タグ

タグ:ウイスキーラバーズ名古屋

ウイスキーラバーズ名古屋2018 コミュニケーションボトル アイラ 2007-2017 53.1%

カテゴリ:
Whisky Lovers Nagoya 2018
Distilled at ISLAY
(Lagavulin)
Distilled 2007
Bottled 2017
Cask type Bourbon Hogshead #7067
700ml 53.1%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:キュッと絞った柑橘系の皮、シトラスなどの爽やかさ、微かに若さに通じるような酵母香、燻したようにスモーキーな香り立ち。

味:やや硬さのあるドライでスモーキーな口当たり。砂糖をまぶしたレモンピール、焦げた木材、後半にかけてダシっぽいコクも感じられる。
余韻はドライなウッディネス、柑橘系を思わせる酸味、徐々にピートフレーバーが支配的で長く続く。

バーボンホグスヘッド由来の爽やかな柑橘感がマッチした、フレッシュな味わいが楽しめるアイラモルト。加水すると樽感が薄まり若いモルティーさが前に出てニュートラルな香味へと変化する。
ハイボールにしてもスッキリと楽しめそう。

画像引用:ウイスキーラバーズ名古屋 Facebook

今年1月に開催され、一時入場規制が出るほど大盛況のうちに終了した、ウイスキーラバーズ名古屋。その2018年の開催に向けた前売りチケットと合わせ、イベントPRを目的に発売されたのがこのコミュニケーションボトルです。
チケットと同じ絵柄(復元された名古屋城本丸御殿)がラベルに使われており、このウイスキーを飲みなら、開催までの期間を楽しみに待って欲しい。そしてBAR等に置かれるこのウイスキーを通じて、イベントを知って欲しい。主催者側の想いが込められたリリースと言えます。

中身はフレッシュな柑橘感、爽やかさを伴うアイラモルト。ピートに加えて適度なコクのあるボディで若さを嫌味に感じない、短熟ながらバランスよく仕上がっている1本です。
蒸留所名はアイラとしか書かれていませんが、この香味が出せるアイラの蒸留所と言えば1つか2つか、ほぼ絞れてしまいます。
(飲んでる最中は気がつかなかったのですが、ラベルをよく見ると答えに繋がる情報があるようです。右下あたりが怪しい。。。)

ウイスキーラバーズ名古屋2018では、このPRボトル以外に3種の記念ボトルがリリースされる模様。前回のリリースは将来性、あるいは普段使いという点で好評だったと聞いていますが、今回はイベントとしての規模も拡大する中、さらなる気合が感じられます。


ウイスキーラバーズ名古屋2018 記念ボトル
【竹林豹虎図】
グレンマレイ 9年 2007-2017 54.3%
マクダフ 15年 2002-2017 57.1%
【アスタモリス】
ベンネヴィス 16年 2001-2017 51.6%
リリース詳細はこちら:

ウイスキーラバーズ名古屋2018の開催は来年の1月21日。今回は出展数も規模も増え、さらに愛好家視点で楽しめるイベントとなるようです。
コミュニケーションボトル(PRボトル)にしても、フレッシュでバランスがいいとは言え、クセのあるアイラをPRボトルに選ばれたのは、このイベントがマガジンライブのようなライトなものでは終わらないという、マニア要素の高さ故でしょうか。

前回のイベントでは、前日夜から全国の愛好家が名古屋の各BARに集まり、さながら前夜祭的に盛り上がっての当日大盛況だったのだとか。
そんな前日入りする気合の入ったコアドリンカー向けとも言えるコレクターブースの規模は、9区画から27区画と3倍増。来年はどんな話題があるか。乞うご期待ですね。

グレンギリー 15年 1972-1987? 60% SLIM COWELL'S PERSONAL SELECTION II (再掲)

カテゴリ:
GLEN GARIOCH 
(Morrison Howat Distillers.Ltd)
SLIM COWELL'S
PERSONAL SELECTION II
Highland Single Malt
Aged Over 15 Years
750ml 60%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★★(10)

香り:濃厚かつシルキーでベリー、黒葡萄、ハーブのニュアンス。艶のあるシェリー香の奥には土っぽいニュアンスと、どっしりとしたスモーキーフレーバー。残り香は上質なカラメルソース、徐々に黒蜜を感じる。高貴かつ妖艶なアロマ。

味:コクのある口当たり、濃厚なベリー感にダークフルーツ、キャラメリゼしたナッツ、徐々に濃く入れた紅茶のタンニン、カラメルソースのほろ苦さ。後半から余韻にかけてピート、黒土、レザー、じわじわと広がって内陸系のスモーキーフレーバーとランシオ香が鼻腔に届く。フィニッシュはそれらが混然となり、強い陶酔感を伴う非常に長い余韻。 

※この記事は2016年10月に掲載したものです。本ボトルが提供されるWhisky Lovers Nagoya の開催に合わせ、再掲します。


「神はシェリー樽の中にいると思う。」
そんなことを感じてしまった1杯。
なんてことをFB等に書いたら、一部では"神のギリー"と呼ばれ始めているようです。
大袈裟と思えるかもしれませんが、その素晴らしさは筆舌に尽し難く。飲むほどに高まる感動と、飲んだ後はその香味にただ感嘆の吐息を漏らすしか出来ない。正直、ここまで高まったのは本当に久しぶりでした。

口の中で広がる濃いベリー系の風味。とにかく濃厚でありながら、苦味やタンニンはアクセント程度。ボトリング後約30年間の瓶熟でこなれたアルコール感、フレーバーの一体感。そして中間から後半にかけて広がるレザー、黒土、どっしりとしたピートフレーバー。
これだけ濃厚なシェリータイプだと、それのみで素晴らしいボトルは色々ありますが、熟成年数の短さゆえか原酒由来のフレーバーが死んでおらず、どこかフレッシュで、グレンギリーとして素晴らしいのです。
例えるなら、グレンドロナック1968~1971あたりで感じられる、ベリーやランシオと表現される高貴なシェリー感を濃厚にし、グレンギリーの歴代最高峰の一つともいわれるサマローリ・グレンギリー1971のピート感、酒質の力強さを合わせたような、まるで美女と野獣です。

また、コンディションも素晴らしく、このボトルをテイスティングさせてもらった開封から1ヶ月の時点で、バリバリに開きまくっていました。
今年も既に10ヶ月が過ぎ、ブログに掲載している以外も含め様々なボトルを飲んできましたが、その頂点に君臨する一本だと断言できます。
というか、酒暦を振り返っても、これほどのボトルはそうそうなく。。。ここまで突き抜けた感動を与えられたら、もうスコアは満点を出すしかありません。 

Slim Cowell's
(以前Whisky linkのイベントでテイスティングの機会を頂いた、セレクションNo,8のボトル。)

このシリーズは、Slim Cowell氏という愛好家が個人でオフィシャルから直接樽を引っ張ったボトルの一つとのこと。
シリーズは8まである模様で、全てハイランドモルトやアイラモルトといった地域表記しかされておらず、例えば今回のボトルのようにMorrison Howat Distillers.Ltdなど、蒸留所の所有者と地域、そして味から絞り込むということになります。
最近はラベルで魅せて、そして買わせるムーンインポート的なリリースが増えていますが、この中身を前にしては、過剰な装飾も、素性の説明も、もはやただの蛇足といえます。

このグレンギリーは当ブログでもたびたび掲載している、日本橋は三越前のBAR Y's Land IANさんで頂きました。
是非愛好家の皆様は飲みに行ってみてください、と言いたいところですが、2017年1月22日に名古屋で開催されるウイスキーイベント、Whisky Lovers Nagoya2017においてブース提供するボトルの一つとなっており、現在は店頭での提供を行っていません。
自分は状態を確認するためと、たまたまテイスティングをさせていただきました。 
貴重な機会を与えて頂き、ただ感謝です。


同イベントに参加される方、特にある程度経験を詰まれたドリンカーの皆様、このボトルは飲んでおくべき1本です。 
是非テイスティンググラス持参の上(くれぐれもプラカップで飲むことのないよう)、また、舌も鼻も、そしてグラスもベストな状態で飲まれることを推奨します。
イベント自体かなり濃いもので、多くの経験や情報を得られそうですが、それでもこの1杯を飲むためだけに参加する価値があると思います。


追記(1/22):いよいよイベント当日ですね。このグレンギリー1972も相当話題になっていて、目玉の一つとも聞いています。
が、コレクターブースに出店するIANさんのボトルはこれ以外にもやばいボトル多数。1940年代から50年代蒸留のボトル達に、ポートエレン、ジャパニーズではフィールドバレエ25thや駒ケ岳30年の姿も。。。思わず唾を飲みました。
来場される皆様、是非IANブースにも足を運んでください!

詳細はこちらから:

このページのトップヘ

見出し画像
×