タグ

タグ:ウイスキー特級

グランツ 21年 1980年代流通 43% ロイヤルドルトン陶器ボトル

カテゴリ:
IMG_5710
GRANT'S
Aged 21 years
Royal Doulton Stone jag
"Castle Grant"
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースやチョコレートを思わせる艶やかな甘さ、ダークフルーツとスパイシーなウッディネス。微かに油絵の具のようなアクセント、奥からモルティーなアロマも開いてくる。

味:まろやかだがややウッディでほろ苦い口当たり。キャラメリゼ、オールドシェリー、ほのかにレーズンの酸味。奥には麦芽風味も潜んでいる。
余韻はドライでビター。落ち着きのある甘酸っぱさとともにタンニンが広がって長く続く。

グランツらしい素直な原酒構成に、オールドタイプのカラメルっぽいシェリー感が主体となっている、リッチな味わいのブレンデッド。古きよき時代を思わせる構成の一つ。樽感の奥には多彩な香味があり、テイスティンググラスでストレートをじっくりと味わいたい。

今回のボトルはグレンフィデックやバルヴェニーでおなじみ、ウィリアム・グランツ社のブレンデッドラインナップにおける長期熟成品。それを世界最大の陶磁器メーカーであるドルトン社製の陶器ボトルにボトリングしたものです。

流通時期は、国内WEBには「1992年にIWSで金賞を受賞したグランツの21年が使われている」という情報が広まっており、一見すると1990年代のようにも読めますが、ボトム部分にRoyal doulton tableware ltd 1981の表記。この1981は、同社のその他の陶磁器製品で流通時期によって異なる年数表記があり、ボトルの製造年と考えられます。
広く見て、1981年に製造されたものが1990年代にかけて販売されたというところでしょうか。

この仮説から流通時期を1981年流通と仮定すると、原酒構成は1950年代後半から1960年。この時期はグレンフィディックにパフュームも出ていませんし、バルヴェニーもいい時期です。



その香味はこってりとしたオールドタイプのシェリー感。ブレンデッドですが、リッチな味わいに飲み慣れた人でなければそれと気づけないのではないかと思うほどです。
飲んでいて連想したのが、ほぼ同時期に流通したと思われるバルヴェニー・クラシック(上記写真)。グランツ21年の方が熟成年数が長いのか、ウッディネスが強く感じられる一方で香味も多彩。カラメルソースでコーティングしたようなシェリー感はかなり近いものがあり、同じ原酒を使っているであろう結びつきが感じられます。

当時はブレンデッド全盛時代だったこともあって、バルヴェニーよりグランツ21年の方が流通量は多く価格も安価。こういうボトルは代替品として扱いやすいのでありがたいですね(笑)。

チャールズウェイン 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CHARLES'S WAIN
Aged 12 years
Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:名称不明テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:カラメルシロップや穀物系のバニラ香、アロエ、ほのかにサトウキビのような植物感、香りはしっかりしているがやや単調気味。微かにドライオレンジピールのようなアロマもある。

味:穀物系の香ばしさ、キャラメリゼを思わせる甘みとほのかな苦味。スムーズな口当たりだがアルコールのアタックは強めで、余韻にかけてハイトーンな刺激、ケミカルなフレーバーも感じられる。
   
ブレンド向けハイランドモルト主体な構成が連想される味わい。アイラ的なピーティーさはほとんどなく、素直というか、癖が少ないというか、あまり特徴が無いことが逆にプラスにも感じられるスコッチウイスキー。ロック、ハイボールどの飲み方でも無難に楽しめそう。


チャールズウェイン(北斗七星)の名を冠する親元不明なウイスキー。数あるバブル期の遺産の一つであり、日本市場向けのボトルだったのか、海外市場ではあまりその姿は無く。国内では4年、8年、12年、17年、20年と比較的豊富なラインナップが、1980年代後半流通品に集中して確認できます。

作り手であるMELROSE DROVER社は小規模なワイン商という記録が残っているものの、ウイスキー業界との繋がりは不明。1990年代後半~2000年頃には既に消滅しているだけでなく、蒸留所側の歴史においてもMD社の名前を聞いたことは無いので、おそらくどこかしらの子会社か代理店として、海外市場への商品企画か輸出に関わっていたのではないかと推察します。

したがって、企業から辿る線では中身について情報が得られないので、ラベルや味から推察するかありません。
まず、北斗七星という銘柄ですが、現地ではインバーゴードン社からエジンバラウィンという、同じく北斗七星の名前を冠したボトルが発売されていました。
インバーゴードン社はフィンドレイター社、ロングマン社を傘下として、日本の伊勢丹デパートにフィンドレイターを。阪急デパートにグレンドロスタンを輸出しており、小田急デパートにはMD社を介して本ボトルを展開していたとすれば、非常に細い線ですが繋がるような気もします。

実際、これらのラインナップは複数年数グレードを揃えて豊富にあり、生産力もお墨付き。まあ北斗七星なんて名前はありふれすぎていて、同じような銘柄が無関係なメーカーからリリースされていてもおかしくはないのですが。。。
そこで味はというと、テイスティングで述べたようにハイランド的な味わいが強い構成。上記2銘柄とはベクトルが異なっており、しいて言えばグレンドロスタン寄りですが、ブレンデッド向けのモルトを量産していた蒸留所の中ではインバーゴードングループのディーンストンでもタリバーディンでも無く、トマーティンを連想する要素が感じられました。
当時は宝酒造がトマーティンを買収しており、BIG-Tやトマーティンを国内向けに販売していたため、日本とのパイプは繋がっています。その繋がりで・・・という線もないワケではなさそうです。

ただし当時はバブル期の日本市場をめぐり、今となっては名前も知らないような自称名門スコッチが数多く入ってきていましたので、こういう繋がりもあまりアテにはなりません。
真実は今となっては定かではありませんが、そこを考えながら飲むのもまた、バブル期の遺産の楽しみ方なのかもしれません。

バランタイン21年 1975年流通 明治屋90周年記念 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_5511
BALLANTINE'S
21 years old
Bottled for 90th anniversary MEIDIYA
1975's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月未満
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感のある華やかでスモーキーな香り立ち。林檎のコンポートやマスカット、蜂蜜、乾いた麦芽香、モルティーなアロマ。徐々にスモーキーフレーバーが強くなっていく。 

味:とろりとしてコクのある口当たり。熟した洋梨、ナッツ、タルト生地を思わせる香ばしい麦感、ほのかにべっこう飴を思わせる古酒感。徐々にピートフレーバー。 
余韻はピーティーで、土っぽさとほろ苦い麦芽風味が染み込むように長く続く。

熟成感があるハイランドモルト由来の華やかなモルティーさ、そしてスモーキーなピートフレーバーがしっかりと主張し、融合しているオールドスコッチのお手本のような1本。
バランタイン系列の特有とも言えるキャラクターもあり、完成度は高い。
ストレート以外に、ロック、ハイボール、様々な飲み方で楽しめる。


バランタインの正規輸入元だった明治屋が、自社の創立90周年を祝い、関係者に配布?したと思しきボトル。表ラベルにはバランタインのトレードマークが無い代わりに"感謝"の2文字と明治屋のロゴ、裏面のシールには(非売品)の表記があります。 
バランタイン30年の正規価格が約70000円だった当時、普通に販売すればそれなりのお値段だったであろう21年を記念に配布するのは、普通に考えて相当な大盤振る舞いです。

それ以上に、そもそも公式には1993年発売であるバランタイン21年は、当時まだスタンダードラインナップに無いはず。海外の一部地域で販売していた在庫を引っ張ってきてラベルだけ替えたのか、あるいはこのためだけにバランタイン側に作らせたのか。高度経済成長から洋酒ブームでウイスキー消費量がピークを迎えていた時期だったとはいえ、当時の明治屋の影響力の強さを如実に物語っている1本だと思います。 

さて、その中身はブレンダーの技が光る、まさに当時のスコッチのお手本の一つとも言うべき熟成したモルティーさとピートフレーバーのバランス。同時期のジョニーウォーカーブランドのように樽やカラメルを効かせたタイプではないので、使われた原酒ベースの味わいが光ります。
バランタインとして引き合いに出されることが多い蒸留所で考えると、ミルトンダフやバルブレア、グレンカダムあたりのハイランドモルトを中核としているイメージ。香味から結構しっかりピートの主張が感じられますが、原酒仕込まれた1950年代当時はハイランドモルトが充分ピーティーだった時代ですから、アイラの比率は低いように思います。


バランタインブランドは長らくNA、12年、17年、30年というラインナップで販売されてきたというエピソードで語られがちですが、実際はアメリカ向けなどで、20年、21年、25年、28年という17年から30年の間を埋めるグレードが展開されていました。
スタンダード的な扱いではなかったためか量は出回らなかったようで、モノがあるのは現地。国内ではまずお目にかかれません。

昔一度だけ赤青紋章(1970年代)で角瓶の21年アメリカ流通品を、ヤフオク出品物で見かけたことが有り。競り合いの末、関西方面在住の某氏らしきIDが落札されていたようですが、果たしてあれがこのバランタイン21年のベースとなっているボトルなのか、まるきりベツモノなのかは、ちょっとだけ気になっている話だったりします。


以下余談。
おそらくこの記事が更新されているころ、当ブログは累計700万アクセスを達成していると思います。
最近仕事や家事の忙しさから更新できない日があったり、そもそも外飲みできる時間が無かったりで、更新がペースダウンしています。仕事が明け方まで続いて2~3日更新できないときは本当に歯がゆいですね。。。そんな中でも日々当ブログを訪問いただいている読者の皆様や、情報やテイスティングの機会を度々頂いているウイスキー仲間には、本当に「感謝」しかありません。
今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

ビッグT 5年 ブラックラベル 1980年頃流通 特級表記 43%

カテゴリ:
BIG"T"
Black Label
Aged 5 years
Blended Scotch Whisky
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅持ち寄り会@J氏
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ドライでザラメ、べっこう飴のような甘いアロマに、サトウキビを思わせる繊維質なニュアンス。スーッとするハッカのようなアルコール感。

味:サラサラとした口当たり。黒砂糖からカラメルソース、食パン、徐々にコクが感じられ、余韻はドライ、パンケーキのような甘みのあるフィニッシュ。

ハイランドモルト主体、ピート控えめでプレーンなブレンデッド。ややドライな香りで若さもあるが、奥からコクのある甘い味わいが感じられる。ストレート以外にハイボールも楽しめるデイリーウイスキー。


今回紹介するボトル、BIG"T"は、ラベルにBlende and Bottled in Scotland by Tomatin Distillery と書かれているように、トマーティン蒸留所が製造していたブレンデッドウイスキーのうちの一つ。キーモルトは当然トマーティンです。

流通時期をラベルなどの記載情報から1980年と仮定すると、原酒の蒸留時期は1975年前後、あるいはそれより前。
当時、トマーティン蒸留所は増産増産に次ぐ増産でスコットランド最大の蒸留所となっており、BIG"T"や"TOMATIN"といった自社ブランド以外に、様々なブレンデッド銘柄に原酒を供給していたとされています。
ブレンデッド全盛期、その一時代を支えたと言っても過言ではない同蒸留所ですが、1980年代に各社が生産調整を始めると経営が悪化。。。1986年に日本正規輸入元だった宝酒造に買収され、その傘下となっています。

BIG"T"はブレンデッドですが、それ以外にTOMATIN名義でも、シングルモルトだけでなくブレンデッドがリリースされています。
流石に現在は区別されているものの、1970年代から1990年代までそうしたリリースが並行して行われており、なんとも紛らわしい話です。
ただ、日本流通の多いボトルであり、それゆえ容量、表記を参考にすれば流通時期の見分けにあまり苦労しないのは助かりますね。

ラインナップは、NA、5年、12年があり、1970〜80年前後にリリースされたモノには、黒砂糖を思わせるコクのある甘さのような、他のブレンドにはない独特の個性があります。
特に70年代に流通したBIG"T"角瓶12年がその最たるモノで、そういう点で同シリーズにおける傑作と言えるのではないかと感じています。(対するTOMATIN表記のブレンドは、ややおとなしい仕上がりとなっています。)

2010年頃からの、ボトラーズの1976トマーティンラッシュを経験した愛好家からすると、この時期のトマーティンの味わいはケミカルな癖を伴う特徴的なフルーティーさという印象がありますが、その前はあまり癖のない素朴な味わいが特徴的な、まさにブレンド向きの原酒でした。
このボトルに使われている原酒は後者の系統ですが、前述する独特のクセがどこからくるのか、同ラインナップの魅力であり謎でもあるわけです。

ラングス 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
ラングス
LANGS
Years 12 old
Scotch Whisky
Distllers Glengoyne Scotland
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★(5)

香り:甘いシロップのような香り立ち、メレンゲクッキー、サツマイモを思わせるグレーンの甘み、干草っぽいニュアンスが混じる。徐々に品の良いオールドシェリー香と合わせてソーピーなアロマも混じり、存在を主張してくる。

味:口当たりははっきりとした主張、カステラやおこしを思わせる色のついた甘み、中間からはまろやかでスウィートな麦芽風味やグレーンの甘みが中心だが、香り同様パフューミーなフレーバーも感じられ、鼻に抜けていく。
余韻はソーピー、紅茶のタンニンを思わせるほろ苦く染み込むようなウッディネス、ジンジンとした刺激を伴い長く続く。

基本的にはマイルドでピート香はあまり感じられない、キーモルトらしさのあるモルティなブレンデッドウイスキー。味もはっきりとして、ただ穏やかなだけではない芯のある味わいが楽しめる。ただ1点、ソーピーなパフューム香が潜んでいることを除けば・・・。

IMG_4311

半年前、主催したオールドブレンデッドウイスキーのイベントにあわせて開封したものの、その際は香りが立っておらず押入れの奥にしまってそのまま放置していた1本。先日押入れの中を整理した際に出土、程よく香味も開いており、ちょうど良いのでテイスティングです。

注目はラベル向かって右下、Lang Brothers Ltdの右隣に、小さく書かれたグレンゴイン表記。ラングスの製造元である同社は、グレンゴインを傘下とするブレンドメーカー。当然そのラング社が製造するブレンデッドウイスキーには、グレンゴインがキーモルトとして使われています。 
ただ、グレンゴインだけではブレンデッドウイスキーは造れません。ブレンデッド・スコッチ大全によれば1965年、同社はロバートソン・バクスター社の傘下に入ったとされています。
これだけではナンノコッチャという話ですが、このロバートソン・バクスター社と密接な関係にあり、原酒を供給していたのが、ハイランドディスティラリー社。同社は当時、スコッチウイスキー業界において最大の勢力であったDCL社と対を成す、もう一つの巨大勢力です。
(ハイランドディスティラリー社の設立には、ロバートソン・バクスター社の創業者らが協力したとされています。)

ハイランドディスティラリー社は英国1位の売り上げを誇るブレンデッドウイスキー・フェイマスグラウスをはじめ、蒸留所としてはブナハーブン、グレンロセスから始まり、グレングラッサ、タムデュー、ハイランドパーク、そしてグレンタレットなどを傘下としています。
今回のテイスティングで、このラングス12年からパフュームを感じ、「あれ!?」となったのですが、ハイランドディスティラリー社側の蒸留所を確認して納得。この香味、間違いなくグレンタレット由来でしょう(笑)。
以前飲んだラングスの別ボトルにこのニュアンスはなく、体調でも悪いのかと何度もテイスティングしたので、ボディブローのようにソーピーなフレーバーが口の中、胃の中に効いてきています。
胃もたれというか胸焼けにもにた症状・・・やはりこのフレーバー、苦手です(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×