タグ

タグ:アメリカン

ニッカ コーンベース 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190607_221116
NIKKA WHISKY 
CORN BASE
(Aged over 8 years)
1980's
500ml 43%

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライで溶剤っぽさを伴う香り立ち。スワリングでメロー、メープルシロップの艶やかさとパウンドケーキを思わせる穏やかな甘さ。微かにポプリのようなフローラルな要素も伴う。

味:スムーズでメロー、そしてウッディでドライな口当たり。オレンジジャムのような粘性、薄めたメープルシロップ、徐々に焦げた木材のビターなフレーバー。
余韻はウッディでドライで干し草、ビターで長く続く。

要するにバーボン。穀物由来のメローな甘味が強く、そこに柑橘系のニュアンスやビターなウッディネスも備わっている。セメダイン系の刺激もノージングで比較的感じられるため、好みを分けるかもしれないが、当時のバーボンとして飲むならこれはこれで面白い。

IMG_20190620_201639

1987年、バーボンウイスキーブームが起こっていた日本市場にニッカが投入したアメリカンウイスキータイプの風味を持った2種類のリリース。コーンを主原料とした原酒のコーンベース、そしてライ麦を主原料とした原酒のライベース。
上記箱裏の説明文を読むと何となく伝わってきますが、ようするに・・・このコーンベースは、アメリカから買い付けた8年熟成以上のアメリカンウイスキー原酒を使ってリリースしたと推察されるものです。(※ライベースは"カナダの"表記。)

文章をどこで切るかによって、意味が異なる書きぶりに確信犯的なものを感じますが、きっと当時の消費者のほとんどは、なんの疑問もなく「日本でアメリカ産の原料を使って作ったウイスキー」と認識したのではないでしょうか。でもニッカにビアスチルなんてありましたっけ?という疑問点はさておき、こういうのも今飲むと中々面白いですね。

詳細なレシピや、日本で蒸留された原酒がどの程度使われているかはわかりませんが、輸入原酒にブレンドされているのは恐らくグレーン。少なくともモルトではないと考えられるメローな香味のバランスです。
これが結構良くできていて、目をつぶって飲んだら間違いなくバーボンだと答えてしまいそうなのです。


仮に輸入原酒を使ったとして、その原酒をニッカはどこから買い付けてきたのか。どの蒸留所のものが使われているのか。
以下は仮説ですが、当時ニッカはギルビー社と技術提携をしており、日本向けギルビー・ジンの生産を行うなど繋がりがあったことは別記事でも触れた通り。
このギルビー社は1972年からグランドメトロポリタン傘下であると共に、アメリカ方面ではNational Distillers社と同様に技術提携をしていました。同社はオールドグランダッドやオールドテイラー、またオールドオーバーホルト等をリリース。ここから推察すると、コーンベースには上記バーボン銘柄と共通する原酒が使われているのでは・・・と予想しています。

エライジャクレイグ 12年 1990年代流通 47%

カテゴリ:
IMG_20190503_140904
ELIJAH CRAIG 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKY 
Years 12 Old 
1992's 
750ml 47% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数ヵ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:やや溶剤のような刺激がトップノートにあるが、スワリングするとキャラメルポップコーンやキャラメルソースのような香ばしい甘さが開く。ドライオレンジ、干し藁、微かに焦げた樽材由来か焼けたゴムのようなニュアンスも。

味:マイルドだが、酸のあるパンを思わせる穀物系の芳ばしさにメープルシロップの甘み。続いてチャーオーク由来のウッディでビターなニュアンスが支配的になってくる。余韻はビターでドライ、軽い刺激を残して長く続く。

ほどよい熟成感が好ましい。苦味の強さは余韻にかけて多少あるが、ボディもロックで楽しめる程度には備わっている。
刺激が気になる場合、チューリップグラスよりはロックグラスにストレートで楽しむと良い。

IMG_20190503_141037

1986年に発売された、エライジャクレイグ12年。その初期ラベルが今回のテイスティングアイテムで、詳細な流通時期は1992年(瓶底記載)です。
以前紹介したバレルプルーフ同様に蒸留所はヘブンヒル、原酒の仕込みは単純計算1979年から1980年、火災焼失前のもの。しっかりとメローな甘味のなかに、少し乾いた藁や植物のようなニュアンスが混じるのが、個人的にはヘブルヒルっぽいなと感じる個性です。

ラベルの12年表記は1990年代から2010年代にかけて3パターンあり、2018年頃にリリースされた現行品からは12年表記がなく、NAS規格になっています。
ネットショップなどではエライジャクレイグ12年として販売しているお店もあるようですが、すらっとしたボトルに変わった現行品は8年から12年熟成の原酒を使っているとのこと。近年、バーボン製造の現場では10年以上熟成の原酒の確保が厳しい状況にあり、その業界動向を感じさせるリリースとなっています。

IMG_20190501_235728

新しいボトルのエライジャクレイグは、樽由来の甘味が薄くなった一方でえぐみ、セメダイン系の刺激が強くなり、変なライト化が進んでしまったように感じられます。
ヘブンヒルのなかで原酒の融通が変わったのでしょうか。例えば上記の蒸留所限定で販売されているエライジャクレイグのバレルプルーフ現行品であっても、12年熟成表記をまだ保っていますが、強い樽感に対してボディが妙に軽いためややアンバランスな仕上がり。

一方で、この旧ボトルはしっかりとメローでありながらバランスが良く、安くて美味しいバーボンの代表ともえいる銘柄でした。
味についてはもう少し果実系の香味が強くなればなお良いのですが、この価格帯でスタンダードモデルですから、文句はありません。そういうのは上位グレード、それこそバレルプルーフ仕様に任せないとバランスがとれませんからね。

田舎の古い酒屋などを巡ると、まだモノを見かけるこのリリース。当時価格でかつ経年による濁りがなければ、メンチターキー8年と並んで買いの1本です。

ノブクリーク 9年 シングルバレルリザーブ 蒸留所限定

カテゴリ:
IMG_20190426_230147
KNOB CREEK 
SINGLE BARREL RESERVE 
SMALL BATCH 
Aged 9 years 
Bottled 2019 
For Distillery Exclusive 
750ml 120proof 

グラス:
場所:BAR Fingale
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:メローでスパイシー、チャーオークの焦げ感と薄めたメープルシロップ、シロップ漬けのチェリーと微かにハーブのアクセント。奥には乾燥トウモロコシ、ライ麦パンのような酸も感じる。
味:メローでパワフルな口当たり。スパイシーでウッディ、少し焦げたワッフルの苦み甘みとドライフルーツの酸味。バニラ系のアロマが存在感を増して鼻孔に抜ける。
余韻はスパイシービター、軽く樽材由来のえぐみも伴う。

ハイプルーフな構成故のパワフルな味わいで、樽感が嫌味にならない程度に適度に効いている。ロックにすると纏まりが良く、メローでありながらオレンジママレードやライムのような柑橘感など、チャーオーク由来の香味が温度を上げながら口内に広がる。

IMG_20190426_232917

ジムビーム蒸留所の見学で購入することが出来る、ノブクリークの限定ボトル。BARフィンガルのバックバーを眺め、見知らぬラベルのノブクリークが視界に入って注文しました。
所謂バリンチ的なボトルなのですが、自分で手詰めするのでもなく、売ってるボトルをレジに持っていく訳でもなく、生産ラインを流れる中で必要な本数分を確保し、キャップの蝋封だけするという、微妙に合理的なシステムで販売されているそうです。

よって、ボトルの中身は樽の個体差を除けば通常のノブクリーク9年シングルバレルとそう変わらないため、逆に価格面も抑えられて蒸留所限定品としてはお買い得。ノブクリークコースを見学して、買わない見学者は居ないというくらいなのだとか。そんなわけでマッシュビルや銘柄の詳しい紹介は過去記事に任せ、今回は先に進むことにします。

IMG_20190307_212349
(ノブクリーク・シングルバレルの通常リリース。現在のバーボン市場のなかではかなりコスパに優れた優良リリースと言える。レビュー記事はこちら

IMG_20190426_230238
(蝋に浸けたキャップヘッドのうえに指を押し付け、指紋を残すのが限定品のスタイル。お手軽だが特別感はある(笑)。この指紋はフィンガルのマスター、谷嶋さんのもの。)

今回のカスクはメローかつスパイシーな、所謂チャーオークのフレーバーは相応に備わっているのですが、どろっどろにリッチなオークフレーバーというわけではなく、同時に穀物感とライ麦パンを思わせる酸が感じられ、これがロックにするとオレンジやライム等の柑橘のニュアンスへと変化するのが特徴であるように感じます。

ノブクリークは元々その系統の仕上がりですが、今回のボトルはその傾向が強いですね。ハイプルーフならではのバランスと言いますか。バレルプルーフに近く、熟成年数が長いものは樽感が強い一方酒質も強いため、個性が互いに主張しあうわけですが、それを加水やロックにしたときにどう変化していくかは、製造方法からどうしても類似の系統になりやすいバーボンにあって、銘柄毎の変化を見るポイントだと思います。


以下、余談。
BARフィンガルの谷嶋さんが代表を務める、酒育の会が発行するフリーペーパー「リカル」。上の写真にも写っている5月号は、丁度バーボンを含むアメリカンウイスキー特集です。
アメリカンウイスキーは近年多くのクラフトメーカーが立ち上がっているだけでなく、製造方法を定めた連邦アルコール法の抜け道で新しいフレーバーを探る動きも活発。アメリカンウイスキーの基礎からその業界動向の一端が紹介されています。
今回は狙ったわけでもなくバーボンを注文していましたが、ロックでじっくり楽しみながら、カウンターで良い勉強をすることができました。

テネシーバーボンウイスキー 14年 2003-2018 ウイスキーエージェンシー 49.6%

カテゴリ:
VERY FINE OLD TENNESSEE BOURBON WHISKY
THE WHISKY AGENCY
For 10th Anniversary
Aged 14 years
Distilled 2003
Bottled 2018
Matured in a barrel
700ml 49.6%

グラス:
場所:BAR 水楢佳寿久 (MIZUNARA CASK)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとしたウッディネスを感じるメローで濃厚なアロマ。メープルシロップやキャラメル、バニラ、奥には焦げたゴムと溶剤、ワックスを伴う。

味:ねっとりとした口当たり。チャーオークのキャラメルを思わせる甘いウッディネス。チェリーのシロップ漬け、微かにハーブ。余韻は焦げ感とえぐみを感じるウッディネス、スパイシーでビター。長く続く。

濃厚なバーボンウイスキー。フルーティータイプではなくウッディでスウィートなタイプだが、熟成年数からかえぐみや強いウッディさも相応にある。
加水するとゴムや溶剤っぽさが強くなり、マイナス1ポイント。ストレートで。


ウイスキーエージェンシーが10周年記念でリリースした1本である、バーボン(テネシー)ウイスキーのバレルプルーフ&シングルバレル。
プロデザイナーによるラベルデザインが同社リリースのウリの一つらしいのですが。。。まあ確かにインパクトはあるよねってことで外観はさておき、重要なのは中身です。(こういうとこも味覚以外に、感性の違いを感じるなあ。)

その中身について、ラベルは蒸留所表記がなく、テネシーのみの記載。これまでも何種類かリリースされていたと思いますが、どれも蒸留所はオープンにされていなかったと思います。
14年という熟成期間はアメリカンウイスキーでは長熟の部類に入る熟成で、樽感はいい部分も悪い部分もしっかりという構成。樽由来 バニラ系の香味甘みの強さに加え、強いウッディさなど、テネシーの有名どころで考えればジャックダニエルっぽ いのですが。。。
んー10年越えてるアメリカンは樽が強くて判別つかないですね。正直なところよくわかりません

何れにせよボトラーズバーボンはラムやコニャック同様、ここ数年でちょっとずつリリースが増えてきている印象で、スコッチ系統に比べてその筋のリリースが少ないジャンルにあって、外観、中身共に新しい価値創出につながる可能性を秘めていると感じています。


先週末、ちょっと風邪をこじらせてしまい記事をUPしそこねてしまいました。
ストックのない状態でスタートしたので、今週はちょっと辛いブログ運営になりそうです(汗)。

エヴァンウィリアムズ 23年 1997年ごろ流通品 53.5%

カテゴリ:
IMG_8863
EVAN WILLIAMS 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Released in 1997
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼ、ベリーや柘榴、オレンジの甘酸っぱさ、艶のある香り立ち。ややドライな刺激もあるが、ハイプルーフ由来の強さが香りをより一層発散させている。

味:香り同様に甘酸っぱく、パワフルで香味にしっかりと芯のある口当たり。濃く入れた紅茶、メープルシロップ、ドライクランベリー、オレンジチョコレート。鼻腔にもしっかりと抜けていく。余韻はウッディーで微かにこげたようなニュアンスと共に、タンニンが染み込むように感じられるが、熟成感に対しては強くなくバランス良くまとまっている。

赤みがかった濃い色合いが美味しさを予感させる。陶酔感を伴う甘酸っぱい香りは、加水すると一気に開く。特にオレンジ系のニュアンスが後押しされる印象で、ロックにしても充分に長く楽しめるコシの強さがある。グラスは口がすぼまっているタイプより、多少開放的なほうがポジティブな要素を拾いやすい。

IMG_8867

銘酒と言われるバーボンは数多くありますが、閉鎖とか終売とか、禁酒法時代とか。。。そういう付加価値を除いてダイレクトに味だけで勝負した時。間違いなく高い評価を受けるのが、80〜90年代流通のエヴァンウィリアムズ23年であることに、異論の余地はないと感じます。

同銘柄は、1989年から1995年ごろまで、1966〜1972年蒸留の原酒をそれぞれ年毎に用いて、マッカランを思わせる熟成年数と蒸留年を表記した単一蒸留年リリースを行っていました。
ところが1973年以降の表記はリリースされておらず、流通時期としては1996年ないし1997年ごろのボトルから、熟成年表記のみに切り替わったようです。(時同じく、ボトルのデザインもやや角ばったものから、若干丸みを帯びたデザインへと変更されています。)



今回のボトルは、瓶底の加工から切り替わった直後のボトルであると推察。そうでなくとも、1990年代後半の流通品であることは間違いありません。
この仕様の変化が何を意味するかは定かではないのですが、スコッチタイプのブレンドとは異なり、バーボンでは熟成年数表記以上の原酒がふんだんに使われるような印象はなく。おそらく使われても年跨ぎか、せいぜいプラス1〜2年といったところと思われます。

パッケージチェンジであって構成原酒の条件に大きな変化があったとは考えらず、何れにせよ高いクオリティを維持しています。
長期熟成バーボンに見られる芳醇で艶のある甘みと、オールドシェリー樽にも共通するベリー系の赤い果実の甘酸っぱさを伴う豊かな樽香。熟成感に対して余韻のえぐみがあまり出ておらず、タンニンが甘みを引き締めていく。ああ、これは美味い。66年表記のボトルにも感じられるベリー感をそのまま継続し、こちらは濃縮したようなオレンジ系のニュアンスも混じる。
72年表記にも負けず劣らずで、同時開封ではないので一概に比較はできないものの、先日ウイスキー仲間との持ち寄り会で比較テイスティングした結果、むしろこちらの方がという声もあったくらいなのです。

※ご参考
エヴァンウィリアムズ23年 1966年蒸留
エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留

それにしても、近年のバーボンは10年を超えない熟成でも、樽材由来と思しきえぐみが強く出ているものが少なくありません。
なぜこのエヴァンウィリアムズしかり、昔のバーボンの多くは、長期熟成であってもえぐみの少ない豊かな味わいに仕上げることが出来たのか。
製法や原料の違いもあるとは思いますが、それ以上に現行品の多くに感じられる、樽材の中に残るようなえぐみ的な香味の量等から察するに、樽材の仕上げに野外に干しておく期間が昔の方が長かったのではないかと予想しているのですが。。。その真相はオールドシェリー樽の真実同様に、予測はできても確定までたどり着けない謎の一つです。


このページのトップヘ

見出し画像
×