タグ

タグ:ウイスキー特級

グレンドロナック 12年 1964年蒸留 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191111_083107
GLENDRONACH 
Aged 12 years 
Gleen dumpy bottle 
Distilled 1964 
1970's 
760ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルMさん
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:古典的な麦芽香。あぶったナッツの軽い香ばしさとピートのスモーキーさ。熟成したソーテルヌワインのようなの甘みが一瞬あり、グレープフルーツを思わせる爽やかな要素からトロピカルなアロマ。軽い陶酔感がある。時間経過でスモーキーさが主張を強めてくる。素晴らしい。

味:しっかりとコクと香ばしさを感じる麦芽由来の風味。存在感のあるオールドピートがほろ苦さ、土っぽいニュアンスを感じさせ、奥にあるパイナップルやライチのようなフルーティーさを燻している。
加水なりのスムーズさもあるが、決して香味が薄いということはなく満足感は高い。
余韻はピーティーで軽くスパイスの刺激、染み込むようにほろ苦いスモーキーさが長く残っていく。

香りが特に素晴らしく、それだけでご飯3杯。樽由来ではなく麦とピートが織りなすフルーティーでスモーキーな香味構成であり、古き良き時代の内陸系モルトの代表的なキャラクターのひとつである。系統としては同時期のロングモーンとも似ているが、このドロナックのほうがピートが強い印象。
なお、このボトルは近い将来香味の一部が鹸化反応を起こしてダークサイド(パフューム)落ちてしまう可能性がある。おそらく今が最後の飲み頃、今のうち飲んでおきたい。


最近ご無沙汰だったグリーンダンピー・ドロナック。サンプル交換ありがとうございます!
この仕様のグレンドロナックは8年と12年があり、近年グレンドロナックが良質なシェリーカスクで非常に高い評価を受けるままでは、他の有名スペイサイドモルトに全く劣らない味わいをもっていながらも、コアな愛好家向けのボトルという位置付けでした。(最近は良さが理解されたのか、すっかり高嶺の華に・・・)

当時のグレンドロナックの酒質の特徴は、麦芽に由来すると思われる絶滅危惧種のトロピカルフレーバー。テイスティングで触れたように60年代蒸留のロングモーン等にも見られるそれが、この時代のドロナックにも感じられます。
当時のグレンドロナックは1960年にティーチャーズ傘下となり、1966年から1967年にかけては増産のためポットスチル2基の増設工事に着手。(2→4に増加)
元々あったスチルのほうは1920年頃から同じものが使われ続けてきたそうで、蒸留方式はもちろん今は無き石炭直火炊きの時代です。

味に厚みがあってどこか香ばしさも伴うのは、麦芽品種の影響以外に蒸留方法由来なのか。
また、今回のボトルは1964年蒸留ですから、増設工事の前、ティーチャーズ傘下に移った後の仕込みということになります。
1970年代以降流通のティーチャーズはアードモアを軸としつつ、対外輸出等を見据えてブレンドをライトに仕上げていく傾向があり、プレーンな樽での原酒を60年代から相当数仕込んでいたのでしょう。今回のボトルに使われた原酒は樽感があまり強くはなく、しかしそれが酒質由来のフルーティーさ、ピーティーさを邪魔しない絶妙なバランスに繋がっているのです。

ひょっとすると、当時のグレンドロナックは短熟でリリースするのはプレーンオーク、長熟がシェリーカスクという整理だったのかもしれません。
ブレンドに使われてしまったからか、60年代のドロナックでプレーンオーク系統のカスクストレングスがリリースされているのは見たことがありません。
当時のグレンドロナックのシェリーカスクが素晴らしいのは言うまでもありませんが、もしそのボトルがリリースされていたら、伝説の一本になったのではないかというポテンシャルが感じられるだけに、どこかに無いものかなあと。。。

ホワイトホース 12年 アメリカズカップ 1987 記念ボトル 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191027_073252
WHITE HORSE 
AGED 12 YEARS 
RPYC AMERICA'S CUP 1987 
LIMITED EDITION SPECIAL BLEND 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ザラメやキャラメリゼを思わせるスウィートでドライなアロマ。合わせて干し草を思わせる軽い植物、おこし、淡いスモーキーさを伴う。

味:スムーズな口当たり。鼈甲飴や薄めた蜂蜜のような甘味からドライでスパイシーな刺激。序盤はプレーンなフレーバー構成だが徐々に染み込むようなピートが主張し、ほろ苦いスモーキーフレーバーが長く続く。

近年寄りな構成のブレンド。同じ12年熟成のローガンとは異なる構成で、ボディはやや軽くグレーンの主張と、モルトはクレイゲラヒやグレンエルギンがメインという印象で、ラガヴーリンは隠し味。言わば同時期のスタンダードのホワイトホースをそのまま12年熟成にしたようでもある。

IMG_20191027_073335

ヨットレースの世界最高峰と言われる、アメリカズカップの公式ウイスキー。ゴルフなどではこの手のリリースがよく見られますが、ヨットの大会では珍しい・・・というか、調べる限り後にも先にもアメリカズカップでウイスキーがリリースされたのは、この1987年だけのようです。
なぜ1987年のアメリカズカップなのかというと、それはおそらくこの年の大会運営が、オーストラリアのRPYC(ロイヤル・パース・ヨット・クラブ)だったことと、大会そのものの話題性の高さが経緯として考えられます。

当時のイギリスとオーストラリアの関係の強さは言わずもがなですが(1986年までオーストラリアはイギリス国籍であり、完全に独立していなかった)、話題性についてはこの大会の歴史に少し触れる必要があります。
そもそもアメリカズカップはアメリカの大会ではなく、1851年の万国博覧会で開催されたヨットレースで、アメリカのチームが優勝してヴィクトリア女王からカップを下賜されたことがルーツにあり。その後、この優勝カップは優勝したチームが次の大会まで保持するものとして、国際大会に発展してきた歴史があります。

アメリカ号のカップ争奪戦(AMERICA'S CUP)として大会が初めて開催されたのが1870年。以降、この優勝カップは100年以上アメリカチームが保持し続けていましたが、連勝記録がはじめて途切れたのが1983年の第25回大会。ニューヨークヨットクラブをオーストラリアのRPYCが破ったことで、大会史上はじめてアメリカ国外にカップが流出することとなり、1987年第26回大会はアメリカ側にとってのリベンジマッチとして注目を集めていたのです。
この大会はアメリカのチームが勝利し、カップを奪還。絶対王者の敗北から勝利へ、苦難の物語は小説や映画にもなっています。

そんなわけで、本ボトルはヨット競技が好きな人にとってはたまらない1本と言えますが、ウイスキー愛好家視点で注目すべきは12年表記とブレンド構成です。
当時ホワイトホース銘柄から12年熟成のウイスキーはリリースされておらず、使われていたのは上位グレードのローガンのみ。少し後、1987~1988年頃には日本市場向けでラガヴーリンの効いたデラックス12年が発売されますが、デラックス12年がローガン系統だったのに対し、こちらは当時のホワイトホースのベクトルそのままに、スモーキーさを抑え、内陸原酒とグレーンを主としてバランスよく作ってあるように感じます。

ラベル張り替えではなく、特別にブレンドされたものなのでしょう。ホワイトホース社(UD)の本気が感じられるようでもあります。
ただ当時のホワイトホースはアメリカ市場で苦戦していた傾向があり、表記から流通時期を推察するとボトルが日本に流通したのは大会後。。。ということは、在庫になってしまったのかもしれません。
1988年の第27回大会でホワイトホースがリリースされなかった理由は、推して知るべしといったところですね。

IMG_20191023_194813
今日のオマケ:ジャクソンエステート・アンダーソンヴァレー ピノ・ノワール 2015

口当たり柔らかく、チェリーやクランベリー、ザクロら赤い果実の熟したようなフレーバーはシロップのような甘味も感じさせる。飲みやすいしらしさもある美味しいカリピノだが、水っぽさというか、やや変化に乏しい。余韻のタンニンも口当たり同様に柔らかく、ほのかにハーブ香を伴うソフトなフィニッシュ。完全に早飲み系で、あまり熟成向けではないのかも。

ケンダルジャクソンの単一畑のリリースで、上位グレードがジャクソンエステート。単一故に骨格のしっかりした味わいかと思いきや、一口目の印象はかなりソフトでちょっと肩透かし気味。その後時間経過で酸も出てバランスが取れてきましたが、全体的に穏やか過ぎるかなぁと。
例によってアメリカンな肉料理と合わせましたが、これはちと肉が勝ってしまったような(汗)

IMG_20191023_195945

デュー オブ ベンネヴィス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190925_123456
DEW OF BEN NEVIS 
OLD SCOTCH WHISKY 
Ceramic decanter 
1970's 
760ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封直後
場所:お酒の美術館
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとした骨格を感じるリッチな香り立ち。香ばしさのあるカラメルソースとオールブラン、奥から熟した果実を思わせるフルーティーさ。また、微かにスモーキーなニュアンスも伴う。

味:ややアタックが強く、ボディはそれほどでもないが余韻にかけてひりつくような刺激に繋がる。フレーバーは香り同様で、色濃い甘味から香ばしさとほろ苦さ、徐々にフルーティー。ピートを伴うトロピカル感がカラメルソースを思わせるフレーバーのなかに溶け込んでいる。
余韻はビターでハイトーン、微かにハーブのようなフレーバーを伴って張り付くように残る。

若干コルキーなニュアンスはあるが、それ以外はアルコールや香味の骨格もしっかりとしていて状態は良好。年数表記はないが、おそらく通常リリースと同じ8年程度だろう。それに由来するアタックの強さがある一方で、構成は熟成したグレーン多めの中にモルティーさの感じられる作り。キャラメルのような甘味の奥に、熟した南国果実の風味が潜んでいる。

IMG_20190924_205446

表記はベンネヴィスですが、シングルモルトではなくブレンデッド。当時の通常品はダンピー形状「Dew of Ben Nevis(ベンネヴィスの滴?)」8年表記で販売されていた銘柄の、セラミックボトルバージョンです。
蒸留所の名前がそのままブレンデッドに使われているというのは、トマーティン・BIG-Tと似ていますね。

リリースを遡ると、デューオブベンネヴィスは、1970年代がリリース最初期のようです。
その後1980年代は存在が確認できず、1990年代に入ると12年熟成のものと、ノンエイジの"蔵出し"がリリースされるようになります。
ベンネヴィス蒸留所は1978年に操業を休止しており、それを1981年にロングジョン社が買収。1984年には一時的に再稼働しますが、78年の操業休止とともにブレンデッドの生産も終了していて、その後原酒はロングジョンに優先的に供給。1989年にニッカ傘下に移った後、オリジナルのブランドを再開したとすれば、時系列に違和感はありません。

8年熟成にしては色濃い作りで、香味にはシェリー系のニュアンスを感じるだけでなく、この時代の他のブレンデッドとは異なる独特の香ばしさやフルーティーさを備えています。
このフレーバーをもたらしたキーモルトはベンネヴィス。そして主要なグレーンもおそらくベンネヴィス。ベンネヴィス蒸留所は、1955年に連続式蒸留器コフィースチルを導入し、スコットランドで初めてグレーンウイスキーとモルトウイスキー両方を作ることが出来る単一蒸留所となった経緯があり、モルトとグレーンで充分な量が確保出来たことから、自社としてもブレンデッドの生産に動いた(ただしメインは他社への原酒供給だった)、ということなのではと考えられます。

余談ですが、この紛らわしいベンネヴィス表記のブレンデッド。スコッチ法改正に伴って蒸留所名をブレンデッドウイスキーにそのまま使うことができなくなり、現行品はネヴィス・デューとしてリリースされています。
ただ法改正が行われたのは近年で、上記トマーティン含めて約40年そのままだったのは。。。おおらかというかなんというか(笑)

IMG_20190925_183115
今日のオマケ:カレラ ピノノワール セントラルコースト 2013
個人的にかなり気に入っている銘柄。ウイスキー仲間からも評価の高いボトルです。
以前1年違いの2012をレビューしていますが、それ以来迷ったらこれという位置付け。
5年くらい熟成させたカレラのセントラルコーストは、香味とも柔らかく、カリピノらしく熟したベリー感に加えて余韻のタンニンも適度でするする飲めてしまう。変に甘味も強くないし、バランスのよさが良い感じ。
こういうのを週末の家御飯で使えるようにストックしておくのは、アリだと思うのです。
だからまあまとめ買いも仕方ないってことで。。。

スプリングバンク 8年 1980年代流通 特級表記 ペアシェイプボトル 43%

カテゴリ:
IMG_20190410_195603
SPPRINGBANK 
Aged 8 years 
100% Pure Malt 
1980's
750ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★

香り:強い麦芽香主体。蜂蜜レモンやグレープフルーツ、干し草、ピーティーでほろ苦いアロマがしっかりと香り、塩素を伴うスモーキーさが主張する。

:骨格がしっかりしてアタックが強く噛み締めるような味わい。おしろいっぽさのある麦感、コクのある塩気、イチゴの白い部分を思わせる酸味と仄かな柑橘感。ピーティーで香り同様にビター。余韻はスパイシーでドライ、長く続く。

樽はリフィル、あるいはサードフィルタイプのシェリー樽とバーボンオーク。つまりアメリカンオークと麦感、塩気やピートを伴う荒さ、若さゆえにアタックの強い味わいが経年でこなれ、ほどよくまとまっている。

IMG_20190410_195641

日本で比較的流通量の多い特級時代のシングルモルトのひとつ、スプリングバンク。そのため飲む機会も必然的に多くなるボトルですが、現行品のように華やかではないものの、なかなか味わい深く、そして強い味わいが魅力の1本です。

このボトルの原酒が流通した頃のスプリングバンクは、現在と異なり中々苦境にあったようです。
シングルモルトとしての評価は、1980年代の現地新聞社主催のコンペで金賞を獲得するなど、愛好家による評価は決して低いものではなかったようですが、ブレンデッドの需要が少なかったのか蒸留所は1979年から1987年まで創業を休止し、ストックを売るだけの環境にありました。

需要と供給のバランスがとれてなかったのでしょう。
ウイスキーの冬の時代が始まろうとするまさにその時期にいきなり休止。その後シングルモルトブームが起こりはじめて、その品質に見合う人気得た・・・ということなのだと思いますが、閉鎖という決断をするくらいですから相当原酒が余っていたのだと思われます。
まあこの判断が、結果将来的にミドルエイジ以上の原酒の不測も招くことになるのですが。。。

今回のペアシェイプボトルは、まさにその休止前の1970年代に蒸留した原酒を使ってリリースを行っていた時代です。
加えてスプリングバンクといえばフロアモルティング。しかし同蒸留所は操業休止の前後、1960年代にフロアモルティングを中止し、1992年に再開した歴史があるため、この時代のボトルは近年スプリングバンクと言って連想する造りのボトルではないのかもしれません。

しかしながらその味わいは風味が強く、武骨で、媚びたような華やかさがないのに惹き付けられるような魅力がある。フロアモルティングという仕組みにどれ程の付加価値があるのか、逆にわからなくなるようなリリースです。

スランジバー ブレンデッドスコッチ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
SLAINTHEVA
Blended Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5)

香り:カルメ焼きやべっこう飴を思わせる甘い香り立ち。徐々にプディングのようでもある。ほのかに古酒感、ツンとしたアルコールのアタックも開いてくる。

味:マイルドな口当たりから、ケーキシロップのような粘性のある甘み、カステラ、ほのかに醤油飴、じわじわと乾煎りした穀物の香ばしさとコクがある味わい。
余韻はほろ苦く麦芽風味やキャラメリゼ、少しベタつきがある長いフィニッシュ。

グレーンのねっとりした甘みが強いが、ハイランドタイプのモルティーさも感じられるバランスの取れたブレンデッド。原酒は10~15年熟成程度のものを中心に使われていると感じる作りに、少し高めのモルト比率が味の秘訣と感じる。甘みが強いのでハイボールは薄めでさっぱりがオススメ。



スコットランドにおける乾杯の挨拶と言えば、ウイスキー好きにはもはやお馴染みの「スランジバー」。ゲール語の意味は"大いなる健康を祝して"であり、その掛け声で「生命の水」たるウイスキーを飲む。なんとも粋な文化ですが、そのお馴染みの言葉をブランド名に使ったのが、今回のスランジバー・ブレンデッドウイスキーです。

作り手はウイスキーに限らずワインなどを買い付けてギフト向けのブランドをリリースする、ブレンドメーカーのアレクサンダー・ダン社。特段蒸留所を傘下としていたわけではありませんが、どうやらトマーティンと関係があったようです。
メーカーの設立は1965年。ウイスキーとしては、エイジング表記なしのブレンデッド以外に12年表記のそれとバッテッドハイランドモルトを複数種類リリース。これらは現地を中心に展開されたのか、日本ではスランジバー以外見かけないブランドとなっています。

スランジバーは、ピートフレーバーの少ない素朴でマイルドな味わいから、上記トマーティンの1970年前後の蒸留あたりの原酒が使われているとすれば納得の構成です。
日本には1980年代初頭頃から高島屋などの百貨店を中心に展開。また1977年にはエリザベス女王のシルバージュビリーを記念したブルーラベルバージョンもリリースされ、これも少量日本に出回った模様。ラベルに名入れをすることも出来る商品で、今回のボトルの「Slaintheva」と書かれた箇所を、希望する文字列に変更したギフトボトルも見られます。

他方、日本での流通はウイスキー冬の時代となる1990年代に途絶え、アレクサンダー社も2011年に解散したことから、一部で幻のウイスキーという紹介もされているようです。
ただし80年代後半には、ラベルに日本語表記が印字される日本向けボトルがある程度には需要があったようで、リユース市場で比較的見かけるボトルでもあります。この手のハイランドタイプブレンドは特筆する要素が少ないものの、現行品の元気が良いウイスキーに食傷気味な時に飲むと、思いがけず癒される味わいだと思います。


余談①:2018年春号のメンズプレシャス誌で、お洒落極道・島地さんが、サロンドシマジに持ち込まれたこのウイスキー"スランジバー"の素性を調べるエピソードが書かれています。当時、高島屋では1万円でこのボトルを販売していたんですね。

余談②:近年日本の千寿酒造がスペル違いで「ザ・スランジバー・ウイスキー(The Slainte Mhor Whisky)」なる銘柄をリリースしているようです。
勿論、この商品は今回のボトルとはなんら無関係である訳ですが、オーク樽で熟成した原酒にバーボン原酒とブレンド用アルコールをブレンドしたという、旧世代の地ウイスキーを思わせるなかなかの意欲作。。。は、果たして大いなる健康を祝せるものなのでしょうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×