
TWDでのテイスティング。Ambrosiaのマスター(名和さん)からの出題。エイコーンのどんぐりこと、ネイチャーシリーズのインペリアルです。
樽感主体なモルトで、樽材をしゃぶってるレベルのオーキーな風味がまず感じられますが、その中から麦芽系の風味など、いかにもハイランドなモルトという個性も感じられました。
その結果、テイスティングを一通り終えた全員の議論はハイランドだとしたら「どの蒸留所か」という方向に。そして結局モーレンジとしか思えないと。
自分は予想がふらふらしていて、モーレンジっぽいんだけどなんか違うというか、近年の樽感主体ロングモーンもありえるかなーなんて、そもそもハイランドじゃない蒸留所を出してきたり。度数の絞り込みも全然ダメですね。
 
スコアについては「樽しゃぶり系」の香味構成に対するとらえ方で、一番上の評価が4点、下が2点と分かれています。
その他の構成要素に関する評価はほぼ平均的でしたが、この構成を好みに感じなかった飲み手は、余韻も短いと感じたようです。意識が樽系のフレーバーに行っているのが、良い点、悪い点、どちらにも働いているように感じます。
こういう系統のボトルは最近のボトラーズに多いので、また感想をまとめてみたいです。
 
そう言えば前回のTWDでもインペリアルが出題されて、ハイランド、それもモーレンジを予想していました。もうインペリアルは大丈夫だろうと思ってたのに、これです(笑)。
会の後半に入って集中が切れてきたのか、しっかりとボトルに向き合えてない証拠であり、これじゃいかんなぁと、次の1杯に向けて褌を締めなおす良いキッカケになりました。
(順番は前後しますが、ラストはスプリングバンク ローカルバーレイ16年でした。)

このページのトップヘ

見出し画像
×