タグ

タグ:アードベッグ

アードベッグ ウーガダール 54.2% 近年流通品

カテゴリ:
ARDBEG
UIGEADAIL
(No Aged)
750ml 54.2%

グラス:木村硝子テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:開封後2-3年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:甘くピーティーでスモーキー、ハイプルーフらしく強いアタック。キャラメル、アーモンド、ひじきの煮付けを思わせる樽香由来の甘みやヨードのニュアンス。時間経過で土っぽい香り、溶剤のような刺激も奥から感じられる。

味:パワフルなアタックとともに広がる、スモーキーフレーバーと磯っぽさ、とろりとした甘み。みたらし、ローストアーモンド、焦げたウッディネス。
余韻はピーティーでスモーキー。ヒリヒリとした刺激を伴い程よくドライ、ウッディーでカラメルソースの苦味を伴う長い余韻。

パワフルで実に飲みごたえがあるアードベッグ。
仕上がりは多少荒いが、少量加水すると最初のアタックが収まりバランスが良くなる。キャラメルナッツを思わせる樽由来の甘みが引き立ち、焚き木のような焦げたニュアンスも強く感じられる。葉巻との相性も実に良い。


アードベッグの水源である、ウーガダール湖から名付けられたリリース。
ウーガダールが発売されたのは2003年のこと。発売当初は1991年、1993年蒸留のバーボン樽熟成原酒に、1976年と1977年のシェリー樽熟成原酒を少量バッティングした、実に豪華な構成でした。
アードベッグは1980年代に操業を休止、再稼働後も1989年から1996年まで非常に不安定な状態だったため原酒の種類も少なく、バランサーというか品質を安定させるためのミドルエイジとして、1970年代の熟成原酒を使用していたようです。(結果、色合いがアイラ島のピートが溶け込んだ水と同じ茶褐色になったのか、狙ってのネーミングかは、とりあえず後者ということに。)

勿論これは発売当初のみのレシピ。2004年、アードベッグの所有がディアジオ社に移った後もしばらくは類似の構成だったようですが、少なくとも現代においては、2000年代以降に蒸留された10年熟成程度の原酒で構成されているそうです。
まあ今も当時のままのビンテージだったら何年ものだよ、っていうか先日リリースされたアードベッグ21年はどうなるんだって感じですよね(笑)。

     
(ウーガダールのファーストリリース。ボトリングの年次は外箱に書かれている。野澤、国分の組み合わせが懐かしい。ラベルはトラディショナルストレングス表記が現行品との大きな違い。)

さて、前置きが長くなりましたが、このアードベッグウーガダール、現行品だからどうということはなく、中々良く出来たオフィシャルボトルです。
樽の構成は通常のバーボン樽原酒を主体に、リチャードバーボン樽、そして少量のシェリー樽といったところか。初期ロットと比べると、味わいの奥深さというか、1990年代アードベッグの現代とは違う荒さを包み込むまろやかさは得難いものがありますが、近年のアードベッグは中間がクリアで当時ほどの雑味がないので、はっきりとしたピートフレーバーに樽由来の甘い香味がうまく馴染んで、結果的に類似の系統になっている。
これはこれで良いじゃないかと思えるレベルに仕上がっています。

それこそ高騰するアードベッグのボトラーズリリースを追うなら、この1本で充分じゃないかと思えるクオリティとコストパフォーマンス。
テイスティングに記載したように仕上がりの荒さが多少あり、パンチも強いので初心者向けとは言えませんが、樽の使い方はラガヴーリンに近いものがあり、例えばアイリークのカスクストレングスを飲んで「美味しい」と感じるなら、このウーガダールもおすすめだと思います。

アードベッグ キルダルトン 蒸溜所限定品 NA 46%

カテゴリ:
IMG_3230
ARDBEG
KILDALTON
Limited Edition
(No Aged)
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:クリーンでスモーキーな香り立ち。 若い原酒の酸味から、レモンピールを思わせる爽やかさと塩素のニュアンス、焦げたようなピート香。徐々にヨードを伴うバニラの甘みが開いてくる。

味:オイリーでピーティーな口当たり、粘性のあるややクリアな甘み、ほのかに柑橘、中間から天日干しした魚介系の濃い出汁感と塩っぽさも感じられる。
余韻はオイリーでピーティー、序盤同様に透明感があり、土っぽいほろ苦さを伴うスパイシーなフィニッシュ。


アードベッグの蒸留所限定ボトルとして、2014年に発売した1本。
樽構成はバーボン樽とシェリー樽のバッティングとのことですが、樽感はあまり強くなくリフィルシェリーとバーボン樽が中心という印象。熟成年数は不明ですが、飲んだ感じは若い原酒のニュアンスを内包した複数年バッティングを思わせる構成で、10年前後がメインではないかと推察します。

キルダルトンというと、往年のウイスキーファンなら1980年に試験的に生産されたノンピートのアードベッグ、キルダルトンを連想すると思います。
しかしこの蒸溜所限定品のキルダルトンは、当時のそれとは異なり、近年の10年系統の強いピートフレーバーに加え、飲み口はオイリーで、らしいクリアな魚介系ニュアンスがピートとともに広がる。
現行オフィシャル系統のいかにもなアードベッグですが、加水とバッティングがいい感じに効いていて、バランスよく楽しめる構成となっています。
DSC09043
(アードベッグはゲール語で"小さな岬"という意味。蒸留所のある場所を海側から眺めるとその意味が良くわかる。そしてこの岬を越えた先の教会跡にキルダルトンクロスがある。Photo by K67)

今回の銘柄は、ラベルを見れば判るようにアイラ島の古代遺跡、キルダルトンにあるケルト十字架、キルダルトンクロスを由来としています。
ウイスキー愛好家の皆様には今更的な話でもありますが、キルダルトンクロスがある遺跡の場所は、アードベッグ蒸留所のすぐ先にあり、同蒸溜所のロゴはキルダルトンクロスを一部参考にしているなど、まさにシンボルと言えるものです。
蒸溜所限定品とするには、うってつけのネーミングだったわけですね。

このボトルは、ウイスキー仲間のRさん宅で開かれたホームパーティにて頂いたうちの1本。
らしい味わいがしっかり感じられて、それだけでも紹介する価値のあるボトルでしたが、何よりこのボトルとセットでK67さん提供の美しい写真を掲載したかったのです。
無事に目標達成、今回の更新は大満足(笑)。ありがとうございます!

アードベッグ 1997-2016 フレンドシップ プライベートボトリング 47%

カテゴリ:
IMG_2597
ARDBEG
Special Reserve Whisky
Friendship Private Bottling
Aged 18-19 years
Distilled 1997
Bottled 2016
700ml 47%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml以上
場所:蕎麦屋、自宅(サンプル@Rさん)
時期:開封直後から2週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:強くスモーキーで磯っぽさと消毒液のアロマに焦げた木材。奥にはエステリーなニュアンスもあり、時間経過で磯っぽいアロマが強くなってくる。また、加水すると消毒液に加えてナッティーで海草のような癖が強くなる。

味:とろりとコクのある口当たり、バニラの甘み、しっかりと広がる塩素とヨード、乾いた麦芽は干し藁の香ばしさ、ドライオレンジを思わせる酸味もある。余韻は焦げた木材のようなスモーキーさとほろ苦さ、塩水のコクと塩気、ピーティーでややドライなフィニッシュが長く続く。

アイラらしい個性が際立っているだけでなく、バランスが良く美味しく飲めるアードベッグ。樽はリフィルホグスヘッドだろうか。度数落ちか、多少加水調整されているボトルであるためか、ストレートの段階で完成度が高く、さらに加水すると、香りはともかく味はやや水っぽさが出てしまい、バランスが崩れるようにも感じる。


当初SNS等掲載不可だったボトルですが、許可がおりたそうで、当ブログでも掲載します。
鹿児島のキンコーに加え、池袋のクレイン、札幌のボウバー、そしてシンガポールのオールドアライアンスが共同ボトリングしたプライベートボトリングのアードベッグ。
先日のウイスキーフェスティバルで、酒ショップキンコーさんのブースでひっそりと販売されていた1本で、この時点ではラベルに記載された個人名の関係で「写真不可」が掲げられていました。

フェス会場で試飲は無かったのですが、イベントと並行して営業していたBARナデューラさんが、同日即開封という男気を発揮。そこでテイスティングしたウイスキー仲間のRさんが「これは美味しい」と会場まで購入しに戻られた。
結果、巡り巡って飲ませていただく機会に恵まれるという、いつもの恩恵にあずかってしまったわけです(笑)。

(アードベッグ外観。今でこそ美しい蒸留所だが、再稼動当時はかなりボロボロだったことが公式サイト等で書かれている。Photo by T.Ishihara )

このアードベッグは、グレンモーレンジ社がアライド社から買収、休止状態だった蒸留所を再稼動させた記念すべき最初の年の蒸留。
同蒸留所の歴史をザックリ区切ると
独立資本時代(1959年まで)、
ハイラムウォーカー時代(1977年まで)、
アライド時代(1986年から1996年まで)、
グレンモーレンジ時代(1997年から)
で、第4期の原酒ということになります。
1997年の再稼動では、改修工事や各種メンテナンスも行われたようですが、やはり所有者が変わったためか休止前の蒸留と比べるとキャラクターが多少異なり、強く焦げたようなスモーキーフレーバーやアイラらしい癖の中に、エステリーな華やかさが感じられるようです。

アードベッグはオフィシャル10年で旨さのあるボトルであり、10年のカスクストレングスが出ないのかなと考えていたのですが、今回のボトルを飲んで、それを寄り一層感じるようになりました。  
カリラでもなければラガでもなく、そしてラフロイグでも無い味わい。いや、先に書いた「アイラモルトらしい」という意味でそれぞれ共通点はあるのですが、そのどれとも違う。個人的には先日発売された21年よりも、満足感の高い1杯でした。
いつかこういうプライベートボトルを詰めれたら最高ですね!


アードベッグ トウェンティーワン 21年 46% 2016年オフィシャルリリース

カテゴリ:
IMG_1913
ARDBEG TWNTY ONE
The Ultimate
Aged 21 Years
Cask type Ex-Bourbon(200L)
700ml 46%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(Bar GOSSE)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで熟成したチーズのような落ち着いた乳酸感のある香り立ち。牧草、燻した麦芽、土のような苦味。ほのかにグレープフルーツ。徐々にエステリーで、加水するとリンゴを思わせるフルーティーさも感じられる。

味:オイリーで厚みとコクのある口当たり。香り同様にピーティーでほろ苦く、乾いた麦芽、ほのかに梅ジャムの酸味、強いスモーキーさが鼻腔に届く。
徐々にグレープフルーツ、砂糖漬けのレモンピール、ヨードを伴うピーティーなフィニッシュ。
序盤は野暮ったさがあるが、余韻はすっきりとしている。また、加水するとバランスが良くなる。


アードベッグからリリースされた、2016年時点のオフィシャルラインナップでは最長熟成となる21年モノ。
蒸留時期は、1994年前後が主体という構成でしょうか。この時期は現在のディアジオではなく、アライド社が蒸留所を所有していた時代にあたります。
アードベッグ21年は今から15年ほど前、1979年~1980年頃蒸留の原酒を主体としたコミッティー向けのカスクストレングスがリリースされましたが、今回は加水であり、当然蒸留時期も違うリリースとなります。

今更ここに書く話でもありませんが、アードベッグのここ30-40年間は
1977年 ハイラムウォーカーが買収
1981年 操業休止
1989年 アライドが買収、12月頃再稼働
1996年 操業休止
1997年 モーレンジが買収、再稼働
という、買収、再稼働、休止の流れを繰り返しているまさに冬の時代。蒸留所を見学した仲間から、当時の原酒のストックはかなり少ないとも聞いています。

IMG_1914

その背景は、海外サイトの記述から読む限りでは89年から96年までの間は少量生産しかされていなかったことや、モーレンジ(後のディアジオ)が買収した後も、原酒の目処がつくまで当時の原酒を使いつつしのいでいた経緯があるようです。
21年の裏ラベルにも「アードベッグの最も困難な時代に蒸留された、わずか数樽しかない希少なリザーブウイスキーが含まれている」との記述があります。
現在のアイラモルトで20年オーバーがリリースされるというのは、それはそれでちょっとした出来事ですが、アードベッグの場合はこうした背景とあわせ、ファンにとっては軽く事件であると言えます。
(実際、このボトルの競争率は高く、発売日となった9月21日、入荷するであろうBARに飲めるかどうか問い合わせが相次いだそうです。)

気になるその中身ですが、スモーキーで乳酸系のフレーバーが強く、厚みもあるもののやや野暮ったさを感じる構成。しかし熟成に使われたバーボン樽由来か、グレープフルーツなどの柑橘系のニュアンスも裏側に備わっており、加水であることも併せて過度に主張はしないものの、全体のバランスを整えています。
現在のアードベッグは酸味や雑味が少なく、オイリーかつエステリーで綺麗なスモーキーさ、所有者であるディアジオの「ラグジュアリースピリッツ」の呼び名に合うかのような作りとなっていますが、この時代のアードベッグは、異なるタイプで地酒的な印象を受けます。

今回のテイスティングは口開け1週間くらいの時期で飲みましたが、テイスティングで感じられる奥行き、多層感から開封後の変化も大きそうです。
93年、94年ごろのアードベッグはGMから出ていた短熟などにこれというモノはありませんでしたが、ここ最近リリースされている20年OVERには光るモノがあり、この時期の蒸留の飲み頃なのかなと感じるところ。
個人で所有できるボトルではありませんでしが、また時間を置いて飲みに行ってみたいと思います。

アードベッグ 22年 1993-2015 ケイデンヘッド 55.3%

カテゴリ:
IMG_0474
ARDBEG 
Cadenhead 
Aged 22 Years 
Distilled 1993 
Bottled 2015 
700ml 55.3% 

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:消毒薬のようなヨード香、少し焦げたカラメル、焼きリンゴ、鉛筆の削りカスを思わせる木香とピートフレーバー。

味:スパイシーでパワフルな口当たり。徐々にオイリーで程よいコク。シェリーのニュアンス、焦げた木材、りんごのカラメル煮、黒砂糖。エステリーでヨードもしっかり感じられる。
余韻は一口目の奥には杏のフルーティーさもあるが、2口目以降はピートスモークとヨードが支配的に。鰹節やダシっぽさも。
ピーティーでほろ苦く、おがくずを思わせる木のアロマが口の中から鼻腔に滞留する。


ここ最近では珍しいシェリー系のアードベッグ。 シェリー系といってもバランス型からちょっと薄いかなくらいのシェリー感ですが、力技でまとめたような強い味わいで、一度に飲むのはハーフ〜1ショットくらいで良いかなーと感じてしまいます。

日本国内への入荷は片手で足りる程度しかなかったという話で、機会があれば飲むくらいに思っていたところ、「例のボトル飲んでみるか?」と口開けで頂くことになりました。
シェリー樽由来の厚みや甘味に加え、鉛筆の削りかすを連想するようなウッディーさとピートフレーバーが特徴的。一口目は味の後半に杏のようなフルーティーさも感じ、熟成感のある構成ながら、2口目以降はピートが強く、アードベッグらしいヨードやオイリーさが中心になっていきます。
人によってはこのシェリー感に拒否反応があるかもしれませんが、アイラの近年のシェリー系としては上等な1本だと思います。

今でこそ栄華を極めるアイラモルトですが、90年代前半はウイスキー業界全体としては受難の時期にあたります。
アードベッグも1989年に再稼働はしましたが、当時のグループ元であるアライド社がラフロイグ重視の戦略をとったこともあって生産量は少な目。1996年には生産調整のため再度蒸留を休止しています。 
そうした背景からか、そもそもリリースが少なく、総じて値段も高いものの、最近のリリースは結構いいボトルが多いように感じます。

たまたま20年以上の熟成を重ねたアードベッグが良い仕上がりになっただけなのか。それとも1993年はアイラモルトにとって当たり年だったのか?
同ビンテージで当たり年と言えば有名なのはボウモアです。まあボウモアは1993年に限らず、その前後も含めて良いものが多いのですが、ラフロイグも評価の高いボトルがありましたし、アードベッグもまた以前紹介したラトレーなど、これはと感じるものがあります。 

プラシーボ効果か、たまたまの偶然か・・・多分この頃のアードベッグの酒質が適齢期を迎えているだけとは思いますが、例えば麦芽供給元の方で何かがあったとか、色々考えてしまいますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×