タグ

タグ:アードモア

アードモア 22年 1997-2019 AQUA VITAE 50.2%

カテゴリ:
IMG_20191115_200732
ARDMORE 
AQUA VITAE 
FIVE ELEMENTS "Earth" 
Aged 22 years 
Distilled 1997 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead #66
700ml 50.2% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:ジェイズバー
評価:★★★★★★(6)

存在感のあるスモーキーさと共に、薄めたメープルシロップや、オーク由来のフルーティーさがパイナップルや熟したグレープフルーツを思わせる多層感のあるアロマ。
口当たりはスムーズで、どっしりとしているがくどい主張のないピートフレーバーが広がる。香り同様にオーク由来の要素、シロップ漬けのオレンジピール、そしてオールブランのようなほろ苦い麦芽風味と続く。
フィニッシュは土っぽさを伴うスモーキーさ、オーク由来の華やかさの残滓と共にほどよく長く続く。

エレメンツ”Earth(土)”の通り、内陸系のピートフレーバーの存在と、それを潰さない派手過ぎないオークフレーバーのコンビネーション。樽感が淡いというわけではなく、熟成感はある。まるで昔のティーチャーズやアードモアを思わせるような・・・こういうピートの出方はオールド好きの琴線を擽る。そのまま飲んでも美味しいが、瓶熟させてもさらによくなりそう。

IMG_20191115_200748

引き続き、AQUAVITEのファイブエレメンツシリーズ(15年以上熟成したモルトに限定)から、土属性のアードモア。
この日のラインナップ一通り飲んだなかではこれが一番好みで、ハナ差でブナハーブンとグレンキースが続くという感じ。やはり自分は最近の若いモルトにありがちな、自己主張の激しいオラオラ系なピートフレーバーより、熟成したフルーティーさと合わさった、立場をわきまえているピートフレーバーが好みなのです。

理由はよくわかっていないのですが、アードモアは1992年蒸留のものが同時期のボウモアに似ていることが多く、ではその他90年代のアードモアがボウモアっぽいかというとそうではなく。。。どちらかと言えばハイランドパークやピーティーなリンクウッド系統。
今回のボトルも同様で、エステリーなタイプのフルーティーさが樽で慣れたところに内陸ピートのスモーキーさという構成です。
アードモアは2001年まで石炭直火蒸留が行われていたという記録はありますが、1990年代は情報がないので、この違いが何故生まれたのかは不思議としか言えません。

a248bf4c

テイスティングでも触れたように、今回のリリースを飲んでいて思い浮かべたのが、写真のオールド・ティーチャーズ。それも70年代以降の量産時代ではなく60年代のアードモアバッチリな時代のそれ。
勿論ここまでこなれているわけでもなく、バランスやフレーバーも年代による違いはありますが、同じDNAがあるように思えたんですよね。

選定したアレン氏にこういうの好きでしょ、と聞いたところニヤリと笑ってそうだと。
先日レビューしたトバモリーも主張しすぎないピートがあり、ハイランドパークもその部分は同様で。ああ、好みに一貫性があるなと感じられました。

IMG_20191107_005936
今日のオマケ:ヤルンバ Yシリーズ シラーズ ヴィオニエ 2013

開封直後はスムーズでややとろりとした甘さ、色は濃厚だが味はそこまでではなく、フルボディというよりはミディアム。そこからブルーベリー、カシスシロップ、角の取れた酸味を伴う果実感があり、徐々にスパイスや湿ったようなウッディさが余韻にかけて感じられる。
新しいヴィンテージのものは、もう少し酸味やスパイスが強いかもしれない。

オーストラリアのシラーズということで、甘味果実味こってりを期待していたのですが、予想に反してバランス型で、スイスイ飲めてしまった1本。
先日のウイスキー仲間との持ちより会で、第二の選択肢として持参していたもの。期せずしてメニューは馬刺の盛り合わせがw
やはりこの手のワインは赤身肉との組み合わせが映えますね。

IMG_20191111_204806

ティーチャーズ ハイランドクリーム 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
TEACHER'S
HIGHLAND CREAM
1970's
760ml 43%

グラス:SK2
時期:不明
場所:自宅@小瓶購入 Dornoch
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ザラメやべっこう飴のような甘いアロマ。表面的にはうっすらと熟成したエステリーなモルティーさを感じるが、枯れた草、奥には焦げたトースト、じわじわとスモーキーなニュアンスも感じられる。

味:古酒感を伴う乾煎りした麦芽風味、蜂蜜や鼈甲飴を思わせるコクのある口当たり、合わせて香り同様にピーティーなほろ苦さが土っぽさと合わせて広がってくる。
余韻はほろ苦くスモーキー、ピリッとした刺激を伴い、染み込むように長く続く。

適度な厚みがありながら、マイルドで負担なくスイスイとのめてしまうハイランドタイプのブレンデッド。ピートフレーバーもしっかり備わっていて、現行品に通じるスタイルを感じさせるが、酒質の違いは明確。ハイボールも無難に美味い。

通称「スコッチの教師」とも呼ばれるメジャーブランドの一つ。ティーチャーズ・ハイランドクリーム(以下、ティーチャーズ)のブランド名が登録されたのが1884年とのことで、100年以上を遡る歴史のある銘柄であり、現在はアードモアをベースとしたスモーキーなブレンデッドとして知られています。

1960年代以前に流通したティーチャーズは、トールボトルに自社で発明したとされる木の頭をつけたコルクキャップを用いていましたが、今回テイスティングした1970年代からは、現行品のルーツとなる平べったいボトルデザインとスクリューキャップになり、時代と共にアレンジされていくも現在まで使われ続けています。
また、1970年代はラベル中央にBOTTLED IN SCOTLAND と赤字で書かれているのも特徴。ラベルデザイン、キャップ形状などで流通時期のわかりやすいブランドでもあります。

1970年代のティーチャーズ・サンズ社は、1962年にグレンドロナック蒸留所を買収し、アードモアと共にキーモルトとしていた時代にあたります。グレンドロナックと言えばシェリー樽熟成のイメージが強いと思いますが、ブレンドに使われているのは複数回使われた樽によるプレーンなタイプの原酒でしょう。アードモアと合わせて、モルティーでスモーキーな風味が主体の構成となっています。
派手さはないですが、この手の味わいはオールドブレンデッドの良さをしみじみ感じさせてくれます。

一方、1960年代流通のティーチャーズと比較すると、グレーン感が強くなった印象も受けるのがこの時代からの特徴。1968年に上位グレードとなるティーチャーズ・ロイヤルハイランド12年のリリース、1976年にはアライドグループの一員となって国際的な販路と原酒供給のバックホーンを得るなど、拡張路線をとっていた時期でもあり、少なからず原酒の比率も変わっていたのではないかと推測しています。

teacher's1960
(ティーチャーズ 1960年代以前 アメリカ流通品。ラベルの裏面にはキーモルトかつティーチャーズ・サンズ社が創業のアードモア蒸留所が描かれている。)

今回のボトルは、これまでも何度か利用している50ml Whisky Shop Dornochさんで購入しました。
こちらのショップは現行品のみならず、オールドボトルの販売も50mlから行なっており、今回はブログ掲載用にテイスティングを載せていなかった銘柄を何種類か購入。以前飲んだけど、写真もテイスティングもとってないボトルって結構あるんですよね(笑)。
50mlあるとストレート飲んで、少量でハイボールも飲めて、復習や購入前の予習にはちょうど良い感じです。

アードモア レガシー NA ライトリーピーテッド 40%

カテゴリ:
アードモアレガシー
ARDMORE
LEGACY
Lightly Peated
(No Aged)
700ml 40%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml以上
場所:BAR飲み
時期:不明(おそらくは直近)
暫定評価:★★★★(4-5)

香り:酸味のあるピーティーな香り立ち。ピート由来か若干の焦げ感に、青みがかった麦芽香。徐々に食パンの白い部分を思わせる甘いアロマも感じられる。香り全体としては荒いく、ピート香を除くと盛り上がりに欠ける。

味:やや水っぽさも感じる口当たり、燻した麦芽風味に軽やかなピート香、ほのかに青みがかった植物感。ボディは香り同様平坦気味で盛り上がりは少ない。余韻はドライでスモーキー。ピーティーなフレーバーが長く残る。

ハイランドモルトの中では、異色とも言えるピーティーなモルトを主軸にリリースしているアードモア蒸留所。
そのアードモアがこれまでリリースしてきたトラディショナルをリニューアルし、12~14PPMのライトなピーテッドモルト80%に、ノンピートモルトのアードレアを20%ほどブレンドして仕上げたシングルモルトが今回のニューリリースです。
トラディショナルには15〜20PPMのヘビータイプも使われていたようですが、このレガシーはライトピート主体の構成。
それでもハイランドモルトの中ではピーティーな部類であるコトに変わりはありませんが、前作と比較するとボディ感含めてだいぶライトになったなと感じます。
ピーティーですが潮っぽさなどは無く、ヨードなどのアイラモルトと異なる要素はカリラあたりと飲みくらべるとわかりやすいかもしれません。

上記で触れたアードレアは2000年頃に試験的に仕込まれ、その後は年間一定量作られ続けているアードモアのノンピート原酒。ブレンド用として引き合いが強く、シングルモルトとしてのリリースは無いのだとか。(そのうちボトラーズかリミテッドリリースで出てくるんでしょうけどw) 
香味に含まれる少し青っぽい麦芽風味、植物感がアードレアで得られた個性なのでしょう。

アードモア蒸留所において、2000年という時期は大きな変革があった年です。
それまで行われていた石炭直火蒸留が蒸留所の火災によって失われ、そこから間接加熱方式に変更されたそうです。
旧ボトルであるトラディショナルも、そこまで厚いボディがあったわけではありませんが、こうしてピートレベルが落ち、40%まで加水されたボトルで飲んでみると、ボディの軽さははっきり感じますね。


これまではティーチャーズの原酒として知る人ぞ知るウイスキーという位置づけでしたが、ビーム傘下の蒸留所として3月から正規輸入が開始されています。
個人的には物足りない構成で、特段お勧めはしませんが、アイラモルトが高騰している昨今、ひょっとするとこれから低価格帯ピーテッドモルトの代表格として、認知度が高くなっていくかもしれません。


余談:ボトルの写真。撮ったんですがピンボケしていてなんとも悲しい出来事に。Whisky Exchange からお借りしました(´Д` )

ティーチャーズ ロイヤルハイランド 12年 1980年代後期流通

カテゴリ:
TEACHER’S 
Royal highland 
12 years old 
1980’s 
43% 1liter 
評価:★★★★★(5) 

香り:ドライなピートフレーバー、燻した麦芽、青リンゴ、微かにカラメルを思わせる甘さ。穏やかなグレーン風味。

味:とろりとした口当たり。シリアル、ホットケーキシロップや青みがかった瓜の甘みから、穀物系のエグミ、徐々に土っぽいピートフレーバーでスモーキーな風味が開いてくる。かみごたえのある味わい。余韻はピーティーでビター。あっさりしている。

 
ティーチャーズロイヤルハイランドはグレンドロナックの比率が高く、とろりとした甘味豊なブレンデッド・・・らしいのですが、シェリー感の濃淡については流通時期によるところが大きく、かつ現在のドロナックを象徴するようなこってりシェリーのボトルは、まだ出会ったことがありません。
どちらかというとバランス系のブレンデッドであり、特に1980年代についてはその傾向が強いです。
 
今回のボトルは、その1980年代の後期あるいは1990年頃の本国向け。日本国内向けの正規輸入もあり、比較的見かけるオールドボトルの一つ。
ドロナックというよりアードモアを思わせるピートフレーバーの存在感があり、甘味は平均的。ボディもそこまで薄くなく、微かに近年系ブレンドにありがちなえぐみも感じますが、全体的にはバランスの良い味に仕上がっています。
 
一方、今回のボトルと同じラベルデザインでも、古いものだと1970年代後期~1980年頃の760ml仕様まであるため、初期と後期ではさすがに味に違いが見られます。
数年前に1本開けて飲んだものは、1980年代初期から中期と思われる750mlの従価特級表記で、今回のボトルよりは甘味とコクを強く感じました。
ドロナックといってもシングルモルトにはこってりタイプと淡いタイプの2パターンありましたし、アードモアもありますから、ブレンド比率による違いもあったのでしょう。ティーチャーズは、作られたブレンドの味が変わらないことで「スコッチの先生」と呼ばれたブレンダーに由来を持つ銘柄とはいえ、時代時代の流れには逆らえなかったようです。
 
ちなみに、1970年代中ごろよりさらに古いボトルとなると、シール材が銀色、青地だった12年表記も銀色と、メタリックな色合いが強くなります。このボトルもまた国内流通はありましたが、数が少なかったためか現在はほとんど見かけません。見かけたら飲んでみたいボトルの一つです。

アードモア トラディショナルカスク 平行品 オフィシャルボトル

カテゴリ:


ARDMORE
Traditional cask
700ml 46%
評価:★★★★★(5)(!)

香り:強くピーティーなアロマ、ほろ苦さとえぐみが根菜を思わせる土と植物の香り、消毒液。徐々に蜂蜜の甘さも感じられる。 
少々ちぐはぐな印象も受けるが、個性の一つとも捉えられる。

味:口当たりはパワフルで濃厚。強く広がるピート香、モルトスナック、乾いた木材、焦がした醤油のような香ばしさも感じられる。
余韻はピーティーでスパイシー、後半にかけて微かに粘性を伴う。香り同様ややアンバランスだが少量加水するとバランスが良くなる。


アードモアトラディショナルカスクは同蒸留所唯一のオフィシャルボトルでしたが、アサヒビールによる正規輸入がなくなり、一時国内流通が途絶えていました。
その後平行品で流通が復活しており、じわじわ店頭などでも見られるようになった、今回のボトルはその平行品になります。

強めのピーテッド仕様で、使われているのはピーテッド麦芽100%。通常の熟成の後、クオーターカスクで追加熟成したダブルマチュアードで、加水ですが飲み応えのある仕上がりになっています。
記憶は曖昧なのですが、以前飲んだ正規品時代よりピートやボディーが分厚くなっており、多少の荒さ、アンバランスではあるものの、カリラやラガヴーリンに似ているところもある。面白いボトルだったので、先日の持ち寄り会ではブラインドの出題にしてみました。

回答は秩父、余市、カリラ、アードモア、タリスカー、ハイパ、ボウモア、ジョニーウォーカー、8候補からの選択式ですが、圧倒的にカリラが多かったですね。約半数がカリラと回答していました。(自信を持ってカリラ18年を答えた方もw)
そのため、正解発表時のどよめきはすごかったです。
っていうか最近カリラが美味しくなったという噂があったから、くりりんはそれを出題して来たと思った人、甘いですよw

中々面白いボトルですが、実は現行品としては余命わずかのようです。
本国では新製品としてピートレベル(ピート麦芽の比率を80%)と度数を落としたアードモア・レガシーが昨年末に発売され、トラディショナルカスクとのラインナップチェンジが進んでいるようです。
ひょっとしてこのトラディショナルカスクは在庫になるからと、本国で余ったモノが平行品にまわったのでしょうか。

New expression and new look for Ardmore brand (2014/9/27)

ちなみに親会社はビーム・サントリーです。(あれ、いつの間にw)
新しいボトルも気になりますが、日本にはいつ入るのか・・・と思っていたら、既に信濃屋さんに並行品がありましたw
レガシーシリーズでは他にも12年ポートフィニッシュなど幾つかのリリースが発表されており、オフィシャルからこうして多様なリリースが発表されることは、まず明るい話だなと。今後の展開も期待しています。


ARDMORE UNVEILS TWO TRAVEL RETAIL EXCLUSIVES(2015/6/2)


Rare new release from Ardmore(2015/11/13)

このページのトップヘ

見出し画像
×