タグ

タグ:アードベック

【リリース情報】アードベッグ蒸留所200周年記念ボトル”パーペチューム”が5月30日発売

カテゴリ:
アードベッグ蒸留所の200周年記念ボトル"Perpetuum (パーペチューム)"。
販売を行う旨の告知は以前から行われており、現地蒸留所では蒸留所限定として先行販売も行われていたところ。
本ブログの当該記事へのアクセスも多く、日本のドリンカーも相当注目していますね。
酒販店には価格等を公開しないようにお達しがあったと言う話ですが、本日一般販売の発売日や価格などの情報がディアジオからリリースされましたので、紹介します。



ARDBEG "Perpetuum "
発売日:2015年5月30日(土)
価格:12000円
仕様:47.4% 700ml
Perpetuum 」はラテン語で"永久"の意味。

【メーカーテイスティング・コメント】
深みのある琥珀色。強烈なピート香とベーコンの燻製香を、シナモンやナツメグ、驚くほどクリーミーで甘いバニラやミルクチョコレートのニュアンスが和らげます。
余韻には亜麻仁油などのシェリー樽のニュアンスが現れ、控えめなクレオソートやタールの風味がいつまでも残ります。

※当ブログのテイスティングコメントは以下。 
一般市場向けリリース(47.4%)(6/2更新)

蒸留所限定の先行リリース(49.2%)
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1024456327.html

※WEB記事の詳細は以下。
参照 http://www.sankei.com/economy/news/150518/prl1505180027-n1.html  (5/18 産経ニュース(リリース引用))

事前に聞いていた情報とは値段が1000円違いましたが、この程度なら誤差の範囲です(笑)。
アードベッグTEN2本分の価格とちょっと、味が先行販売品と同等またはそれ以上なら、200周年記念品であることもあって中々良心的だなと感じます。

しかし今回発売される一般市場向けのパーペチュームは、先だってリリースされた蒸留所限定品とは度数(49.2%→47.4%)が違っており、ただの加水調整ではなく原酒の構成から異なっています。
公式コメントとして発表されている"深みのある琥珀色""シェリー樽のニュアンス"という表現が気になるところ。
先日、 サンプル品として某所に納品されたアードベック200周年のサンプルの画像も見ましたが、 こちらは蒸留所先行販売同様に色が薄かったような・・・ 気がするんですが。
まぁ近年のアードベックは安定してますから、味の善し悪しという意味では大きく外して来る事はないでしょう。

5月26日(火)にはアードベックデーの開催も予定されており、5月最終週は煙臭い1週間になりそうです。

アードベックTEN 現行品

カテゴリ:
久々にアードベックTENの現行品を飲みました。
例のハイランドケルトを再現するんで注文したものですが、折角だから混ぜる前に飲んでおきますかねと。
ちょっと前は酸味や雑味が結構ある印象でしたが、意外とスムーズな飲み口に驚きました。

ARDBEG
TEN Years old
700ml 46%

評価:★★★★★(5)

"スモーキーな香り立ち、乾燥した草、塩素、透明感があって海を連想するアロマ。微かにエステリー。
口当たりはオイリーでスムーズだが少々水っぽさも感じる。塩分、クラッカー、徐々にアーモンドナッツのようなビターな香ばしさ。
フィニッシュはドライでピーティー、微かに乾いたオーク材の香りも伴う。"


熱狂的に支持されてきたという割に、閉鎖と休止の多かった蒸留所でもあるアードベック。まぁ大人の事情ってヤツがあるんでしょう。
バランタイン魔法の7柱の一つであり、特にオールドボトルでは飲む人を虜にするピートフレーバーで、ともすれば同じ味になりがちなブレンデットにおいて孤高の個性を生み出すことに貢献していた原酒。
(最近は魔法の7柱が崩壊して、しれっとラフロイグになっちゃったりしてますが。)

ラムズデン博士は「かつてのアードベックのフレーバーを再現するように努力した。」とのこと。
久々に飲んで、なるほど確かにこの序盤の柔らかさから広がるピートフレーバーは全盛期として評価されている1970年代を意識していると言われれば納得です。
こちらの方が香味は薄いですが。先日飲んだ200周年記念ボトルとも共通する構成です。
中間が軽いのは麦、原料由来のところなんでしょう。現行品としては値段も手頃で良く出来たバランスのウイスキーだと思います。

ハイランドケルト(再現)

カテゴリ:
先日、竹鶴政孝に影響を与えたウイスキーを調べていたところ、FB経由でドラマ"マッサン"のハイランドケルトのモデルと中身の情報を頂きました。

参照:竹鶴政孝がはじめて飲んだウイスキーは? ハイランドケルトの正体に迫る
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1024375723.html

ラベルの通りシングルモルトとしか考えていなかったので驚きましたが、そのレシピは普通に再現できるモノでしたので、早速ハイランドケルトを再現してきました。
(実際は現行品を使っているようですが、店にあったのがオールドボトルのみだったので、今回はジョニ赤オールドボトル+アードベックTENです。)



ハイランドケルト(再現)
・ジョニーウォーカー赤ラベル 1980年代後期頃流通。20ml程度
・アードベックTEN 10ml程度


ハイランドケルトのモデルは当時のジョニーウォーカー赤ラベル。
正直ジョニ赤は1950年代流通までしか飲んだことが無いので、1910年代流通は妄想レベルでしかありませんが、
大多数のオールドスコッチの特徴としては、麦芽風味が強く、そしてピートに存在感があります。
これはアイラだけではなく、ハイランドのモルトにも強いピート風味を持つ原酒が多かったことが作用していると考えられます。
これを再現するため、ジョニ赤にシングルモルトであるアードベックを少量加え、香味を強くしたということのようです。

今回は2:1の比率ですが、現行品のジョニ赤であればオールドほどボディもないので、ジョニ赤25mlに対してアードベック5mlくらいでも良いと思います。

アードベックTENの現行品は、柔らかい飲み口で中間が軽く、塩ラーメンのスープのようでありながら後半に香ばしいピート香が出てくるのが特徴。
以前は酸味や樽香など、もう少し雑味があったような気がするんですが、この中間の軽さがブレンデットにうまくハマって、後半のピート香の強調に繋がっています。

自分もブレンデットを自作した際、最後にアードベックを加えたことが何度かありましたが、これが意外と良くまとまってくれるんです。
BARによっては、自作ブレンドをハウスウイスキーにしているところもあります。
こういう楽しみ方、もっと広がってくれるとBARの個性や楽しみが増えて良いんじゃないかなと思います。

少々脱線してしまいましたが、ドラマ好きの皆様は、これでBARでハイランドケルト注文しても大丈夫ですね(笑)。

アードベック・パーペチューム 200周年記念ボトル 蒸留所限定販売品

カテゴリ:
スコットランド旅行から帰ってきたウイスキー仲間から、アードベッグ蒸留所の200周年記念ボトル(蒸留所先行販売)、パーペチュームを飲ませてもらいました。
ウイスキーのサンプル交換が縁で色々繋がりが増えており、うれしい限りです。
このボトルに限らず、色々サンプルをもらっているのですが、MHDの件を優先した結果UPが遅れていました。
 
ARDBEG  "PERPETUUM"
BICENTENARY COMMITTEE RELEASE
Distillery Release
700ml 49.2%
アードベック200周年記念
評価:★★★★★★(6)
 
"燻した麦芽にレモンピールを思わせる、スモーキーさと酸味、苦味を感じるアロマ。消毒液、乳酸系の若い香りもある。
口当たりは度数を感じさせないスムーズさがあり、乾燥した麦芽、アーモンド、微かな土っぽさ。そこから徐々にスパイス、ピーティーでスモーキーさが際立ってくる。
フィニッシュは蜂蜜レモンにピート、乾燥させた魚介、ビターで香ばしく、口に含む毎に積み重なっていくような長い余韻。
少量加水すると香りはよりシャープになるが、味は蜂蜜やモルティーな甘みが強く感じられるようになり、全体的にバランスが向上する。"
 
 
このボトルを飲むにあたり、ノーマルなアードベックTENも久々に飲んでおきました。
同系統にあるボトルという印象でしたが、200周年のこのボトルのほうが引き出しが多く、アードベック蒸留所のキャラクターを充分に楽しむことが出来ます。
香りからすると若さが感じられるものの、味はスムーズでそこからフレーバーが広がる点や、特にこの少量加水後のノビは評価ポイントです。
また、この口当たりのスムーズさというか柔らかさは、アードベック全盛期のひとつとして知られる1970年代の特徴を思わせる要素でもあります。

樽はプレーンオークだと思いますが、てっきりシェリー系を使ってくるのだと思っていました。
結構な本数、出すつもりなんでしょうか。これもまた美味しいアイラモルトです。
Wさん、ありがとうございました!

ちなみに、販売開始はアードベックデーの・・・(うわまて何をする)・・・。
お値段は意外と良心的な設定(禁則事項のためこれ以上は)がされており、味からすれば相応って感じです。


販売開始や価格については情報が公開されましたので、以下も参照ください。(5/18)

リリースされた一般市場向け。飲んできました。(6/2追記)
購入はどうするかな…(´Д` )
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1029422498.html

このページのトップヘ

見出し画像
×