タグ

タグ:ウイスキー特級

スランジバー ブレンデッドスコッチ 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
SLAINTHEVA
Blended Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5)

香り:カルメ焼きやべっこう飴を思わせる甘い香り立ち。徐々にプディングのようでもある。ほのかに古酒感、ツンとしたアルコールのアタックも開いてくる。

味:マイルドな口当たりから、ケーキシロップのような粘性のある甘み、カステラ、ほのかに醤油飴、じわじわと乾煎りした穀物の香ばしさとコクがある味わい。
余韻はほろ苦く麦芽風味やキャラメリゼ、少しベタつきがある長いフィニッシュ。

グレーンのねっとりした甘みが強いが、ハイランドタイプのモルティーさも感じられるバランスの取れたブレンデッド。原酒は10~15年熟成程度のものを中心に使われていると感じる作りに、少し高めのモルト比率が味の秘訣と感じる。甘みが強いのでハイボールは薄めでさっぱりがオススメ。



スコットランドにおける乾杯の挨拶と言えば、ウイスキー好きにはもはやお馴染みの「スランジバー」。ゲール語の意味は"大いなる健康を祝して"であり、その掛け声で「生命の水」たるウイスキーを飲む。なんとも粋な文化ですが、そのお馴染みの言葉をブランド名に使ったのが、今回のスランジバー・ブレンデッドウイスキーです。

作り手はウイスキーに限らずワインなどを買い付けてギフト向けのブランドをリリースする、ブレンドメーカーのアレクサンダー・ダン社。特段蒸留所を傘下としていたわけではありませんが、どうやらトマーティンと関係があったようです。
メーカーの設立は1965年。ウイスキーとしては、エイジング表記なしのブレンデッド以外に12年表記のそれとバッテッドハイランドモルトを複数種類リリース。これらは現地を中心に展開されたのか、日本ではスランジバー以外見かけないブランドとなっています。

スランジバーは、ピートフレーバーの少ない素朴でマイルドな味わいから、上記トマーティンの1970年前後の蒸留あたりの原酒が使われているとすれば納得の構成です。
日本には1980年代初頭頃から高島屋などの百貨店を中心に展開。また1977年にはエリザベス女王のシルバージュビリーを記念したブルーラベルバージョンもリリースされ、これも少量日本に出回った模様。ラベルに名入れをすることも出来る商品で、今回のボトルの「Slaintheva」と書かれた箇所を、希望する文字列に変更したギフトボトルも見られます。

他方、日本での流通はウイスキー冬の時代となる1990年代に途絶え、アレクサンダー社も2011年に解散したことから、一部で幻のウイスキーという紹介もされているようです。
ただし80年代後半には、ラベルに日本語表記が印字される日本向けボトルがある程度には需要があったようで、リユース市場で比較的見かけるボトルでもあります。この手のハイランドタイプブレンドは特筆する要素が少ないものの、現行品の元気が良いウイスキーに食傷気味な時に飲むと、思いがけず癒される味わいだと思います。


余談①:2018年春号のメンズプレシャス誌で、お洒落極道・島地さんが、サロンドシマジに持ち込まれたこのウイスキー"スランジバー"の素性を調べるエピソードが書かれています。当時、高島屋では1万円でこのボトルを販売していたんですね。

余談②:近年日本の千寿酒造がスペル違いで「ザ・スランジバー・ウイスキー(The Slainte Mhor Whisky)」なる銘柄をリリースしているようです。
勿論、この商品は今回のボトルとはなんら無関係である訳ですが、オーク樽で熟成した原酒にバーボン原酒とブレンド用アルコールをブレンドしたという、旧世代の地ウイスキーを思わせるなかなかの意欲作。。。は、果たして大いなる健康を祝せるものなのでしょうか。

マッカラン 25年 1964-1989 アニバーサリーモルト 43%

カテゴリ:
MACALLAN
The Anniversary Malt
25 years old
Distilled 1964
Bottled 1989
Cask type Sherry
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@萌木の村 パーチ
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかでしっとりとした香り立ち。ベリーや黒砂糖を思わせるふくよかな甘み、軽やかなナッツ、アーモンド、の香ばしさも混じるフルーティーさ。微かに古酒感。奥には土っぽさを伴う麦芽風味がどっしりとした存在感を発揮している。

味:スムーズでマイルドな口当たり。引っ掛かりのない上質な甘みは、ベリーやレーズンなどのダークフルーツソース、チョコレートケーキ、ほのかに黒蜜。柔らかいコクを感じる。
余韻は心地よくドライ、濃く入れた紅茶のタンニン、微かに土っぽいピート、華やかなシェリー香が鼻腔に抜ける。

マッカランがマッカランたる構成。端的に言えばシェリー濃いめでバランスが良いモルトということになるが、各要素一つ一つが整っていて、まるでビロードのよう。上質な味わい。


最近の更新で25年熟成のモルトウイスキーが続いていたので、オマケでもう一つ、マッカランのアニバーサリーモルトを。

1968年以前、まだマッカランがゴールデンプロミス種に麦芽品種を切り替える前、ゼファー種を使っていたとされる時代の仕込み。樽も自社製造が行われる前で、最近では所謂"リアルシェリー"と言われるボデガから排出された良質なシェリー樽が使われていた頃のもの。不味い訳がありません。
ただマッカランに限らず、各蒸留所で黄金を冠する麦芽品種が使われ始める前の時期が、モルトウイスキーの黄金時代と言われるのは、少々皮肉なことではあります。

この当時のオールドマッカランの特徴には、樽の良さに由来する芳醇なシェリー感や原料由来の麦芽風味もさることながら、その上に成り立つビロードのように滑らかな口当たりがあると感じています。
12年クラスはまだ荒さが残っているものの、18年あるいは25年となると、その滑らかさには一気に磨きがかかり、それは単に熟成を経てまろやかになったというよりは、整いつつあったものを加水でさらに整えたというイメージ。
例えるなら木材のカンナがけ。どんなものでも美しく仕上がるのではなく、木目のしっかりした木材であるからこそ、削り出した後で美しく仕上がるのです。

他方、そうして度数を下げたウイスキーは、シングルカスクのボトルに比べて経年によりヒネやすいという印象もあります。
今回のアニバーサリーモルトはというと、そうしたネガティブ要素は少なく、まさに前段の特徴がはっきりと感じられ、まろやかでコクのある味わいは極上の甘露。素晴らしい状態でした。


以下、余談というかトリビア。
ちょうど昨日ウイスキー仲間とのメッセンジャーで話題になったのですが、マッカランの名前の由来を"聖コロンバの丘"とする説があります。
この説はゲール語的にも立地的にも間違っているという話で、そのため最近は減ってきていますが、未だ引用している媒体も見られます。
他にもウイスキー関連では怪しい話はいくつもあり、マッカランでもう一つ言えばロールスロイスなる売り文句も。こうした話も、ウイスキーの素性と合わせて調べてみるとなかなか面白いです。

マッキンレーズ リザーブ デラックス 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_6200
MACKINLAY'S
RESERVE DE LUXE
Blended Sctoch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとした刺激とほのかに酸味を伴う麦芽香、乾いた牧草、ミント、淡いスモーキーさもある。あまり香り立ちは強くないが、時間経過で麩菓子のような甘み。

味:スムーズな口当たりと程よいコク、ザラメ、クラッカー、軽い穀物感。中間から後半はピリッとした刺激を伴い、サトウキビのような甘みと植物感からほろ苦いピート、土っぽさを感じる味わいへと変化し長く続く。

これという特徴の少ないハイランドモルトベースのブレンデッド。グレーン感も比較的感じられ、現行寄りのスタイルに近づいている。ストレートでは中庸な仕上がりだが、ハイボールにすると余計な要素が削られ、香ばしい麦芽風味が主体的になってなかなか楽しめる。

IMG_6201

名門マッキンレー社のブレンデッドウイスキー。
1970年代以降はスタンダードクラスで5年表記のオールドスコッチウイスキー、上位グレードで12年表記のレガシーがラインナップにあり、このリザーブはちょうどそれらの中間に位置するグレードとしてリリースされたようです。

マッキンレー社における1980年代の状況といえば、60年代から70年代にかけて取り組んだ拡張路線の終わりの時期。そして冬の時代の影響を大きく受ける時期でもあります。
もとより所有していたグレンアルビン、グレンモールに加え、ジュラ再稼働、グレンアラヒー創業、マッキンレーズブレンデッドウイスキーブランドの増産の流れをはっきりと感じる流れですが、その後は1980年代に入って前述の2蒸留所を閉鎖、原酒の供給を切り替えると共に、1985年にはインヴァーゴードングループの傘下に入っています。

今回のボトルの流通時期は、ちょうど1980年代前半から中頃。上記の時期に該当します。
テイスティングで感じられる原酒のキャラクターは、ジュラ、グレンモール、そしてあまり個性の強くないモルトの風味はアラヒーあたりか。そこにグレーン感もそこそこあり、これがインヴァーゴードンのものとすれば、時期的に矛盾はなく。
冬の時代の中で、新しい可能性を見出そうとしたリリースだったのかもしれません。

グランツ 21年 1980年代流通 43% ロイヤルドルトン陶器ボトル

カテゴリ:
IMG_5710
GRANT'S
Aged 21 years
Royal Doulton Stone jag
"Castle Grant"
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやチョコレートを思わせる艶やかな甘さ、ダークフルーツとスパイシーなウッディネス。微かに油絵の具のようなアクセント、奥からモルティーなアロマも開いてくる。

味:まろやかだがややウッディでほろ苦い口当たり。キャラメリゼ、オールドシェリー、ほのかにレーズンの酸味。奥には麦芽風味も潜んでいる。
余韻はドライでビター。落ち着きのある甘酸っぱさとともにタンニンが広がって長く続く。

グランツらしい素直な原酒構成に、オールドタイプのカラメルっぽいシェリー感が主体となっている、リッチな味わいのブレンデッド。古きよき時代を思わせる構成の一つ。樽感の奥には多彩な香味があり、テイスティンググラスでストレートをじっくりと味わいたい。

今回のボトルはグレンフィデックやバルヴェニーでおなじみ、ウィリアム・グランツ社のブレンデッドラインナップにおける長期熟成品。それを世界最大の陶磁器メーカーであるドルトン社製の陶器ボトルにボトリングしたものです。

流通時期は、国内WEBには「1992年にIWSで金賞を受賞したグランツの21年が使われている」という情報が広まっており、一見すると1990年代のようにも読めますが、ボトム部分にRoyal doulton tableware ltd 1981の表記。この1981は、同社のその他の陶磁器製品で流通時期によって異なる年数表記があり、ボトルの製造年と考えられます。
広く見て、1981年に製造されたものが1990年代にかけて販売されたというところでしょうか。

この仮説から流通時期を1981年流通と仮定すると、原酒構成は1950年代後半から1960年。この時期はグレンフィディックにパフュームも出ていませんし、バルヴェニーもいい時期です。



その香味はこってりとしたオールドタイプのシェリー感。ブレンデッドですが、リッチな味わいに飲み慣れた人でなければそれと気づけないのではないかと思うほどです。
飲んでいて連想したのが、ほぼ同時期に流通したと思われるバルヴェニー・クラシック(上記写真)。グランツ21年の方が熟成年数が長いのか、ウッディネスが強く感じられる一方で香味も多彩。カラメルソースでコーティングしたようなシェリー感はかなり近いものがあり、同じ原酒を使っているであろう結びつきが感じられます。

当時はブレンデッド全盛時代だったこともあって、バルヴェニーよりグランツ21年の方が流通量は多く価格も安価。こういうボトルは代替品として扱いやすいのでありがたいですね(笑)。

チャールズウェイン 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CHARLES'S WAIN
Aged 12 years
Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:名称不明テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:カラメルシロップや穀物系のバニラ香、アロエ、ほのかにサトウキビのような植物感、香りはしっかりしているがやや単調気味。微かにドライオレンジピールのようなアロマもある。

味:穀物系の香ばしさ、キャラメリゼを思わせる甘みとほのかな苦味。スムーズな口当たりだがアルコールのアタックは強めで、余韻にかけてハイトーンな刺激、ケミカルなフレーバーも感じられる。
   
ブレンド向けハイランドモルト主体な構成が連想される味わい。アイラ的なピーティーさはほとんどなく、素直というか、癖が少ないというか、あまり特徴が無いことが逆にプラスにも感じられるスコッチウイスキー。ロック、ハイボールどの飲み方でも無難に楽しめそう。


チャールズウェイン(北斗七星)の名を冠する親元不明なウイスキー。数あるバブル期の遺産の一つであり、日本市場向けのボトルだったのか、海外市場ではあまりその姿は無く。国内では4年、8年、12年、17年、20年と比較的豊富なラインナップが、1980年代後半流通品に集中して確認できます。

作り手であるMELROSE DROVER社は小規模なワイン商という記録が残っているものの、ウイスキー業界との繋がりは不明。1990年代後半~2000年頃には既に消滅しているだけでなく、蒸留所側の歴史においてもMD社の名前を聞いたことは無いので、おそらくどこかしらの子会社か代理店として、海外市場への商品企画か輸出に関わっていたのではないかと推察します。

したがって、企業から辿る線では中身について情報が得られないので、ラベルや味から推察するかありません。
まず、北斗七星という銘柄ですが、現地ではインバーゴードン社からエジンバラウィンという、同じく北斗七星の名前を冠したボトルが発売されていました。
インバーゴードン社はフィンドレイター社、ロングマン社を傘下として、日本の伊勢丹デパートにフィンドレイターを。阪急デパートにグレンドロスタンを輸出しており、小田急デパートにはMD社を介して本ボトルを展開していたとすれば、非常に細い線ですが繋がるような気もします。

実際、これらのラインナップは複数年数グレードを揃えて豊富にあり、生産力もお墨付き。まあ北斗七星なんて名前はありふれすぎていて、同じような銘柄が無関係なメーカーからリリースされていてもおかしくはないのですが。。。
そこで味はというと、テイスティングで述べたようにハイランド的な味わいが強い構成。上記2銘柄とはベクトルが異なっており、しいて言えばグレンドロスタン寄りですが、ブレンデッド向けのモルトを量産していた蒸留所の中ではインバーゴードングループのディーンストンでもタリバーディンでも無く、トマーティンを連想する要素が感じられました。
当時は宝酒造がトマーティンを買収しており、BIG-Tやトマーティンを国内向けに販売していたため、日本とのパイプは繋がっています。その繋がりで・・・という線もないワケではなさそうです。

ただし当時はバブル期の日本市場をめぐり、今となっては名前も知らないような自称名門スコッチが数多く入ってきていましたので、こういう繋がりもあまりアテにはなりません。
真実は今となっては定かではありませんが、そこを考えながら飲むのもまた、バブル期の遺産の楽しみ方なのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×