タグ

タグ:アードベッグデー

アードベッグ ドラム アードベッグデー2019 46%

カテゴリ:
IMG_20190603_230257
ARDBEG 
DRUM 
Rum Cask Finish 
LIMITED EDITION 2019
700ml 46%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:新宿ウイスキーサロン
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでスモーキー、焦げた木材、魚介の塩漬けや磯っぽさなどの島系の要素をしっかりと含んだアロマだが、全体的に丸みがあり、奥には杏やパイナップルジャムのような甘みも感じられる。

味:香り同様の構成。序盤はややエステリーでドライな口当たりだが、ピートの焦げたようなほろ苦さと塩気、磯っぽさが口内から鼻腔に届く。そこから徐々に黄色フルーツのジャムのような粘性を伴う甘味が余韻にかけて広がっていき、スモーキーでカカオのような苦味と共に長いフィニッシュへと繋がる。

10~12年前後の熟成と思われるスタンダードなアードベッグを、黄色い果実のジャムのような粘性のある甘味が、作為的にならない程度にコーティングしている。作り手のノウハウが活かされたような後熟具合。
ハイボールにしても香味がそのまま延びるようで崩れない。このバランスの良さは限定品としてではなく、通常品として日常的にも楽しみたいアードベッグ。

IMG_20190603_190958

毎年恒例、アードベッグデー向けにリリースされる限定品。2019年はラムカスクフィニッシュのアードベッグです。
「そうそう、こういうので良いんだよ」
飲んで一番最初に思い浮かんだ感想が、この一言でした。

2015年の蒸留所創業200周年記念を除くと、これまでの3年間のリリースは、
2016年:ダークコーヴ(ダークシェリーカスク原酒)
2017年:ケルピー(ヴァージンオークカスク原酒)
2018年:グルーヴス(ヘビーリチャー・ワインカスク原酒)
と、通常のオフィシャル10年と同様のバーボン樽熟成原酒をベースとしつつ、そこに何らかの樽由来の強烈な個性を持った原酒をブレンドする方向で仕上げられていました。

2016年のダークコーヴは、バーボン樽とシェリー樽(恐らくPXに類するもの)の組み合わせという元々実績のあるもので、まだなんとか・・・でしたが、ケルピー、グルーヴスはお祭り気分で悪ノリしてしまったのか、新樽、ワインのヘビーチャー、樽由来のネガな部分が出やすいチャレンジングなものが使われたこともあり、元々の味わいともあまりマッチしていない。限定品として1回楽しむなら良いけれど、定番品として飲みたいかと言われたら答えはノーでした。

一方、今回のアードベッグ ドラムですが、ベースとなる原酒とフィニッシュで使われたラム樽由来の風味のバランスが、ここ数年で一番と言えるレベルにまとまっています。
強くピーティーで島要素もたっぷり含んだ現行アードベッグのハウススタイルは、完成度こそ高いものの主張の強さから飲み疲れることもしばしば。そうした個性をラム樽由来のジャムような粘性と濃度のある甘酸っぱさがコーティング。イメージは、男性的なスタイルのアードベッグと、南国衣装に身を包んだ女性的なラムが手を取り合って踊るような・・・なんとも楽しい気分で飲み進めることが出来ました。

天国を知るためには、地獄を知っておかなければならない。
例えが些か過剰とは思いますが、アードベッグ・ドラムの向こうに南国が見えたのは、きっとこれまでのリリースの影響も少なからずあったのでしょう。


IMG_20190605_182929
(今年のテーマはカーニバル。確かに楽しくなる味わいだった。上記経緯から期待していなかったものの、良い意味で裏切られた愛好家は少なくなかった模様。)

これまでの3作は強烈な個性を持った原酒を新たに作って、バーボン樽熟成の原酒にブレンドする方法をとっていましたが、今年からフィニッシュに手法を切り替えたのも、仕上がりの違い、全体的な熟成感の向上に繋がっているのかもしれません。

フィニッシュに使われたラム樽は、アメリカで作られるラムの空き樽とのことですが、ディアジオ繋がりだとキャプテンモルガン(アメリカ・ヴァージン諸島)でしょうか。
仮にそうだとすると、主たるところはアメリカンオークです。ベースのバーボン樽原酒とは樽材が共通であり、ラムの風味も甘味とフルーティーさですから、それぞれ共通項が架け橋になって最終的な香味のまとまりの良さ、ハイボールにした時の伸びの良さに繋がったのではと考えています。

アードベッグドラムは、過去のリリース同様アードベッグ・コミッティ向けにカスクストレングスもリリースされています。
加水仕様が予想外に良かっただけに、これはコミッティ向けも是非飲んでおきたいですね。






アードベッグ グルーヴス 46% & アードベッグデー2018

カテゴリ:
IMG_7579
ARDBEG
GROOVES
"Peat & Love"
Limited Edition 2018
Cask type Bourbon Barrel & ReCharred Red Wine Casks
700ml 46%

グラス:エリート
場所:イベント会場
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ツンとした溶剤っぽい刺激に加え、レザーや強いスモーキーフレーバーを伴う濃厚なアロマ。合わせてバニラやキャラメルの甘みが時間経過で強く感じられ、消毒液、木材や植物が焦げたようなニュアンスを伴う。

味:ねっとりと濃厚な口当たり、塩水のコク、ビターで香ばしいウッディネス、樹液のようなニュアンスも伴う。アーモンド、焦がしたキャラメルや魚介。鼻腔に抜けるヨードと薫香。徐々にスパイシーな刺激が感じられる。
フィニッシュは香り同様に木材や植物が焦げたような苦味がまるで焚き火、強いピートスモーク。樽材由来の粘性のある甘みが舌の上に張り付くように長く残る。

樽由来の濃厚な甘みと合わせ、焦げたような苦味や香ばしさ、そこにピートとヨードのアイラらしいニュアンスが加わって、複雑というか混沌とした味わい。46%加水だが十二分に香味の濃さがある一方、果実味はあまり感じられない。少量加水すると樽香が落ち着き、燻製用ウッドチップ、BBQソースのような甘く香ばしいアロマ。
グルーヴ(高揚感)を感じるかどうかは人それぞれだが、樽のグルーヴ(焦がし跡)の影響は確かに感じる。お祭り的に1杯を楽しみたい。
       

「最もグルーヴィーなアードベッグ」
毎年5月末から6月にかけて開催される、アードベッグファンのためのお祭、アードベッグデーに合わせて発売されるアードベッグの限定品。このリリースの特徴は、通常ラインナップとは異なる樽での熟成、あるいはピートの強弱などで、特別かつ特徴的なアードベッグをリリースすることにあります。
今年のグルーヴスは、通常のアードベッグ同様にバーボン樽で熟成した原酒に、ヘビーリチャーした赤ワイン樽で熟成した原酒を加えることで、過去のオフィシャルリリースには前例のない、型破りなスタイルを特徴としています。

その味わいは、樽由来のエキスが色濃く出ている構成。この感じだとワインカスク側で樽由来の癖も良い悪いも全て混ざって濃厚に仕上がったところを、バーボン樽原酒で引き算したようなイメージです。
熟成年数は体感12年程度。チャーオーク由来の濃厚な甘みと焦げ感、スパイシーな刺激を伴うフレーバーが、ヨードやピートフレーバーと混ざり合う混沌。。。一言でこってり濃厚系の味わい。逆に言えば、細部を抑えつけたようなリリースであると言えます。

近年のアードベッグデーリリースは、ダークコーヴ、ケルピーと樽感マシマシ濃厚系が続いているところ。リリースの総指揮を取られているのはラムズデン博士ですが、この系統がツボなのかもしれません。
この手の構成については、インパクトは強いものの、身も蓋もない言い方をすれば、「オフィシャル通常ラインナップが一番バランスがいいよね」となりかねない。とりあえず昨年のケルピーよりはネガティブ要素が少なく、わかりやすく楽しめる1本だと思います。

GROOVEは、単語そのものの意味では"硬い表面の溝、細長いくぼみ"であるのに対し、俗語(主に音楽用語)としては、音楽などによって得られる"高揚感"を指す言葉としても使われています。       
熟成に使われたワイン樽は、リチャーの際に木材にしっかりと跡がつく程強い焼付けを行っていることが特徴とされています。つまり、形成される樽材の焦げ跡(GROOVE)と、リリースを通じて我々飲み手にもたらされる高揚感(GROOVE)、2つの意味をかけたネーミングなのかなと感じました。

IMG_7545

さて、今回はこのアードベッグ・グルーヴスを、6月1日、2日の2日間新宿で開催されるアードベッグデーに参加して楽しんできました。
毎年何らかの"仕掛け"が用意しているこのイベント。昨年のケルピーは海に潜むモンスターで、会場に色々仕掛けがあったところ。今年のリリースのテーマは"ラブ&ピート"で"グルーヴ"ですから、どんなものが準備されているのか・・・。    
それではイベントスタート!!            


( ゚д゚)・・・
スモークと共に登場した・・・誰ですか、この半世紀ほど時代錯誤なミュージシャンは・・・。

IMG_7571

まあ、ボブなんですけどね(笑)。
開場から車の中でずっとスタンバイしているので、何を準備しているのだろうと思ったら、こういうことだったようです。
リリースの背景にあたる1960年代のアードベッグ蒸留所のグルーヴとかけて、1960年代のオールドファッションを決めて来たディアジオ・シングルモルトアンバサダー。雰囲気出てますねぇ。

グラスが全員に行き渡ったところで、スランジバー!
蒸留所のアイドル、ショーティーくんもオールドファッションを華麗にキメています(笑) 

イベントではアードベッグのスタンダードラインナップである、TEN、アン・オー、コリーヴレッカン、ウーガダールをストレート、ロック、ハイボールで自由にの飲むことが出来、新発売のグルーヴはチケット制。全員が1杯は飲むことが出来る形式でした。
普段ここまでアードベッグ尽くしをすることもないので、良い機会だと一通り復習テイスティング。ストレートではコリーヴレッカンが中々良い仕事をしている一方、ウーガダールには若さというか辛さが目立つように。そして結局最後はTENのハイボールが一番だね、なんて話にもなったり(笑)。

ちなみに、今年もグルーヴスは加水版とは別に、コミッティー向けにカスクストレングス仕様がリリースされていて、いくつかのBARには既に入荷しているようです。
追って、このボトルもテイスティングしてみたいですね。 

アードベッグ ケルピー 46% アードベッグデー2017リリース

カテゴリ:
アードベッグケルピー
ARDBEG
KELPIE
(No Aged)
2017's
700ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み Y's Land IAN
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:スモーキーでヨード、焦げた木材やタール、ゴムを思わせるニュアンス。スワリングで干し草、ほうじ茶の渋み、ほのかに溶剤っぽさも感じられる。奥から樽材由来のバニラを思わせる甘みも開く。

味:口当たりはオイリーでウッディなえぐみ、濃縮したヨード、溶剤、ピートスモークや焦げた麦芽風味。そこから後半にかけてバニラシロップのような作為的な甘さが魚介のダシっぽさと合わせて顔を出す。余韻は強いピートスモークが鼻腔に抜け、ビターで香ばしく非常に長く残る。

スペシャルメニュー「焦げた木材と焼きたてのクルトン、海草のサラダ、バニラシェイクかけ。タールを添えて。」
らしさもあるが、それ以上に個性的で"おぞましい"アードベッグ。味わいは濃く、強く、〆の一杯で飲んだならば帰路の最中まで余韻が続く。加水すると焦げ感残り、キッパーのような魚介系塩感。味わいはモルトスナックやスモーキーさが主体となり、バランスが良くなる。
毎年6月のアードベッグデーにあわせてリリースされる限定品。2017年はアードベッグを育む海へのオマージュとして、アイラ島の海に生息するという妖精の名前を冠した、アードベッグ・ケルピーです。通常品は46%加水、いつものようにコミッティ向けにカスクストレングス仕様もリリースされています。

アードベッグ・ケルピーは、黒海に面するアディゲ共和国産のオークの新樽で熟成させた原酒に、バーボン樽原酒を組み合わせたシングルモルト。メーカー表記"Virgin oak casks from the  Black sea"とあるように、黒海近くで潮風を受けつつ育ったオークを使っていることを特徴の一つとしています。おそらく樽材の分類的にはヨーロピアンオークだと思いますが、飲んでみるとウッディーなえぐみ、焦げたニュアンスや溶剤っぽさ、ピートフレーバーの奥から広がるバニラシロップのような濃い甘みが"黒海新樽"由来の香味として感じられます。 
ベースとなるアードベッグの酒質はやや若く、加水で地ならししたような荒さ。ヨード、ピートフレーバー、ローストした麦芽などの強いフレーバーの上に濃い樽感・・・ここ数年のアードベッグデーリリースの中で最も個性的で、MHDがイメージするケルピーの姿に例えるなら、実に"おぞましい"味わいを体験できるのです。

いやはや、これぞ限定品。美味しさというより、面白さ、テーマを楽しむ。多少アンバランスでもお祭限りで悪ノリが許されるからこその1本と感じます。
とりあえずBARやイベントで1杯飲んでみてはいかがでしょうか。

アードベッグケルピー
(コミッティー向けの冊子にも印刷されている、ケルピーのイメージの一つ。PR動画の撮影にも使われている。この画像が公開されたのが今年3月、2017年のアードベッグデーは最高にクレイジーかもしれないと期待が高まった。。。)

ちなみに"ケルピー"は水辺(淡水系、スペイ川やネス湖)に住む妖精の名前とされており、見た目は馬。民間伝承だけに毛色は黒、白、灰色、栗色など多数の説がありますが、共通しているのが乗せた人間を水の中に引きずりこむということ。また、美男美女の人間にも化けて言葉巧みに引きずり込むとする話もあります。 

一方で、ケルピーは淡水の妖精です。海水域にも同様の妖精は居るのですが、これは"アハ・イシュケ"とする名前で区別されており、上記写真のように海草を纏わせた人間の姿であるケースもあるとのこと。
今回のリリースのベースはこちらなのかな。
まあアードベッグ・アハ・イシュケより、アードベッグ・ケルピーのほうが語呂は良いですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×